詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    やりたいこと、どうやって見つけましたか。

    お気に入り追加
    レス40
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    迷い人
    ヘルス
    19歳大学一年です。

    私には、将来やりたいこと、就きたい職業がありません。よく、「大学4年間でやりたいことを見つける」と言いますよね。でも具体的に何をどうしたらいいのかが分かりません。多くのアルバイトをするということですか?

    周りの友達は専門学校の子が多く、自分の具体的な夢に向かって頑張っています。すごくイキイキしていて、目標があるっていいなぁって思います。
    逆に私は、専門学者になるわけでもないのに哲学とか倫理なんてやってて何の意味があるんだろうなんて思ってしまいます。(勉強する自体は楽しいんですが・・)

    4年後の自分を想像すると、結局やりたいことも見つけられないまま、目標のないフリーターになっている気がして怖いです。だから早く、やりたいことを見つけてそれになるための努力をしたいんですけど、その「なりたい」がないんです。

    皆さんはどうやって自分のやりたいことを見つけましたか?
    拙い文章でごめんなさい。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数40

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  40
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    行動し、気持ちを探る

    しおりをつける
    blank
    優柔不断子
    私(33歳よ!)もやりたいことが決められない性格です。ただ、やることになったものは一応頑張ってやってきたつもりなので、「できること」は増えました。

    色々考えましたが、最近はそんなに構えないでいようと思うようになりました。
    決めたところで、自分の気持ちや周りの環境が変わることだってあるのです。
    ただ、「できること」が後々「やりたいこと」の役に立つこともあるので、今やるべきことを頑張ることは大切です。

    で、やりたいことの「見つけ方」についてですが、
    私は「興味を持ったことは、ひとまずやってみる」というスタンスでいるようにしています。

    どんなに小さなことでもいい。すぐにできそうな所からやってみるのです。
    「すぐできる」がミソ。決められない人間は、なかなか大きなことにチャレンジできないので(躊躇するから)。

    そして、いつも「私はこれを続けていきたいかな」と問い続けます。
    そういうことを続けているうちに、自分の気持ちがまとまり、やりたいことをできる環境も整ってきます。

    あせる気持ちは分かりますが、もっと気楽に行きましょう。でも「行動」は大切だよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    経験を積み、いろんな世界を見る事

    しおりをつける
    blank
    若輩者ですが…
    バイトをいろいろするのもいいかもしれません。ただ、似たようなのをではなくいろんな職種をいろいろしてみる。様々なボランティア活動をしてみたり、いろんなジャンルの本を読むのもいいかも。

    また機会があれば、いろんな社会人とその職業について話すこともプラスになるかもしれません。

    今の大学、学部を選んだ時、これについて勉強したいと思ったってことでしょう?追求すればそこにも何かヒントがあるかもしれない。
    いろいろな経験を積む事でそこから、将来やりたい事(具体的でなくても方向くらいは)が見えてくるのではないでしょうか?

    私は「職業=やりたいこと」でなくてもいいと思います。だって、本当にやりたいことが収入にならないこともあるじゃない?だから、職業とするものは収入を得られてある程度のやりがいがあればいいという人もいますよ。

    さあ、トピ主さんはこれからどんなことと出会うんだろう?わくわくしますね!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ムリしてみつけない

    しおりをつける
    blank
    ピンちゃん
    見つからないならそれはそれで仕方ないと思います。
    でも、就職しなきゃなりません。
    その準備だけはしておいたほうがいいです。やりたいことは社会人になってから見つけても遅くはないと思います。
    TOEIC、英検、秘書検、自動車免許、エクセル・ワード、宅建、漢検、簿記、などなどビジネスに必要なものを取ってみては?。公務員試験は?。
    自分の生活基盤を築けば、例えば、医大に入りたい、と思ったとき、お金を貯めて試験受けられますよね?。習いごとから夢が見つかるかも知れないし。
    れっきとした社会人になることだってきちんとした目標じゃない?。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    いつも思うのですが

    しおりをつける
    blank
    おばさんだよ
    なぜ『やりたいこと』を仕事にしなくちゃいけないのでしょう?またはそう考えるのでしょう?
    営業担当なのか事務なのか配属されるまで分からない、なんて会社だって世の中にはあるのですよ。

    たとえば
    「PCについて学ぶ」=「SEにならなきゃ」
    ではありません。
    とりあえず今身につけたいこと・身につけたほうがいいと思うものを片っ端から手をつけてみるといいかもしれません。大学生も忙しいでしょうが社会人よりかは時間があると思いますので。

    個人的には生涯学習系を身につける、ということで哲学も有意義だと思うのですがどうでしょう?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    自然に~

    しおりをつける
    blank
    ものづくり
    好きなこと、得意なこと、に流れていった…という感じでしたが…。
    やりたいことがわからない…というほうが不思議ですが。若いのに~。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    やりたい事ではなくて「できる事」

    しおりをつける
    blank
    くり
    切り口を変えて見てみましょう。
    自分がやりたい事ではなくて「自分ができる事」を探っていく。「職業=収入=生計が成り立つ」と考えていいでしょうから何をやったらたくさん稼げるか?とかね。

    たくさん稼げるからといって今から野球やサッカーの選手は無理ですよね。医者とかパイロットも。弁護士なら法学部だし会社社長なら・・・だんだん現実が見えてきたと思います。

    なんだかんだと言っても卒業後は普通のサラリーマンになる方が多いと思いますが、先輩方はどんな就職先を見つけていますか?そんなことも参考になると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    とりあえず・・・動く?

    しおりをつける
    blank
    きらら
    興味がある事サークルでもスポーツでも
    バイトでも 首突っ込んでみたらどうでしょう?
    何が向いているのか 何が出来るのか 考えていたって
    見つかりはしません

    専門学校に行っているご友人を羨ましいと思っている気持ちは分かりますが・・・将来的にはその仕事をやっている人ってそんなにいないと思います(専門学校卒業なので分かります) そんなに焦る事はありませんが のんびりしていても見つかりませんよ

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    まずは

    しおりをつける
    blank
    花火
    何でもやってみるといいと思います。
    明確な目標を持っている人って意外に少ないと思います。
    でも何かを見つけたいという気持ちを持っているのは素晴らしいです!!!

    いろんなアルバイトをしてみるのもいいと思います。
    その中から自分に合うものが見つかるかもしれない。
    でも出来れば一つのことを1年くらいは続けた方がいいかもしれません。

    最初に「あ~、これは合わない」と思っても続けると意外におもしろかったり、見えなかったものを発見することもあります。
    辞めることは簡単だけど続けていくことで持久力や忍耐力を養えると思います。

    勉強することが好きなんてすごいですね。
    私は33歳ですが、そんなこと思ったことないです(笑)。
    勉強ってやっぱり学生の時しか出来ないですよ。
    それを極めてみるのもいいと思います。
    お金で買えない自分の財産になりますよ♪

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    最も伝統的な方法

    しおりをつける
    blank
    普通の人
    今大学生ですね?

    大学の先生で話しの面白い先生、あるいは聞いてくれそうな先生(まあ、助教授とか教授ですかね。別に他の先生でもいいんですよ)を探して見て、その先生にアポイントを取って、相談してみてはいかがですか?

    先生といってもこれまで生きてきた先輩なのですから、きっとあなたの味方になってくれますよ。

    研究室にきてみるか。とか言ってくれるかもしれませんよ。せっかく大学へはいったのだから、授業料を無駄なく使いましょう!!

    こんなこと、聞けるのは学生の特権ですよ。今のうちです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    まずは原点に戻る

    しおりをつける
    blank
    みんりぃ
    その気持ち、わかります。
    周りが先に進んでいるように見えて焦るんですよね。
    「彼らは自分の道が見えてるのに…」って。

    でも、やりたいことって努力して見つけるものではないです。少なくとも、私はそう思っています。

    フリーターになりそう? だったらまずは社会人になることを目標にしましょうよ。
    そして「社会人になる? じゃどんな社会人?」って考えて。
    自分が持ってる情報以上に職業の数はあります。色々な情報を得て、その中から少しでも興味あるものをじっくり調べていくのも、勉強だし、自分の未来に繋がると思います。

    話は少し逸れますが、以前某占い師がTVで「夢は生活基盤を作ってから追いかけるもの」と男子高校生を対象に言ってました。
    これは男の子だけじゃなく、夢を追いかけている人全員に当てはまることですよね。
    今見つかっていなくても、社会人になってから見つかるかもしれない。
    小さい頃の夢が再燃するかもしれない。
    それでいいのでは?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    プログラマー

    しおりをつける
    blank
    31才独身貴族
    私はこれといってやりたいことが見つからないまま高卒で就職しました。
    会社を選んだ理由も単純で、父が働いている業界の最大手というものです。

    会社ではパソコンを使ってデータを集計したりレポートを作ったりする仕事をしていたのですが、ある時自分が普段使っていたソフトが実は職場の人が作ったものだと聞いてビックリ!

    どうやって作ったのか聞いてプログラムの中身を見せてもらって、一気にプログラムにのめりこみました。

    ヒマさえあればプログラムの勉強をして、自分でいろいろなものを作るようになって、未経験で今の業界に転職しました。

    自分ではこれが天職だと思っています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    見つけたかと言われれば、

    しおりをつける
    blank
    さる
    はじめまして。やりたいこと・職業。。
    どうやって見つけたかという事での問いの答えには
    ならないと思いますが、私も「こんな事をして(学んで)何になるんだろう」と思いながら学生をしていました。
    そして、自分の苦手な事、何で?と思う事には“とりあえず”位の気持ちでしか向かっていませんでした。

    専門学校を卒業し就職してみると、ここまでやっておけば大丈夫なんてことは何もありませんでした。

    ある会社では、普通にとった電話や来客の相手が外国人で英語・中国語が必要になったり、耳の不自由な方で手話を使われたり、また別の社では外の現場で機材を持ち山林を歩き回り、関数を使い計算・設計をする事もありました。また目上の方と話す機会も沢山あります。一般事務職で就職しても勉強しておけば良かったと思うことは今もあります。

    何の意味があるの?と思われる事も、迷い人さんの
    これからたくさんある道の中で関わる事あるかもしれません。
    働いてみてからでも見つかりますよ、やりたい事。
    やりたい事の為にはお金も必要だったりします。
    まずは学びながら、何か始めてみてはどうでしょう?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    好きなことから。

    しおりをつける
    blank
    のの
    >(勉強する自体は楽しいんですが・・)
    これ、重要だと思います。大学生なのですから、勉強が楽しいならとことん勉強してみれば良いんですよ。
    哲学や倫理は会社では役に立たない?それはそうかもしれません。
    でも、勉強する中で就職先のヒントが見つかるかもしれないし、勉強して学んだ知識は使わなければ年とともに忘れていきますが、そこで培ったものの考え方や複雑な事を「効率よく勉強する方法」は一生物です。

    あとは、バイトでも良い。とにかく、悩む暇があったら動くこと、多くの人と触れ合う事です。何でも良い。遊びだって何もしないよりずっと良いです。

    天職にはあーんまりこだわらない方がいいと思いますよ。本当に好きな事を仕事にすると辛くなりますから(嫌な面もたくさん見えますから、純粋に好きではいられなくなる)、それは見つかった時に趣味としてはじめれば良いんです。それが高じたら転職しても良い訳ですし。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    まだ大学1年生

    しおりをつける
    blank
    ムッシュ
    社会人2年目です。大学1年生のときやりたかったことなんて、忘れちゃいました(笑)
    私の考えは『やりたいことを絞るよりも、やりたいことが見つかったときのために準備をする』ことのほうが大事。
    あまり頭でっかちにならず、何が起きても柔軟に対応できるように、今からいろんな世界を見ておきましょう。

    私は文学部・社会学専攻でしたが、仕事はSEです。
    文系の方のようですが、大学で何を専攻したかが重要なのは専門職の場合のみです。
    文系だったら基本的に学部学科は関係ないですよ。

    私も思うのですが、何で『やりたいこと=将来の仕事』なんでしょうね??
    仕事&就職から離れれば、やりたいことなんていくらでもありそうですが。
    あ、でも、たくさん悩むのはいいことです。
    いっぱい悩んで、成長していきましょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    何が得意ですか?

    しおりをつける
    blank
    おかず
    やりたいこと=仕事=人生の目標

    とかって考えたら疲れますよ。

    トピ主さんが好きなことは何ですか?
    どんなことに興味がありますか?
    得意なことはありますか?

    これを知ろうと思ったら、やっぱりいろんなことに首をつっこんでみないとわからないですよね。

    家でテレビ見ながら、私って何をやりたいんだろう?って考えて答えがでるものではないです。

    とにかく色んなことをやってみるんです。バイトでもボランティアでも。そしてそこで人と出会い、色んな話をする。そんな経験から自分が惹かれるものが、少しずつ見えてくるはずです。

    ただそれには時間がかかります。だから学生時代に、ということです。

    行動しないと何もわかりません。
    そして、やって見た時に自分がどう感じたかを覚えておくこと。そうやって、少しずつ自分のことをわかっていくんだと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    今の若い人は

    しおりをつける
    blank
    まろん
    「夢を持て」「生きがい、やりたいことを見つけよ」「自分らしく生きよ」など言われて息苦しいっていうか、大学生くらいになるとあせりを感じる人も多いと思います。

    昔は「生きる(食べる)為に働く」という貧しい時代でしたが、豊かな世の中になって、幸せな反面、選択肢が広がり、どうしていいかわからないという現象が出てきたり・・・なかなか難しいですね。

    早くから生きがいや目標を見つけて頑張っている人は立派だと思うし、幸せなことですが、トピ主さんのような人の方が多いんじゃないかな。

    大学では興味のある学問に真剣に取り組んだり、サークル活動を通して友達を増やしたり、バイトで社会を知るのもいいでしょう。

    充実した学生生活を送っていれば、就職活動の時期にはおおまかな将来像が見えてるのではないでしょうか。仮にやりたいことが見つからなかったら、消去法でもいいから、兎に角仕事に就いてください。

    一生懸命働いていたら、それが生きがいになることもあります。頭で考えるより、まず「行動」。頑張って!!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    哲学は熱血です

    しおりをつける
    blank
    もぐ3
    生きてくためにどうしなければならんのかをまず考える。

    自分だってフリーターがいやなら、とりあえずは大学を卒業して、できそうな想像しうる仕事に就職せねば、と、なるだろうけれど、じゃーそれが簡単にいくと思ったら甘いんだわ。

    それで、当たり前のことすら思い通りにならない自分の小ささを知って、なんとか乗り越えて、ほんとの私はこんなんじゃないわー、平凡に生活して何になるのとか思ったりして、それでも、平凡なことすら満足にできない自分は何なんだと、ぐるぐるぐる思ったりして。そういう葛藤と苦難を乗り越える道しるべが哲学ですから!!

    人生苦を乗り越えても、すっとんで打ち込みたくなることに出会ってしまったら、それはそのとき考えましょう。

    そのとき、自分の能力の限界を認め、あれもこれもでなく、今まで得ている何を捨てて、ホントにやりたいことに打ち込むか諦めるか考える道しるべも哲学ですから!!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    やりたいこと=仕事、なんてまず無理です

    しおりをつける
    blank
    チョコパフェ
    仕事は大多数の凡人にとっては「生活の糧を得るための苦役」でしかありません。やりたいことをやって収入を得ているのは極少数、というのが現実ではないかと思います。

    トピ主さんが何か素晴らしい才能をお持ちならば、それを活かした就職も考えられますが、そうでないのなら、「やりたいことをみつけたい」とかいった夢のようなことは考えない方が無難ではないでしょうか?

    冷たい言い方ですが、まだまだ平成不況を抜け出していない日本において、職にありつけるだけマシだと思われたほうが気がラクですよ。

    生きていくのにはカネがかかります。「これはやりたいことじゃないしぃ」なんて言っていたら路頭に迷います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    わかるな~。

    しおりをつける
    blank
    昔若かった人
    わかるな~って思いながら読んでいました。

    ただ「やりたいことは大学4年間で見つける」っていう部分。実際それだと遅いですよ。学部変更とか、なかなかできないでしょ?極端な話、美大にいっているのに、途中で医者になりたいとかね。本当にやりたい事がある人って大学はいる前に決まっていると思いますよ。それにそって大学や学部を選んだりしてるんじゃないですか?違いますか?トピ主さんはどうして、その大学を選んだんですか?「みんなが大学に行くから」大学進学したんですか?

    今から探すとしたら、本当にたくさんのアンテナを張り巡らして、たくさんの情報を得るっていう事から始めたらどうですか?まずは大まかなものでいいので、私はこれが好きとか、そういうところから始めるのがいいと思います。

    ちなみに私は小学生の時からの夢があって、その夢をかなえました。今30代です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そういうテストがあるはず

    しおりをつける
    blank
    悩まなかった人
    もうニ十数年も昔の話ですが、私が高校生の頃にはそういう、将来の方向性を探る為のテストのようなものをやりました。色々な方面からの質問で、自分の得意なこと、好きなことを探り出し、どういった方向へ進むのが良いかを提案してくれるようなテストです。今でもあるはずです。就職課の人に聞いてみましょう。あるいはインターネットで検索すれば、出てくるかもしれません。

    ちなみに私自身は、小さい頃からやりたかったことがそのまま将来の仕事につながったので、悩むこともありませんでした。漫画家、イラストレーター、アニメーターと来て、結局デザイナーになって落ち着きました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    あなたらしく…

    しおりをつける
    blank
    ションビー
    結婚し出産し育児。でもやりたい事なんて沢山あります。要は今のアナタの年齢で今しか出来ない事って未知数にあると思います。無理して見つけるよりも状況が許すのであれば今を自分らしく過ごす事がモアベターかと思います。周りは気にしない!私は今無償にバンド組んで(古い!?)ハッスルしたいです(笑)いくらだって独身時代できたはずなのにね…。トホホ

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    わたしのばあい。

    しおりをつける
    blank
    しっぽ
    美術の勉強がしたいと思っていましたが、絵を書くのが下手で、美術史学を専攻しました。ですが怠け者で(恥)充分に学ばないまま映画を見たり演劇を見たりのんきに学生生活を過ごしました。就職は、絵画→絵本→書籍 という単純な図式の元、出版社に勤めましたがわたしの配属は営業で、なかなか辛かった思い出です。とはいえ、たくさんの初対面の方と話すことは貴重な財産ともなりました。
    その後、「芸術」繋がりで、食器やラッピングの専門店でバイトしたり、「将来のために事務もやってみよう」と、学習塾でOLを経験。OLの期間に知ったことは社会生活全般に必要なことを網羅していて、今でも役立っています。
    30歳目前となり結婚。相手が自営業ですので手伝っていますが、わたし自身スキルアップすることが仕事の一部。もう夢中です、この仕事。
    「やりたいこと」があとからついてきた、ということも、あるんですよね。あまり参考にならなかったかもしれないけど。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    四十過ぎてやっと

    しおりをつける
    blank
    あきれ蛙
    大学卒業と同時に自分のやりたいことが見つけられる人は幸運でしょう。そしてそれに関連した仕事につける人は更に幸運でしょう。
    私も、自分のやりたい仕事に就いたと思いましたが、40歳を過ぎて本当にやりたかった(らしき?)ことが見えてきました。でも、たとえそれが分からなくても、就職したほうがいいですよ。だって誰が食べさせてくれるんですか?
    まさか、やりたいことがわかってその関連の仕事に就くまで親に甘えてるわけじゃないでしょう。それから、やりたいことは、生きていくうちに、わかってきます。それに、変わっていくってこともあります。
    気長に見つけましょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    やりたいこと=仕事 ではありません

    しおりをつける
    blank
    うーん
    私もそうでしたが最近の若者世代って、個性、生きがい、やりたいこと、などの耳ざわりの良い言葉(だけど抽象的すぎる言葉)を浴びせられ、右往左往している気がします。

    そもそも個性なんて内面的であるはずなのに、個性個性と煽られ、人と同じだと悪いような脅迫観念に駆られて、際立った外見やとっぴな言動に走る。

    結果、同じようなキワモノファッションや似たような不思議キャラ、天然キャラが続出したり・・。

    同じようなメイク、ファッション、ガングロのギャルに質問をすると必ず「個性~」って答えてますよね。
    同じ過ぎて見分けがつないのに。

    仕事だって、やりたことや趣味とは関係ない方が本当は多いのに「やりたいことを見つけろ」「打ち込めるものを探せ」と言われ続け、焦ってしまう。

    人間の欲望なんて限られていて、本能以上に何かをどうしてもやりたいって思う人の方が稀です。
    個々の嗜好や志向も、趣味程度が普通なんです。

    普通じゃダメ、やりたいこと!!と思いつめず「とりあえず就職」で良いのですよ。
    いろいろ考えて就職したって、イメージと実際とは必ず違いがあるんだしね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    やりたいこと、ではなく…

    しおりをつける
    blank
    元・サーファーギャル
    ワタシの場合、

    ”やりたいこと”

    ではなく

    ”やってゼニになること”

    と考えた方が答えが出やすかったです。

    自分がやりたいと思ったから、やりたいことをやっただけでは、それがお金儲けとつながらなかった時に、もう1回考え直さないといけません…

    ”何がゼニになるか?”を…

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    焦らない。

    しおりをつける
    blank
    えり
    学生時代から自分のやりたいこと、又は適正が
    分かっていて、その職業に突き進める人は稀だと
    思います。それが一番理想でもあるとは
    思いますが、就職してからでも、やりがいは
    いくらでも見つけられると思いますよ。

    一つ一つの職場にそれぞれやりがいはある。
    そこからでも遅くはないと思うんですが・・・
    昨今の就職活動ではそういうのは許されないんですかね。

    「やりたいことを見つけろ」と口癖のように
    世の中はまくしたてますが、
    難しいですよね。私はとりあえず
    子供の頃にはまったものの時系列をつくりました。

    良く読んだ本の内容、遊んだおもちゃ等から、
    職業を派生させていく。子供の頃好きだったもの
    って、生涯離れられないような気がするんですよね。

    私はレゴで遊ぶのが好きだったことを
    思い出して、インテリア関係の仕事にたどり着きました。
    そんなものです。肩の力を抜いて。

    アマゾンで面白い本を見つけました。
    「3日坊主でも使いこなせる手帳術」岡崎太郎著
    充実した毎日を送れるようお互い頑張りましょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「やるべきこと」をやっていれば

    しおりをつける
    blank
    くるりん
    大きな目標がない人は、目の前のやるべきことを一生懸命やっていれば、いつか目標(やりたいこと)が見えてくる・・・という一文を何かの本で読んで目からうろこが落ちました。

    やりたいことがないから、という理由でだらだらニートなどするのは、ますます自分がやりたいことを見つけることから遠ざかる気がします。

    わたしは結局今は妊娠して主婦していますが、日常のやるべきことを一生懸命やっていると、頭も体も活性化して、出産後のやりたいこと(仕事復帰も含め)などにも思考がめぐります。
    逆に、体調不良で何もできなかったときは、頭もどんよりするし、どんどんネガティブに傾いて、だらだらに拍車がかかってしんどかったです。

    やりたいことがなくても、「やるべきこと」だったら誰でも目の前に転がっていますよね。まずはそんなにやりたいこと探しにこだわらず、自分が大学生として、社会人としてやるべきことに没頭するのもいいと思いますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    みつけるのではなく、わいてくるのだと思う

    しおりをつける
    blank
    やりたいこと
    「目標を持って、やりたい仕事を!」なんて、「だからうちの学校に!」とか「だからうちの就職情報誌を!」という産業に踊らされてる面が大きいですよ。
    やりたいことを見つけた人や夢を持ってる人にとっては、何にでもなれるいい時代かもしれませんが、私の周りを見渡してもそんな人はごくごく一部です。

    たいていの人は自分の能力で入れそうな会社(大手であれ中小であれ)に入社して、普通のOLやサラリーマンをやっています。
    仕事は、結局は生活するための手段なので、自分が我慢できないこと以外は何でもできるんですよ。

    私は最初に入った会社では、一生この仕事をするは無理だなと思ったので、5年ほど働いて情報収集&貯金&社会勉強したのちに今の仕事に転職しました。
    「やりたい」では無くて「これならできる(得意・可能)」ことをじっくり考えてから決めました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    やりたい事がなければ働かないってこと?

    しおりをつける
    blank
    天職は・・・事務
    他の方も書かれていましたが
    どうしてやりたい事を見つけてから
    就職を決めなきゃいけないんでしょうか?
    別にやりたい事=職業にしなくてもいいのに
    やりたい事を仕事にしてないことをかっこ悪いと思っているのでしょうか?

    楽しい仕事なんてありませんよ

    私は短大を出て、特に目標もなく、なんとなく大手金融に就職しました
    何度か担当職務が人事から契約事務まで色々変わりました
    そして契約事務が私の天職だと思うようになりました
    他人から見たら、とても「やりたい事」をしているよには思えませんよね
    でもとても楽しいし、なにより自分にすごく合っていました

    仕事のやりがいとは、仕事固有に存在するのではなく
    自分自身がその中から、見出すものと思っています

    悩むのも重要なことと思いますが
    悩んで結局何もしなかった・・・なんてことのないように

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    やりたい仕事って

    しおりをつける
    blank
    むぎ茶
    いつ見つかるかわかりませんよー。
    私は、高校・専門学校(同じ科です)でやりたいことは
    見つけていましたが、子供産む前まではその仕事で、
    産んで手が離れてから、自分の趣味から、全く別の
    世界の大好きな仕事を見つけました。
    この仕事の方にもっと早くから就いていたかったなーと
    思います。

    ホントにやりたい仕事は、いつ見つかるかわからないと
    思うので、とりあえず、お金を稼ぎながら(社員で)
    矯味のあるモノに手を出していくといいかもしれませんよ。
    運動系でも、趣味系でも。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  40
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]