詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    妻の仕事と家事について

    お気に入り追加
    レス42
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😢
    モール
    恋愛
    結婚3年目の30代の女です。
    私が転職したことで主人に不満が募っているようです。
    主人は月収35万土日祝が休み。私は月収30万平日1日休み。
    お金の分担は、家賃は主人持ち、その他の生活費や臨時の出費は私、貯金は主人の口座でやっています。

    以前は派遣で月収21万、土日祝休みでした。
    その頃は家事はほとんど私で、夕食とお昼のお弁当を作っていました。
    派遣先に精神的苦痛が多かったのと、雇用期間のリミットまであと1年と迫っていた時、
    友人の経営する会社からお誘いを受け、仕事内容も充実したものであり、主人も快諾してくれました。
    しかしはじめてみると、私がお弁当をつくらない、夕食がお弁当を買ってくることが増えた、
    休みが少ないと不満なようです。
    しかし、お弁当はなくてもいいんだよ、とか夕食は買ってきてもかまわないと、以前何度か言われていました。
    真に受けて家事をさぼりすぎな私も悪いんですが・・・
    そこまでしなきゃいけないの?と一度反論したら、収入が増えても、出る分も増えたから儲かったみたいに言わないでと、主人に言われました・・・

    昨日の夜から、主人は私を避けています。昨日も夕飯はお弁当でしたので・・・多分それかな。
    世間的に見て私は妻失格でしょうか?

    仕事も楽しく、お金ももらえて、私は今が楽しいです。
    でも夫婦としてはどんどん距離が離れていっているのも感じます。でもこういう風に働いている夫婦もたくさんいると思いますし・・・

    何か解決法があれば教えてください。荒療治でも構いません。

    トピ内ID:2497333333

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 8 面白い
    • 26 びっくり
    • 4 涙ぽろり
    • 170 エール
    • 14 なるほど

    レス

    レス数42

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  42
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    妥協案

    しおりをつける
    blank
    らーめん
    前の仕事と今の仕事での、普段の拘束時間は違うのですか?
    休日は1日減ったようですが、勤務日の拘束時間が減ってないのであれば
    お弁当や食事を作らなくなったのは、怠慢ととられても仕方ありませんね。

    休日がお互いにずれて、食事もお粗末となれば、
    ご主人にしてみれば、結婚生活ってなんだろうと思うのでしょう。
    夕飯がしょっちゅうお弁当って、なんだか悲しくなるのが分かります。


    ご主人と家事を分担されてはどうですか?


    お弁当は毎日作る。
    夕食もなるべく作る。


    土日は夕食を作る、もしくは買ったお弁当でも我慢する。
    土日はお風呂掃除等、できる家事を手伝う。

    など、これは例えばの話なので、ご夫婦で話し合って決めてください。

    夕食をなるべく作るようにすれば、
    翌日に残りをいれるだけでお弁当ができます。
    宅配などを上手に利用すれば、短時間で食事の用意ができますよ。

    トピ内ID:2734778042

    ...本文を表示

    家事うんぬんというよりも…

    しおりをつける
    🐶
    ソラ
    ご主人は土日がお休み。
    トピ主様は平日がお休み。

    ふたりの時間って、いつ設けているんですか?

    ご主人が「お金」や「仕事」に重きを置いていないならば、
    トピ主さんと結婚している「理由」が無くなりますよね。

    男性は、甘えたがりの人が多いものです。

    浮気されないといいですね。

    トピ内ID:9835132120

    ...本文を表示

    こういうふうに

    しおりをつける
    🐱
    minon
    こういう風に働いている夫婦がたくさんいれば、夫さんの不満がなくなるわけではありません。
    私の中で夕食お弁当はあり得ないです。トピ主さんは食事はお腹がいっぱいなれば何でもいい人ですか?私は会社経営者で、フルタイム義祖父介護付きで大忙しだったことありますが、夕食だけはお弁当を買ってきたことはないです。外食はあったし、掃除は手を抜いてたけど(笑)お弁当ってデパートの何千円もするものでも続けて食べる気はしません。
    食事へのこだわりが、夫婦で違うときついですよ。私たち夫婦は部屋が多少汚くても気になりません。でも食事はね、おいしいものを食べないとものすごく貧しくなった気がするんです。仕事して帰ってきてお弁当だったらものすごくがっかりする。

    旦那様はどういうタイプですかね。
    それと、旦那様には「収入を増やすためだけじゃなく、私の人生の充実のために転職をした。もうかってるからいいという話ではなく、今やりがいもあるし充実してる。でも家庭を捨てるつもりもない。どの部分を改善したらいいのかな」と徹底的に話し合うべきです。
    旦那様のこだわり、気になるところは改善しないと離婚まっしぐらですよ。

    トピ内ID:1785162829

    ...本文を表示

    夫婦の時間がない

    しおりをつける
    blank
    なむこ
    毎日毎日、どちらかが仕事という状況ですよね?

    夫が休みな時は必ず妻は仕事。
    一緒にいる時間、あなたを感じる時間が少なくて不満と、男の人は言いづらいのでしょうが、恐らく感じていると思いますよ。

    月に1~2度でも、土日休みを作って旦那さんと過ごしてみては。

    トピ内ID:0700597017

    ...本文を表示

    荒治療というのなら

    しおりをつける
    blank
    みっつめ
    お子さんをつくる事かな?
    一つのカケではありますが、最悪決裂し離婚することになっても、トピ主さんの収入なら養育費をもらいながら十分子育て出来るかと思います。

    そもそも財布も別々らしいイマドキ夫婦でありながら、家事負担が妻に寄ってるってのがダサイねえ。
    夫はイイトコドリって感じ。働くことに反対なら最初からそう言えばよかったのに、文脈からは金にせこく、自分本位な狭量男にしか思えません。
    休日が合わないことだって最初からわかってたことだしなあ。うちの夫なら絶対に承諾しませんが、トピ主さん夫はOKしたんだし、今更ごちゃごちゃ言うのは頭悪いとしか思えないね。

    とはいえ、まあイイトコロもあって結婚されたんでしょうから、夫のご機嫌とりながら、身を削るしかないのが現状でしょう。
    ストレス夫がいる妻は、そうでない妻より寿命が何年も縮まるそうです。

    結婚3年目かあ。30代だし、お子さんつくって、それでもだめなら離婚が一番効率的かなと存じます。

    トピ内ID:8733627314

    ...本文を表示

    お休みが合わないことも問題じゃないですか?

    しおりをつける
    blank
    hana
    家事も愛情表現のひとつだと思うけど、
    それよりお休みが合わないと、本当にすれ違いになっちゃいますね。

    人生で何を一番大事にしたいか、あなた自身がまず明確にしなくちゃいけないのでは?

    トピ内ID:0093783345

    ...本文を表示

    ほっときなさい

    しおりをつける
    🐱
    にゃ
    考えすぎはよくないです。

    旦那さんはストレスを解消するために、あなたを避けているんです。

    だから、口をださず、ほっておきなさい。



    しばらくして、普通に戻ってきたら、冷静に話しあいましょう。

    そのときは人生として、ライフプランをたてましょう。目標貯蓄額とかわかるようにするといいとおもいます。

    家事については、できること、できないことを明確につたえましょう。
    労いの言葉があると頑張れるからお互いかけあうようにとかもいうといいかもしれないですね。


    もし、それでダメなら、子供ができないうちにそんな夫は捨てましょう。

    あなたが、旦那さんの態度にオロオロすればするほど、夫はいい気になりますよ。
    こいつは俺にほれているとか、俺がいないとダメなんだとかおもわれたら、一生、下にみられますから。

    私は一人でも生きていける!という自信をもって、夫と話し合ってください。

    いろいろな意味で、今ならまだ間に合います。

    トピ内ID:9316072192

    ...本文を表示

    結婚生活、夫婦の目標が違っているのかも。

    しおりをつける
    blank
    サリー
    私は結婚7年目、在宅で月収にするとだいたい手取りで20万程度の仕事をしています。
    夫は月収手取りで90万以上、私は働く必要はないのですが、自分の希望で仕事をしています。

    うちの場合だと夫が結婚生活において一番大事にしたいことと、私が仕事をしていることはぶつからないので、問題が無いんですが、どうももしかしたらトピ主さんのご主人は描いていた結婚生活が違っていて、その差が大きくなり過ぎていま悩んでいられるのではないでしょうか。

    実際、トピック読んでいますとトピ主さんのその状況でお子さんを持つというのは…ちょっと無理そうですよね。夫婦二人ですら夕食も作れないような働き方をしているわけで、そこに子どもの入る余地がない。
    ご主人は子どももいて妻は働きに出てはいるものの自分が大黒柱で、妻は家計のサポート程度の仕事…という結婚生活を送りたい人なのでは無いでしょうか。

    一度その辺り話し合われた方が良いのではないでしょうか。将来の事など。
    個人的には結婚した以上は仕事も全て自分の希望を通していいとは、思わないです。お互いの人生と生活がかかっていますからね。そして方向性が会わない場合も残念だけどある。

    トピ内ID:3650485130

    ...本文を表示

    昼弁はともかく

    しおりをつける
    blank
    danbo
    夕食を作るところから始めませんか?
    夕食を作ることが出来ないほど激務ですか?
    帰ったら30分で作れるように、朝出かける前に仕込んでおきませんか?
    副菜は3日続いても大丈夫なものもありますよね。

    お弁当も夜に副菜を詰めておいてメインだけ朝作ればかなり時短できます。
    ご飯が冷めないのであれば、ランチジャーを使えばいい(冷まさなくてよくなるので)

    あなたの手料理が食べたいんじゃないのか、ご主人。

    トピ内ID:4499977935

    ...本文を表示

    手抜きのさじ加減

    しおりをつける
    blank
    おばさんです
    結婚21年50歳代で共働き子供はいません。

    夫は家ご飯大好きな人です。
    今日の晩御飯は何かな~と毎日楽しみにして帰宅します。(少しプレッシャーですが苦笑)

    私もフルタイムで仕事をしているので、夫もそこは献立は普通のお惣菜レベルで満足顔。
    できる範囲で作っていれば手抜きも見逃してくれます。調子に乗るとダメ出しされますが。(笑)

    ご主人は別にプロ並みの食事を望んでいるわけじゃなくて自分の健康とか色々考えて作ってくれる妻の料理が食べたいんですよ。
    それに家ご飯なら二人で食事しながら会話もできるし、より美味しいからでしょうね。
    買ってきたお弁当じゃ独身時代と一緒で味気ないんだと思います。

    手抜きのさじ加減は其々の家庭で違います。
    ウチは時間がない時に半額セールで買ってきたお惣菜に余った野菜を足したり夫好みの味付けに少しアレンジしたりしてますが、
    これで十分満足してくれてます。チョットした一手間があるかないかだけなんですけどね。(笑)

    ↑でかなり「家事頑張ってます感」がでると思います。頑張ってね。

    トピ内ID:8094763970

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  42
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0