詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    私だってそうよ、と必ず返す人

    お気に入り追加
    レス30
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ねこまんま
    仕事
    必ず「あら私だってそうよ」と返す人、周りにいませんか?
    たとえば「3日残業続きで疲れたよ」「あら、私だってそうよ」
    「休日出勤で休み無しだとまいるよね」「あら、私だってそうよ」
    「先週ワンコと海岸散歩してきた。よかったよ!」「私もしょっちゅう行くよ」毎回こんな感じですが、これ何なんでしょう?

    今の所「へー、やっぱし?」でかわしてるけど、そのうち予測通りに言われたら「ぶはは!」と吹いちゃいそうで心配です。
    純粋に興味あります。こういう返し方する人の心理って何なんだ!?
    どなたか教えて下さい。せまい社内で会話が続かなくなっちゃうし、他の人もそろそろウンザリしてます。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数30

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    それは多分・・・(笑)

    しおりをつける
    blank
    Hi
    「3日残業続きで疲れたよ」
    (・・・それって自慢話?ムカッ)

    「休日出勤で休み無しだとまいるよね」
    (・・・それって自慢話?ムカッ)

    「先週ワンコと海岸散歩してきた。よかったよ!」
    (・・・それって自慢話?ムカッ)

    ・・・ということだと思います。
    彼女がひがみっぽいのかも知れないし
    トピ主さんの言葉がちょっと自慢気に聞こえるのかも知れません。
    ここはひとつ大人になって、自分の話題じゃなくて相手のことを先に訊いてあげたらどうでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    からかっちゃえば?

    しおりをつける
    blank
    ゆ~
    「私、毎日朝ごはんはケーキなのよ」
    「この前渋谷でジュリー見ちゃった」
    「私はコネがあるから発売日の前日に漫画が買えるのよ」
    ってな具合に。
    それでも「私もそうよ」って言われたら
    「いいなぁ。言ってみただけで、まだ叶えてない子どもの頃の夢のひとつなんだ」とか「スネ夫の真似でした~」とかつなげるという。
    う~ん、これだとトピ主さんに超ビッグサイズの勇気が必要になるかもしれませんね・・・。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    あなたが目くじらを立てる心理

    しおりをつける
    blank
    ポチ
    本当に「私だってそうよ」なら、何もめくじらを立てる必要は無いと思うのですが。
    貴女の自慢話のようなことに対して彼女が嘘までついて張り合おうとするなら別ですが、少なくともここに書いてある例のような話であれば、実際に「私もそう」だからそのように言っているだけではと思うのですが。

    「3日残業続きで疲れたよ」貴女が忙しい時は彼女も忙しいのでは?彼女も残業が続ければ疲れるでしょう、他人が残業で疲れることは許せませんか?

    「休日出勤で休み無しだとまいるよね」他人は休日出勤でも元気はつらつでないとダメなの?

    「先週ワンコと海岸散歩してきた。よかったよ!」「私もしょっちゅう行くよ」
    普通、ここから「ワンコ海岸散歩」の話で盛り上がるのではと思います。彼女が「私もそう」と言ったことに対してカリカリする貴女の心理が不思議。
    相手に共感されたら腹が立つの?自分と同じ感覚や経験を他人が持つことが許せませんか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    対抗意識じゃないんですか。

    しおりをつける
    blank
    あなたや、一般の人に対抗意識が強いのでしょうきっと。そして、常に人に認めてもらいたくてしょうがない・・。

    裏を返せば自信が全くないのでしょう。それでいて、焦って結果ばかりを追い求めてしまう。

    意識してか、そうでないかは別として必ずそういう心理が根底にある様に思えます。

    あとは日常的に不幸、家庭不和、こういう人は必ずと言って良いほどその本人に原因があります。

    素直では無い。反省がない。わがまま。論理性が欠如している。どれほど、取り繕っていても女性に非常に多いです。男でももっとすごいのもいるけどね。

    うっとおしいので、半分にすることです。全てを。きっと皆そうやって上手くその人とは付き合っているんです。

    何時までたっても気がつかない事が多いのでかかずらわってないでその人用の「自分」を用意して適当にあしらいましょう。

    因果応報ということなので、それで良いのです。それはその方の罪ですから・・。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    もしかして!!

    しおりをつける
    blank
    ちょも
    さっき、別トビで、「駄目だしする人の心理」について読んでおりました。
    そこでは、「ショートケーキすきなの」「私駄目」というような会話のように駄目だしする人の心理を分析されてました。

    おそらく、「私もよ」という方はこのトビを呼んだのではないでしょうか?
    「駄目だしはいけないんだ。よし、相手の意見に同調しよう!!これで相手は不快にならないだろう!」というのがこの方の心理ではないでしょうか。

    冗談はさておき、おそらくあなたのお相手は、あなたと仲良くなりたいために、接点を探っているか、あるいはライバル心をもっていらっしゃるかどっちかだと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    その程度

    しおりをつける
    blank
    ワンバンコ
    「その程度いつものことよ」
    ってことを言いたいんじゃないでしょうか?
    残業・休日出勤とかなら
    「その程度普通でしょ、いちいちがたがた言ってんじゃない」みたいな。
    トピ主さんにはいい印象は持ってらっしゃらないんじゃないかしら。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そういう人は・・・

    しおりをつける
    blank
    そら☆
    コミュニケーションをとるのが難しい、
    寂しい人に思えちゃいますね。

    人に負けたくない!と言うのも、ある
    のでしょう。あと、認められたい。
    『私だって、私だって!!』

    気持ちをそのまま言っちゃうと、
    疲れちゃうのではないでしょうか?

    あっさり、軽く、『私だって・・・』と
    言いようがない当たり障りのない会話を
    されてみてはいかがでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「私だって」を使う時

    しおりをつける
    blank
    めー
    やたらと愚痴っぽくて何かと言うと自分だけが辛い!自分だけが大変!自分だけ自分だけ!!
    と言うウザイ人の相手をしなくてはいけない時に「私だって」を使って撃退します。
    「私はあんたのつまらない愚痴なんか聞きたくないんだよ」と言う意識の元で使います。

    何故かと言うと自分は世界で一番大変なのよ系の人は、自分が特別だと思っているので
    「あんたはこれっぽっちも特別じゃないんだよ」と認識させる為に「私だって」を使うのです。

    ただ普通に面白おかしく友人と話す時は使った事はないのでワンコのお散歩云々は謎ですが
    トピ主さんもその方が「私もしょっちゅう行くよ」と返して来たんだったら
    「海岸で散歩っていいよねー」とそこから話題を広げればいいんじゃないですか?
    自分が振った話題を横取りされる気がして悔しいのかしら?

    何にせよ愚痴は聞いていて楽しいものでは有りませんから他の話題を振りましょうよ。
    振った話題をどれだけ楽しく広げられるかが会話の楽しみ方でしょ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    心理は、ズバリ、、、

    しおりをつける
    blank
    ほっとゆず
    「つまんないことで、愚痴るな!」


    対策は、「わかりきったことを言わない」でしょうね。
    相手の方こそ、「またか、、、(ため息)」って感じでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    相手の立場になれば

    しおりをつける
    blank
    ミドリ
    彼女もトピ主さんと同じ思いをしてるから、「私だってそうよ」と言うんですよ。
    どうも、文面からトピ主さん自身のお話(愚痴や自慢)ばかりのように思いますが、それを聞かされる人はたまりませんよ。
    話す本人は気持ちいいのですが、聞き手にすれば「それが、どうした?」ということ多いです。

    「・・・でイヤになる」という愚痴、「ワンコを海岸に散歩させる」というどうでもいい話、聞き手は大変ですよ。
    「へ~そうなの?へ~」と聞いてくれるなら納得ですか?職場は私語で盛り上がるところではなく仕事をするところですから、聞き手の立場に立ってみてください。
    こういった彼女への不満はなくなるはずです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    =そうだね。かも?

    しおりをつける
    blank
    かおる
    単に「そうだね~、私も!」と相槌を打ってるつもりなのでは?
    確かに張り合っているように聞こえますが、いつも言うのなら、本人は特に意識しているわけではなくて口癖になってしまってるだけという気がします。

    トピ主さんは嫌がっているわけではないようですが、もし嫌になってきたら、彼女からの話題に「あら、私だってそうよ」と返してみては。
    繰り返せば、「これって言われるとやな感じ。言わないように気をつけよう」となるかもしれませんね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    恐らく・・・

    しおりをつける
    blank
    いぬめし
    「そんなこと、わざわざ、他人に言うような事か?」と思ってるような事を言われたから、「だったら、私もそうよ。そのくらいの事当たり前だと思ってるから言わなかったけど、あなたもそうなら、私もそうよ。」って気持ち。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    対抗心かな?

    しおりをつける
    blank
    雪雪
    「ガキの使いやあらへんで」、「板尾の嫁」の「モチロンソウヨ」を
    思い出して笑ってしまいました。(ご存じなかったらすみません)

    たぶん、その方は他人に対して無意識にでも対抗心が
    あるんじゃないですかね?なんでも自慢話に聞こえちゃうって
    言うか。素直に「ウン」と言ったら負けだと思ってるタイプ。

    吹いちゃったら吹いちゃったでいいんじゃないですか(笑)。
    「(笑)あ、ごめんごめん」で何事もなかったように
    話を続ければ?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    上手(うわて)が。

    しおりをつける
    blank
    ふみはは
    前の職場にいました。
    母親のような年の先輩だったので、こちらも甘える気持ちがあり、
    「昨日~で大変だったんですよぉ」というと
    「こちらはもっと大変だったのよ!~だったんだから!」と返ってきました。びっくりしました。

    いつもそういう反応なので、もうこちらからは何も言う気にならなくなりました。

    トピ主さんの《私だってそうよ》の人も、今にパワーアップして《私はもっと~よ》の人になるかもしれません。そういう人に気持ちを打ち明けるのはやめましょう。
    「共感」という言葉を知らない人が世の中にはいるんですよね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    考えてみました

    しおりをつける
    blank
    すいっち
    「私だってそうよ」と返す人の気持ちって、要するに

    ”あなたは特別じゃない”って言いたいのかも。

    あなただけが忙しいんじゃないのよ。
    あなただけが疲れているわけじゃないの。
    あなただけがリフレッシュしているわけじゃないのよ。

    あなただけじゃなく私も経験している、ごく普通のことなのよ。

    という感じでしょうか。

    対抗意識とは少し違う感じですね。
    トピ主さんの話し方がちょっと自慢げなのか、お友達がクールを装って実はひがみっぽいのか。それとも、どちらも少しずつあるのか。

    枕詞に「皆そうだと思うんだけど、」をつけてみたら、彼女の返答も「そうそう、私もよ」みたいに変わるような気がします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    あなたにイラついているのかも

    しおりをつける
    blank
    おんどり
    実は私も同じように返事をする事があります。

    同僚のオンナノコが、自分の仕事がいかに大変で疲れるかグチグチ繰り返し言うような時は「私だって大変だし疲れてるよ」というように私だってそうだよと言います。

    トピ主さんの場合はグチグチ言っている訳ではないようですが、もしかすると他愛の無い話ばかりでくだらないというようには思われているのかもしれません。(その場にいないのでわかりませんが)

    もし「私だってそうよ」という返事をされたくなかったら、たとえば『3日残業続きだから疲れるよね』という調子に「私も疲れたけどあなたも疲れたでしょう?」とか「こんなに残業続きだと本当に疲れちゃいますよね」とか同意を求めるように話してみると良いですよ。

    きっと「そうよね」っていうような返事に変わると思います。
    でも「私もよ」っていう返事、あまり気にしなくてもいいと思いますけどね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    単なる負けず嫌い。

    しおりをつける
    blank
    へー。
    な人なんだと思います。

    もっと酷い人だと、自分以外の人のことまで使って応戦してきたりしませんか(笑)
    例えば「芸能人を見かけた」なんていうと、「私の知り合いなんて○○に会ったことあるんだよー!」みたいな。

    そういう人は自覚なく口癖のように話をしてくるので、
    一緒に会話してても楽しくないですよね。

    確実に「あら私だってそうよ」が毎回その口調なら、
    相手が言うまでに「あら私だってそうよ。」って言えばよいのでは?で「それ、○ちゃんの口癖だよね~」と笑顔で言ってやりましょう。

    もしかしたら、直すかもしれませんよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ポチさんに同意

    しおりをつける
    blank
    にしかぜ
    私がそういわれたら
    逆に話しが盛り上がると思います。
    だって共通点があるんだし共感しあえるじゃないですか!

    例えば・・・
    「3日残業続きで疲れたよ」
    「私だってそうよ」
    「やっぱり?!最近特に忙しくない?たまには息抜きに美味しいものでも食べに行きたいよねえ・・行っちゃおうか?!」

    とか。
    共感しあえない人との会話の方が続かないときってないですか?
    「3日残業続きで疲れたよ」
    「えーっ、ほんと?私はいっつも定時で上がってるよ!
    習い事とかデパートでの買い物だってゆっくりできていいわよお~!」
    「・・・・・・(羨)。」

    とか。

    受け取るほうにも気持ちの余裕がほしいですよね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    もしかして私のことかしらん?

    しおりをつける
    blank
    私?
    最近結構「私だってそうよ」と言ってますね。
    誰にでもじゃなくて、特定の相手に、なんですけどね。

    その特定の相手は、
    「私ってスゴイでしょ? 特別でしょ? ね、誉めて誉めて~!」
    って感じの話ばっかりするんだもの。
    今まで人間関係で殆ど悩んだことがない私が、この人にだけは参ってます。
    仲間との飲み会でちょっと本音を暴露したら、私と同じように感じている人が大多数だと判明して、心が軽くなりました。

    こういう人の鼻をへし折るには
    「あなたは別に特別じゃない、平凡でありきたりだよ。私だってそうだもん」
    と言うのが最も効果的なので・・・
    トピ主さんがその人じゃないことを祈るばかりです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    職場にいます!

    しおりをつける
    blank
    うーむ・・・
    自分が何時間残業をして、
    いかに大変だったかをアピールするコが・・・。
    いや、大変なのはお互い様でしょ!
    ・・・と言いたいけれど、言ったところで
    わかってくれるハズもない。

    だから「自分が!自分が!」という人には、
    めんどくさいので「私も」と言ってます。
    そのあとダラダラと大変アピールを
    聞くのが苦痛だから、こう言えば
    「この人は私の話を聞いてくれないからつまんない!」
    と、思われて段々とそういう類の話を
    してこなくなるので撃退法として使ってます。

    でもトピ主さんの話のように、
    犬の散歩の話でさえ「私も」というのは
    何なんでしょうね?
    いつも話題の中心になりたい人なのかも?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    たぶん

    しおりをつける
    blank
    じん
    相手が相づちをうってくれると、そのままトピ主さんの話題が続きそうですが、「私だってそうよ」といわれると、会話の内容は同じでも相手の話題にスイッチしなければいけなくて話の腰を折られた感じがしますね。

    「どこどこへ行ったよ」
    「へえー、どうだった?」
    「楽しかった。それでね、ああでこうで」

    と一通り会話のキャッチボールした後で

    「私もそういえばそこへ行ったんだわ」

    というのならいいのですが、いきなり

    「どこどこへ行ったよ」
    「私だってそうよ」

    と言われるとこちらが「そうなの?どう思った?楽しかった?」と聞いて初めて話が続きます。

    その方は自分中心に話をもっていくことが癖になってしまっていると思います。そして『あなた』が何をしたかは興味がないけれど、『自分』が何かをした会話をすることには興味があり、あなたに会話を膨らませてくれるのを無意識に期待しているんだと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    事実だから言ってるだけでは?

    しおりをつける
    blank
    たこ
    事実なら、そう答えるしかないんじゃ…?
    ウソついてるわけじゃないんでしょ?

    私もワンコの散歩は、話が盛り上がるいいきっかけだと思いますが。
    近所の海なら、二人とも散歩してて当然って気がするし、そうでなくて車で行くという話なら、まさか行った場所まで一緒じゃないでしょうし、いい情報交換ができるんじゃないんですかね。

    お互い休日出勤してるなら、「ほんと、まいるよね~」とお互いを慰め合えばいいんじゃないですか?

    トピ主さんのほうがカリカリしてるみたいに思えます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    すみません、私もやってます。

    しおりをつける
    blank
    きりん
    すみません、私もやってます。

    同僚が、どうでも良い自分の話ばかりしつこく聞かせるので。
    話の腰を折ろうとやってます。

    でも、ますます必死になって、効果ありません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    対抗意識?

    しおりをつける
    blank
    猫八師匠
    互いに対抗意識があるからそういう会話になるのでは?

    そしてトピ主さんは「私は人とは違う」という気持ちで
    いつも話をしているのではないですか?

    友達は鼻についているのだと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    家の場合

    しおりをつける
    blank
    ちり
    義理母がそうです。
    まったく私の話もとってしまい、「うちの娘だって(旦那の姉)」とか「わたしだって」となり、私以上に凄かったのよくらいのことを言われ私には「そのくらいでなよなよしすぎよ」と言われます。
    これには参りますね。同感っていうよりも負けず嫌いが先に出るのですね。
    逆になれば、私はなるべく話を膨らめて揚げたり驚いた様子で自分にそれ以上のことがあってもなくても共感してあげるのですが。。。これも思いやりかなって思ってます。相手がこの話で何を言いたいのかまで察するのは難しいですがその気持ちが大事に思います。話の中心を自分にすべて持ってきてしまう人間ほど話がつまらない人はいないですよね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    便乗させてください。

    しおりをつける
    blank
    あずき
    私はトビ主さんの気持ちが分かります。

    会社の先輩で、そのように言う人がいます。
    先輩がヒマな部署のため仕事量が明らかに違います。

    これについても、常づね不本意には思っていますが、爆発して、少し愚痴ってしまうことがあります。

    「最近残業が続いてて、ホント辛くて。。。」というと、残業なんて全然していないはずなのに「みんな一緒よ。」
    こちらのフロアに会議が多いため。
    「今日来客が多くて、大変でした。。。」というと、そちらのフロアには一人も来客がなかったはずなのに、「こっちも大変よ。」
    と。。。

    逆にストレスが溜まる事に気づいたので、もう言いませんが、かなり年上なのに、あの反応は、疲れてる自分には、キツカッタです...。

    すいません。自分の話になってしまって。。。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    では、どうしたらいいの?

    しおりをつける
    blank
    合わせ鏡
    別トピにあった「ダメ出し」はだめ。
    こちらでは同調してもだめ。

    なにが望みなんでしょうか?

    トピ主のご機嫌に沿うために他の人々が存在するわけじゃないのに。

    トピ主さんが相手に同調不可能な話題をふってみればいかがですか?
    「昨日、隕石落ちてきたよ」
    これなら
    「あら、私もよ」
    とは返しませんよ。
    面白い会話を勤めれば相手も気持ちのよい返答があるかもね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    全部自分の話にもっていく

    しおりをつける
    blank
    こたつ
    「先週○○に行ったの」
    「私もこの間行ったわ。あそこの・・・」

    「先週コート買ったの」
    「私もこの間買ったわ。流行の・・・」

    「先週、息子がバイトでドジして」
    「そうそう、うちの子も職場で・・・」

    「先週○○の検査があって」
    「私もやったことあるわ。あれって・・・」

    「昨日から風邪気味で」
    「私もよ。咳が出て・・・」

    こんな感じで、私にはしゃべらせない義姉です。
    でも、いろいろあって寂しい人なので、最初はむかついたけれど、今は黙って聞いてあげます。

    良い妹だわー

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    なるほど・・・

    しおりをつける
    blank
    転勤族
    <話の腰を折る為>と言うのはとても納得します。

    知人に何度か<私も!>と間髪を入れられたことがありました。明らかに別の話題を望んでいるとすぐわかりましたが、避けられない友人でしたので自分が引越しするまで我慢しました。妬み深い人で気を使ってはいたのですが・・。

    皆様のレスをみて<もういい加減にして、その話題!>という代わりに<私も!>が使えるということを発見しました。

    今度姑に使おうっと。(爆)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そうですか、、、

    しおりをつける
    blank
    パオン
    共感しているのだけど、その言葉を省いて「私だってそう」を言っているのか、「あなただけじゃない、みんな大変」なのか。

    どんな返事が来てもどんとこいの時だけ、話せるといいですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]