詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    これは読むべし!の歴史小説は?

    お気に入り追加
    レス31
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    大学おなご
    話題
    皆様のおすすめ歴史小説を紹介して下さい!!

    私の好きな作家は司馬遼太郎ですが、おすすめの作家も教えて頂けたら幸いです。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数31

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  31
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    宮城谷昌光さん!

    しおりをつける
    blank
    ぽち
    中国歴史ものが得意です。特に漢字の使い方にはいつもながら感心します。例えば「わらう」でも「笑う」「嗤う」などと使い方が適切というか、その人物の表情が浮かんでくるくらいです。
    「長耳」「孟しょう君」などがお薦めです。いまは「三国志」が一番新しいのかな?「えーこれメジャーな人じゃない?」って思っていても、実は親の代を書いて、その本人の人となりを想像させてくれたり、本当に上手ですよ!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    穢土荘厳

    しおりをつける
    blank
    らく
    杉本苑子さんの「穢土荘厳」です。長屋王の事件から大仏開眼までが描かれています。正直この時代には興味がなかったのですが、読んでいてグングン引き込まれました。何と言うか、「匂い、臭い」のする小説です。

    堺屋太一さんの「豊臣秀長」も面白いです。秀吉の弟ですが、良くも悪くも日が当たらない存在ですね。読みやすく、あっという間に読んでしまいました。

    永井路子さんの作品では「姫の戦国」がイチオシです。今川義元の母なる人が主人公ですが、公家のお姫様が女戦国大名と異名を取るほどになるとは、人にどのような才能が眠っているのか、分からないものです。今川家は高家として徳川の世まで残りますが、そのしたたかさと粘り強さを培わせたのはこの人かもしれませんね。

    歴史小説とは違いますが、時代小説として瀬戸内寂聴さんの「手毬」が大好きです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    わたしは

    しおりをつける
    blank
    ruriha
    司馬遼太郎、面白いですよね。
    わたしも今「龍馬がゆく」を読んでます。
    オススメは、この小町で知ったんですが、浅田次郎さんの「壬生義士伝」がすごく良かったです。
    良すぎて周りの人にどんどん貸したんですが、みんな
    「泣いた・・・」と言って、本を購入してました。
    新撰組が好きならなおさらです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    山本周五郎

    しおりをつける
    blank
    cc
    山本周五郎さんの時代小説はとってもいいです。
    心に染み入ります。

    それと田辺聖子さんの「隼別皇子の反乱」(タイトルが違っていたらごめんなさい)、ロマンがあって、うるうるします。

    渋沢龍彦さん「高丘親王航海記」、素晴らしい小説です。

    古代史になると「万葉集」が必ず出てきます。
    小説ではありませんが、「万葉集」関連の本、とってもいいですよ。

    若いうちに「万葉集」にふれられることをお奨めしまーす。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    歴史小説というより

    しおりをつける
    blank
    紫禁城
    人間ドラマかな?
    浅田次郎の「蒼穹の昴」

    清朝末期の中国が舞台です。
    西太后、李鴻章、袁世凱、伊藤博文etc、実在の人物も
    山ほど登場します。
    ベタなのがお嫌いでなかったら、ぜひどうぞ。
    歴史的な考証はしっかりしていると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    わたしのおすすめ

    しおりをつける
    blank
    ぴよちゃん
    童門冬二「小説 上杉鷹山」集英社文庫
    藤沢周平「漆の実の実る国」文春文庫

    歴史小説好きですがぱっと思い浮かぶのはこれかな。
    どちらも、民を愛した名君、上杉鷹山を描いた小説。
    感動しました。

    女性が主人公の歴史小説なら、永井路子さんの小説。
    「朱なる十字架」「乱紋」(文春文庫)など。

    中国の歴史小説なら宮城谷昌光さんの小説が好きです。特に、初期の作品。「王家の風日」「孟夏の太陽」「天空の舟」(文春文庫)など。文章が美しいです。

    ぜひぜひ、読んでみてください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんなのは?

    しおりをつける
    blank
    ccc
    私も司馬さんは大好きです。「龍馬が行く」は絶品ですね。 他には山岡荘八さんの「徳川家康」、中国モノですが「小説十八史略」、ちょっと変わった所では安能務訳「奉神演義」などなど

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    司馬遼太郎・永井路子

    しおりをつける
    blank
    時代劇も好き
    司馬遼太郎はたくさんおもしろい作品があるんでえらびにくいんですけど、一つ挙げるなら『項羽と劉邦』かな。

    高校時代に親の本棚でたまたま発見、それ以降時代小説大好きです。

    ばらさんのオススメ宮城谷さんも大好き!!

    結局今の旦那と結婚したきっかけも、時代小説話でもりあがったことだったりします・・。


    女性の作者で言うと、永井路子さんが大好きですね。
    時代に対する鋭い考察がたまりません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    映画になってるものも多いですが・・・

    しおりをつける
    blank
    なおゆき
    ・藤沢周平
    「蝉しぐれ」……武士道の真髄と純愛が貫かれた、とても心に染みる作品。
    「用心棒日月抄」…いわゆる隠密もの、けっこうリアルでハードボイルド。

    ・山本周五郎
    「赤ひげ診療譚」…私の原点。黒澤映画にもなりました

    ・隆慶一郎
    「一夢庵風流記」…前田利家の兄の養子、前田慶次郎の豪快な生き方がとにかく痛快。
    「吉原御免状」……宮本武蔵の養子、松永誠一郎の波乱万丈な人生と、徳川家康の謎などミステリ的要素がたっぷりです。

    ・下母澤寛
    「新撰組始末記」…とにかく調査が綿密で史実に忠実。勤皇の志士と討幕派の血で血を洗う争いが凄い。

    ちょっと異色なところで
    ・乙川優三郎
    「霧の橋」…脱藩して小間物問屋の婿になった主人公が商才に目覚め、大店の侵略に対抗する。
    現代のビジネスシーンにも通じる痛快さです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    吉川英治に一票

    しおりをつける
    blank
    miw
    三国志、学生の頃に何度も何度も読み返しました
    魏呉蜀、それぞれの武将がとても魅力的で、全部読み終えたとき、何ともいえない達成感がありました

    宮本武蔵など、大河ドラマの原作になっているものもあるので、ちょっと手に取ってみていただけたらと思います。

    >らくさん
    横から失礼します。永井路子さん、私も大好きなんです。
    「山霧」という作品、大河ドラマをきっかけに読んでみたらとても素敵な文章で驚きました

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    清水義範、阿刀田高

    しおりをつける
    blank
    ミハル
    パスティーシュやミステリのイメージの強い清水義範さんですが、歴史小説も良いですよ。
    長編では「尾張春風伝」(徳川宗春の評伝)、「上野介の忠臣蔵」、「源内万華鏡」。
    短編集では「偽史日本伝」「騙し絵日本国憲法」「陽の当たらない坂道」「大剣豪」など。
    短編の方がちょっとユーモアや皮肉が混じった感じになりますが、私は短編の「山から都へ来た将軍」(木曾義仲の話)、「山之内一豊の隣人」が好きです。

    阿刀田高の長編歴史小説も良いです。
    「幻の舟」「リスボアを見た女」、そして圧巻は「獅子王アレクサンドロス」!!

    司馬遼太郎も読みますが、実は一番好きなのは短編集の「豊臣家の人々」です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    安部龍太郎

    しおりをつける
    blank
    さくら
    とても素晴らしい小説を書く方です。

    この方の本を読んで、長年抱えていた秀吉に関するナゾが解けました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    宮城谷さん!

    しおりをつける
    blank
    中国おたく
    やっぱしぽちさんのおっしゃるように
    宮城谷昌光さんええですよ~
    僕は孟嘗君読んでどっぷりはまりました
    歴史小説なんで当然脚色されてるんだろうけど
    でも、尊敬する人と言われたら
    ”白圭”と言う孟嘗君の登場人物を言っております

    でも宮城谷さんのは最初はとっつきにくいとは思います
    中国の春秋戦国時代のがほとんどなんで
    似た地名似た国名似た人名・・・
    でも他の
    楽毅・重耳・介子推・晏子・夏姫春秋・子産・希貨居くべし・沙中の回廊・・・・
    なんか読むとちょっとずつ時代や登場人物が重なってたりして
    全部読んだらだいぶと春秋戦国時代には詳しくなれますよ 笑

    僕は時代小説では一番お気に入りの作家さんです

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    おもしろい!

    しおりをつける
    blank
    わたし
    司馬作品は絶品ですよね。
    竜馬がゆく・燃えよ剣は名作中の名作なのではないでしょうか。
    おすすめは沢山あるのですが、歴史小説ってものすごく
    趣味がでませんか?薦められて読んだもののうへぁってなったり。
    スレ主さんの好きな時代とか贔屓な偉人の名前とかもあると
    お勧めも書きやすいです!

    ちなみに司馬作品でしたら他に世に棲む日日も絶品ですよ。
    (お分かりとは思いますが私は幕末ファンで、長州大好きです)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私も三国志に一票

    しおりをつける
    blank
    雛子
    断然三国志をお薦めします。吉川英治(字が間違ってたらごめんなさい)文庫のが一番読みやすいと思います。
    登場人物の多さに混乱するかもしれませんが何度読んでも奥の深い小説です。ビジネス書にも良く三国志を引用しています。現代にも通用する古人の知恵が満載です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    司馬遼太郎の義経

    しおりをつける
    blank
    とんとん
    これを読んだら、
    他の英雄然とした義経なんて読めません。

    甘ったれの末っ子で
    女癖が悪く、戦以外には全く能力がなく
    でもどこか可愛くて憎めない。

    ほんとうに愛嬌があって
    可愛い義経です。
    大河のタッキーもいいかもしれないけど
    自分の好みに合わせてイメージするのも
    最高です。ぜひ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    司馬遼太郎独自の

    しおりをつける
    blank
    スミス
    あの歴史論人物論満載の世界がお好きなのでしたら、推すべきものはないです。探せど探せど似たような小説はないですね。吉川や海音寺、宮城谷や北方を期待して読んでガッカリした口です。高名な「戦争と平和」も「二都物語」も物足りない。

    わずかに近いのがシュテファン・ツヴァイク。「人間の理解の仕方」とか「形容過剰な文体」とか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    好きなのは

    しおりをつける
    blank
    ノブナガスキー
    山岡荘八先生の『織田信長』です。
    これで信長様大好きになってしまいました(笑)
    横山光輝さんのマンガの原作でもあります。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    歴史観を読む

    しおりをつける
    blank
    candy
    え~時代小説と歴史小説を混同しないように
    『事実』とその裏側の『真実』を混ぜ込まないよう
    歴史観をいかに持つか と言うことの大切さを読後に覚えるのは司馬遼太郎でしょう
    坂の上の雲 とか 国取り物語 とかね
    事実に特に立脚しないでもヒトの真実を読ませてくれるのは
    山本周五郎 とか 藤沢周平 でしょうか
    別に歴史小説じゃあありませんが 蝉時雨 を読んで二十歳そこそこの方がどんな読後感を覚えるのか興味はありますね

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ずばり!

    しおりをつける
    blank
    ししゃも
    永井路子でしょう。私は中学の頃からの愛読者です。

    鎌倉ものに定評があり、歴史小説家を嫌う傾向にある学者たちが、この人の小説にだけは好意の眼差しを向けるという、割と正確な史実を語る人です。鎌倉期の乳母の役割に目を付け、乳母論を学会に認めさせちゃったくらい。ご主人が何とか省のお役人で、一般人が見れないような古い資料が手に入るため、天気とかほとんど正確だと聞いたことがあります(本当か?)。

    私が好きなのは「炎環」。これは鎌倉ものです。女性を取り上げているものが多く、文春文庫から上下巻で出ているものが私のお勧めです。その中でのお気に入りは「この世をば」(タイトルだけで誰のことかわかる)。毛利元就の妻を書いた「山霧」、大河ドラマの原作になりましたよね。「乱紋」で書いた徳川秀忠の妻お督は、定説とは違う人物像に物議をかもしましたし、独自の観点を持っていて、史観の合う人にはおもしろいと思います。が、ここまで書いて何なのですが、実は今私、食傷しているところです(汗)。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    炎立つ(ほむらたつ)

    しおりをつける
    blank
    十六夜
    高橋克彦さんの『炎立つ』はいかがでしょうか?
    12年ほど前のNHK大河ドラマの原作になった作品です。

    奥州藤原氏について描かれていて、教科書の太字を暗記した「前九年の役」「後三年の役」や、奥州と源氏との関わりなど、非常に興味深く感動しました。
    ドラマでは、藤原氏初代・清衡の父経清と、四代・泰衡の役を、渡辺謙さんが演じていたのですが、これ以上はない!と思えるほどのはまり役でした。まるで藤原経清本人が乗り移っているかのごとく・・・

    ただ、小説の方が、ドラマでは描かれなかった部分や、違った展開があり、個人的に大好きです。
    もう一度読み返した後に、更に歴史を遡った『火怨』を読みたいと思っているところです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こういうのはいかがでしょうか。

    しおりをつける
    blank
    通りすがりの読書人
    「旋風に告げよ」
    明朝末期、満州族が大陸を手中に収めんと迫っていたが、中国人の父と日本人の母親との間に生まれた国姓爺鄭成功は明朝復興を目指して戦う。しかし父は敵方に降り、明の隆運も衰えていく。激戦の果てに彼は何を見るのか……。

    「高麗秘帖」
    映画にたとえれば「シュリ」と「ターミネーター2」が合わさったような感じかな(何じゃそりゃ)。
    朝鮮水軍の名将・李舜臣に迫る刺客たちと、彼を守るために戦う戦士たちとの激闘!
    韓流ブームなんて言葉もあるけど、韓国に興味のある人は荒山徹さんの作品は「魔岩伝説」「魔風海峡」もあわせて読むと楽しめると思いますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    これはどうでしょう?

    しおりをつける
    blank
    速水ゆずか
    歴史小説というか、作者の実際の体験を、ちょっと理想化して書いたものですが・・・

    テレビドラマで有名ですが、アメリカのローラ・インガルス・ワイルダーが書いた「大草原の小さな家」シリーズがオススメです。
    舞台は1800年代後半、アメリカの大開拓時代を生き抜いた、ワイルダー一家の、厳しくも温かい生活の物語です。

    けして裕福ではないインガルス一家ですが、厳しいアメリカの大地を旅し、いつ、どんな所に住んでも希望を見失わず、生き抜いていくその姿は、心を打たれます。
    あと、とにかく食べ物の描写が美味しそうなんですよね・・・♪

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    大学おなご
    返信して頂き、どうもありがとうございます!
    皆様のレスを読んで、「どれも読みたい!」とワクワクしているところです。

    私は戦国時代の話が特に好きで、この時代の小説は永井路子さんや堺屋太一さん、山岡荘八さんの本などはよく読みました。

    司馬さんの「竜馬がゆく」や「燃えよ剣」などを読んで胸を熱くし、永井さんの「北条政子」を読んで、学校で習った政子と違いすぎて目からうろこが落ちました。
    このような高揚感や驚きが快感で、読書はやめられません。
    そしてまた、本の登場人物が実在していたと思うと、そのリアルさに身震いします。なので、歴史小説が好きなのです。

    これからは中国の時代小説や平安時代のものも読んでみたいと思います。
    あと、戦国時代や源平合戦、幕末を舞台にした面白い小説がありましたら教えて下さい!他の時代でも面白いものはぜひ紹介して下さい。

    お詫び:最初に細かい情報を提示せず、すみませんでした。これは、「歴史小説」と大きく括ることで、様々な時代を背景とした本を紹介して頂けると思ったからです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    外国史でも可?

    しおりをつける
    blank
    ai
    司馬遼太郎さんの著作、私も好きです。

    が、今は日本の歴史を離れ、クリスチャン・ジャックというフランスの作家が書いた「太陽の王ラムセス」というシリーズを読んでいます。ありがちな展開ではあるし、文章(日本語訳かな?)が稚拙だったり構成が乱暴なところも気になりますが、ラムセス大王の心の葛藤やファラオとして国を担う姿についつい読み続けてしまいます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    オススメ

    しおりをつける
    blank
    とぶ
    今まで挙がってないなかで好きな作家・作品を挙げるとすると、
    「幕末新選組」池波正太郎著
    ですね。

    オススメです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    永井路子

    しおりをつける
    blank
    われもこう
    永井路子全集がオススメです。
    図書館で20巻読破しました。
    歴史の古い順から編集されていますので、日本の歴史物がいまいち苦手だった私でも、すんなり入っていけました。
    同じ人物を同じ作者が描いても、視点が違うとこうなるのか…、という描写があちこちに。
    自分なりの歴史年表、家系図まで作ってしまいましたよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こういうのはいかがでしょうか。

    しおりをつける
    blank
    通りすがりの読書人
    陳舜臣「曹操 魏の曹一族」「曹操残夢」
    漢王朝末期の動乱期に現れ、乱世の英雄とも姦雄ともいわれた曹操孟徳と、その一族の物語。「曹操残夢」は曹操の死後の息子たちや、魏のその後の物語です。

    辻原登「翔べ麒麟」
    唐王朝を舞台にした壮大な人間ドラマ。阿倍仲麻呂をはじめとした様々な人間群像の物語。合戦あり、ラブストーリーあり、なかなかいい物語です。

    荒山徹「魔風海峡」
    半島を舞台に真田幸村率いる忍者たちと、朝鮮王子の率いるコリア忍者たちが様々な忍法を使って激突します。迫力満点です。また、これはコリア社会や歴史がよくわかる物語でもあります。

    風野真知雄「西郷盗撮」
    時は明治、西南戦争直前の鹿児島に写真師が向かいます。あの維新の英雄・西郷隆盛の写真を撮るために……。彼ははたして西郷の写真を撮ることが出来るのか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こういうのはいかがでしょうか。

    しおりをつける
    blank
    通りすがりの読書人。
    「マルタの碑」
    時は第一次大戦、日本海軍ははるばる地中海まで出陣する……でも単なる戦争の話だけじゃない。色んな国際交流の歴史が書かれていて、とても興味深い内容でした。あまり書くとネタバレになるから書けないけど、読んで損はないと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    群ようこ

    しおりをつける
    blank
    でぃちゃん
    爆笑エッセイストのイメージがとても強い作家ですが・・

    樋口一葉・森茉莉・林芙美子など、その時代・時代をたくましく生き抜いてきた女性たちを描いている作品も多くあります。

    「一葉の口紅・曙のリボン」
    樋口一葉と木村曙、2人の作家を主人公にした作品ですが、私の中では樋口一葉のイメージがガラリと変わってしまいました。

    波乱万丈の大スペクタクル!っていう内容ではないけれど
    登場する人物・雑貨小物・衣装・食べ物など細かな部分でそれぞれの時代背景などを楽しめる作品です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  31
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]