詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    嫌われる人生どうしたら?(双極性障害)

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐷
    チョーク
    ヘルス
    40代後半の主婦です。
    同世代の夫と中学生の一人息子がいます。

    昔から人間関係に失敗し続け、私を嫌いと言う人が多いです。
    不眠もあるため、心療内科を受診すると「双極性障害(躁鬱病)」と
    言われました。
    ショックで泣きましたが、今までの自分の行動を振り返って納得できました。

    うつ状態の時はおとなしく出来るのですが、問題は躁状態の時です。
    なぜか自分には無限の可能性があると思う事で、行動が過剰になり、また
    攻撃的になり、気づけば周りに敵がいっぱいという感じです。
    息子の交友関係にも影響するために、なんとか治療して症状を抑えていきたい。

    ずっと嫌われているのはつらいので、なんとか汚名返上、イメージ回復をして
    いきたいと思うのですが、私と同じく精神疾患を患っている方はどのように
    毎日生きていってらっしゃるのでしょうか?

    一人息子がいるので絶対死にはしませんし、少ないながら理解してくれる友人が
    いるのが救いです。

    躁と鬱の振れ幅があり、本当にしんどく生きづらいです。
    どういう心持ちで生きていけば良いでしょう。
    何かアドバイス頂ければ幸いです。

    トピ内ID:9941419071

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 5 面白い
    • 6 びっくり
    • 9 涙ぽろり
    • 73 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    わたしも当事者です

    しおりをつける
    blank
    にゃんこ先生
    悩んで探して対人関係療法のクリニックに行き、そちらの紹介で認知行動療法を受けています。
    あとボディワーク系のセラピーをいろいろ受けたりして自律神経を安定させるようにしています。
    いずれも効果を感じております。

    トピ内ID:2299279792

    ...本文を表示

    お薬でコントロールする

    しおりをつける
    blank
    あい
    病気だと分かったのなら、やることはただひとつ。
    お薬による精神状態のコントロールを身につけることです。

    同じ病気でも効くお薬のある病気でよかったですよ。
    世の中にはお薬どころが治療法さえ分からない病気で
    一生苦しみながら生きるしかない人もいます。

    あなたはお薬をきちんと使うことができれば
    普通の生活・普通の人生がおくれるのです。
    無駄に悲観せずに前向きに生きてください。

    トピ内ID:1016510070

    ...本文を表示

    参考資料

    しおりをつける
    🐶
    Cherry
    病気との付き合い方は主治医と相談した方が良いですよ。
    信頼できる資料をお手元に置いておくことをお勧めします。

    『双極性障害(躁うつ病)とつきあうために』
    http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/pdf/bd_kaisetsu.pdf

    トピ内ID:4182982104

    ...本文を表示

    自重しましょう!

    しおりをつける
    😢
    よし
    躁状態は人間関係を悪化させます。
    ご自身で何度も考え、自重しましょう!
    私も失敗ばっかりしたので、自重しています。

    薬を飲んでも自重しないとだめです

    トピ内ID:6653950423

    ...本文を表示

    注意すればうまく付き合える病気です。

    しおりをつける
    blank
    双極性障害10年生
    診断が出たばかりなのでしょうか。
    お気持ちお察しいたします。

    まず、これまでのこと、
    病気の症状が原因だったのですから、
    ご自分を責めないように。

    そして、双極性障害に自分の人生を翻弄されないように、
    うまく付き合ってゆく術を身につけることです。

    主治医からも色々助言されていると思いますが、
    一度詳しく書かれた本を読むことをお勧めします。
    特に生活の仕方等、コントロールに重点を置いた本が良いです。

    一番大切なことは躁と鬱の振り幅を限りなく少なくすること。
    そのためには、躁にならないようにすることが要だと、
    経験上痛切に思います。
    躁になれば、必ず鬱になるからです。

    躁にならないためには、的確な服薬と共に、
    生活管理が非常に重要です。
    双極性障害を安定させるには、やや鬱気味を保つこと、
    と、良く言われます。
    スケジュール管理が重要です。
    人との接触や刺激が続かないよう、引きこもり気味にし、
    日常生活上の諸々も、持てる力の6割を心がけ、
    何より、睡眠のリズムを守ること。
    早朝覚醒等、躁の気配が出てきたら要注意。

    自分の傾向に常に注意を払い、
    慎重に生活管理すれば、大丈夫!

    トピ内ID:0022624663

    ...本文を表示

    無限の可能性

    しおりをつける
    🐧
    オッス
    躁の時、自分には無限の可能性があると思うのは、
    一体どんなことなのでしょうか?

    確かに、人には、無限の可能性があります。
    しかしながら、可能性を現実にするには、
    きちんと目標を立てて、地道に一つずつ努力しなければならず、
    また、上手くいかなくなりそうな時には、
    誰かに助けを求めなくてはなりません。

    そのプロセスと、求める人がいて、
    はじめて、その可能性の道を歩いていくことができるのではないかと
    思います。
    また、その努力ができる喜びや、
    助けてくれる人への感謝の気持ち、
    そして、辛い時でも、自分を信じる気持ちが、
    芽生えてくるのだと思います。

    みんなに好かれるのは、無理です。
    ご家族と理解あるご友人を大切にすればいい。

    辛口に書いちゃったけれど、応援しています。

    トピ内ID:8055632050

    ...本文を表示

    日記をつける

    しおりをつける
    かなた
    私を双極性と診断した主治医から、日記をつけるようにアドバイスされました。それからもう5年つけています。うつや疲労がひどい日は何も書いていないですが。つけていると、自分をより丁寧に知ることができて、躁と鬱の波を読める様になってきます。

    躁になるかもと思ったら、その高まったエネルギーを何か趣味などに打ち込んでみてください。ある芸術家は躁の時に良い作品を残すそうです(鬱の時はスランプと呼ばれますが、その時期があるからこそ、人の心に届く作品になります)。例えば、怒りの解放にはドラム叩くといいです。

    外出するときは、「仮面」をつけます。学校・病院・銀行など固い場所へ行くときには地味な服装にして、目立たないようにしておきます。
    人と接する時に使う言葉を、あらかじめ設定しておきます。メールの定型文のように、この場面ではこういう風に、と笑顔とともにシミュレーションしておきます。私は「ネガポ辞典」や「大人のものの言い方」系の本を参考にしました。そうすると、感情のまま爆発することはほとんどなくなります。

    対外的な用事をする際は、ご自分で、女優のように、仮面のオンとオフを切り替えてみてください。

    トピ内ID:5589984891

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0