詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    夫(妻)にいわれた忘れられない一言

    お気に入り追加
    レス123
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😢
    ウメ
    恋愛
    時々、ふと思い出してしまう夫に言われてショックだった一言があります。
    東日本大震災の時のこと。
    震災の日の夜、近所のママ友5人と不安だからあるお宅に集まってそれぞれの旦那さんの帰宅を待ちました。
    旦那さん達は深夜遅くになってでも、みなさん遠くから歩いて帰宅していましたが、私の夫は中でもさほど遠くない距離だったのに、会社に泊まり帰宅してくれませんでした。
    翌日、道路が空いたころを見計らい、私が車で迎えに行きました。
    土日をはさみ、月曜日。
    まだまだ余震が続き、私も子どもも不安いっぱいで、食事もまともに喉を通らずビクビクして過ごしていました。
    夫が会社に行くというので、早く帰ってきてねと言うと、それに返ってきた言葉は「怖い怖いって、お前たちのその態度が俺には1番のストレスだ。」と言われました。
    震災の日に歩いてでも帰ってくれなかったことが、仕方ないとは思っても少しわだかまりに思っていたところに、その一言。
    本当にショックでした。
    自分の身は自分で守る、当たり前のことではありますが、こういった時こそ家族の絆が感じられるはずなのに、絆はなかったようです。
    そして、今は子ども達が小さいから我慢するけど家から子どもが巣立ったら離婚しようと思いました。
    まだ10年近くありますが、準備を淡々と進めておきます。
    今、この結婚はなんだったのだろうかと考えています。愛し合って結婚したはずなのに、夫にとって私や子どもは何なのでしょうか。
    虚しいばかりです。
    同じようなことを感じてる方はいませんか?
    どんな心の持ちようで日々を過ごしていますか?
    参考までに聞かせてください。

    トピ内ID:8312528235

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 24 面白い
    • 375 びっくり
    • 40 涙ぽろり
    • 264 エール
    • 25 なるほど

    レス

    レス数123

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  123
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    えー・・・

    しおりをつける
    blank
    被災者
    よその旦那さんと比べてしまったのかもしれませんが、あまりにも身勝手ではないですか?
    旦那さんの安全の確保より、自分たちを心配してもらいたいだけですよね。

    私も被災者です。
    仙台市内(北部)在住なので、津波の被害はありませんでしたが、自宅マンションはひびだらけ、
    家の中は割れたものでめちゃめちゃでした。

    仙台市内も道路にヒビが入っていたし、仕事の内容次第では職場に残らなければいけない状況でした。
    うちの夫は大学に勤めているので学生の安全確保が第一、次は劇薬の状況確認など、
    家族のために動くどころではありませんでした。

    私にも子供が二人おり、自分が怖がったり不安にしたらダメだ、しっかりしなければと身が引き締まりました。
    食糧確保のために3時間近くスーパーに並んだりしましたよ。
    その頃、あなたは怖いよ~怖いよ~って言ってたのですか。

    妻、母親としての役割を果たさないどころか、旦那さんの足を引っ張ったんですね。
    私が旦那さんでもうんざりすると思います。
    旦那さんは大丈夫だと思ったから仕事に行ったのがわからないですか?

    トピ内ID:8838364253

    ...本文を表示

    震災の年に離婚しました

    しおりをつける
    blank
    らら
    私は東日本大震災の年に離婚しました
    下の子が小学校に入学して2カ月後に言われました

    忘れられない言葉でマイナス面だとその元夫と離婚後の面会での話です
    親権は向こうが持って、好きなときに面会できると口約束(それでいいと向こうから言ったので)したのですが、
    なかなか合わせてもらえず、どうなってるのか?と
    「別に合わせなきゃ行けない義理ないんですけど、法的な手続きやってないし、今更遅いんで」と
    それ以来子供とも元夫とも一切連絡を取っていません

    持ってきた子供の写真も目につかない場所に仕舞ったり、元夫の連絡先を削除したり
    子供を通じて知り合ったママ友の連作先も削除しました

    それから婚活して1年半前に再婚しました

    トピ主さんも、10年も離婚を我慢しないて早く別れた方がいいですよ
    別れた直後はショックもありましたけど、それで今の主人と出会えたのですから
    離婚して良かったと思ってます。優しさでも経済面でも良くしてもらってます。

    トピ内ID:5645744979

    ...本文を表示

    よかったね

    しおりをつける
    ウサギとカメ
    喉を通らないまでも食事があったこと
    家が無事だったこと
    そして家族全員がぶじだったこと。

    ご夫君はだからこそ会社に行けたのではないでしょうか。

    被災した人たちを思いやる言葉もなくて
    自分だけ構ってくれなかった恨みだけを何年も持ち続けていることに
    何か思うことはないのでしょうか。

    トピ内ID:0213036503

    ...本文を表示

    自分のことばかりなんですね

    しおりをつける
    blank
    ふぅ~ん
    それでも仕事に行かなければいけない旦那様を気遣うお気持ちの言葉はどこへ??
    怖かったのは十分理解できます。
    でもそこで「子供は私が守ります。あなたは家のことは心配せずに、仕事も無理しないでね。」
    くらい声を掛ければよかったのに、と思います。
    そうしたら旦那様も優しい言葉をかけられたでは???

    お互いが自分のことに精一杯で、思いやれなかったのでしょうね。
    こんなときこそ夫を頼りたい、と思う気持ちも分かるけれど、旦那様だってトピ主様を頼りたかったのかも。

    離婚するならそれでもいいと思います。
    ただ、離婚後は誰に頼ることなく自分ひとりで全てを解決しなければならないので、それこそ震災があっても
    一人で乗り切るんですよ、大丈夫ですか???

    トピ内ID:2257853484

    ...本文を表示

    家を守ってほしかった

    しおりをつける
    blank
    まき
    トピ主さんはどちらにお住まいですか?
    私は震災時東京にいましたが、余震もあり、スーパーの品薄、ガソリン不足、停電など初めてのことでやはり不安でした。
    被災地に近い場所にお住まいでしたなら、もっと不安で怖かったでしょう。

    ご主人の言葉から察するに、震災の中それでも大切な仕事を抱え、ご自身もいっぱいいっぱいで余裕がなかったのではないでしょうか?
    そこに、家族からは怖いと言われ、暗に仕事に行くなと言われてるような気がしてしまったのでは??

    私は医療従事者です。災害時には家族の元には帰れません。目の前にいる患者さんを助ける為に尽くします。
    この仕事を選んだ時にそれは覚悟しなければなりませんでした。
    ご主人の職業が分かりませんが、働く者にとって仕事は家族を守る為に一番大切なものです。ご主人も家族を置いて仕事に行くことを後ろめたく感じていたのではないでしょうか?あなたや子供が「怖い」のと同じくご主人も「怖かった」のです。

    自分がいない時こそトピ主さんに力強く家族を守ってほしい。その気持ちから出た言葉で、確かに心ない一言ですが、家族の絆がないとは感じませんでした。私だけでしょうか?

    トピ内ID:8704537709

    ...本文を表示

    誤解かもしれない

    しおりをつける
    🐱
    スイング
    とは思えませんでしたか?
    まぁあれからずいぶん時間が経っても冷たい夫だと思えてるんだから日頃の言動もそうなんでしょうね

    私は自分でも意外だったんですがあの時すごく冷静だったんです
    外出先から誰もいない自宅に帰った時家具は散乱ドアはつっかえて開かない等々悲惨な状況でしたが
    夜間まで戻らない夫や息子へ「無事~?」「うん無事」とやり取りしたあとはグチャグチャの中で座って落ち着いてました
    その時の心境は「騒いでも何もならないから私!落ち付け!!」だけだったんですよね
    わざと鼻歌とか出して…泣いてもしょうがない! きっと冷たい人だと誤解されそうだけど少し旦那さんの心境も理解できる
    男性って(全部じゃないけど)どちらかというと冷静にいてくれる妻が有難いと思う所があるんじゃないかな

    たぶん旦那さんが一番動揺していて主様の分まで請け負う余裕がなかったのかもしれない…
    でもその後日頃の生活内で言葉で理解しあえば通じるものですから、これだけ時間が経っても離婚まで考えるのは
    根本はその一言だけじゃないのでしょう…
    一度そのままご主人に伝えてから決めたらどうでしょう?

    トピ内ID:1456294415

    ...本文を表示

    だけど

    しおりをつける
    🎶
    ばんび
    主さんだって、ご主人のこと思いやってないよね?
    自分のことばっかりで、、、

    私はあの日、帰り道に余震に会うかもしれない、何がおこるかわからないから、安全な建物なら会社に泊まるのもありだと思いました。
    無理に帰って来ないほうがいいな、、、と。
    その時どうするのが正しいかは、人によって違います。他のママ友の家と違ったからって、そこまで恨むことでしょうか。
    主さんは、どんな危険を冒してでも帰って来させたかったってことですよね?ご主人の安全や疲労よりも。それはどうなんでしょう。

    自分達の不安ばかりご主人に押し付けて、ご主人の不安は思いやったのでしょうか。
    思いやってないから、ご主人はそんな言いぐさだったとは考えられませんか。

    あの頃、いろんなことが不安でしたよね。
    その時、自分は母親であり妻だから、夫や子供の不安をなんとか和らげようとは考えませんでしたか?
    そういう記述がありませんが、、、私はそう思い、不安をやたらまわりにぶつけないようにしました。

    絆きずなと言いますが、それって一方的には成立しませんよね。
    お互いが思いあわないと。
    と、読んで思いました。

    トピ内ID:8432165673

    ...本文を表示

    無事に離婚できるといいですね!

    しおりをつける
    💔
    げげこ
    「自分の気持ちばかり大切なあなた」とだからこそ
    絆が出来なかったんじゃないの?
    仕方ないよね。
    あなただって夫の気持ちを考えられないんだから。
    こっちから見てる分には、とってもお似合いに見えるけどね。

    どういう気持ちで過ごせばいいか?
    離婚後の楽しい生活を思い描きながら、暮らせばいいんじゃないの?

    トピ内ID:9451938699

    ...本文を表示

    重い。

    しおりをつける
    🐴
    黒羊。
    トピ主さんが重いです…

    私も子持ち主婦、大阪で阪神淡路大震災を経験しました。
    確かに怖かったです。
    だから怖いって気持ちはわからなくもないですけど…
    ぶっちゃけご主人の心配してませんよね?

    >みなさん遠くから歩いて帰宅
    これは会社に宿泊施設がなかったり
    泊らせてもらえなかった可能性もありますよ。
    家で怖い怖いって言うくらい震えてる状況なのに
    「歩いて」帰る間に何かあるかもって心配にならなかったんですか?
    こんな状況でも歩いて帰ってこいよって思われてるって
    ご主人にしたらそっちの方がショックでしょうよ…

    それに会社がある以上どんな状況でも出社しないとだめでしょ。
    そういう状況なら尚の事通常よりもやらなければならない事が
    沢山あるはずですし。
    それを「妻子どもがこれだけ怖いって言ってんのに会社行くのかよ」って
    オーラを出されたらそりゃストレスにもなるでしょう。

    トピ主さんの方こそご主人の事をどれだけ考えてあげたんですか?
    こんな時こそ家族の絆って言ってますけど
    少なくともトピ文からはご主人に対する心配な気持ちは一切感じられませんよ。

    10年経たずに離婚されないようご注意を。

    トピ内ID:2469849619

    ...本文を表示

    夫の一言の、貴方の受け止め方、変です。 1

    しおりをつける
    blank
    アイアン
    トピ文に書いてある一言だけで将来の離婚を決意なさったんだとすると、
    貴方はご主人の考えや思いを悪いほうに誤解している可能性があります。

    それともほかにもご主人の嫌な態度をたくさん見ているんでしょうか。

    だったらこれ以上、私のレスを読む必要はありません。
    お好きになさい。

    しかし、震災の時の対応だけを念頭に置かれているなら、貴方の勘違いがかなりあると
    思います。

    私はトピ主さんの居住地を存じませんので、推測できることを書きます。

    まず、3月11日の晩、仙台市付近或いは東京近辺に勤務していた人は、歩いて帰るか
    勤務先に泊まるか、客観的な情報がない中、厳しい判断を迫られました。

    はたして帰った方が正解だったのか、誰ももうわかりません。
    何より、その人の命にかかわることだったからです。

    トピ主さんの近所の方が帰ってきて、ご主人が泊まったのは、偶然の判断違いです。
    家族が大事ではないとご主人が考えたなんてありえません。

    続きます。

    トピ内ID:5352134254

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  123
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0