詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    アメリカで家の購入

    お気に入り追加
    レス18
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    かたつむり
    話題
    日本からアメリカに引っ越してきました。家を購入しようと思いますが、日本からの必要書類とは何ですか?アメリカではクレジットの履歴なるものが必要ですが、日本語で何と言う書類かわかりません。それはどんなものですか? どこで手に入りますか どなたか教えてください。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数18

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    何が必要なんですか?

    しおりをつける
    blank
    信用して!
    たぶん同じような返答がたくさんあると思いますが、何を尋ねたいのかよくわかりませんよ。

    「日本からの書類」が必要とあなたに言った人に尋ねるのが一番いい方法じゃないですか?

    もし「クレジットの履歴」が必要なら、それは日本語では「クレジットの履歴」と言いますから、日本に居たときに使っていたクレジットカードの会社に問い合わせればいいんでしょうね。

    もちろん現金で買うとそんなものはいらないと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    不動産屋に任せた方が良いですよ

    しおりをつける
    blank
    Texan
    書類の事に関しては、不動産屋に訊きましょう。ローンを組むのか、現金払いなのかで、かなり違います。不動産専門の弁護士を雇えば、更に良いでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    日本のクレジット?

    しおりをつける
    blank
    ぽけちゃん
    私が購入するとき、日本からの書類など必要ありませんでした。

    クレジットの履歴ですが、これはアメリカで作らないといけないのでは?
    よく駐在員がアメリカでのクレジットがないためにクレジットカードが作れず、苦労していますが。

    アメリカでクレジットを作りたいならまず大きい銀行で口座を開き、その銀行のクレジットカードを作ってせっせと使ってください。
    デパートやガソリンスタンドのクレジットカードも作りやすいのでこれも作って使いましょう。
    もちろんどんな支払いも遅延は絶対だめです。
    クレジットに傷がつきますので。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ここで聞くより不動産業者に聞いた方が良さそう

    しおりをつける
    blank
    ちょうちょうさん
    タイトルの通りです。
    だいたい日本のクレジット履歴を信用してもらえるんのかが疑問です。
    銀行の残高証明なら信用してもらえるだろうけど、
    でも、短期の借り入れをして見せ金を作る人は多いのでそれもどうだか。
    クレジットに関しては本当に様々な人がいるのがアメリカですから、クレジットのない場合にも対応できるようなシステムがあると思いますよ。
    上の方もおっしゃっているように現金で買うとクレジットの問題はありませんが、ローンにするとクレジット履歴がないということで多分利率は高い方になるでしょうね。
    地域にもよりますけど、日本語の出来る不動産業者さんもいらっしゃいますから相談されてみてはどうでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    アメリカのどこですか?

    しおりをつける
    blank
    アメリカ
    アメリカのどこの町なのかわかりませんから一言には言えませんが。
    私たちが家を建てたときはまず銀行でどれだけローンで借りられるかをみてから家の金額を決めました。そのためにいったのは過去数年分の税金の記録です。(アメリカでは四月に年末調整みたいなことをするのです。)現金購入ならその心配はないですね。

    まずは不動産屋に相談してみるとアドバイスがあると思いますが。日本人の多い所(ハワイとか カルフォルニア ニューヨーク周辺なら日本人専門の不動産屋がいると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    支払い能力、資産を証明する書類

    しおりをつける
    blank
    US Home Owner
    上の方もおっしゃていますが、現金購入でしたらたぶんクレジット履歴は必要ないと思います。

    ローンが必要な場合はリアルターとローンオフィサーに相談すれば必要書類を教えてくれます。日本でのクレジットカード履歴と、資産を証明する銀行などの残高証明書、給料明細などだと思います。もちろんすべて英訳された書類です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    米国でのクレジット履歴が大切

    しおりをつける
    blank
    購入経験者
    私自身のケースを含め私の知る限り日本からの書類は特に必要ありませんでした。必要なのはローンを組む場合、現在安定した収入があることを証明するために毎月の給与明細書及び日本でいう源泉徴収票にあたる税金関連の書類。これは米国の雇用主が年明けに前年度分を出してくれます。

    資産残高を示すためには最近の銀行残高、投資残高を示すStatement等です。クレジット履歴を調べられるのでソーシャルセキュリティー番号も聞かれます。今まで米国でローンを組んだり、クレジットカードを使ったことがないとここで却下されることもあります。

    そういう場合は車をローンで購入してローンを繰り上げ返済でさっさと返すと良いクレジット履歴になります。我が家は米国人ですが、日本にしばらく在住後で米国でのクレジット履歴が古くなっていたのでまずは車をローンで購入しました。2年のローンですが6ヶ月で返済し、その間に家選びを進めました。現金購入の場合のことは全くわかりません。いずれにせよ担当の不動産会社の方に尋ねるのが一番です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    おこたえ

    しおりをつける
    blank
    のんちゃん
    アメリカで家を購入する場合、日本から必要な書類などはないはずです。クレジットヒストリーは、日米別なので、日本でクレジットヒストリーがよくても、アメリカ発行のクレジットカードを持っていなければ、
    アメリカのクレジットヒストリーはゼロです。ではアメリカでカードをつくろう、となったとしても、クレジットヒストリーのない人に、カードを発行してくれる会社は皆無です。まずは銀行にアカウントを開き、セキュアクレジットカードを作ります。これは、厳密にはクレジットカードではなくて、最初にお金を預けて、その金額を上限に、普通のカードのように私用できるものですが、これを半年から1年使ってクレジットヒストリーを作っていきます。家を購入する場合、クレジットヒストリーがないと銀行は通常お金を貸してくれません。例外として頭金を、総額の30%以上入れれば、ローンがおります。なのでトピヌシさんの場合は、クレジットヒストリーがなければ30%頭金をいれることです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    家、買いました!

    しおりをつける
    blank
    在米X
    3ヶ月ほど前に、一軒家を購入しました。在米歴が長いので、状況的に参考になるかわかりませんが、手続きはこんな感じでした。まず、買いたい場所、家の大きさなどの細かい希望と妥協できるラインを決めておきます。頭金は総合金額の20%が普通ですが、足りなくても買う事はできます。

    以上の決断が何となくついた時点で、不動産屋さんに電話しましょう。一緒に探してくれる人を派遣してくれます。妥協せず、自分に合った人を捜すのがコツ。書類の手続きや、保険の手続きなんかは全部不動産屋さんで、取り仕切ってくれます。

    その他必要書類系統は:
    1.ソーシャルセキュリティーナンバー。絶対に必要になります。
    2.前年の確定申告の書類、これがないと、購入はかなり難しいです。
    3.過去2-3ヶ月分の銀行の残高証明書。購入金額の頭金プラス一万ドルの残金が残っていないと意味がないです。

    家を買うのって、大きなお買い物ですよね。何かほかにも質問等ありましたらメールください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    二回買った経験から

    しおりをつける
    blank
    パンゲア
    モルゲージをくむさい、銀行などの金融機関が直接クレジットヒストリーを入手するのが普通だと思いますよ。自分で用意するのではなくて。

    そのための同意を取るために銀行がサインを求めることはありますね。

    自分でするべきことは、万一不当な理由でクレジットに傷がついていないか、あらかじめチェックすることです。有料で自分の履歴を照会出来ます。

    ちなみに広範な意味でのクレジット(信用)の証明法は、金銭貸借のみに限らず、採用通知、知人、学位、成績表、光熱費支払いの履歴、などなどに及ぶので、できる限りそろえるのは、いいかもしれません。

    卒業したてで、碌なクレジット“カード”ヒストリの無かったとき、これらが役立ちました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    クレジット・ヒストリー

    しおりをつける
    blank
    シカゴアン
    通常、アメリカで家を買う場合は、不動産のエージェント、銀行等のローンの担当者(現金で買う場合は別ですが)、弁護士が必要です。弁護士は不動産のエージェントかローンの担当者が紹介してくれることが多いです。

    購入のプロセスでは彼らの求める書類等を出していくことになりますが、クレジット・ヒストリーは、民間のクレジット調査会社が個人のクレジットの履歴を調べて、信用度のポイントをつけているものを言います。

    たいていはローン担当者はEquiFaxなどの大手3社に問い合わせますが、日本から来たばかりの人は当然、そこでのクレジット・ヒストリーはありませんから、ローン担当者は日本でのそれ代わるものを求めるのだと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    クレジット・ヒストリー・・続き

    しおりをつける
    blank
    シカゴアン
    ちなみに私はアメリカに来てから8年目に家を購入したので、クレジット・ヒストリーは問題ありませんでしたので、日本からの書類は特に求められませんでした。

    アメリカではクレジット・ヒストリーがないとローンを組む場合やクレジットカードを新たに作るのも何かと大変です。私達も初めの3年くらいはクレジットカードを新規に作るのはすべて断られました。家の購入に際しては、仕事のできる不動産のエージェントとローンの担当者を探すと後が大変に楽です。

    私も2軒目の家を買うときはローン担当者が大変仕事のできる人でずいぶんと簡単だったのを覚えています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    もしかして・・

    しおりをつける
    blank
    購入しました
    By owner で不動産エージェントを通さないで購入されるのですか?

    普通不動産エージェントがよく教えてくれますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    銀行口座

    しおりをつける
    blank
    みみ
    アメリカ国内にある銀行口座に十分な資金がないとローンが組めない場合があります。その際ローン申請からさかのぼって3ヶ月以上の記録を求められますので、ローン申請の直前に資金を口座に入れたりすると(例えば、日本から送金してもらうなどして)ローンが降りないことがあるのでご注意を。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    日本で借金したことありますか?

    しおりをつける
    blank
    sachi
    あったら、日本の外部信用情報機関に頼んでご自分の履歴を送ってもらえばいいんじゃないでしょうか。

    これはオンラインでいくらでもヒットします。何種類かありますので、すべての機関に問い合わせる必要があります。

    でも、アメリカのクレジット履歴なしに、住宅ローンみたいな大きな借金ができるんでしょうか?できたとしても、利率がものすごく高くなるんじゃないかな。今プライムで6%以上だから、8~9%くらいまではいくかも知れませんよ。

    とりあえず、Mortgage Brokerと呼ばれる人を雇ってみたらいかがですか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      日本のクレジットは役に立ちません。

      しおりをつける
      blank
      しょうしょう
      他の方もおっしゃってますが、日米のクレジットヒストリーは別物です。
      渡米してすぐ家を購入するためにモーゲージの会社と銀行とのやり取りで知りました。

      主人(アメリカ人)のクレジットに私のものを合わせて
      ローンを組もうと思ったのですが、渡米して半年たらずしかたっていなかったので私のクレジットはネガティブな履歴こそありませんでしたが、文字通りクレジットの
      ない状態でローンを組むためにはなんの役にもたちませんでした。

      日本で百万円ぐらいの限度額のクレジットカードをん長年使っていても米国で初めてアプルーブされたクレジットカードは限度額が$200でした。

      ちなみに、現金信仰のある中国人の知り合いは日本円にして月収100万超えるのに利息がもったいないという理由で、車も家もすべて現金で買っていたおかげで、クレジットが「ない」状態で、小さいものすらローンで買い物ができず、計画していたビジネスをはじめるなんてとんでもない状態に陥ってしまっていて、現金がないと何もできないので大変苦労しているそうです。

      日本人には馴染みがない状況ですがこれがアメリカのクレジットの常識です。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      とりあえずご参考

      しおりをつける
      blank
      まだレンタル中
      アメリカでの家の購入やクレジット歴について、とりあえず基本的な事が書かれている”The Money Book for the Young, Fabulous & Broke ”( Suze Orman著)あたりを読んでみるのは如何でしょう?”young、fabulous and broke"には当てはまらない(ことを祈る)とは思いますが、アメリカで生計を立てるにあたってかなり基本的な事が分かりやすく書いてありますので参考になりますよ。数日でぱーっと読めちゃうような本ですし、作者も必要と思われるところだけ呼んでも大丈夫なつくりにしてあるといっているくらいですから、トピック主さんにとって重要なところだけに目を通せば良いと思います。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      家7軒買いました

      しおりをつける
      blank
      ここ
      必要なものはソーシャルセキュリティナンバーと良いクレジットスコァーです。
      ご自分のクレジットスコァーご存知ですか?

      720以上だと利子も安く頭金も少なくてすんだりします。
      取引のある銀行に行って相談すると良いと思います。
      利子だけ、あるいは100%借りる事も出来ます。

      ただし80%以上借りると、モーゲッジの保険に入らなくてはなりません。これって結構高いです。ですから、20%80%と二つのローンを組めば良いです。
      色々なローンがあるので、どんなローンが組めるか、全部違うローンを教えてもらうと良いですよ。

      銀行に依って違うので、何軒か行くように。
      但しクレジットチェックは何回もしないように。 チェックする度に3ポイトスコァーが下がりますので。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0