詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    見知らぬあなたへ。あの時はありがとう。

    お気に入り追加
    レス19
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐤
    てんちゃん
    話題
    私は昭和50年8月生まれです。関西の女子短期大学に通ってました。
    忘れもしない、入学式の日、雨が降ってました。
    私は傘を忘れ、入学式の会場まで雨に降らて歩いてました。

    その時同じ制服を着た人が「良かったら入りませんか」と傘をさしのべて
    くれました。
    小雨なら遠慮するのですが、けっこう降ってましたのでありがたく
    一緒の傘に入れていただくことにしました。

    あの時は本当にありがとう。

    短大のことはあまり記憶にないけれど、ふとあなたの事を思い出します。

    記事にするほどの事じゃないかもしれません。
    ただ、ちょっと心が汚れてるなと感じる今日この頃なので。。。

    トピ内ID:7316495694

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 17 面白い
    • 5 びっくり
    • 357 涙ぽろり
    • 255 エール
    • 30 なるほど

    レス

    レス数19

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  19
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    心あたたまるお話しをありがとう。

    しおりをつける
    blank
    花子
    素敵なトピですね。トピ主さんありがとう。
    私も見知らぬ人にお礼が言いたい思い出があります。
    母子家庭のため、母親の私が働いて生計を立てていますが、10年前、子供が中学生の頃、不登校になり、朝、学校に付き添って登校しました。その日は仕事で時間を約束しており、学校を出た後、間に合わないので、タクシー見つけて飛び乗りました。

    約束の時間が迫り、手に汗を握り、胃が痛むほどでした。そんな私を見てタクシーの運転手さんは、近道をし、上手にやり繰りして間に合わせようとしてくれました。

    「大丈夫ですよ。ここの通りを抜ければ、あと5分です。降りてから約束の時間まで3分ある。間に合いますよ。」と声がけして下さいました。当時、家庭が荒れても、頼れる人も応援もなく、孤軍奮闘していた私にとって、心に沁みる温かい言葉でした。

    トピ内ID:4846307500

    ...本文を表示

    薩摩の気風の下で・・・

    しおりをつける
    😠
    恋次郎
    48年も昔の話。当時中2の下校時に雨が降り、出口で傘をさそうとした傍らに、級友の女生徒が佇んでいました。彼女は大昔の田舎には珍しい母子家庭の娘で、男に比べて心身の成長が早い女性特有の肉感的な同級生でした。恋愛意感情は皆無でしたが、精神的に幼い未熟な男だった私には、彼女の女らしい成長度が、眩しくも有り何か目を逸らしたくなる存在でした

    彼女の母は、家計を支えるため働いている事を承知していました。幾ら待てども、彼女に傘を持って迎えに来てくれる人はいないのです。かといって、相合傘など、昔の薩摩の気風の中で育った私達に、出来る筈も有りません。小4時に導入された体育祭のフォークダンスですら、草を引き抜き両端を持ち合っ手を繋いでいた様な時代と地域性だったのです。それでもナイト精神を発揮し『男が土にまみれた根側を持ち、葉側を女性に持たせ』ていました

    いたたまれず『使えよ!』と叫んで、彼女の前に私の傘を投げ捨てて、足早に雨中を駆けて帰りました。後年60歳を迎え同窓会で出会った際、既述のエピソードを懐かしく、彼女に話したところ『覚えていない』との事。嗚呼、女とは今を生きる人なのです

    トピ内ID:5398190915

    ...本文を表示

    ホームレス風のおっちゃん

    しおりをつける
    blank
    どんきんちゃん
    4年ほど前、夫の国で海外暮らしを始め程なくして仕事をし始めました。慣れない環境と仕事に心が弱っていたんでしょうね。夜もあまり眠れなくなって、ご飯も食べられなくなり限界を感じ始めていた頃です。朝の通勤のバスの中で、ふと窓から外を見るとホームレス風のおっちゃんが両方の人差し指で口を引っ張り揚げてニコっと笑ったんです。きっと私は死んだ魚のような目で、どんよりとした顔だったんでしょうね。笑って!!とおっちゃんに言われた気がしました。
    それからすぐに仕事をやめて子供を授かりました。今は子供の成長を感じながら暮らす毎日が楽しくて幸せです。あの時のおっちゃんどうしているかな~と時々思い出します。

    トピ内ID:4347781673

    ...本文を表示

    いいトピですね。

    しおりをつける
    コーラル
    当時のエピソードに、
    現在の心象風景を柔らかく表現されて。

    文章は短いほうが読み手に、
    より「伝わって」きますものね。

    思いが広がる素敵なトピと思います。
    私も傘に入れてくださったあの日の先輩をふと思い出し、
    思いがけず嬉しい朝になりました。
    トピ主さん、
    ありがとうございました。

    トピ内ID:1608187572

    ...本文を表示

    私もあります

    しおりをつける
    blank
    昭和47年生まれ
    自慢です。
    私も「入りませんか?」と、何度か声を掛けたことがあります。
    怖いので、女性限定ですが。
    残念ながら関東なので、トピ主さんに声を掛けたのは、私ではありません。

    実は、見知らぬ綺麗なお姉さんに「入りませんか?」と、
    声を掛けられたことがあり、
    それが、とってもとっても嬉しくて、私もそうなりたいと、
    そういう場面があれば、声を掛けるようになりました。

    今は、ドアtoドアの車生活なので、そんな場面はありません。
    すっかり、忘れていました。
    トピ主さん、よく覚えていらっしゃいますね。
    私も、小さな親切、忘れないようにしよう!

    トピ内ID:2773683283

    ...本文を表示

    小雨の降る日に。

    しおりをつける
    blank
    ダメなヨメ
    妊娠中期頃のこと。
    最寄駅から自宅まで徒歩10分、仕事帰りの薄暗い道を小雨が降る中、歩いていました。
    傘持ってくれば良かったなー、コンビニで買うべきだったかなー、家に帰ったらまずはシャワーだなーなんて思いながら歩いていました。
    後ろから自転車に乗った女子学生が近づいてきて、通り過ぎて行きました。
    と思ったら、数メートル行ったところで止まり戻ってきて「傘どうぞ」と差し出してくれました。
    「ありがとう、でももうすぐ家だから」と断りましたが、「使ってください」と私の手に傘を握らせると、その女子学生は行ってしまいました。
    小雨とはいえ、彼女も濡れてしまうだろうに、家は近いのだろうか、などと思いながら、彼女の優しさが凄く嬉しくて泣きながら歩いたことを10年たったいまでもはっきりと覚えています。
    薄暗くてどんな制服なのか・どこの学校なのか分からず仕舞いなのが残念です。
    我が子も、そういう優しさのある子に育ってくれたらなあと思います。

    トピ内ID:3572526231

    ...本文を表示

    小町のアドバイス

    しおりをつける
    blank
    感謝の気持ち
    小町には色んなレスがありますね。
    とても優しい言葉。
    寄り添う言葉。
    力強い言葉。
    力づける言葉。
    勇気をくれる言葉。
    的確なアドバイス。
    叱咤激励。
    心から応援してくれる言葉。

    小町の親切な皆様。ありがとうございます。
    励まされました。

    トピ内ID:3745366837

    ...本文を表示

    8月は獅子座でしょう

    しおりをつける
    blank
    やさしすぎるしずく
    その人のこと
    思い返すたびに
    本当にあったんだなあーと確かめたくなる

    そんな作業を何度もされてきたのでしょう
    雨の傘のなか
    お互いの距離を保ちながら

    外からの汚れなら洗い落とせばすむこと
    内からの汚れは

    獅子座のあなたが強くなって
    心を
    みそぎされて
    雨のしずくで満たして
    あげて頂きたい

    トピ内ID:4042384714

    ...本文を表示

    便乗させて下さい

    しおりをつける
    blank
    りんりん
    いいトピですね。
    人の優しさに触れると心に残りますよね。
    便乗させて下さい。

    子供が2歳間近の頃に、主人の田舎である鹿児島へいきました。
    大阪から新幹線です。
    初めての新幹線、しかも長旅。予想通り子供がぐずりました。
    パパ大好きな子なのに、この時ばかりはママママ。
    ぐずる度にデッキにでたりでほとんど抱っこしたまま立ちっぱなし。
    席の前のサラリーマンの男性には舌打ちされるし、疲れるしなんだか悲しくなっていました。
    そんな時、デッキで立っていると50代ぐらいの女性が大変ね。
    と話しかけてくれました。ご自分のお子さんが小さい時の話しなど。
    涙がでそうなぐらい、嬉しかったのを覚えています。
    あの時の女性へ
    気にかけて頂き有難うございました。

    トピ内ID:9244694480

    ...本文を表示

    私も傘借りました。

    しおりをつける
    blank
    ゆきうさぎ
    30年くらい前(ゲゲ)、
    自宅最寄り駅に着くと夕立が。

    まぁ、家に帰るだけだしと、
    水も滴るいい女(自称)で歩いていました。

    すると。

    男性が走り寄ってきて、

    男「この傘使っていいよ!」
    私「いえ、そんな」
    男「いや、いいんです」
    私「でも」
    男「使い終わったら、そこの店の横に
    立てかけておいてくれたらいいから、じゃ!」
    私「あ」

    男性は、なぜか駅の方に逆走していきました。

    家に帰り、傘は部屋干しし、
    翌日の朝、お礼を書いたメモをはさみ指定場所に置き出勤。

    帰宅すると、傘はなくなっていました。

    それっきりなんですが。

    ちゃんとお礼を言っていなかったので。
    彼のもとに傘が戻ったかも不明なので。

    この場をお借りして。

    ありがとうございました。

    トピ内ID:6774180605

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  19
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0