詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    娘にイライラをぶつけてしまいます

    お気に入り追加
    レス42
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    かんしゃく母
    子供
    2歳児の母です。娘にはのびのびとおおらかに育って欲しいと思っているのに、自分がイライラしている時にかんしゃくを起こされるとつい大声で怒ったり、とても冷たい態度をとって睨みつけたりしてしまいます。
    叱るのと怒るのは違う、絶対に自分の感情のままに子どもにあたってはいけないとわかっているのに。
    今日こそずーっと優しい楽しいお母さんでいようと思うのに夜娘の寝顔を見ては「ごめんねーまたやっちゃった」の毎日です。今は明るくへこたれない娘ですが、そのうちその天真爛漫な部分を私が歪めてしまうのではないかと不安です。またはもう何かしら影響してしまっているのでしょうか?今から努力すれば娘の記憶からは「些細なことで猛烈に怒る恐ろしい母」の姿は消えてくれるのでしょうか?同じような悩みを持った方、またはそういう親に育てられた方がおられればお話を聞かせてください。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 0 びっくり
    • 11 涙ぽろり
    • 4 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数42

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  42
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    消えません!

    しおりをつける
    blank
    レモンイエロー
    それゆえにDINKSを選択しています。心の傷は癒えてゆきません。6歳違いで妹が生まれてからは、ますます寂しかったです。「お姉ちゃんのくせに」「本当にこの子はしっかりしないんだから(まだ小学校低学年でしっかりしろというほうが無理!)」もろもろ。思春期になって大爆発を起こしてしまいました。20歳を過ぎれば煙草をぷかぷか吸ってしまい、主人にも「よほど愛情に飢えていたんだな」といわれるくらいなのです。今ごろになって、母は「孫の顔を見たい」なんて言っていますが、私はDINKSを続けます。
    最近は実家にも帰っていません。
    家事に手を抜いてもいいですから、娘さんにはあたらないでください。お願いします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そういう母に育てられました

    しおりをつける
    blank
    母は人間じゃない
    タイトルどおりです。
    子どもはストレス解消の道具ではないんですよ。
    子ども心に鬼のような母だと思いました。

    母親は今74歳一人暮らしです。3人の子ども誰一人からも愛されていません。当然です。愛してはくれませんでしたから。

    わたしは母のような母親だけにはなるまいと思って、子育てしてきました。虐待は連鎖するなんていうけれど、そんなの嘘です。

    愛してあげてください。大切にしてください。
    小さいといっても、もうちゃんと人の心をもっているんですよ。

    暴力、言葉の暴力。
    自分を生んでくれた親からされたことを、子どもは忘れません。
    一生忘れず、苦しみます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    わかりますぅ・・・・

    しおりをつける
    blank
    悪い母でごめんよ
    「些細な事で猛烈に怒る恐ろしい母」なのですか?
    それだったら、性格だと思うので、よっぽど頑張らないと直らないのでは?
    ひどい言い方をしてしまいましたが・・・ちょうど私も同じような事をここ最近考えていたのです。
    私も、ついついキツイ言い方をしてしまうんです。
    いけないと思っていても、些細な事で「それは違うでしょ!!」「なんで、そーなのよ」と。(我が家は小学生)
    「親なんてみんなそんなもんよ」と言う人もいますが、言わない人もいますよね。
    言わない人っていうか、すごく静かなお母さんというか、上品なお母さん。
    べつに自分で「下品」だとは思いませんし、回りからみれば「きちんとしたお母さん」だと思います。
    でも、キツイんです。
    これ、どうにかしなきゃ・・・・と思う今日この頃です。いつも鬼のようという訳じゃないんですよねぇ。でも、すぐにピキッ!としてしまうんです・・・・
    あぁ~~自己嫌悪。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私もそうでした。

    しおりをつける
    blank
    私はイライラ大魔王
    毎日の育児お疲れ様です。

    私も娘が2歳くらいのとき、とてもイライラしてました。 子供が泣くのは当たり前のことなのに、大声で泣き喚かれた時が一番ピークだったかな。

    どうしてかんしゃく母さんはお子さんがかんしゃくをおこしたとき、大声で当たってしまう事を自分に許してしまうんでしょう。お子さんがかんしゃく母さんよりか弱くて、反抗できないから? 大声で怒鳴ったとしても、家出する心配も、自分に身の危険を感じるわけでもないから?

    これ、全部私が思っていたことです。 私が逆に子供に甘えていた。 怒鳴っても、冷たい態度をとっても、時には・・・・叩いてしまっても、それでも子供は私(母親)が好きで、とってもとっても好きで、明るく笑ってくれる。 小さな子供に本来お手本を示してあげるべき私が甘えてしまっていた。

    (つづく)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    つづきです

    しおりをつける
    blank
    私はイライラ大魔王
    でも、あるとき(やっぱり2歳ぐらいだったと思います)お布団の上でうつぶせになってジッとしていた娘に 「どうしたの?」と声をかけたら、ワッ!と泣き出して、「ママはいつも怒ってる」って言われたんです。 この言葉を、小さなこの子に言わせるまでに、私は娘をどのぐらい傷つけてしまったのか。 後悔と情けなさとで一杯になって娘を抱きしめました。

    お子さんの今の記憶を消すことができるかについては、うちの娘を見る限りでは消えないと思います。 でもその記憶の上に、優しいお母さんをたくさん重ねていくことは、これからいくらだって出来ます。

    いまうちの娘は年少さんですが、やっぱりママ大好きですよ。パパが私に話しかけてもヤキモチ焼くほど。夫婦喧嘩は良いも悪いもなく、私の味方です(笑)

    今日からかんしゃく母さんも私と一緒に紙にイライラするたびに”正”の字をつけて、一体自分は一日に何回イライラするのか、確かめてみませんか? そして、その回数よりひとつだけ多く、娘さんに優しく声をかけてあげてください。
    私もがんばります。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    わかる気がします

    しおりをつける
    blank
    MAMA
    トピ主さんと同じ、2歳児の娘のママです。

    私もイライラして、ちょっとしたイタズラや好奇心で手を出してきた時など必要以上に叱ってしまう事があります。

    旦那様は育児に協力的ですか?
    休みの日に少しお願いして、一人でカフェや買い物など自分一人の好きな事を過ごしてみてはどうでしょう?
    余裕がなかったり息抜きが思うようにできないのもイライラの原因の一つではないでしょうか。

    私もどうしても週末まで我慢できそうになかったら、寝かしつけた後ファミレスへコーヒー一杯でも飲みに出かけます。

    でも昨夜、休みだった旦那は漫画喫茶へ出かけてしまい、結局風呂入る頃帰宅。イライラしてる所へ娘が調理台へ来て包丁を手にしてしまい、必要以上に叱ってしまいました・・・。(不注意もあるけど調理台が低くて狭いのもあり)そこん所は切り離して注意できるようになりたいです。

    トピ主さんは娘さんの事愛していると思いますし、虐待なんてしたくないと思っているはずです。

    子供が2歳なら親も2歳という事もありますが、親は大人です。感情に任せて八つ当たり気味に叱ってしまうなんて事はないようにしたいです。
    私も努力中です。一緒に頑張りましょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    寝顔みてじゃなくて

    しおりをつける
    blank
    こぶまき
    1歳半の娘がいて、トピ主さんと同じように反省することが時々あります。
    つい先日も、何度言っても私のメガネを掴んで放さない娘にキレてしまい、大きな声で叱りながら、小さな手を何度も叩いてしまいました。
    それでも放さないので手をこじ開けて取り上げました。泣き出した娘を見て、ハッとしてすぐ抱きしめ、手の甲を撫でて「ごめんね痛かったよね。」と謝りました。

    感情的に怒ったことがないママって本当にいるんでしょうか?いるとしたら、子供の資質のおかげじゃないかな??
    私も思い起こせば感情的になった母の記憶があります。今となっては「虫の居所が悪かった」とも思えますが、思春期のエゴ丸出し期間は憎んだりもしましたね。

    謝るなら寝顔にじゃなく、気づいたときになるべく早く謝らないとお子さんに伝わらないですよ。
    それと、カッとなりそうなときは、とにかくその場を離れるとよいと何かで読みました。ちょっとトイレにこもったり。

    あと、今日は絶対やさしく出来なそう!という超危険日は、お子さんを思い切って実家や一時保育に預けてしまうとか。
    そんな時は、疲れてるときでもあると思うし、怒らずにすむのできっと気持ちが休まると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    完璧な母

    しおりをつける
    blank
    はるまま
    なんていません。ドラマや小説に出てくる非のうちどころのないお母さんなんて幻想だ、と思えば、少しは気も楽になるのではないかしら。

    残念ながら、些細なことでキレる母、の姿は、具体的な記憶には残らなくても(今後いっさいしなかったとしてもですよ)、気持ちのどこかには消えずに残ってしまうでしょうね。でも、トピ主さんが、してしまったことを正当化せず、また、必要以上に親の権威を振りかざさず、自分を飾らず、等身大の女親として、真剣にお子さんと向き合うなら、いいところも悪いところもひっくるめて、お嬢さんの糧になるのじゃないなか。

    正直なところ、私も、感情にまかせて怒ってしまうこと、あります。そういう時は、あとで娘(小1)に、謝ります。「ごめん、おこりすぎた」って。お母さんも子どもも、それぞれ別の人格を持った人間同士。感情が行き違ったりぶつかったりすることは、あって当然と、わたしは思います。大切なのは、やってしまったあと、どうフォローするかじゃないでしょうか。もちろん、自分の方が、今のところ絶対的に優位に立っているっていうことは、忘れずにね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    父が

    しおりをつける
    blank
    トントン
    父がそういうタイプでした。
    外では慕われ、要職にもつきましたが
    家庭ではイライラするとすぐ怒鳴り、手も出ます。
    最悪なことに父は私が高校に入る頃までイライラしない
    時期が無かったのです。
    が、一番悪かったのは周りにいた母と祖母。
    どう考えても怒りすぎの父の肩を持ち、一緒になって
    子供を責めるのです。「お前が悪い、ちゃんとしろ」
    これを何度もやられると、自分がどうしようもなく悪い子で
    どうでも良い存在だと思わされるのです。

    おかげで暗い小学生時代を送り小学校のクラスメートに
    多大な迷惑もかけました。
    (父と同じように、すぐ怒鳴り、暴力をふるう)
    友達もできず、生きている意味なんてあるのかと
    本気で悩む前に、幸いにも良い友人ができて
    親離れもすすみ、父のイライラもおさまって
    後は普通に社会人になり、結婚もできました。

    が、今は父と同じように自分の子供にイライラを
    ぶつけている自分がいます。
    何とかこの悪循環から抜け出したい。もがいてます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    忘れられません。

    しおりをつける
    blank
    くろくろ
    親から受けた不条理な仕打ちは(私はけっこういい年ですが)忘れられません。母は、ちゃっかりした性格なのであんまり覚えていないようですが、私は、しっかり、覚えています。私の母の場合は夫との関係が険悪な時に子供に八つ当たりをする(暴力も有り)事によってストレスを解消していたようです。今考えても、幼児にあんな事するなんてスゴイ、と思います。新聞で子供に熱湯をかけたとかお風呂に入れて溺死させたと言う記事を読みますが私は他人事とは思えない。ただ母だけを責めるつもりはなくて家事や育児を母親ひとりだけに背負わせていた社会にも問題はあるな、とは思うのですが、でも不条理な仕打ちは忘れられません。人間っていじめた事はすぐ忘れてもいじめられた人は忘れられないって言うでしょ?トピ主さんは悪い事をしているな~と言う自覚はあるようですが、やめた方がいいですよ。自分のイライラやストレスを子供に八つ当たりする事によって一時的には解消出来ても原因はなくならないわけでしょ?大人なんだから、そこらへんはちゃんと考えないと自分の子供からも愛想尽かされると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    かんしゃく母
    お返事ありがとうございます。何度も繰り返し読ませていただきました。

    四六時中猛烈に怒りまくっている訳ではないのですが、普段は普通に対応していることが、自分がイライラしている時は一触即発状態になることがあります。
    「ダメって言ってるでしょっ!」「もぅいやっ!あっち行って!」と大声で叫び睨み、娘は駆け足で逃げていったり泣いてる時は更に激しくなったり。
    かんしゃくにかんしゃくで応戦する最悪の親です。

    後になって「あんな冷たい目で睨んじゃった・・」と後悔します。
    娘も同じ事をして怒られたり怒られなかったりで混乱しますよね。
    「お母さんは私のことを愛してくれているんだろうか?」などと娘がちらりとでも疑うことが決してないよう、これから適度に家事は手抜きをし、ゆったりした心で娘に接したいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    お母さんがリフレッシュしてみては?

    しおりをつける
    blank
    ゆき
    2歳って一番大変な時期ですよね。
    運動能力は上がって自我も出てきて、でもこらえはきかない。
    一日中いっしょにいたら、大変ですよね。

    その一方でちょうど母親の方は体調も崩しやすい次期なのでは?

    きっとストレスたまっていると思います。
    保育園の一時保育などを週に一度利用するとかしてみてはいかがでしょうか?

    自分だけの時間が持てることでリフレッシュできて、気持ちにゆとりもできるのでは?

    子供を産む前は理想的な母親になりたいと思っていても、いざ子供を持ってみるとうまくいかなくて自己嫌悪。
    それってかなり多くの母親が体験することだと思います。

    自分を追いこまず、ゆとりが持てるような環境づくりをしてみれば、自然とお子さんに対してもおおらかになれるのではないかと思います。

    どうしても無理だったら、保育園に預けて働き出してしまうというのも手です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私も同じかんしゃく母です

    しおりをつける
    blank
    いらいらママ
    日頃の疲れや忙しさからついつい怒ってしまい、子供達にあたってしまいます。(今小2,4の男の子)
    2歳だった頃は、何度も同じ事で注意しても直さない時は叩いたりもしてました。かなり厳しいママだったです。
    月齢と共に、なぜ怒られたのか、やってはいけないのかを子供と同じ目線で、目を合わせて話ができるようになってからは、少しは優しくなってきたかなぁと思います。言い訳のようですが、「ママは、今疲れてて優しくしてあげる気持ちになれないの、ごめんね」って言うと、わかってくれてしばらくしてから話をします。

    世間では、子供に手をあげるなんて!虐待じゃない!なんて言われるでしょうが、私はそうは思いません。まぁ、度を越したものはいけないでしょうが・・・

    親だって人間だもの。感情で怒ってしまうこともあるでしょう。それに、子育てって1人目でも2人目でも、初心者でいつまでたってもプロにはなれないと思うんです。あまり自分を責めなくてもいいと思います

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    いろいろな思い出の一つ。

    しおりをつける
    blank
    29歳女
    私の母も些細なことで機嫌を損ねて、しかも理由が非合理的で、すっごく怖かったですが、別の時にはべたべたに優しかったです。

    一時期は、母の嫌な面ばかり思い出していましたが、特に自分の周りで出産する人が増えて小さい子供の面倒をみるようになってから、私自身が同様に不機嫌な時とか、ああ、母もこんなだったのかな~って、思うようになりました。それと同時に、優しかった思い出もよみがえって来たというか・・・

    母親も人間ですから、機嫌はありますよね。他の人間にも「機嫌」がある事を学ぶ最初の相手なのかもしれません。度が過ぎなければ心配いらないのではと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私の悩みかと

    しおりをつける
    blank
    同じ
    かんしゃく母さん、私も魔の2歳児娘がいて、同じ気持ちで毎日子育てしてます。

    自分が投稿したのかと思ってしまった。私は感情がよくも悪くも豊かなので、子供が聞き分けが悪かったり、片付けた先からブロックが大量に入った箱などザーとひっくりかえされたり、TV見せないと泣き喚きご飯食べない、物をなげる、おもちゃで遊んでるから少しいいかなーと思って、人がPCとかちょっとやりだすと妨害&大泣き、次から次への要求続き、自分にかまってくれ攻撃に、「あぁ~もうやだー」「ムカつくー」「うるさいよ」「かんべんしてくれー」キーキーと、自分のたまった感情を、子供にはきだしたらいけないと頭で分かっていても、堪忍袋の緒が切れた時、大声で怒鳴ってしまいます。

    すると娘もまけずにワァーと奇声をあげて爆発。私も忍耐に限界あるし、でも自己嫌悪に陥ったりなので、最近はトイレにダッと走り、ココで、あーもううるさいなー、いい加減にしてよ、と一人吐き出してます。感情コントロールするのにもう少し修行時間がかかりそうです。お互い頑張りましょうね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私も忘れられません

    しおりをつける
    blank
    バニラ
    私も子供の頃はくろくろさんと同じような状況で、
    全く同じ意見です。

    母親だけが悪いのだとは思いませんが、怒っている
    時の母の鬼のような形相は今でも昨日のことのように
    ありありと覚えていますし、
    「今日は何を怒られるんだろう」って毎日怯えていた
    ことは、今でも忘れられません。

    トピ主さんがどういう状況のときにイライラして
    しまうのかは分かりませんが、
    ご自分が幸せであれば、イライラせず、
    娘さんにも辛く当たらずに済むはずです。

    どうか、娘さんをストレス発散のはけ口にせず、
    ご自分が幸せになる努力をして下さい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    大丈夫ですよ

    しおりをつける
    blank
    まお
    今からだって、充分間に合います。なぜなら私もそうして子供を育てたのだから。子供をもって、初めて親の気持ちがわかりますよね。ああ、母もあの時疲れていたのだと。

    私は子供が小学校の高学年になるまでイライラをコントロールできずに接してしまいましたが、それ以降は自分でもびっくりするくらい改善して、穏やかに接するようになりました。

    それでも間に合いましたよ。とにかく心から愛していることを伝える努力をすることだと思います。彼女を抱きしめてあげて、とってもとっても大好きなんだよと言ってあげてください。

    それが伝われば、きっと大丈夫です。時には言葉で、時には態度で、伝えてあげてくださいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    だいじょうぶでしょー。

    しおりをつける
    blank
    2児のまま
    え~っ!大丈夫ですって。

    ご自分で、自分の態度に気づいて、反省なさっている限りは。
    2歳ぐらいって、ほんとに、いや、もーほんとに、大変ですよね、子育て。
    オムツはとれてないし、コトバも頓珍漢だし、コトバもしゃべるだけしゃべって目茶目茶だし、
    違いますかぁ~?
    (うちの子だけかな?)
    母親だって、人間ですもの。
    ドラマに出てくるような、常に落ち着いた優しいいつもニコニコ母さん、なんて・・ムリムリ。

    娘さんがもうちょっと大きくなってくる頃には、
    こめかみにできる「青筋」も少なくなってくると思いますよー。
    ワタシもそうでしたから。やっと、4歳と6歳になった2女児の鬼母です。

    もう少しで、ラクになりますよ!

    それまで、なるべく怒らないように・・・
    なんとかストレスを違うところに向けるようにして・・(ご主人とか・・・?!)
    のりきりましょーねー。

    ファイトですよー!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私のことかと思いました。

    しおりをつける
    blank
    チュープリ
    現在、娘は8歳ですが、2~3歳が一番大変だった記憶があり、トピ主さんの気持ちが痛いほどわかります。私も全く同じでした。寝顔を見て「怒りすぎたなあ・・」と思うことは 今でもしょっしゅうです。

    対策は、些細なことなのですが家事を頑張らないことです。私は 生理前は特にイライラのピークなので、ちょっとくらい部屋が汚れてても、洗い物がたまってても 休めるときは体を休め、何もかも嫌になった時、まず半日~1日 寝てもヨシ、だらだらするのもヨシ、出来る範囲で好きなことしてください。それでも怒ってしまったときは 後で愛情を注いでやってください。子供の幸せは親の笑顔、自分の笑顔のためには、時間の許す限り自分の好きなことをして楽しんでください。大丈夫です。応援してます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    女同士が多い?

    しおりをつける
    blank
    えんちい
    レス見ていると圧倒的に娘に対してが多い!なぜ?同性だから?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    理解できない

    しおりをつける
    blank
    猫の母
    他の母親もきっとそうでしょう、私もそうだったし...etc.「それでも大丈夫」って返事が多くてあきれています。その自信はどこから来るのですか?子供を怒鳴りつけたり、手を挙げる前に病院にでも行こうとは思わないんですか?

    私の母も、自分が娘に八つ当たりしたり、手を挙げたり、鬱の支えにしたり、愚痴を聞かせたり、子供さえいなければ離婚しただの、好きなことが出来ないだのと言い続けてきた事は「それは人生いろいろあるわよ。」の一言で片付け、「子供は可愛いわよ。早く産みなさい。」と言っています。彼女は自分の事を良妻賢母だと思っているつもりのようですが、私は母のような子育てをするつもりはまったくありません。

    母からは「お父さんみたいな人と結婚するな」、父からは「お母さんの様なつまらない女になるな」と言われて育つ子供は不幸です。私と同世代が「結婚しない、子供をつくる気が無い」って言うのは自分の親の送ってきた結婚生活、子育てを見てきて「理にかなっている」と思えないからです。

    子供は悪くないんです。人間として精神的に大人になってから結婚し、子供を産んで、育ててください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    とにかく深呼吸しワンクッション!!

    しおりをつける
    blank
    ふくみ
    私も今39歳ですが、幼い頃から『あんたはいつも遅い』『あんたは・・』的言葉を言い続けてこられ、
    今も自我を確立できません。
    あなたもきっと癇癪のたびにご自分の親から感情のままに叱られてきたのかも、しれませんね。
    虐待同様、反面教師!!!と
    強くわりきって子育てしていくしかない部分も多々ありますよね。
    共に心に留めて子育てしていきましょうね!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    まおさんへ

    しおりをつける
    blank
    匿名
    トピ主さん、横レスですみません。

    まおさん、

    >それでも間に合いましたよ。

    どうして間に合ったって断定できるのですか?
    娘さんが「もう気にしてないよ、お母さんが私を愛してくれてることわかってるよ」と言ったから?
    私は母にそう言ってます。実際母が私を愛してくれた(る)ことも分かっているし、母も大変だったんだ、できるかぎりのことをしてくれたんだってことは痛いほど分かってます。今では母も穏やかになり、はたから見ればとてもいい母子・家族に見えると思います。
    でも小さい頃に自分を産んでくれた親から受けた傷は消えません。そしてその傷が今の私に影響していることも事実です。

    間違いをして、自分の非を認めること、その気持ちを子供に伝えることは大事ですが、そうしたからって子供の傷が完全に癒える、だから後からでもやり直しはきくと考えるのは間違いだと思います。
    「毒になる親」っていう本、読まれましたか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    やめてください・・

    しおりをつける
    blank
    余波
    あなたのお腹から生まれた子供は、あなたの育て方 次第で無限の可能性をもっているのです。

    良くするのも悪くなるのもあなたの育て方一つで決まってしまいます。

    どこの子供にも負けない子に育てる気迫で育児に専念してください。このことがあなたの人生の最高の目的だと思いますがいかがでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    かんしゃく母
    沢山のお返事ありがとうございました。
    イライラ大魔王さんのおっしゃる通り、私は大声で怒ってしまっても冷たくあしらってしまっても「母親のことを嫌いになるはずはない」という甘えがどこかにあったのだとはっとしました。
    私自身が両親の愛情をたっぷりと感じて育ったからかもしれません。「何があってもお父さん、お母さんがいれば大丈夫」という絶対的な愛情を感じていたので、子どもにとって親はそういう存在なのだろうと。
    でもそれはそう思わせてくれる親がいてこそのことですよね。
    今の私はまだまだ精神的に未熟で先にイヤイヤを爆発させた娘にご機嫌をとられる始末です。
    娘にも私が両親から受けたような愛情を与えてあげたい、感じて欲しいという思いでいっぱいです。
    どうにもこうにも・・という時は見ザル聞かザルになり心を静めてから娘に接しようと思います。
    頑張ります!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    しっぺがえしがくるかも

    しおりをつける
    blank
    アラ
    いつもニコニコは難しいでしょうけど、大人なんですからその場限りの反省ではなくて、自分自身を分析したり、対策を考えてほしいです。決して正当化できないと思いますよ。

    私は子供の頃、母から愛されてると感じたことがほとんどないです。本当は愛してくれてたのでしょうが、それが感じられないほどいつも怒ってた。そういうのって忘れませんよ。

    まあそこまではいいでしょう。母も人間ですから。
    最も嫌なのは、今現在親が私たち子供に依存してくること(今ごろになってベタベタしないで)、子供はいいものだから産みなさい、と迫ってくること。説得力ないですって。

    子供が欲しくない訳じゃないんですよ、ただあなたに言われてもね・・。聞く気になれないよ。

    小さい頃にお子さんにしたこと、フォローなしのままだと残りますよ。あとからいくら親の愛情を説いたって無駄です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「ごめんね」はすぐに

    しおりをつける
    blank
    あられ
    私の両親は共働きでぐったり疲れて帰ってきたので、あたられ続けてきました。子供の頃に親に埋めてもらえれなかった心の穴は一生埋まらないですよ。

    「ごめんねー」は寝顔に言ってちゃダメですよ!通じてませんよ。怒った後落ちついてきたらすぐに言ってあげてください。「ごめんね、今夕飯の準備がうまくいかなくてイライラしてたの。」て、しっかり説明してあげてください。子供はわかってくれますよ。そうすれば「ママがイライラしてるときは気をつけるようにしよう」ていう思慮のある子に育っていくと思います。

    あとお母さんが何かにイライラする程夢中になってたときは、子供は淋しい思いをしながら待ってることがあります。そんな時に子供がダダをこねやすいのも、淋しさから来てるのかもしれません。かんしゃくを起こした時、それも思い出して、なるべく早く冷静に戻れるように頑張ってください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私も。。。 子供の立場から

    しおりをつける
    blank
    元子供
    40代の女性です。 私も同じような母に育てられました。 腕力ではないのですが、言葉の暴力と訳のわからない時にめちゃくちゃ怒られ、理由も無く怒られているので、謝っても許してもらえませんでした。 大人になった今は、その頃の母の状態からとてもストレスがあったのではと推測しますが、そんな事当時の子供には関係ありません。 トピ主さんお嬢さんにちゃんと目の前で、「ごめんなさい」と謝ってください。 理由も無く怒られても母に謝られたことが無い私は、人に”謝罪する”という事が=どんな些細な事でも=非常に難しい人間になってしまいました。  トピ主さん、お子さんはちゃんと覚えています。そしてお子さんの人間形成に多大な影響を与えています。早いうちに対処してください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    素直な娘

    しおりをつける
    blank
    こんぎー
    一字一句、全く同じことをしてきました。
    いまは小学5年生。いまのところ、素直ないい子です。
    家は、年子でしたので、余計イライラを長女にぶつけてきました。
    そして、反省の毎日。
    おだやかになったのは、保育園の年中さんになってからです。
    母は仏でも、神でも君子でもありません。生身の人間です。あなたみたいなお母さんはいっぱいいます。
    そして反省してください。この繰り返しです。

    そして大切なことは、大好きなお母さんののイライラを幼い娘さんは
    我慢して受け止めてくれています。
    これからあなたに余裕も出来、娘さんも成長してきます。
    その時、今度はあなたが、娘さんの全てを受け止めてあげてください。

    悩むこと自体、あなたは立派なお母さんです。
    自分を責めないでね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    自分を磨こう!

    しおりをつける
    blank
    3人娘の親
    ず~~っと,前に,その頃の子育てを終えた母親です。
    もう20年も前に。
    私も,トピ主さんと同じように,長女の時は叱っていましたね。しつけプラスやはり不安や,ストレスなども有ったのかも知れません。毎日反省していました。でも、
    叱りっぱなしはしなかったような気がします。そして,愛情はたっぷり注いできた積りです。長女の時は一生懸命すぎて…夫婦で反省しています。それと、夫婦で子育てしてきました。下の子が生まれたときは,夫が「僕が,長女をしっかり可愛がるから」と言ってくれたのが嬉しかったですね。だから、長女は,私たちの心配をよそに,とても心の優しい、可愛い女性に育っています。
    親も一緒に成長するんですよと言う話を,幾度となく聞いたし、そう言う育児の話は,積極的に聞いていました。心が,軽くなるような楽しい話をしてくださる先生も多く、また同じように子育てをしている人たちとの交流も,お勧めです。あまりご自分を責めないで、ユッタリと育児を楽しむくらいの余裕が欲しいですよね。皆同じなんです。大事な,我が子…将来は本当に心の支えになってくれる
    娘さんです。大切に育てましょうね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  42
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]