詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    お坊さんのお説教で泣きました

    お気に入り追加
    レス22
    (トピ主12
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😢
    ruruko
    話題
    今日、夏に鬼籍に入った義母の法名軸を届けにお坊さんに来ていただきました。

    葬儀・四十九日法要の際のお坊さんの都合が悪く、初めて来られた若いお坊さんでした。ハキハキとして、物腰の柔らかい人当りの良いお坊さんですが、まだそんなに修行されて年数を経てないのかな?という少し頼りなげな感じでしたが、読経すると一変、よく通るけど低く威厳のある声で朗々と読み上げられました。

    読経後、夫を気遣いながらご自身のお母様が20代前半で亡くされた話しもされ、盲亀浮木(もうきふぼく)-なかなか巡り会えないこと-について話され、悲しい
    事ではあるけれど、この母との縁を得られた事は何にも代え難く、喜びの中の悲しみとし、感謝して日々過ごしてまいりましょう・・・と。

    義母が亡くなってまだ間もないからにしても、素直にお坊さんのお説教を聴いて泣いたのは初めてです。
    多分、似たようなお説教は他でも聴いた事はあると思うんですが、お坊さんの人柄や話し方でこうも伝わってくるものが違うんだと感じました。

    夫にとってはかけがえのない母、私にとっても結婚後同居して10数年、不満は全く無いわけではなかったけど、おおらかでいつも私の事も気遣ってくれた大好きな義母。

    秋になり、なんとなく虚しさや寂しさでぼーっとしていた中、残された家族に寄り添い、良いお説教をしてくれたお坊さんに感謝です。

    トピ内ID:3398337642

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 7 面白い
    • 5 びっくり
    • 406 涙ぽろり
    • 83 エール
    • 24 なるほど

    レス

    レス数22

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (12)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  22
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    それは、いいお坊さんに会えましたね。

    しおりをつける
    blank
    きき
    お葬式に慣れているお坊さんでは無かったのが逆に良かったのかもしれませんね。
    私は義父のお葬式でがっかりした経験があります。

    お寺とはお付き合いが無かったので知人の紹介でお願いしたお坊さんでした。
    宗派が違うのを承知で受けてくださったはずなのに強く宗派を変えるのを求められ、
    公園墓地を探しているのを承知で受けてくださったはずなのにお寺の墓地を買うように強く勧められ、買ったら檀家になることを求められました。
    肝心のお葬式の読経前のお話はお寺の建具や仏像自慢や自分の海外旅行の話。義父のことには触れず、残された家族への言葉も一切ありませんでした。

    そのお寺は息子さんもお坊さんで2人で一つのお寺をまもっています。
    家族が住む家は立派な三階建てが建っていましたが本堂はみすぼらしい古いまま。
    紹介してくれた知人の話では「息子さんは車道楽で年に2回は家族で海外旅行へ行っている」と…完全にお葬式をビジネスとしているお寺なのだと感じました。

    この葬儀を機に私はキリスト教への改宗を考え始めました。

    トピ内ID:7794964154

    ...本文を表示

    トピ主のrurukoです。

    しおりをつける
    blank
    ruruko
    自分でこの思いを忘れないように、大好きな小町に初めてトピ立てを致しましたが、思いがけず多くのポチを頂き、また、お気に入りにまで入れて頂いた方もいらしたりと、皆様、思いを馳せて頂きましてありがとうございます。嬉しいです。

    若いお坊さんと述べましたが、実は30代前半で、仏門に入られて20年近いようです。
    ただこれまでお会いした、主としてお努めをなされたお坊さんの中では一番若く(多分)、そのお寺では未だにご自身が末弟子のようです。
    お顔も童顔で剃髪もされてて、最初は10代?!と、本当に思いました。


    本文では端折りましたが、盲亀浮木の話しの際におっしゃっていたんですが、人がまた人として生まれてくる確率は114京うんたら・・・という、途方もない数字だそうです。それを思うと親子・姉妹の縁、夫との縁、義母との縁、友人との縁、出会う全ての事柄が改めて大事に思えます。そしてこのトピに共感して頂いた皆様ともご縁を頂いたことに感謝いたします。

    トピ内ID:3398337642

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(12件)全て見る

    トピ主のrurukoです。

    しおりをつける
    blank
    ruruko
    きき様

    レスを頂きましてありがとうございます。
    お義父様のお寺さんでのご体験では残念な思いをされたようで。。ご心中お察し致します。

    実は私の父方のお寺と似ております。
    読経は、あらっ?もう終わり?と、手短で、お参りに行けば、お供えのお花について、「どうせ死んだ人にはわかんないんだから」と。。だから読経も短いのか(苦笑)
    そんな人柄が災いしてか、最近では檀家離れが進んでるようです。

    20代から50になるこれまで、大切な身内や友人、知人を数人見送ってきました。その際、今回ご縁のあったお坊さんのような方は殆どおりませんでした。
    きき様のお坊さんのように、故人や遺族を顧みない人が殆どでした。なので私も自分の時は葬儀不要と考えてましたが、この度のお坊さんとご縁を頂いたので、また色々と考えております。
    きき様も、ご自分やご家族が穏やかになれるご縁に辿り着けられるとよいですね。

    トピ内ID:3398337642

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(12件)全て見る

    トピ主さまへ

    しおりをつける
    🙂
    和香
    トピックス、レスすべて 読まさせて頂いた 浄土真宗の 僧侶です。

    僧侶の、お手本にしたいような方に ご法事を勤めて頂いたようで、 うらやましいなあと、正直 思います。

    わたくしは、仏教系の大学で 4年学び 40年近く僧侶をしておりますが、なかなか ご法事で 人様に喜んで頂く法話なんて 出来るものではありません。

    トピックスを、読み よほど、その方は 仏教に真摯に向き合ってらっしゃるのだな…、 と
    わたくし、胸を打たれました。

    そして、 わたくし自身は 悲しみを抱えていらっしゃる方に 少しでも 寄り添えているのだろうか?
    とも、考えさせられました。

    僧侶としてのあり方を、問われるトピックスに、感謝しています。

    トピ内ID:2291577105

    ...本文を表示

    私の場合は

    しおりをつける
    blank
    ryu
    同級生のお坊さんや仕事の関係でお坊さんとつきあいがありますが、、、
    日常を見ていると、、、
    同じ人間だな~って思う部分もありますけど。


    それはさておき。
    祖父・父・私(婿取りです)と長いつきあいのお寺さんがあります。
    祖父・父と寺役をやっておりました関係で今の住職・前の住職・その前の住職と長く親しくさせて頂いております。

    お盆の檀家回りの時は私の家でお経をあげてもらった後、休んでいっていただいたり、狭い町ですのでお互いのことはよくわかっている状態です。

    祖父・祖母と見送り(父・母は今のところ健在です)、前〃住職が亡くなられ、代が替わる中、その時々に応じて色々なお話をして頂きました。

    幼い頃はただ「早く終わらないかな~」でしたが、
    私自身年齢を重ねていくうちに、両親の老いを見るうちに、
    住職さんのお話の受け止め方も変わってくるのだな、と思います。

    トピ内ID:1906251084

    ...本文を表示

    私も感激した事が有る

    しおりをつける
    blank
    海賊の妻
    親戚のお葬式に行きました。すごい田舎で山の中の石垣を上ってたどり着く藁ぶき屋根の家でした。日本昔話に出てくるような家で、お坊さんがお食事をするのを見るともなく見ていました。お寿司屋さんから届いた、海苔巻といなり寿司の入った寿司桶を前にして、まだ若いお坊さんが「パクリ」と食べたのです。背筋がまっすぐで「パクリ」また「パクリ」ととてもきれいに食べ進めて行きます。姿勢は崩すことなく、目は泳ぐ事無く、「パクリ」と驚くほど端正な感じで食べて行きます。修行をして身に付いた食べ方だと確信しました。ひそかに感動して涙が出そうでしたが、誰もその事に気が付いてはいないようでした。
    昨日そこの家の叔父さんと叔母さんが何年かぶりで訪ねて来て、その事を鮮明に思い出しました。
    宗教家と言うものは、どんなに若くても本物であれば何かしらオーラが有るものだと思いました。
    若いお坊さんのお説教に涙した貴女は、本物に出会ったのだと思います。そしてあの、食べ方に威厳と風格を感じた私もまた一期一会ではありますが、本物に出会ったのです。それは幸せな出会いだと言えるでしょうね。

    トピ内ID:4199029581

    ...本文を表示

    トピ主のrurukoです。

    しおりをつける
    blank
    ruruko
    和香様

    レスを頂きましてありがとうございます。

    >トピックスを、読み よほど、その方は 仏教に真摯に向き合ってらっしゃるのだ な…、 と わたくし、胸を打たれました。

    そうなんです。この度のお坊さんは、先代の住職に弟子入りされて、今でもその方の教えを大切に、お勤めされているようです。
    座布団を敷かないのも、ご遺族さまと同じに・・と、先代がなされていたのを見習って、固辞されました。
    また、最近、都市部から離れて念願の山々に囲まれた地域に引っ越しされたそうです。お寺まで通勤に1時間近くかかっても住みたかったそうで、笑顔で話され、自然の中で住む心地良さがこちらにも清々しく伝わってきました。

    >僧侶としてのあり方を、問われるトピックスに、感謝しています。

    僧侶の立場の方からみたら、気に障る文章などもありますのに、上記のように感謝のコメントを頂けた事に、こちらこそ感謝申し上げます。

    トピ内ID:3398337642

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(12件)全て見る

    トピ主のrurukoです。

    しおりをつける
    blank
    ruruko
    ryu様

    レスを頂きましてありがとうございます。

    幼少の頃からお寺さんとお付き合いがお有りなんですね。
    お話しから、現在も身近で温かい関係を続けられてる感じが致します。 

    うちは諸事情で以前あった仏壇から、義母が生前に新しく仏壇を用意し、その際に親戚が檀家である今回のお寺さんに魂入れをお願いしたんですが、今回の義母の葬儀までお付き合いがありませんでした。
    10年以上前の事で、義母からは相談されて話しは聞いてましたが、私はその時はお墓や仏壇について漠然と否定した気持ちがあり(自分が入るかについて)、深く考えに及ばず、義母の気の済むようにお任せしました。魂入れに同席したかすら覚えておりません。。
    あの時もっと深く考えて行動していたら、もう少し色々勉強出来ていたかもしれません。

    トピ内ID:3398337642

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(12件)全て見る

    トピ主のrurukoです。

    しおりをつける
    blank
    ruruko
    海賊の妻 様

    レスを頂きましてありがとうございます。
    感激された体験談、目に浮かべてみました。。
    私がお会いしたお坊さんと同じく、姿勢が正しく・・美しいです!

    >どんなに若くても本物であれば何かしらオーラが有るものだと思いました。

    本当ですね。所作の一つ一つに感謝の気持ちが表れるんでしょうね。
    お辞儀一つ、食すこと一つ取っても感謝の気持ちがあるから美しい。。
    日々、忘れがちになりやすいですが、心がけていきたいです。

    仰って頂いたように幸せな出会いでしたので、これからも末永くお付き合い頂けるご縁になるよう、こちらも勉強していこうと思っております。

    素敵な体験談をありがとうございました。

    トピ内ID:3398337642

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(12件)全て見る

    胸にきました。

    しおりをつける
    🐤
    えみこ。
    私も相次いで大切な義両親を亡くしました。
    今年1周忌を済ませましたが、寂しい恋しいより、今もまだ心が苦しい。
    月命日にお坊さんに来ていただきますが、こうなってからやっとお坊さんの言葉ひとつひとつがわかるようになるんですね。
    トピ主様が教えてくださったお坊さんの言葉、胸にきて泣けました。
    苦しくて辛いけど、こうして今そう思えるのも、義両親に会えたからなんだと。
    そう考えると、全てが悲しみではないんですね。
    幸せの中の悲しみなんですね。

    「また生まれ変わる」という言葉が私は嫌いでした。
    だって次も人間に生まれ変わるかどうかもわからないのに。
    親戚がそう口にする度、「だったら生まれ変わらなくていい、傍にいて」と心中で呟きましたが、
    故人と強く思いあった人の心に故人の魂は宿ると言うそうです。
    某禅僧の本にそう書いてあり、その言葉にも心が少し落ち着きました。
    トピ主様も落ち着かれるには日にちがかかりますが、
    思いは通じていると思います。

    トピ内ID:6501210113

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  22
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (12)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0