詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    自閉症の子 一生しゃべらない?

    お気に入り追加
    レス56
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    しお
    子供
    来年就学の自閉症男児を育てています。
    まだ言葉が出ず、喃語のような声が出るようになったのも最近のことです。

    自分なりに子供の発語を期待していろいろやってきましたが、来年の就学を前にして今の状況があります。

    周囲の人に子供の話をする度、アドバイスを受けますが、発語は無理な可能性もあるからその状況を踏まえた進路を、という話になります。
    これまで地域の学校へ通学させることを目標にやってきたので、今の状況が無念で情けなくて仕方なく、逃げ出したいくらいです。

    私はこれからどのように考えどのように動けば良いのか。
    このところ思い詰めすぎて家事に支障が出てきました。

    今まで子供のコミュニケーション向上を目指した幼稚園を選び、仕事を辞め、できる限りの取り組みを続けてきました。
    それでも叶わないことってあるんですね。
    そんなものなんでしょうか。

    今までこんなに報われない気持ちになったことないです。
    こんな気持ちになる私は親として失格なのでしょうか。

    トピ内ID:2846614604

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 21 面白い
    • 15 びっくり
    • 45 涙ぽろり
    • 709 エール
    • 13 なるほど

    レス

    レス数56

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  56
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    レスします

    しおりをつける
    blank
    ネーブル
    自分を責めないでください。必ず良くなる時がきます。

    諦めないでください。

    トピ内ID:3489232722

    ...本文を表示

    作家、東田直樹さん

    しおりをつける
    🐶
    いぬた
    作家の東田直樹さんをご存じでしょうか? 日常を追ったテレビ番組もいくつかありますが、重い自閉症をお持ちで、会話も文字を介してなさいます。一見「まるで言葉を持たない人なのか」とも見えるのに、ご自身の中にあふれる非常に詩的な言葉を用いて、自閉症の自分が何故飛び跳ねるのか、等々をつづっておられます。一度読んでごらんになってはいかがでしょう。もしかしたら、何かヒントがあるかもしれませんよ。

    トピ内ID:7508006836

    ...本文を表示

    うちの子も、まだしゃべれません。が…。

    しおりをつける
    🙂
    発達障害児の親父です
    うちの長男も自閉傾向が極めて強く、さらに知的障害も加わっており、療育手帳では重度の判定を受けています。

    現在小1相当です。進学前は地域の小学校の支援級も見学しましたが、体制不十分と察したことから、進学は支援校一本で考えました。

    支援校進学は、情けないことではありません。むしろ当人にとって「できないこと」や「学校生活自体」がストレスになり、挙げ句、支援級交流で普通級児童から「哀れみの視線でやってあげる態度」を取られた方が屈辱的ではありませんか?

    また、支援級はある程度、自律的に身の回りを自分で処理しなければなりません。

    特に決定的なのは排便、排尿の自立です。これができなければ支援級進学は諦めた方がいいでしょう。主さんのご子息はいかがですか?

    最後に「親失格」と書かれていますが、本人が良いと思えるであろうことを親から差し向けられませんか? うちには次男がおり、次男の年少時代に買った「ひらがなマシーン」を長男が使えるようになりました。発語はまだ不十分ですが、文字でのコミュニケーションを図るべく日々特訓しています。

    一部の文字は本人も読めますし、1文字ずつ発音できつつあります。

    トピ内ID:1698689750

    ...本文を表示

    おかあさんに

    しおりをつける
    blank
    名無し
    一度、子場馴れしてみれば、学校に、行けば、友達できるはず。
    それか、一緒に、学校に待ち合わせしていく人みつける。
    帰りも、一緒に帰る人みつける。
    などあります。

    トピ内ID:7120522409

    ...本文を表示

    笑いに変えて

    しおりをつける
    blank
    まこ
    自閉症の姪がいます。
    叔母は自閉症でもあきらめず、いいことをたくさんしてきました。
    特別なことや、お金がかかることではありません。

    躾は姪に沿ったものでしたが、マナー、ルール、一般常識は教えました。
    愛情のかけ方も、普通の子と同じでした。

    自閉症でも一方通行ではありません。
    教えたことはちゃんと受け取っていますよ。

    言葉は、個人差があるのでなんとも言えませんが、年齢とともに話せるようになったり、友達と遊べたりします。
    普通の学校にはいるのも一つの方法ですが、お子さんに一番いい環境の学校選びは重要に思います。
    自閉症の子を専門にみている先生はやはり信頼おけますし、子どもの発達の上でもいい効果がみられると思います。

    叔母はいつも前向きでした。
    子どもの特性は知り尽くした上で、毎日を楽しんでいました。
    何でも笑う材料に変えてしまっていました。

    暗く考えるか、仕方ないなと笑えるか、大きな違いです。
    笑いが増えると、子どもも楽しい雰囲気を感じて、潜在能力を引き出せたりいいことがあると思います。

    トピ内ID:8922969301

    ...本文を表示

    しゃべれなくても、読み書きできる

    しおりをつける
    blank
    うん
    そういう人もいます。
    ドナ・ウィリアムズの「自閉症だった私へ」I-IIIを読むと、まったく話をせず、言葉を理解していないと思われていた子供が、書面では意思疎通する能力があったり、また、別の人が、大人になってから話すようになり、通信を発行するということが書かれていました。
    話せない子のなかには、話すより先に、読む能力を獲得する子供もいます。
    音の聞き取りが苦手で話せず、文字によって、発音を理解し、話ができるようになる子もいます。
    うちの子と幼稚園前の療育で一緒だった、まったく話さなかった子も小学校の高学年には話せるようになったそうです。
    絶望しないでください。

    トピ内ID:2981015999

    ...本文を表示

    この方をご存知ですか?

    しおりをつける
    blank
    moomin
    東田直樹さんという方がいらっしゃいます。
    自閉症ですが、お母さんと二人三脚で特訓し、
    お母さんお手製の紙のキーボードを押しながら、お話をされます。
    何か月か前にNHK Eテレで再放送をやっていました。
    東田さんは、何冊も本を出版されていて、PCのすごく上手に操られます。
    その時に、相当苦労されたお話を、
    ご本人・お母さんがインタビューの中でお話をされていました。

    何故情けないと思うのでしょうか。

    会社を辞めたのは息子のせい
    ちゃんと環境を与えたのに成長が見られないのは息子のせい

    と思っているからではないですか?

    きっと、息子さんにもいい所があるはずです。
    そして、今就学するのに進路を迷っていらっしゃるのでしょう。

    東田さんの本は、図書館などにも置いていますので、
    一度読んでみられたらいいと思います。
    お子さんの心の内が少しでも理解できて、
    何かとっかかりができるかもしれませんよ。
    HPもお持ちですので、一度ご覧になってください。

    息子さんもあなたも、誰も悪くないです。失格ではありません。

    トピ内ID:5040124991

    ...本文を表示

    旧来の価値観から離れてみる

    しおりをつける
    🐱
    祖父母
    身内に自閉症の子供がゐますので、お気持ちが理解できます。
    自閉症をお持ちのお子さんのいるご家庭では、多くの方が周
    囲の方とのコミュニケーションが取れたり、同じように社会
    活動ができることを期待されていると思います。

    そうしたことが期待できないということで、不安になったり、
    将来のことを考えたりして、悲観的になってしまいます。
    こうした思考は、自然の事だとも言えますが、一方に偏って
    いるようにも思います。

    お子さんと一緒に人生を共にできる幸せを考えてご覧になっ
    たことがおありですか。子供の完全な自立も大切な事ですが、
    必要な範囲でサポートしながら親子が一緒に暮らせることは、
    何にもまして幸せな事だと思います。

    欲を言えば切がありませんが、与えられた条件の中で精一杯
    の努力をして行く事が、子供と自らの人生の幸せにつながる
    のではないかと考えています。

    親子の別離と自立が当然のように考えられていますが、一緒
    に暮すことが出来れば、これに勝るものはありません。
    自閉症の子供達は、特別の感覚を備えています。これに接し
    乍理解できればと思います。

    トピ内ID:9448135901

    ...本文を表示

    開き直っちゃおう

    しおりをつける
    blank
    じゅんじゅん
    諦めるのではなく、開き直れるかが
    障害児を抱える家族の人生の分かれ道。

    障害児がいても、明るく幸せそうな家族って
    いますよね。
    我が家もその部類だと思います。
    その根底にあるのは、開き直りです。

    もう、ありのままの我が子でいいじゃん、
    思うような成長をしなくてもいいじゃん、
    校区の学校じゃなくても、子供が楽しそうに
    学校に通えてればいいじゃん、
    毎日、笑って過ごせればいいじゃん。

    障害の程度や特性によっては日々の生活も
    大変でしょうが、我が子の障害を受け入れて
    しまえば気持ち的には楽になれますよ。
    一番ダメなのは母親が頑張りすぎて追いつめ
    られてしまうこと。
    学校に上がったら、仕事を再開してみては?
    子供が学校に行ってる間のパートでもいいし、
    日本は福祉が充実していて、多くの地域で
    日中一時支援が学童のように使えますので、
    フルタイムパートや頑張れば正社員としても
    働けます。
    我が子は重度障害児ですが、私も働いてます。
    輝いてますよ、働くお母さんは。

    トピ内ID:8780571729

    ...本文を表示

    意思疎通

    しおりをつける
    blank
    うっしー
    同じスペクトラムの子がいて、支援級に通っています。自閉度も知的にも軽度で、今はしゃべりすぎるのが問題な子ですが、実はきれいに発音できるようになったのは3歳で、それまでは療育センターの保育士にもしゃべれない子扱いされてました。
    ただ、私自身は、でも意思は通じてる!と感じてました。自分から何とか伝えようとする努力があって、私の顔と冷蔵庫を交互に見て「じゅー!」とか…ジュースを出してほしいんだね、とわかってやれました。

    発語以前に、こういったコミュニケーションがどこまであるかが大事で、とにかく意思表示につながる工夫が大事だと思います。服も、目の前に例えば赤いシャツと青いシャツを出して、今日どっち着る?と本人に選ばせてください。

    学校については、お子さんに合う特別支援学校を探してはいかがですか?
    発語の面でも、またそれ以外の手段での意思疎通に関しても、支援学校の方が指導できる先生がいるのではないかと思います。支援級だとたぶん難しいのでは。
    私の地域では支援学校に入る方が狭き門ですよ。ぜひ情報収集してみてください。

    トピ内ID:7686076997

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  56
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0