詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    就職か留学か

    お気に入り追加
    レス16
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    音楽
    仕事
    大学院に在籍している者です。先日、とある自動車部品会社から内定をいただき、就職活動を終えました。
    ところが、家族や大学の教授からは、「無理に就職しなくても」、「五年ぐらいは留学で勉強をしたら」といわれております。
    ご存知のとおり、文系の院生の就職状況はあいかわらず良くありません。せっかく、内定を得たのにそれを断って留学し、勉強をしたからといって、帰国後にどこかの大学や短大の講師になれる保証は全くありません。
    確かに実家は裕福なので仕事をしなくても全く困りませんが、少子化で大学や短大がバタバタと倒れる時代であり、専任職を得られる見込みは少ないのです。
    ご意見をお聞かせいただければ幸いです。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数16

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    トピ主さんのやりたいことによる

    しおりをつける
    blank
    院卒
    タイトルどおりです。

    こういうことは人に相談するより、自分が今後どうやって生きていきたいか、自分で深く考えて結論出すしかないです。

    HNから、音楽のお勉強をされている方かな、と思いました(そのまま過ぎます?)。
    自動車部品の会社で、将来音楽(或いは今の専門)と関係ない仕事でもかまわない、まず経済的な面を重視、と考えるなら仕事をとれば良いのではないでしょうか。

    逆に、絶対後悔する、まだ勉強し足りない、私はこの道で生きていきたいと強く思っているなら、リスクが大きくてもそちらを選ぶのではないですか?
    厳しい道だからこそ、そこへの思いが弱くては先につなげることもできないと思います。

    一般論は色々でしょうが、結局ご本人の人生ですので、自分で後悔のない選択をするように考えて結論だすしかないです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    後悔しないかどうか

    しおりをつける
    blank
    ばらんす
    留学先でやりたい勉強って、
    後からやりたくなっても間に合いそうなことですか?

    トピ主さんとは少し状況が違いますが、
    四年生の大学を卒業するときに、親が
    「就職決まってないなら留学でもして来れば?
    せっかく外国語が専門なのだし。」と言ってくれた時、
    「親の金で行くなんてイヤ!自分で行ってみせる。」と意地を張りました。

    結局実現したのは30代になってからでした。
    今は現地で仕事をしていますが、周囲の日本人の中には、
    やはり若いうちに(せいぜい35歳くらいまでに)、
    現地の大学で博士号を取ったり、その直前までいってる
    ような人がとても多いので、
    自分のスタートの遅さが、いまだにコンプレックスになっています。

    二つを、よくよく天秤にかけてみてください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    留学!!

    しおりをつける
    blank
    東海岸
    留学がいいと思います。わたしはもと理系でしたが、就職後、社会科学系の研究に興味を持ち、アメリカに留学しました。日本だと「文系の院を出ると就職が不安」というイメージがありますが、アメリカではいろいろ職がありますよ。大学はもちろん、研究機関へ務めてもいいし、いろいろチャンスはあります。それに、PhD持ってるほうがはるかに優遇されます。

    それに大学院だったら、RA/TAをもらうと、学費&生活費がカバーできるので、経済的にも自立できます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    長期的な人生設計

    しおりをつける
    blank
    留学中
    貧乏なのに私費留学中の30代後半です。なんでこんな年齢になって留学しているかというと、20台後半~つい最近まで実地経験を優先させたからです。でも今学校では、まさに経験に基づいた議論が自分にできるように感じるので遅い留学に後悔はありません。

    一人の人間として経済的にも精神的にも自分の足でしっかりと立つことのできる人間になることは、人生においてとても大切なことではないでしょうか。それはご実家の資産の有無には拠らないのではないかと思います。

    中途半端な気持ちで就職をするよりも学びたい学問があれば進学は一番の選択肢になるでしょうし、内定をもらった会社の仕事が将来貴方の生活を充実させると思われるならば就職されることが望ましいでしょう。

    今貴方に必要だと思えるのは、学生を終えた後どんな人生を過ごしたいかという人生プランではないでしょうか。じっくり考えてみてはいかがですか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    留学して何を学ぶか見えてます?

    しおりをつける
    blank
    流浪人
    どうも、親御さんがたの「留学していいよ」に心が動いておられる様子なのですが、留学して何を学ぶのかビジョンありますか? その後のことも考えたほうがよいですね(漠然と「専任職は無理だろう」とおもってはおられるようですけど)。

    ただなんとなく留学しても、成果が上がるようなら気にすることもないと思いますが、何も考えないでただ「留学」とだけ思って実行しても、得られるものがどれだけあるのか気になります。

    私なら「自分から留学したくてしょうがない、だけど将来の心配や親への配慮から就職を選んだ」とでもいう状況でない限り、就職のほうを選ぶと思います。
    ご自分が「無理に就職」と考えているならば一考の価値はあるかと思いますが、働かないと食べていけないことが明らかな私ならできない贅沢だと思いました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    経験者です。

    しおりをつける
    blank
    HappyThanksGiving
    私は就職超氷河期に日本の三流の大学を卒業しました。在学中から留学を決めていたので就職活動は経験しませんでしたが、周りはほとんど全滅状態でした。
    卒業後すぐにアメリカへ留学。

    それまで適当にしか勉強をしたことはありませんでしたが、自分はもう一度チャンスを与えられたんだ、そのチャンスをムダにしたくないと自分に言い聞かせ狂ったように毎日勉強をしました。早いもので来年の5月に卒業です。

    今の時点で4つ内定をいただいています。東京にある外資系金融からは、公務員だった父の40代後半の頃の給料と同等の額を一年目から提示されました。

    アメリカの会社からも内定を貰っており、そちらのほうが給料はやや低いですが、自分の専門に近く、それをさらに深く学ぶ機会があり更にビザのサポートもしてくれるので、結局はこちらに残って働くことを選ぶ思います。

    というわけで、留学は私にとって大きな転機でした。
    留学がトピ主さんの本当にしたいことなら、卒業後の就職を恐れずぜひ挑戦してください。留学中にがんばれば、それを認めてくれる人はかならずいるはずです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    将来の目標は?

    しおりをつける
    blank
    文系研究者
    トピ主さんが将来研究者になりたいのであれば、留学でPh.Dをぜひ取ってください。幸いご実家は裕福との事。ならば迷うことはありません。

    女性か男性か書いていないのですが、小町ですので女性と仮定します。友人で、好きな研究を続けるために条件重視でお見合い結婚をした人がいます。そういう道もあるということです。本務校を持たない非常勤の先生は主婦の方もかなりいます。一コマでも大学で授業を持てば、職業は大学非常勤講師であり、研究者です。

    それなりの方と結婚すれば、経済的な不安もなく、大学の面倒な人間関係や雑務に煩わされることなく研究に専念できるのです。研究費はありませんが、裕福な家なら問題ありませんし、文系なら図書館さえあればできる研究もたくさんあります。

    将来大学の専任になりたいのか、それとも好きな研究が続けられれば満足なのか。

    おっしゃる通り専任職を得るのは大変厳しい状況です。将来の目標が経済的な自立であればこのまま就職も良いかもしれません。でも、そうでもないのなら、留学を勧めます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    重視されるのは

    しおりをつける
    blank
    おやじ小僧
    いずれにせよ、いつかは就職をするつもりなのですよね?

    その時に重視されるのは、間違いなく、留学歴ではなく職歴です。
    そこをよく考えて決めてください。

    あなたの先生が本心どう思っているのかわかりませんが、年配の男性は「女だから、どうしようもなければ結婚して専業主婦という手もあるしな。」と考えている人が大勢います。
    あなたも同じ考えならば何も言いませんが。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うらやましい

    しおりをつける
    blank
    マーシャ
    私は実家が農家でたいそう貧しかったので、国立大学しか道はありませんでした。ですが、それゆえに得た仕事(今も働いています)と夫との出会いがありましたので、当時も今も後悔はありません。
    トピ主さんは、大学院まで好きな学問を極める能力があり、ご家族も心理的、経済的に支援してくださる。

    私の大学時代の研究室の先輩は、入試で1番でしたし
    卒業時まで優秀で、教授に研究を続けるよう言われましたが、就職しました。その後、人間関係をうまく
    築けず半年で辞めてしまいました。先輩は研究肌と
    思われたので、研究室だったらうまくいっていたかも
    しれませんね。先輩はその後、どうしたんだろう。

    トピ主さんが、研究を続けた場合の心配はごもっとも
    です。しかし、自動車部品会社の将来も同様ではありませんか?私の夫も、私も、大学卒業後10年以上
    経ちまして、卒業時(リクルート時)と社会情勢も個人の価値観も大きく様変わりしています。
    自分の今置かれている状況を見極め、自分はどうしたいのかを考えたら後悔はしないし、道も開けるのでは
    ないでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    自分で決めないと

    しおりをつける
    blank
    サンク
    大学院在籍ということは、最低でも22歳以上の方ですよね。
    ご自身である程度考えや検討は出ているとは思いますが、
    こういった重要な問題は最後までご自身で考えぬいた上で
    選択したほうがいいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    就職したら

    しおりをつける
    blank
    ふーん。
    教授の道は絶たれますね。でも留学後、努力して教授になって大学がつぶれても・・何かしらの働き口ってあるんじゃないかなって思います。要は新卒で企業で働きたいのか、勉学を続けたいのかってことですよ。
    幸いにもご実家が裕福とのことですので、私だったら留学するかも?って思います。だって大手企業だって急に倒産ってこともあるわけですしね。留学先で勉強しつつ、今後に使えるような資格や経験をつまれるのも良いのではないでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    最後はご本人しだいですが…

    しおりをつける
    blank
    ゆりあ
    ご本人がどうされたいのか、実際迷われている感じですね。
    将来の計画を長期的に立ててみてはどうでしょう?
    もちろんその通りに行くとはかぎりません。
    でも最終的に一番したい事は何なのか、その為に今すべきことは?と掘り下げていくとおのずと答えがでてくるかもしれません。
    どうしても極めたい道があるのなら時間はかかってもチャレンジしてみてはどうでしょう。
    もしうまくいかなくても納得はいくでしょう。
    内定された会社に興味を持たれたなら一歩踏み出してみるのもいいと思います。
    働く事はすごくすごく自分を成長させてくれますし。
    どちらにせよ、ご自身の自己分析と将来の目標をもう一度すりあわせ、一番必要だと思う道を選んでください。
    悩み抜いて選ばれた道なら後悔はしないと思いますよ!!頑張ってくださいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    作戦をたてることです1

    しおりをつける
    blank
    たびちゃん
    知人に大学のロシア語学科を出て、ロシア語の使える貿易会社に就職した男性がいました、なぜロシアか?ただ学びたかっただけだそうです。会社に就職して、ロシア語での仕事のハードさについていけず、2年もしないうちに退職。社会福祉の専門学校に2年はいり、資格をとり、郷里で病院に勤めてます。でも、手取りは、驚くほと低いです。

    家族を養っていけるほどの手取りはないので、独身です。大学卒業時の進路選びに失敗して、転職。30代で低収入の知人が何人もいます。トピ主さんは、その内定もらった会社がほんとに好きですか?海外にいけば?なんて、親も人ごとだから、いってるだけです。

    もし、トピ主さんが、30代で後悔しても、親は、あなたの人生を生きてはくれません。海外に2年いました。東洋人差別ありますよ。ある意味、実力社会です。英語なんて、話せる人はたくさんいますから、外資系で海外にずっといたいとか、資格がアメリカでないと取れないとかでないなら、海外にでるメリットは何ですか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    作戦をたてることです2

    しおりをつける
    blank
    たびちゃん
    何年か海外にいって、30歳前に帰国して、どんな仕事につきますか?日本の企業は、甘くないです。やっぱり、新卒採用は強いし、よほどの売りをもってないと、帰国してから、大変です。数年後の社会はわからないけど。

    院にはいるくらい優秀なのですから、自分を伸ばせる会社や役所をうけてみたり、いろいろ1社で迷うなら、数社受けてみるとか、海外が自分に合うのか、日本が合うのか、試してみてはいかがでしょうか?

    私は海外に2年いましたが、日本にいて、地道に就職して結婚の人生を選んでいたらよかったなと思うことあります。海外の2年は、押しも強くなるし、経験にはなるけど、日本人離れしてしまうから、私は、それほどすすめません。海外にいき、積極的になりすぎて、仕事も婚期も逃した知人がいます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    作戦をたてることです3

    しおりをつける
    blank
    たびちゃん
    私は結婚しましたが、海外にいったからこそ、押しが強くなり敬遠されたり、帰国後、日本人や日本社会になじめず、苦労しました。

    たとえば、会社や役所に入ってからでも、海外勤務あるし、2年カリフォルニアに住んだ友人もいました。

    親も先生も○○したら~?といいますが、それは、ただの意見なので、あくまで、自分の好きな会社、仕事にこだわりましょうよ。

    親が裕福でも、実際は、早く、自立した男性になること。それが、勝ち組への道です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      将来の設計によります

      しおりをつける
      blank
      Cha-Cha
      文系の学者か教授になりたいなら、すぐに留学しましょう。寄り道したら研究者になる道は閉ざされます。
      代わりに、赤貧でもいい、研究がメシより好き、の根性が必要です。
      例えばアメリカでは、TAで学費・生活費は保証されているし、ポスドクのポジションは多いし、外国人でも簡単に教授になれますから、努力次第でチャンスはあると思います(テニュアを取るまでがきついですが)。
      また、日本の教授職は激戦ですが、独立法人になったら少しは風通しがよくなるかも(あくまでも希望的観測ですが)。

      もし、留学後にアカデミック職がなかったら民間で働くつもりなら、2-3年の職歴を作ってから留学する方が無難です。日本でも海外でも、民間企業では既卒は即戦力が求められますから。
      理科系研究職は別として、文系の日本の院卒、海外のPhD、職歴なしの応募者に対し、採用する側としては「この人は本当に民間に適応できるのだろうか」と二の足を踏む部分があるんですよね。私は日米両方で理系のアカデミックに長くいて、民間に転職したときに、感覚の違いにずいぶん苦労したので、採用側の躊躇がよく分かります。
      だから、先に自分の将来設計をしてください。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0