詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    こどもの言いなりになる夫にうんざり

    お気に入り追加
    レス15
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ピピちゃん
    子供
    子育ての話ができる人がほとんどいないため相談させてください。

    娘は3歳半ですが、食べ物にあまり興味がないのかほとんど食べません。離乳食が進んだ頃からあまり食べませんでしたが、いつかは食べるだろうと思いながらの3歳半です。数え切れるぐらいのものしか食べません。

    幼稚園を意識して色々な食材と味に慣らしてあげなくてはと工夫をはじめて数ヶ月が経ちますが、娘にあれこれ勧める私を夫が否定して、積極的に食べさせることに協力してくれません。
    嫌がっているもの可愛そうだからやめろと言うのです。

    当り前なことに努力しているのに、娘がパパに泣きついてはあたふたして、食べなくていい、ママが悪いと甘やかす夫にうんざりしています。

    夫は他のことでも気まぐれな3歳児の言いなりになってはママを悪者扱いするので、教えてあげたいことが教えられません。

    都合のいい時しかこどもに関わらない上、親として教えて欲しいことも教えてくれなく、娘のわがままの奴隷と化している夫が邪魔にまで思えます。

    いくらお願いしても娘可愛さに通じません。
    どうしたら協力してもらえるのでしょうか。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数15

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    このまま成長するとどうなるか・・思い知らせる

    しおりをつける
    blank
    ばぶ
    子育てとだんなさんのお世話、お疲れ様です。

    幼児期の食事は成長に関わる大切な問題ですよね。
    小児科の先生に聞いたり、ネットで検索して、
    偏食による健康疾患など、だんさなんが
    「こりゃ~大変だ!」と青くなるような実例などを
    コピーして読ませてはどうですか?

    頑張ってくださいね

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    可愛い子には旅をさせろ

    しおりをつける
    blank
    若輩者ですが…
    父親になりきれていないんですね。

    可愛いからと甘やかして、生きて行く力をつけさせなかったら、後々つらい思いをするのは娘さんですよ。トピ主の夫さんは本当に娘さんの将来を考えていないんですね。娘さんが大きくなっても、何かあるたびにパパが出て行って解決してあげるんですか?

    このまま行くと将来、娘さんは父親のことをバカにするようになるかもしれませんよ。言い方が悪いですが、「私が言えばなんでも言うこときいてくれるんだ=奴隷」と認識しても(もうしているかも)おかしくないですよ。尊敬される父親になりたくないんでしょうか?

    食=健康そして命に関わることです。そこを分かってもらうように娘さんが寝た後にでも言ってみてはいかがでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    相手を悪者にしてはだめ~

    しおりをつける
    blank
    未熟者
    >食べなくていい、ママが悪いと甘やかす夫
    >夫は他のことでもママを悪者扱い

    一方が厳しければ一方がその受け皿になる。これは良いですが、やってはいけないことがあります。それは「相手が悪い」と言うことです。
    ご主人ととことん話し合うべきです。栄養や食生活の習慣は、お子様にとってとても大切です。偏食で育った子供は、成長に偏りがあると思います。
    なので、せめてご主人に「ママは厳しいね。でも、ちゃんと食べないと大きくなれないんだよ。ママは心配しているんだよ」とか言ってもらうようにしましょう。
    偏食は、例えばすりおろして他と混ぜるとか、工夫するようにしましょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    実は無理強いすると逆にだめです

    しおりをつける
    blank
    だからね
    甘やかす夫がいや!なんですね。
    大事なのはこどもが元気に笑顔でいるか
    それが健康のバロメーターのひとつだと思います。
    カロリーや栄養素をちょっとだけ横に置いて
    楽しい食事を一緒にしてること、実は一番大事なんですよ。
    学校の先生や栄養士さんは、そんなこと言わないと思いますよ。でも
    私の好きな有名なカウンセラーの方々がそうおっしゃっていて、その方法で家の子は好き嫌いがなくなりました(うちだけじゃないです)。
    四六時中あれはだめ、これは食べろと指示されたらあなたはどうですか?
    こどもは何も解らないから、何でも教え込まなければ!!と力入っていませんか?

    無理に説教つきで食事すれば、その通り育つかもしれませんが、はたして心の栄養になるのかな。
    学校や幼稚園、保育園では、無理やり食べさせられてる子が、大人の影で好き嫌いのない子にあたる悲しい現実もあります。
    子どもを叱ったり管理することが「育児」だと思っていませんか?
    ぜひ、その辺をじっくり考えてみて下さい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    あきらめて悪役に徹す私

    しおりをつける
    blank
    みい
    うちの夫も同じです。私には厳しいくせに、子供に対しては孫が可愛くてしょうがない、おじいちゃんのようです。
    何でも子供の言うなりで、平気で私を悪者扱いします。(これはやめて欲しいです。)
    ママはいつも怒り役、パパはおいしい所取りで、本当に腹立ちますよね。

    私はもう、夫がいる時には、必要最低限のことしか言わないことにして、夫がいない時に自由にやっています。子供は、パパがいると甘えてできない(やらない)ことも、パパがいない時には普通にやっていることが多くなってきました。
    「今度、パパに見せてあげてね。パパ、喜ぶよ。」
    と言っておくと、だんだんパパの前でもちゃんとしてくるので、見ていて面白いです。

    子供の絶対的な味方という大事な役目を果たしてくれていると考えれば、私が悪役を担当してもいいかな、という、あきらめにも似た気分なのですが、でも、ちょっとでも体の調子が悪かったり、本当に甘えたい時はママである私の方に来るので、そういう時は、ひとりほくそ笑んでいます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    正攻法

    しおりをつける
    blank
    はるまま
    きちんと話し合って説得するのが正攻法、でしょうね。
    食べものについては、苦手なものも少しは食べられるようにしておかないと”可愛い娘”が先行き困る。ワガママ放題をゆるして我慢を覚えないと、先行きお友達と仲良く遊べなくなって”可愛い娘”が困る。年齢なりのしつけができていないと、お友達から異端扱いされる。あなたのやっていることは、”可愛い娘”に将来辛い思いをさせることなのだよ、と。

    あと、お子さんの前でママをあからさまに悪者にするのは、絶対に良くないです。両親のどちらかがもう片方をしょっちゅう批判・非難していると、お子さんも批判されている方の親に敬意を払えなくなります。親を尊敬できない子どもは不幸です。

    トピ主さんが言っても聞かないなら、旦那さんのご両親か旦那さんが尊敬している先輩に意見してもらうように頼むとか、権威に弱いなら、何か適当な育児書、しつけの本などを読ませるとか?

    お嬢さんのために、がんばってください!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ご主人の言うことも一理

    しおりをつける
    blank
    ピッピ
    親心はわかりますが、子供にとってははじめてのものばかりですから、好き嫌いは当然あるのではないでしょうか?

    ご主人は「元気だったらそれでいい」とよい意味での大らかさがあると思いますが。大人になるまでに食べれれば宵のですから、「長い眼」で見てあげたらいかがですか?

    子供は敏感に雰囲気を感じ取りますから、夫婦仲良く楽しく食べてくださいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    構わないと思いますが・・・

    しおりをつける
    blank
    とおりすがり
    父親が甘やかして母親が厳しく躾れば。

    両親揃って厳しかったり、甘かったりしたら問題ですが
    役割分担がきちんと別れていれば問題ないはずです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    1意見として。

    しおりをつける
    blank
    だらっくま
    トピ主さんのお子さんの事を知らないので、無責任な発言と思われるかもしれませんが、1意見として聞いて下さい。

    私自身、すごく食の細い子供でした。
    母は食事の度に怒ってたし、祖母は「この子は霞を食べて成長してるの?」と不思議がっていました。
    だけど、私はちゃんと人並み以上に育ちました(けっこう長身)。
    食べないから怒られる。怒られるから食事が嫌い。まさに悪循環でしたね。
    食の細い子に無理に食べさせようとしても、ちょっと難しいかもしれません。逆に好き嫌いはどうですか?好き嫌いを無くして、何でも食べれるように、少しで栄養が取れるように考えてみてはどうでしょう?
    そして、食べられた時は、誉めてください。「エラいね。残さず食べられたね」って。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    甘い親、増加中

    しおりをつける
    blank
    こわーい
    食べ物に関しては「楽しく食べる」というのも大事な食育の一環だと思いますが、嫌いなものを食べられるように促す努力や工夫は絶対に必要ですよね。

    頑張って食べようねーと言って、食べられたら褒めるとか。
    うちの子も、頑張って食べた後「すごーい!!」と大げさにビックリして褒めて見せると、子供なりに達成感があるようで、その後、得意げにパクパク食べて見せることがありますよ。
    なぜか翌日はまた「イヤだー」って言ったりしますが(泣)。
    そう、幼児って気まぐれなのよね・・。
    「もぐもぐお口の体操~」とか唄ったりしているうちに、雰囲気で食べることもあります。
    そういう努力や工夫を最初から放棄させる旦那様、確かに邪魔かも・・・。

    それから、食事以外でもとにかく言いなりというのは、困りものですね。

    他トピですが「義母の対応、大人げない私」というトピでは、2歳児はまだ理解できないので、欲しいと泣かれたら何でもあげるべき、という意見の人が続出しています。旦那様も、この手のタイプ??

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ご主人に全部まかせてトンズラしちゃう1

    しおりをつける
    blank
    yuyu
    ご主人も甘やかすだけでは済まされなくなり、トピ主さんも一息つけて一石ニ鳥です。
    食べなくたって何とかなります。
    というか、うちの娘も小食で手を焼いてきたんですが、目を三角にして食べなさいっ!!と迫ったり、ムリ口に放り込んで思い通りに食べてくれたことありましたか?
    小食ってよくわからないんですけど精神的なものが大きい気がするんです。うちの子は暴れん坊なくせに神経質でとっても怖がりなので、そのヘンを利用して絵本の読み聞かせから入りました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ご主人に全部まかせてトンズラしちゃう2

    しおりをつける
    blank
    yuyu
    本文の内容にほんの少し脚色を加えて「ごはんを食べずにおなかが空いて死にました」とか、小さな一寸法師は小さいがために友達にいじめられてカエルに食べられそうになったとか・・・。
    そういうのを繰り返しインプットしたら、あるときから「食べないと大変なことになる」と理解したみたいで今までのイヤイヤがウソのようにパクパクできるようになりました。
    あの、ご主人の存在が疎ましいようですが、子育てって甘いと辛いのミックスがいいみたいですよ。
    子供には逃げ場が必要だって、何かで聞きました。
    私も時々オニババアのような形相で怒ると自己嫌悪に陥ったり、子供を主人に取られてしまいそうな不安に駆られますが、ちゃんと誰が一番自分を心配しているか、ってことがわかっているみたいです。最近わかったことですが。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    栄養に関しては、そんなに心配しないで。

    しおりをつける
    blank
    スクールバス
    娘さん抜きでの、夫婦の関係はどんな感じですか?
    2人だけの時、演技でも本気でも(すみません)甘い時間を持って、やんわりと話あってみるのはどうでしょうか。悪者にばかりされちゃ嫌だわあ、、、てな感じ。

    子供の食事に関しては、私も「だからね」さんと同じ意見です。元来の嗜好もありますが、子供の味覚の発達を待ってあげようではないですか。

    うちの10歳の娘も、どちらかというと「せっかく時間をかけて手作りした」ご飯を食べてくれない子供でしたが、今はいろいろなものにチャレンジしてくれてます。4歳の息子は、今まだ発達段階ですが、去年より確実に食べられるものの種類が増えてます。

    栄養士の友人が2人いますが、両者とも「人生楽しく。食事も楽しく。少しくらい食べなくたって大丈夫」って言ってます。昔NHKに出てた小児科の権威も「プリンしか食べない」って相談に来たお母さんに「プリンを食べてくれる」って考えましょうって答えていて、私も気が抜けました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    スクールバスさんのレスに同意。

    しおりをつける
    blank
    どんぐりくん
    スクールバスさんのレスのとおりだと思います。
    本当にそうですよ。
    力抜いてみると子どもも良い方向にいくんですよ。

    大人が安心したいだけのしつけにこだわらないで下さい。
    しつけをテク二ックのように機械的に考えないで下さい。
    そればかりだと、後々親子共苦しむことが多いです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「積極的に食べさせる」とは?

    しおりをつける
    blank
    ぽくぽく
    だんなさんにも一理あると思います。トピ主さんが「積極的に食べさせる」というのは具体的にどういうことですか
    ?僭越ながら、私が考える良い例と悪い例を、、、。

    良い例
    ・ベランダで野菜を育てて食材に興味を持たせる
    ・娘さんと一緒に素材を切るところから料理を楽しんで食事に興味を持たせる。
    ・食べ物に関する絵本を図書館で借りまくって毎晩読み聞かせ
    ・食卓が楽しい雰囲気になるよう、夫婦と子どもで笑いの溢れる会話を繰り広げる
    ・嫌いな食べ物と好きな食べ物をこっそり混ぜる(サツマイモ団子の真ん中にキュウリを入れるとか、ハンバーグにすりおろし人参をまぜるとか)

    悪い例
    ・真顔で叱るように「食べなさい」と無理強いする
    ・食卓がつまらない雰囲気
    ・ながら食べ(テレビをつけるのは問題外)
    ・はじめからたくさん盛りつけてしまい「食べても食べても無くならない」状態

    夫婦間で責任転嫁するまえに、トピ主さんも色々と工夫する余地が残されているかも知れませんよ?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]