詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    子供には何歳まで「サンタさん」?

    お気に入り追加
    レス30
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    かーちゃん
    ひと
    うちの息子は小3なのですが、いまだにサンタクロースを信じています。
    実際は、サンタよりプレゼントの方が興味あり…かもしれませんが…。

    それでも去年、面倒だったのでクリスマスツリーを飾らないことにしようと思っていたら「それじゃぁ、サンタさんがわからなくなる!」と言って本気で焦っていました。

    小さな頃「うちには煙突がないからサンタさんは、このツリーのチカチカ(電飾)を目印にしておうちに入ってくるんだよ」と教えたのを、ずっと信じていたようで、正直「まだ信じてたんかい!」とびっくりしましたが、とりあえず話をあわせていました。

    ママ友達に聞くと、小学校に入る年にはサンタさんからのプレゼントは無しと決めたそうです。

    みなさんのお子さんは、何歳からサンタさんからのプレゼントをなくしましたか?
    また、お子さんは何歳までサンタさんを信じていたか参考までに教えていただけたら…と思います。

    よろしくおねがいします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数30

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    夢を壊さないであげてほしい

    しおりをつける
    blank
    夢子
    似たようなトピがありましたが、私は夢を壊したくないです。我が家の娘も小学校3年生ですが、未だに信じていますよ。夢があるって素敵なことではありませんか?
    夢から醒めたら、そのときはそのときでいいなあと思っています。娘の同級生の中に小学校に入学した時に「小学生だから」と子供番組を禁止したしたお宅がありました。
    うちは、禁止をしませんでしたが、自然に卒業してゆきました。何事も自然に任せるのが一番良いと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    まだサンタさんが来ますよ・・・(笑)

    しおりをつける
    blank
    夢見がち
    私は28歳ですが、お恥ずかしい話、実は未だにサンタさんが来ます・・・サンタさんの正体が親だと知ってるんですが、親がどうしても「サンタさんがプレゼントを枕元に置いていく」ということをやりたいらしくて、仕方なくそれに付き合っています。

    と言ってももう実家を離れているんですけど、クリスマス近くになると「今年はサンタさんに何をお願いした?」って聞いてきます。「何もしてない」と言うと悲しそうな顔をするので「サンタさんがくれるのなら何でもいい」と言います。クリスマスに実家に帰ることは少ないのですが、後日「はいこれ、サンタさんから」とプレゼントを渡されます。筆記体で頑張って書いたカードも付いてます。

    未だにサンタさんだなんて変な親ですよね~、きっと子離れできてないんだと思います。でも親にとって子供はいつまでも子供なんでしょうね。呆れつつも可愛い親だなと思っています。話がそれましたが、お子さんが信じている内はいつまでも信じさせてあげて欲しいです。本当の事がわかった時にトピ主さんが如何に上手く説明できるかが大事だと思いますよ。私は小学校高学年まで信じていました!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    小学校5年生!

    しおりをつける
    blank
    夢子
    私は女ですが、小学校5年生まで本気で信じてました。
    5年生ではさすがに友達は誰も信じてなかったけど、周りがサンタクロースいつまで信じてたぁ?なんて話していても、私は、みんなのうちにはこないんだ?かわいそう!って思ってました(笑)すごい信じようですよね。
    母が心配して、5年生のクリスマスに本当はサンタクロースはいないのだと教えてくれました。
    ハッキリ言って目からウロコ!すんごいビックリしました。
    だって本当にいると思ってたから。

    ちなみに弟は4年生まで信じてました。
    私に教えた翌年に、母が心配して教えてました。
    弟は夢が壊れたと、かなりショックを受けガッカリしていました・・・。

    ワタシ的には、もっと信じていてもよかったかな~なんてのんきに思います。
    教えてもらわなかったらいつまで信じていただろう?と疑問に思いますが、言われなくてもいずで気づくんじゃないかなぁ。
    う~ん男の子じゃ、バカにされたりしちゃうのかな?
    でも4年生まで信じてた弟は、成績優秀なリーダータイプで特に問題なさそうでしたよ。
    弟がとにかくガッカリしていたのを覚えています(笑)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    本人が気づくまで良いかな・・と

    しおりをつける
    blank
    芳野
    私自身は小学校に入る前から知っていました。
    子どもには夢を信じて欲しい・・・なんてことは考えていませんが、折角のイベントなので、サンタからのプレゼントは届いています。

    3年のときに「サンタは本当にいるの?」と聞いてきました。友達からサンタは親がやっていると噂を聞いてきたようです。

    私は、
      サンタを信じている子にだけ、サンタはプレゼントを持ってきてくれる。
      或る日、子どもがサンタを信じなくなったときに、サンタのプレゼントはなくなる。
      だから大人はサンタからプレゼントがもらえない。
      だから代わりに家族がプレゼントするのではないか?
        。。。と答えました。

    子どもはしばらく考えた後に、ポツリと
    「ボクはサンタを信じるよ」とつぶやきました。

    今、子どもは五年生・・・今もサンタを信じているのかどうか訊いていないのでわかりません。
    でも、クリスマスは子どもにだけ与えられる夢の世界・・・わざわざ急いで壊さなくても良いのではないでしょうか。

    だって、私も心のどこかで、サンタの存在を信じたいと思っていますから・・・・

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私は独身ですが・・・。

    しおりをつける
    blank
    あいり
    私は小4まで信じていました。
    小2~3年くらいになると学校でも「サンタはいるのか・いないのか」というような話になり、「親が買ってきてるに決まってるじゃん。まだ信じてるの?」と言われる事もありました。
    言われてみれば確かに地元のデパートの包装紙だし(←地元独自のデパート)、もしかしたら親がくれてるのかも?と疑うようにもなりましたが、信じていたかったのであまり気にしないようにしていました。
    しかしある日親から「サンタさんはいないんだよ。私達が買ってるんだよ」と言われ大ショーーーク!!
    小4にもなってサンタを信じてる娘が心配になったと言っていましたが・・・。
    なんとなく疑ってはいたし、その内真実に気づくようになるまで黙っててくれてもいいのに、って思いましたね~。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    いいじゃないですか~♪

    しおりをつける
    blank
    ふふふ
    うちはまだ2歳。今年はクリスマスの華やかな雰囲気を初めて認識し、なんだかすでに興奮気味で毎日毎日サンタさんがどうしたこうしたと話をしてきます。
    こんな純粋な気持ちがいつまで続くのかな~と思っていたところ、小学校3年でもと聞いて心が温まったような、その反面、「本当はいないと知ったときショックがるのかな・・」と自分の子と重ね合わせて胸がキュンとなりました。

    ちなみにうちの甥っ子は、小学校4年生くらいのときに私の目の前で、こともあろうに3歳離れた弟から「お兄ちゃんサンタさん信じているの? いないんだよ」と辛辣に一言言われ事実を知ってしまいました。現実的な弟・・・。
    きっとトピ主さんのお子さんも、お友達に言われて自然と知ってしまうときがくるのでは?

    知ってしまってもクリスマスの楽しさと本当の意味を教えてずっと(いつまで?!)楽しませてあげたいと思っています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私はこう思います

    しおりをつける
    blank
    さむい子
    トピ読んで、「ほんとにそうだわ」と、思いました
    家は、2年生と幼稚園児の子供がいます
    考えてしまいますよね~

    私自身、小学1年生の頃に、
    おもちゃ屋さんのクリスマスのチラシをみて
    なんだか現実を感じた記憶があります。

    我が家は、小学生の低学年あたりまで、と決めてます
    上の子には、きちんとプレンゼントを与えて
    「もう大きくなってきたからサンタさんはこないと思うよ」なんて、じっくり話すつもりです

    その上で、下の子には、
    あと数年クリスマスを満喫させようと思います。
    なんて、考えているのですが‥

    6年生あたりまで信じている子がいたのですが
    それもちょっと‥と、ひいてしまいますよね
    きちんと社会を見る感覚も大切なのではと思います

    ちなみに我が家は、クリスマスの行事は大切にしてますよ
    手間暇の問題ではないです
     

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    悩みますねえ

    しおりをつける
    blank
    まき
    うちの子供も小学低学年です。
    下の子供がまだ幼稚園なので可愛いものですが
    一体いつまでサンタさんを信じさせて良いものやら、
    私も悩みますね。

    私自身は高学年までサンタを信じていたので
    (かなり本気で信じていました)
    親がやっていると知ったときのショックは計り知れないものでした…
    まあ、こうやって大人になってきたんですけどね。

    さて、本題ですが、何歳まで?と言われると困るんですが
    そろそろ少しずつ種明かしをし始めていいかな?と我が家では話しています。
    あんまり演技力がうまいのも考えものなので
    欲しいものを聞いたら一緒にトイ○ラスへ行ってチェックしてみるとか
    「それは金額高すぎだよ~」と暗に言ってみるとか。
    小学生くらいになると段々「なんだかおかしいぞ?」となるのでは?

    うまい方法があれば私も知りたいですね♪

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    高すぎて・・

    しおりをつける
    blank
    でもクリスマスは好き
    私は小学校の5,6年生ごろまで信じてました(笑
    2歳下の妹とサンタ宛てに手紙や質問用紙(正体が知りたかった:笑)を書いたり、クッキーなんかを用意してました(笑
    ある年のクリスマス、いつもと同じように、親におもちゃ屋さんにつれていってもらって「今年はサンタさんになにを頼むかきめなさ~い」って言われてある電子手帳(1万くらいだったかな)が欲しくって。うちは3人兄弟なので私にそんなにかけるわけにもいかず、「他のにしたら?」といってもこれがいいと言う私にどうしようもなく、「実はね、サンタさんはお父さんなんだよ」と(笑

    横ですがそれからはいっつもサンタさんを怖がる(知らない人が飛んでくるっていうのが怖かったみたい。霊感が強い子なので)に「あ、なんか鈴の音しない?」っていって脅したりしてました。御免ね・・・

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    今、小6の娘

    しおりをつける
    blank
    こと
    多分、サンタさんを信じていたのは小4までだと思います。でも、学校で話しが出るらしく小3頃からサンタを信じているとバカにされていたような時もあったみたい。

    小5の去年の態度は「サンタ=お父さんとお母さんかも・・・でもサンタさんはいるはず」って感じでした。そして先日の話しですが、私のお友達が幼稚園と小2の子供を連れて遊びにきました。そしてサンタさんの話になり小2の子が同じクラスの子にサンタはいないと言われたけど、絶対にいる!みたいな話になった時に、我が子は「あのね、・・・」と言いかけハッとし黙りました。

    多分、「サンタはいないと言うとプレゼントがなくなる」か「幼稚園と小2の子供の夢を壊しちゃいけない」と思った感じでした。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    上の子は小5まで

    しおりをつける
    blank
    まままま
    上の子は最近、「サンタさんはパパなんでしょ」と
    言って来ました。もう信じられなくなったと言う雰囲気だったので・・・プレゼントを準備して枕元に置いているのはパパだけど、その時パパの心はサンタさんになっている・・・と答えました。
    まだ下の子がいるので「(下の子)には、パパが枕元に置いているのは言わないで」と言いました。
    神様や良心、目には見えないけど「ある」ものってありますよね。サンタさんもそういうのかなと思います。上の子にもそういう話をしました。
    上の子は、「私も心はサンタになりたいな」と言います。
    上手く書けないけど、うちの家庭はそういう感じです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    小4の子供は信じてます。

    しおりをつける
    blank
    yurichoco
    うちの子供小4の子供がおります。カトリックの学校に行っています。
    当然信じています。
    ママもサンタさんから、欲しい物1つお願いして、もらったら。と言います。

    中学生の息子は、サンタさんの話を下の子供との会話を聞いていて、
    にやにやしてました。
    が、否定はしませんでした。
    そのときは、この子わかったのかな?と思いました。
    が聞いてません。

    最近私はこう言いました、サンタさんを信じている子だけ
    もらえるんだよ。と、では高い物をねだられたら?
    サンタさんもみんなにプレゼントを買わなくてはいけないから、あんまり高い物をおねだりしたら、いけないよ。
    と。そしたら、わかったと言っていました。

    まだ、私の知っているまわりの小学4年生は信じています。皆親が枕元におくそうです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    夢を壊されて悲しかった思い出

    しおりをつける
    blank
    ゆりまま
    幼稚園の頃、年の離れた中学生の姉が「サンタなんて来るわけないでしょ」と言われて大泣きしたのを今もよく覚えています。近所に児童心理学を専攻した叔母が住んでいて、叔母が毎日のように「サンタ、来るわよ」と毎日私を抱いて言いつづけてくれて(後日、姉の話によると、姉が叔母のところに相談にいったらしい)、クリスマスプレゼントがあってほっとしたのを覚えています。姉は「あの時イライラしていてごめんね」なんて言ってますけどね。
    小学校1年の息子もサンタを信じていますよ。昨年は「サンタにこんなにお願いしちゃった」と幾つもプレゼントを言うので、私が「サンタはおじいさんだから、Y君だけにこんなに持ってこれないよ。減らそうよ」なんて言っていました(笑)。息子もやがては思春期を迎えて夢から醒めると思いますが、それまでは夢を大切にしてあげたいです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    23歳まで

    しおりをつける
    blank
    omu
    私は23歳までやってもらっていました!
    23歳で、母に「もうそろそろやめない?」って言われてしぶしぶやめました。
    そもそもは年の離れた弟がいるので、その弟に合わせていた、というのもありましたが・・・。

    それまで、ずーっとサンタさんを信じているフリをしていましたよ。
    だって、朝起きたら枕元にプレゼントがあるなんて・・・こんなときめく事ってそうそうありません。
    ちなみにプレゼントは中学生頃からは毎年パジャマ。そのパジャマを大晦日に着て新年を迎える、というのが恒例でした。

    実際は8歳の時に、母が不在の時にデパートからおもちゃが届いたので、その時に現実は知りましたが。けっこう長い間信じている子供さんは、現実を知ったときに「騙された感」が強くなってしまうのでしょうね。子供の性格にもよるのでしょうが。

    私は今年「サンタさんごっこをやったことがない」相手と結婚しましたが、もし子供が出来たら、少なくとも二十歳くらいまではサンタさんしたいなあと思っています。
    「騙す」というと言葉悪いけど・・・年に一度の親からのイタズラと思うと、おちゃめで楽しいと思うのですが・・・。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    まだサンタ来ます♪

    しおりをつける
    blank
    メリクリ☆
    私はもう大学生ですが、いまだにサンタが来ます。
    もう子供の頃のように欲しいものをサンタにお願いすることは無くなりましたが、
    最近サンタは服や現金を置いていってくれます。

    金銭的にプレゼントをあげるのが難しくても、私だったら朝起きて、枕元に包装紙に包んだ板チョコ一枚置いてあるだけでもすごくうれしいです。

    せっかくクリスマスなんだからツリー飾りましょうよ♪
    飾り付けが面倒だったら、ライトを巻くだけでもとってもきれいですよ。
     
    サンタがいないことは放っておいてもそのうち気づきますよ。

    私は小2でサンタを信じなくなりました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      いいじゃないですか

      しおりをつける
      blank
      花火
      信じてるならそのままにしてあげましょう。
      プレゼントにお金がかかると思うなら希望の品物じゃないくてもいいじゃないですか。
      「きっとサンタさんは色々用意しないといけないから大変なんだね。○○(お子さん)はサンタさんが大変なの理解してくれると思ったからこのプレゼントにしたんじゃない?」と言って差し上げたらどうでしょう?
      そうすれば「僕はサンタさんに頼りにされたのかも?」と思ってくれるかも。

      ちなみに私は小学校中学年くらいで気づいたと思います。
      それでもプレゼントが欲しかったので気づいてない振りして「今年はサンタさん○○くれるかなぁ?」と言いながら手紙を書いてましたね(苦笑)。
      親も気づいてたようですけど付き合ってくれました。
      だたプレゼントはいつも長靴に入ったお菓子でしたけど(笑)。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      確信するまで貫く

      しおりをつける
      blank
      まだ楽しみたい
      ウチの小4が「信じる」「信じない」のはざ間で揺れ動いています。なぜなら去年「サンタさんからの手紙」をもらったから。「もうすぐ学童保育(小1~小3のための託児所みたいなもんです)も卒業だね、留守番頑張れるかな?」ってな事が書いてあったらしいです。本当の差出人は実家の母なんですけど。

      その下に小1がいるのですが、サンタにお願いできるものは1つと教えてあるので、「カードをお願いすると1袋だけ?そんなん母ちゃんでも用意できるよ~」と悩んでいます。

      一番上の中学生は年長の時に気付きました。なぜなら頼みもしないランドセルが枕元にあり、「サンタさんに交換してもらう」と泣かれ、しぶしぶ初売りに欲しいオモチャを買ったからです。でも弟たちの夢を壊さないように付き合っています。クリスマスの朝には「うぉスッゲー兄ちゃん○○もらった~」とド下手な演技までしてくれます。

      んー、でもそろそろ限界。現金欲しがるようになったら嫌だなぁ・・・

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です

      しおりをつける
      blank
      かーちゃん
      みんさん、大変貴重なお話ありがとうございました。
      すごく参考になりました。

      私個人は、何歳までもそういう夢を持ち続けて欲しいと思いつつ現実を見つめられる目をいつになったら…と、ちょっと心配になっていたところでしたので、みなさんの「本人が気づくまで」とのご意見、本当にありがたかったです。

      これで、今年のクリスマスも安心してプレゼントをツリーの下(我が家ではツリーの下が定位置)に置いておけます。

      うちでも、あまり何個もリクエストが出ると「あんまりたくさんだと他の子の分が無くなるし、サンタさんも(お金が・笑)大変でしょう?」と説得してます。

      *ままままさん*の【プレゼントを準備して枕元に置いているのはパパだけど、その時パパの心はサンタさんになっている】【神様や良心、目には見えないけど「ある」ものってありますよね】は本当にそうだと思いました。

      この言葉、いつか息子が本当の事に気づいた時に、ぜひ使わせてください。
      そして、息子にも同じ気持ちを持ったパパになって欲しいと思います。

      もしよろしければ、引き続きみなさんのお話をお聞かせ下さい。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      どうやって知ったんだろう

      しおりをつける
      blank
      nyanta
      全然覚えてないんですけど5歳くらいですでに
      サンタクロース=架空の人物
      っていう図式ができあがっていました(笑

      でもプレゼントが欲しかったので
      サンタさんに何々が欲しいっていっといて~
      なんて母親に言ってました。

      悪ガキ・・・って感じですね

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      何歳になっても、いいと思います。

      しおりをつける
      blank
      しょこら
      私は既婚者で子供もいませんが、いまだにサンタさんがやってきて寝ている間に私の頭元にプレゼントを置いていってくれますよー。(たぶんって言うか、間違えなく今は夫がやっててくれると思うのですが。でも、ちゃんとクリスマス仕様の包装紙に包まれてます)

      親でも誰でも、わざわざ人が寝静まるのを待って、おきるまでの間にそっとプレゼントを置いていってくれるって、その心意気だけですごいと思いませんか?

      子供の頃は、三人兄弟でなんとなく「親がくれる」って分かっていたので(っていうか、夜中に本当に他人が忍び込んできたら怖いですよね)、家中ひっくり返して用意してあるはずのプレゼントを探しまわったり、わざと夜更かししてサンタを見ようとしたり・・・

      でも、いつも失敗するんです。家の中にプレゼントはないし、サンタは寝ているあいだにやってくる。
      そうやって、サンタとしてプレゼントをくれる両親が私たちは大好きだったので、「うそつき」とか思ったことはなかったですけどね・・・。

      その気持ちが愛だって、思うんですけどね。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      我家の場合

      しおりをつける
      blank
      口八丁
      小3と小1の子が居ます。私自身はまったく夢の無い親の元に育ったので、なんとなく夢のある子供時代って言うのも良いかな~って思って子供達にはサンタは居るって言ってます。

      ただうちの場合はやっぱり微妙に現実的なサンタ。

      サンタへの予算は5000円まで。
      なぜなら、沢山の子達へおもちゃを配るサンタさんが破産しちゃったら困るから。

      サンタはピンポン鳴らして玄関から来る(マンションだから仕方が無いの!)。
      なので、親が認めないおもちゃならその場で返品・交換できることになっている。だから何でももらえるわけじゃない。

      サンタのおもちゃは近所のお店の包みの時もある。
      なぜなら、サンタは年寄りだから今時のおもちゃは作れません。なので大量におもちゃ屋に発注してるはず。

      ちなみに裏情報(笑)ではサンタのおもちゃを買う予算は子供の居る家庭からのカンパで成り立っているから、親にも感謝しなければいけないのである。というのもあります。

      何処が夢のある話なんだか、こんなサンタうちの子はいつまで信じてるんだろうと思ってます。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      信じさせておいて・・・

      しおりをつける
      blank
      トナカイ
      サンタさんを一旦信じさせておいて、親の都合で“そろそろいいでしょ!?”では息子さんがかわいそうではないですか?
      長くても小学校いっぱいぐらいでしょうから、あと数年のサンタさんを楽しんではいかがでしょう。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      いいと思いますよ!

      しおりをつける
      blank
      三太
      年齢制限なんてないと思いますよ。お子さんが信じていると言うのなら、信じさせてあげましょう。たとえサンタ=両親だと知っていても、「サンタが来る!」ということが好きなのかもしれませんしね。

      かくいう私は小学校5年まで。夢を壊されたのは小2くらいですが(クラスメイトの男子に「え!?知らないの!」と教えられた)、小5までは頑張って「そういうこと(サンタが来る)にしておこう」と思っていましたよ。そして翌年、親のほうが挫折しました。隠したりするのが面倒になったらしい・・・。夢のない親だな~。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      たぶん

      しおりをつける
      blank
      れすび
      ずっとサンタを信じていた小学校4年生。
      それまでは、毎年ほしくかったものをプレゼントとしてもらっていたのに、その年だけは違いました。

      なぜかサンタは24日の夜8時ごろ来て(勝手にチャイムが鳴った。今考えれば父だろう…)、プレゼントが玄関においてありました。

      そして、プレゼントの中身は国語と算数の分厚い参考書兼問題集。「ほ~ら、サンタさんはいつもれすびのことを心配してくれてるんだよ」とわざとらしく喜ぶ母。

      鈍感な私でも気持ちがす~~~っと冷め、両親が買ったんだということを悟りました。
      今思えば、サンタがいないことを悟らせるためだったかもしれません。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      サンタはいます。

      しおりをつける
      blank
      ウルトラの母
      我が家は中3と小6の男の子ですが、今年もサンタがプレゼントを持ってきてくれますよ。
      たぶんまだ下の子は信じていると思います。

      私は「サンタは本当にいる」と話しています。
      友達は「いない!」と言っているそうですが、「サンタがいないなんて寂しい事言うね」と言ってます。

      勿論、親がプレゼントを用意していますが、「クリスマスにプレゼントをしたい」と思う心こそがサンタなんだという信念を持っています。
      だからもし子供達が「サンタはいない」と言い出しても、私は「サンタはいるよ」と言い続けようと思っています。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      家族・友人・人間関係ランキング

        その他も見る その他も見る

        中3と小6ですが・・・・・

        しおりをつける
        blank
        はっちゃん2
        子ども2人います。
        中3の長男はさすがにサンタの存在に最近「???」ですが、小6の長女はまだ信じています。

        プレゼント買う時は、下見として子どもたちをお店に連れて行き、選ばせて帰宅します。
        サンタさんにちゃんと連絡するという形で子どもには伝えます。
        クリスマス当日はプレゼントを枕もとに置きます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ♪ポーラー・エクスプレス

        しおりをつける
        blank
        サトリン
         小6(男)と小3(女)の母です。昨年長男が小五の時にやはり悩みました。「お母さん、本当のことを教えて!」と言ってきたのです。多分学校で「まさか、お前信じてるの?」といったことを言われたのでしょう。当然、その場は周囲と話しを合せていたようです。それで私は「信じている子にはサンタさんが、信じていない子にはお父さんとお母さんが渡しているんだよ。」と伝えました。

         釈然としない息子と私。そんな時、映画館で「ポーラーエクスプレス」が上映されていました。あらすじは…サンタさんなんて居ないんだ、と思い始めた少年がイブの夜に迎えにきた電車に乗ってサンタの国に行く、という内容でした。

        電車に乗っているのはみんなサンタさんを信じるかどうかゆれている子供、という設定です。母と子3人で期待を胸に観に行きました。そしたら、もう子供達の目は輝き、私は号泣してしまいました。

        そんな息子も6年生。とっても優しい子です。

        少々横になりましたが、一度ご覧になってください。参考になると思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        楽しみましょう

        しおりをつける
        blank
        サンタクロース
        サンタは大人のおとぎ話なんだと、親になって
        思います。
        子供のために「一年に二度だけ(誕生日もある)」
        子供に好きなものを与えられる楽しみ。
        子供のために色々なことを我慢させていることも
        多いからクリスマス位、親子でおとぎ話を楽しみたい
        じゃないですか。

        私は35歳ですが小学3年生まで信じてました。
        でも親が一生懸命だったので信じた振りをしてた。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        うちも

        しおりをつける
        blank
        さんたさん
        小5の娘ですが、友達から聞いてそろそろ疑い始めたようです。

        昨年のクリスマスに自転車を贈りました。

        朝に報告したら、お母さんが驚いていた。(演技派?)
        お母さんは、重い自転車をベッド脇まで持ってこれない。
        ということから、親≠サンタと思っているようです。

        今年のプレゼントの希望は、親がサンタかどうかを確かめるという理由で教えてくれません。。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        信じています

        しおりをつける
        blank
        親の心
        もう大学生と高校生の娘がいますが、サンタさんはいると話しています。
        もちろん、もうサンタさんは来ません。
        でも、親が子供に幸せになってもらいたいという気持ちの現れとして、サンタさんがいるんだと話しました。
        たしか、上の子が小学校を卒業する頃だったと思います。
        サンタさんに手紙を書かなくなった頃でした。
        親の心にサンタさんがいて、子供たちの喜ぶ顔が見たい、幸せになってほしいから何を望んでいるのか知りたいんだとも話した事があります。
        そうしたら、今は特別おもちゃがほしくはない、という返事でした。
        それ以降、サンタさんは枕元にプレゼントは持ってきませんが、幸せを願っている気持ちには変わりはありません。

        サンタさんという言葉を使わない、子供を思う親心の方もいらっしゃるでしょう。
        それは、親がいればその数だけあると思います。
        また、世の中の子供たち皆が幸せな子供時代を送ってほしいと思う気持ちもあります。
        ですから、近所でボランティアをすることもあります。
        そろそろ娘たちには、親と違ったサンタさんがクリスマスにはそばにいるようになり始めました。
        幸せになってほしいなぁ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

          注目トピはありません。

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0