詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    うつの家族を支えながらの子育て

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ひらりん
    ひと
     私の夫は、仕事のスレレスにより昨年の12月にうつと診断され、4ヶ月の休職後現在は6時間勤務という形で復帰しつつあります。 子供は、5歳(園児)3歳のワンパク盛りな息子がおります。  主人のことを一生懸命理解しようと、一緒に病院に行ったり、本を読んだりしてきました。 でも、自分が疲れた時、家に居る時間が長くなった夫に対して、もっと育児の助けが欲しいなどと、どうしても思ってしまいます。行ってはいけないのに文句を言ってしまったり。  偶然、お隣の奥様もうつということを聞き、産後うつという子供へのストレスからだったため、たまに、子供を預かったり、お互いの家を行き来して話をしたりしています。 その話の中で、ご主人にはアレ家事などをやってもらってる、子供は主人がいるときは、面倒を見てもらう。抱っこは重いからしたくない。気分では夕飯を作らなかったりするなどという奥さんの話を聞いていると、 うつって何?面倒くさがり?っと思ってしまうのです。 私は、家事も育児もほとんどやっているのにっと滅入ってしまいます。 誰か、うつの家族を抱えながら子育てしているお友達が欲しくてメールしました。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    本当にお気持ちわかります…1

    しおりをつける
    blank
    わかります!
    夫ではないのでトピ主さんとは比較にならないと思いますが、義母が鬱でした。 正直言って、なんて自分勝手で怠慢な依存心の強い人なんだろうってほとほと呆れました。 車で2時間の別居なんですが、 そんなこと自分で考えてよ!ってことばっかり延々と何時間も電話で相談。 私は現在2歳児の子育て中で仕事もしているのですが、仕事中も何もかまわず日に3回も4回も。 電話口で明らかに子供が泣いていても、 ああ泣いてるねぇ~と言って、自分の話。 今日何を食べたらいいかわからないとか、今ドアの外に人が来てるんだけど(たぶんセールス) 電話を替わるから話してもらえないか、とか 何もしたくないとかゴハンも食べられないとか、何か考えようとすると頭がわーっとなって よくわからないから今月の生活費をあなた決めて(勿論家計は別ですよ)とか。 つづく

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    本当にお気持ちわかります…2

    しおりをつける
    blank
    わかります!
    食事の支度なんて全くしないし、毎日病院行って家でじっとしてるだけ。 それでいてアレコレ考えて夜も眠れなかったといって、 さも大変そうに電話掛けてくるんです。 これもすべて病気のなせるワザと頭では思っていたけど、でも頭に来ました。 毎晩夜泣きで寝れてないのはこっちだよ!って。 でも、そんな義母は自死しました。 支えきれなかった自分に大後悔です。 1~2年。とりあえずは我慢しかないです。 絶対に治る日が来ます。 本当に腹立つのわかります。 医者はとにかくやすませてあげてくださいって言うけど、そうすると周りに全部の負担がきますものね。 3歳と5歳の息子さんを抱えてなんて…想像するだけで離婚したくなります(笑)。 ウチも息子です(笑)。 神様は見てます。 かならず治る日が来ます。 がんばって下さい。 表面的には普通に見える鬱の人を見ると、 ついもっとしっかりしてよと思っちゃう気持ち、痛いほどわかります。 でも鬱は怖い病気です。 義母も突然でした。 鬱の人はどんなにがんばりたくてもがんばれないんだって後から思い知りました。 3年後の幸せのために。 期間限定の女神様になって上げて下さい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ズバリお疲れですね。

    しおりをつける
    blank
    私もミイラ取り。
    うつ病患者を1人で支えるのは大変です。子育てしながらでは、なおの事です。 ご主人やトピ主さんの親御さんとか、ご兄弟など、とにかく誰かに応援を頼んでください。そういう方が誰もいないなら、腹をくくって、トピ主さん自身もいろんな事に手抜きをしてください。 そして一度ご主人の主治医に、トピ主さん自身の事も相談した方がいいですよ。ミイラ取りがミイラになってしまわないうちに。 も1つ言わせてもらえば、もはや、隣のお子さんを預かっている場合ではないでしょう。隣の奥さんとの会話も、参考に出来る事があればまだしも、どうもストレスやうつ病への偏見の材料にしかなってないのでは? ご自分も余裕がない事を伝えて、しばらく離れた方が、トピ主さん一家のためだと思いますよ。 「うつ病患者の家族の会」みたいなものもあります。ネットで検索すると、色々出てくると思います。うつ病のサイトの掲示板とかの方が、色々励ましあえる仲間が見つけやすいと思いますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    わかりますよ~~~

    しおりをつける
    blank
    haha
    うちの夫もそうでした。 ようやく、落ち着いてきましたけど。 まわりからは、本人が一番辛いのよ、と言われるけれど、 正直、一緒に暮らしてる者の方が、辛いかもよ? と思った時期もありました。 そんな時は、死んじゃったらどうしよう。と考えました。 死んじゃうくらいだったら、どんな状態であれ、 生きていてさえくれればいい。そう思って過ごしました。 そして、家事は手抜きをし、外で気晴らし!! 他でなんとか、自分、というものを保って、 そして、夫の前だけでは、いつも笑顔でがんばりました。 今になって、夫が言うんです…私には本当に辛い思いをさせたな…って。 絶対、ご主人も、悪いなぁ~って思ってると思いますよ! 今は、ご夫婦にとって、がんばりどきです! 夜明けは必ずきますよ!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございました

    しおりをつける
    blank
    ひらりん
    わかります!さん、私もミイラ取りさん。 よいアドバイスをありがとうございました。 とても心強い気持ちになりました。  わかります!さんは 義母様を亡くされたということですが、絶対自分のせいにしないでくださいね。小さい子供がいながらも、すごいです!尊敬です!お疲れ様でした。 期間限定の女神!夫を信じてやってみます。   私もミイラ取りさん。 お名前からすると、何かご苦労があったのでしょうか?大丈夫ですか? ミイラ取りさんのおかげで、他のHPにも同じ境遇の仲間をみつけることができました。 そして、自分の負担がなるべく減らせるように、手を抜きつつやってみます。お隣の方も子供が同世代のお友達ができたようなので、少しづつ距離を置いてみます。 お二人にとってもよき日々が送れますように心から願ってます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    夫も鬱でした

    しおりをつける
    blank
    まめシフォン
    ひらりんさん、こんにちは。 私の夫も2年前位に、半年ほど鬱状態になりました。 当時は、3歳の長男と、生後間もない次男です。 夫が転職しようとしたら、会社が辞めさせてくれない上に、ボロクソに言われまくり追い込まれて、鬱になっていったんです。 病院を勧めても、病院嫌いなので行かず、食事もあまりとらずに、何とか仕事には通っていました。「俺はどうしようもない人間」とか、今までの夫からは考えられないような言葉まで出ていました。 私の場合は、私の実家がすぐそばにあったので、色々な面で助けてもらえたから、ひらりんさんより楽だったと思います。それに夫も一応仕事をして給料をもらってくれたので。 会社を辞められるまでの半年間は、家の中には暗いムードが漂っていましたが、とにかく「今だけ」とわかっていたので、夫を励まし支え続けました。 転職してすぐに夫は回復していき、以前より数倍、私のことを大切に思ってくれます。本当に感謝してくれているみたいです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    疲れていれば誰でも余裕は持てません

    しおりをつける
    blank
    sora
    疲れているのに 無理して理解しよう、とか 力にならなくては、と 思っているのですか? それでは疲れがたまる一方でお相手にも 良いことはありません。 うつがどうだとか考える前に 自分が今無理をしない程度にできること できないことを判別していくといいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]