詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    教室譲渡、個人情報どうすれば?

    お気に入り追加
    レス14
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    とんとん1号
    仕事
    ある習い事を運営している会社の事務をしています。
    その習い事は幼稚園の教室をお借りして課外教室として行なっています。

    今日、社長から「11月から教室業務を閉鎖して(仲間業者の)M社に引き継いでもらおうと思う」と言われました。
    閉鎖まで2ヶ月を切った中、何から始めていいかわからず戸惑っています。
    口頭で言われただけなので思いつくまま社長に質問をしてみたのですが、何も決まっていない状況でした。


    私が聞いた事と社長の返事はこんな感じでした。
    ・会場主(幼稚園の責任者)には話してあるのか。
    →まだ。

    ・会場費や講師への報酬等、M社に話がついていて承諾してくれているのか。
    →費用っていくら?

    ・講師にはいつ話すのか。
    →会場主に話してから召集かけようと思う。

    ・会場主に会う約束はできているのか。
    →まだ。

    ・会場主がOK出さなかったら講師や生徒はどうなる?
    →その時考える。

    ・もし話がまとまったとして、生徒さんにはいつ話す?月謝も止めなくてはいけないし、名簿を勝手に渡すわけにはいかない。
    →そうだね。


    とにかく何も決まっていない状態でした。
    でも教室運営撤退は決まっています。変更はありません。
    そして、社長は手続等を私にやらせる気満々です。
    仕事なのでやりますが、何から始めていいのかわかりません。


    名簿は生徒さんの承諾なく譲渡していいものなのでしょうか?
    許可はどのようにして取るのが良いでしょうか?


    このままだと社長は何も考えずにM社に情報を流す事になりそうです。

    トピ内ID:7512559075

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 12 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数14

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    社長さん何でしないのかな

    しおりをつける
    blank
    デパート
    教室の申し込みの際に個人情報の扱いについてこういうケースの場合が約定に書かれていないなら、承諾を取らないといけないのでは。
    どうやって取るか?、これは大事なことなので法律に基づいて社長がすることでは。教室運営しているくらいですから知ってて当然でしょうし。

    トピ内ID:1534736501

    閉じる× 閉じる×

    事務員の業務ではありません。

    しおりをつける
    blank
    通りすがり
    あなたはその事業に何か特別の責任を負っているのでしょうか?
    それだとしたら自分で、そうでないとしたら社長自身で手続きすべきでしょう。

    あなたがもし単なる一従業員なら、そんな事業譲渡に首を突っ込んではいけません。
    譲渡先の企業が、譲渡後に事業の実態を知りその内容に不満を持った場合、下手に関与しているとあなた個人に責任の追及が及ぶリスクがあります。

    事業譲渡で何をどうするか?は、経営者同士で取り決めればよいことです。
    普通はプロを仲介します。
    一従業員が興味本位に首を突っ込むというのは危険です。

    トピ内ID:9444765455

    閉じる× 閉じる×

    名簿横流しなどもってのほか!

    しおりをつける
    blank
    個人情報保護
    あまりに呆れた社長ですね。
    早急に撤退説明会を催すべきです。
    ・先ずは即日にでも会場主をアポ・訪問しに撤退説明。講師にも大至急。生徒保護者にもその次に至急。
    ・費用っていくら?という時点でM社にも何にも話がついていないですね。
    会社対会場主、会社対講師、それぞれの契約の確認。
    11月撤退の可否の確認。中途解約金・違約金の確認。
    ・後継をM社とすることに無理があります。
    契約者=顧客=生徒保護者にとっては白紙、新規契約にすべきかと。
    ・名簿は何が何でも渡してはなりません。
    福武の例を以てしても明白です。
    ・M社対会場主、M社対講師、M社対生徒保護者、の契約はM社の責任者・該当担当者がすべきこと。
    M社は自ら顧客獲得につとめるべし。
    とにかく撤退のみで業務引き継ぎ契約にするには準備期間が短すぎる。
    ・金融機関引き落としなら早急に停止手続きを。
    ・社長の誠意が全く見られません。
    主様が尽力すればするほど社長は主様に任せっきりの逃げ腰になるでしょう。

    私だったら淡々と裏方仕事のみをし、退職届を出した上で、生徒保護者にはお気の毒ですが関係者との折衝は社長に任せますね。
    誠意のない社長

    トピ内ID:0667414803

    閉じる× 閉じる×

    無責任な社長

    しおりをつける
    blank
    うさ
    社長はとぴ主さんにやらせる気満々と言っても 一介の従業員には何の権限もありませんから無理です。
    あれこれ質問すれば やる気になっていると思われますから 何も聞かないで
    指示待ち体制でいた方がよいです。
    下手に先走って有能なところを見せようとすると 後々もめたときに とぴ主がやったことだからと全責任を負わされます。
    無責任なようですが 従業員に経営者の代わりは務まりません。
    個人情報垂れ流しになっても 責任を問われるのは社長です。

    トピ内ID:4609687539

    閉じる× 閉じる×

    酷い会社ですね

    しおりをつける
    blank
    スタルカ
    そもそも教室の経営者が変わることが、二ヶ月前にアナウンスされていないことが異常ですね。それも生徒どころか会場主にまで通知されてないなんて、契約というものを何だと思ってるんでしょうね。

    > 名簿は生徒さんの承諾なく譲渡していいものなのでしょうか?

    この異常な会社は、5,000人以上の個人情報を抱えているでしょうか?そうであるならば、個人情報保護法違反です。もし5,000人未満だとしても、生徒から訴訟を起こされれば何らかのペナルティがあるかもしれませんし、何よりそんな教室であることが世間に周知されれば、生徒が集まらなくなりますね。

    > 許可はどのようにして取るのが良いでしょうか?

    せめて譲渡の半年以上前に、すべての生徒に対して経営母体が代わることを文書で通知し、個人情報の譲渡を許可するか否かを確認する書面を同封します。そして譲渡を許可した生徒の個人情報のみを譲渡先に渡します。

    でも、二ヶ月前にいたってこの状況ですから、譲渡先もろくな会社ではありません。生徒に対するアナウンスは、「この教室の運営会社は非常にずさんですので、辞めることをお勧めします」とすべきですね。

    トピ内ID:5557645091

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です1

    しおりをつける
    blank
    とんとん1号
    無知で無力な私にご指導くださりありがとうございます。
    まとめてのレスで申し訳ございません。

    今の時点でわかった事は、
    ・会場主に話す→来週
    ・講師に話す→再来週
    ・生徒に話す→それ以降(おそらく今月下旬)

    「10月末で閉鎖になる教室」が「9月下旬に通知」という事です。

    今まで社長は月に1度会場費を支払いに行く程度しか教室業務に関わっていませんでした。私は責任者ではありませんが会場費や講師への報酬の計算はすべて任されており(所謂“窓口”です)生徒の名簿も私が持っています。人数は約200名です。

    生徒保護者に許可取らなくていいのかと社長に聞いたところ「生徒一人一人回ってられないし、一応書面にはするよ。だから大丈夫でしょ。」と、言われました。
    こちらの勝手で教室業務を閉鎖するのに生徒の個人情報を許可なく流して良いわけないですよね。最近教育関係の会社が個人情報漏えいで騒ぎになっているのに。


    責任は社長がとる。私は表に出なくていい。
    そうですよね、社長もそう言っていました。
    ですが、文章も書けない・パソコンもできない社長に何ができるでしょうか。

    トピ内ID:7512559075

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    う-ん・・・

    しおりをつける
    blank
    馬と仲が悪い鹿
    申し訳ないのですが書かれている内容だけで個人情報の譲渡の是非は判断が難しいですね。

    名簿の横流しは持っての他、というコメントもありますが、本件は「経営・運営の譲渡乃至継承」であるため、時々世間を騒がせる「横流し」とは異なり、基本的には継承者側に経営上必要と判断される顧客情報を提供、言い換えれば引き継ぐことは通念上、不正に当たりません。

    但し、それはあくまで事業の引継ぎ先が明確になっており、且つ、継承先としてふさわしい実態が整っていることが重要になります。

    従い、極めて事業を引き継ぐ先があやふやな現在の状況で顧客情報を提供するのはまったく好ましくないといわざるを得ません。
    継承先が情報知得後に「やっぱり引き継ぎません」と万が一に言い出した場合は、情報提供者(社長と場合によってはあなた)に個人情報保護の義務を怠ったという責が起こりかねません。

    順序として、事業撤退が確定しているのであれば、譲渡先を明確化して継承の意思があることの念書(好ましくは譲渡契約)を取り、その後に事業譲渡とその先を顧客全員に通知し、必要な引継ぎを済ませる、という手順をお勧めします。

    トピ内ID:2772133549

    閉じる× 閉じる×

    何を譲渡したの??

    しおりをつける
    blank
    通りすがり
    よくわからないのですが、
    習い事教室は事業解散なのでしょうか?
    では、社長は何を事業売却?したのでしょうか??

    引き継いでもらうのではないのですか?
    なら、その生徒?の名簿は本来の目的に沿って活用されるのでまったく問題は生じないのではないですか??
    引き継いだ事業が、引き継いでみたら顧客が存在しない状況だったでは社長さんは責任を追及されると思いませんか?
    完全に事業を清算するなら引き継ぐものもないはずですが??

    結局、あなたは社長さんから将来の事業展開について正しいことは聞いていないようですが?
    社長さんからしたら、あなたも解雇する予定だからその後のおいしい?話はかくしているのでしょうか?

    結局、あなたは個人情報がどうとか心配する必要もなく、全部社長さんに提出してかかわらない方が良いでしょう。

    トピ内ID:9444765455

    閉じる× 閉じる×

    経営譲渡の一環なら名簿譲渡も正当な行為

    しおりをつける
    blank
    森林
     横流しなどという言葉を使っているかたもおられるようですが、何かの混同では? このトピの件と横流し・流出とは全然別の話です。
     経営譲渡の一環として名簿(個人情報)を譲渡することは、まったく正当な行為であり、なんらやましいことではありません。

     たとえば、ここ十年?ほど、銀行や携帯電話会社の再編・合併があいつぎました。
     A銀行とB銀行が合併するとき(Aが残ってBがなくなる場合)、Bの預金者リスト(個人情報)をAに渡すのは
    問題ないですよね?
     C電話会社とD電話会社が合併するとき(Cが残ってDがなくなる場合)、Dのユーザーリスト(個人情報)を
    Cに渡すのも問題ないですよね? 
     これらのケースでは、個々のユーザーの明示的同意は不要です。(不同意の意思表示がなければ同意とみなす)

     合併でなくても、単純な経営譲渡でも、理屈は同じです。
     それがどうしても気に入らないなら、合併や経営譲渡が判明した時点で解約・退会などをして、個人情報削除を要請するしかありません。

    トピ内ID:8380439178

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です2

    しおりをつける
    blank
    とんとん1号
    引き続きご意見ありがとうございます。
    これだけ個人情報の件で騒いでいるので名簿を渡すことに抵抗がありました。


    勤め先は教室運営業務を解散、M社に業務を引き継いでもらいます。
    (まだ口頭での契約らしいですが)
    不正に当らないと聞いて安心しました。

    まだM社とは「口約束」の段階なので、どこで話が覆されるかわかりませんが
    自ら行動するのはやめてしばらく静観してみようと思います。

    トピ内ID:7512559075

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    あなたがやるべきことは

    しおりをつける
    blank
    にしめ
    あなたが駆けずり回って調べる必要はないです。
    何かあったら責任とれる立場にないのですから。

    社長に今すぐ!専門家に相談しにいけ、その人の指示で私は動くから、と言って何もしなければいいのです。というかそうすべきです。

    中途半端にやる必要はないし、
    ましてやここで中途半端に聞きかじった知識で動くのはよくない。
    何かうまくいかない時に、「あなたがやったんだから責任取ってくれ」と社長に言われたらどうするのですか?

    社長はぐずぐずいってれば面倒な事はあなたがしてくれると思ってるんですから。
    でもこれはあなたがやる仕事の範疇じゃないですよ。
    こういう時に動くために社長はあなたより給料もらってるんだから。

    あえてするなら社長の横にはりついて明日中に出かけさせることじゃないでしょうか。

    トピ内ID:6012501185

    閉じる× 閉じる×

    事業譲渡ですよね?

    しおりをつける
    blank
    匿名希望
    そうであれば、関連するのは個人情報の保護に関する法律の16条2項でしょう。

    経済産業省のページに行けば解説も載ってますが、その教室を承継するのに必要な個人情報は、本人の同意を得る必要ないと書いてあります。

    心配なら法務部とか顧問弁護士に聞いて、それを書類にしておけば十分でしょう。それがあなたの仕事かどうかはわかりませんが。

    あたらしい体制の説明はM社が主導でやるのではないですか?あちらにしてみれば講師も顧客もすんなりと引き継ぎたいはずです。あなたが下手に首を突っ込んでかき回したら、皆が損します。顧客や講師が逃げれば譲渡価格は下がるだろうし、譲渡先は新規顧客や講師を探すコストを払わなければならないし、講師は職を失うかもしれません。

    あなたのやるべきことは、引継ぎ資料を作っておき、M社にきちんと引継ぎをすることだと思うけどなぁ。

    トピ内ID:4607725195

    閉じる× 閉じる×

    名簿はわたさないほうがいい

    しおりをつける
    😑
    PKZ
    個人情報保護でいろいろ規制があります。
    名簿は目的の範囲外では使えません。

    教室を閉めるなら、生徒さんは一度解約してもらい、
    引き継ぎ先の情報は生徒さんには教えるが、
    生徒さんの情報は引き継ぎ先には教えない。

    が安全です。それで引き継ぎ先が納得するかは問題ですが。

    トピ内ID:6278072961

    閉じる× 閉じる×

    このケースは目的の範囲「内」

    しおりをつける
    blank
    じゅうたん
    このケースは、経営譲渡(事業譲渡)にともなうものなので、法的に認められた《目的の範囲「内」》です。

    いったん解約して再契約なんて、お客様に余計な手数をかけ、関係者全員にとってデメリットのほうが大きいです。
    どなたかも例に出しておられましたが──

    ・銀行の合併(事業譲渡)の例で言えば、すべての預金をいったん解約して(おろして)預けなおすことになりますよ。定期預金は途中解約扱いで、不利になりますね。
    ・生命保険会社の事業譲渡まら、すべての保険をいったん解約して、入りなおすことになりますよ。審査もやり直しだから、もう入れないかもしれませんね。
    ・習い事を運営している会社なら、いったん解約後の入りなおしだと、入会金などをあらためて払うことになります。

    トピ内ID:8566883217

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0