詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    家事に対する価値観の相違について

    お気に入り追加
    レス27
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    みやこ
    恋愛
    こんにちは。トピをみてくださりありがとうございます。
    私は35歳都内在住女性で、結婚三年目の夫がいます。
    子供はおらず、夫婦共働きです。私の年収は500万、夫の年収は700万です。

    年末の12/29、30に大掃除を行いました。
    2日間朝から夜までみっちりと、もともとそんなに汚れていない(私主観)家を
    夫の指揮のもと夫婦二人で隅々まで磨き上げ、
    新築のようにぴかぴかにしてお正月を迎えました。

    12/28まで仕事をしていた私はその大掃除で心底ぐったりしてしまい、
    12/31から1/4までは両家の挨拶まわりをこなし、
    一ミリも休んだ心地なくまた1/5から仕事。
    正月休みってなんだっけ・・・という心境でした。

    そこで、正月終わりに私から夫に、
    『年末は、普段仕事で疲れているのでもっとゆっくり過ごしたい。
    費用は私が払うので、今年の年末の大掃除は、外注しない?』と言ったところ、
    夫はちょっと渋い顔で『う~ん、でも、自分達でできる範囲じゃない?』との答えでした。

    夫のお母様は完璧な家事をこなす、専業主婦の鑑のような方で、
    夫の家事の基準は結構高めだと思います。
    一方、私の母は女手ひとつで働きながら子どもを育ててきたので
    家事の外注はちょくちょく活用していました。

    夫は、家事をこちらに押し付けるのではなく、一緒に頑張ろうという姿勢なので
    結婚1年目、2年目は何とかやってきたのですが
    3年目になり、『これがずっと続くのは正直ちょっとしんどいなぁ・・・』と感じております。

    世の中には、仕事をバリバリとこなした上で
    家事もパーフェクトにやってらっしゃる方もたくさんいらっしゃると思うので
    情けない話だとはわかっているのですが。

    ご意見、お聞かせいただけますと幸いです。

    トピ内ID:6843970420

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 17 面白い
    • 16 びっくり
    • 5 涙ぽろり
    • 132 エール
    • 10 なるほど

    レス

    レス数27

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  27
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    相違は相違のままでもいいと思いますよ

    しおりをつける
    blank
    mimi
    「あなたにはできる範囲でも私には無理」ということで
    無理やり説得しなくてもいいと思います。
    一人ひとり能力にも体力にも差はあるのですから。
    業者に頼むとしても自分たちにしかできないところ(カーテンの洗濯とか)はありますので
    そういう所を旦那さんにお願いして

    風呂場のカビ落としとか換気扇の油汚れとかを業者に任せればいいと思います。

    トピ内ID:2739406334

    ...本文を表示

    価値観の問題ですか

    しおりをつける
    blank
    あんどん
    ばっちり2日もかけて大掃除とは素晴らしい。しかしぐったりするのを回避したいというのは家事への価値観の問題というより体力の問題ではないでしょうか。それに専業主婦って普段からちゃんと掃除ができるから年末にそんなに徹底的に掃除しなくても済むんだそうです。

    トピ主さんの夫は自分の体力を元に判断している感じを受けました。許容量は人によって違う事をわかってもらえればいいですね。

    トピ内ID:4974001827

    ...本文を表示

    年末はでなく

    しおりをつける
    🎶
    YUZU
    我が家の大掃除は、春と秋の連休の時にしています。
    汚れは暖かいときのほうがよく取れます。
    気候がいい時だと、掃除で体を動かすのは気持ちがいい。
    年末は何かと忙しいうえ、寒いので、疲れやすいですしね。
    あ、外注する場合も、春秋のほうが安いですよ。

    トピ内ID:2564159752

    ...本文を表示

    う~ん。

    しおりをつける
    blank
    ケイ
    お休みは
    普通の日にとったら?

    エステとか
    ショッピング
    食事

    自分にご褒美をあげないとすりきれちゃう~

    と、私は思います。

    又は、御主人を説得して外注。

    応援してます。

    トピ内ID:5852460370

    ...本文を表示

    すごくわかる!

    しおりをつける
    🐤
    まもーら
    日本人ってまだまだハウスキーピングを他人に発注する意識が
    低いですよね。
    その分女性の負担になっています。
    私も本当はプロにやってもらいたい!
    もともと掃除は嫌い!でも事務仕事は得意で料理も好きな方。
    そっちを頑張っているんだから、苦手なものはやらずに済ませたいです。
    これってわがまま?

    で、「わがままだ!」って応える人が多いと思うので、しぶしぶ掃除してます。
    でも、まとめてはやりません。
    年間のスケジュールを決めて、やれるところを少しずつしています。
    なので年末は通常よりちょっと頑張る程度にしています。
    だって正月に倒れてしまいますからね。

    みやこさんも12月に入った時点でご主人と相談して、
    休みの日に網戸、風呂場、フローリング・・・と分けて掃除していくのは
    いかがですか?
    もちろん休みの都合で11月から計画してもいいと思います。

    家事も仕事もパーフェクトにやってる人なんてそうそういませんよ。
    もしそう思っている人がいたら相当な変人でしょう。
    適度に働いて適度にサボりたい、これが心が健康な証拠だと思います。
    あまり思いつめず、逃道を探っていきましょう。

    トピ内ID:5461953534

    ...本文を表示

    大掃除だけじゃなく年始の事も考え直しては?

    しおりをつける
    例えば大掃除の件を夫がのんでくれたとします。

    でも年始のどちらの実家に顔を出す事が定番化するとそれはそれで苦痛に感じるはずです。

    結婚して夫婦水入らずで年始を過ごしたいという思いはないのなら仕方ないですが、私は主さんよりも結婚歴があり子供無しですが、結婚前からそして今でも夫婦でゆっくり過ごしたい思いがあるので、
    結婚したら帰省が定番(義務)にならないようきちんと主張しましたよ。

    大掃除も分割してきたので年末にしたのはレンジまわりと換気扇程度です。
    年末に全ての掃除をしないといけない訳じゃないし、わざわざ寒い時期にしなくとも・・・という考えもあるので全てを年末にする必要はないですよ。

    年始の件もなし崩し的になあなあに流されて帰省してしまうと毎年かかさずやらないといけない雰囲気を自ら作る事でさらに自分の首をしめてしまいます。

    夫婦できちんとどうしたいか、を言い合い我が家の形を作っていくべきだと思いますよ。
    あくまでも堅苦しい言い方ではなく「夕飯何にする~?」みたいな感じで色々話せる夫婦関係を作ると楽ですよ。

    トピ内ID:0654379415

    ...本文を表示

    共働き主婦は年末大掃除はしなくて良い。 1

    しおりをつける
    blank
    おばあちゃん
    >『う~ん、でも、自分達でできる範囲じゃない?』

    >【私、できないので! どうしても自分でしたいなら、来年からあなた一人でしてね】

    これでいいんじゃない?
    出来ないことはできないでしょ!
    共働きの時代に、そんなしんどいことやめなさいよ。することなし。

    あのね、年末大掃除は、本来は、年末の寒い冬の間に、家総出で、家中の畳をはがして外に干し、家中の床板の新聞紙を変えて新しいのを敷き殺虫剤を撒いて、それで1年間、家に虫がわくのを防いでいた。大がかりで、力仕事。男が中心でやったもの。

    最近はフローリングで、畳を上げなくてもできる殺虫剤が普及したので、畳を上げる家も珍しくなった。

    そして、年末の家の大掃除とは、【家をきれいにする】年末行事と化しました。

    これはただ気持ちよく新年を越えたいという形になった。

    専業主婦が丁寧にしていたのを真似していては、
    直前直後にも働いている今の共稼ぎ主婦は、しんど過ぎる。病気になるよ。

    その、夫さんの、馬鹿げた行動をやめさせましょ。

    共働きは夫婦ともに倒れず病気にならないように注意せねば。
    共働きの主婦は普段から過労に過労を重ね無理している。

    トピ内ID:2083858812

    ...本文を表示

    外注しましょう!(笑)

    しおりをつける
    🐱
    neko
    立派な旦那様ですね。
    ちゃんと大掃除を一緒にするなんて
    素晴らしい夫の鏡です。

    でも私も大掃除が苦手なので
    主様の気持ちがすごく分かるのです。

    今年は外注にしましょう。
    旦那様には申し訳ないですが
    ちょっと体調が悪いアピールをしましょう。
    「今年だけ外注にしてもいいかなぁ?」
    それで一度してみてはいかがでしょうか?

    きっと旦那様もお疲れだと思うのです。
    人間は絶対に楽な方へと流れるのものです(笑)
    外注の金額が納得できれば、次から外注になりますよ。

    トピ内ID:3323914143

    ...本文を表示

    共働き主婦は年末大掃除はしなくて良い。2

    しおりをつける
    blank
    おばあちゃん
    これからは

    年末年始は【共働きの主婦が休むための休養日】に変えるべき。
    あなたたちの時代から、新しくそう変えましょ。

    今の建築の家なら、大掃除は不要。普段少し余分にするか、普段か年末に外注すれば十分。

    夫と話して、押し切りましょう。

    【私、できないので!】
    【致しません。】

    でいいのです。両家への挨拶なんかも簡単でいい。しない年も良し。

    過労と無理は、いずれ病気になる。
    とにかく、病気にならぬように体を休め、年明けの仕事に備えること。

    専業主婦は年末前も正月後にも、いくらでもゴロゴロ休めるのよ。

    共働きの主婦が同じに盆正月働くなんて、とんでもない苦行。

    あなたの時代から、あなたの家から変えていこう。

    そのやり方は、夫さんが勝手に気が済むようにやっているだけ。
    今の若い世代の夫婦なら、大掃除自体をやっていない人は多いと思うよ。

    あなたの家の夫の自己満足は、聞くだにバカバカしい。
    あなたが主導で、さっさと外注すればいい。

    夫さんは、何も分からず、いいと思いこんでるだけ。
    でも、一緒に掃除をやろうという心構えは、褒めてあげたいですね。
    年末年始は仕事離れて休養の日。

    トピ内ID:2083858812

    ...本文を表示

    癒しに温泉へ

    しおりをつける
    blank
    dkigot
    新年を綺麗に清められた家で迎えることができるなんて
    幸せなことだと思います。大掃除もご夫婦で協力しあって
    できることも幸せなことと思います。
    私どもは、高齢の親の介護等々で日頃から
    掃除もままならず、年末も大掃除をする余裕がありません。
    よって来客もなく、よそ様へ伺う余裕もなく
    トピ主さんご夫婦が羨ましく思います。
    ただ、年末から新年早々疲れきってしまうのは
    大変ですね。業者さんにお願いしないでご自分たちで
    なさるなら、収入もそこそこおありのようですので
    温泉にでも行ってのんびりするのもいいと思います。

    トピ内ID:9171120640

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  27
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0