詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    パラリーガル(翻訳)の仕事について

    お気に入り追加
    レス12
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😀
    Bibi
    仕事
    はじめまして。37歳の女性です。
    マスコミ勤務を経て、夫の海外赴任に同行しこのたび5年ぶりに日本に帰国いたしました。
    パラリーガル(翻訳)の仕事をしたいと考えていますが全くの未経験者です。
    法律の知識もありません。アメリカの大学院を出ており、通訳の経験は少しあります。
    年齢のことも気になりますし、子供(二歳児)がいながらできる仕事なのでしょうか。
    今色々と調べている段階ですが、具体的な仕事内容や求められるスキル、年収のなどについて
    も教えていただけるとうれしいです。
    よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:5158823983

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 22 びっくり
    • 3 涙ぽろり
    • 13 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数12

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  12
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    現在同職についています

    しおりをつける
    🐶
    Apple
    東南アジアの某国で、法律事務所勤務、翻訳、通訳も含め、英語でもクライアントとのやり取りも行っています。もともと法律知識はなく、勤務を始めてから学んだことのほうが多いです。
    パートで日本語教師もしています。
    パラリーガル、翻訳、まったく別の仕事だと思います。特許の翻訳をされるというのであれば、法律知識以上に技術面の知識が必要です。
    パラリーガルであるためには、先に、主とする言語での法律知識を身につけることが必要だと思われます。
    外国での話なのであまり参考にはならないかもしれませんが、現在給料は手取りで月額45万円ほどです。ちなみに、この事務所で10年勤務しており、当時の給料は今の3分の1くらいでした。

    トピ内ID:9196999566

    ...本文を表示

    わが社の場合1

    しおりをつける
    blank
    セク
    職場にパラリーガル(翻訳)の方が30名ほどいらっしゃいます。私の職場の場合、ですが・・・。

    仕事内容は、有価証券報告書の英訳や
    訴訟関係書類・特許関係書類の英訳・和訳、
    その他契約書等の英訳・和訳、
    とにかく法律関係の書類の英訳・和訳です。

    繁忙期(3の倍数月)は午前様になるようなこともあるみたいですが、
    それ以外の時期は、定時あがりで有給も取り放題です。
    あと、お子さんがいらっしゃる方が多く、
    お子さん都合でお休みもされますし、
    繁忙期になると自宅に仕事を持ち帰り、自宅で処理されている方もいます。
    (そもそも仕事量を自分で調整できるので、お子さんが小さい方は、仕事をあまり受けない)

    ほとんどが帰国子女のようですが、そうでない方も。
    TOEICは新卒時点で800以上、中堅以上になると950以上らしいです(震)。
    ご主人の赴任におつきあいし、帰国後に再就職したかたもいらっしゃいます。
    トピ主さんのような海外の院卒者はいないかも。

    トピ内ID:8239120992

    ...本文を表示

    わが社の場合2

    しおりをつける
    blank
    セク
    また、実務や資格面以外に必要なスキルはコミュニケーション力かな。
    出社してから退社するまで誰とも話さないまま終わる、という事が多いので、
    自分から周りの方とコミュニケーションを取ることができるような。
    周りからみてると、翻訳のパラリーガルの方達はとても優秀で協調性があって、皆さん楽しくしかし厳しく仕事をしている感じで雰囲気がいいなぁと思います。

    トピ内ID:8239120992

    ...本文を表示

    わが社の場合3

    しおりをつける
    blank
    セク
    トピ主さんは、マスコミという激務のご経験、
    5年間海外にいらっしゃって通訳の経験もあるとのこと、
    おそらく私の職場だと即採用です(笑)
    採用試験は、和訳・英訳の筆記試験(辞書やPC使用可)と面接です。
    法律の知識がないということと、通訳の経験がどの程度か?ということが気になる程度。
    でもそれが不採用になるようなレベルではありません、
    「入社後、少し大変だろうけど頑張ってネ!」というレベル(笑)

    年齢やお子さんの事もまったく問題ないと思います。
    私も今の職場に37歳のときに再就職(翻訳ではないです)。
    前職は主婦でした。子供もいます。

    給与面ですが、翻訳の方は羨ましいほど良いです。
    おそらく40代のリーダーっぽい方だと4桁超えてます。

    とにかく、優秀な翻訳パラリーガルは少ないようで引く手あまた。
    「いくらなら来てくれる?」という状態で、
    「いい人いたら紹介して!」と言われています。

    トピ主さん、如何ですか?(笑)

    トピ内ID:8239120992

    ...本文を表示

    paralegalは翻訳家ではありませんが?

    しおりをつける
    blank
    真澄
    パラリーガルの仕事は、翻訳の仕事ではないですよ、法律事務の仕事です。法律事務所で働く(あるいは大手企業の法務部や総務部で働く)弁護士資格を持たないスタッフのことです。

    2歳のお子さんがいるとのこと、在宅希望なのですか?在宅でパラリーガルの仕事で稼げるというのは非常に非常に、非常に、稀ではないですか。よっぽど事務所の先生に信頼されていて家に持ち帰っていいと言われているなら、ありえるのかもわかりませんが、通常は事務所での仕事だと思います。

    もしくは、企業の法務部に勤めるか、ではないですか。ただ法律の知識がゼロなのになぜパラリーガルを目指したいのですか?英語だけできても、法律の知識が必要な仕事ですよ?

    契約書を翻訳するような仕事であっても、法律知識がなければとんちんかんな法律用語で翻訳してしまうでしょうから、下訳程度の仕事の精度となってしまうのでは?

    トピ内ID:2537835298

    ...本文を表示

    私の誤解かもしれませんが・・・

    しおりをつける
    🐱
    ねむり猫
    パラリーガルというのは、弁護士事務所で弁護士の秘書的な役割をする職業ではないでしょうか?
    弁護士事務所で翻訳だけするという訳には行かないと思います。以前働いていた弁護士事務所では外国人関係の案件について通訳・翻訳は外部に委託していました。

    翻訳や通訳という仕事を考えているのであれば、専門の学校へいって上級クラスになればOJTなどで経験を積み、そうして仕事が得られるかもしれません。

    その場合は9時から5時のような仕事ではなく、フリーランス契約です。それだと経費を自己申告できる代わりに収入は安定しません。しかし、一度OJTからフリーランスで翻訳会社や通訳会社に登録すれば、今後旦那さんの転勤でブランクがあっても帰国してまた仕事を頂けるかもしれません。

    フリーランスが嫌となると派遣で時給2,000円~3,000円程度で通訳者、翻訳者として勤務するということも可能かと思います。

    重要なのは、専門の学習経験→OJT→仕事につながるかもしれないという事です。

    どちらのお仕事を検討されているのかわかりませんが参考までに。

    トピ内ID:7319827673

    ...本文を表示

    パラリーガルと翻訳を分けて考えてください

    しおりをつける
    blank
    パタリラ
    他の方も書いておいでのように、パラリーガルは法律事務所のいわば補佐役です。一朝一夕にできる仕事でありません。また、翻訳と通訳の両方をこなせる方もいらっしゃいますが、両者に求められ資質は基本的に異なります。

    ご希望は法律ジャンルの翻訳者と仮定してお答えしますと、在宅翻訳は十分可能です。
    ただし、お金にするまでには相当の修練が必要です。向き不向きもあります。Bibiさんが文字中毒タイプならば、向いているかも知れません。ターゲットが英語であれば試しにオンライン英字紙の法律ジャンルを覗いて記事をひとつ選び、とりあえず20行くらいで訳してみてください。まだ無料で読める有力紙の中では、The Telegraphの英文が読みやすいかな。

    さあ、どれくらい時間がかりましたか。どれくらい単語を調べましたか。解釈違いはありませんでしたか。読む人の頭にスムーズに入る日本語になっていますか。
    もし手こずったなら、ジャンルはひとまず措いといて、お師匠さんが必要です。お子さんがいても通信コースなら大丈夫ですよね。検索すれば有名どころがいくつか出てくるでしょう。根気のよい積み重ねが重要です。頑張ってください!

    トピ内ID:5764713228

    ...本文を表示

    パラリーガルと一般事務員は違う

    しおりをつける
    😨
    にーな
    法律事務所の中でもパラリーガルは、一般事務員に比べてもう少し法律知識のある人の仕事です。ロースクール卒ぐらいの知識があれば問題ないですが、一般事務員の仕事よりは専門的になります。
    翻訳の点でも、特殊な言葉に理解がないとちょっと難しいかも。

    トピ内ID:2739252884

    ...本文を表示

    金融・法務翻訳者です

    しおりをつける
    翻訳者とパラリーガルを混同している点はさておき、
    実務経験も法律の知識もないなら、法務翻訳はまず無理です。
    法律英語は独特ですよ。契約書特有の言い回しとか分かりますか?
    そもそも、契約書や規程等の法定文書を読んだことがありますか?

    今の状況では翻訳の仕事自体トピ主さんには無理だと思います。
    翻訳を簡単に考えないでくださいね。

    トピ内ID:7949874330

    ...本文を表示

    やってみる価値あり

    しおりをつける
    blank
    とっとこ
    パラリーガル(翻訳者)経験者です。

    渉外法律事務所、外資系法律事務所での翻訳業務、試してみる価値はあると思います。

    現在、法律の知識がないとのことですが、アメリカの大学院を卒業できる能力をお持ちでしたら、勉強すれば大丈夫です。

    育児との両立は厳しいかもしれませんが。

    とりあえず「ビジネス実務法務」の3級と2級(できれば)をとってみてください。

    それから、法務翻訳の教科書を読んだり、通信講座をとったりして、基本的な法律用語を勉強してみてください。(長谷川俊明の法律用語の本、有斐閣「法律用語辞典」「法律学小辞典」、Black's Law Dictionary は全部読んでも良いかもしれません。)

    法務翻訳は、細かい一語一語の意味とニュアンスを過不足なく正確に訳さなくてはならず、通訳のように要旨を訳すものとは違います。

    未経験でいきなり在宅はできません。勉強する意欲があることをアピールして、on the job trainingをしてくれる法律事務所で、最初はアルバイトとしてでも雇ってもらえるといいですね。

    トピ内ID:1634426186

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  12
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0