詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    俺たちだって子育てがしたい!

    お気に入り追加
    レス114
    (トピ主11
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    ワーキングファーザー
    話題
    初めての投稿です。
    先日、無事二人目の娘を授かりました。今のところ長女も赤ちゃん返りすることなく、小さな妹をかわいがっている様子で、毎日が幸せでしかたありません。
    しかし、私はというと毎日忙しく、子供達の寝る前に出勤し、寝静まった後に帰宅するという生活が続いています。なるべく早めに残業を切り上げ、帰るように心がけていますが、平日はなかなか子供の起きている時間に帰る事ができません。子供達と過ごせるのは休日のみです。
    平日の子育てを一手に担ってくれている妻には感謝の気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいです。
    世の中のワーキングマザーの皆さんも大変なご苦労があるとは思いますが、育休や時短勤務など、子育てと仕事が両立できるような支援が増え始め、苦労はありながらも子育てを楽しみ、仕事にやりがいを持っておられる方が増えて来ているように感じます。
    しかし、我々ワーキングファーザーに対する支援は皆無に等しいです。名ばかりの育休制度はあっても取得率は一向にあがりません。時短勤務などもってのほか。むしろワーキングマザーたちの尻拭いをさせられているとしか思えません。彼女達の子育ての為になぜ我々の子育ての時間が削られるのか。ワーキングマザーだけを優遇するな!俺だって子育てがしたい!
    世のワーキングファーザーの皆さん、どのように仕事と子育てを両立されていますか?
    今までは女性が声を上げ、社会進出を勝ち取ってきました。そろそろ次ぎは我々が声を上げませんか?
    「ワーキングファーザーにも子育て支援を』と。

    トピ内ID:1672071486

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 30 面白い
    • 29 びっくり
    • 4 涙ぽろり
    • 260 エール
    • 20 なるほど

    レス

    レス数114

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (11)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    “我々”とおっしゃっていますが

    しおりをつける
    🐧
    ぽん
    はたして、トピ主のような方のことをワーキングファザーと言うのでしょうか?

    ワーキングマザー=家事・育児と仕事を両立させている母親のことなので、
    主に奥様が家事・育児をやってらっしゃる場合は当てはまらない気がします。
    ワーキングファザーに当てはまるのは、
    共働きかつ家事・育児を基本的に旦那様が行っている家庭か、
    奥様のいない家庭ではないかと思うのですが。。

    必要に迫られているわけではないのに「家事・育児をやりたいから手当を!」という主張は、「趣味に時間を割きたいから手当を!」という主張と変わらないように思えます。

    トピ内ID:2103349527

    ...本文を表示

    実行に移してください。

    しおりをつける
    blank
    ぷるぷる
    どうぞ声をあげてください。
    でも時短ママの尻拭いだなんて言っているようではお偉いさんには理解されませんよ。
    父子家庭のお父さんなら母子家庭とほぼ同じ手当てなどあるようですが両親揃った家庭ではやはりまだまだ母親と同じように優遇される事はないのでしょうね。
    母親の場合もそうですが会社や地域によって違いが大きいので、日本中のありとあらゆる制度とその稼働率を調べあげて仲間を募り、権威のある人に代表者になってもらって、まず署名から始めますか?

    トピ主さんのようなオレだって時間さえあれば子守りくらい出来る。子煩悩とはオレの事だ。というお父さんの横やり育児、迷惑な時もあります。

    トピ内ID:4884857921

    ...本文を表示

    あはは

    しおりをつける
    🙂
    さく
    そんな社会にしたのは男性じゃない?


    主のように参加したいと言ってくれるのは嬉しいけど、女のせいで…みたいな考えは違いますよね。


    女から言わせれば、お互いに働いてるのに女にばかり子育てと家事の負担があるのよ。


    男性の会社のお偉いさんと国が本気で考え変えないとヤバイよね。


    我が家は子供3人、主人は会社役員だから自由な時間作って早く帰るけど…
    若い時はそうはいきませんでしたよ。


    まずは土日頑張って。

    トピ内ID:3018233311

    ...本文を表示

    じゃあやんなよ

    しおりをつける
    🐤
    minon
    育休制度あるんですよね。
    名ばかりにしているのはほかならぬあなたです。
    時短をもってのほか、というのは出世や昇給を後回しにして子育てをせざるを得ないワーキングマザーに押し付けた結果でしょう?
    この世を作ってきたのは男です。女が今それを変えようとしているのです。

    出世も昇給もそのままに育休だけ取らせろと?それは女のほうが言いたいセリフです。女性と同じ立場になってあなたが一番先に育休を取ってください。慣例を作ってください。時短制度を活用してください。
    誰かがやってくれないかしら、ってのやめようよ
    女しかとっちゃいけない制度じゃないもの。
    白い目で見られても、同僚に迷惑がられても、それでも必死に取得してきた結果なんです。
    そうやって女は今の制度を作り上げてきているのです。

    さ!育休申請を書いてください!0.01%でも取得率があがるかもよ。

    トピ内ID:8733210293

    ...本文を表示

    賛成です

    しおりをつける
    blank
    ぶふぁっ
    トピ主さんは成熟した大人の男性ですね。

    私の夫も同僚の夫もまるでコドモ。
    子どもの世話と言っても遊ぶだけ。
    汚物の始末になるとどこかへばっくれる。
    選り好みするんです。
    困るのは子どもを優先すると不機嫌になる。
    自分が一番でないと拗ねる。
    あ、スミマセン、グチでした。

    トピの理屈で言えばワーキングマザーの負担も半減され
    問題も解消されるはず。切に願います。実現を。

    私達だって働きたい!せっかく就いた夢の職ですもの。

    トピ内ID:6556947643

    ...本文を表示

    ええお父さんやね~

    しおりをつける
    🙂
    うーん
    こんな風に思ってるファーザー、どのくらいいるんだろうか?
    でもファーザーを早く帰しても、家に帰らず 飲みに行ったりするんじゃない?って私だったら思うなぁ。ごめん。
    少なくとも赤ちゃんだったら、マザーは母乳あげたりするしね。
    主さんみたいに積極的に子育てに関わりたいって思うファーザーは、日本にはまだ少ないんじゃないかな。
    それに主さんが思うより、ワーキングマザーは大変っていうか、壮絶な毎日だと思うよ。

    トピ内ID:3403000441

    ...本文を表示

    えっ

    しおりをつける
    blank
    若干混乱
    うちの職場の育児支援制度は、どれも女性限定ではなく、男性も利用できるものなんですが…(産休以外)。結果的に女性しか利用してないというだけで。
    トピ主さんのところでは制度利用は女性限定なんですか?もしかして、女性限定が普通?!私、世間知らずだったんでしょうか…。

    小さい子がいる男性が育児支援制度をもっと利用してくれれば、その奥さんはもっと職場で活躍できて、社会全体がうまく回るようになりますよね。
    女性の社会進出は、女性たちが自ら動いて勝ち取ったものです。トピ主さんたちも主体的に動いて家庭生活を送る権利を勝ち取りましょう。健闘を祈ります。

    トピ内ID:0751202034

    ...本文を表示

    子育て楽しいですよ

    しおりをつける
    💰
    しらいし
    日本ってほんとダメな国ですよね。
    声を上げていくべきだと思う。
    もはや会社に滅私奉公する時代は終わりました。
    公私ともに充実させていく時代です。

    でも仕事と育児の両立は楽ではありませんよ。
    兼業主婦と専業主婦の噛みつき合いがすごいのは、どちらも、実のところ、育児ばかりも兼業も、楽しい、充実してる、と胸を張って言えないからだと思いますよ。私には、ない物ねだりのののしり合いに見えます。

    でもそれも経験しないとわからないですよね。

    頑張れ兼業パパ。


    でも中途半端な子育ては止めてくださいね。やるなら責任もって。
    手に負えなくなったらママに丸投げって、それ育児じゃないから!!とうちの夫に突っ込みたい子育て母でした…
    ママはなんでもできると思ってるみたいだけど、私だって新米なんだよ…

    トピ内ID:9124985259

    ...本文を表示

    ワーキングマザーですが

    しおりをつける
    blank
    てん
    トピ主さん、応援します!
    夫が育児に協力的なほうが、妻が子育てに前向きで第2子がいる家庭が多いとのアンケート結果があるくらいです。
    ワーキングマザーの支援だけでは、ワーキングマザーのストレスは減らないし、少子化も改善されない。
    ワーキングマザーが増えた今、少子化対策には、ワーキングファーザーの子育て参加が重要です!母親にしても、父親の時間にもっと融通が利いたら、責任ある仕事をしやすくなるはずです。

    もはや母が子育て父は仕事という分業の時代ではなく、みんなで働き、みんなで育児をする時代。会社も上司(とくに仕事一筋だった男性上司)も、意識改革が必要ですね。
    トピ主さんのような男性が増えるといいな!

    トピ内ID:1937875859

    ...本文を表示

    大賛成です!

    しおりをつける
    blank
    元総合職女性
    こんな男性からの声を待っていました!
    激しく同意いたします。

    男女共に仕事をするなら、家事も育児も介護も男女ともにして当然!
    育児期間中は男女交互に労働時間を短くすれば、どちらかのキャリアが極端に後退する事も防げるのでは?

    可愛い子供の寝顔しか見られないなんてお父さん達は可哀相ですし、あちこち頭を下げて早く帰って一人でくたくたになるまで家事育児をしているお母さんも可哀相…。

    少しずつ、変えて行こうとすれば、きっと10年20年後には、明らかな変化となってきますよ。
    だって、ほんの20年ほど前までは、腰掛OL、寿退社、専業主婦があたりまえだったんですから。
    頑張って、世の中変えて行きましょう!

    トピ内ID:0511059346

    ...本文を表示

    拍手です

    しおりをつける
    blank
    とくめい子
    すごくわかります。
    働く女性支援と言って女性の待遇ばかり目につきますが、根本的に間違ってると思うのが日本の男性が働き過ぎなんです。

    あまりにも男性は男性であるというだけで便利に使われ過ぎ。
    子供を持っても残業休出当たり前の労働力があれば、雇用側だってわざわざ保育時間を考えて就業時間に制限があったり、子供の病気の際も必ず休まなければならない女性の労働力を当てにすることはできないのは当然のこと。

    そうではなく働く親に対して同等の手当てを施す。
    それが必要なことなんだと思います。

    個人的には育休制度は男性にはそれほど必要ないと思いますが、保育園の送り迎えを交互に出来る程度の時短制度、有給休暇取得のしやすさ、ぐらいはもう少し男性側にも融通して欲しいものです。

    男性が働き過ぎによる労働力格差がママになった女性の社会進出を邪魔している。
    男性が子育てにもっと参画できるような社会が引いては母となった女性の雇用を拡大していくのだと思います。

    トピ内ID:6673954022

    ...本文を表示

    俺は

    しおりをつける
    🙂
    ささ
    俺は別にそう思いません。
    ワーキングマザーのせいで圧迫されてるなんて妄想も良い所では?

    育児休暇者や時短勤務者が居ないとその分一人フルタイムが増える保証もなければ、その人が仕事出来る人って保証も無いでしょうに。

    今いる会社で今ある環境を改善するしかないと思いますよ?
    制度で確保するのは保険の様なもので、それこそそれを利用しない人の多大な支えがあって得られる物なので、これ以上既婚と独身の溝が深まる様な事はあまりしたくないですね。

    私の会社の場合ですが、男性は割合的に多いので女性のように小数を守る制度では無く、今までどおりのグループ内での社員同士のすり合わせで何とかしてもらうしかないのでは?

    週に一度定時上がりにさせてもらうようお願いして回るとか。
    もちろんその分他の日はもっと遅くなるかもですけど。
    そういった手間を省いて制度制度、弱者を守るって風潮は因果関係が希薄になって変なマナー論者とか潔癖症の人を生みだすので好きじゃないです。

    あって当然ありがたみぜロが増えるとまた軋轢生まれる。
    理由と結果が伴う方が面倒ですけど自然な気がします。

    トピ内ID:4233547806

    ...本文を表示

    トピ主さんみたいな男性が多いから

    しおりをつける
    🐤
    piyo
    男性の育児休暇取得率が低いのでは?

    トピ主さんどうして育休取らないんですか?
    社内で前例がないから?周りの目?

    私の夫は1年間育児休暇取りましたよ。一部上場企業で
    男性育休取得一番乗りです。

    一部上場企業だから取れた、恵まれていたとも言えますが
    その会社に就職したのも本人の努力です

    当たり前のように直属の部長からはNoの返事でしたが、
    東京都に問い合わせたり、コンプライアンス部に話を通したり
    しっかり自分の手で勝ち取りました。

    育休取得前と同じポジションに戻れることの確約を得るまで
    きっちりやり遂げ育児休暇を満喫しましたよ。

    トピ主さんは自分で何の努力もせず「形ばかりの」育休制度と
    言い捨てチャレンジしようともしない。

    女性だって育休・時短制度を気楽な気持ちで利用できるわけでは
    無いし、元のポジションに戻れるかどうかもわからない人が
    多いでしょう(子供の病気などで実際無理なケースも多いですし)。

    全部お膳立てしてもらわないと育休も取れないなんて
    情けないこと言わないでください。

    トピ内ID:6210541083

    ...本文を表示

    権利は自分で勝ち取るしかない

    しおりをつける
    blank
    はな
    現在産休中です。
    うちの会社で、私は始めての産休・育休取得者になります。
    あちこちに頭下げて協力をお願いし、
    妊婦検診以外は去年は1日も有給を取らず、
    つわりの時期は毎日会社で吐きながら仕事してました。
    それでも取らせないというなら公的機関に駆け込む覚悟でした。

    夫は夫の会社で男性第一号の育休取得者になる予定です。
    私には言いませんが、多分簡単な事ではないでしょう。
    でも夫は僕は会社で必要とされてるから大丈夫、と笑って言っています。
    昇進も昇格も今後ないかも知れませんが、それでも育児に参加したいからと
    取得を決めました。

    育休も時短も女性だけの権利ではないし、女性だって無条件に与えられてる訳ではなくて戦って勝ち取ってきたものです。
    男性だってどうどうと権利を主張すればいい。
    育休取得したいならまずは会社に申請出してみたらどうですか?
    歓迎はされないでしょうし、不利益を蒙る可能性もあるでしょう。
    でも女性はそうやって勝ち取ってきたんです。
    何もせず、一方的に女性が優遇されてると決め付けていじけられても困ります。

    トピ内ID:1718358790

    ...本文を表示

    育児休暇という名の

    しおりをつける
    🐱
    既婚男性SHIN
    お子さん達が寝る前に出勤なさるなら「その時に会ってるじゃん!」と、突っ込んでしまいました。
    正しくはお子さん達が目を覚ます前にご出勤ですよね。

    それはさておき、日本の社会的全体で男性が育児休暇をとりやすくなるには、男性に代わる働き手が必要です。
    現時点で男性の労働力に代わる働き手は女性ですので、女性の社会進出がさらに進めば、男性も育児休暇を取り易くなるでしょう。

    しかし、女性の社会進出が進むということは、男性の社会的価値が下がるということですから、喜んでばかりはいられません。
    身体的に子供を産まない男性が育児休暇を取るとなると、それはその男性が他に代役が見つからないほど優秀で、育児休暇をとっても良いから退職しないで欲しいと職場が認めた場合のみでしょう。
    では、優秀でない男性が育児休暇を取りたいと言ったらどうなるか?
    「君の代わりはいくらでもいるから、明日から永遠に育児休暇を取りなさい」と、暗に辞職を勧められるのではないでしょうか?
    逆に言えば、女性が結婚や出産を機に退職や育児休暇を取るから男性の社会的地位が高いままであると言えると思います。

    トピ内ID:0382728112

    ...本文を表示

    がんばれ

    しおりをつける
    blank
    kanbe
    子育て専念中の母です。

    たぶん猛反撃の回答もあるのではないかしらと思いつつ・・・

    ワーキングマザー達の尻拭い、、そういう事実もあるのですね。私は女性ですが、女性ばかりがどんどん強くなり優遇される世の中も何だかな・・どっか頼りない時代だなと思います。

    男性にはもっと強く主さん的なこと主張してほしいですね。がんばってください。

    トピ内ID:8937221561

    ...本文を表示

    取れば?

    しおりをつける
    blank
    ひな
    勇気をもって支援システムがあるなら取ればいいじゃん。見栄とか周囲の目が気になって取れないだけでしょ。

    WMのしりぬぐい? してるようにはみえませんけど。もともとの仕事の資質が違うのだし。むしろしてるのは女性陣のほうじゃない。

    自分がやり玉にあげられたくなくて先駆者を押し付けあって八つ当たりに女性の育休システムを批判してるようじゃまだまだ先は長いって気がしますね。

    トピ内ID:9183659002

    ...本文を表示

    勇気がありますね

    しおりをつける
    大丈夫ですか?
    袋叩きになりそうな予感。。

    トピ内ID:0583936184

    ...本文を表示

    早くしてよ~!!!

    しおりをつける
    blank
    昨日のB
    おっそいのよ!声をあげるのが!
    働いていて、なお子育てまでする女性が圧倒的に多いんです。
    はよ~オトコもやってくれ!

    というかね、トピ主さん。
    尻拭いってなによ?
    そう言う考え方がある限り、ワーキングマザーは仕事も育児もやりにくく、
    男性だって育休が取れないんでしょう。
    まず、その自分の考え方をナントカするのが一番早いよ。
    その一文で、すっごい嫌なオトコになっちゃったよ。

    ちなみに、うちの旦那も超激務です。
    子供が寝てからの帰宅、起きる前の出勤。
    私も兼業で普通に働き、トピ主さんみたいな考え方の男性の多い職場で、
    管理職だし結局時短も取らずですよ。
    兼業主婦も、出来るだけ周りに不快に思って欲しくないんで。
    それでも尻拭いっていう男がいるしね~。はぁ。

    旦那は自分の休みは子供の事全てやります。
    私は寝ているだけ。朝ご飯も、公園も、風呂も全てやり、
    小学生になると勉強も教え、土曜の校外学習の弁当を作り、
    出来る事全てする姿勢です。
    だから娘2人はパパが当たり前に大好きです。
    男が時間が無くて育児出来ないって言うのも嘘だよ。
    頑張りなよ。

    トピ内ID:3657227618

    ...本文を表示

    そりゃあね

    しおりをつける
    🐤
    ひよ
    >名ばかりの育休制度はあっても取得率は一向にあがりません。

    実際に取得しようという人が出なければ上がろうはずもありません。
    取得したときのサンクションが怖いのはわかりますが、女性たちは身を犠牲にしながら権利を獲得してきたのだから、トピ主さんたちも恐れるばかりではなく立ち上がりましょう。

    もし、出世に響いたら困るからやめろと奥様に言われたりすることがあるのなら、それは獅子身中の虫。
    奥様とよく話し合ってください。

    トピ内ID:2220422309

    ...本文を表示

    良いアイディアです

    しおりをつける
    blank
    おかちめんこ
    あなたみたいな夫がほしかった

    トピ内ID:8469866030

    ...本文を表示

    是非、先駆者になってください

    しおりをつける
    blank
    応援隊
    今でこそ、女性が育休を取れるようになってきましたが、以前は女性も「名ばかり育休」の会社が少なくありませんでした。

    会社で初めて育休を取った女性たちが、どれほど苦労したことか。今のように、パワハラやセクハラなどという言葉さえない時代、当たり前のように嫌がらせを受けても、踏ん張って踏ん張って、苦労した人たちのおかげで、女性が育休が取りやすい土壌ができてきたのです。

    私の職場にも、ワーキングファーザーがいます。最初に、保育園のお迎えのために、定時帰りを始めた人は、仕事を完璧にこなしているにもかかわらず、上司に、「かみさんの尻にしかれてなさけない」と、イヤミを言われていました。
    でも、そういう人が数人続けば、職場の人たちは段々慣れてきます。その分、他の人は苦労していますが。

    何事も最初にやる人は苦労します。でも、苦労した分、学べることも多いですよ。是非、先駆者になってください。

    トピ内ID:7698088755

    ...本文を表示

    責任転換

    しおりをつける
    blank
    あーはいはい
    ぐちゃぐちゃ他人のせいにしないで行動に移せば?
    育休制度を名ばかりにしてるのは、うだつの上がらないトピ主さんのせいでしょ。
    堂々と制度を利用し、休暇明けにそれを巻き返すぐらい働けば周りは納得するでしょ。
    そんな努力もできないの?

    ワーキングファーザーが聞いてあきれる。

    トピ内ID:9373301255

    ...本文を表示

    選んでいるのは自分でしょう

    しおりをつける
    blank
    ゆうこ
    ワーキングマザーには他に子供をみてくれる人がいないので、定時で帰るし、子どもの病気で
    仕事を突然休むのです。
    当然、仕事に対する評価は低いものとなります。
    仕事中どれだけ集中してたって、結果を出したって、大事な時に穴をあけてしまう可能性があるのなら
    戦力外の場所にいるしかないのです。
    昨今の共働き家庭であれば、夫もある程度は育児優先(つまり低評価)を分担しているかもしれませんね。

    トピ主さんのお宅ではトピ主さんしか働いていないか、奥様が働いていてもトピ主さんはお仕事最優先と
    決めていらっしゃるご家庭のようですね。
    だとしたら、どんな制度があったって仕事を放り出すわけにはいかないんじゃないですか。

    自分で仕事を選んでるのに、帰るしか選択肢のないワーキングマザーを優先するな、って、
    意味が分かりません。
    「家に保護者がいてももう一人が早く帰れる権利」を根付かせたいなら、トピ主さんがまず率先して
    早く帰って社風を変えていけばいいと思います。
    ものすごーく仕事のできる人なら、ありじゃないかな。

    トピ内ID:7512488469

    ...本文を表示

    がんばって!

    しおりをつける
    blank
    ヨーコ
    明日、会社に行ったら、上司に育休申請を、すぐしてください!
    もちろん、仕事の調整があるから今すぐは難しいでしょう、
    たとえば、今度の4月から1年間、とかはどうですか?

    その間は奥様がフルで働く。

    私が勤めている会社は、男性も育休とってますよ。
    もちろん数年前まではだれも取っていませんでした。
    でも、あるとき仕事ができることで有名な人が
    育休とったんです。

    そしたら、他の男性陣も、続々ととるようになってきました。
    最近では、むしろ子どもが生まれたのに、とらないと、
    社内の女性からの目線が厳しくなるような風潮にもなってきました。

    トピ主さんが、まずがんばらないと。
    期待しています。

    トピ内ID:7858718101

    ...本文を表示

    頑張ってください

    しおりをつける
    blank
    K's
    ぜひ声をあげて下さい。
    ぜひ子育てをする権利を主張してください。
    男が育休を取っていけないなんて誰も声を大にしては言いませんよ。
    制度にあるのですから、本気ならば、会社にかけ合うなりなんなりできるはずです。
    投稿しているだけならば、きっと本気ではないのでしょうね。

    男性から子育ての権利を奪っているのは、時短などの優遇政策を享受しているワーキングマザーなのではなく、この国の働き方であり、考え方であり、古い制度です。
    それは、近代の日本を作ってきた男たちがつくり上げたものです。
    でも少しずつ、制度は改善されてきています。
    要は、それを利用できるかどうかです。

    女だって育休を取ろうとしてマタハラを受けることはザラです。
    それでも会社や周囲を説得したり、時には戦ったりして、制度の恩恵をやっとの思いで勝ち取ってきているのです。

    時短のワーキングマザーの尻拭いをさせられている、などとうそぶけるような男性が、
    周囲を説得して、会社の育休取得男性の第1号になるとは思えませんけどね。

    トピ内ID:8065174579

    ...本文を表示

    そういう人が増えてほしい

    しおりをつける
    🙂
    まいまいす
    共働き、2児の母です。時短が取れるよう申請はしていますが、結局仕事がいっぱいで定時あがりです。夫は帰宅が遅く、平日の育児協力はほぼゼロ。双方両親とも遠方で、協力は見込めません。同僚の男性達(家庭では父親)が遅くまで残業している中、定時で帰るのは申し訳ないと思いつつ、どうしようもありません。

    私は、夫にも、そして会社の同僚男性たちにも仕事をさっさと切り上げて家庭で育児分担してほしいです。
    そして、男性も女性も育児のために時間をつかうことに引け目を感じない世の中になってほしいです。

    専業主婦のいる夫「妻が家庭で育児担当しているため、育児を理由に帰宅できない」
    専業主婦「夫が多忙で育児の協力を期待できないため、働きに出られない」

    どっちが先なんでしょうね?

    女性の社会進出が進めば、男性が過労死しそうなほど残業しなくてもワーキングシェアでき、家庭収入も維持できる。
    男性の育児進出(?)が進めば、母親だけの孤独な育児にならず、子どものことを夫婦で共有できる。

    これで少しは解決しないですかね?

    トピ内ID:8378477723

    ...本文を表示

    応援します!

    しおりをつける
    🙂
    こ抹茶
    トピ主さんの仰ることに賛成します。
    トピ主さんの疑問や不満はもっともです。声を上げるべきです!
    女性に対する育児支援だって、たった一人の勇気あるワーキングマザーの主張から始まったはずです。
    「法律があるから確かに制度はあるけど、本気で育児休暇とか時短制度とか取る気?うちの会社じゃ前例ないよ。空気読めよ」
    「子どもが子どもがって言えば許されると思って・・・尻拭いする身にもなれよ」
    「会社に迷惑かけるなら辞めてくれよ。自分の権利ばかり主張するなよ」
    こんなプレッシャーに打ち勝って、パイオニアになってくれた女性がいたから、支援が一般化してきたんだと思います。
    もちろん、今まさに会社や社会と戦っている女性も大勢います。
    女は会社に迷惑かけるような状況になったら辞める、そんな常識を打ち破ったように、疑問を抱いたトピ主さんが、男は育児しないんだからしっかり働け、という常識を打ち破るために頑張ってください!
    私は女性ですが、応援します。機会があれば周りにも問題提起して行きたいと思います。

    トピ内ID:6322054150

    ...本文を表示

    いろいろ誤解されているようですが、応援します

    しおりをつける
    blank
    投稿者
    ワーキングマザーだって、必死で時間のやりくりをしています。
    私は時短を許可されていますが、業務のスピードをUPさせても、時短の時刻には帰れません。私の勤務先では、時短を許可されても業務は減りません。夫は単身赴任、義母と同居しているので本当に助かっていますが、そうでなければ子供たちは私が帰宅するまで空腹で待っているでしょう。(コンビニもスーパーも近所にない田舎です)
    時短そのものも利用できないワーキングマザーや、妊娠を報告すれば退職を勧奨される人も、いなくなってはいません。

    制度はあっても、利用できなければ意味がないと思っています。また、そのためには、育休中の手当の増額よりも、安心して復職できる環境や、夫婦で協力して育児ができる(男性も気兼ねなく定時に帰れる、とか)環境の整備が必要だと思うのです。
    政府の打ち出す政策は、いつもその場しのぎで、根本的な解決にはなりませんね。

    トピ内ID:0614852006

    ...本文を表示

    大賛成!

    しおりをつける
    blank
    ロース
    私は、ワーキングマザーですが、
    育休明けは、時短を取っていました。
    夫の仕事場は、9割男性。時短を取りたくても仕事上、無理。
    夫が、時短を取ったとしても、家事能力は低く、
    そもそも私の給料では家庭を支えられない。

    夫も育児休暇や時短を気安くとれるような社会っていいですね。
    時短なら、夫だって家事・育児が出来る時間の余裕だってありますし、
    子供が保育園、幼稚園、小中学校時の保護者会にだって、
    夫が積極的に参加出来る。

    男性が気安く時短を取れるってことは、
    女性の社会的地位も、もっと上がって給料も男性と同等になるはず。
    だって、女性も社会的地位を得ていても、
    現状は、男性のほうが社会的地位は高いし、給料も高いことの方が多いでしょうし。
    男性が育休、時短を取っても経済的にやっていける環境は、理想的です。
    その代わり、男性と同等の対価をもらうということは、
    女性の責任も仕事も負担は増大でしょうけど。。。

    ただ、女性は結婚による環境の変化、特に妊娠・出産もあるので、
    その点は変えられないのが辛いですね。
    そんな時に、男性にも育休・時短を取ってもらえると、
    本当に助かります。

    トピ内ID:2031960929

    ...本文を表示

    がんばれパパさん!

    しおりをつける
    😀
    はな
    2人の娘さんかわいいんでしょね。
    うちももうすぐ2人目の娘が生まれます。夫は楽しみでしょうがないみたい。
    日本はまだまだ、女性・男性の意識、社会全般の男性育児・家事参加に対する理解が少なくて、積極的に育児参加をしたい男性にはまだまだ難しいのでしょうね。
    うちは海外在住で夫も日本人ではないのですが、こちらは皆男性も家事をしますし育児休暇をとるのも普通です。もちろん女性も男性同様に働いています。

    夫と一緒に働き、育児・家事をしていて、つくづく思うのは。父親の育児参加の大切さです。2人で協力し合いながら育児をすることでずいぶんと、身体的にも精神的にも助かりました。自分だけだったら躾にも行き詰っていたと思うし、子供の情緒にもいいように思います。

    ただ、あなたが会社でワーキングマザーの尻拭いをしていると同時に、今のワーキングマザー達は家庭で、育児・家事をしないワーキングファーザー達の尻拭いをしているということを忘れないでください。私が忙しいときに職場に迷惑かけずにフルで働き続けられるのは、時には夫が職場に頭を下げ、熱を出した娘を見てくれ、家事をしてくれるからです。その逆もありますが。

    トピ内ID:4180625471

    ...本文を表示

    本気になってないでしょ?

    しおりをつける
    🙂
    航空券
    30代2児の父です。
    妻も同業で同程度の収入があることもあり、出産前から育児は公平に負担する取り決めでした。
    私は男に育休はあまり意味が無いという考えなので、育休はとっていませんが、現在時短中です。
    時短勤務といっても、毎日早上がりではありません。
    上長とかけあって、概ね月の半分は早く帰して欲しいと話を通しました。
    業務の繁閑を見極めて、そして、妻と絶え間無くスケジュールの調整をして、
    早く帰れる日は定時ダッシュで保育園に迎えに行き、
    その流れのまま、ごはん、お風呂、遊びの相手、寝かし付けとこなします。

    我が社は男性で定時帰宅する人はほとんどいないので、この生活を続けるのには勇気がいります。
    また、昇進が遅れたり、異動で冷遇されるのも覚悟の上です。
    それでも、私の家庭では、育児は公平にやると決めたのだから、
    必要に迫られてやるのです。やらざるを得なかったのです。

    制度はあるのだから、堂々と使えば良いだけのこと。
    もちろん多方面から文句は言われるでしょうが、
    それはどの働く女性も我慢して受け入れていることです。
    男だからって甘えてはいけない。

    大丈夫!案ずるより産むが易しです。

    トピ内ID:1703171621

    ...本文を表示

    ワーキングファーザー?初耳です

    しおりをつける
    blank
    再起動
    子供さんが可愛くて仕方ない、俺たちも育てたい!ってトピですよね。
    なんだか嬉しいです。そんな子煩悩な男性もいるのか。

    しかし現実に言って、
    あなたには奥さんがいるんだから、あなたの家には、時短も育休も要らなくないですか?
    要らないのに取ろうとするから取得率上がらないのは当たり前。

    シングルファーザー、シングルマザーのお宅にはとても必要なことなのに
    それを「子育てがしたい!」だけで利用されちゃ、それこそ本当に必要とする方々の足を引っ張るのでは?

    ワーキングマザーの皆さんは必要だから取得できた。
    あなたの中で、じゃなく家庭や家計の中で必要性が上がらないと無理なんでは?
    ワーキングマザーの方々が悪いわけじゃないんですから、噛み付かないの。

    トピ内ID:2463676400

    ...本文を表示

    兼業主夫が増えればあるいは

    しおりをつける
    blank
    mimi
    時短は基本的に兼業主婦のための制度ですから
    兼業主夫が増えればトピ主さんみたいな意見も通りやすくなるでしょうね。

    兼業主夫が増えるには…ワーキングマザーが増えることが必要で
    まだまだ多い、女性が子供を産むために会社を辞めたり育休切りなんかを
    させないような社会が必要で
    結局、女性のための制度を充実させよう…という
    堂々巡りな気がしますが。

    トピ内ID:0755205249

    ...本文を表示

    本気でそう思ってますか?

    しおりをつける
    💍
    紅梅
    私は福利厚生のしっかりした会社にいますが、育児休暇や時短勤務を使ったら勤務評定は低くなります。
    男性で取得する人もたくさんいますが、出世コースからは外れます。
    そりゃあ、取ってない人はその分仕事をしているのだから当然です。そこに不満はありません。
    夫婦両方出世というのは難しいです。どちらかが諦めて、頭を下げながら仕事をしていくことになります。子どもは大切ですから仕方ありません。
    これがワーキングマザーのせいですか?違うでしょう。システムを作るのは管理職ですし、多くの場合管理職は夫婦の中で出世した側、ほとんどの職場では男性です。
    何故ワーキングマザーの尻拭いなどという発想が生まれるのか、理解に苦しみます。

    私は男性でも女性でも、稼ぐ能力が低い側が育児休暇を取るのが良いと思っています。
    理想は男女平等に育児に参加、でしょうが、そんな悠長なことを言っているとスピードの求められる資本主義社会で取り残されますから。

    現実的なのは、残業削減によるコストダウン等、経済効率に則りプライベートの時間を確保していく形ではないでしょうか。
    あと、会社では言わない方が良い意見だと思いますよ。

    トピ内ID:9120306216

    ...本文を表示

    トピ主です 1

    しおりをつける
    blank
    ワーキングファーザー
    みなさま、こんな私の愚痴のようなトピックにおつきあいくださりありがとうございます。
    まずは訂正から。
    「子供達の寝る前に出勤し」ではなく、「子供達の起きる前に出勤し」です。一度送信すると訂正できないのですね。誤文がこのまま人様の目に触れ続けると思うと恥ずかしいです。
    次にお詫びを。
    ワーキングマザーたちの尻拭いという表現は不適切でした。不快に思われた方々にお詫びいたします。
    それではお返事を。

    ぽん様
    >必要に迫られているわけではないのに「家事・育児をやりたいから手当を!」という主張は、「趣味>に時間を割きたいから手当を!」という主張と変わらないように思えます。
    確かに私の状況はシングルファーザーの方や世の働く母親の方々とは異なると思います。では、私のように健康な妻のいる家庭で父親が家事・育児を担うのは「趣味」とおっしゃるのですか?「必要に迫られているわけではない」の父親が積極的に育児を担うのは「趣味」ですか?とても心外ですが、そのように感じる方もいるという事が分かり、勉強になりました。

    トピ内ID:1672071486

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(11件)全て見る

    トピ主です 2

    しおりをつける
    blank
    ワーキングファーザー
    ぷるぷる様
    >仲間を募り
    そうですね。タイトルを「俺たち」としたり、本文中で「我々」と表現したのは同じように悩んでいる男性からの意見が果たしてどのくらい得られるのだろうかと思ったからです。私の親しい友人には残念ながらいませんでした。
    >横やり育児
    そうならないように気をつけます。

    さく様
    >男性の会社のお偉いさんと国が本気で考え変えないとヤバイよね
    上司の無理解に苦労されておられる女性も多いのでしょう。次は男性が声を上げる番だ、と思いますがもう少し職場での地位が上がって、影響力を持ってから。今は我慢の時と思ってしまう私はただの意気地なしですね。

    minon様、若干混乱様、ひな様
    「育休とればいいじゃん」というご意見ですね。ごもっとも過ぎて返す言葉もございません。
    次女の妊娠が安定期に入った頃、妻と私の育児休暇取得について話合いました。喜んでくれると思いきや、妻は反対でした。残念ながら私の職場では男性の育児休暇取得は前例がなく、周囲の理解が得られるか、復職後の待遇はどうかなど不安要素満載でした。(続きます)

    トピ内ID:1672071486

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(11件)全て見る

    制度あるんでしょ?

    しおりをつける
    blank
    はて
    ないならともかく、あるものを活用しないでいて文句を言うのが理解できません。
    育休とりたいならとればいいじゃないですか。
    他の男がとらないから僕もとりません、と言っているようにしか読めないのですが。
    それが女性のせい?うーん・・・
    俺たちにも子育て支援を、って具体的には何を求めているんでしょう?

    トピ内ID:7822430433

    ...本文を表示

    パパたちがんばれ

    しおりをつける
    blank
    あまみ
     シングルマザーには色々手助けがあっても、シングルファーザーにはありませんし、男性トイレには子どもが座るための椅子もオムツがえベッドもないのは私も気になっていました。私が体調不良で1歳児検診に旦那が行ったり、子どもの保育園の面談で旦那が代わりに行ってくれたら、奇異の目で見られるのもおかしな話だと思っています。
     私はフルタイムで働き、育児休暇をがっつりとって、周りの顰蹙の目に必死で耐えていましたが、もしも旦那がとってくれてたら、一応グループリーダーぐらいにはなれたはずなのにとちょっと悔しい気持ちも確かにあります。
     ミルクタンク時代はともかく、育児は旦那も参加して欲しいものなのですから、たしかにもう少し援助がほしいところですね。時短はともかく、記念日ぐらい早めに帰してくれよと本当に思います。
     声を出していくことで、もしかしたら少しは改善されるものかとは思っていますので、がんばってください。

    トピ内ID:3569474226

    ...本文を表示

    変わりはじめてはいます。

    しおりをつける
    blank
    1年生の母
    私の勤めていた会社は17時に退社しないと上司が叱られるので、追われる様に帰宅します。
    以前は、夜の10時まで残業するのが当たり前。深夜2時まで毎日の様に残る部署も。

    今は、日中の仕事密度はもの凄く上がって毎日全員全力疾走ですが、残業する人は「気の毒な人。」扱いです。仕事は以前よりも要求レベルが上がっていますが、こなせるもんなんですね~。皆ですごく驚きました。
    …人件費もの凄く浮いただろうなあ。
    皆さん、育児にいそしんでいらっしゃるようです。会話に子供ネタが多くなりました。

    ワークライフバランスの推進で、子供の風邪や介護を理由に、上司も部下も男性も女性も休むので、ワーキングマザーのしわ寄せ…と言う意識も余り無いかな。
    まあ、同僚の奥さんは専業主婦の方が多かったので、ワーキングマザーの私の方が頻度は高かったですが。
    ワーキングマザーを抱えている同僚にもなると、頻繁に休んでたな…。

    女性が特に多い企業だから…と言う訳でもありません。フツーの大企業です。
    体力のあるところから、変わって行くのでしょうね。
    トピ主様の会社もいずれ変わるかな。

    トピ内ID:8908842353

    ...本文を表示

    息子の友人のお父様は

    しおりをつける
    blank
    mirin
    シングルになったのをきっかけに、残業がなく休みの取りやすい部署に異動を、申請し、育児家事仕事両立してます。
    もちろんその分収入は減りました。
    時短で働くお母さん方も収入の面ではフル勤務している方よりはもちろん収入は少ないわけで、それはしっかり働いてるご主人がいらっしゃるから成り立ってるわけです。
    今の収入や職種にこだわらなければ方法はあるのでは?

    安定した収入を維持するのも必要なこと。

    週末、たっぷり触れ合ってくださいな。

    トピ内ID:8347149539

    ...本文を表示

    正当な要求だと

    しおりをつける
    blank
    hana-co
    主張は、正当な要求だと思います。
    まずは「子供達の寝る前に出勤し、寝静まった後に帰宅する」という環境をなんとかしなければね…。

    トピ内ID:1352809975

    ...本文を表示

    どうぞお取り下さい

    しおりをつける
    blank
    プリン
    どうぞ育休をお取り下さい。

    今、女性が育休を取れるようになったのは
    先輩女性達が先駆者になって、育休を取ってがんばってくれたおかげです。
    最初は今、男性が取るのと同じ様にどれだけ大変だったでしょう。
    裏では悪口を言われ放題だったと思いますよ。

    トピ主さんのような方が実際に育休を取ってくれると
    どんどん取り易い社会になると思います。

    出世が立場が…など考えると思いますが
    それは今の女性も同じなんです。

    制度があるのに男性は誰も利用しないなら
    必要ないですよね。
    最初になるのはお嫌?
    どんな制度にも最初の人はいますよ。

    がんばって!

    トピ内ID:3433892794

    ...本文を表示

    がんばってください

    しおりをつける
    blank
    きのこのこ
    父親の育児参加は夫婦の絆を強くし、家族の幸せにつながると思います。
    主様には是非、頑張っていただきたいです。
    子育ては一人でやるから辛いのです。
    私は「手があと1本あれば」とよく思いました。
    主様ははじめから手が4本ある状態。だから楽しいのです。
    でもワーキングマザー(WM)の手は2本しかありません。
    そこが主様とは違うところです。

    「両立の仕方」はWMに聞いたほうがいいのでは?
    ただしWMは、毎日自分の身を削ってやっていると思いますよ。
    失礼ながら、女性より体力があっても、同じこと(自分の身を削ってまで子育て)をできる男性は多くないと思います。

    WMの中には「朝5時前に起きて家事をしてから出勤」と言う話を聞きますので、
    主様は「2時間早く会社に来て2時間早く帰る」というのはどうでしょう。

    朝活とか言って、そういう制度にした企業がありますね。
    「伊藤忠 朝活」で検索してみてください。

    会社でそういう制度に取り組むようにするとか・・・。
    会社にとっては育休取得をよりメリットがあるのでは?
    かなり難しいと思いますががんばってください。

    トピ内ID:6424557668

    ...本文を表示

    賛成です

    しおりをつける
    🐷
    うまえもん
    その方がワーキングマザーも嬉しいのでは?
    会社に迷惑かけて申し訳ない、とか、子供とずっと一緒は疲れる、とか聞きますもんね。
    もっとワーキングマザーにもバリバリ働いてもらいましょう。

    ただ、やはり前例って大事で、制度はあっても実際利用されてるかどうかと言うと・・・ですよね。
    なので、トピ主さんが先頭を切って実力行使してください。
    働く母親も最初はそうやりながら支援制度を勝ち取ったんです。

    頑張りましょう~

    トピ内ID:9251882845

    ...本文を表示

    奥様専業主婦ですか?

    しおりをつける
    blank
    りんごりら
    ワーキングマザーが、子育てを楽しむために時短をとっているとでも?

    多くは、保育園の迎えに行かなきゃならない、ご飯を作って食べさせて、お風呂の用意をしてお風呂に入れて寝かしつけ、眠いけど、一緒に寝ちゃわないようにがんばって、その後、食器や洗濯物の片づけなどほかの家事、もし寝ちゃったら夜中や早朝に起きて家事・・ってバタバタと過ごしている人がほとんどです。

    あなたが時短をとったとしても、家に帰って奥さんの作ったご飯を食べて子どもと遊び、お風呂に入れて寝るくらいでしょ。一緒にしないでほしいです。

    ゴルフの練習に通いたいからとか、遊びに行きたいから時短とりたい!って言ってるのとたいして変わらないと思います。敢えてあなたの言葉を借りますが、そのための尻拭いなんて、他の人もしたくないでしょう。

    トピ内ID:4854613572

    ...本文を表示

    頑張って育児休暇を申請&取得してください!

    しおりをつける
    blank
    さくら
    実行あるのみです!

    今のままじゃ選挙に行かずにテレビ見ながら政治にタラタラと不満垂れてるのと同じですよ~

    育児休暇のシステムがあるなら尚幸じゃないですか!
    あとは利用するだけですよ♪

    世のワーキングマザーは頑張って取得してます!
    男性のトピ主さんに出来ないはずがない!

    頑張って~ 社内男性育児休暇取得の第一号になって下さい!

    トピ内ID:0427533952

    ...本文を表示

    がんばってください!

    しおりをつける
    😀
    ひよこ
    子育てに参加したいというお父さんの気持ち、とてもステキだと思います!
    ぜひ育児に参加していただきたいです。
    ただ、お父さんたちが育休取れないのは、ワーキングマザーのせいではないと思いますよ~

    実際我が家も主人に育休取ってもらいました。(2週間だけですが)
    仕事の忙しくない時期を選んだり、周りに気を配ったり、上司を説得したり。
    最初は「え~うちの職場、誰も男が育休なんて取ったことないよ~」と言っていましたが、「じゃあ第一人者になって、周りのみんなが取りやすくすればいいじゃん!」って言ったら気持ちを切り替えて育休取得をがんばってくれました。
    子育てに関われて「取ってよかった~」って言ってくれています。

    道を切り開くのは大変かもしれないけど、制度があるならできないことなんてないです!がんばってください!!

    トピ内ID:0097129205

    ...本文を表示

    男性同士の戦い?

    しおりをつける
    ブルル
    職場の既婚男性で、残業と称して男同士で雑談、ネットサーフィンで仕事の振りをしている人も
    何人かいましたね~。

    そういう男性は子供のお迎え、家に帰って夕食の支度、宿題を含めた子供の世話がてんやわんやで
    あることを分かっていながら奥さんまかせにする方が楽なので、あえて『残業』をしていました。

    日本の長時間労働=職場が家事、育児をしたくない夫の逃げ場になっている、という事実も少なからずありますので、男性からすれば煙たがられる主張かもしれませんね。

    トピ内ID:9140501391

    ...本文を表示

    是非実行しましょう

    しおりをつける
    🐶
    こりんご
    確かにそうですよね。
    だったらまずトピ主さんが前例になったらいいのでは?

    ちなみに男性にも育児休暇は認められていますよね。
    誰も取らないから『名ばかり』なんです。
    だったら誰かが勇気を出して取ったらいいんですよ。

    まずはトピ主さんがお手本になりましょう。
    一日も早く取得の申請をし、実行に移しましょう。
    そうすることで他の多くのお父さん方も取得しやすくなります。

    こんなところで愚痴っている場合ではありませんよ。
    会社に制度があるなら、実行あるのみです。
    現状、トピ主さん自身がその制度を拒否しているだけなんですから。

    トピ内ID:8766686738

    ...本文を表示

    尻拭いとか言ってるうちは無理

    しおりをつける
    blank
    しょうがジンジャー
    私は昔から女性が働いてきている職業に就いていますが、先輩方の頃は育休なんてとれず、産後すぐに復帰し、とても大変な思いをされながら子育てしてきたそうです。それでも、今子育て中の私達に、「しっかり育児してきなさい。」と言って、快くフォローしてくださいます。私も子どもが大きくなったら、若い人たちのフォローをしていきたいと思っています。

    世の中そんなに急には変わりません。今は、制度的にはあってもとっていないという方が多いのでしょうが、トピ主さんのような考えのような方が増えて、だんだんと実績が増えて認められていくんだと思います。

    男性が育休や時短をとりやすくなるのは、もしかしたら、トピ主さんの育児が終わってからかもしれません。トピ主さんは、管理職として、その申請を許可する立場かもしれません。今の気持ちを忘れずに、快く許可して、フォローをしてあげてください。自分はとりたくてもとれなかったのに!って思って、嫌味を言ったり、昇進に影響させることなどないようにしてください。

    娘さんたちがお子さんを産む頃には、娘さんの旦那さんが当たり前のように育休をとっているといいですね。

    トピ内ID:2356721518

    ...本文を表示

    そうそう…一言、わたくしも苦言を。

    しおりをつける
    blank
    元女性総合職
    >しかし、我々ワーキングファーザーに対する支援は皆無に等しいです。名ばかりの育休制度はあっても取得率は一向にあがりません。時短勤務などもってのほか。

    …現状に対する不満を述べられていますが…。
    私を含め、男性と同等に働く女性が職場でどんなに多くの壁と戦ってきたか…。
    たった一つの壁も一人で乗り越えられないなんて、情けない。

    多くの女性総合職は、かつては大抵がその職場にたった一人でした。
    男性は勿論、一般職の女性ですら味方ではありませんでした。

    味方が一人も居ない中で、冷たい視線にさらされ、罵倒され、つまはじきにされ、後ろ指さされて、それでも自分は間違ってない!と信じてたった一人で生きて来たからこそ、今の女性の社会進出があるんです。

    男性がそれをしなくてどうする。
    まずは、あなたが、あなたの職場で前例になりなさい。

    >むしろワーキングマザー(ワーキングファーザー)たちの尻拭いをさせられているとしか思えません。

    ↑この視線に立ち向かうのです。
    これこそ、女性たちが戦ってきた事です。
    あなたの努力に期待しています。

    トピ内ID:3177992461

    ...本文を表示

    女性のせいにするのは情けない

    しおりをつける
    blank
    ヒゲオヤジ
    既婚、子どもありの男性です。
    あなたが育児休暇を取れない理由は、
    1 出世に響く
    2 自分が先鞭をつけるのはイヤ
    3 目立ちたくない
    4 社内にいづらくなる
    5 自分がいなくても仕事が回ることがはっきりしてしまう
    6 そもそも、育児休暇を取る気などない
    のどれでしょうか?
    あるいは、これら以外の理由があるのでしょうか?
    いずれにしろ、あなたが育児休暇を取らない(取れない)ことと、ワーキングマザーの存在は何の関係もありません。女性のせいにするのは情けないことです。

    育児休暇を取ればいいのです。なぜ、取らないのですか?

    トピ内ID:3697684028

    ...本文を表示

    トピ主さんみたいな男性が多いから?

    しおりをつける
    blank
    網野酸
    >私の夫は1年間育児休暇取りましたよ。一部上場企業で男性育休取得一番乗りです。

    そりゃ、誰かが負担してるからです。
    これが社員数人の零細企業ならどうですか?
    絶対に回らないですよ?

    それに上場の大企業のしわ寄せは何だかんだ言っても下請けが被るんです。
    つまりは大企業特権ってこと。

    それを一般論であるかのように一絡げに批判するのはエゴってもんです。

    トピ内ID:9621418369

    ...本文を表示

    昨夜夫とこのトピの話をしました

    しおりをつける
    🐤
    piyo
    1年間育児休暇を取得した夫曰く
    「俺が育児休暇取れたのは女性たちがそれこそ凄い
    犠牲を払って獲得した制度に男女雇用機会均等法が
    あったから。
    いわば俺なんかは女性の頑張った成果にただ乗り
    させてもらっただけ。
    めちゃくちゃ有難いと思うよ。」

    夫の育児と仕事の両立ですが
    妊娠が分かってから体力作り開始。
    (元々ですが)会社の近くに住んで通勤時間を短縮
    残業は殆どしない。

    育休中は授乳(母乳だったので)以外
    普通のお母さん並に子育てしていました。
    つまり、私と同等。

    復帰後は朝ご飯を食べさせ子供と早朝散歩。
    帰宅後食事作り(時間のかかるものは私が
    やって置いて仕上げやメイン料理など担当。
    片づけは全てやってくれます)
    食べさせるのは主に担当。

    遊んだり、絵本を読んだり
    お風呂に入れて(どちらがとは決まっていません
    その日によって)。

    休日は朝から子供が眠るまでほぼ子供と私と遊んでいます。
    家事も殆どやってくれます。

    凄まじい体力だなと感心します。

    トピ内ID:6210541083

    ...本文を表示

    妻は働いているの?

    しおりをつける
    blank
    はるか
    ワーキングマザーはたいてい
    夫も働いているいわゆる、夫婦共働きなんですよ
    妻が専業なのにワーキングファーザーって?
    誰か働かないと生活できないでしょう
    わかってます?
    あなたの妻が正社員で働けば堂々と
    自分も家庭のことをしなければなりません
    と会社に言えてほかの働く母親たちと同等になれます

    トピ内ID:2263908342

    ...本文を表示

    分かってない人が多すぎる

    しおりをつける
    🎶
    育児休暇を取ろうとしないのは主や世の男性が周りの目を気にしてるから?
    周りの目を気にしてるからじゃなく会社の同僚に迷惑がかかるから
    会社は仲良し暇人ママさんサークルじゃないんで
    会社に利益をもたらし、その対価として給料をもらうわけで「育児をするから休みます」「休んでる間の僕の仕事はみんなで割り振りよろしく~」なんて利益も出さず業務の枷になるイクメンは会社の厄介者お荷物でしかない
    何故なら割り振りされた同僚は仕事量が増えたからと言って賃金も待遇も上がるわけではない

    また以前会社にいた契約社員の主婦は8時から17時までの勤務で残業なしの条件を納得して入りながら半年もしないうちに「子供が…」を理由に9時から4時までにしてほしいと言ってきた
    もちろん条件の変更は無理なので退職いただいたが、結婚も出産も個人の自由だが、その皺寄せを他人に押し付けるのは単なる身勝手
    他人の子供の為に迷惑かけられるのはごめん被る

    みんなに教えてあげます 「権利を主張出来るのは義務を果たした者だけ、義務も果たさず与えられたからと権利を行使出来ると思ったら大間違いです」

    トピ内ID:4365454227

    ...本文を表示

    声を上げて世の中を動かすなど、必要ありません

    しおりをつける
    blank
    ろとるあ
    まずはトピ主に「育児休暇をとれ」と仰っている方々には、

    男性の育児休業について

    というトピを一読いただいた上で、再度御意見頂きたく存じます。
    トピの傾向としては、概ね「男の育児休暇は不要」という結論になっておりますし、特に反論もないようです。
    都合の良いときだけ、このような台詞を利用しないで下さい。

    また、育児をしながら働く父親が、時短WMのしわ寄せを食っているのは、紛れもない事実です。
    業界の中でも、「育児支援が充実している」という評判の高い職場で働いた経験から、そのように断言いたします。

    その上で、トピ主には転職をお勧め致します。
    私はそのようにして、育児に費やす時間を確保したので、トピ主の呼びかけに応じる気持ちは全くありません。

    あるいは転職が難しければ、それとなくWMの尻拭いを拒否されればよいかと存じます。

    世の中の風潮は、WMを応援する方向にあるので、我々が声を上げたところで到底かないません。
    弱者の戦いの要諦は、正攻法ではなくゲリラ戦術にあることを、今一度よくお考えになるよう、トピ主にアドバイスいたします。

    トピ内ID:6218489351

    ...本文を表示

    経営者はほとんど男性だろう‥

    しおりをつける
    blank
    男性的には諸刃の剣
    >ワーキングマザーたちの尻拭いをさせられているとしか思えません

    そんな社会や会社にしてるのは
    圧倒的大多数の男性経営者や官僚や政治家。
    ブーメランですね。
    目の前にあるたんこぶだけ叩いていても
    問題が解決はしないでしょう。
    結局は会社や社会の制度の問題なのだから。

    一昔前は女性は、結婚妊娠出産=退社の会社が多かっただろうし、
    今でも、復帰後は出世に響く、
    重要なポストから外される、なんてざらでしょう。
    そういうリスクは御免で
    権利だけワーキングファーザーにも育休や時短を‥って
    無理。

    女性の育休や時短が何もせずに勝手に生まれた訳ではない。
    肩身の狭い思いをして、
    トピ主さんのようにワーキングマザーを
    目の敵にする男性社員にチクチク言われながら、
    会社に頭を下げてきた
    女性が数多く動いた結果。

    けど、仮に将来、男性も育休や時短が標準になったら
    今まで能力があっても出世しなかった女性が
    出世したり地位向上したりすると思いますが‥。
    働き続ける、という面で
    男性の社会的地位が確保されて
    きた面は大きいと思いますので。

    トピ内ID:9011830875

    ...本文を表示

    高校の頃いましたよ。

    しおりをつける
    💍
    かるめん
    ご主人が育休を取っている女性教師と、自分が奥様の代わりに育休取って私の母校に再就職した男性教師が。
    かれこれ20年ほど前です。二人とも「女性が復職するのは大変だから」と。

    やろうと思えばできるんじゃないですか?ワーキングファザーの腰が重いだけで。
    まあ、母性とやらに父性が勝てるとは思えないので難しいとは思いますが。
    20年前にできたんだから、現代だってできますよ、多分。

    トピ内ID:5074551273

    ...本文を表示

    応援したい

    しおりをつける
    🐧
    絹子
    私は、母親だけではとてもかなわないような、父親特有の、子供とのかかわり方がある事を知っています。

    女性だけでは教えられない、魅力ある男性像、男性ならではの子供への愛情、遊び方、子育てがあると思います。

    そういう事を知らないお父さんに、ぜひ、男の子育ての勉強をしてもらいたいです。

    母親だけでなく、子育てには、父親が必要であり、役目をはたして、きちんと子供が成長するんです。
    心の成長があるのです。

    そういう今の時代なのだから、男性にだって、子育て休暇が必要です。

    昔の夫みたいに、ズル休みして、ギャンブル、浮気、自分だけの趣味というのではなく、きちんと子どもと向き合ってほしいです。

    トピ内ID:0791581423

    ...本文を表示

    応援してます

    しおりをつける
    blank
    あい
    予想通り叩かれてますけど(笑)

    私は応援しますよ。
    最初に気持ちがあって声を上げて、次に行動に移せば結果はおのずとついてくるものです。
    主さんは声を上げた、次は行動に移す番です。
    何故か賛同する男性の声はあまり聞かれませんが、賛同する女性は多くいるようですよ。

    ただ主さんの妻がWM(ワーキングマザー)だった場合、主さんが会社でWMの尻拭いさせられてる分、主さんの妻の会社では誰かが尻拭いしてくれてるはずだから、巡り巡ってお互い様ですね。

    もし主さんの妻が専業主婦の場合、
    家計を担うのは夫、家事育児に専念し家庭を守るのは妻という合意が夫婦の間で出来ていることと思います。
    その奥様は主さんが育休を取ること(手当ては給料の半分です、ボーナス加算なし)、時短勤務すること(当然収入は下がります)を、望みますかね?
    昇給・昇進も遅れます。退職金にも響きます。
    それを知って「子育ては私がするから土日だけ手伝いお願いします。あなたはお仕事頑張って」
    なんていう奥様なら
    あなたが育児参加するための最大の敵はWMではなく奥様ですよ?

    トピ内ID:1718358790

    ...本文を表示

    すればいい。

    しおりをつける
    ししゃも
    こんなとこで意見募ったって行動しないと意味無いですよ。
    まず貴男が見本見せてください。
    女性だってそうやって勝ち取ってきたんです。

    うちの夫は子育てしたいといって 会社で初めての男性の育休1ヶ月取りましたよ。
    私も自分の部署で初めて産休・育休とりました。
    ちゃんと元の待遇で元の部署に戻れるよう、長く信頼を築いてもきました。
    言い訳してるうちはまだまだやる気がない証拠です。

    言うより行動したら?全然やる気が感じられない。

    トピ内ID:2301278751

    ...本文を表示

    とりあえず

    しおりをつける
    🐧
    名無し
    多くの世代、ライフスタイルの人に受け入れられやすい「ノー残業デー」の導入でも提案しては?

    プライベートの充実をはかり、煮詰まった脳をリフレッシュして業務や業績に反映できれば良いと、導入している企業も多いと思います。

    もし導入されたら主さんはその日に育児に参加できると思います。

    トピ内ID:1912187040

    ...本文を表示

    専業主婦と他の男性のせいでしょう

    しおりをつける
    🐱
    ワーキングマザーのせいで自分が残業続きだという発想から、俺も育休、すなわち時短勤務とりたい、と、なったのでしょうか。

    としたら、その時短ワーキングマザーのせいじゃなくて、時短分の人員補充しないでみんなに仕事を無茶ぶりする経営方針のせいですよ。

    時短勤務の人は、給料減額されているので、その分、派遣やバイト入れられる計算ですが…実際は「お互い様」「将来あなたもみんなの世話になるんだから」とか屁理屈で独身女性に2倍押し付けて解決してた。
    で、今は若手の男性にも同じことやってる会社があるわけね。

    育児したいから休むという動機聞くと、反感買いやすいですが、ワークシェアと思えばいいと思うけど。

    ただ、給料は下がりますよ。残業もないし、ボーナス査定は下げられて当然だし。
    基本給自ら低い優秀なやつは会社にとっては残業三昧よりコスパいい。

    ま、共働きでどっちも育休とれば自然だし、世帯収入も足りるだろうけど、専業主婦家庭だと純減だよね。

    ですんで、ワーキングマザーより、そのようなバリキャリ男性中心発想と、専業主婦があなたの激務の原因と思いますよ。
    頑張って新しい風を呼んでください。

    トピ内ID:6436354080

    ...本文を表示

    男性の育休はあまり意味なし。やるならミルクで育てる必要あり

    しおりをつける
    blank
    o3
    ろとるあさんも仰っているように、別のトピで男性の育児休暇は圧倒的多数で否定されていましたので、少なくとも小町で女性が男性に育児休暇を取れというのは説得力ゼロです。

    私もせめて慣らし保育の間くらいは育児休暇を取りたいと思っていましたが、卒乳がうまく出来なかったため可哀そうだということで断念しました。
    妻の育休と重複して取っても意味ないですし。
    妻からも育休中は暇で楽。散歩をエンジョイする日々だから無理して休んで貰っても勿体ないと言われました。

    育休は妻と代わる代わる取れるものではないので、一度夫が育休に入ったら保育園に預けるまでやりきらなければなりません。少なくとも育休するなら母乳一本やりではダメということです。この辺、あまり考えていませんでした。

    妻が職場復帰してからは時々半休などを取るなど育児をする時間をなるべく作るようにしています。男性も育休を取れる社会になるのは良いことだと思いますが、実用度は低いので無理に推し進める必要もないかと思います。長時間労働が緩和されたり、裁量労働制やテレワークなどが普通になれば自然と解決する問題でしょうし。

    トピ内ID:0758153890

    ...本文を表示

    トピ主です3 

    しおりをつける
    blank
    ワーキングファーザー
    トピ主です。「2」の続きです。
    「でも誰かが勇気を出して始めなきゃ、いつまでたっても「前例がない」ままじゃない」という私の意見に対して、妻は「誰の為の、何の為の勇気なの?先頭でデモ行進しているつもりが、振り返ったら一人ぼっち、気がついたら警官隊に囲まれて、一人だけ牢屋に入れられるという結果にならない?私はあなたの代わりに育児を担う事は出来ても、大黒柱にはなれないのよ。」との事でした。妻曰く、妻の職場は子持ちの女性が働き易い環境だそうなのですが、それでも男性が育児休暇を取得するハードルの高さ、リスクの大きさを感じているようでした。
    「育休とりゃいいじゃん」とおっしゃる皆さん。皆さんの夫がとりたいと言った場合、賛成されますか?

    トピ内ID:1672071486

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(11件)全て見る

    トピ主です 4

    しおりをつける
    blank
    ワーキングファーザー
    たくさんのご意見ありがとうございます。一部、ご意見ごとにまとめてのお返事になります事をご容赦ください。

    まず男性でご意見をくださった方々へ
    今回は「いったい世の男性達、父親達はどうしているのだろうか?」という意見が聞きたかったので、有り難いです。
    ささ様
    あまり「子ども」と言うと、既婚と独身、子持ち家庭と無し家庭の溝が深まってしまいますね。「すり合せ」というのはとても重要だと思いますが、でもそれって結局「同調圧力」だったり「空気を読む」という事につながるのではと思います。
    ただ、スケジュールの調整は出来そうです。平日のうち一日でも起きている子ども達と過ごせるように調整してみます。
    航空券様
    既に行動されている方からのご意見、非常に有り難いです。私の妻も働いておりますが(現在は育休中)、収入は同程度とは行きません。(2回目の育休取得なので、今後さらに差は開きます。)もちろんこの事に不満などなく、感謝しております。しかし、後でまた書きますが、私の育児参加に伴う収入減を受け入れる覚悟が私にも妻にも無かったのでしょう。

    トピ内ID:1672071486

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(11件)全て見る

    トピ主です 5

    しおりをつける
    blank
    ワーキングファーザー
    航空券様(続きです)
    >必要に迫られてやるのです。やらざるを得なかったのです。
    この部分、大きいです。私は本気で子育てを担いたいと思っています。ただ、必要に迫られているかといわれると、そうではないです。結局私たち夫婦は妻の会社に甘えているだけなのかもしれません。

    ヒゲオヤジ様
    私が育児休暇をとらなかった理由は、ヒゲオヤジ様の選択肢でいうと、4、5ですね。コメントをくださったはなさんの夫のように、「俺は会社で必要とされているから大丈夫」と妻を安心させてやる事が出来れば良かったのですが。冷静に考えて、私は組織の中の大勢のうちの一人、代わりはいくらでもいる、という状況です。情けないです。ヒゲオヤジ様はお子さんがいらっしゃるとの事。子育てにまつわる不安や後悔などございませんか?もしまだご覧になっていて、お時間がございましたら実体験をお聞かせいただきたいです。

    トピ内ID:1672071486

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(11件)全て見る

    トピ主です 6

    しおりをつける
    blank
    ワーキングファーザー
    ろとるあ様
    「男性の育児休業について」というトピがあるのですね。今後時間を作って読んでみます。
    また、大変なご苦労をされた事が文面から伝わってまいります。
    「周りを動かすのではなく、自分の望む環境に移れ」という事ですね。なるほど。今の仕事にやりがいを感じていたため、転職は考えていませんでした。私の「本気度」が試されているような気がします。また、我々のような「子育てを担いたい父親たち」は弱者かどうかは分かりませんが、少数派である事は間違いなさそうですね。

    「夫が育休とりました(とる予定です)」とコメントくださった方々。ありがとうございます。
    はな様のご主人のように妻を安心させられたら、と自分の不甲斐なさに落ち込んでいます。
    piyo様のご主人の意見には、はっとさせられました。今まで私は「(一部の一番手になる女性を除いて)いいよなあ女性は。上の世代ががんばった恩恵が得られて。大変大変といっても一番手と二番手以降では大変の質も量も違うだろ」と思っておりましたが間違いですね。私たち男性にも権利があるのは、今までの女性達が頑張ってくれたおかげ。傲慢な考えでした。反省いたします。

    トピ内ID:1672071486

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(11件)全て見る

    トピ主です 

    しおりをつける
    blank
    ワーキングファーザー
    ひよこ様
    短期間であれば仕事の調整などもし易そうですね。ただ、逆に短期間だと、「妻の入院」などの「必然性、緊急性」が要求されませんか?「育児を”楽しむ”ために会社に迷惑をかける気か」、「有給つかえ」と言われそうです。また、「たった2週間で育児を”担った”つもり?」と言った女性からのおしかりの声も聞こえてきそうです。誤解の無いように申し上げますが、行動に移されたひよこ様のご主人の行動力、また背中をおされたひよこ様の勇気は尊敬しております。世の中、社会をかえるのには小さな事から少しずつ、まずは「始める」事が重要ですね。また、短期間でも育児休暇をとる事で、「俺は子育てを担うぞ」といった職場に対する意思表明というか、自分の中での決意表明みたいな物になるかもしれませんね。

    ヨーコ様の会社は素晴らしいですね。うちの会社で、どのくらいの男性が育児参加を願っているかをまず探ってみます。私が行動したとして、後に続く人がいるのかどうか。「一人じゃ何もできないの?」としかられそうですが、組織の中では一人の声はかき消され、一人の行動はもみ消されます。ある程度の数の力というか、需要は必要ですよね。

    トピ内ID:1672071486

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(11件)全て見る

    いまからでも育児短時間勤務を取って下さいよ

    しおりをつける
    blank
    どうぞ
    職場の男性育休取得者第1号になる人は、日頃の働きぶりから「彼なら、育児の経験をその後の仕事に生かし、職場に貢献してくれるだろう」と信頼され期待されて送り出されるような人です。実際にいろいろな企業で長期の育休を取った男性は、皆さんすごく優秀なんですよ。保育園のお迎えのための短時間勤務をしながら段取りよく効率的に仕事を進めます。育児とは、同時並行でいろいろな作業をこなしながら、時には突発的に発生する緊急事態に対応しなければならないものですので、まさに会社での仕事の進め方と同じ、クライアント(子ども)の言うこときいてくれなさ度合いは格好の実践研修になります。
    女性なら普通に取れる育休が、男性は極めて優秀でなければ取れない現状はあります。パイオニアの道は厳しいのです。
    企業や国のせいにしている方もいますが、厚生労働省のイクメンプロジェクトのHPとか、イクメン企業アワードのことは知った上で言っているんでしょうか。権利は自分で公使して初めて使えるので、自動的に与えられるものではないのです。トピ主さん、まず妻に自分が育児参加するメリットをプレゼンして権利を勝ち取りましょう。スタートはそこからです。

    トピ内ID:1184659636

    ...本文を表示

    ワーキングマザーも味方かも。

    しおりをつける
    blank
    るる
    女だって、育休1年も取りたくない人居ますよ。私とか。
    半年くらい男がとれー。私も仕事したいー。残業したり出張行きたいー。

    ワーキングファザーへの支援を望んでいる人は男性だけではないのでは?ワーキングマザーはむしろ、あなたの味方かもしれません。
    私は子供はこれからですが、夫には育休取得を打診していて、夫も前向きに検討中です。夫の会社も前列がないのですが、前列を作ろうという働きかけが始まっており、風向きは悪くありません。たとえそれで出世が遅れても、良いんです。と言うか、出世競争苦手な夫には、仕事ばかりより、たまには育休でもとって頭を切り替えさせた方がいいと思うし。貴方がもし夫の上司や先輩なら、どうか応援してやってください。

    ただ…奥様が反対なら、そっちの方が問題では。会社や社会なら、仲間と働きかけも出来ますが、あなたの奥様に、仲間引き連れて説得には行けません。特に、仕事上の理由だけならともかく、自分の手で育てたいタイプの女性なら、個人の価値観だから邪魔できません。なかなか、ワーキングファザーのハードルは高そうですね。

    トピ内ID:0446408318

    ...本文を表示

    うちの夫はかなり子育てしてます

    しおりをつける
    blank
    ななな
    うちの夫は、都心に引越したため会社が近所なので、朝も私(妊婦)が寝てる間に、息子のオムツを換え、朝食を食べさせてくれます。

    帰宅後は、夫が帰ってからだと息子がテンション上がって寝ないので、夫帰宅前に息子を寝かしつけますが。

    土日はお風呂もオムツ換えも、全部パパですよ~。外食で息子の隣に座るのもパパ。たまに息子と夫を2人きりにして、私はショッピングに出かけます。2人きりにならないと大変さもわからないと思うので、赤ちゃんのときから月イチで2人きりの時間を作ってます。おかげでパパ大好き。

    育休取れないなら、会社の近くに引越すのはどうですか?
    土日に奥様に出かけてもらって、2人きりで濃厚な時間を持ってみては?

    トピ内ID:2538677375

    ...本文を表示

    哺乳生物として

    しおりをつける
    🎁
    拡声器
    働く女性への 、妊娠・出産・授乳期に「特別な」支援は必要だと思います。
    妊娠中の緩和処置、産休、育休がそうですね。
    男性には、身体的変化がないため、「特別な」支援は要らないでしょう。

    ですが、それらの期間を含め妻への支援や授乳以外の育児は、男性にとっても大切な仕事だと思います。
    現在は、出産時の休暇やその後の育児休暇の取得も認められています。
    制度は在るのですよ!

    十分に見えるかもしれない女性への育児支援も、実際は未だ過渡期です。
    多くの女性は、妊娠を機に退職しています。
    その大きな壁は、長時間労働と理解度の格差でしょうね。(不況もあるかな)
    法的制度やコンプライアンスなどで、徐々に理解はされてきました。
    しかし、長時間労働で疲れた同僚や上司の感情面までは、補い切れていません。
    貴方が「尻拭い」と表現してしまったようにね。

    貴方自身は叶わないかもしれませんが、声を上げ行動することで特別な支援は無理でも
    労働環境の変化を求めることで、起きている子どもを見られる日々を手に入れられるかも知れません。

    労働組合などがあるなら、発信することから始めてください。
    全ての男女の為にも

    トピ内ID:0849574447

    ...本文を表示

    今のままで良い

    しおりをつける
    🐷
    呑龍
    ウチも同じような状況でした(もう30年前のことですが)。
    私の仕事は、
    平日は毎朝 布オムツの洗濯物を 干すことで、
    休日はとにかく子供と遊んでやることでした。

    さて、
    はっきり申しますが、
    父親は 育児をする必要は ありません。

    父親がやるべきことは…
    赤ちゃんの時は、奥さんは大変な時期なので
    精神的に支えて慰労することと、家事を手伝ってあげること。
    もう少し大きくなると、
    休日に 遊んでやること。
    いろいろな所へ連れていってやること。
    社会の仕組みやルール・規範・マナーを教えること。
    学校の勉強はもちろんのこと、学校で教えないことを教えること。
    善悪・正邪・美醜 を教えること。
    清く正しく美しいものは何かを教えること。
    日本の伝統文化を教え、年中行事の お手本を示すこと。

    このように、父親が必要となるのは もう少し後からですよ。

    今は このままでいいです。
    激務の仕事に就いていることは感謝すべきことですよ。

    トピ内ID:7751753167

    ...本文を表示

    自分でやれば?

    しおりをつける
    blank
    ジタンはとってない
    奥さんに働いてもらって、自分が子育てしたらどうですか?育休とりたいって、会社に言ってみたの?奥さんはそれでいいって?
    奥さんがバリバリ働いて稼いでるなら、あなたは家にいて~って言ってくれるかも。結局は家庭の問題なんじゃないのかな。妻の稼ぎががっつりあればあなただって、こんなところでうじうじせず、上司に物申せるじゃない。時短女性の尻ぬぐいの道を選んでるのは自分でしょ。私の夫がこんな発言したら人格を疑いますけどねえ。でも自分だって時短とったら尻ぬぐいしてもらうわけですけどね。

    トピ内ID:3094265708

    ...本文を表示

    多数派にいたいだけ

    しおりをつける
    blank
    あの
    トピ主は別に「最初の人」ではないし、制度はすでに「誰かのおかげ」で存在している。
    世の中に先人はたくさんいるのに、ついていかないのがトピ主です
    すでにお膳立てが出来ていてさえ、少数派にはつきたくないのです
    同じ会社に前例があっても、
    自分の部署にはいないから・・・
    同世代ではいないから・・・
    とか言ってトピ主はやらず、「尻拭い」云々と育休者の批判側に回るでしょ

    周りの様子を見て、やっぱりやめとこ・・・って思うのは
    結局、別にやる必要もないし、大してやりたくもないからでしょう

    世の母親は、職場でどんな非難をされても迷惑をかけても
    子供が病気すれば休みます、それが必要だと信じるから

    良し悪しは別として、趣味のために長期休暇とります!なんて人は
    人の視線なんか気にしてちゃできないけど、強い意志でやるわけですよ

    トピ主さんの育児休暇取得には、その程度の意志もないってことで
    それはそれでちっとも悪くはないんだけど
    とらないのを他者のせいにするのは、かなりかっこ悪いかと思います
    他人がついてくるかどうかなんて、わが子を育てたい気持ちに何の関係があるの?
    あなた自身の選択ですよ

    トピ内ID:9290600931

    ...本文を表示

    私はトピ主さんの印象がよい

    しおりをつける
    blank
    モアイ
    >「育休とりゃいいじゃん」とおっしゃる皆さん。
    >皆さんの夫がとりたいと言った場合、賛成されますか?

    これね・・・
    私は自分が仕事を縮小する日が来るなど思ってもみませんでした。
    そして夫は育休とまではいかなくても、せめて私が病気の時や
    子どもが怪我をしたときくらいは時間の都合をつけてかけつけてくれると思っていました。
    しかし、うちの夫は妻子より同僚へのしわ寄せの回避を選ぶ男でした・・・・・。

    結局、社会に預ける人間一名、責任持って子どもをみる人一名、
    二名体制で子どもを育て上げるスタイルになりました。
    私は仕事をセーブする形で収入も激減しました。

    夫が後に順調に昇給し会社で活躍出来ているから納得出来ていますが、
    そうでなければ後悔していたでしょう。

    少なくともうちの場合は私の職業が男女の差別も区別もない職種だっだので、
    夫の育休はもろ手を挙げて大賛成でしたね。

    トピ内ID:0998670879

    ...本文を表示

    人生の先輩からの意見(1)

    しおりをつける
    blank
    鉄人
    二人目のお嬢様、おめでとうございます
    僕は50代、大学に通う二人の男しかおらず女の子がうらやましくもあります

    しかしながらトピ主様の主張には全く賛同できません
    現在、育児休暇制度、育児時短制度を利用することによるデメリットがあることは確かです
    (ワーキングマザーたちの尻拭いという表現を不適切と謝罪されていても)育休・時短が周りの迷惑をかけるという発想をお持ちですが、育休・時短を取ることが当然とする会社に変えることが必要です
    従ってトピ主様がすべきことは育休・時短をしている人を積極的に応援することです
    また上の立場に立った時に、人事上の処遇において不利益を与えない姿勢を持ち続けることが大切です
    世の中を変えるのは一朝一夕には出来ません
    自分が育休・時短を取りやすい会社に変えられる立場に早く昇進されることが大切です
    それでは悠長すぎるので自らが育休・時短を利用して育児を分担したいのであれば、デメリットを甘受してまずは制度を利用しましょう
    そして復帰後、誰から見ても評価されるアウトプットを出して、育休・時短にデメリットなしと証明すべきでしょう

    トピ内ID:0501356137

    ...本文を表示

    人生の先輩からの意見(2)

    しおりをつける
    blank
    鉄人
    今では女性が結婚・出産退職することは稀で 出産・育児を行いながら、定年まで勤めるライフプランに変わっています
    従って如何に高いモチベーションを保ったまま出産・育児期を過ごさせるか、その配慮の裏で未婚もしくは子供のいない既婚女性のモチベーションも高く保つかが企業、管理職に求められています
    課長時代には育児休暇に入る女性たちに育休中であっても2ヶ月に一度程度、平日の昼休みに会社に顔を出してもらったりして会社の変化を知ってもらうことに腐心しました
    育児時短が始まった頃には部長職になっており、課長たちの中には育児時短にネガティブな人もいました
    いかに仕事を改善し負担を減らすかと人事考課の透明性を高めて育児時短が不利にも有利にもならないように突き詰めさせ、部のメンバー皆が納得した形で時短をスタートさせました
    決してアウトプットは減りませんし、残ったメンバーの負荷が高くもなりませんでした
    トピ主様のような若い人には育休・時短を所与の条件としてポジティブに捉えてもらい、どのようにパフォーマンスを維持向上させるか考えて実行してもらいたいです

    トピ内ID:0501356137

    ...本文を表示

    頑張ってください

    しおりをつける
    😉
    六名様
    5人の子供がいる40男です。
    そうですね。激務だと育児参加難しいですよね。
    私の場合は、定時に無理やり帰って、家で仕事しておりました。
    睡眠時間は3時間程度でしたね。

    ところで、自分の人生をきちんと考えたことはありますか?
    その中で、今の自分の感情はどのような位置にあるのですか?
    妻の人生は?子供の人生は?

    制度があれば使うというのも手です。
    でも文面からは出世は遠のきそうですね。
    家計に重荷ですが、子供心にも重荷になりそうですね。
    大人になった子供になんて言うつもりですか?

    私は妻の出産のときは、毎回2-3週間ほど有給取りましたし、
    子供を失ったときは二月ほど会社を休みました。
    子育て中は、定時上がりの仕事持ち帰りです。
    当然、出世競争では、トップグループからは脱落です。
    でも私は、元々独立する予定だったので無問題でした。
    今は、独立して子供が自慢できる仕事をしています。
    収入もかなり上がっていますよ。

    育児参加も良いですが、きちんと熟考してからやらないと、
    全くの自己満足に終わりますよ。
    自分と家族との人生を頑張ってください。

    トピ内ID:4365495702

    ...本文を表示

    人生の先輩からの意見(3) 最後

    しおりをつける
    blank
    鉄人
    僕自身は育休・時短制度があったとしても利用はしなかったでしょう
    (妻は働いていませんでしたから収入が途絶えるので)
    それぞれの家庭は夫婦で決めるべきもので、無職・有職、家事や育児の分担など普遍的なものはないと考えます
    父性と母性があり、それぞれの役割を果たした方がよいというのが僕の主義でその考えに近い妻と結婚しました
    母乳で育ててほしかったこともあり、乳児期は特に女性(妻)中心の育児となるという考えです

    僕自身の乳児期の平日の育児は子供が秋生まれなので寒い冬の頃は、19時過ぎに風呂上がりの世話をしに一時帰宅していたくらいで後は稀に早く帰った時におむつ交換などの育児補助でした
    (社宅なので往復10分ちょっとの通勤時間)
    ただ、家事の分担は一般家庭とは異なっているかもしれません
    小学校時代、一番好きで得意だった科目は家庭科でしたし家事も大好きで相当の分担をしています
    (小学校時代に家庭科の課題が東京都展に出品されたのが唯一の自慢)

    トピ主様も奥様と十分に話し合い、トピ主様夫婦にとっての最適解を見出してくださいね

    トピ内ID:0501356137

    ...本文を表示

    トピ主です 8

    しおりをつける
    blank
    ワーキングファーザー
    o3様
    御自身の体験をコメントいただきありがとうございます。確かに男性の育休の実用度は低いかもしれませんね。どうしても「育休とるか、とらないか」というのは分かり易いので、その点に議論が集中しがちですが、育児休暇中に子育てが完了する訳ではないですから、これからの「働き方」を考えてみます。
    ししゃも様、るる様
    実際に行動された方からのご意見、ずしっときます。結局自分は楽な方へ逃げてしまっただけなんだなあと、子どもの寝顔を見ながら反省しています。ただ、「夫が育休をとったよ」というコメントが思っていたよりは多いので、勇気づけられました。ありがとうございます。

    うちの子パパ大好きですよ~というコメントをくださった方々
    休日だけでもきちんと子どもと向き合っていれば、良い親子関係が築けるのですね。がんばります。また、現時点で大変なのは明らかに妻の方なので、あまり「俺が、俺が」というのではなく、妻へのフォローというか、感謝というか、きちんと伝えていきたいと思います。

    トピ内ID:1672071486

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(11件)全て見る

    働く者どうしが反目するのは愚かなことです

    しおりをつける
    blank
    ヒゲオヤジ
    私は、半分契約社員、半分フリーランスのような立場で働いており、正社員のように守られてはいません。いわば、私自身の能力のみで生きており、いつでも切られてしまう存在です。もちろん、育児休業制度の埒外です。
    そのかわり、自分の裁量で自分の働き方を決めることができます。ですから、私はトピ主さんの参考にはならないと思います。
    私がひっかかったのは、皆さんが指摘しているように「ワーキングマザーたちの尻拭いをさせられている」という、その発想にです。働く者どうしが反目してどうするのですか。そういう考え方をするから、男性の育児休業制度は「絵に描いた餅」に堕してしまっているのです。働く者どうしが反目しあっても誰も幸福にはなりませんよ。
    皆さんのレスによって、その点は理解されているようですが、理解したら次は実行ですよ。ぜひ、育児休業を取ってください。自分の替わりはいくらでもいる、と言っていますが、会社にとってはそうでも、奥さんや子どもにとってのあなたの替わりはいませんよ。後悔しても今の時間を取り返すことはできません。転職は考えていないのなら、いまの会社で育児休業を取る、という選択肢しかないはずです。

    トピ内ID:3697684028

    ...本文を表示

    レスします

    しおりをつける
    blank
    通りすがり
    トピ主様のような男性は、共働き希望の女性と結婚すればよかったのだと思います。

    トピ主様がもっと育児をしたいなら、
    奥様とお役目交代、あるいは
    出世と収入を多少犠牲にすることも覚悟して自分が先駆者になり減った収入は奥様が多少働きに出てカバーする、
    ことにされてはいかがでしょうか?


    そもそも、現在施行されている種々の子育て支援策は「男性も女性も働く社会」を見据えて導入されているので、片働き家庭の大黒柱さんも対象にしてしまっては制度自体がなりたたないでしょう。

    トピ主様が、「ワーキングファーザーに対する支援は皆無に等しい」とおっしゃっていますが、だったら、ご自分で「男性も時短をとれるように」「育休をとれるように」と会社と交渉なさればいいと思います。しないのは、それによって収入や評価が下がるのがいやだからですよね。

    時短をとっているワーキングマザーはその分収入も下がるし職場にも気を使います。育休だって、とれば出世も遅れるけど、それも覚悟で動かれてみてはいかがですか?
    専業主婦の奥様の賛成をとりつけるのが先だと思いますが…。

    トピ内ID:4204870959

    ...本文を表示

    大丈夫ですよ~

    しおりをつける
    😀
    ひよこ
    お返事ありがとうございます。私の場合だけかもしれませんが、書かせていただきますね。
    まず、短時間の育休ということで「必然性や緊急性」を要求とのことですが、基本的には必要ありませんでした。ですが子供が生まれた時には、すでにどのあたりで取りたいか決めるなど仕事になるべく影響しない早めのスケジュール調整をしました。
    「楽しみために」「有給使え」と言われない為の工夫も必要ですね。職場の信頼できる子持ちの方にまずは相談して、どう説明したらみんなに納得してもらいやすいか考えてみてはいかがでしょうか。職場の方とのコミュニケーションや理解を深めておくことが育休取得の大きな支えになると思います。復帰後のこともありますし…

    あと個人的には失礼ですが、奥様の覚悟が足らないと思います。
    家事や育児を同じように担うなら、仕事だって一緒!「何かあった時には私が仕事頑張るから!」くらい言っていただきたいです。仕事だって子育ての一部だと思います。

    一歩を踏み出すのは大変なことだと思いますが、トピ主さんの行動によってきっと我も我もと若い男性の方たちが育休取得に乗り出すと思います。応援しています!

    トピ内ID:0097129205

    ...本文を表示

    したいからしている訳じゃない

    しおりをつける
    blank
    みかん
    兼業主婦、乳幼児の子供が2人います。
    うちは自営なので、私は子供の面倒を見ながら仕事もしています。

    女性は育児をしたいからしているとでも??
    せざるを得ないからしているんであって、育児がしたいのなら、どーぞ!どーぞ!って感じです。
    それだけ育児がしたいなら、休日だけでも朝から晩までビッチリ育児したらいかがですか。週7日のうち2日だけでも結構やり甲斐があると思いますよ。
    きっとね、あなたは育児を「手伝っている」だけだから楽しいって言ってられるんです。中途半端な気持ちじゃ無理です。

    トピ内ID:1139323154

    ...本文を表示

    あなたでも取れますよ。

    しおりをつける
    blank
    匿名
    奥さんが亡くなったら?亡くならないにしても入院しているとか、離婚するとか、あなた以上の激務な上、あなたよりも地位も名誉もある職種だとか。

    そうなったらあなたはどうするでしょう?

    結局

    奥さんがいるから
    自分が大黒柱だから

    と思っている自分がいるから何も行動しないのですよ。声をあげないのですよ。

    女性は結局自分が産んでる以上自分がこの先もなんとかしないといけないと思うから、出産育児休暇・勤務を取得してやっていくのです。

    男性だって心底、「この育児を自分がこの先なんとかするしかない」と思えば、思うポジションに自分が置かれたらそうするのですよ。

    うちは当然時短勤務の男性なんて見たことなかったですけど、奥さんがずっと入退院を繰り返している上司は時短勤務しています(奥さんはガンだそうです)。子供の面倒を見ないといけないので。子供は5.6歳だと思います。

    あなたは声を上げざるを得ない状況にいない。しょせん甘えた中で育児の真似事をもうちょっとしたいだけですよ。厳しい言い方ですけど。

    トピ内ID:5283859453

    ...本文を表示

    制度の問題でもないような気がしますが・・

    しおりをつける
    blank
    たろすけ
    うちは専業主婦(私)、夫婦ともに子供の行事に父親が参加した記憶がない世代です。だから、平日の昼間の幼稚園や学校の行事にお父さんが参加されているのを見ると「随分、熱心だな」と思います。有給取ったり、たまたま休日と合致したり、らしいです。

    確かに、私は出産を機に退職し2児の母で専業ですが、仮に仕事を続けていた場合、保育園に行くでしょう。母親に連絡が入ってもその後夫婦間で調整し、父親の方が抜けられそうなら父親が引き取りに行っても問題ないのですが、お迎え要請の対処が夫にできるか?という問題もありますよね。

    退職前はまだフレックス制だったので、朝の送りは夫、その分早く出社した妻が遅くとも定時に上がりお迎え、という社内夫婦もいました。
    シングルファーザーなので残業しませんって言う人もいましたよ。

    夫は休日の行事なら出てくれますし、私が役員を引き受け、休日出動の時は子守してくれます。

    制度だけでの事ではなく、やれる範囲で、せめて定期的に定時に上がる協力を得るぐらいは声を上げればできるのでは?と思いますけど。

    トピ内ID:1283572218

    ...本文を表示

    女性たちも戦ってきたのです

    しおりをつける
    blank
    とも
    こちらはまだ田舎ですので、根強い女性への差別が続いています。
    結婚したら社員からパートへ。
    妊娠したら退社。
    それが慣例の会社で
    初の育休の段取りをしていましたが、クビとなりました。

    しかし後輩は育休が取れたそうです。
    私は駄目だったけど次につながった。
    そうやって女性たちは道を開いていったと思います。

    男性の場合はこれから。
    女性の同僚を敵視せず、意見をききながら立ち回って下さい。

    トピ内ID:5360206400

    ...本文を表示

    確かに

    しおりをつける
    blank
    ささ
    >それって結局「同調圧力」だったり「空気を読む」という事につながるのではと思います。

    確かにそういう見方も出来ます。
    ただ、これは今回の権威限らず、各々が別々の仕事していれば必ず差分があり、空気を読んだりする場面はあります。
    それが世の中に普通にある時点でそれは対処すべき案件かなと思います、一部だけががんばって避けてあげるのではなく。

    仮に貴方の家庭の都合でしわ寄せが私に来ても貴方の人柄しだいで喜んで引き受けます。
    もちろん、会社経営の逼迫度合い、全体の仕事量にもよるので貴方の努力だけではどうにもならない時期はあると思いますが、私の職場の場合無駄話もしてそれなりに互いの状況だったりをそれとなく知ってたりするので、まあ今日は帰ってあげたらとか、今日定時上がりお風呂入れる日じゃなかった?とかはあります。

    もちろん、場合によっては、お風呂入れた後戻って仕事するケースも、今日は奥さんに言って残業していくわ、明日報告だしって事は調整であります。

    トピ内ID:9580354893

    ...本文を表示

    説得すべき相手は、奥様ですよ

    しおりをつける
    blank
    匿名だもの
    男性が育休を取るメリット、デメリットを挙げる方がいますが、
    主さんは「育休を取るべきか」と悩んでるのではなく、
    「育休を取りたい、育児をしたい」のですよね?

    でしたら、説得すべきなのは、まず奥様ですよ。
    あなたは大黒柱だから育休取っちゃダメなんて、おかしな話です。

    会社を説得し、二人で協力して、出世に響かないよう頑張る。
    いざとなったら奥様が大黒柱、二人で二本柱になる覚悟をする。
    皆多かれ少なかれ、そういう決意で取得してると思いますよ。

    >私は組織の中の大勢のうちの一人、代わりはいくらでもいる

    それなら、育休取得に何の問題もないですよ(笑)
    「組織の中で、自分の代わりはいない」なら、別ですけどね。

    夫婦二人の生活に子供が産まれ、時間を取られるようになった。
    どちらが何を多く担うか、夫婦で相談して、分担する。
    会社では、育休取得者の分の業務を、皆で分け合う。
    わかります? やってることは同じ。家庭で分担、会社でも分担。
    だから必要なのは交渉力と、助け合いの精神。

    まずは「育児がしたいから、早く帰りたい」宣言をして、
    週何日か定時で帰る状況をもぎ取ってください。応援してます。

    トピ内ID:5362871454

    ...本文を表示

    トピ主、よく言ってくれました

    しおりをつける
    blank
    拍手
    ひとりで戦うのは辛いでしょう。配偶者の理解が得られないのはもっと辛いでしょう。
    でも、そんな女性はたくさんいます。
    それでも女性は戦い、少なくとも二十年前よりもずっと社会進出を果たしました。
    女性は変わりました。
    しかし、男性は依然と稼ぐことのみを重要視され、反対に共働きでも家事育児の主体は女性という、変わらない生活です。
    男性が楽をしたいから、というのもひとつの理由でしょうが、変われないというのも理由でしょう。
    残業が当たり前の働き方では、トピ主のように育児がしたいと思っても時間がない。男が育児休暇をとるなんて、とったら出世できないのがあたりまえ(女性の賃金が安い理由)。
    確かにそれを作ったのは男性です。だからこそ、男性が変わる必要があるのです。
    間違いだったね、と。
    男性が育休や有給をとり、残業しないで帰れば、女性だって同じように休みが取りやすくなる。
    定時で帰って子どもとふれあえます。
    トピ主が声をあげ、それに呼応する男性が増えることを望みます。

    トピ内ID:6160641072

    ...本文を表示

    素敵な旦那様!

    しおりをつける
    blank
    たま
     奥様は、「家の秩序を保ち子育てする」会社の社長さん、なので、もしかしたらトピ主さんが考えているような、共同経営者的な、子育て二人三脚は必要としてないかも、ですね。
     逆に足手まといかも。

     必要なのは、「こちらの都合を考慮してくれる下請けさん」ですね。

     とにかく奥様のニーズをかなえてあげれば十分です。

     さて、子どもというものは、はっきりいって、お母さんがいれば十分です(笑)

     昔は「亭主元気で留守がいい」などといわれたものですが、
    「パパは元気で留守でもいい。ママがいれば」

     いまのままでいいってことです。

     今の日本の制度ですが、そもそも長時間勤務になってしまったのが、歴代の男性の行動の結果ですよね。
     そして、ワーキングマザーたちは「ああ帰りづらい。全く、家で家事と子育てを一手に引き受けてくれる人がいる奴は・・・」ぶつぶつ。

     全くもって、いたちごっこ。
     早く日本の制度が変わったらいいですね。

     最後に。奥様は、とっても幸せだと思います!
     トピ主さん、素敵!!

    トピ内ID:5129875752

    ...本文を表示

    もやもやしました

    しおりをつける
    🐱
    黒猫さん
    最初の提言を読んだ時にはどう考えて良いのか咄嗟に方向がわからなかった。

    でもあなたの回答を見てわかりました。あなたに関しては問題は社会に無いです。あなたの家庭にあるだけ。

    一言でいえば奥様を説得すれば良いだけ。
    あなたが育休を取るのか、退職して専業主夫になるのか、で奥様に稼いでもらえば良いこと。
    稼げないなら「その範囲でやりくりしよう」と言えば良いこと。

    それで奥様が合意しないのは社会の問題でも企業の問題でもなく、あなたの家庭の収入の問題です。

    トピ内ID:2493522483

    ...本文を表示

    男性も…

    しおりをつける
    blank
    通りすがりママ
    未就学児を育てるWMです。
    子供が0歳の時にフルタイム正社員で復帰しています。
    時短は取っていません。

    そうですね。
    男性も、同僚との飲み会などもすべて断り、保育園のお迎えに時間に合わせて帰宅してくれたらいいのに。
    仕事に復帰してから、最初の3年は同僚との飲み会は、年末の全社忘年会のみでした。

    子供が小さいために、遅くまで残れず、仕事の内容も制限がかかってしまい、責任ある仕事に就けるまでに4年かかりました。
    この4年間は、昇給もできませんでした。
    男性でも、それを承知ならば、同じ事出来ると思いますよ。

    給料は落としたくない。
    会社での立場も落としたくない。
    そう考えている男性には、無理ですよね。
    女性は、泣く泣く、それをあきらめなければいけないんですから。

    トピ内ID:9394252728

    ...本文を表示

    有給じゃだめなの?

    しおりをつける
    blank
    まるまる
    「有給使え」と言われそうとおっしゃってますが。
    夫は私と子供の退院後2週間、有給とフリー年休合わせて取りました。もちろん休めないかもしれないとは言っていました。
    里帰り出産は嫌だな、できたら産後も夫婦だけで乗り切りたいとのことだったので、私もその方向に合わせて準備しました。両実家とも遠方のため不安はありましたが備えもしました。その機会は家族にとって非常によかった。
    夫の会社は勤続5年ごとに休暇を1週間取れるのですが、やはり無理して年休とくっつけて2週間の休みをとり、車にキャンプ道具を積んでキャンプ旅行をしました。夏休み期間は夫の仕事が忙しいので、子供が幼稚園のうちに長いキャンプ旅行に連れて行きたかったと。
    会社の制度(暗黙の了解でも)で許される範囲を探りながら、やればいいのだと思います。
    世のWMだって、どこまでが許されるのか探りながら、自分の仕事人生と天秤にかけながら、育児の時間を作りだしています。
    トピ主さんの奥様の考えがそうであれば、先陣切って育休取るより、有給や残業(フレックスや代休とか考えつく限りの方法で)などからまずはやってみてはいかがでしょう?

    トピ内ID:3609391237

    ...本文を表示

    男性の育児休暇取得の一番の障害は

    しおりをつける
    blank
    すとう
    それを認めない妻です。

    ここでトピ主に「育児休暇を取れ」と偉そうなことを言っている女性たちも、いざ自分の夫が育児休暇を取ろうとしても反対する人がほとんどでしょう。共働きを希望するとか、キャリアを諦めたくないとか、一見仕事に対して男性と同等の意識を持っているかのような女性でも、その大半は大黒柱になって家族を養うまでの気概も器もありません。

    女性が育児休暇を取れるのは、自分がこの先もなんとかしないといけないと思うからではありません。自分が働かなくても、夫によって生活の保障が与えられるからです。それが男性にはないのです。女性は戦ってきたと自負する方が多いですが、戦いに負けても生活の土台があるのとないのでは、天と地の差でしょう。

    更に言うなら、同じ女性同士でも産休育休のしわ寄せが自分に来ることに不満を持つ女性が、男性社員の育休取得によるしわ寄せに不満を持たない訳がありません。

    これは、男性の「育児休暇を取得する・しない」の決断の問題ではありません。男性が「取得する」を選択した場合の女性のフォロー能力が極めて低く、選択させられない状況にあることです。女性の発想は浅すぎます。

    トピ内ID:6651079315

    ...本文を表示

    問題は

    しおりをつける
    blank
    つく
    男性が育休を取るためにはまず妻の協力が必要という点でしょう。
    そして、それぞれの家庭の妻とは、多くの女性なのです。

    「女性は仕事に家事に育児に、男性の数倍大変」のようなプロパガンダと違い、
    現実的には仕事+家事+育児という全体的な労働負荷は、平均的に大差ありません。

    男性が仕事の負荷を下げるということは、多くの家庭に置いて短・長期的に、
    家計が苦しくなることを意味します。ですから、家計に責任を感じている男性ほど
    「家庭を無視して勝手に育休や有給を取る」ことはできません。

    家計のやりくりは「今そこにある問題」です。
    「率先して育休や有給を取る男性」の家庭は「割を食って苦しまなくてはいけない家庭」となるからです。
    応じる妻はとても多いとは思えません。

    ここまでの話は「女性が悪い」という意味で挙げているのではありません。
    「企業が」「男性が」という話に留まっている内は、問題は解決できないという話です。

    女性の労働問題同様、男性の問題も「男性が」「家庭の問題」
    では解決できず、男女の意識共有があって初めて成り立つものだという話です。

    トピ内ID:5561692709

    ...本文を表示

    主さん、育児休暇の制度を本当にご存じですか?

    しおりをつける
    😉
    太平燕
    興味深く読ませていただきました。

    ただ、主さんの発言やレスから窺える内容を読むに、本当に制度のことを理解されての発言なのか“?”な部分があります。

    育児休暇は、出産から最大1歳2か月まで、一定の期間について基本給ベースに計算した給付金を支給する制度と記憶していますが、そのような状況の育児休暇を取得して、現実にどれほどの意味があるのか考えたことはありますか?

    この給付金の概念だと、フル勤務時の給与と同じ金額どころか、その半分も支給されない上、額面=税込み収入で、所得税が前年実績を踏襲して徴収されます(=翌年は安くなりますが)。

    つまり生活原資の大幅減となるのです。余程の基本給でない限りは、出産前と同水準の生活を維持することすら困難なはずです。

    つまり現行制度では、育児休暇の取得を望んでいないのは、当の女性ではないか、とさえ言えるほどです。生活水準を下げなければ、生活できないほどの給付しかないのですから。主さんは育児休暇制度を理解された上で発言をなさっているのか、少々疑問があるのです。

    トピ内ID:9947133002

    ...本文を表示

    主さん、看護休暇の制度はご存じですか?

    しおりをつける
    😉
    太平燕
    (続けます)

    さて、そういった育児休暇制度よりも、より利用しやすい制度があることが知らされていないケースはあるかと思います。私もそうだったのですが「看護休暇」の制度のある職場があります。

    これは小学校就学前の子を養育する労働者が、1年に5日まで、病気やケガをした子の看護のために取得できる休暇制度です。こちらの方が余程も有意義に取れます。

    職場によっては時間単位での取得も可能なことから、弾力的に認めてもらえる箇所なら、インフルエンザの接種のような定期的な通院だけでなく、ノロウイルス罹患のような突然の下痢にも対応可能で、非常に使いやすい制度です。

    これを男性が取れるだけでも、働く女性にはかなりプラスです。ご存じありませんか?

    私はかなり使用しており、今年度分の残りがあと1日分(=8時間)を残すのみです。愚妻からはよく「助かった!」といわれますが。

    これも子育ての1つではないでしょうか?

    トピ内ID:9947133002

    ...本文を表示

    ご質問の答え

    しおりをつける
    blank
    若干混乱
    >「育休とりゃいいじゃん」とおっしゃる皆さん。皆さんの夫がとりたいと言った場合、賛成されますか?

    うちはうまくいけば私が大黒柱になれる(ちょっと特殊な業界なのではっきりとは言えないが)ので、その場合本人が希望するならもちろん賛成です。
    というか、できればとってほしい。現在子どもはおらず、調整中です。
    双方のキャリアと家族の形成を両立するのは、本当に綱渡りで、毎日のようにああでもないこうでもないと話し合ってますよ。
    トピ主さんちも、もっとそういうこと話した方がいいんじゃないかなあと。

    トピ主さんちが今までそれを話さずに済んできたのは、奥様の会社の制度にのっかってきたからだけど、そのことを奥様はどう考えているのか。家庭人としてのトピ主さん、労働者としての奥様は周囲にとってどういう存在か。
    すごく考える価値のあることだと思いますよ。このトピックもいい議論の場になりましたね。私も勉強になりました。ありがとうございます。

    トピ内ID:0751202034

    ...本文を表示

    奥様が職場復帰してからが勝負

    しおりをつける
    😉
    共稼ぎ妻
    最初のトピでは専業主婦のように思えましたが、奥様、育休中だったんですね。
    だったら、奥様が職場復帰した後に出来ることは沢山あるでしょう。

    例えば、

    ・奥様が保育園の送迎をするなら、発熱などのお迎えコールには対応する
    ・お子さんが病気で保育園を休む時は、交代で仕事を休む
    ・月に1度ぐらいは奥様が残業できるよう定時で帰るようにする
    ・相応の家事育児を担当する(平日できないなら土日にそれなりにやりましょう)
    → 分担方法はそれぞれのご家庭によりますが、時間がないのはしょうがないとしても、やる気がないのはお話になりません。

    トピ主さんはやる気はあるようなので大丈夫だと思います。
    職場復帰後のワーキングマザーの大変さは数多くのトピがあるので参考にしてください。
    貴方に出来ることは奥様が就業継続できるよう協力してあげることです。頑張ってください。

    トピ内ID:0715848902

    ...本文を表示

    WMに失礼なこった。

    しおりをつける
    blank
    乾物
    会社に制度があるなら、他の時短WMに気兼ねしないで権利として時短でも育休でもお取りになればよい話です。
    育休とらないのは家庭の事情なだけで他人のせいじゃないですよね。
    アナタが吐いたWM批判は、巡り巡って職場復帰したアナタの奥さんにも浴びせられるんだよ、おとうさん。

    ついでに言えば、外で稼ぐのも育児の一環ですよ。直接子供に接することだけが育児だと誤解されてませんか。成人するまで金がかかりますし、大きくなるにつれ父親が前面に出ることが増えてきます。今、俺が俺がーと焦らずとも、あと二十年近く続くんですよ育児は。
    …ひょっとして妻が作った離乳食与えるだけ、妻が洗濯した服を着替えさせるだけで育メンの気になってませんか。
    母さん達の大半は、育児の基盤としてハウスキーピングもこなしてるんですよ。できますか今のあなたに?思うほど楽じゃないですよ。
    今の状態で育児参加したいなら、稼いで家事もして奥さんが育児しやすいようサポートすることもポイントだと思いますよ。
    お膳立て(及び尻拭い)がないとできない男の育児ゴッコって結構母親達のカンに障るの覚えておかれた方がよいですよ。

    トピ内ID:1543155346

    ...本文を表示

    これから活躍できるはず

    しおりをつける
    😀
    レモン
    応援したい気持ちは山々ですが、何よりも夫婦で足並みが揃っていない点が気になります。

    うちは「子育ては誰か一人が偏重すべきではない」という考えで夫婦が一致しているため、残業は交代制です。
    二日分の残業を一日でやってしまう、という心意気で臨めば意外と進みます。
    すると、逆にダラダラと長時間残業してる専業家庭の夫社員たちが気になって仕方なくなる。
    「お宅の専業主婦を養うための長時間残業に付き合わせるな!」と叫びたくなる時もあるくらいです。

    でも、奥様は残業をする気もなければ、大黒柱になる覚悟もないですよね。
    ならば今のスタイルで当分ガマンするしかないんじゃないかな。。。

    お子さんが大きくなれば、習い事の送迎などでパパが活躍できる場面はたくさん出てきます。
    その時期が来た時に、ある程度自分の時間をマネジメントできる立場にいられるよう、
    今は仕事に励むのも手のように思います。

    トピ内ID:2673450225

    ...本文を表示

    え?そんな事ないでしょ?

    しおりをつける
    blank
    通りすがりママ
    >共働きを希望するとか、キャリアを諦めたくないとか、一見仕事に対して男性と同等の意識を持っているかのような女性でも、その大半は大黒柱になって家族を養うまでの気概も器もありません。

    いやいや、希望するしないは別として、事実上、女性が大黒柱になっている家庭って、言うほど少なくないと思いますよ?
    我が家も、結婚してうん年、夫が私の収入を上回った事は1度もありません。
    私が正社員、夫が非正規社員(こういう夫婦も多いですね)
    戦いに負けたら、生活の土台が崩れてしまうような状態。

    「自分がこの先、何とかしなきゃいけない」
    そう思いますけど、産休も育児休暇も取りましたよ。

    女性が育児休暇を取る事が、「自分が働かなくても生活の土台がある事」が理由ではないと思いますけどね。

    トピ内ID:9394252728

    ...本文を表示

    男性の取得広がればいいなと思います

    しおりをつける
    blank
    アビー
    離婚により親権が母親に偏る事のないように、シングルファザーでも子育て支援が同じように受けられるよう。
    逆に女性がメインで仕事をする夫婦形態の支えになるように。
    ただ制度があってもまだ難しい面は多いでしょうね。
    会社での体面、親戚・近所での体面…
    子供はやっぱり母親と一緒じゃないと可哀想とか、奥さんの仕事の都合で転校・転職なんて認められなかったり、最悪女性の場合仕事と家庭どっち取ると言われて離婚も有り得る世の中です、今はまだ。
    男性だから子育ては無理とか、女性だから大黒柱になれないとか、そういう考え方が一番の障害だと思います。

    >組織の中の大勢のうちの一人、代わりはいくらでもいる
    そんな中で育休を取り働いているのは女性です。
    結局辞めざるを得ない状況になる人もいます。
    そのリスクをどちらが負うかという話し合いをして、奥様が第一子で育休を取られたなら今更な話なのは当たり前です。
    取るなら第一子から、奥様の仕事サポートしつつ自分の仕事をする、最悪パート・専業主夫になってもいいという夫婦の合意が必要だし、たいがい夫実家が反対すると思います。

    トピ内ID:4062454590

    ...本文を表示

    女性の教育の問題

    しおりをつける
    blank
    桃舞桃
    夫への経済依存体質が抜けず、夫が育休を取得することで被る経済的損失や出世の遅れなどを許容できない。自分が補填するだけの器がない。これは女性個人の問題ではなく、女性全体に見られる傾向です。

    はっきり言って、今の女性への教育では男性が育児休暇を取得できる社会になどならないでしょう。いつまでたっても女性は養われ、与えられる立場から抜け出せていません。

    女性への教育を見直し、男女平等意識をより一層進め、女性の意識を改革しなければ男性も育児休暇を取れる社会の実現は不可能だと思います。

    女性は戦ってきたとか言いますが、戦うための土俵を用意したのは夫でしょう。自分で土俵を作り、その上で戦った女性など数えるほどしかいないと思います。
    今男性が戦うに当たり、土俵を作り、その上で夫を戦わせてあげられる妻がどれだけいるのでしょう。戦おうとする夫に土俵を作ることを求められても拒否する人がほとんどなのが現実でしょうね。

    トピ内ID:8851144630

    ...本文を表示

    目標をもってがんばりましょう

    しおりをつける
    blank
    父親同士
    私は男性ですが。育児休業、介護休業も取らせていただきました。
    まずは、正しい知識を身につけましょう。厚生労働省のホームページなどで
    用語を正しく(例:×育児休暇 ○育児休業)

    次に、妻に、論理的、感情的に納得してもらい協力を得ましょう。

    例えば
    ・近年、育児・介護休業法の整備がすすんでいる。
     しかし、男性の育児休業取得率は2%以下で低迷。この改善は社会の要請であり、企業からみて
     男性の育児休業取得率が上がることは、福利厚生面に大きな宣伝効果があるのです。
    ・男女平等に、育児の機会、労働の機会を得ることは当然のこと。そのためには、今は、
     夫婦で交代に、育児休業、時短勤務をとることなどができる。
     周囲の環境のせいにして、ごねて何もしないのは、子どもと同じ。目的のため、リスクを
     最小に、メリットを最大にするよう行動することが大人の努め。
    ・共働きの継続は、育児費用のリスクヘッジ。一人あたりの就業不能(所得なし)に
     なる確率を毎年1.6~3.5%とすると、二人同時に収入がなくなる確率は1%以下。

    最後が職場への申請です。

    がんばりましょう。

    トピ内ID:5577515828

    ...本文を表示

    トピ主です 9

    しおりをつける
    blank
    ワーキングファーザー
    みなさま、コメントありがとうございます。返信が遅くなりまして申し訳ございません。
    男性からのコメント、また2回目のコメントをくださった方々、ありがとうございます。
    看護休暇の制度は知りませんでした。教えていただきありがとうございます。皆様いろいろ工夫して時間をつくっていらっしゃるのですね。

    「ワーキングマザーのせいにするな」というコメントをくださった方々、ありがとうございます。
    単なる八つ当たりというか、、、幼稚な責任転嫁でしたね。すみません。確かに子育て中の女性と子育てしたい男性の利害は一致しそうですね。育休をとったり残業をしない男性社員が増えれば、肩身の狭い思いをする女性は減りますし、女性も能力だけで勝負できる事が増えそうですし。ただ、他の方からのコメントがあったように、その辺は「大企業特権」だったり、「企業の体力」の問題があったりしそうですね。また、企業が男性社員に求めるものに、「長時間労働」だったり、「無理が利く事」だったりがあるのも現実にはあると思うので、そういう「無理の利かない(無理をしない)男性社員」が企業の中で生き残っていくのは難しい事かも知れません。

    トピ内ID:1672071486

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(11件)全て見る

    トピ主です 10

    しおりをつける
    blank
    ワーキングファーザー
    妻との話合いについてコメントくださった方々、ありがとうございます。
    妻としては、収入減はなんとかなっても、リストラの対象になっては立ち行かなくなるという不安が大きいようでした。まあ、結局のところは私の能力不足が妻を不安にさせたという事なのですが。また、世のワーキングマザーの皆さんも御自身の収入減とリストラの不安を抱えながら必死で仕事と家庭をがんばっておられるという事ですね。
    >家庭の問題であり制度の問題ではない
    はい。そうでした。妻と私の収入差は会社の違い・業種の違いであり、産休や育休などなくフルで働き続けていたとしても、その差は埋まらなかったでしょう。妻の収入に不満を持った事はありませんし、妻が私の収入を当てにして結婚したとも思っていませんが、生活を維持する上で収入は死活問題ですから、「社会を変える為」にリスクを負う事は我が家にはできませんでした。
    現時点では、紅梅様のコメントにあるように
    >稼ぐ能力が低い側が育児休暇を取る
    という結論に落ち着きました。今後の育児についてはまた相談しながら決めていきます。

    トピ内ID:1672071486

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(11件)全て見る

    トピ主です 11

    しおりをつける
    blank
    ワーキングファーザー
    皆様、おつきあいくださって本当にありがとうございました。
    ご自身の事をコメントくださった男性の方々、ご主人の事をコメントくださった方々、参考にさせていただきます。ありがとうございました。また、その他にもたくさんの女性の方々にコメントいただきましてありがとうございます。結果的には前レスに書いたように、今回は育休はとらないという結論になってしまい、応援してくださった方々には申し訳ないのですが、夫婦でメリットデメリットを改めて話し合った結果です。
    皆様のコメントを読んで、様々な事を考えさせられました。これからも続く子育てを、二人でどのように協力していくか、また私の働き方、妻の働き方なども考えていきます。まだまだ先は長いですし。
    私からのコメントはこれで最後とさせていただきます。
    おつきあいいただきました皆様、本当にありがとうございました。

    トピ内ID:1672071486

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(11件)全て見る

    男性の育休か~

    しおりをつける
    blank
    うーこ
    むずかしいでしょうね。
    なぜなら同志が少ないと思われるからです。
    男性育休制度を活性化させたいなら、まずは仲間作りです。
    男性育休がきちんと利用されている職場ってのは
    「男だって育児に参加すべきだよな」という雰囲気があってこそです。
    女性たちはすこしずつ根回しをして、仲間をつくって制度を実現させたのですよ。
    もちろん現代の状況がそれを後押ししてくれたのもありますけど。

    ちなみに、私の前上司は育休取得のために昇進をけりました。
    復帰後もしばらくは育児優先にしたいからと役職をはずされてます。
    現上司は復帰後、子育てを優先したいと部長(残業負担大)昇進を断ったら、
    他に人材がいなくてトップに「子持ちだからって甘えんな!十分優遇してやってるだろ」と怒鳴られたそうです。
    「部長になってから家庭がギスギスしている」とボヤいてます。
    キャリアも育児も両方手に入れる!とかそんな甘いもんじゃないです。
    多くの女性は今後のキャリアが滞るのを覚悟の上の育休です。
    男性にそこまでの覚悟、家族の理解が得られるかが疑問です。
    まずは時短からでしょうね。

    トピ内ID:4921854684

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (11)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0