詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • お米のとぎ汁を家庭菜園のまき水にしても大丈夫?
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    お米のとぎ汁を家庭菜園のまき水にしても大丈夫?

    お気に入り追加
    レス10
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    花子
    話題
    毎年グリーンカーテンとして、ゴーヤと胡瓜のプランターで育てています。
    なかなか良く育ってくれるの日々収穫をして楽しんでいるのですが・・
    問題は夏場水道代がピンと上がる事です。

    そこで、今年は雨水の貯水桶を庭におき利用するつもりです。
    (お風呂水も利用するつもりですが・・日々はシャワーを利用する事が多いので・・)

    同時に、日々無駄に捨てているお米のとぎ汁を利用できないかと悩んでいます。

    お米のとぎ汁は当然、お米の粉が水に混ざっています。
    お米の粉を毎日、プランターに散布する事になる訳ですから
    生育に悪影響があるのではと心配です。

    家庭菜園に詳しい方がおられましたら教えて頂けると助かります。

    トピ内ID:6803046817

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 6 面白い
    • 16 びっくり
    • 10 涙ぽろり
    • 9 エール
    • 26 なるほど

    レス

    レス数10

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    アリだらけになったことがあります。

    しおりをつける
    🐤
    とま
    新築で家を買ったときに張り切っちゃって、
    米の研ぎ汁を庭に撒いたらびっくり。
    男の僕も引くぐらいアリだらけになってしまいました。
    ありの巣コロリをおいて事なきを得ましたが、
    それ以来撒いてません。

    トピ内ID:6442925313

    ...本文を表示

    大丈夫

    しおりをつける
    blank
    りんご
    お米のとぎ汁は悪影響どころか
    いい肥料の足しになりますって。

    化学肥料をやるよりずっといいです。

    とぎ汁を下水に流さなくていいし
    家庭菜園のお水も節約になるし
    いいことだらけだと思います。

    私もミニトマトやピーマンを植えて
    とぎ汁あげてますよ。

    でもとぎ汁を長時間とっておくと
    腐敗しちゃうのですぐあげてくださいね~。

    トピ内ID:7321900957

    ...本文を表示

    諸説あるみたい・・

    しおりをつける
    blank
    おばさん
    とぎ汁にはぬかが混じっているから栄養が合って良いという説もありますが

    とぎ汁の細かいぬかや米粉などが、土の小さな隙間に入り込んで、土が詰まった状態になって根が伸びなくなってよくないという説もありますね

     私の経験では

    栄養云々お説を信じて、とぎ汁やっていたら
    カビが生えて、植物がだめになってしまいました

    ということ2度とやっていません

    トピ内ID:2548050157

    ...本文を表示

    以前は

    しおりをつける
    blank
    にょーまま
    以前は...
    「栄養豊富なお米のとぎ汁を流しに捨てるなんてもったいない!」という風潮があったようで、草木の水やりに使用している方が沢山いらしたようですが。

    最近は...
    お米の粉部分が、草木の成長に必要なホカホカな空気を含んだ土の空気部分につまり、ガチガチの土にしてしまい草木が根呼吸できなくなるので与えるのは良くない。

    という風潮に変わっているように思われます。
    どれだけの雨水利用になるのかにもよりますが...雨水が一番良いように思います。

    トピ内ID:1744489358

    ...本文を表示

    「毎日」は良くないと思います

    しおりをつける
    blank
    田んぼの案山子
    月に1~2回くらいが良いのではないかと思います。

    それというのも、米のとぎ汁を花壇にまいて花を枯らしてしまったことがあるのです。
    調べてみたら、米のとぎ汁に含まれているのは主にデンプン。
    これは栄養分ですが、発酵していないので、土の中で微生物に分解してもらわないと植物の栄養として利用できないらしいのです。
    微生物が分解する時(発酵)に熱を出しますし、デンプンが土の表面に幕を張ることもあって、土の温度が高くなりやすく、またカビが生えるおそれもあり、夏場にまくと植物を枯らす原因になるそうです。

    米のとぎ汁は、水というより、肥料の一種と考えたほうが良さそうです。
    夏場のプランターは特に温度が上がりやすいでしょうから、毎日の水遣りには使わないほうがいいのではないでしょうか。

    トピ内ID:8830363186

    ...本文を表示

    週1程度が、無難

    しおりをつける
    💍
    ピンク・サファイア
    毎日は、止めましょう。
    朝・昼・晩と、毎日やれば、植物は枯れてしまいます。

    確かに適度にやれば肥料にはなりますが、やり過ぎはダメです。

    トピ内ID:8286981177

    ...本文を表示

    有機農業の誤解

    しおりをつける
    😝
    無機質
    >でもとぎ汁を長時間とっておくと腐敗しちゃうのですぐあげてくださいね~。

    驚くべきレスですね。

    植物が米のとぎ汁の中の「米粉」を食べるとでも思っているのでしょうかね。

    植物は、有機物が分解して「窒素リン酸カリ」などになって始めて、根から吸収できるのです。有機物のまま吸収はできません。

    なので、有機物を「堆肥」にする。つまり、微生物によって、長時間かけて発酵させ、無機物に分解するのですよ。
    そのためには、肝心の発酵微生物が生育しやすい環境(温度湿度空気)を整える必要がある。
    直接、とぎ汁を土に撒いても、適切な発酵はしません。
    土が目詰まりで固まって、腐敗する(望まない微生物によるのが腐敗、望ましいのを発酵と言います)。

    とぎ汁の使い道としてお勧めは、藁で作る堆肥に、時々散布してやることです。

    庭に撒きたいなら、広い範囲にばら撒いて、偏らないようにしましょう。多過ぎなければ、水の代わりとして使えます。

    トピ内ID:1996180833

    ...本文を表示

    あー

    しおりをつける
    blank
    まか
    黴がはえたことありますねー植木鉢… 畑なら外だから大丈夫かも

    トピ内ID:9608279473

    ...本文を表示

    頻度がある

    しおりをつける
    🐴
    おぢさん
    毎日、米を研ぐのは私の仕事なので
    やはり同じことを考え、毎日ではないですが研ぎ汁を庭の木や草花にやっていました。
    結果は見事に失敗しました。
    人間だっていつも高栄養のものを食べさせられ続けば病気になります。

    トピ内ID:0213332107

    ...本文を表示

    トピ主です。ご意見ありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    花子
    おぢさん様、まか様、無機質様、ピンク・サファイア様、田んぼの案山子様、にょーまま様、おばさん様、りんご様、とま様

    レスありがとうございます。

    栄養は化学肥料を適度にあげているので、栄養と言うよりお水として利用したかったのですが、皆さんの意見を聞くとリスクがあるようなので再利用は諦める事にしました。

    これで、日々の悶々とした思いを消すことができました。

    ありがとうございます。これでこのトピは完了とさせて頂きます。

    トピ内ID:6803046817

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0