詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    うるう年があるけれど

    お気に入り追加
    レス32
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    傀儡課長
    話題
    4年に1回のうるう年の1日だけ(2月29日)の調整で、周期のズレが完全にゼロになるとは思えません。わずかのズレがまだ残っている筈です。そのわずかのズレによって、季節は進んでいくのでしょうか?それとも、遅れていくのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃったら、教えていただけませんか?心配で夜も眠れません。

    トピ内ID:2594986076

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 26 面白い
    • 22 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 5 なるほど

    レス

    レス数32

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    いや、調整してますよ

    しおりをつける
    blank
    ゆの
    うるう年だけでも
    1.4で割り切れる西暦年はうるう年
    2.↑のうち100で割り切れる西暦年はうるう年ではない
    3.↑のうち400で割り切れる西暦年はうるう年
    として調整していますし
    数年前にはうるう秒があったの覚えていませんか?

    トピ内ID:9578428566

    ...本文を表示

    調整されます

    しおりをつける
    💡
    通りすがり
    トピ主様、だいぶお悩みのようですね。

    完全な回答とは言えないかもしれませんが、

    西暦で、4で割り切れる年は閏年です。 例:2012年、2020年など
    しかし、4で割り切れても、100で割り切れる年は、閏年になりません。 例:2100年、1900年など
    さらに、400で割り切れる年は閏年になります。 例:2000年など

    このように、長期間でみると、調整されているというです。

    トピ内ID:5405959716

    ...本文を表示

    うるう秒ってご存知ない?

    しおりをつける
    blank
    レイガ
    地球の自転は早くなったり遅くなったりもするので、原子時計で決まる時刻も
    ズレます。

    なので、ズレがプラマイ0.9秒の範囲に入るように、うるう秒で調整してるようです。

    1秒長くなったり、1秒減るかです。
    1972年からやってたみたいです。知らなかったけど。

    「うるう秒」で検索したらくわしくわかりますよ(笑)

    季節が進むかとかって、それは時間の概念でみるから疑問に思うのでは?

    まぁ、日本は四季があるから、桜が咲いたりうぐいすが鳴いてなんかポカポカ
    してきたら、あぁ春が来たなって「感じる」し、蝉時雨や蚊に刺されたり日差しが
    きつくなると、夏が来た!と思う・・・
    体感で言えばズレとかわからないでしょうし、気にならないでしょう。

    トピ内ID:1847032493

    ...本文を表示

    うるう秒というのもあります

    しおりをつける
    blank
    北風と太陽
    この地球のどこかで賢い人々が、ちゃんと時間や季節が太陽と合うように
    調整してくれていますので、どうか安心して眠ってください。

    トピ内ID:9538352690

    ...本文を表示

    うるう秒って

    しおりをつける
    blank
    めんどくさがり
    ありませんでしたっけ?

    トピ内ID:3332688751

    ...本文を表示

    うるう秒もあるよね

    しおりをつける
    blank
    心配にはおよばん
    何とか調整しているんじゃないの。

    トピ内ID:5284831514

    ...本文を表示

    うるう年には例外がある

    しおりをつける
    blank
    泥炭
    地球の公転周期は365.242199日ですので、単純に4年に1回うるう年を加えて
    いると暦の方が進みすぎてしまいます。
    なので、
    ・西暦年が100で割り切れる年は平年
    ・400で割り切れる年はやっぱりうるう年
    という風に例外規定をもうけて調整しています。

    このやり方でも数千年後には1日分のずれが生じるらしいですが、それは
    未来の人におまかせするしかないですね。

    トピ内ID:5529410074

    ...本文を表示

    うるう秒があります

    しおりをつける
    blank
    潤子
    時間と地球の自転とのずれは、閏年の1日では足りず徐々に余りが溜まっていくそうです。それが1秒に近くなると閏秒が実施されます。12月か6月の末日の最後に61秒とカウントする事が多いらしいですよ。
    いつ実施するかは地球の自転速度が把握しにくいのではっきりとしないとか。よかったですね、どうぞゆっくりお休みになって下さい。

    トピ内ID:3597737201

    ...本文を表示

    ご心配なく

    しおりをつける
    blank
    部外者
    季節が進んだり遅れたりする程の誤差は有りませんから、ご安心ください。

    尚、うるう年はトピ文の通り4年に一度ありますが、
    例外として西暦の年数が100で割り切れて且つ400で割り切れない年は、うるう年には成りません。
    次回これに該当するのは2100年です。
    若しご存命でしたら、ご確認ください。

    トピ内ID:9250756006

    ...本文を表示

    3000年は調整不要

    しおりをつける
    🐤
    元・鬼太郎ファン
    現在使用されている暦の方法ですと今後約3000年は調整不要です。

    理科年表に掲載されている地球の公転日数などの数値を使いますと小学生高学年の算数で十分計算可能です。

    4年に1回「うるう年」、これだけでは過大補正になりますから400年に3回「うるう年」を入れないという現行の暦法で今後約3000年は補正不要です。約3000年後にまた新たな「1日」を挿入するか差し引くかすればさらに約3000年は使えます。

    「暦と季節感がずれる」ということは現行の歴法ではまず現れないでしょう。

    (「うるう年は 4年に1回ですから、400年間で400回ではなく97回です) 

    トピ内ID:8272535544

    ...本文を表示

    約3千年先に調整必要

    しおりをつける
    blank
    いやあ
    現在世界で広く使われているグレゴリオ暦では、
    1.西暦年が4で割り切れる年に閏日を設ける。
    2.100で割り切れる年には設けない。
    3.400で割り切れる年には設ける。
    となっています。

    これでも若干の誤差があり、約3千年先には閏日を設けない日が必要になります。
    約と書いたのは、地球の公転周期・自転周期の遅れがあるためです。

    トピ内ID:8826381048

    ...本文を表示

    うるう秒 もありますよ

    しおりをつける
    blank
    四季
    閏年の一日だけではなくて、閏秒といって一秒調整するときもありますよ。
    59秒、60秒の次に0秒がくるのです。

    トピ内ID:1815758800

    ...本文を表示

    心配ご無用です

    しおりをつける
    😀
    テーラー919
    たしかに地球の公転周期は365日+0.24.....なので傀儡課長さんの考えておられるとおり長い年月の間にはずれが生じます。いまの太陽暦ではこの誤差を考えて、100で割り切れる年を閏年から外しています。
    ただし100で割り切れる年でも400で割り切れる年は閏年です。このようにして比較的ずれを小さく押さえています。この為人類がこの世界にいる時間うちでは何秒もずれることはないと考えられています。
    決して南半球と北半球の気候が反転することは無いと思います。

    トピ内ID:2103117605

    ...本文を表示

    閏秒

    しおりをつける
    blank
    へっ?
    23:59:60

    必要に応じて
    6月末日または12月末日に1秒加えられます。

    その計算方法は私には理解不能な数式ですのでコレ以上は説明不能です。

    トピ内ID:1956704050

    ...本文を表示

    どんどんはずれないよ。

    しおりをつける
    🎶
    てんぷらさんらいず
    トピ主さんの感覚だと季節がどんどん遅れるか進んで行って夏が冬になるようなイメージなんでしょうか?
    4年に一度のうるう年でほぼ誤差0になりますのでどんどんずれていくことはないですよ。
    4年間で約1日季節が早くなるわけですが、その調整でほんのちょっと季節が遅い方にずれます。それが100年に一度の調整で

    だからどの年でも1日以下(2日以下かも)のずれになるようになっていますよ。

    トピ内ID:2227116252

    ...本文を表示

    おっしゃるとおり!!

    しおりをつける
    🐱
    緑鍵盤
    おっしゃる通りです。
    現在我々が採用しているグレゴリオ暦による1年より天文学的な1年(1回帰年)の方が少し短いので徐々に、季節が早まる方向にずれていきます。

    具体的には、いま立春は2月4日前後ですが、いずれ2月1日になり1月下旬になり・・・といった方向にズレ(3000年に1日くらい)ていきます。

    多くの方々はこのズレを知らないか、知っていて無視しているのが現況なのです。

    季節と暦がズレてしまうのですから夜も寝られないほどご心配なのも当然です。
    ぜひ、このようなズレが生じないような暦の採用or調整を世界各国に呼びかけましょう。
    応援します。頑張ってください。

    トピ内ID:4879784934

    ...本文を表示

    調べてみました

    しおりをつける
    blank
    ほそかわ
    国立天文台のサイトのよくある質問のページに
    どの年がうるう年になるの? が出ています。

    詳しくはそちらをお読みください。


    >数千年程度で1日のずれが生ずるはず
    >そのときにどのように修正をおこなうのかは、今のところはっきり決まっていません。

    ということみたいですよ。

    トピ内ID:2653503568

    ...本文を表示

    約3000年で1日進みます。

    しおりをつける
    blank
    なぎ
    平均太陽年は、365.2422日 ということになっています。
    これが、365.35 日なら、4年に一度の閏年を入れることで、4年間でぴったり合います。

    これがわずかにずれているため、そもそも、現在の暦で閏年は、

    ・西暦が4で割れる年は閏年
    ・ただし、西暦が100で割れる年は平年
    ・ただし、西暦が400で割れる年は閏年

    と、400年で97回の閏年があります。
    ちなみに、西暦2000年の時、このあたりで混乱して、中途半端なチェックをしているプログラムが、閏年判定をしていたという事例があったようです。
    (西暦1900年は平年でした、次の西暦2100年は平年です)

    これで、356.2422×400=146096.88 という「正確な」日数に対して、
    365×400+97=146097と、400年で、0.12日(約3時間)の誤差と言うことになります。
    ※3時間分季節は進みます。

    3333年で一日ずれる(進む)ので、まあ、それまでに、調整は入るだろうと思います。

    トピ内ID:1655677868

    ...本文を表示

    うるう秒で検索してください。

    しおりをつける
    🙂
    新幹線
    トピ主さんの心配は晴れて、ぐっすり眠れるようになります。

    私自身が初めてこの仕組みを知ったのは仕事の中ででした。(システム屋なので)

    トピ内ID:9750756241

    ...本文を表示

    うるう秒

    しおりをつける
    🐶
    しなの
    ご存じないですか? うるう秒。

    ニュースなどでも結構やってますし、
    時計など、秒にまで気を遣う方は〇月〇日の〇時、
    1秒調整してください、といった告知がありますよ。

    トピ内ID:6587032395

    ...本文を表示

    すごいうろ覚えですが。

    しおりをつける
    blank
    ヤマト発進
    40代既婚男性です。

    勿論、4年に1度1日増やすだけで
    完全に狂いが修正できるわけではありません。

    現在の太陽暦の修正の仕方としては確か、

    ・4で割れる年は閏年。
    ・ただし100で割りきれて400で割り切れない年は平年。

    400年のうちに97回閏年を作る
    決まりだったかと思います。

    それでも、まだ誤差は発生します。

    ただ、これまたうろ覚えで申し訳ないですが、
    このやりかたなら3000年位で1日程度のズレ
    だったと記憶しています。

    それ位経った後の人類が、そのうちどこかで1日
    ずらしてくれるでしょう。

    人一人の人生程度では、気になるズレではないと思いますよ。

    トピ内ID:5669418525

    ...本文を表示

    ずれを調整しなかったらどうなるか

    しおりをつける
    blank
    スプーキー
    大真面目に調べてみました。

    ・現行の暦法はグレゴリオ暦である
    ・グレゴリオ暦の1年は、実際の太陽年より26.821秒長い

    これに基づいて愚考しますと、およそ3000年間ほど現在の暦法を修正せずに使い続ければ、暦よりも実際の季節が1日早くきます。
    季節のずれを感じられるくらいの差が生じるのは、およそ30万年(!)後、暦の上では春なのに、実際の季節は夏、となるでしょう。

    よって、ご質問に大真面目にお答えすれば、「季節は進んでいく」と思います。

    トピ内ID:4849364115

    ...本文を表示

    皆さんのレスで、ずれないと

    しおりをつける
    blank
    単身赴任のおじさん
    いうことがわかりましたね。
    気にしていいのは、星占いの星座がすでに、1星座分ずれているということのほうが、あなたには大事だと思いますね。それを頭に入れて、女性と星占いの話をしましょう。3分くらいは話しができますよ。

    トピ内ID:4507227465

    ...本文を表示

    3221年に1秒ずれるそうです

    しおりをつける
    blank
    Char
    グレゴリオ暦では1年は365.2425日 と定め、これにできるだけ合うように、
    「4年に1回閏年を設けるが400年で3回閏年を省く」という運用にしています。

    これは最近の観測による平均太陽年より26.82秒長いので、
    これを元にすれば約3221年で1日ズレます。(カレンダーの方が早い)
    太陽年は僅かずつ短くなっているのでズレが1日に達するのは実際にはもう少し早いようです。

    いずれ1000年とか2000年とか経ったときに
    あらためて「来年閏年を入れよう」みたいな国際条約ができるのでしょうね。

    似たような制度として「閏秒」というものがありますが、
    これは原子時計と自転観測で求める世界時のズレを補正するもので、
    暦の調整である閏年とは無関係です。

    なお、このグレゴリオ暦ですが
    日本では太政官布告(明治5年)と勅令(明治31年)の二つの法令で導入されており、
    両方とも現行法令です。
    また、勅令の方は計算の起点が「神武天皇即位紀元年」となっています。
    つまり、日本のカレンダーは今なお「皇紀」を根拠に決めていることになります(笑)。

    トピ内ID:2876672895

    ...本文を表示

    ちょっと補足 「うるう年」と「うるう秒」

    しおりをつける
    blank
    ちょっと専門家
    うるう年が必ずしも4年毎に入れるわけではない方法で調整しているのは皆さんの指摘の通りです。

    加えて「うるう秒」の説明もありますが、実は「うるう年」と「うるう秒」では目的が異なります。前者は地球の公転周期がきっちり365日ではないことを調整するのが目的ですが、後者は地球の自転周期が一定ではないことを調整するのが目的です。世の中の時刻は原子時計という機械で決めていますが、かつては地球の自転周期で時刻を決めていました。地球の自転速度は、大気や海洋の影響で変動したりする他、月との関係で継続的に遅くなる傾向があり、徐々に原子時計での時刻と自転周期で決めた時刻との間に差が生じます。これを調整するのが「うるう秒」です。ただ、これをいちいち調整するのは面倒なので、近い将来「うるう秒」を廃止する方向で国際間での議論が現在なされています。

    なお、「うるう秒」は59秒の後ろに「60秒」を挿入します(通常は「59秒」の次は「0秒」)。

    トピ内ID:3736302203

    ...本文を表示

    少々訂正を

    しおりをつける
    blank
    なぎ
    先に、

    ・400年で約3時間「進む」
    ・約3000年で1日「進む」

    と回答したものですが、実は逆でした。

    ・400年で約3時間「遅れる」
    ・約3000年で1日「遅れる」

    です。

    あと、閏秒は、もっと小さな部分(原子時計で決める協定世界時と、地球の自転のぶれ)を調整するためのもので、日単位のずれを調整するものではありません。

    さらには、ぶれを調整するためのものなので(閏秒という名前なのに)「1秒加える」場合と、「1秒減らす」場合があります。

    トピ内ID:1655677868

    ...本文を表示

    計算してみましょう

    しおりをつける
    blank
    KK
    うるう年は400年に97回あります。ですので400年間の日数は、

    365x400+97=146097 (日)

    一方、地球の公転周期は、約 365.24219 日ですから、

    365.24219x400=146096.87 (日)

    従って、400年間に約 0.13日、季節がカレンダーより進むことになります。

    1日の誤差が生じる年数は、

    (1/0.13)x400=3076.923 (年)

    従って、約3000年に1日位の誤差が生じることになります。
    この位の誤差なら、そのときになって考えればいいのではないでしょうか。

    (上記の計算に誤りがある場合は、ご指摘ください。)


    ちなみに、うるう秒について書いている人がいますが、うるう秒は季節の補正のためではなく、昼夜の補正をするためにあると思います。

    トピ内ID:4155447541

    ...本文を表示

    訂正します

    しおりをつける
    🐤
    元・鬼太郎ファン
    私の先のコメントで、

    (「うるう年は 4年に1回ですから、400年間で400回 ではなく97回です)

    と書きましたけれど一部書き間違いがありましたので訂正します。

    正しくは、

    (「うるう年は 4年に1回ですから、400年間で100回 ではなく97回です)

    お詫びして訂正します。

    天文学書によれば昔から暦を変更するという議論 (改暦問題) は時々あり、現行の1ヶ月が 28日、29日、30日、31日 というのは複雑すぎ、これを30日に統一して1年の最後に5日挿入して補正するなどいろいろな案がありますけれど全世界統一するのは困難ということで現行の暦が続いています。

    トピ内ID:8272535544

    ...本文を表示

    うるう年とうるう秒

    しおりをつける
    blank
    僧正
    大勢の方がレスしている通り400年に3回うるう年をなくすことで
    調整しています。
    地球の公転周期と1年(365日)との差を吸収するのが閏年です
    一部誤解されている方がいるようですがうるう秒というのは地球の
    自転周期と1日(24時間 = 86400秒)との差を吸収するもので
    目的が異なります。

    トピ内ID:9607923588

    ...本文を表示

    日本の暦の制定について

    しおりをつける
    blank
    なぎ
    日本で、今の暦が定められたのは、明治5年の太政官布告と、明治31年の勅令の二つが関わっているというレスがありました。

    これは、この通りなのですが、最初の太政官布告の時、「閏年は4年に一度」という規程だけが存在していたというオチがあります。

    これは、まずいんじゃないのか? ときづいて、慌てて「西暦が100で割れる年と、400で割れる年の特例(実際には、皇紀で書かれています)を、明治31年(1898年)年に、つまり、次の「閏年が4年に一度でない年」である、1900年に何とか間に合わせたという、そういうものでした。

    トピ内ID:1655677868

    ...本文を表示

    トピ主です。

    しおりをつける
    blank
    傀儡課長
    たくさんのレスありがとうございました。4年に1回必ず閏年があるわけではないことを初めて知りました。明治33年(1900年)は閏年になるはずの年だけど、2月29日がなかったのですね。次回4年に1回の閏年がないのは2100年ですか。息子が90歳で体験するかな?

    トピ内ID:2594986076

    ...本文を表示

    あなたの時計は、秒針が合っていますか?

    しおりをつける
    🐱
    名無しのゴンベ
    そんなに悩んでいる主さん。当然、時計は持っていますよね。当然、秒針は時報(原子時計)と同期していますね。
    悩むのであれば、そこから悩みましょう。まず、1日は24時間と少々と言うのはほかの皆様が書いている通り。
    その少々の積み重ねの補正が『うるう秒』・・・・最後に『うるう年』となる訳です。でも、それはなぜ必要かと言うと時の概念(=暦の概念)、つまり『季節の概念』がいつも変わらないように補正しているのです。
    暑いから夏、寒いから冬、その間が春と、秋。つまり、『うるう秒』『うるう年』補正をしないと少しづつ時間(もちろん昼と夜も)とともに季節がずれていき、その内に雪の降る夏なんてことになるからでしょう。
    なにも悩むことのほどではないでしょう。

    トピ内ID:8119739808

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0