詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    子猫を捨てた事。

    お気に入り追加
    レス67
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    水玉
    ひと
    小学校の低学年頃、家に6匹の子猫が生まれました。
    親に貰い手が見つからなかったら捨てると言われました。

    母猫は私が拾って来て、無理に飼って貰ったので、その責任を取らせる意味だったのでしょう。
    貰い手を一生懸命探しましたがダメでした。

    母に河原に車で連れて行かれ、子猫を地面に置きました。みーみー鳴いて、離れられなかった。
    「早くしないとあんたも捨てて行くわよ」と言われ、泣く泣く帰りました。

    次の日学校に行くと河原が通学路の子達が「朝、河原で子猫がいっぱい死んでた」と。
    私の捨てた子猫です。その事は誰にも言えませんでした。

    この事がトラウマになっているようで、20年経った今もよく思い出します。
    あの頃はどうする事もできなかったし、今でもどうする事もできません。
    こういう心の傷はどうすれば治せるのでしょう。
    カウンセリング等ではなく、自力で治す方法はありませんでしょうか?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 2 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数67

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    傷は残して

    しおりをつける
    blank
    パピコ
    私もそういうの、あります。
    小学校のときに、遊んでいたら肩に止まってきた雀を、(信じられないのですが、何度茂みに放してもまた飛んできて肩に止まるのです)拾ってきたことがありました。
    友達と一緒だったので、部屋に放して遊んでいたとき、床に手をついた友達の手が雀を…
    私は一瞬前に認識していたのに、なぜか「よけるだろう」などと思って警告をしなかったのです。どうしてあのとき、一言「気をつけて!」と言えなかったのか。私が殺したようなものだ…今でも、思い出すと辛いです。

    もっと最近でもありましたが、辛すぎて書けません…

    そういった、愛すべき生き物たちが命を失った経験は、今飼っているペットに生きています。神経質すぎているかもしれませんが、「絶対に同じ間違いは繰り返すまい」って。
    もちろんそんなことで、罪悪感が消えているわけではないのですが、消す必要はないというか、消すべきではないと私は思います。
    辛い思いをされたでしょうが、その傷はそのままにしておくべきだと思います。二度と同じことをしないように。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    だいじょうぶ

    しおりをつける
    blank
    あら
    あなたは自分に対する無力さに対して悔いているのですよ、きっと。でも今のあなたの環境ならば、その時救えなかった仔猫の命は護ることができますか?
     もしできるならば、見殺しや殺処分になるべく命は溢れてます。あなたの優しい救いの手を差し伸べてあげてください。
    里親を求めている猫を飼われてはいかがでしょうか?
    猫もあなたも癒されると思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    許せない

    しおりをつける
    blank
    こねこ
    そういうのは一生トラウマになろうが向き合うしかないんじゃないの?子供だから・・って言ったところで誰も同情しないよ。ひどい母親もいるんだね。私は捨て猫だった子を3匹飼ってるけど、それぞれ個性もあって今では大事な家族。もっと命の大切さを分かれば、いまさらあなた自身のトラウマ云々なんて話にならないんじゃないの?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私もあります

    しおりをつける
    blank
    あき
    今思うととてもつらい経験だったでしょう。
    大人になって初めてわかることってたくさんありますよね。

    かくいうわたしも猫が好きで、拾ってきては子猫が生まれたら捨ててしまったことがあります。
    大半は友達や母親の知り合いに貰われていきましたが、捨てた猫が戻ってきたときには(国道を渡って)もう二度と捨てるもんかと思いました。

    今はその戻ってきた猫(♀10歳)と一緒に暮らして、死ぬまで一緒に居るつもりです。せめてもの償い。
    そして里親サイトを見つけては支援物資を送ったり、あのときの反省を込めて・・・

    トピ主さんも、子供心でわからなかったことたくさんあると思います。
    何かトピ主さんができることをやってみてはどうでしょうか?そしたらあの子猫たちも救われるのでは。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    トラウマ?

    しおりをつける
    blank
    みほ
    思い出してイヤーな気分になるだけで別に生活に支障はないんでしょう?
    息が出来なくなるとか他の事が何も手につかなくなるほどパニックを起こすとか。倒れるとか。

    その位だと治療の必要もあるんだろうけど違うんでしょ?
    別にそういうイヤーな思い出のひとつやふたつ誰にだったあると思うし皆イヤながらも抱えて生きてるんだと思うのね。
    治す必要もないと思います。忘れようなんて思わず心に抱えて生きて行けば良いと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    12匹

    しおりをつける
    blank
    ダースベーダー
    保健所でも捨て猫でも見つけてきて、育てなさい。
    12匹ぐらい寿命になるまで見送れば、何か変るでしょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    辛い思い出ですね。。

    しおりをつける
    blank
    ひろこ
    私が幼いころ
    落ちてしまった鳥の雛を家に持ち帰り
    看病?していました。けれど死んでしまいました。
    悲しくて悲しくて泣いてばかりで。
    そして中学生のころベランダに鳩の雛が弱ってて、
    保護したものの、(また死んでしまう。もう泣くのは嫌だ)と思い、深入りしないようにしてたのです。
    そして次の日、死んでしまって。。。
    ずっと悔やんで泣きました。
    「この子、お母さんと一緒にいたかっただろうに。。
    おかあさんと兄弟と寄り添ってあったかい巣で寝たかったろうに。。」もう、10年以上経った今も
    思い出し、(駄目と思っても尽くしてやるべきだった。)と後悔しています。その反面、あの時悔やんだ
    命の尊さを絶対に忘れちゃいけないと思ってます。
    見捨ててしまった事実は代えられませんが
    その優しい気持ち、ずっと持ち続けてください!

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    可哀想という気持ち

    しおりをつける
    blank
    taku
    すまないという気持ち、きっと両方だと思います。
    辛いですよね‥。
    でも、忘れる事は出来ないですし、おっしゃる通り、取り返しもつきません。
    その子達に詫びることもできません。

    私も猫に対して、忘れられない辛い失敗や後悔があります。
    大体が優柔不断や知識不足からくる自分自身が招いた不幸です。

    だから私は心に決めました。
    今後自分と出会う猫たちは絶対に見捨てないと。
    大人になった今、お金も用意できますし、昔のように状況に流されて、意に添わない決定を強いられる事もなくなりました。

    知識も経験もまだまだ足りないのでまた失敗や後悔をすると思います(去年も拾った子猫を救えなくて体調を崩したりしました)が、でも、「絶対に見捨てない」。

    そう思ったら少し楽になれました。

    水玉さんもその経験を踏まえて、一つだけ誓いを立てて見られてはいかがでしょうか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    わたしも

    しおりをつける
    blank
    でこ
    水玉さんとは違いますが、猫ちゃんの思い出たくさんあります。

    目の前で車に轢かれてしまった子猫の顔。
    死んだ子猫にじゃれる兄弟猫。
    となりで空に泣き叫ぶ母猫。
    私は何もできず、ただただ泣くしかなかった。

    飼猫が病気で死んでしまった時も、いっぱい愛せてたかな?私の所に来なかったらもっと幸せだったかも?もっと愛したかった・・・ごめんねって何度も泣きました。
    今でも鮮明に覚えています。

    水玉さん、「100万回生きたねこ」ご存知ですか?
    私は猫ちゃんのことを思い出したとき、この絵本を読みます。
    今頃どこかで違う人生(猫生?)を送っているだろうな~、今が幸せであればいいな~って心から思います。

    私のことばかり書いてあまり水玉さんの問いに答えられなくてごめんなさい。
    このトピ気になってたのでカキコさせていただきました。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    子猫を見捨てたこと

    しおりをつける
    blank
    猫ママ
    わたしの体験はちょっと違いますが、こんなかんじです。

    今から20年ほど前、私が小学生だったとき、子猫数匹がダンボールに入れられて捨てられていました。
    子供心に放っておけないと強く感じましたが、両親にきっと誰かが拾ってくれるよと言われ、何もしてあげられませんでした。
    今でもあの子猫の様子がまざまざと蘇って来て、後悔ばかりです。

    大人になった今、十分な収入もあり家もあります。
    今更遅いのですが、昔の罪滅ぼしとして(そればかりではありませんが)野良ちゃん達を保護してうちで面倒を見ています。
    寄付を必要としてる野良猫・野良犬を守る団体にも時々お金を送っています。
    今後、困っている子達は決して見捨てることはしません。
    もし、将来私の子供が子猫や子犬を連れて帰ってきても、ちゃんと面倒をみてあげるつもりです。

    それでも昔のことを思い出しては、辛い気持ちになります。
    タイムマシンがあれば、あのときに戻って子猫たちを連れ帰りたいです。
    それができないので、このことを忘れずに一生かけて罪滅ぼしをするつもりです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ダースベーダーさん、どうして12匹なの?

    しおりをつける
    blank
    www
    その根拠は?
    失礼ですが根拠のない数字のような気がしました。
    1ダース?鉛筆とかじゃないんだから。。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    辛いですよね

    しおりをつける
    blank
    紅麒麟
    何人かの方から厳しい意見もありますが、
    当時子供だったスレ主さんを責めても仕方ないですよね。
    感じ方は人それぞれだし、傷付き方も違うものだし。
    お母さんのやり方は、やはり酷いですけど・・・。

    悲しい思いをした分、この先動物を飼うのであれば
    大事に育ててあげる事が一番じゃないでしょうか?
    悲しい気持ちを忘れずにいてくださいね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    忘れないで

    しおりをつける
    blank
    あき
    もう一人のあきです。
    子猫たちのこと、ずっと覚えていてください。
    私は神様じゃないから「もう十分苦しんだのだから忘れていいよ」などとは言えませんが、その子猫たちが天国で幸せに暮らしていることを一緒にお祈りします。
    そして、できることなら今、保険所で毎日のように「処分」されていく猫たちの何匹かでも救ってやってください。あるいは、野良猫に去勢、避妊手術をしてやってください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    動物を飼うという事

    しおりをつける
    blank
    アイーダ
    それはトラウマでは無いと思いますよ。
    大丈夫です。

    命の重さ、大切さがよくわかったのでは?

    その子猫たちの償いに、保健所でネコを保護したり
    どんな方法でもいいので、向き合ってみてください。
    かわいそうだからと拾い、
    世話をしてあげるのだけが優しさではないことにも
    気付いてください。

    私の友達は買っていた小鳥を3度も
    (誤ってですが)殺してしまっているのに
    悪びれるわけでもなく平気で話しています。
    そういう人にならなかっただけでも
    良かったのではないでしょうか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    心の傷、だって?

    しおりをつける
    blank
    H
    結局は身から出た錆では?
    犯罪被害に遭われた訳ではないですよね。
    何か加害者の癖に自分が被害者のように書かれているのが気になりました。

    あなたは忘れようとしたり楽になろうとしたりするよりも、
    その痛みを抱えながら一生生きていく方がいい。それが責任です。
    その痛みある限り過ちは繰り返さないだろうし、人にも動物にも優しくなれるでしょう。多分。

    もしくは逆に、開き直って「自分は悪人」と認めた上で完全に「自己肯定」するか。これでも楽にはなれます。
    少なくとも自分を「いい人ゾーン」に置きながら気分だけ楽になりたい、救われたいと虫のいい事を言っている人よりは、言い訳せず全てを認めた上で開き直る悪人の方が好感持てますね私は。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    罪は一生背負うしかないです

    しおりをつける
    blank
    名も無き者
    最近、女子高生監禁殺人の少年の一人が再犯しましたよね。
    この人物は「罪は一生背負うもの」という事を忘れてしまったんだと思う。

    殺人、窃盗、傷害のような犯罪行為は勿論の事。
    他人の物を壊すなどして賠償する事によって解決した罪、
    イジメ、バレなかった万引き、動物を誤殺した罪など
    刑罰に問われなかった罪深い行為も
    生涯、決して忘れてはいけないんです。

    そうする事によって結局、自戒になり
    今後の人生に行かせるのですよ。
    忘れてしまったり、償われたと思ってしまったら、
    将来。同じ間違いを繰り返すだけです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    かわいそう

    しおりをつける
    blank
    ぶー
    捨てられた子猫ちゃん達は、寂しくて、怖くて、お腹がすいて、ずっとママを探していたでしょうね。
    そのことを思い出して苦しむくらいしてあげてもいいんじゃないですか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    自分が楽になるだけでいいのかな・・・

    しおりをつける
    blank
    サラダ
    トピ主さんは、子猫を捨てたことと、その子たちが死んだ
    ことの、罪悪感から、逃れられればいいのかな?って
    思っちゃいました。それって「死んだ子猫たち」に失礼
    じゃないかしら・・・

    トピ主さんが、罪の意識から逃れてスッキリすれば、
    それでいい、って問題じゃないですよね。

    もし、猫に対する謝罪の気持ちがあるなら、その罪悪感を
    持ち続けることが一番いいと思います。そして、皆さん
    が書いているように、毎日処分されている、保健所の猫
    を1匹でも貰ってきて救うとか、避妊手術を受けさせたり
    、野良を育てている、ボランティア団体に寄付するとか、
    なんらかの形で、その、謝罪の気持ちを、表してみたら?

    謝罪の気持ちは無くて、たんにご自分が罪悪感から逃れ
    られればOK、というのなら、オススメしませんが・・・

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私も同じようなものです。

    しおりをつける
    blank
    臨時野良猫母
    私は、よちよち歩きの頃から動物が大好きです。
    自分でも覚えきれない程、あらゆる動物を拾いました。
    寿命まで飼ってやれたものもありますが、ほとんどの場合野生動物なので、数日で死んでいきました。

    一ヶ月前、私の会社の天井裏で社員が捕まえた、野良猫の産んでしまった仔猫四匹。
    保健所行きは毎年の事なのですが、見たらつい
    「殺すのはいつでもできます!私が預かります!」
    と言っていました…
    賃貸住まいなのに!その瞬間まで犬派で猫嫌いだったはずなのにっ!(苦笑)
    幸いな事に、裕福で優しい飼い主さん達が何とか見つかり、先週無事、最後の一匹がもらわれて行きました。

    会社の近くには沢山野良猫が住んでいます。
    困った事に、その猫達に餌だけをやる人がいるのです…
    可哀想だと思うのは分かりますが、それではもっと可哀想な猫が増えるのです。
    他の方がレスしているように、色々な方法があるでしょうが。
    一つだけお願いしたいのは、トピ主さんには、餌をやるだけの中途半端に優しい人にはなって欲しくないなぁ…と。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    心の傷~~?

    しおりをつける
    blank
    はぁ?
    要するに死なせた子猫の事を忘れてしまいたいって事っすか?怖い人だね
    他で償おうとか、そういう気持ちなんか無いんだろうな。そういう気持ちがあって、行動していれば こんなトピなんぞ立てなかったろうに。
    こういう人は人間関係でも何かあると逃げて相手を傷つけて 被害者面すんのかな・・
    すごい気分悪くするトピだね 救われなくて良いんじゃないか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    多分

    しおりをつける
    blank
    チャトラ
    そうやって気にすること自体、トラウマでも何でもないと思います。悪い意味で言っているのではなくてね、センサーになっていると思いますよ。今度御縁があって、弱ったネコを見つけた時は、もしかしたら体が反射的に動いて、助けるかもしれない。だから気にすることは、私、悪くないと思うのです。

    ウチにも目が潰れかけた子猫を2匹、2年前に拾って飼っています。その拾う半年位前だったかな、私が子猫を拾ったちょうど同じ場所で、野良ネコが交通事故に遭ってしまったのを目撃し、ひどいありようだったのを見てしまったのです。当時、ネコを飼ったことのない私でも1ヶ月程憂鬱でした。(その野良ちゃんは拾ってきた子たちと全く同じ模様の茶トラでした。)

    なので、目の潰れかけた子猫がその場所にぽつんとうずくまって、ニャア、と泣いた時には、すぐさまダッコし、その足で獣医さんへ・・・。放置したらどうなるかという結果を半年前に見ていましたから。

    トピ主さん、気にされている様でしたらもしかしたらきっとその傷をうずかせるような体験がまたあるかもしれません。しかし、もうトピ主さんは大人です。
    未来を変えていくことが出来ますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    水玉
    たくさんの方にご意見を頂きまして、感謝しております。
    優しいお言葉、厳しいお言葉、ありがたく読ませて頂きました。
    その頃は、家の猫が、雌で、子供を産む…という事すら知らなかったのです。
    避妊手術の事も…
    ただ、家の猫のお腹が大きくなって、それはお腹に赤ちゃんがいるからと聞いて、知って、
    子猫がたくさん産まれて、うれしくて、かわいくて、かわいくて…
    それだけでした。
    家では飼えないと言われ、スーパーに手書きのちらしを置いて貰ったり、一軒一軒訪ねたりして、引き取り手を探して、それでもダメだったのです。
    そして、当時絶対だった親の言うがままに、子猫を置き去りにしたのです。
    その時は幼な心にも、とても傷付きました。今でもその時の悲しみを忘れられません。
    こんなに辛いなら、もう何も大切にしないと。
    少なくともその年頃の子供は、自分の意思で子猫を捨てたりはしない事だけは理解して下さい。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ありがとうございます 2

    しおりをつける
    blank
    水玉
    パピコさま。私はもうニ度と同じ事などできません。ですけどパピコさまの
    傷は残してというお言葉はとても理解できます。ありがとうございます。
    あらさま。そうですね…。無力だった自分と、無力な子猫を置き去りにした事を悔いています。私はバカな子だったから、主張も反抗もできなかったのです。そして今もしあの時の環境なら、絶対に母猫に避妊手術をしますので子猫は生まれませんが、将来、もし動物を飼うなら、見殺しにされる猫を引き取りたいと思います。ありがとうございます。
    こねこさま。許せないのは私の事でしょうか、母の事でしょうか。私は今、できることならあの時に戻って、子猫を救いたい。避妊手術をさせたい。8才の自分を抱きしめたい。母親を諭したい。できないからトラウマなのです。ですが、私はもっと命の大切さを知るべきですね。
    あきさま。実は今より当時の方が辛かったのですが、大人になって初めてわかったことはたくさんあります。親の残酷さ、弱さ。自分の無力、無知。戻って来た猫ちゃん一緒にいられて良かったですね。うらやましいです。どうぞ大切になさって下さい。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ありがとうございます 3

    しおりをつける
    blank
    水玉
    みほさま。忘れたいのではなく、治したいのです。私は過食嘔吐、パニック障害、アルコール依存などを経て、今軽いうつです。今までは治療しなくても自分で治してきました。
    ひろこさま。ありがとうございます。でも私は優しくありません。誰だってあんなにかわいい子猫を見たら、同じ気持ちになると思います。ひろこさまがお優しいのです。私は同じではないのです。
    takuさま。そうですね…。誓い。私に出来る事を考えてみます。
    でこさま。100万回生きたねこ 調べてみます。
    猫ママさま。本当に…。人間の都合で生きにくい猫ちゃん達。生まれたからには絶対に生き続けて欲しいです。
    紅麒麟さま。いつか動物を飼える時が来たなら、殺処分される動物を一生大切にします。
    あきさま。もう一人のあきさま。今は猫を飼える状況にないので、あきさまのおっしゃる野良猫の去勢や避妊手術などの形で、大切な命が消えないよう協力をしたいと思います。自分でも調べますが、そういったサイトなどご存知でしたら、ぜひ教えて下さい。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ありがとうございます 4

    しおりをつける
    blank
    水玉
    アイーダさま。本当に、当時は、知る術もなかったのです。そして、その経験がなければ、良かった。
    Hさま。きっと今でも私の親はそう言うと思います。「お前が捨てた」。
    名も無き者さま。親の言う事が絶対だった頃の事です。その頃は親の言う事を聞かない事が罪でした。
    最後に
    ぶーさま。本当に、そうですね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    つらいですよね。

    しおりをつける
    blank
    sava
     辛い体験だったと思います。
    気になるのは、その後そのお母さん猫は避妊手術したのでしょうか。
    産む→捨てるの繰り返しでは救いがないです。
    その時のあやまちは、とぴぬしさんよりトピ主さんのご両親に有ると思います。
     とぴ主さんはもう大人になっていると思いますので、動物を飼うときはちゃんと責任を持って飼いましょうね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    避妊してよ!!

    しおりをつける
    blank
    にゃん子先生
    その時代(どの時代だかわかりませんが)
    は避妊手術は今より
    されていなかったかもしれまんが!
    飼えないなら避妊してよっ!って
    本当に思いますね。

    あなたとあなたのご両親は
    子猫を見殺しにしたと言う事実を
    深く反省し、一生忘れず
    罪滅ぼしをして生きて欲しいです。

    かわいそうなのは、あなたではなく
    何の罪もない子猫達に他ならないのです。

    でも動物を平気で捨てて
    後悔も罪の意識もない輩も沢山いるのが
    現状です!!何ともやるせないです!!

    動物の命だからって軽く見ている輩は
    自分の命も軽くみられます。
    必ず返ってきますよ

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    自力で治す?

    しおりをつける
    blank
    お犬
    何を治すのですか?意味わかりませんね。
    ようは、「忘れたい」んでしょ?

    無理です。

    小学校低学年で里親を探すのは大変だったでしょうね。それよりか、トピ主さんの母親って、とても冷たい人なんでしょうか?母親のほうにものすごく怒りを感じます。すみません。

    トピ主さん、小さい子供ながらに頑張ったことは偉いと思いますけど、それを忘れようとするのはいけません。あなたも母親と同じ「冷たい」人間になると思います。なので、近くで弱っている猫や捨てられている猫を見たら、助けてあげてください。
    死んでしまった猫のことはどう思ってるのですか?かわいそうなことをしてしまったと思ってるなら、今もかわいそうな猫は沢山います。助けてあげるのが、せめてもの償いじゃないでしょうか。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    あまり自分を追い詰めないで

    しおりをつける
    blank
    ドット
    20年も前の事を未だ引きずっているとは、トピ主さんは心優しい方なんだと思います。子供時分の親からの命令は絶対的なものですし、小学生であれば尚更逆らえるものではありません。悲しい衝撃的な結末だっただけに心の傷となってしまったのでしょう。

    人間誰しも間違いは犯します。清廉潔白な人間なんていやしません。もちろん程度にもよりますが、そういったことを一つずつ学んで、次からは同じ間違いをしないようにするのが大事だと思うのです。

    もし今出来るのであるならば、保健所で処分されていく猫や、近所の野良猫等、ご自分で出来る範囲で育ててみては如何ですか?死んだ子猫たちの代わりと言っては何ですが、新しい命を愛し育んでいく内に昔の罪悪感がいくらか和らぐかもしれませんよ。

    あまりご自分を追い詰めるようなことはせず、体調に異変等の症状がでているのであれば、カウンセラーに掛かることをお勧めします。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    今大人になったあなただからできること

    しおりをつける
    blank
    厳しいレスが多いですが 私はトピ主さんの気持ちわかるような気がします。
    あの年頃の子供にとって 母親の存在って 逆らえるものではありませんよ。
    お母様には 大いに問題あり!だと思いますが。 
    子供は親を選べませんからね。
    今なら トピ主さん ご自分の決定権でいろいろ決められるお年頃ではないですか?
    だったら 昔の経験をただの苦い思い出にしないで バネにして 動物愛護団体の活動に参加してみるとか いろんなボランティアに参加してみるのはいかがでしょうか。
    今まで苦しんでこられたということは とても 心が繊細で 痛みがわかる方だと思います。
    だから その経験をいかして いろんな動物愛護の活動に社会参加されることがあなたと 今の世の中の可哀想な動物達を救うことになると思いますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    何故厳しいことを言うのでしょうか

    しおりをつける
    blank
    やかん
    水玉さんは当時小学校低学年。
    親に逆らってまで子猫を飼うだけの経済力、
    また上手く里親探しをするだけの知恵も力もありません。
    20年前は避妊についても一般的に知られていません。

    幼い子供にとって精一杯の努力だったのだと思います。
    それでも、「申し訳ない」と思っているのだから、それで十分ではないでしょうか。

    「自分が楽になりたいのだ」とか「自業自得」などと、
    何故そこまで手厳しく言えるのでしょう。
    過去の辛さから楽になりたいと思うことはそんなに罪でしょうか。一生苦しんでいかなければいけないことですか?

    私は猫を数匹飼っています。動物団体にも寄付をしていますが、水玉さんの幼い頃の行為をそんな風には思えないし、20年も前の事を今でも辛く思えるような心の優しい方だと感じました。もう十分苦しんでいるのだから、良いではないかと思うのです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私も協力したくなってきました・・・・

    しおりをつける
    blank
    サラダ
    猫のじむしょ
    http://www.whi.m-net.ne.jp/~nisegoro/neko/main.html
    不幸な犬猫をなくすネットワーク
    http://inuneko.milkcafe.to/
    えひめイヌ・ネコの会
    http://www.infomadonna.ne.jp/~inuneko/
    神様お願い!ぼくたちを助けて
    http://www.kamisama-tasukete.com/

    見ているうち、私も(飼えないのでお金で)協力したく
    なって来ました・・・

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    こんな縁もあるんです

    しおりをつける
    blank
    wk
    私の母親は、ほんの小さい頃、末っ子の役割として、生まれたばかりの子猫を捨てにいく係を、きょうだいから押し付けられていたそうです。
    当時は普通のことだったのでしょう。

    現在、我が家には縁あって、5匹の猫が同居しています。
    母は、人間の孫と同等に、彼らを見ているようです(実は父もそうなんです。ゴメンね、姪っ子!)。
    時々、「これはアナタにじゃなくて、猫たちの養育費!」と言いながら、ポチ袋を手渡してくれます。

    「因果応報」という言い方もあるかもしれません。
    ただ、間違いない事実として。
    目の前にいる現在の5匹が、私たち親子に、いろんな形の“癒し”を運んでくれています。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    よく分からないんですよ

    しおりをつける
    blank
    みか
    トピ主さん「忘れるんではなく治したい」とおっしゃいますが何を治したいのですか?よく理解できないのですが。
    たとえば過食嘔吐、アルコール依存等なら「コントロールできるようになる」のが治すという事ですよね?
    トピ主さんのおっしゃる「子猫を捨てたトラウマ」ってのはどういう状態になったら「治った」となるのでしょう?「捨てたけどそりゃ昔の事だわね」と開き直れれば「治った」となるのでしょうか?トピ主さんの求める「治った」状態ってのがこの場合とてもつかみ難いし分からないんですよね。
    だからアドバイスしようもないんですけど・・・・。
    具体的にどうなりたいんですか?どうなったら(思えたら)自分的に幸せ(治った)なんですか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    辛い経験ですね。

    しおりをつける
    blank
    すみとし
    水玉さん、読んでいて、とても切なくなりました。
    小学校低学年ですもの、親に強制されれば、逆らえませんよね、経済的にも自立してないし、無力なんだもの。でも、それは水玉さんの罪ではないと思います。
    もし可能であれば、不幸な猫を飼ってあげたら、長い間の心の傷も癒され、猫も幸せになる…のでは?
    いつの日か、自然にそういう機会が巡ってくれば良いですね。
    あまり、ご自分を責めないで下さいね。
    平気で動物虐待をする人がたくさんいる中で、何だか、ほっとしました。(水玉さんが苦しんでいるのに、ごめんなさいね)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    それが普通なんじゃないかな

    しおりをつける
    blank
    たいちゃん
    幼い頃ゆえの無力さで子猫を死なせてしまった、
    それを大人になった今でも思い出しては心を痛める。
    大丈夫ですよ。それが普通なんですよ。
    そんなに辛い思い出がありながらすっぱり忘れて
    心が痛まない方がどうかしています。

    子猫達は本当に残念なことをしてしまいましたが
    過去は変えられません。
    私だって人には言えないけれど幼い頃の無知、無力さ
    によって心に残っている傷がありますが、
    傷があるからこそ見えることがあります。

    大丈夫です。
    あなたが親になったときに子どもに命の尊さ、はかなさ
    そしてそれを守る責任の大きさを伝えてあげてください。

    ただ、あなたがかかえている心の弱さ、病気を全てその
    思い出のせいや親のせいにして逃げてはいませんか?
    分っているのにどうしても切り離して考える事ができず
    悩んでいるのなら、思い切って病院に行ってみるのも
    よいかもしれませんよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    責められるべき、苦しむべきは…

    しおりをつける
    blank
    ねこたん
    あなたの母親です。
    あなたが今苦しんでるのは、
    心無い母親のせいです。
    それで平気で生きていられるあなたのお母様を心から軽蔑します。
    母親が年を取って、当時の子猫のように弱者になったとき、
    報いがきて苦しく寂しい目にあうことをお祈りしています。
    トピ主さんも、もっと鬼母を責めてもいいんじゃないですか?
    あなたの母親の外道な行為に、読んでて吐き気がしました。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ここでトピ主責めてる人って。

    しおりをつける
    blank
    びっくり
     本当に立派な人間なんだろうね?
     低学年の子供の頃に何が出来るっていうの?
     本当に何様のつもりで書いてるんだか
     それとも日本語の理解が出来ないのか??
     
     トピ主さん、ご自分の親から理不尽な事を
     されて傷ついた事と思います。

     しかし、子供にそこまでは出来ませんよ。
     強いて言えば大人としてお母様が避妊手術を
     させるとかするしかなかったと思います。

     別に自分から殺そうとして殺したわけでもなく
     まして大人になってからやったわけでもなく
     親に命令されて反抗なんて今の虐待されている
     子供をみればわかるとおり子供には反抗出来る相手じゃない場合が多いです。
     ここでトピ主さんを責めてる方は自分はそんな事
     とか思っているかも知れませんが、本当に悪い事一度もしたことないですか?私は人間だから過ちはあると思うし、まして子供の頃に自分の意思じゃなくてしてしまった事を責める必要はないと思います。
     
     

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ある日、仕事先で

    しおりをつける
    blank
    4匹の猫
    4匹の子猫が捨てられていました。
    おそらく生まれた翌日に捨てられたのでしょう。
    みんなで里親を探しました。
    それまで不眠不休で世話もしました。
    けれど、生まれたばかりの子猫達は母猫がいないと
    育つのが難しいのだそうで、数日後には亡くなってしまいました。
    本当に産まれてすぐだったので、
    体温調節も自分ではできない状況だったのでしょうね。
    私は捨てた人に対して、ものすごい憤りを感じましたよ。同じ命ある生き物なのに・・・可哀想でした。

    ちょっと横でしたね、すみません。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    やかんさんに一票

    しおりをつける
    blank
    おうあ
    やかんさんに,全く同感です。

    小学低学年のこどもの精一杯の行為を,そのときの無力感を,せつなさを思うとき,トピ主さんはもう充分悲しみを背負いながら生きてきたんだなと思います。

    厳しいご意見を述べられている方々は,同じ年頃のお子さんがいらしたり,子育てを経験された方でしょうか・・・
     
    自分の娘がなす術もなく傷つく姿と重なり,とてもいたたまれず,もし自分が母親として同じ立場に立たされたら,どんな苦労をしても子猫を一緒に飼っていこう,といってやれるようでありたいと強く思いました。トピ主さんも,きっとそうおっしゃるだろうと,想像しながら・・・

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    そういう思いと経験が将来を変えてくれる

    しおりをつける
    blank
    いよかん
    それは、本当つらい思い出ですね。人間は、誰でも自分の過去については、思い出したくないこと、今から考えればとんでもないことをしてしまったことなど、誰にでもあることだと思います。問題は、そういう思い出これからの生き方にどう反映していくかではないでしょうか。

    私たちの過去は変えられません。でも、未来は変えることができます。今の思いをもとに、これからの行動はどんどん違ったものにできます。人生の美しさというのは、その未来への可能性だと思います。

    それに素晴らしいのは、そういう状況にあったそのつらさ、悲しさを知ることができたことだと思います。つらさ、悲しさというのは、感情の中で最も繊細で、大切なものだと思います。そういう思いをきちんと心の中で感じることで、他の人や生き物への慈しみの気持ちがトビ主さんに生まれたのではないでしょうか。

    その子猫たちは、トビ主さんに、心の繊細さを与えるために生を受けたのですよ。子猫たちが生きられなかった分、これからトビ主さんが生きてあげれればいいし、他の人や生き物がトビ主さんの周りでそういう目にあわぬよう、少し努力をしながら生きていけばいいのではありませんか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    今のあなたにできることを探してください。

    しおりをつける
    blank
    アメディオ
    私の場合は、少し違うけど子供の時拾った子猫を一緒に寝ていて窒息死させてしまったのです。今でも悲し出来事。死にたいとも思った。それからは死なせてしまった命への償いで出合った命は助けました。(大人になってから本格的に保護を)今まで50匹の猫を保護し貰い手を捜しまくり(もちろん残った子も家に居ます)でも見捨てないでよかったし、自分を嫌いにならないですみました。今なにか動物たちのために出来る何かを探してください。そして1匹でも多くの命を救ってください。野良猫の避妊手術の実践を詳しく書いているホームページあります。(サイトの管理者は頑張って活動してます。) 猫たちの命を救うことで自分自信も救われます。きっと。プラスの方へ一歩前に進んでください。http://www.hm.aitai.ne.jp/~ishikawa/

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    心の傷

    しおりをつける
    blank
    nanali
    >こういう心の傷はどうすれば治せるのでしょう。

    治してどうするのですか、六匹の子猫はあなたとあなたのお母さんが殺したのですよ。あなたのお母さんは命についてどう考えているのでしょう。小さな子猫を見殺しにできる人を母親にもったトピさんに同情します。
    傷なんて癒される訳がないじゃないですか。心の傷がなくなる時は、あなたがこの子猫達をわすれてしまった時でしょう。
    一生償って生きてください。

    一度お母さんにこの日のことを話して見てください。反省してください。あなた達、最低です。子供だったから仕方がないというのは簡単すぎますね。私が子供のときは親に反対されてもこっそり隠してかっていました。心ない近所の人が保健所の人を呼びました。悲しかったです。今でも悲しいです。でも忘れようなんて一度も思ったことがありません。

    私はトピさんのような人そして特にトピさんの母親の様な人は人間に値するとは思っていません。

    お二人とも飢えと寒さで苦しめばこの時の猫ちゃん達の苦しみが分かるのでしょうね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ペットとなるとどうして非難?

    しおりをつける
    blank
    匿名
    子猫を捨てたのは子供であったトピ主さんがお家でお母さんとうまくやっていくため都合をつけた、1つの方法と思われる。もっといい方法があったと後から言っても、小さな子供の判断力、また無力な存在であったので仕方ないと思える。

    大体7匹も猫飼ったら大変では?
    ここで非難している人は、もし隣の家で猫を7匹飼っている親子がいたら文句をいわないのだろうか?

    私たちは自分が生きるために牛や豚や鳥や魚を殺して食べている。
    自分が生きることは他のものの犠牲のうえに成り立つことで罪深い存在だとは思うが、それでも生きたいし食べたいので仕方がない。

    また、釣りや狩猟は食べる目的でなく、狩ることを目的として行っている。
    また食べるためでなく毛皮目的で殺される動物だっている。

    どうしてペットとなるとここまで非難されるのかよく分からない。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    どうかお大事に

    しおりをつける
    blank
    みーねこ
    水玉さんと同じような経験があります。
    子供のころ、可愛がっていた犬を手放しました。母を説得できなかった弱い自分をどれだけ恥じたか・・・。

    水玉さんへ。
    私は今、二歳になる元捨て猫と同居しています。
    なによりあの頃と違うのは、私がもう子供ではないということです。
    「猫は周りとの共存を考えるなら、室内で飼うべきものであること」
    「貰い手のあてがないなら、避妊(去勢)すべきであること」
    「叩いてもなんのしつけにもならないこと」
    以上の新常識を、母に事あるごとに説き聞かせ、実証をもってみごと(?)納得させることに成功しました!!

    傷は消えなくてもふたたび踏み出すことはできると、あなたにお伝えしたいです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    治すというのは

    しおりをつける
    blank
    きらっちょ
    厳しい意見が多いですが、私は心の傷を治したいという
    トピ主さんのお気持ちはしごく当然だと思います。
    忘れるのではなく、きちんと自分の中で消化し、新しい
    人生に進みたいのですよね。ケリをつけるというのと、
    忘れてしまうというのは全く違いますよ。トピ主さんは
    その辺をきちんとわかってらっしゃると思います。
    皆さんどうしてそんなに手厳しいのでしょう?

    子どもだったトピ主さんにいったい具体的に何が
    できたのか、そういう方たちに聞いてみたいです。
    大人になった今でもこうして心を病むほど苦しんでいる
    だけで、私には充分すぎる償いに思えて仕方ありません。
    新しく生まれた子猫の方が可愛くなったから、前から
    いる親猫を捨てた・・・などということなら、確かに
    同情する余地はありませんが。

    もう少し自分を楽にしてあげましょうよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    自分の意志ではないから尚更

    しおりをつける
    blank
    はは
    忘れてはいけないと思います。苦しいと思いますが、それは背負っていくものだと思います。

    当時のトピ主さんは小学校低学年。それくらいの子供が、避妊手術の事を知らなくても仕方ないですし、親御さんに逆らえないというのも仕方ない事です。

    ただ自分の意志ではないなら、尚更、子供に傷を残すという事がどういう事か、お分かりになりますよね?トピ主さんがお母さんになった時、ご自分のお子さんに悲しい罪を負わす事のないようにしてあげて下さい。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    批判組に聞くけど・・・1。

    しおりをつける
    blank
    秋子
    ホント、あなた達が自分だったら小学校低学年で子猫たちをどうやって守れたのか聞かせて下さいよ。

    小学校低学年って言ったら、お金もない、知恵もない、一人ではまったく何も出来ない、保護されるべき立場。
    だって虐待されてる子どもが逃げずにいつか大怪我する、死に至るまでになってしまうのは、自分一人じゃ行き場もなく、帰る所も頼るのも親の元だからでしょう。

    トピ主さんが親の強力な苦子猫たちを保護できるわけないでしょう。

    飛躍しすぎだけど、子どもが赤ちゃん保護して、
    一人でどうにかできますか?出来る分けないでしょう?ミルク買ったり与えたり、育てたり。見つけたとしても結局は大人に任せるしかない。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    批判組に聞くけど・・・2。

    しおりをつける
    blank
    秋子
    子猫を死なせてしまった事に、非力で当たり前ながら
    トピ主さんは「忘れず」苦しんでるじゃないですか。

    世の中「捨てる側」もいるのに。

    保護して、努力してもダメだった。
    でも、反省しすぎてて、子どもながらに自分でも子猫が死んでしまったことについて自分を責めて傷ついてる。

    私は子猫に対してはこんなに長年思ってくれてるのは償えてるのでは?とも思います。
    トピ主さんは普通の感覚もってらっしゃいますよ。

    同じ事してもなんとも思わない人もいますし、
    もっと責められるべき相手もいるはずです。

    トピ主さんを重ねて苦しませるような事言った人の
    神経のがおかしいと思う。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    nanaliさま

    しおりをつける
    blank
    昔猫
    私は幼い子どもに対して、ここまで言える人の人格を疑います。トピ主さんは幼い子どもだったのです。

    >一生償って生きてください。
    >私はトピさんのような人そして特にトピさんの母親の様な人は人間に値するとは思っていません。
    >お二人とも飢えと寒さで苦しめばこの時の猫ちゃん達の苦しみが分かるのでしょうね。

    ↑のような言葉を、苦しんでいる人に投げつけられる心根に疑問を持ちます。

    トピ主さんの言葉の端々から、トピ主さんの優しさが感じられます。優しいからこそ苦しまれているのでしょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    nanaliさん

    しおりをつける
    blank
    言いすぎ
    ちょっとちょっとnanaliさん!

    >私はトピさんのような人そして特にトピさんの母親の様な人は人間に値するとは思っていません。

    何ですかこれ。

    ちょっと言いすぎなんじゃないですか?

    トピ主さんに「反省してください」だの「最低だ」だのおっしゃっていますが、こんな暴言を吐くあなたこそ『最低』です。『反省』してください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    sfはお嫌いかも知れませんが

    しおりをつける
    blank
    u
    うまく言葉に出来ないので

    スタートレック4を一度見てみてください。

    心の痛みについて描かれています。

    I need pain.

    と言う、主人公の言葉に勇気付けられました。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    うーん

    しおりをつける
    blank
    ゴルゴ
    私も猫が大好きで3匹も飼っています。
    しかし、昔の小説など読んでいると、普通に猫を殺す場面って出てきますよ。大体が水の中に入れて殺すのですが。
    (題名は失念しました。)とりたてて「猫を殺す場面」という訳じゃなくて用事の1つとして殺してます。
    今、我々が害虫を殺しているように自然にです。(虫を殺してない人いらしたらすみません)
    私は猫が大好きなので初めて読んだときは「おいおい、何でそんなに何事もなかったように書いてるのさ」と思っていましたが何冊も読んでると 昔はこうだったのか・・と思います。勿論だからといって捨てたりすることが良い訳ではないですけれど。
    時代や、国が違えば、残虐だと言われてる事が普通だったりしませんか?こんな意見ではトピ主さんの心の傷は癒せないかもしれないですけど、そういう状況だったのだから仕方がないのでは?と思います。ただ、猫好きの1人としては、捨て猫を拾って飼ってあげて可愛がったら心の負担はましになるのでは?と思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ここから学べることがある。

    しおりをつける
    blank
    瑠璃
    トピ主さん、はじめまして。
    トピック読みました。
    辛かったでしょう
    でもね、小さな子どもには限界があります。

    これからトピ主さんが母親になったときに、子どもがこる子・子犬を拾ってきたときは、子どもの心にそんな傷をつけず、一緒に里親さんを探してあげて下さい。里親探しは大変です。だからこそお母さんはあくまでフォローの立場をとり、子供メインでさせて下さい。それによって学習できる事は多いと思います。
    子供の心についてはトピ主さんが、良くわかっていることと思いますから。

    過去を教訓にして、「捨てる」ではなく「生かし方」を子供たちと考えてね。

    あと、猫とか犬をもし飼ったら避妊手術したらいいと思いますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ペットとなるとどうして非難の匿名さんへ1

    しおりをつける
    blank
    taku
    横ですが、ちょっと考えてみました。
    >小さな子供の判断力、また無力な存在であったので仕方ないと思える。
    ここは全く同感です。

    >猫を7匹飼っている親子がいたら文句をいわないのだろうか?
    まさにうちでは親子で7匹(現在6匹)飼っていましたが、完全部屋飼いで隣近所からの苦情は聞いたことがありません。
    数が多くても飼い方次第でご近所への配慮はできます。
    食費など必要経費も1匹飼いより経済的な面もあり、単純に×7とはなりません。
    もちろん、大変なんて思った事ありませんし。
    個人的には中型犬を1匹飼う方がよっぽど手がかかります(2匹いました)。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ペットとなるとどうして非難の匿名さんへ2

    しおりをつける
    blank
    taku
    水玉さんに非難めいた事を書いた人の気持ちは、そのまま水玉さんが自分自身に向けて思っている気持ちでもあると思います→だから苦しい。
    他人を許せない人は、自分が同じ事をした場合、自分自身をやはり許せないと思うはずです。

    自分に置き換えた場合に許せないから許せないと発言していらっしゃるわけで、それは一つの意見として受け止められてはいかがでしょうか?
    (ただ、人間に値しないなんて書いている人は言い過ぎですが。水玉さん、気にしないで。)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ペットとなるとどうして非難の匿名さんへ3

    しおりをつける
    blank
    taku
    釣りや狩猟で動物を殺すのにペットは何故いけないか、と言う事ですが、大体ペットは食べ物ではありませんし、私は遊び目的の狩りは嫌いです。
    生きていく上で必要な狩りは理解できます。

    でも、どの動物なら良くて、どの動物ならだめかなんて話になると、これはそれこそ個人個人、果ては世界規模で考え方の違う話で、何が正しいと答えの出ない問題ではないでしょうか?

    「どうして鯨を殺してはいけないか?」極端な例を挙げると「どうして人を殺してはいけないのか?」と似た話になると思います。
    ここで、「人間は人間、そっちは所詮動物じゃないか」と思う人とはどんなに言葉を尽くしても理解し合うことは難しいでしょう。

    そもそも、今回の場合「一人では生きていくことすら出来ない命を薄々分かっていながら放置して死なせてしまった」なので、狩りや生きるための犠牲とはニュアンスが随分と違いますよね?
    自分には必要なかった命だから、生きていく上で取捨選択したんだからいいじゃないか、なんて思えないでしょう。

    理屈じゃなくて、そう思うから。
    ただ単に、大好きなものを失いたくない、守りたいのです。
    それっておかしい事でしょうか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    そんなに責めてはかわいそう・・・

    しおりをつける
    blank
    元気出して。
    確かに子猫達はかわいそうでしたが、当時小学校低学年のトピ主さんに、何が出来たというのでしょう。

    今だに心に傷を負っているというトピ主さんを責め立てて何になるのか疑問です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    どうして?

    しおりをつける
    blank
    もも
    トピ主さんはなぜ病院に行かずに
    自力で治したいのですか?

    私はきちんと病院に行くべきだと思います。

    もしかすると、当時の事がトラウマになって
    精神的な病気になったのではなく
    心の病にかかってしまった事によって
    昔の事を穿り返して悶々としている可能性は
    ありませんか?

    私は以前うつ病で苦しんだことがあります。
    いつも過去の出来事を穿り返しては執着し自分を責めたり人を責めたりしていました。
    「母親が昔自分を愛してくれなかった」などと母親を恨んだり「あの時こうすれば良かった」と過ぎた出来事を思い出し何も手につかないくらい執着し自分を責めては泣いていました。

    私は心療内科に行きました。自分自身としっかり向き合い少しずつでも前に進む事が大切だと思ったからです。今は心も体も元気です。

    トピ主さんの子供の頃の出来事をどうこう言うつもりはありませんが、当時を思い出して心が痛むのは人として当たり前の事だと思います。

    忘れる事なんてできません。

    それが原因(?)で病気になったなら治さなければなりません。治し方が分からなければ勇気を持って病院に行くべきです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    大切なのはこれからです。

    しおりをつける
    blank
    たままっち
    水玉さん、小さいころにずいぶん悲しい、そして悔しい思いをしたんですね。子供にとって、親は絶対ですもの、当時のことは仕方がなかったと思います。親に意見もきっとうまく言えないでしょうし、勝手に猫をたくさん飼うだけの力もなかったのでしょう。その時の自分でできる範囲のことを一生懸命やったのだと思います。でも、そのつらかった思いは今のあなたに十分生かされていると思います。今、あなたにできることをやっていけばいいのだと思いますよ。

    ちなみに、厳しいことをおっしゃっている方もいますが、20年位前の大人たちの動物に対する感覚って、現代のものとはかなり隔たりがあると思います。極論すれば、うちで飼えないんならどっかに捨てておけば誰か優しい人が拾ってくれるんじゃないのとか、野良になって生きていくんじゃないの(超人任せですね)とか位なんじゃないでしょうか?動物ごときに何で金かけなきゃいかんの?とか。(犬のご飯は残飯が当たり前、ペットフードなんて贅沢品)

    今と同じ感覚で昔の出来事を非難しても仕方がないと思います。
    大切なのは「これから悲しいことを繰り返さないためにどういうことができるのか」だと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    それが普通です

    しおりをつける
    blank
    のあ
    子供の頃から動物好きで、
    今でこそ、動物を家族のように扱って飼っている人でも、
    子供の頃、20年~30年前に動物と接した時は、
    今ほど、知識もなく、動物に対する環境・病院施設も整っておらず、「今から考えてみれば、かわいそうなことをした」という人は沢山いるのではないでしょうか?

    私も経験あります。
    「現在の飼育基準からいえば、何も知らずにいた。もっと勉強していれば・・・」という悔いの念。

    みんなあると思います。それが普通ですよ。

    無理にトラウマを治そう・忘れようと思わず、
    その後悔の念と向き合って、生きていってほしいです。
    もっと心を強くもって・・・。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    20年以上前なら

    しおりをつける
    blank
    こんち
    昔は避妊もなにもせず、犬猫に子供が産まれれば平気で捨てる母親が多かったのではないでしょうか。
    今は避妊手術のことも知れ渡ってきましたけど、その時代の事を考えたら仕方なかったと思います。
    うちのおばあちゃんも、家の猫が子供を産むたびに目のあく前に川に流していたといっていました。

    どなたかもおっしゃっていたけれど、私も昔の小説でどうということもなく猫を殺すシーンを読んだ事があります。
    ほんの数十年前はそんな倫理観だったんでしょう。

    昔どなたか忘れましたが動物学者の方が、ペットが死ぬとかわいそうだからともう次のペットを飼わない人がいるけれど、ずっとペットを飼い続ける事は救済につながる、というような事をおっしゃっていました。
    日本ではペットといえばペットショップに行くけれどアメリカ映画なんかみてると保健所にもらいにいくのが一般的なようです。

    トピ主さんもまた、新しいペットをかわいがって正しく飼えば、その時の猫ちゃんの救済になると思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    泣けました

    しおりをつける
    blank
    pita
    トピ主さんは優しい人だから、このように苦しみ続けるのだと思います。

    私がトピ主さんの立場だったら、お坊さんに相談して供養してもらうかな。大人になった今でも、動物を飼ってつぐなうというのは、かなり辛いです。子供の頃に直面した動物の死の記憶がよみがえってきて・・・。

    トピ主さんができることでいいのです。忘れないでいるというだけでも。ひどいお母さんだと思うけど、憎んだところでどうにもなりません。ここで、トピ主さんを非難している人のことは気にしないでください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    意地悪な人多いよね

    しおりをつける
    blank
    ピグモン
    意地悪な方いますね~。
    小学校の低学年ですよ。そんな小さな子に
    何ができますか?
    ご自分のその頃を思い出してくださいよ。
    みなさんそんなに幼い頃から自己主張出来ましたか。
    そういう手厳しい事を仰る方って、生きてきた中で
    辛かったり悲しかったりした事って何も
    ないんでしょうか。私はあります。不本意ではある
    けれど思うようにならなかったり、思わぬ
    事態に物事が進んでしまったりした事。
    こんな所で相談したって落ち込みがひどくなるだけ
    です。かわいそう、辛い経験したのに。
    顔が見えないからって何言っても言い訳じゃないと
    思う。
    トピ主さん自分を責めないで。
    もう過ぎてしまった事ですもの。
    人間誰だってそういう苦い思い出ってありますよ。
    あなただけじゃありません。
    無理にどうこうしようとせず時々思い出して
    お部屋にお花の一本も飾って手を合わせるのは
    いかがですか。年月は経っていても心は
    通じると思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    横なんですが

    しおりをつける
    blank
    リンゴ
    どなたかのレスに100万回生きた猫という
    絵本を薦めている方がいらっしゃいましたが、
    あの絵本の内容は、このトピ主さんの相談の救いとして
    推薦するのにはかなりずれているように思います。

    あの本って、単に猫が生まれ変わったことが伝えたいので
    はなくて、人が生きてゆくことの意味を猫という登場人物
    (猫だけど)を通して伝えているように読めました。
    (内容については詳しくは書けませんが)

    おもいっきり横ですみません。
    ただ、トピ主さんがこの本を探してみるというような
    レスがついていたのでちょっと気になってしまいました。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ありがとうございます。水玉です

    しおりをつける
    blank
    水玉
    みなさま ありがとうございます。

    ピグモンさま ありがとうございます。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    殆どの子供の通る道かも

    しおりをつける
    blank
    かも
    私にも、そういう思い出たくさんあります。
    今でも、ふと思い出すのです。
    そのたびに胸がしめつけられるような、
    後悔の気持ちで一杯。

    世話を忘れて、気付いたら体にカビが生えて
    ボロボロになっていた金魚。
    必死で洗いましたが2日後にボロボロのまま死にました。
    外で発泡スチロールに入れて飼っていたダンゴムシ
    (何十匹もいた)、雨が降って水が溜まって、
    気付いた時には半数近くが溺死してました。
    イモムシを飼おうとしたけれど、えさをやり忘れて
    餓死させてしまったこと。
    シワシワのカラカラになって死んでしまいました。

    全部、私が殺した命です。
    軽い気持ちで飼って、オモチャみたいに軽く扱って
    殺してしまったんです。
    彼らにとって地獄だったでしょう。

    今でも凄く後悔しています。
    あの時に戻って、やり直したい。
    でもそれは無理で、罪は消えないんですよね。

    だから今は、命は大切にしようと思ってます。
    トピ主さんの場合は、私とは違って
    不可抗力の面も大きいです。
    だからこその無力感なのかな?
    (私の場合は自業自得ですから・・)
    どうしても抱えきれないなら、
    医療機関に相談しても良いと私は思いますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0