詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    着物好きな方教えてください

    お気に入り追加
    レス25
    (トピ主3
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    無知
    話題
    トピ開いていただき有難うございます。

    この度祖母が存命のうちに着物を整理しリストを作成することになりました。

    とりあえずデジカメで写真を撮ってきたのですがたとう紙をほどいて撮ってきただけなので写真だけではどのような着物かはっきり分かりません 無地の着物も多くさっぱりです。

    メモをつけようと思うのですが祖母からどのような事を聞けばいいのでしょうか
    祖母も高齢のため要領を得ずこちらから質問をする形のほうが聞き出しやすいようです。 

    私自身着物と無縁のため祖母が言う単語がほとんど理解できません ながぎ ひとえ あわせ ぬいもんがある えばおり 等々です。

    着物というのは格があると聞いたことがあるのですがそれらも聞いたほうがいいのでしょうか。 

    また先の話になりますが私が着物を引き取った後年に一度虫干しというものをしないといけないようですがこれは室内で着物を干したらいいのでしょうか。

    いい年して物を知らず非常に恥ずかしいのですがどうぞ教えていただけないでしょうか 宜しくお願いいたします。

    トピ内ID:2729851252

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 5 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 13 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数25

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  25
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    いつ頃?どういう時?

    しおりをつける
    🐤
    marin
    多分、色無地・訪問着・附下とか聞いても、実際に着る時には解らなくなるだろうし、
    色目と着る時期、用途を聞いてメモしてたとう紙に張り付けておけば良いのでは?

    用途は喪なら年忌やお通夜に着れるのか、年忌でも何年位経ったら着れるのか?とか…
    祝なら結婚式に着れるのか、入学式程度なのか…とか…紋でも縫い紋と染め紋では格が
    違うと思います。(確か縫い紋の方が下だったかと…)
    なので、あまり詳しく聞くよりも、用途別にしておく方が楽だと思いますよ。

    後、単衣・袷・紗やら色々あると思うので、何月から何月位まで着れる物とか具体的に聞いて
    分別しておいた方が良いんじゃないかと思います。

    トピ内ID:1959520681

    ...本文を表示

    それは、着物の本を一冊お求めになったほうがいいかも。

    しおりをつける
    blank
    たろすけ
    長着(ながぎ)→羽織や道行きなど丈の短いものに対して区別するため。着物全般のこと。
    単衣(ひとえ)→6月・9月に着る裏地のない着物
    袷(あわせ)→10~5月に着る、裏地のある着物
    …ちなみに真夏は絽・紗の透け感のある着物です
    縫い紋→紋を刺繍で施してある(普通は染め抜きです)
    …紋の数で格が違います。背中に1つ紋、背中と後ろの袖(2つ)の三つ紋、更に前の胸(2つ)加えた5つ紋、とあります。数が多い方が格が高い。
    絵羽織→柄のある羽織

    以下は着物の種類
    紬、小紋、色無地、訪問着、つけ下げ、振袖、色留袖、留袖、喪服など。

    帯にも
    袋帯、名古屋帯、半幅帯など。


    私は嫁入りの際に母が着物のたとう紙の紐に、短冊状に「つけ下げ」などの種類や色と袖丈を書いてつけてくれました。
    着物を作る際に、それぞれに襦袢も作っており、丈の合わない襦袢ではまずいので、襦袢にも短冊に丈が書かれています。

    まずは種類のリストを作った上で、帯との組み合わせやどのような季節・場面で着るものかお聞きになったらいいと思います。大変でしょうけれど頑張って。

    トピ内ID:0921081397

    ...本文を表示

    まず本を1冊

    しおりをつける
    blank
    こでまり
    たぶん何を聞けば良いかも解らない状態だと思いますので、言葉で説明しても解りづらいと思いますので、基本の事が写真付きで載ってる物を手に入れましょう。
    まずはそこからだと思います。

    虫干しはあなたが考えている事で間違ってませんが、広げる前にたたみ方を覚えておかないと大変なことになりますよ。
    洋服より簡単なので(直線で左右対称なので)簡単です。
    着物、襦袢、羽織、コート この位を知っていればまず大丈夫です。

    わかってくると面白いですよ。お金はかかりますが自分に合わせて仕立て直しもできます。着物をコートにしたり、もちろん自分の寸法に直したり。
    面倒だから要らない ではなくお祖母さんの元気なうちにキチンとしておきたいというあなたのトピをとても嬉しく読みました。
    頑張ってくださいね。

    トピ内ID:0456352053

    ...本文を表示

    トピ主です

    しおりをつける
    🙂
    無知
    すみません 本文に書き漏れがありました

    着物だけではなく羽織 帯もあります 着物に必要な小物類もあります 
    それらの写真も撮っておりメモをつける予定です 祖母に聞いておくべきことがありましたらアドバイスいただけないでしょうか

    トピ内ID:2729851252

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    とりあえず用語を

    しおりをつける
    blank
    MOON
    ながぎ・・・長着 一般的な着物の事
    ひとえ・・・単衣 初夏・初秋用の着物
    あわせ・・・袷 秋・冬・春の寒い季節用の着物
    ぬいもんがある・・・家紋が刺繍されている
    えばおり ・・・絵羽柄の羽織・礼装に格上げするときに
    使います(最近は使わないかも・・・)

    着物には格があるので、必ず聞いておいたほうがいいです。
    たとう紙等に書くのであれば、

    1. 着物の種類(格)
    2. 季節(袷、単衣、薄物のいずれか)

    は書いておいた方がいいです。


    着物の種類については、

    留袖(いくつ紋があるか)
    振袖
    訪問着(紋の有無)
    色無地(紋の有無)
    小紋
    ウール・木綿

    で区分してください。
    上が一番格が高いです。
    後は、羽織やコートなんかもあるかと思いますので、
    それも書いておいた方がいいと思いますよ。
    コートにかんしては、道行・道中着・羽織位の区別で
    大丈夫です。

    トピ内ID:3695812080

    ...本文を表示

    該当欄に〇を書いてもらう

    しおりをつける
    blank
    さき
    いろんなことを網羅した紙を作って、その着物に該当するところに〇印を書いてもらったらどうでしょう?
    その紙を着物ごとに作って(コピーすれば早いですよね)おけば、整理するのがラクではないでしょうか。

    【着物の種類】
    留袖、振袖、訪問着、附下、無地、小紋、紬、お召、銘仙、喪服、羽織、道行、その他(  )
    【着用時期による種類】
    袷、単衣、絽、紗、浴衣、その他(  )
    【素材】
    正絹、人絹、綿、化繊、交織、その他(  )
    【紋】
    あり なし
    【特筆すべき事項】
    (       )

    って感じでどうでしょう?思いつく限りで書いたので、抜けているかもしれませんが…

    ちなみに…ながぎ(長着)というのは、上記の着物の種類 留袖~喪服 の総称です。ひとえ(単衣)も”長着”って言うんですけどね^^;
    それ以上のことを聞き出せないなら「その他欄」に”ながぎ”って書いておけばいいと思います。

    着物には格がありますが、トピ主さんが着ないのなら聞く必要はありません。どうせ使わないから…。着物を着る人は判断できますから大丈夫です。

    トピ内ID:7567230961

    ...本文を表示

    将来的に

    しおりをつける
    🐧
    ろむにー
    トピ主さんが引き継ぐということでしょうか?
    それはいずれ着物をお召しになると解釈してよいのでしょうか?

    だとしたら、着物の入門書・・・今は初心者向けのエッセイ風の本が沢山出ていますから1冊読んでみてはいかがでしょう。

    もちろん着物は格(ドレスコード)も種類もありますが、それはお祖母さまに聞かなくとも、見る人がみれば一発でわかります。
    着物に詳しい知り合いを見つけて、まずは全部広げてみましょう。

    むしろお祖母さんがご存命なら、それぞれの着物を着てどこに行ったとか、どういう来歴かを聞いておくとよいでしょう。着物にまつわる思い出を聞くことができるのは今のうちです。

    主さんの望む答えになっていないかもしれませんが、「種類」はあえてお祖母さまに無理をさせて聞くことではないと思います。

    トピ内ID:9310241379

    ...本文を表示

    まず「サイズ」確認しましょう。

    しおりをつける
    ハワイコナ
    着物にもサイズがあって、昔の人はおおむね「小柄」なので、
    「お下がりを貰える人」が、それだけで限られて来るのです。

    どんなに高価な着物であっても、サイズが合わないことには、譲られても着られませんので。。

    トピ内ID:6387755190

    ...本文を表示

    まずは

    しおりをつける
    blank
    ひまわり
    初歩的なことも全くご存じないようですので、ひとえ(単)すら分からないんですよね?
    それなら、こちらであれこれ聞かれても、頭に残らないのでは?と失礼ながら思います。
    なので、本で学ぶほうが良いのでは?と思います。書店に行かれてはいかがでしょうか?
    季節ごとに揃えるものや、決まりごとなど、写真付きのものがいいと思います。
    沢山でていますので、参考になさって下さい。

    トピ内ID:7702254942

    ...本文を表示

    サイズの確認を(1)

    しおりをつける
    blank
    ゆりり
    お祖母様の着物ですと、もしかしたらトピ主さんには小さすぎて着られないかもしれません。
    1枚だけでいいので、最低限、裄・身丈・後幅を計ってみて、ご自分で着られる大きさかどうか
    確認してみるといいですよ。
    「サイズ 着物 身長 ヒップ」で検索すると、いろいろ参考になるサイトが出てきます。

    着物の用語は、教えてくださる方がいないなら本で独学するしかないですね。

    ・長着(ながぎ) 
    着物そのもののこと。羽織などは丈が短いので、それに対して裾まで長さがあるものを言います。

    ・単、単衣(ひとえ)
    裏地がない、1枚で仕立ててある和服のこと。基本的に6月~9月は単を着ますが、
    これは絹物に限ったことで、ウールや綿の着物は関係ありません。

    ・袷(あわせ)
    裏地がある和服のこと。10月~5月は袷を着ます。

    ・縫い紋(ぬいもん)
    染めではなく、刺繍の紋のこと。縫い紋は染め紋より格下で、
    洒落紋(家紋ではなく好みの図柄など)を入れたりすることもあります。

    ・絵羽織(えばおり)
    訪問着などのように、仕立て上がりの背模様が1枚の絵のように続いている羽織。

    トピ内ID:0664835553

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  25
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0