詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    私が母親になるということ

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主4
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    きなこ猫
    子供
    初めまして。24歳のきなこ猫と申します。

    四年前、母を自殺で亡くしました。一年半鬱病と闘い、ある日朝起きたらすでに家にはいませんでした。
    私は母にとって、とてもではありませんがいい娘とは言えなかったと思います。中学校の時には不登校気味で母を困らせ、高校は片道二時間の所に通いましたが、休み癖が抜けずに度々学校に車で送ってもらってました。それが当たり前でした。
    母は大好きでしたが、感謝の気持ちや愛情表現はほとんどしたことがなく、記憶にもありません。
    それでも平凡で幸せな家庭だったんだと思います。

    ある日母が行方不明になりました。自殺を目的に県外にまで行っていました。
    突然どうして、と思いましたが、よく考えれば予兆のようなものはいくつもありました。朝ごはんを作らなくなり、家事も疎かになっていました。母が心を病んでいるのに気づかず、母を責め立てていました。
    結局母は見つかりましたが行方不明をきっかけに鬱病を発症し、どんどん悪化していきました。
    笑わなくなりました。口をぽかんと開けて、動きは鈍くなって、日中はソファで寝て、起きているときはひたすらリビングを歩き回っていました。

    私はそんな母が嫌で嫌でたまらなかった。明るかった母は面影もなくなり、家中は荒れて、私はとにかく現実から逃げたくなりました。
    料理をしなくなった母に罵声を浴びせたこともあります。母は困ったような、悲しそうな顔で「味がわからないの」と言っていました。そんなわけないじゃん、と私は思っていました。
    そんな私を姉はキツく叱りつけ、私に欝の書籍を読ませ、ようやく自分の愚かさに気づきました。その時には母が闘病を初めて一年経っていました。

    私は母に対しての言動を改めるようになりうつ病の勉強もしました。
    母は回復の兆しを見せていました。笑うようにもなりました。


    追記に続きます。

    トピ内ID:5217716439

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 5 びっくり
    • 5 涙ぽろり
    • 34 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    追記です

    しおりをつける
    blank
    きなこ猫
    母が笑うのを一年ぶりに見て、本当に嬉しかったのを今でも覚えています。母は歌が大好きでした。一度だけ、鼻歌を歌っているのを聴きました。嬉しいのと安心したのと、とにかく母はもう大丈夫なんだと思いました。
    母は少しずつ、少しずつ回復していきました。リビングを歩き回ることはなくなりました。料理も2品ほどなら作れるようになりました。

    ですが、とある事がきっかけでまた悪化しました。
    悪化してからは早かったです。豪雨と風の吹き荒れる嵐の夜でした。母は家をパジャマのまま靴も履かずに抜け出し、翌朝発見されました。
    恐らく衝動的なものだったのでしょう、遺書はありませんでした。
    苦しかったでしょう、辛かったでしょう。でも、私は母が死ぬなんて思っていなかった。人がこんなにあっさり逝ってしまうなんて考えたこともなかった。
    心を病み、死にたい死にたいと言っている母を見ていても、それが現実になるとは思っていなかったのです。

    「ありがとう」も「ごめん」も「好き」も「愛してる」も言えなかった。

    トピ内ID:5217716439

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    追記です2

    しおりをつける
    blank
    きなこ猫
    母が亡くなってすぐに兄も自殺未遂をし、うつ病になり、ひきこもりました。母の悲劇を繰り返すまいと、私は兄に尽くしました。何度も自殺未遂をされたり、死にたいと言われても、いつも明るく振舞おうと努めていました。でも心のどこかで私も疲れていました。

    兄が社会復帰をしたのと同時に県外に引っ越しました。
    引っ越した先で愛する人を見つけて結婚し、その人の子供を授かりました。本当に嬉しいです。でもそれ以上に不安があります。

    私は母によく似ていると思います。気持ちが非常に不安定で弱いです。母が亡くなってからはそれが顕著になっているように思います。
    母が亡くなって四年。毎年母の誕生日と命日近くになると母の夢を見ます。母のことを思わない日はありません。母に逢いたくて仕方がない。
    私はきっと母と同じ末路を追うのではないかな、とすら思うのです。

    こんな私が真の意味で母親になれるのでしょうか。
    母を救う事ができなかった私が母になれるでしょうか。

    先日命日を迎えたばかりで乱文になっております、申し訳ございません。
    誰かに吐き出したくて、この場をお借りしました。

    トピ内ID:5217716439

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    お気持ちはわかります

    しおりをつける
    みよ
    私は15歳で母を自死で亡くしました。今、40歳です。
    トピ主さんと同じ想いを抱えて生きてきたのでお気持ちはよくわかります。
    まず、お母さんが自死したことによる苦しみ辛さを少しでも癒すことが大切です。
    泣きたいときは泣くこと、同じ体験をした人と共感すること、気持ちを紙に書くなど表現すること。自分が楽になることなら何てもして下さい。
    自死する人は100%その人の責任です。トピ主さんが責任を感じることなんて一切ないの。それはお母さんの人生、お母さんの責任。その瞬間、どうしても他の選択肢が思いつかなくなってしまう、誰のどんな声も届かなくなってしまうんです。嫌な言葉かもしれませんが「仕方がなかった」それしかないのです。罪悪感を感じる必要はないのです。
    そして次に子供を産み育てること、家庭を築くことに関して、ポジティブなイメージを持つことが大事です。
    生きる資格はない、お母さんと同じことになるのではないか、そんな想いでトピ主さん自身や人生を傷つけ責め続けるのは辞めてください。少しでも家庭、育児に関して楽しいイメージを持てたら、心に集めて蓄積していってください。応援しています。

    トピ内ID:6094996112

    閉じる× 閉じる×

    あなたは強くて優しい人だと思いますけど…?

    しおりをつける
    blank
    nanairo
    そんな辛い事があれば誰だって不安定になりますよ。あなたが特別弱い訳ではないと思います。
    それでもご自分を保ち、兄に尽くし社会復帰まで見守り、むしろ強いとすら私は思います。

    鬱は「人を死にたくさせる」怖い病気です。
    お母さんは病気のせいで死に至ったのです。病死です。
    毎日、誰かが様々な病気のせいで亡くなっています。
    仕方がなかったのです。全部病気のせいなのです。誰のせいでもないのです。
    もちろん、お母さんのせいでもありませんし、お母さんが弱かったせいでもありません。

    ご存じの通り、弱くても強くても、誰でも鬱になる可能性はあります。
    もし、万が一、ひょっとして、あなたが鬱になったとしても、もうどうすればいいか分かっていますよね。
    病院を受診し、薬を飲み、のんびりする。
    子育てが大変だったら、ご主人やご近所や行政に助けてもらう。問題ないです。

    あなたの様な強くて優しい人こそ、子供を育てるに相応しい人だと思います。
    絶対に素敵なお母さんになりますよ。
    おめでとう。

    トピ内ID:6296578408

    閉じる× 閉じる×

    あなたはきっと素敵なお母さんになれますよ。

    しおりをつける
    🐴
    はてさて
    いままでいろいろおつらかったでしょうね。
    お兄様のサポートも、なかなかできることではないですよ。
    本当にお疲れ様でした。

    今は、愛する人を見つけて、その人の子どもを授かった。
    ほんとうに素敵なことです。
    おめでとうございます。

    お母様は、病気で亡くなったんです。あなたのせいではない。
    鬱は、誰でもなる病気です。
    あなたも、私もね。

    誰にでもある可能性を気に病むよりも、旦那様やお子さんとの生活を大事にしてください。

    最後に、ご懐妊、ほんとうにおめでとうございます。
    素敵な人生を。

    トピ内ID:2774342707

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。

    しおりをつける
    blank
    きなこ猫
    みよ様、nanairo様、はてさて様、ありがとうございます。
    読みながら涙が出ました。きっと私は誰かに聞いて欲しかったのです。

    知り合いも親戚もいないこの土地に、ふらりと引っ越してきたのは二年程前です。
    幸い友人や知人にも多く恵まれ、老若男女を問わずに皆が仲良くしてくれました。
    ですが私の心はどこか冷め切っていて、極端な話「いつ死んでもいい」と本気で思っていたのです。
    自分が年をとって結婚をして家庭を持って老後を迎える…そんな姿が全く想像できませんでした。
    想像できないというか、ないだろうな、と思っていました。

    傷つけば傷つくほど、死に近づける気がして嬉しかったのです。
    苦しい局面に遭うたびに、これじゃ足りない、といつも思っていました。
    そんな私を変えてくれたのが今の主人です。
    彼は、「私を救いたい」と言ってくれました。
    母が亡くなって初めて、自分の未来をこの目で見てみたいと思ったのです。

    あの時のどん底にいた私が嘘のように今は幸せです。
    でも幸せであればあるほど、母の命日を迎えると反動がとても大きかったのだと思います。

    トピ内ID:5217716439

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    トピ主です2

    しおりをつける
    blank
    きなこ猫
    母が亡くなったのは病気のせい、防ぎようのない事だった…そう言い聞かせてはいるものの、現実は後悔で胸が苦しい。
    母が亡くなってすぐに、父方の叔母に「なんで入院させなかったの!」と強く責め立てられ、その時に「防ぎようがあったのではないか、その選択肢があったのではないか」とかなりの衝撃を受けました。

    とてもいい母でした。よく笑って、料理も上手で、度が過ぎるほど人が良いというか…繊細で優しく、誰かを疑うことも、悪口も、愚痴も言わない人でした。
    その繊細さと優しさが、恐らく自分を傷つけていたのだと今ならよくわかります。

    母が亡くなって、父とよく話すようになりました。それまでは挨拶すらまともにしていませんでしたが、葬儀が終わって改めて父を見たとき、白髪まみれになっていました。
    精神的に追い詰められた私が体調を崩して、一度入院を余儀なくされた時も、「お前は私の生きがいだから」と言ってくれました。

    正直、自分に対する価値も自信も見いだせません。全く。
    でも、父や家族、夫や子供の為に心から尽くしたいと思います。

    どうか、皆様の心が安らかでありますように。

    トピ内ID:5217716439

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

      注目トピはありません。

      Twitter

      Follow
      みんなの投票結果

      編集部から

      編集部からのお知らせはありません

      Horoscope | 大手小町

      発言小町大賞0