詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    憂鬱な夏祭り

    お気に入り追加
    レス9
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐧
    nominomi
    話題
    この時期になると、私(26)の住む地域では夏祭りが開かれます。
    私も小学1年生から10年間、父と一緒に祭りに参加し、ある時期まではとても楽しくすごせていました。

    祭りを楽しめなくなったきっかけは、若連(わかれん)と呼ばれる高校生以上の若者のグループが発言力を増し、決定権を持つようになってきてからです。
    お年寄りと小学生を中心に、という子供会や大人達の意見と、華やかで活気のある若手を中心に、という若連の意見がぶつかったのです。

    結局、2日間ある祭りのうち、「1日目の午前中~17:00は小学生」「1日目の18:00~2日目はすべて若手」とプログラムが組まれ、それまで一体感のあった祭りの形は変わりました。
    そしてそれ以来、小学生の神輿や、おさい銭集めなどの1日目の行事に若連は参加せず、保護者やお年寄りだけになりました。

    当時、私の父は、二手に分かれた小学生組と若連組の間で板挟み状態にありました。両グループの仲介者を誰もやりたがらず、父が自然とおさまる形でその役に付いた為です。

    父は物言いがハッキリしすぎる時があり、ただでさえ若連組からは嫌われていたのに、仲介者になってからはもっともっと嫌われるようになりました。小学生と若連の合同練習の場でも、その嫌われようは露骨で、娘の私(当時は中学生)にも飛び火した事が何度がありました。
    父も私も祭りが好きな事だけが心の支え、という状態でした。

    それからというもの、高校進学と同時に私は祭りを辞め、父も仲介者を辞めました。唯一の救いは、父が辞めた時に何人かの人から「父のおかげで小学生が祭りに参加しやすかった」「笛の名手だったのにもう聞けないのが残念」と言ってもらえた事です。

    以来、地域の太鼓の音が聞こえると当時の記憶が蘇り憂鬱になります。それに山車を引きに行く父を見送るのも・・。

    どのように過去と折り合いをつけるべきでしょうか。

    トピ内ID:9304305226

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 6 びっくり
    • 11 涙ぽろり
    • 31 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数9

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    必ず元に戻ります

    しおりをつける
    blank
    笛太鼓
    歴史は必ず繰り返します。

    長い目で見て行きましょう。

    私もお祭り大好き人間です。

    昔に戻って来たようです。

    トピ内ID:7481432877

    ...本文を表示

    逆の立場から。

    しおりをつける
    blank
    ウォークマン
    一昨年まで、お神輿の担ぎ手として夏祭りに参加していましたが、心筋梗塞を発症しドクターストップのため、担ぎ手を引退しました。
    私は、トピ主様とは真逆で、祭り囃子が耳に入ると祭り装束に着替えて、飛び出していきたい衝動に駆られてしまうのです。そのため、去年は祭り期間中、旅行して祭りを忘れることにしました。今年もそうするつもりです。
    単なる逃避と言われるかもしれませんが…

    トピ内ID:7006823664

    ...本文を表示

    お祭りって神様を祀る行事だよね

    しおりをつける
    🐷
    かき氷
    京都の祇園祭のドキュメント番組での事。

    歴史のあるお祭りだけあって、もう膨大な人手と時間がかかっている訳です。
    運営する方の気苦労は如何ばかりのものか、代々受け継がれる者にしか解らないでしょうね。

    ある時、突然の雨が降り、神様に祀る為の道具が濡れてしまったのです。
    でも、そこにいた若い衆はそれに気が付かない、自分だけが雨宿りしてるんです。

    祭りの作法を教えていた、年嵩の指南役がそれに大変怒っていました。
    「何故、神様の物を大切にしない、自分よりまず神様の事を考えろ、
    祭りは神様の物、なのに今の若者は本質が解っていない、ただの遊びじゃないんだ」と。

    祭りは本来、神を崇め、人の幸せを祈るもの。
    あなたのお父様は人と人との和を願い、行動された。
    立派な事だと思います。

    それで良いのではないですか?
    元気出してくださいね。

    トピ内ID:9476324857

    ...本文を表示

    誰しも味わう事

    しおりをつける
    blank
    わらわら
    ご自分だけの思いだと感じていらっしゃるかもしれませんが、 おっしゃるような思いを誰しも経験しながら暮らしていますよ。

    ある季節、あるイベント、色んな事柄に苦く辛い記憶が甦る時間をやり過ごすのは、しばらくは辛いかも知れません。

    しかし避けて通れないのです。 ひとつの時代が終わり、新しいやり方に変わって行く事は 悪い事ではないのです。

    以前はこうだったのに…と、思い出とくらべあわせていると、どんどんネガティブになりますよ。

    もう過ぎ去った事です。良い思い出を持っているあなたが、思い出にこだわらず今の祭りに関わっても良いと思いますよ。
    今を楽しんで頑張って関わっている人達がいるのですから、その人達と経験を共有してみれば、嫌な思い出が払拭出来るのにと思いますよ。

    トピ内ID:7343157867

    ...本文を表示

    時代は回る

    しおりをつける
    blank
    kao
    せっかくの夏祭りが 悲しいですね。

    トピ主さんは26歳ということですが 問題の勃発時から概ね10年経過した頃でしょうか?

    当時 若連で勢いのあった人も親になっている頃ですね。
    なので少し状況も変わって来たのではないでしょうか?

    お祭りをやるにも子供の数が足りない地域もあると聞きます。
    祭りの灯が消えないように祈るばかりです。

    トピ内ID:5467418056

    ...本文を表示

    大変ですね

    しおりをつける
    blank
    奉納花火
    ウチの町内も大祭は夏です。
    祭礼ならば一番偉い人は氏子総代さんで、
    何をどうしようとも、総代さんの声がかからなければ祭りには取り入れられません。
    その下に氏子会があり、各町内の年行司、厄年男連、青年、子共連がその下にあります。

    それがいいシステムなのか古い因習なのかわかりませんが、
    荒ぶる青年も氏子会と氏子総代に刃向かうことは出来ないですよ。


    そういう偉いさんシステムは実は便利だな、と思います。
    そこが暴走しなければ祭は上手くいきます。

    主さんところはそういう組織は無いのですか?

    トピ内ID:2492161308

    ...本文を表示

    まだ若いから

    しおりをつける
    🐱
    みー
    お祭りって地域の人間関係の事、ありますよね。
    私の住んでる所も300年の伝統がある夏祭りがあって、寄付の事、お疲れ様の飲み会の事、揉めたりしましたので分ります。

    トピ主さんが物哀しい切ない気持ちになるのは若いからですよ~
    私も30前半くらいまではそうでした。世間が浮かれている中自分だけが取り残された様な気持ち。

    今は「うるさいな~」程度です。他人ごとになって何も関心湧きません。あなたもそうなりますって。

    お父さんとトピ主さんにとっての一つの時代が終わったんです。それは新しい何かが始まる為でもあります。花は散らないと実が付かないのと同じ。
    また違う夏の楽しみを見つけましょう。

    トピ内ID:3516440112

    ...本文を表示

    ご意見ありがとうございます。

    しおりをつける
    🐧
    nominomi
    10年も経つのに、夏になると本当にもやもやしてしまっていたので、色々な方からのお話を聞けて少しスッキリしました。

    祭りの本来の意義や楽しみ方を忘れてしまったのは、変わった環境だけでなく私自身にもあったんだと・・・・・気づきました。
    嫌な思いをしたことを根に持って、こうしてウジウジしているなんて。

    その点、父は折り合いがついているんだと分かりました。
    今日も、山車を引きに出かけているところです。


    まだ、心から祭りを楽しむというところまではできませんが、出店を見に行きながら様子を見てみたり・・・少しずつ、歩み寄ってみようと思います。

    トピ内ID:9304305226

    ...本文を表示

    敵ってほどでもないんだよね

    しおりをつける
    🐱
    みゅ
    お祭りって、人間関係が凝縮しちゃうので、一度仲違いすると物凄い確執になりますよね。

    でも考えたら、すっごくちっちゃなコミュニティーの中のことなんですよね。
    1年の大部分は関わりなく過ごすこともできるし。

    お祭りの夜、星空を眺めてみるといいですよ。
    たった今見ている星の煌きは、何万年も前に発せられた光だってこと、
    それほど宇宙は大きくて、人間は小さいって思うと、
    属してるコミュニティーとか、まるで屋根みたいに、
    宇宙の孤独から自分を守ってくれてるように錯覚しますよ。

    少々嫌なヤツでも、なんかちょっとした連帯感を感じたりします(笑)

    トピ内ID:8157788201

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0