詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    海外留学への帯同、少し疲れました

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😀
    たろう
    ひと
    夫の海外医学留学に子供2人を連れて帯同しました。
    予定期間は1年です。

    私は特に英語が堪能というわけでもありませんし
    とにかく無給の留学となってしまった以上、お金もかかるし、ということで
    子供と共に日本にいたかったのですが
    賃貸マンション暮らしだったため、
    家族収入が途絶える以上貸してもらえないのと
    私が働いても義父母がアパートの保証人にはならない(つまり必ず帯同しろ)
    と言われましたので、帯同しました。
    (私の両親は既に他界しており、兄弟もいません)

    12月くらいには帰国できそうですが
    アパートの上階の騒音や
    夫の暴言 などもあり、少し疲れてきました。

    夫はかなり自分勝手なところがあり
    今回の留学も教授と喧嘩して飛び出してきたような感じですので
    帰国後は遠隔地への病院への勤務が確定しています。
    一人医長だそうです。

    私は何とか、遠隔地という理由で帰国後は別居ができそうで
    かなりほっとしています。

    何が言いたいかといいますと、、
    夫は元々社交的ではないのに(友達も飲みに行くような人は皆無)
    留学し、ストレスで毎日八つ当たりのようなことをされるのが辛いのです。
    夫は激昂しやすい性格で
    叩いたり、蹴ったり。。
    どうやら義父がしょっちゅう義母を叩いたり蹴ったりしていたそうで、
    結婚後やっと分かった事実ですが
    もう、これだけは性格も変えられないと思います。

    帰国すれば別居できるのが唯一の心の支えとなってしまっていて
    精神衛生上よくありません。

    ごめんなさい、愚痴ばかり、支離滅裂な文章ですね。。

    なにか前向きになれるような助言お願いいたします。

    トピ内ID:1479683128

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 15 びっくり
    • 5 涙ぽろり
    • 31 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    人生を諦めないで

    しおりをつける
    blank
    匿名
    私の知ってる人で似たようなケースがあります。
    激高しやすいモラハラご主人。
    ちなみにその家はご主人が弁護士です。

    主さんの場合は、海外とか関係なく(多少は関係あるかな)、重要なのはご主人との関係ですよね。
    それが海外に行ったことでうき彫りになったって感じじゃないですか?

    別居の可能性にほっとするって悲しい夫婦ですよ。主さんの望みは、一生別居で旦那のお給料だけほしいということでしょうか。
    もっと、自分の人生に夢を見ませんか?

    私の知人は、「社会的には立派な」ご主人に家の中で苦しめられ続けた結婚生活を送っていますが、もう60才だから、ボロボロになりながらも結婚生活を続けています。弁護士の妻であることだけが彼女のプライドです。
    もっといい人生を送ることができたのではないかと、見ていて悲しい気持ちになります。

    最後に、医者や弁護士という肩書につられて相手をよく見ないで結婚すると一生を棒に振ります。婚活中のお嬢さん方はお気をつけて~。

    トピ内ID:4976545110

    閉じる× 閉じる×

    なぜ結婚し続けているのかしら?

    しおりをつける
    blank
    なすび
    >賃貸マンション暮らしだったため、
    家族収入が途絶える以上貸してもらえない
    >私は何とか、遠隔地という理由で帰国後は別居ができそうで
    かなりほっとしています。

    帰国後、持ち家があるなどの何の支障もないのになぜ遠隔地だからって家族でついていかないのでしょうか?
    そもそも賃貸に住んでいるのに『遠隔地』ってどういう意味かしら?田舎ってことでしょうか?
    愛情も無い旦那さんに賃貸マンションの家賃、生活費はおんぶにだっこで、妻としてなにもしないのに嫌いな夫とは離婚もせず‥‥。
    愛情がないのは旦那様にも伝わりますよ~。
    ゆくゆくは赴任先の現地妻でしょうかね~(笑)
    特にご主人のようなストレスに弱そうな男性は確実でしょうね~。

    トピ内ID:6742228089

    閉じる× 閉じる×

    叩いたり、蹴ったり……って、貴女を?子供を?現在進行形で?

    しおりをつける
    😨
    ミサコ58歳
    その状態が、帰国する今年の12月迄、続く可能性が有るって事?今、まだ3月だよ?帰国迄、半年以上、有るよ?今更だけど、何で、日本に残らなかったのよ?!保証人なんて、義両親に頼まなくても、幾らか出せば保証人を頼める会社も有るのに。お子さんが幾つか知らないけど、御主人が無収入になるなら、日本に残って、貴女が働く道を選べば良かったのに。貴女には帰れる、実家も御両親も兄弟も居ないんでしょ?そして其処は外国。唯一の頼りは、御主人なのに、その御主人から、叩かれ蹴られって……私が若かった頃も散々だったけど、それより今の貴女の方が四面楚歌だよ……もし我が娘だったら、と思っただけで胸が締め付けられる。兎に角、日本に誰か信頼、出来る人は居ないの?絶対に義両親になんか相談しちゃダメだよ。暴力を肯定する人達なんだから。何とか帰国、出来る方向で考え、動いて見ようよ?諦めずに腹を括って頑張ろうよ!!ねっ?!

    トピ内ID:8490542492

    閉じる× 閉じる×

    カウンセリングを受けた方がいい

    しおりをつける
    🙂
    おっちゃん
    いわゆるDVですので、帰国後にでもご夫婦でカウンセリングを受けた方がいいと思います。

    トピ内ID:4979875496

    閉じる× 閉じる×

    こういう所に書かれるのはいかがなものかと。

    しおりをつける
    😒
    きょん
    人の命を預かり、留学もなさるご優秀なお医者様がそのようなお人柄。それも戻っては遠隔地に勤務(おそらく老人が多い地域でしょう。)。
    恐いです。
    モラハラ夫との関係の改善も離婚も考えていないのはやはり、お医者様の財力と地位にひかれているのだと思います。
    我慢するしかないのじゃないでしょうか。12月になれば奥様の地位で、別居。更に医療過疎地域のお医者様として頑張る夫を送り出し、留守を守るすばらしき妻の地位が待ってます。

    もう少し頑張ってください。

    トピ内ID:9806248935

    閉じる× 閉じる×

    医長夫人。

    しおりをつける
    blank
    くう
    医長夫人の肩書きは魅力的でしょうね。
    その生活レベルも。

    だけどトピ主さん。
    叩かれて蹴られて暴言を吐かれて、
    別居出来ることだけが心の支えの人生。
    それでいいんですか?

    暴力がある家庭では、
    お子さんも暴力を振るう、或いは振るわれて当然と思う大人へと育っていきます。
    それでいいんですか?

    海外に帯同しない事も許されないのに
    国内の遠隔地にはついていかないでいい・・・
    という期待も、ちょっと無理があるようにも思えますし。


    私なら、帰国までの期間、
    あらゆる機会を利用して死にもの狂いで英語を身に付けます。
    帰国後、自立するために。
    英会話教室を許可してくれる旦那様かは分かりませんが、
    今時はネットが出来るなら教材はいくらでもあり
    ドアを出れば実践の場があります。

    もっと
    「自分の力で生きられる」
    という可能性を信じてみませんか?

    トピ内ID:1877990585

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

      注目トピはありません。

      Twitter

      Follow
      みんなの投票結果

      編集部から

      編集部からのお知らせはありません

      Horoscope | 大手小町

      発言小町大賞0