詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    どうしてこんな妻になったのだろう

    お気に入り追加
    レス21
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    線香花火
    恋愛
    結婚12年目小学生の娘と夫の3人暮らしです。

    今朝ささいなことで喧嘩しました。

    ここ最近、庭の草が伸びて気になっていることは話していたのですが、今朝洗濯物を干した際、特に気になる大き目の草をついでに何本か引き抜くと、昨日の雨のおかげで土が柔らかく、思いのほか楽に抜けて綺麗になりました。

    そのことを、夫に「今なら草が抜きやすいよ」と言ったところ

    娘に聞こえないような声で「自分でやれば?」と

    私は「やったよ!○○(娘)ちゃんお庭綺麗になったでしょ~」とあからさまに主人に見せつける会話を娘と繰り広げてしまいました。

    主人も私もフルタイム正社員です。

    主人は自分で言うくらいのブラック企業で毎日深夜まで仕事(残業代はつかないのでもはや残業とは言いたくない心境です)
    土日も仕事に駆り出されています。

    私はほぼ定時で帰れ、完全週休二日制。有難いことに子供のPTAなどでお休みも頂きやすく、家から至近距離の職場の為、定時=帰宅時刻です。

    収入は主人55%:私45%

    家事は主人10%:私90%

    育児は主人10%:私90%  
     こんな数字で考えてしまう可愛げの無い自分も嫌です

    主人は今朝は朝7時に仕事に出ると言っていたのですが、8時過ぎに寝坊したと言いながら起き出し
    朝食後もゴロゴロし出かける気配が無かった為、上記のセリフが出てしまった次第です。

    お盆期間は主人も私の会社も今日から5連休ですが、主人はうち二日(主人の実家へ帰省)しか休めないそうです。

    疲れた、辞めたいと言いながら家のパソコンの前に座りもせず履歴書も書かない夫にどうしても優しくなれません。
    娘が小学校入学時に仕事をリストラされ、その際は必死で支えようと、履歴書の下書きやらハローワークの検索やら
    色々と手伝ってきました。
    (続きます)

    トピ内ID:4602107360

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 16 面白い
    • 41 びっくり
    • 24 涙ぽろり
    • 167 エール
    • 21 なるほど

    レス

    レス数21

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  21
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    あなたには地獄へ落ちる覚悟が無い

    しおりをつける
    blank
    無常の風
    あなたは彼と一緒に地獄へ落ちる覚悟が出来ていないから、彼もまたあなたと一緒に地獄へ落ちる覚悟を持つことが出来ないのでしょう。

    その覚悟が自分に生まれて来なければ、互いに相手を自分の思い通りにしたいだけの関係にしかなりません。そして相手が自分の思い通りにならなければ、腹が立ってくるだけです。その結果、互いに自己主張をしあうだけの関係になってしまいです。あげくの果てに互いに不満をもつようになり、こんなはずではなかったと嘆き、家族関係は破綻の方向に進みかねません。

    今のあなたには彼と一緒に地獄へ落ちる覚悟が問われているのです。あなたの心の中に、その覚悟が生まれて来るようであれば、彼もまた、あなたのその覚悟に揺り動かされて、生まれ変わっていけるでしょう。

    生まれ変わることの意味は、地獄だと思った家庭が、地獄では無くなっていくことです。今こそ、あなたの心の中に生まれて来る覚悟の気持ちが、彼に通じるのかどうかが、試されている時なのでしょう。それは、あなたの覚悟がニセモノなのか、ホンモノなのか、ということです。

    もし、あなたにホンモノの覚悟が生まれて来れば、この先は明るくなることでしょう。

    トピ内ID:1180630526

    ...本文を表示

    レスします

    しおりをつける
    blank
    旦那候補
    そもそも結婚は恋愛でしたか?
    それとも友達の紹介でしたか?

    他人が同じ屋根の舌で生活するのですから、言い争いは当然あるでしょう。

    問題は、どのようにして仲直りができたかが大切です。

    夫婦円満のこつは、相手を敬うことです。

    夫婦の占める比率がトピに書いてありますが、50:50がトピ主の希望ですか?

    夫婦というものは%で表すことができません。

    お互いに協力し合えば%で表示はできません。

    何か勘違いをしておりませんか?

    トピ内ID:6614871618

    ...本文を表示

    疲れてるんですね

    しおりをつける
    blank
    お疲れ様です
    トピ主さんもお疲れだとは思いますが、ご主人はもっと疲れてるんでしょう。収入こそほぼ半々のようですが、勤務時間は圧倒的にご主人のほうが長いでしょ?毎日深夜帰りの人に、庭の草取りしろはちょっとどうかと思います。

    ご主人は転職する気なく、ずっとその会社で勤める気なんでしょうか?
    だとしたらトピ主さんが転職したら?正社員はやめて、週に3~4日のパートになる。ボーナスもなくなるし、収入は落ちるでしょうけど、心も体も余裕が生まれると思います。

    トピ内ID:7818805809

    ...本文を表示

    子供のこと

    しおりをつける
    blank
    kinokoyura
    続きを読んでいませんが、気になりましたので
    一つだけ書かせてください。
    結婚生活も新婚のうちはいいですが
    年月とともにお互いに遠慮も薄らいで
    きますが、可愛そうなのは夫婦の間で
    親に懸命に合わせようとしている子供の
    姿。母親の顔色を見ながら、母親の肩をもつ。
    よく考えてみてください。
    夫婦のいざこざに子供を巻き込んでは
    いけません。

    トピ内ID:5750261096

    ...本文を表示

    トピ主です(続きです)

    しおりをつける
    blank
    線香花火
    その時は私もまだ土日のみのパートでしたので、手取り足取りサポート出来る可愛い気のある妻だったと思います。

    その後、平日週3パート→フル契約社員→正社員と必死にステップアップしてきたつもりでした。

    そしてようやく、お財布の残りのお金を気にせず季節の果物も毎日買える位の生活になれたと思った矢先、主人から辞めたい発言。

    正直また、お金と将来の事に不安を抱えながら歯を食いしばってきた生活が始まるのかとショックを感じましたが

    「私は今回自分の仕事で精一杯。今の会社を転職するのは反対しないが、次を決めてから辞めて欲しい」

    と伝えはや半年、一度も情報を検索する姿を見たことがありません。

    サポートすれば良いのか、自分で気づくようにどう導けば良いのか…もはや最近気持ちがついていかず
    可愛い妻を演じられません

    夫が稼がなければ自分が頑張ろう!今にみてろ!と自分の中で念じてきたその「今にみてろ」は誰に対しての言葉だったのか…

    可愛い妻に戻りたいです。

    意固地で計算高く、安らげない家庭しか作れない自分が大嫌いです

    トピ内ID:4602107360

    ...本文を表示

    単位が違うものを比べてる?

    しおりをつける
    blank
    細木数ノ子
    続き前ですが・・・

    収入は円単位で家事は時間単位なのでしっくりこないのでは?
    お手伝いさんの手取りは時給で1200円+交通費であれば良いほうだそうです。
    (派遣会社への支払ではありません)
    ざっくり1日3時間として月、9万円程度です
    これで収入差は埋まりますか?

    でも本当はもっと物理的な話で、仮に1日6時間の睡眠を取るという仮定で、残りの18時間をどう仕事と家庭に振り分けられるかということです
    あなたは定時上がりで通勤入れて拘束時間10時間と仮定すれば、残りが8時間。旦那さんは多分残りが3時間くらいでしょう

    そこから家事・育児の分担変更希望ですか
    休憩無しで夫に家事をさせるのですか?死にますよ?

    それからリストラ経験者に転職をってどんだけブラック妻ですか?
    どれだけ傷つき、情けない思いをして今の職にあると思っているのですか?
    弱音くらい吐いてもいいでしょう

    >どうしてこんな妻になったのだろう
    過去、夫のリストラを家庭の危機=自分の危機としか捉えず、傷ついた夫をダメ人間認定したからでしょう
    ばかじゃなさそうだからまだ間に合うと思いますけど

    トピ内ID:4546607298

    ...本文を表示

    12年間の蓄積

    しおりをつける
    blank
    高齢者
    続き前ですが。
    愚痴を幾ら並べても解決しませんよ。

    それはね、結婚してから12年間の積み重ねですから。

    収入が55:45なのに、家事や育児が10:90ですよね。
    それを今まで是認してきたのでしょ。

    解決には、お互い一から意識改革をする事から始めないと。

    トピ内ID:3731307816

    ...本文を表示

    450万円(仮)

    しおりをつける
    💰
    カネゴン
    トピ主さんの年収を300万円として、ご主人の年収は450万円くらいでしょうか?(仮)

    家事に育児に大変ですね。
    ダラダラするくらいなら、家事を手伝って欲しいですよね。
    ブラック企業だって文句を言うなら、ブラック企業から抜け出せるように頑張って欲しいですよね。
    そして、家事を手伝わないのなら、せめて感謝の姿勢くらい見せて欲しいですよね。

    グダグダ文句を言うばかりで何も手伝ってくれないなんて、腹がたちますよね。

    ただ、ご主人も連日の残業続きでお疲れなのでしょうね。
    ご主人をいたわってあげられるといいですね。

    腹が立って仕方ないときは「450万円(仮)450万円(仮)」と心の中で唱えてみてはどうでしょうか?
    自分の年収を倍にするのは難しいです。
    450万円(仮)収入を増やすためのついでの家事労働です。

    いざとなったら、お掃除屋さんやクリーニングを活用しましょう。
    シングルになるきとを考えたら、大した出費ではないですよね。

    トピ内ID:1167722543

    ...本文を表示

    「女性の活用」 とやらも 裏をかえすと・・・(横ですが)

    しおりをつける
    blank
    ブラン
    ◆女性の活用を「成長戦略の中核」と位置づける政府は、
     「指導的な地位を占める女性の 割合を、2020年までに30%」
     とする目標を掲げている


    という 政府方針が先月発表されましたが、
    トピ主のような家庭だと、この方針は 遠い絵空事。

    というか、こういう目標が達成できるような夫婦が 今の日本にいったいどれだけいるのでしょうか?


    少しずつですが社会でも家庭でも頑張る女性が増えてはきましたが、
    家庭生活での男性は相変わらずこのていたらく。
    そのため女性が職を得ていても、結局専業主婦に戻ってしまうケースも多々あるわけです。


    でも、これからの日本は少子化で人口減になってしまうため、
    女性が大量に社会で働かないとどうにも廻っていかない国になるわけですから、
    一人一人の男性も家事と育児ができるようにしないといけません。


    そのためには、今の小学生ぐらいから、

    ●男児にも家事・育児の仕方を家庭科でしっかり叩きこむ。

    ●女児も将来、男並みに社会で働けるように体力を鍛え、しっかり勉強をしておく。

    …ことになってくるでしょうね

    トピ内ID:6206797411

    ...本文を表示

    割合がどうであろうと

    しおりをつける
    🐤
    ぽにょ
    1人の稼ぎで今の生活が成り立たないのであれば互いを労うべきです。率直な感想。続き前ですが

    トピ内ID:7537753606

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  21
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0