詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    小池真理子の夏の吐息。解釈

    お気に入り追加
    レス3
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ゆずぴ
    話題
    こんにちは!ゆずぴと言います。
    私は、夏の吐息という小説(短編集も)が好きです!

    そこで、読んだ人へ。
    昌之は生きているのか死んでいるのか
    3回の電話は?
    妙子のこと、など
    どんなことでもいいし、思いつくことでいいので
    みなさんの解釈を教えてください!

    トピ内ID:4295134552

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数3

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    帰れない理由

    しおりをつける
    💍
    奈津子
    もちろん、生きています。
    でも、妻の元へ帰れない理由があるのだと思います。

    たとえば、何かまずいことにかかわって、拘束され、身動きがとれない・・・とか、
    夫は本当は秘密結社の人で、何か事件や事情があって帰れなくなってしまった・・・とか。

    妻には真実を打ち明けたいけれど、もし打ち明けたら妻の身が危ないので(脅されている?)それもできず、
    スキを見つけて電話をしても、言葉を発することさえできない。

    だけど、言葉でなく吐息でも、妻には十分に夫だと分かるし、その胸の内もなんとなく感じるのです・・・


    こんな風に理解しました。

    小池真理子さん、中年女性の「最後の恋」みたいな思いを、とても切なく、温かく、力強く描く作家さんですね。

    横ですが「ノスタルジア」も大好きです。

    トピ内ID:3093753569

    閉じる× 閉じる×

    死んでる気がする。

    しおりをつける
    🙂
    メロディ
    電話が鳴ったのも、
    「気のせい」です。

    本当は鳴ってない電話が三回あったのでしょう。

    ただ、妙子の耳には、
    本当に電話が鳴ったんです。

    夏の蜃気楼のような、
    そういう「夏の吐息」なのだと思います。

    トピ内ID:7202715683

    閉じる× 閉じる×

    やっぱり死んでない。

    しおりをつける
    🙂
    メロディ
    前言撤回します。
    もう一度読み直しましたら、
    やっぱり昌之は、

    (伏線としても書かれてますが)
    その喧嘩っ早さから、
    「何か」に巻き込まれたのでしょう。

    漏れ聞こえた吐息は、
    涙をこぼした昌之の抑えた息遣い。

    だから、
    すべて理解して「待とう」と決めた、
    そういう気がします。

    はい、
    「奈津子」さんに同意です。

    トピ内ID:7202715683

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0