詳細検索

    • ホーム
    • 子供
    • 親、教師から体罰されましたけど問題なく育ちました
    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    親、教師から体罰されましたけど問題なく育ちました

    お気に入り追加
    レス103
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    me
    子供
    タイトル通りです。

    悪さをしたり、だらだらしたり、生意気だったり、人の話を聞かずぜんぜん違う事をやっていたりなどしている子供でした。
    態度が悪く、怒鳴られたり叩かれたり、よくされて育ちましたが
    いま、両親を恨んでいませんし、先生を憎んでいませんし、
    どちらかといえば印象的な思い出として残っており、
    あの時の私は本当に酷かったんだな、あの時叩かれたおかげで態度を改めることが出来たな
    と、むしろ人生のターニングポイントに体罰があったなという思いです。

    結論を言うと、体罰の何が問題か分かりません。
    私は普通に就職、結婚、育児して、親や親戚にはあなたは親孝行すぎるくらい、有難うと泣かれた事もあります。
    私も母や親戚たちに手紙を書いたりして感謝は伝えています。

    周りの親たちのなかでも、育ちが良いな、良い子だなと感じる人はかなり厳しく育った人ばかりです。
    何かのときに「親から叩かれた事ある?」と聞くと「沢山!」と答えてきてなるほど、とよく思います。
    後輩などでも見ていて打たれ強いなと感じます。
    私はかなり厳しく育ったので社会で多少の問題に動じないようで、
    新入社員の頃でしたがトラブル時、対応に当たったところ上司に「君のあの時の対応は良かった。
    不思議なものであなたの両親の姿が後ろに見えたよ。良い親に育てられたんだね」と言って頂けました。
    私の親は体罰あたりまえ、怒鳴って叱る人だったので厳しく育てられましたと言うと
    だから根性があるんだ、普通は泣いちゃうか、何もしないで他人のふりだよ、と笑っていました。

    今は叩く親ってなかなか見ませんね。声を荒げている親も…
    思うのですが、体罰が悪いのではなく、悪いのは虐待です。
    体罰と虐待は違います。
    この違いが分からない人たちに体罰がただの暴力のように思われる事があり残念です。
    虐待は体罰ではなく心の闇ですから、その手段は様々なのです。

    トピ内ID:2685919546

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 17 面白い
    • 229 びっくり
    • 11 涙ぽろり
    • 128 エール
    • 275 なるほど

    レス

    レス数103

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  103
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    私はそうは思わないです

    しおりをつける
    blank
    map
    トピ主さん年齢はおいくつ位でしょうか?

    もし、70代とか80代の方ならいいのですが。

    私は中年と言われる世代で、相当厳しい親に育てられました。


    更年期や、空の巣症候群、ミドルクライシスと言われる時期、ふと時間的にも子育てにも一段落して

    自分を振り返ってみて精神的に厳しくされた事は、きつくのしかかってきます。


    いつも叱られるんじゃないかとびくびくする癖。何かあるとすぐ謝ってしまう防衛反応。

    適当に強い人に合わせ、可能ならその人と一生二度と会わない努力。もちろん体罰の恐怖。

    両親がいなくなった今でも、何か趣味に興じていても、鬼がやって来て全てを壊してしまう圧迫感。

    夢で叱りつけられ泣きながら目覚めたり、誰かにいじめられても(私はどうでもいい存在)って思う習性。

    母国語のように長年身についたことは、理論では翻すことはできません。


    尊敬する人が、体罰すなわち暴力を肯定するなんてあってはならない事。

    断固反対です。体罰はきちんと指導ができない、暴力を正義にしてねじ伏せてしまう教育の放棄だと思います。

    トピ内ID:9178356139

    ...本文を表示

    お若いですね

    しおりをつける
    blank
    かな
    社会風潮を、新聞やネットを見ての、そのまんま、というような意見ですね。
    昔に比べて、最近の親で体罰して教育した事が全くない、葛藤した事がないって方、あなたの周りに何人いらっしゃる?具体的におっしゃって?
    実際に子供を育て、または教育した事がなければ、何の説得力もないです。
    私は、どうしても分別を教えるためならばホッペやお尻を叩く、など辞さないです(勿論機会は厳選してです)
    私のママ友達も同じですよ。声を荒げて怒らない?ご冗談を。「また今日朝から大きな声出して怒ってきちゃった」子を持つ親の間で良く聞かれる会話。
    みんな必死で子育て、教育してますよ。虐待と体罰は違う?当たり前でしょう。

    トピ内ID:7327532330

    ...本文を表示

    世代

    しおりをつける
    blank
    いつもは、トピ主さんの世代の方が、「私は毒親に育てられた」「毒親にされた過去が忘れられない」って、小町で定期的に騒いでらっしゃいますけど?
    これからはトピ主さん世代が中心に子育てなさるんですから、良い時代になるんでしょうねぇ。机上の空論にならないよう、世代全体で足並み揃えて頑張って下さいね。
    必死で子供を教育中の、現・子育て世代の者より。

    トピ内ID:9383848735

    ...本文を表示

    体罰を受けて育った人でかつそれを愛情と捉えている人は

    しおりをつける
    blank
    在米小町
    体罰を受けて育った人で、かつ、それを愛情と捉えてしまっている人は、自分の育児で、体罰をおこなうそうです。

    そして、その人達は、

    ”自分が思う程自分は正しく無く、自分が思う程相手は間違っていない” 

    このことに気がつくことなく一生を終えるか、

    気がつくには相当な時間がかかるかどちらかなんだそうです。

    体罰をなくても、子供が自分で考え、自分で物事の善し悪しを判断し、奢らず、卑屈になることなく、自分の人生を生きるよう導くことはできるますよ。

    親も、こども一人ひとりの違った性格、性質を理解し、導くために親としての親業の勉強と努力が必要ですし、スキルも身につけていかなくてはいけません。
    大変な作業ですが、振り返ってみると、育児をとおして人間として成長させてもらえる素晴らしい機会であると思っています。

    トピ内ID:8742390183

    ...本文を表示

    矛盾してるよ

    しおりをつける
    blank
    バナナ
    だって、トピ主の受けた体罰は、自分自身がされても仕方ないと認めているんだもの。


    体罰を感謝だと言ってる人が、体罰や虐待の本質を捉える事はない。


    何故かわかりますか?


    体罰=愛
    この前提で、全ての結果論を展開しているから。


    トピ主が、多方面の角度からこの問題を語るなら、まだ考察する余地があるけれど、主観的すぎるの。


    上司のエピソードとか。


    トピ主にとって、体罰は良いものなら、その枠から逸脱しない事。


    体罰に苦しんだりした人がいたら、批判したりしない事。

    トピ内ID:0927037600

    ...本文を表示

    体罰と虐待の定義を明確にして下さい

    しおりをつける
    blank
    ららら
    まず「体罰」と「虐待」の主さんの定義を明らかにしていただけますか?

    そこがはっきりしないと議論になりません。

    トピ内ID:4475952548

    ...本文を表示

    体罰肯定派は何のメリットを感じてるのか教えて下さい

    しおりをつける
    💢
    わからずや
    体罰のデメリットが分からない人って よくいるのはトピヌシさんみたいな方々だったのですね

    体罰がエスカレートして 殴られた生徒が自殺したら 自殺した生徒が弱かったって
    言う人達もたまにいますね

    トピヌシさんは厳しい躾や何が虐待で何が体罰だと定義されてるのか知りませんが全て曖昧なものに正確なライン引けていますか?

    児童虐待の多くは躾だと親御さん言いますよ?親が躾のつもりでも死亡事件に繋がったり、後にお子さんがメンタルの病を一生抱えることになる現実を知らないですか?

    それと幼児への体罰と思春期の体罰では どのような違いで脳と身体に影響があるのか どうか勉強して知恵をつけて下さい

    虐待や体罰がこれだけ社会問題になって その関連の「死亡事故」はどのように考えるのでしょうか
    なんだか異常に悲しいトピックでした。

    トピ内ID:7498363028

    ...本文を表示

    死んだり後遺障害が残ったりしてても同じこと言ってましたか?

    しおりをつける
    blank
    nananan
    まあ亡くなってたらこんなトピも立てられませんが、あなたの体に(多分)障害も残らずに成長したのはたまたま運が良かっただけ。

    おそらく「そんなひどい殴り方なんかするわけない」と言い張るのでしょうが、それはただの想像力の欠如。世の中の、子を叩いて死なせてしまった親の多くも、死なせるつもりはなかったと主張します。
    絶対に大ごとに至らない器用な叩き方なんて、できるわけがありません。
    子供を叩くという行為は、必ず死亡や大怪我のリスクを伴います。「これまでn回叩いても大丈夫だったからn+1回目も大丈夫」なんてことはありません。

    体に障害は残っていなくても、現にトピ主は、子供に対して暴力をふるうことに抵抗のない人間に育ってしまっていて、しかも「問題なく育った」と認識していますよね。
    それこそが大問題です。

    >体罰と虐待は違います。
    >この違いが分からない人たちに体罰がただの暴力のように思われる事があり残念です。
    >虐待は体罰ではなく心の闇ですから、その手段は様々なのです。

    虐待の手段は様々ですが体罰はその一種。
    それがわからない人が、ただの暴力を体罰と呼んで肯定することがあるのは、本当に残念です。

    トピ内ID:3902299096

    ...本文を表示

    素晴らしいですね。

    しおりをつける
    🙂
    フォマ
    トピ主さんも、トピ主さんのご両親も素晴らしい方だと思います。

    その、上司さんの言葉、
    最高の褒め言葉ですよね。
    愛情があったんでしょうね。
    子供にこんな風になってもらいたい、という願いもあったんでしょう。
    その上での厳しい躾だったんでしょうね。
    仰るとおり、そこには心の闇はなく、ただ、愛情と願い。
    一生懸命、叱る。一生懸命、育て、愛情を注ぐ。

    素晴らしいと思います。

    トピ内ID:1290115640

    ...本文を表示

    あなたにとっては良かったのでしょうね

    しおりをつける
    blank
    hina
    あなたにとっては良かった、でも恐らく一般的には違うと思います。

    暴力を受けなければいけないほど人の話を聞かない子の方が少ないと思いますし、他人に話を聞かせる手段として暴力を使う人もそう多くないと思います。

    暴力を受けたほうが強くなるというのも、本当かも知れませんし違うかも知れません。

    私、周囲の人間は比較的高学歴ですが、暴力を受けて育ったタイプの人は少ないです。
    ただ、『厳しかった』と話す人はかなり多いです。
    厳しい=体罰ではないです。

    体罰と虐待の違いも、トピ主さんの言い分も微妙です。
    言葉で説得できないから身体的な力と言う手段に出るわけで・・・。
    理性を感じない行動です。
    理性的な体罰ってあるんですかね?

    もしも体への指導がまかりとおるなら、社会一般のコミュニケーション手段として「力」が使用されているでしょう。
    圧倒的体力差のある子どもにだけ「力」をもって分からせるということが通用すると思うのはなぜでしょうね。

    トピ内ID:8074396053

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  103
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0