詳細検索

    • ホーム
    • 子供
    • 親、教師から体罰されましたけど問題なく育ちました
    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    親、教師から体罰されましたけど問題なく育ちました

    お気に入り追加
    レス103
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    me
    子供
    タイトル通りです。

    悪さをしたり、だらだらしたり、生意気だったり、人の話を聞かずぜんぜん違う事をやっていたりなどしている子供でした。
    態度が悪く、怒鳴られたり叩かれたり、よくされて育ちましたが
    いま、両親を恨んでいませんし、先生を憎んでいませんし、
    どちらかといえば印象的な思い出として残っており、
    あの時の私は本当に酷かったんだな、あの時叩かれたおかげで態度を改めることが出来たな
    と、むしろ人生のターニングポイントに体罰があったなという思いです。

    結論を言うと、体罰の何が問題か分かりません。
    私は普通に就職、結婚、育児して、親や親戚にはあなたは親孝行すぎるくらい、有難うと泣かれた事もあります。
    私も母や親戚たちに手紙を書いたりして感謝は伝えています。

    周りの親たちのなかでも、育ちが良いな、良い子だなと感じる人はかなり厳しく育った人ばかりです。
    何かのときに「親から叩かれた事ある?」と聞くと「沢山!」と答えてきてなるほど、とよく思います。
    後輩などでも見ていて打たれ強いなと感じます。
    私はかなり厳しく育ったので社会で多少の問題に動じないようで、
    新入社員の頃でしたがトラブル時、対応に当たったところ上司に「君のあの時の対応は良かった。
    不思議なものであなたの両親の姿が後ろに見えたよ。良い親に育てられたんだね」と言って頂けました。
    私の親は体罰あたりまえ、怒鳴って叱る人だったので厳しく育てられましたと言うと
    だから根性があるんだ、普通は泣いちゃうか、何もしないで他人のふりだよ、と笑っていました。

    今は叩く親ってなかなか見ませんね。声を荒げている親も…
    思うのですが、体罰が悪いのではなく、悪いのは虐待です。
    体罰と虐待は違います。
    この違いが分からない人たちに体罰がただの暴力のように思われる事があり残念です。
    虐待は体罰ではなく心の闇ですから、その手段は様々なのです。

    トピ内ID:2685919546

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 17 面白い
    • 229 びっくり
    • 11 涙ぽろり
    • 128 エール
    • 275 なるほど

    レス

    レス数103

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    私はそうは思わないです

    しおりをつける
    blank
    map
    トピ主さん年齢はおいくつ位でしょうか?

    もし、70代とか80代の方ならいいのですが。

    私は中年と言われる世代で、相当厳しい親に育てられました。


    更年期や、空の巣症候群、ミドルクライシスと言われる時期、ふと時間的にも子育てにも一段落して

    自分を振り返ってみて精神的に厳しくされた事は、きつくのしかかってきます。


    いつも叱られるんじゃないかとびくびくする癖。何かあるとすぐ謝ってしまう防衛反応。

    適当に強い人に合わせ、可能ならその人と一生二度と会わない努力。もちろん体罰の恐怖。

    両親がいなくなった今でも、何か趣味に興じていても、鬼がやって来て全てを壊してしまう圧迫感。

    夢で叱りつけられ泣きながら目覚めたり、誰かにいじめられても(私はどうでもいい存在)って思う習性。

    母国語のように長年身についたことは、理論では翻すことはできません。


    尊敬する人が、体罰すなわち暴力を肯定するなんてあってはならない事。

    断固反対です。体罰はきちんと指導ができない、暴力を正義にしてねじ伏せてしまう教育の放棄だと思います。

    トピ内ID:9178356139

    ...本文を表示

    お若いですね

    しおりをつける
    blank
    かな
    社会風潮を、新聞やネットを見ての、そのまんま、というような意見ですね。
    昔に比べて、最近の親で体罰して教育した事が全くない、葛藤した事がないって方、あなたの周りに何人いらっしゃる?具体的におっしゃって?
    実際に子供を育て、または教育した事がなければ、何の説得力もないです。
    私は、どうしても分別を教えるためならばホッペやお尻を叩く、など辞さないです(勿論機会は厳選してです)
    私のママ友達も同じですよ。声を荒げて怒らない?ご冗談を。「また今日朝から大きな声出して怒ってきちゃった」子を持つ親の間で良く聞かれる会話。
    みんな必死で子育て、教育してますよ。虐待と体罰は違う?当たり前でしょう。

    トピ内ID:7327532330

    ...本文を表示

    世代

    しおりをつける
    blank
    いつもは、トピ主さんの世代の方が、「私は毒親に育てられた」「毒親にされた過去が忘れられない」って、小町で定期的に騒いでらっしゃいますけど?
    これからはトピ主さん世代が中心に子育てなさるんですから、良い時代になるんでしょうねぇ。机上の空論にならないよう、世代全体で足並み揃えて頑張って下さいね。
    必死で子供を教育中の、現・子育て世代の者より。

    トピ内ID:9383848735

    ...本文を表示

    体罰を受けて育った人でかつそれを愛情と捉えている人は

    しおりをつける
    blank
    在米小町
    体罰を受けて育った人で、かつ、それを愛情と捉えてしまっている人は、自分の育児で、体罰をおこなうそうです。

    そして、その人達は、

    ”自分が思う程自分は正しく無く、自分が思う程相手は間違っていない” 

    このことに気がつくことなく一生を終えるか、

    気がつくには相当な時間がかかるかどちらかなんだそうです。

    体罰をなくても、子供が自分で考え、自分で物事の善し悪しを判断し、奢らず、卑屈になることなく、自分の人生を生きるよう導くことはできるますよ。

    親も、こども一人ひとりの違った性格、性質を理解し、導くために親としての親業の勉強と努力が必要ですし、スキルも身につけていかなくてはいけません。
    大変な作業ですが、振り返ってみると、育児をとおして人間として成長させてもらえる素晴らしい機会であると思っています。

    トピ内ID:8742390183

    ...本文を表示

    矛盾してるよ

    しおりをつける
    blank
    バナナ
    だって、トピ主の受けた体罰は、自分自身がされても仕方ないと認めているんだもの。


    体罰を感謝だと言ってる人が、体罰や虐待の本質を捉える事はない。


    何故かわかりますか?


    体罰=愛
    この前提で、全ての結果論を展開しているから。


    トピ主が、多方面の角度からこの問題を語るなら、まだ考察する余地があるけれど、主観的すぎるの。


    上司のエピソードとか。


    トピ主にとって、体罰は良いものなら、その枠から逸脱しない事。


    体罰に苦しんだりした人がいたら、批判したりしない事。

    トピ内ID:0927037600

    ...本文を表示

    体罰と虐待の定義を明確にして下さい

    しおりをつける
    blank
    ららら
    まず「体罰」と「虐待」の主さんの定義を明らかにしていただけますか?

    そこがはっきりしないと議論になりません。

    トピ内ID:4475952548

    ...本文を表示

    体罰肯定派は何のメリットを感じてるのか教えて下さい

    しおりをつける
    💢
    わからずや
    体罰のデメリットが分からない人って よくいるのはトピヌシさんみたいな方々だったのですね

    体罰がエスカレートして 殴られた生徒が自殺したら 自殺した生徒が弱かったって
    言う人達もたまにいますね

    トピヌシさんは厳しい躾や何が虐待で何が体罰だと定義されてるのか知りませんが全て曖昧なものに正確なライン引けていますか?

    児童虐待の多くは躾だと親御さん言いますよ?親が躾のつもりでも死亡事件に繋がったり、後にお子さんがメンタルの病を一生抱えることになる現実を知らないですか?

    それと幼児への体罰と思春期の体罰では どのような違いで脳と身体に影響があるのか どうか勉強して知恵をつけて下さい

    虐待や体罰がこれだけ社会問題になって その関連の「死亡事故」はどのように考えるのでしょうか
    なんだか異常に悲しいトピックでした。

    トピ内ID:7498363028

    ...本文を表示

    死んだり後遺障害が残ったりしてても同じこと言ってましたか?

    しおりをつける
    blank
    nananan
    まあ亡くなってたらこんなトピも立てられませんが、あなたの体に(多分)障害も残らずに成長したのはたまたま運が良かっただけ。

    おそらく「そんなひどい殴り方なんかするわけない」と言い張るのでしょうが、それはただの想像力の欠如。世の中の、子を叩いて死なせてしまった親の多くも、死なせるつもりはなかったと主張します。
    絶対に大ごとに至らない器用な叩き方なんて、できるわけがありません。
    子供を叩くという行為は、必ず死亡や大怪我のリスクを伴います。「これまでn回叩いても大丈夫だったからn+1回目も大丈夫」なんてことはありません。

    体に障害は残っていなくても、現にトピ主は、子供に対して暴力をふるうことに抵抗のない人間に育ってしまっていて、しかも「問題なく育った」と認識していますよね。
    それこそが大問題です。

    >体罰と虐待は違います。
    >この違いが分からない人たちに体罰がただの暴力のように思われる事があり残念です。
    >虐待は体罰ではなく心の闇ですから、その手段は様々なのです。

    虐待の手段は様々ですが体罰はその一種。
    それがわからない人が、ただの暴力を体罰と呼んで肯定することがあるのは、本当に残念です。

    トピ内ID:3902299096

    ...本文を表示

    素晴らしいですね。

    しおりをつける
    🙂
    フォマ
    トピ主さんも、トピ主さんのご両親も素晴らしい方だと思います。

    その、上司さんの言葉、
    最高の褒め言葉ですよね。
    愛情があったんでしょうね。
    子供にこんな風になってもらいたい、という願いもあったんでしょう。
    その上での厳しい躾だったんでしょうね。
    仰るとおり、そこには心の闇はなく、ただ、愛情と願い。
    一生懸命、叱る。一生懸命、育て、愛情を注ぐ。

    素晴らしいと思います。

    トピ内ID:1290115640

    ...本文を表示

    あなたにとっては良かったのでしょうね

    しおりをつける
    blank
    hina
    あなたにとっては良かった、でも恐らく一般的には違うと思います。

    暴力を受けなければいけないほど人の話を聞かない子の方が少ないと思いますし、他人に話を聞かせる手段として暴力を使う人もそう多くないと思います。

    暴力を受けたほうが強くなるというのも、本当かも知れませんし違うかも知れません。

    私、周囲の人間は比較的高学歴ですが、暴力を受けて育ったタイプの人は少ないです。
    ただ、『厳しかった』と話す人はかなり多いです。
    厳しい=体罰ではないです。

    体罰と虐待の違いも、トピ主さんの言い分も微妙です。
    言葉で説得できないから身体的な力と言う手段に出るわけで・・・。
    理性を感じない行動です。
    理性的な体罰ってあるんですかね?

    もしも体への指導がまかりとおるなら、社会一般のコミュニケーション手段として「力」が使用されているでしょう。
    圧倒的体力差のある子どもにだけ「力」をもって分からせるということが通用すると思うのはなぜでしょうね。

    トピ内ID:8074396053

    ...本文を表示

    普通の人間は、子どもでも話して聞かせればわかるもの

    しおりをつける
    blank
    美沙
    暴力を振るわれないとわからないことこそ問題では?

    私もなかなか良い子ではありませんでしたが、私の親は理路整然と何が悪いのか話して聞かせてくれました。
    それで充分、親の気持ちもいけない理由も伝わりましたし、暴力を振るわなければ叱れない理由はどこにもありません。

    私も子どもを四人、ほぼ育て上げました。
    子どもたちには暴力を振るうことなく、話して聞かせて一人前に育てましたよ。

    叩かなければわからないという人のほとんどは、叩いてもわからないと思います。
    また、すぐに手が出る人は、話して聞かせる能力が足りないだけなのだと思います。

    トピ内ID:3590761467

    ...本文を表示

    心の問題にしてしまったら線引きができない

    しおりをつける
    blank
    ryu
    >体罰と虐待は違います。
    >この違いが分からない人たちに体罰がただの暴力のように思われる事があり残念です。

    この違いの分からない親や教師が、体罰と称して暴力を行ったらどうしますか。

    その暴力によって子供に障害が残ったり死亡した事件をどう思いますか。

    「虐待は体罰ではなく心の闇です」とご自分で書いているでしょう。
    心の問題に客観的な線引きができると思いますか。

    虐待と体罰を分けることは実際には非常に困難です。
    ほんとうはムシャクシャしていただけの教師の体罰(暴力)によって、子供に取り返しの付かない事態が起きたとき、あなたは納得できますか。

    心の問題にしてしまったら誰にも線引きができません。
    つまりそれは結果として、現実的には暴力の放置と同じことになってしまいます。
    大人として、あまりに無責任です。

    それよりも体罰を使わずに子育てや教育ができる方法を模索するほうが健全だと思います。
    トピ主さんの考えでは、ひとは体罰がないと厳しく育たないのですか。

    トピ内ID:3613624786

    ...本文を表示

    お訊ねします

    しおりをつける
    🍴
    のりまき
    トピ主さんの考える、体罰と虐待の境目はなんですか?

    トピ内ID:9882450507

    ...本文を表示

    あ~なるほど!

    しおりをつける
    blank
    私自身は、体罰はそんなに受けてません・・というより悪いことしてないし
    暴力でわからせられなくても、育ったし

    でも「見せしめ」「ストレス解消」での暴力は受けてました
    痛み、恥ずかしさ、恨み、しか残ってません(相手は女教師です)

    あなたのトピ、あなたの正論は他人を傷つけます
    逃げ場のなかった過去を思いだしました

    ちなみに我が子へ 私は体罰はしません
    叩かなくとも、言葉で目で充分に成長してます(現高校2年です)
    穏やかな男の子です トピ主様みたいなギスギス感はありません

    トピ主様は体罰、怒鳴ることでしか育てられなかったのですね
    おかわいそうに・・

    トピ内ID:9846074516

    ...本文を表示

    賛成ですが

    しおりをつける
    🙂
    おっちゃん
    世の中的には、体罰はダメということになっているので、顔が分かる場所では言わない方がいいですよ。

    私もそういう育ち方をしたので、気持ちの上では賛成ですが、体罰を受ける方に、受け入れる器量があれば、いい方に効果が出ますが、そこまでの器量がなければ、掲示板によくある毒親呼ばわりされて終わりで、体罰を与えた方も受けた方もいい結果にはなりません。

    トピ内ID:7735663962

    ...本文を表示

    いや、問題あるよ

    しおりをつける
    blank
    雪椿
    体罰を、「問題ない」と言えちゃうオトナになってしまったという点で
    「問題なく育った」とは言い切っちゃダメでしょ。

    あなたにとって時に鉄拳制裁は必要だったかもしれないけど、
    体罰で身体的または精神的な傷害を負う人は確かにいるんだから。


    私個人の経験から言うと(されたし、やった)
    体罰なんて「上手に言い繕った自分勝手な暴力」に過ぎない場合が多いよ。
    八つ当たりだったり、いじわるだったり。
    私にはむしろ「止むに止まれぬ憤怒のせいで殴った」の方が分かる。

    トピ内ID:1526824982

    ...本文を表示

    根底に愛がるかどうかが決め手

    しおりをつける
    🙂
    愛を込めて
    トピ主さまのご両親が叱る奥底に子どもに対する愛情があふれていたのだと思います。子どもはわかります。気分で怒鳴っているのか、愛があって叱ってくれているのか。
    形しか見ない人はすぐ色々虐待だ、うんぬんと騒ぐのでしょう。

    トピ内ID:2392641012

    ...本文を表示

    それはあなた個人の資質がそうだったという事

    しおりをつける
    🙂
    まりえ
    人間ってこう育てれば必ずそのように育つものですか?
    周りにいる精神的にたくましい方々は、元からその様な資質の持ち主だったのだと思います。
    でも中にはトピ主さんが受けてきた怒鳴りや体罰によって精神的に病んでしまう子がいる事を知って下さい。
    しつけとは個性に合ってこそ発揮するものです。

    トピ主さん独身ですか?
    ちなみに私もあなたと同じような環境で育ち同じように社会的評価を受けてきた人間です。
    もちろん子育て始めるまでは同じような考えでしたよ。

    子育てって自分ではどうする事もできない事ばかりでして。
    みんなが精神的にたくましいお子さんに恵まれたら楽ですけどね。

    トピ内ID:0969467040

    ...本文を表示

    問題ありました

    しおりをつける
    blank
    すんすん
    親からの体罰は、奥に愛があったのに気付いていましたので
    問題はありませんでした・・・


    しかし、教師からの体罰は問題でしたよ。
    本当に生徒の事を思って体罰をした先生が少なかったからです。

    A先生は、お気に入りのスポーツチームが負けると
    ヤケ酒を飲むそうで
    次の日は二日酔いで最悪な顔付きで学校に来ます。
    そして、ターゲットの生徒を見つけると
    執拗に殴る蹴るの暴行を加えました。
    皆、凍り付いて震え、ただ見ているしか出来ませんでした。
    結構年配の先生なので、他の若い教師に助けを求めても助けてはくれる訳もありません。
    今なら新聞沙汰でしょうね。
    昭和50年代の話です。

    今でも、あの暴力はトラウマになっています。

    そういう時代だったといえば、そうかもしれません

    トピ内ID:3494570775

    ...本文を表示

    子供の心への影響、読む人への影響を考えて欲しい

    しおりをつける
    blank
    おひとりで思っていた方が良いと思います

    虐待をしている親は虐待していると認識していません
    本人たちは躾のつもりです
    手っ取り早さに依存している事も認識していません

    このトピを読んで
    子供の事を真剣に慈しんでいる人が、叩いた方が良いと
    体罰に踏み切ると思いますか?
    トピ主さんの主張を読んで、納得しても絶対に叩かないでしょう
    叩けない人は、何を言われても叩けません

    ですが、叩く事を肯定されたと
    俺たちは良い親なんだと、なお叩く人がいるとすれば誰ですか?
    虐待を虐待と認識できない親に他ならないと思います
    彼等の虐待に拍車をかける可能性を考えて欲しかったです
    彼等の向うには、虐待されている子供たちが実際にいるのですから

    トピ主さんはお子さんを叩いたのですね
    >今は叩く親ってなかなか見ませんね。声を荒げている親も
    そうです
    トピ主さんが育った頃は友達の親も似たようなものでした

    トピ主さんのお子さんの頃は
    怒鳴ったり、叩いたりするのは自分の親だけだったかもしれません
    トピ主さんがおっしゃる通り
    子供がどう感じるかを、抜いて考えてはいけませんよね

    トピ内ID:0395572894

    ...本文を表示

    体罰は手抜き育児

    しおりをつける
    blank
    ゆう
    体罰は手抜き育児ですよ。

    たたかれて育った子は友達にもよく手を出す傾向があります。

    >周りの親たちのなかでも、育ちが良いな、良い子だなと感じる人はかなり厳しく育った人ばかりです。

    厳しいのと体罰は違いますが
    私の周囲では、よくたたかれたという人は元ヤンが多いです。

    勿論一度も叩かれたことのない人のほうが少ないとは思います
    親も聖人君子ではありませんから
    思わず手が出てしまうこともあるでしょう。

    トピ内ID:6506948167

    ...本文を表示

    その違いは神のみぞ知る

    しおりをつける
    😡
    結果論
    >思うのですが、体罰が悪いのではなく、悪いのは虐待です。
    >体罰と虐待は違います。

    トピ主サンのような子供を

    >怒鳴られたり叩かれたり

    ということは、よくあることだったでしょう。しかし、その程度と正当性は、トピ主さんが今「問題なく育った」という結果論でしか判断できません。
    「今」という長期間後になって結果論が出てもどうしようもないのです。結果的に悪く歪んで育っていた場合はどうするんですか。

    こういうふうに叩けばこう育つ、こういうふうに怒鳴ればこう育つなんて、法則はありません。

    >体罰と虐待は違います。

    違いは、体罰は身体的暴力をふるうこと、虐待は身体的あるいは精神的に暴力をふるうことです。
    体罰が良くて、虐待が悪いのではなく、両方とも悪いのです。しかし、ものごとには全て「程度問題」があり、それは裁判所が判断してくれるでしょう。

    ちなみに、私は中学時代教師から精神的な暴力を3年間振るわれ続けました。その科目全ての時間割において立たされたのです。私は教師に偏見を持つように歪んで育っています。

    トピ内ID:5324666265

    ...本文を表示

    こういう価値観の押し付けは怖い

    しおりをつける
    blank
    うーん
    主さんはうまくいったのでしょう。ですが体罰に不向きな子(不安感や感受性が強い、またはおとなしい、おっとりとしているタイプ)には傷になる可能性もあります。

    これがいい、これが正しい、その妄信は子育てでは危険です。だから親は必死で一人一人と向き合うのですよ。

    トピ内ID:4966198539

    ...本文を表示

    私はいや!

    しおりをつける
    たぬき
    アラフィフです
    あまりに悪たれをついたときはお尻たたかれたりしたくらいで育ちました。

    子供の頃から、体罰とか皆の前で罵倒される、ことに恐怖すら感じます。

    塾や習い事も体罰があるところは避けました。

    誉めて伸びるタイプ、しかって延びるタイプ、子供の気質なんじゃないですか?

    ただ、モラルに反すること、危険なことに関しては、体罰含め厳しい躾は必要と思います

    トピ内ID:8475522989

    ...本文を表示

    それは相当ですね

    しおりをつける
    blank
    直子
    体罰を受けて恨まないほど、悪い子だったんでしょうね。
    だから仕方のないことと受け止めていられたのかもしれません。
    でも、私の受けたことは、体罰という名の虐待でした。
    一生忘れませんし、一生恨むと思います。

    自分の子に手を出すことは誰にも許さないし、正当化はさせません。

    ただし。
    その子が何度言い聞かせてもダメで、危険なことをする場合は別ですが。
    それと、親が「叩くべき」と冷静に判断した場合も。
    この場合は、親も心を痛めていますものね。

    トピ内ID:2843961578

    ...本文を表示

    体罰はエスカレートすれば虐待になる

    しおりをつける
    😨
    やめて
    トピ主さんがおっしゃることは、いわゆる「愛のムチ」だと思いますが、一度でもムチをふるってしまうと、歯止めがきかなくなるのが人間というものです。だから体罰は否定されているんです。ちょっと叩いて言うことを聞かないと、もっと強く叩かなければ、まだ足りないとどんどんエスカレートしていくんです。

    私も体罰世代でしたから、体罰を肯定したい気持ちも分かりますが、私は体罰がいいものだとは絶対に思いません。
    中学の時、遅刻魔だった私は、先生から棒でおしりを叩かれました。今なら、虐待にあたるのでしょうね。当時は体罰として黙認されていました。愛のムチだと言いながら、あの時の先生の嬉しそうな顔、とても教育者の顔だとは思えません。その先生は、ある時あやまってその棒で生徒を骨折させてしまい、以来体罰をやめました。
    親は叩くばかりで、なぜ叩くのか何が悪いのか、どうすればいいのかを何一つ教えてくれませんでした。

    今、普通に幸せですが、自分が世間に受け入れられるほどになるまで、苦労しました。今の私があるのは、絶対に体罰のおかげではありません。

    トピ内ID:1938441968

    ...本文を表示

    同感

    しおりをつける
    😠
    あのー
    そうですね。ほんとにその通りだと思います。

    虐待をする親は変なのが多いのでコッソリ通報するしかないかなと私は思います。
    隣近所にもしもそんなのがいたら、コッソリ通報するしかないでしょう。色んなのがいて逆恨みが怖いですから。虐待する親は病んでいます。


    健全な方の、怒る親は子供にとって大事だと思います。

    トピ内ID:2727225025

    ...本文を表示

    叩くのはダメ=前提条件であり原則

    しおりをつける
    blank
    ちゃちゃこ
    小さな子を子育て中ですが、必要なとき、言葉だけで言っても足りないときは叩くこともあります。

    でも手を上げる瞬間、カッとなっていなかったか?絶対に?毎回?
    叩かなければ矯正は不可能だったか?
    と聞かれると自信がありません。
    子供への愛情はあります、当然。とても愛しています。
    体罰と虐待、叩く親ですら区別は難しいです。他人からみたらなおさらでしょう。

    私も親や教師から叩かれたことはあります。そのことを今も昔も恨んでいません。体罰=悪とも思っていません。
    ですが「叩くのはダメ」という風潮があるおかげで、自分の子供に対する接し方を「今の対応でよかったのかな?叩かずにすむ方法は無かったのかな?」と自問自答することが出来ていて、その自問自答にこそ意味があるのではと思います。

    トピ内ID:5470797505

    ...本文を表示

    体罰は暴力による問題解決を子どもに教えてるんですよ

    しおりをつける
    🐤
    魑魅魍魎
    人間なんですから基本的に言葉で理解させないと、殴られた子どもには痛みと恐怖しか残りません。不毛です。

    殴られた子どもは、暴力を振るうことで相手をねじ伏せ、自分の要求を通すという手段を親や教師から学ぶのです。

    体罰と虐待も暴力です。違いはありません。

    トピ内ID:3798107946

    ...本文を表示

    ・・・

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    あなたは態度が悪かったから納得できただけじゃないの?
    口で言えばわかる真面目な子に体罰は絶対あり得ないと思います。

    トピ内ID:6977228379

    ...本文を表示

    問題はあとで起こるかもね

    しおりをつける
    😀
    がんばれ
    親戚にトピ主さんみたいな女性がいます。
    結婚前は優しそうな方でしたが、子どもが生まれたら殴るんです。(しつけらしいです)
    女優さんみたいな優しい顔で、幼稚園の息子の前歯を折ったという話です。
    旦那さんは優しい人で、理解できず、
    「なぐって育てる派」の奥さんの実家と
    「なぐらずに育てる派」の旦那さんの実家で
    両親も交えて戦いになっています。

    虐待の連鎖だと思いますが、本人は「自分が育てられたように育ててる」んでしょうね。

    ちなみに、今は犬だってなぐらずにしつけしますよ。

    トピ内ID:6473883122

    ...本文を表示

    必要で適切なタイミングでの指導

    しおりをつける
    blank
    ねじ
    最近、広報をみていると、叱らない子育て、叩かない子育て講座みたいな講演が頻繁にありますが、その逆ですね。
    片方があるなら、反対もあってしかりです。

    でも、きっと、主様の親御さんは、厳しく公正でタイミングのよい叱り方が絶妙にできたのではないでしょうか。

    単純に子どもを叩くのOKって話とは違うと思うのです。
    叩くか、叩かないか、ではなく、子どもを思って、必要なタイミングで必要な行動が親としてできたか?できないか?という話にすれば無難だし、賛同を得ると思う。

    単純に「叩くのがOKなのだ」という話になると、加減のわからない有象無象の人たちが、とにかく、わけもわからず社会正義の元、子をたたき出すから。
    世の中、体罰と虐待の違いがわからない人が実際にたくさんいるから、そのわからない人を抑制するためにも、大上段にかまえて「叩かない子育て」を推奨するんじゃないかなあと思ってますよ。

    トピ内ID:2393234128

    ...本文を表示

    それ!まさにそこです!

    しおりをつける
    blank
    まさおみ
    >体罰の何が問題かわかりません。

    トピ主が思考停止体質になったのは体罰のせいなのです。

    体罰は動物への「しつけ」と同じです。
    言葉が通じない相手へはある程度の効力を発揮します。
    人間は言葉を使う生き物です。
    価値観や感情は一様ではありません。だから言葉を尽くして分かり合う努力をするのです。

    一般に親から体罰を受けた子供は、お友達や自分の子供にも暴力を振るいます。
    簡単だからです。
    ましてやトピ主のように「体罰が良い」と思っていたらなおさらです。
    頭をゴツンで相手が言うことを聞かなかったらどうするんですか?
    頬を平手打ち?みぞおちにパンチ?
    さらに聞かなかったら?
    さらに強い暴力?

    どこから虐待ですか?

    トピ内ID:9288766789

    ...本文を表示

    同意見

    しおりをつける
    blank
    mori
    反抗期まっさかり。
    父からは「これだけ言ってもわからんのか!」とゴツン!とゲンコツ一発。

    服装違反をしてましたので
    中学、高校の体育教師からは竹刀でお尻をバチン!

    前髪が眉にかかっているからと、その場でハサミで切りそろえられる。

    そんなの当たり前でしたよね。
    こんな体罰はすべて、私を思ってくれてのこと。
    父を恨んだりしないし、
    同窓会で体罰を受けた話しも出ますが、いい思い出です。

    体罰と虐待は違いますよね。

    トピ内ID:8752272099

    ...本文を表示

    どっちがどっちって言えないから。

    しおりをつける
    🐷
    カンター
    むかしむかし集団球技の部活動で相手チームの監督がミスした選手がいるとキャプテンを椅子でぶんなぐったり足で蹴ったりしてました。

    今でも時々思い出し体が震えるほどの怒りを感じます。それをやってる本人の監督に言わせれば厳しい指導、愛ある指導なんじゃないですか?

    体罰がイケナイのはやってる人とやられてる人の感じ方のギャップがあることと虐待か教育か見た目だけでなく本質もわからないからです。

    主さんは上記の監督正しいと思いますか?

    トピ内ID:2517883543

    ...本文を表示

    私もです

    しおりをつける
    🐤
    黒板
    私も親や先生から体罰受けて育ちました。でもそれが嫌だったとか辛かったとかは私も思っていません。だって自分がいけないことをしたから体罰を受けたんですから。昔は竹刀をもったりした先生がいて忘れ物をしたりするとお尻をたたかれたりしたものでした。ゲンコツで頭ゴツンされたこともありました。でも今となっては良い思い出です。不思議と体罰受けたり厳しかった先生の方が印象に残っていて思い出すと懐かしくいい先生だったなぁと思うんですよね。体罰と虐待の違いわかりますよ。今はなんでもかんでも体罰はいけないと決めつけすぎだと私も思います。

    トピ内ID:8092285020

    ...本文を表示

    同世代ですかね

    しおりをつける
    blank
    同感です
    あのころ、担任教師(男性)は、児童のお尻をバットでひっぱたくという
    今だったら大変なことになる体罰をやっていましたよ。
    でも、先生の気分次第で適当にひっぱたかれるのではなかった。
    ちゃんと基準があり、これは悪いと認められた場合
    「では執行します」という感じで冷静にやられたんです。
    同じ悪さは2度としなかったですねー。

    子どものタイプによりますが、「ぶたれないとわからない子」
    「大人をなめてかかる子」は、存在します。
    体罰という手段が封じられるとなれば、こういう子は図に乗りますね。
    困ったものです。

    トピ内ID:1094214392

    ...本文を表示

    同意です。

    しおりをつける
    blank
    アイアンマン
    両親からも教師からも体罰を受けて育ちました。

    さすがに教師からは中学生以降は受けた記憶がありませんが
    恨んだりしたことはないです。

    両親というか父親からは虐待ではないけれども
    理不尽な事も多々あったので色々と思う所は
    ありますが、

    教師から受けたものについては
    自分が悪い事をしたのだからということで
    納得していました。
    また、親がそれにクレームをつけるなんてことも
    ありませんでした。


    中学生の頃は明らかに質の落ちる教師もいて
    その人が体罰やったらクレームになっただろうなと
    いう方もいましたが・・・

    時と場合には、理屈でなく痛みで教えるしか
    ないでしょう。
    それをしないから、人の痛みがわからず
    ゲームの感覚で暴力をふるったり
    イジメが平気になるのです。

    トピ内ID:6220308616

    ...本文を表示

    難しいですよね

    しおりをつける
    🐶
    ルル
    昭和の時代の人は、先生や親から叩かれるのは当たり前でしたね。それは信頼関係がしっかりできており、愛情などが子供にしっかりと伝わっている場合に限らるように思います。もし信頼関係がきちんと築けていなかったり、この上なく子供を愛していても、子供にその愛情がきちんと伝わっていない状態で、手をあげると、子供は憎しみをいだき、心に傷を残します。その様な場合は、いくらこれは愛情ゆえの体罰だと言っても、子供やその周りからしたらそれは虐待になると思います。

    トピ内ID:6388268234

    ...本文を表示

    虐待は自分が受けていると気づかない

    しおりをつける
    blank
    ?
     あの…トピ主さんが別に生活や育児に支障をきたしていないならいいんですが…
     虐待やDV被害は総じて、自分が受けていても気づかないことがほとんどです。本人の問題行動や体調不良等で外部の介入で気づくことが大多数です。ほとんどはどんなにひどい理不尽な虐待を受けて、心を病んでも「自分が悪いから叩かれた」と思い込まされるのです。そういう人にも同じことが言えますか?


     それに、個性によっては体罰が明らかに不向きなタイプもいることは確かです。トピ主さんやその周りは耐えられたのでしょうが、PTSDやうつを発症し、発達障害の子なら2次障害を発症し、生活の質が著しく落ちるという問題点があります。

     なので、自分ができたからといって、人に押し付けてはいけないし、人に合わせた指導がとても大事です。

     ここで、「体罰を容認してほしい」感のトピ立てしているということは、人を指導するにあたって、何かうまくいかないことがあったんでしょう?もしくは、自分の育ちを肯定してもらいたいということも背景にありそうです。どちらにしても承認欲求が非常に強い印象で、その背景には親子関係の問題がありそうです。

    トピ内ID:5167005107

    ...本文を表示

    部分的には同意します。

    しおりをつける
    blank
    カエル
    トピ主さん初めまして。44歳の既婚男性です。

    確かに僕らが学生のころは、今ほど体罰に対して否定的な意見は多くなかったので、よく悪いことをしては殴られてましたね。
    僕は親に手を上げられたことはほとんどありませんが、教師にはよく殴られました。

    そんな体罰ありきの時代に育った僕の意見としては、(教師など)教育の場における体罰には否定的で、親が子に行う場合は条件付きで肯定の立場です。

    まず教師などの肉親ではない立場の大人が振るう体罰については、全て否定します。

    理由としては、
    ・怪我などの大きな事故につながる危険性がある。
    ・いじめや不登校などの原因になる可能性がある。
    ・受ける側の性格によっては、必ずしも良い結果をもたらすわけではない。
    という点が挙げられます。

    トピ主さんや僕は“たまたま性格的に”体罰を、自らの行いを反省し成長するきっかけとすることができましたが、子供によってはより反抗的になったり、逆に殴られたことが心の傷となって残ってしまう可能性があります。
    それが一番大きな問題点だと思います。

    体罰で僕が唯一認めるのは親が子供に行う場合で、ただしそれも次の条件があります。

    トピ内ID:3381637129

    ...本文を表示

    部分的には同意します。2

    しおりをつける
    blank
    カエル
    ・感情的にではなく、冷静になる。
    ・子供にちゃんと理由を説明し、叩いた後もしっかりとフォローする。
    ・道具や拳は使わず、あくまで平手で、叩く場所も手の甲など重大な怪我につながりにくいところに限定する。
    ・日常的、常習的には行わない。
    ・人前で行わない。

    虐待などは以ての外ですが、親がちゃんと愛情をもって、自分の感情をぶつけるのではなく、子供の成長を願って行う体罰は、僕は否定しません。

    例えば自分の子供が理由もないのに他の子を叩いてしまった場合など、しっかり子供と話し合った上で、手の甲を平手で叩いて「お前が〇〇くんにやったことはこういうことなんだよ」とその“痛み”を教えることは、逆に僕は必要なことだと考えます。


    虐待に発展したり、日常的に行われると子供の精神に重大な影響を及ぼす可能性があることなどは問題としてありますが、最近の親を見ていると、ただ子供を甘やかす一方で、ちゃんとした信念を持って躾や教育を行っている人は少ないように思えます。

    トピ内ID:3381637129

    ...本文を表示

    体罰と暴力は紙一重です。

    しおりをつける
    blank
    NORAH
    暴力は、相手を恐怖で屈服させること。
    身体の痛みや屈辱感とともに、憎悪が生じる。心に傷が刻み込まれる。
    そして、その憎しみはより弱い他者に向けられる。

    体罰は、たとえ手加減しても、小さな子供にとって大きな恐怖になることがある。
    理不尽な暴力と同じように。
    体罰を加える大人には、その時の子供の心の様子は分からない。
    だから、まっとうな大人は体罰を自制するのです。

    体罰は、教育心理学や発達科学が未熟だった戦前の遺物です。
    たまたま問題の無かった自分の例を出して、体罰を容認するかのような言説は
    許されないと思います。

    トピ内ID:5957060708

    ...本文を表示

    私は怨んでいます

    しおりをつける
    blank
    気持ちはブルー
    小学5年生の時、担任が「売られている牛乳は、水で薄められている。牧場で絞られているのとはうまさが違う。」と教壇で言いました。
    私は手を挙げ、「先生、牛乳には、一滴の水も入っていないはずです。」と言うと、
    「君は、どうして教師に逆らうのか。それならなぜ薄いのか答えろ。」と怒りました。
    その時の私には、遠心分離とか脂肪分除去までの知識はありませんでしたから答えられずにいると、みんなの前でビンタされました。

    ある日、父の機嫌がとても悪いことがありました。
    話しかけても答えてくれません。
    私は受け狙いのつもりで、父の背後にまわりおならをしました。
    その直後、父は何度も私を殴り、鼻血まみれになりました。

    すっかりおばさんになった今でも、あの時の心の痛みは忘れられません。
    大人って、いつも正しいわけじゃないですよね。

    そんな私も、先日子供に初めて手をあげました。家のお金を盗んだからです。私は自分の怒りをコントロールすることができなかったから叩いたのです。

    体罰を経験した子のほうが育ちがいいなんて、関係ないと思います。
    いい子が良い大人になるのだと思います、

    トピ内ID:5393169992

    ...本文を表示

    トピ主さんに全面的に賛成です

    しおりをつける
    🐴
    オッサン
    アラフォーの男性です。世代的に私も体罰を受けて育ちましたが問題はなく、むしろ必要なものであったと考えています。
    確かに体罰と虐待は紙一重で、教育の名の下に多くの虐待が行なわれて来たことは事実です。しかし体罰の無くなった今、「何が悪いことなのか?」という質の問題ではなく、「どのくらい悪いことなのか?」という量の問題が大きく失われてしまいました。
    悪いことでも小さなことは流すべきですし、本当に悪いことは絶対にやってはいけない。残念ながらこの区別を付けられる人が少なくなりました。人間でも企業でも一度問題を起こせばいつまでも叩かれる、馬鹿げた行為を誇らしげにネットに晒す、陰湿なイジメ。こうした風潮はまさに質ではなく量の意識の欠如に起因するものです。そしてそれが顕著なのが若い世代、すなわち体罰を受けずに育った世代なのではないでしょうか。
    今では体罰どころか叱らない教育を主張する人さえいます。しかしそれは善悪を理解させることに終始し、どのくらいの善悪なのかということを理解させる方法がありません。私自身は怒鳴られて、あるいは叩かれて初めて他人の痛みの深さを理解できるようになったものと思っています。

    トピ内ID:7619009607

    ...本文を表示

    お子さんはいらっしゃいますか?

    しおりをつける
    さくらこ
    年代はおいくつでしょうか?

    私は周囲で親から体罰をうけた子が本当にすくなく

    びっくりしたほどです。ちなみに自分が虐待されていたのかと気づいたのは

    虐待とは何かを座学でじっくり学び、実際に障害をもった虐待児をうけもってからでした。

    ずいぶんと大人になってからです。私が小さいころは虐待の定義という言葉すらないようなもので

    法すら規制されていませんでした。昔はあきらかに親から虐待をうけひん死におちいっても罪になりませんでした。

    おそらく体罰をうけてよかったと思う人は身体的暴力を行うケースが多いです。

    すみませんが、主さまは私たちからすれば一応、要注意人物です。

    人にはどんなことがあろうとけして暴力はふるわないでください。

    トピ内ID:1369174106

    ...本文を表示

    好きにおしよ

    しおりをつける
    blank
    あそうかい
    結果がどうなるかはまだわかんないけどさ。
    どっちに転んでも子どもを悪く言いいなさんな。
    ただ、自分が親だけに育てられたとは思わないほうがいいな。親も確かに含まれるかもしれないけど、それだけじゃなくて自分が今までその自己の全てを通じて生きて経験してきた全てのことが今のあなたを作ってるんで、体罰教育だけが理由じゃないよ。
    あなたがどれだけの人物かは判らないけどさ、その「手段は様々」をもっと大きく当てはめて、体罰の何が問題かも「様々」のひとつとして俯瞰できるようになるといいね。

    トピ内ID:9925344061

    ...本文を表示

    なぜ体罰が問題かって?

    しおりをつける
    😡
    教えてあげるね
    「体罰」と「暴力・虐待」の線引きが難しいからです。
    子供を虐待しているのに「これが私の教育方針だ」「決して暴力を振るった訳ではない。」と言い逃れする大人も居ますからね。

    怒鳴って殴ったからといって、問題は解決しません。

    トピ内ID:8960636266

    ...本文を表示

    それは良かったですね

    しおりをつける
    blank
    よし・ひろママ
    私は母親にさんざん怒鳴られ叩かれて育ちました。
    表向きは礼儀正しき勉強もできる優等生ですが、母親のことは産んで育ててもらった事への感謝以上に恨みがあります。
    感謝の手紙なんて考えたことがありません。最低限の親孝行をするだけです。
    しょっちゅう母に今までのことを謝らせる夢を見ます。
    でも虐待とは思っていませんよ。行き過ぎた躾。
    子供のパーソナリティにも依るんでしょうね。私は励まされ愛情を示されて育ちたかったです。

    トピ内ID:7904775021

    ...本文を表示

    体罰かどうかは相手が決める

    しおりをつける
    blank
    amro
    その暴力が体罰か虐待かは、後から決まると思います。叩いた方が体罰のつもりでも、叩かれた方に気持ちが伝わっていなければ虐待でしかありません。後から、しかも叩かれた相手が、それが体罰だった、結果的にはよかったと思えなくては虐待に終わってしまう。暴力をバネにして良い子に育つ強さや根性がある子もいるでしょうが、そういうケースを体罰、そうでなければ虐待と言い換えているだけです。

    ちなみに私は親に叩かれたことなどありませんし、まともに育ったつもりです。思春期に激しく親子喧嘩しましたが、もし叩かれたら、一生親を軽蔑するつもりでした。もしトピ主さんが私の先生か何かで私を叩いていたら「言葉で説明もできない奴」と軽蔑されて終わったはずです。つまり、体罰は誰にでも通用するわけではないのです。

    トピ内ID:4174175198

    ...本文を表示

    私も思ってたー…その1

    しおりをつける
    😢
    ぴのきお
    2児持ち兼業主婦です。
    心ある叱りや罰と感情任せの体罰とは全く性質が異なるし、やってはいけないことに対する痛みの伴いってやはり必要じゃないかな?と常々思ってました。
    何故なら私も母親や先生に本気で叱られて叩かれたことを恨んだりしていないし、今となっては本気で怒ってくれたことを感謝しているから。
    ヒステリックな先生とかもいましたけど、そういう理不尽な人って結局社会に出ても遭遇しますよね?

    よく子育て論で、叩いてはいけない、叱ってはいけない。じっくり子供の話を聞いてあげて理解してあげる…等を目にしますが、それについては特に否定的な気持ちは無いし、むしろそういう親でありたいと思っています。
    だけど、そうやって優しく育てられた子達が将来遭遇する社会という受け皿が、そこまで成熟してないと思うんです。残念ながら。
    上司、同僚、取引先が皆キリストのような聖人であれば時には厳しく時には優しく迷える子羊達を正しい方向へ導いてくれるのでしょうが、世の中には明らかに性格悪い人、何でも比較する人、感情的な人…挙げたらキリが無い程、理不尽な人が沢山います。

    続きます

    トピ内ID:2796116223

    ...本文を表示

    私も思ってたー…その2

    しおりをつける
    😢
    ぴのきお
    そういった理不尽な人と何か事を成し得ないといけない状況の時に、その子達はたくましく渡り合えるのか?と思うのです。

    …と言うのも、ここ10年くらい新入社員の子達があまりにも打たれ弱いことに私が悩んでいるからです。
    私は中間に位置する立場なので、子供達(新入社員)から上司への対処を良く相談されるのですが、正直なところ「へ?たかがそんな事言われたくらいで落ち込んでるの?」という事が非常に多いのです。私の息子がこんなこと言ってきたら、確実に叱り飛ばしてハッパかけるな、ってシーンでも「そうだね、気持ちはわかるよ。でもね、仕事ってね…」と励ましてやる気を出させることに心血注いでいる毎日。何か違う…と日々葛藤。

    私の理想とする子育ては自分自身で物事を解決する粘り強さと、何事にも動じない神経の太さを持った子にすること。その上での人との協調力。
    とにかくメンタルの強い子(と言っても図々しいだけではダメですが)になって欲しいのです。
    そう思っている社会人は私だけでは無いと思います。
    みんなで強くなりたいですね。

    トピ内ID:2796116223

    ...本文を表示

    私のその世代です

    しおりをつける
    blank
    momomo
    私の両親も私が小学生の頃までは、
    聞き分けが悪かったり、生意気だったり、
    口答えしたりしたときには 叩かれました。
    強弱はあれど、酷いときは ミミズ腫れになることもありました。

    小学校では女性教師ですら竹刀で児童のお尻を叩いて
    説教したこともありました。
    親も知っていましたが、公的に何も問題になっていませんでした。
    煙草を吸いながら授業する男性教師が担任だったこともありました。
    その煙草の火が児童の顔をかする、という事故もありましたが
    全く問題になりませんでした。

    結論は 私も貴方同様、普通に社会で働いて生活をしています。


    そして 私の考えです。
    貴方のように 虐待と体罰の違いを知っていて、
    それを頭で区別、体現できるのなら問題は無いのでしょう。
    でも 貴方が言われるように ’心の闇’を知らずに持っている人達が
    この現代では 昔より多いのだと思います。
    だから 体罰と称した虐待も起こってしまうのだと思います。

    昔はよかった、、これを言ってはお終いですが、
    やはり 昔と一緒に考えてはいけない世の中になっているのですよ。

    トピ内ID:5884406156

    ...本文を表示

    時代です。

    しおりをつける
    😨
    yaya
    価値観は変化しているのです。

    外でみんなが見ているところで声を荒らげ、子供を叩く親が少なくなったのは、現代のマナーですから。
    みんないい気持ちしないでしょう。

    だけど階段わきで子供の目線までしゃがんで手を取り、真剣な顔で子供と話をしている親は結構見ませんか?

    厳しいっていうのは叩くことや怒鳴ることだけじゃない。
    きちんと大人になるために手をかけることだと思います。
    またそういう大人にするため自分を律し手本になることでもある。

    体罰はいいものでも悪いものでもないです。
    人は同じ現象でもとてもショックに思う人やなんとでも思わない人もいて
    叩くのが効果的な教育な人もいれば、優しく諭すのが効果的な人もいる。
    あなたの周りに体罰が効果的だった人が多いけど、その陰で苦しみ亡くなった方もいる。

    人を育てるにあたってマニュアルはない。
    正しいかどうかはわからないんです。

    トピ内ID:9302967550

    ...本文を表示

    叩かれて育った子と叩かれずに育った子の学力の差

    しおりをつける
    blank
    千絵
    タイトルのような統計結果を何かで見たことがあります。

    検索なさってみては?

    人は頭を叩かれると脳細胞が一部死ぬそうです。
    叩かれ続けると発達が遅れるのはこのことからも分かりますよ。

    暴力を肯定する考えを投稿するのは自由ですが、本当にそれが正しいのかを「考える力」が失われているからではありませんか?

    トピ内ID:2426417991

    ...本文を表示

    何が正しいかはわかりませんが

    しおりをつける
    🐤
    ayh5
    私は、親によく叩かれましたが、今考えても叩かれるほどのことだったとは思っていません。

    逆に、私が本当に悪いことをしたとき、親は落ち込み、自分の感情の処理に手一杯で、怒鳴ったり叩いたりせず、よろよろとした声で、「なぜ、そんなとをしたのか?」聞いてきたように記憶しています。
    なので、私の親の場合は、私のためではなく、自分の都合で叩いていたのだと思います。

    「叩く」って、感情的に昂ぶっていないと出来ない行為です。
    冷静な状態で、人や動物を叩けますか?
    命の危険を感じたときくらいかと思います。

    しかし、感情的に昂ぶっている状態で、ベストな対応が出来るとは、自分の人生体験上、思っていません。
    そんなときに、子供のためを思っての躾など私には出来ません。

    主さんは五十代くらいの方でしょうか?
    親御さんの介護はご経験済みですか?

    お漏らしされたら、お尻を叩きますか?
    わざとじゃないから叩きませんか?
    でも子共の頃、わざと悪いことしていましたか?

    主さんの精神はとても強靭だったのかもしれませんが、私はとても怖かったです。
    どちらが正しいかはわからない。
    でも主さんの意見は嫌いです。

    トピ内ID:9318655163

    ...本文を表示

    全くもってごもっともな話です

    しおりをつける
    blank
    御尤も
    体罰は悪いと思いません。
    でも、体罰と虐待の境目があやふやだから問題視されてるんでしょう。
    大抵子供を虐待死させた親は、「体罰のつもりだった」といっていますよね。
    最初は悪いことをして体罰をしたのでしょう。
    子供も悪いことをしたからだと、自分を責めます。
    繰り返し体罰が続くと、子供は自分を出来損ないと思います。
    だって親が自尊心を傷つけ、何度言っても分からないダメなやつだと責めるから。

    トピ主さんが普通に育ったのなら、それは大人が感情に任せて怒るのではなく、きちんと叱ってくれたからでしょう。
    違いがわからない人は、体罰もするべきではないと思いますよ。

    トピ内ID:1815581223

    ...本文を表示

    禿同

    しおりをつける
    blank
    アトム38号
    全くもって、我が意を得たりってところです。
    わたしも随分前から全く同じ事を考えていました。

    まぁ私の場合は、主様と違い「君のあの時の対応は良かった。」こんなに褒められたことはありませんけどね。

    体罰と虐待の違いは、筋が通った意見があるか、単に逆上して手が出たか、でしょう。

    親父は昭和一桁で生まれで、気性が荒く頑固者でしたが子煩悩でした。
    痛かった想い出もたくさんありますがそれよりも良い想い出が多いです。
    痛かったのは自分が悪いだけですから(笑)
    小中時代にも先生に体罰を受けたことがあります。
    中には理不尽なこともありましたが、殆どは私が反省すべき点があったものばかりでした。

    私は、息子達にも手を上げたことはあります。逆上はしてません。
    さすが成人しましたので殴られるようなことはもう何年もしていませんが。

    私が思うに戦後の教育が、戦前の良かった部分も含めて全て否定したことが悪かったのではないかと考えます。

    ちなみに私は、1963生まれです。

    トピ内ID:2070972666

    ...本文を表示

    体罰も暴力なのでは?

    しおりをつける
    blank
    うーん
    私は小学生の頃、体罰有りの塾に通ってました。姉もそこで学び親と先生の間には信頼関係が結ばれており姉も先生を慕ってました。確かに私も姉も打たれ強いです。
    しかし、私と同学年の男子生徒がその体罰が原因で自殺未遂しました。先生を擁護するわけじゃありませんが、特にメンタルが弱いようにも感じない生徒でむしろ仲間も多く積極的で成績も良い子でした。でも内面的に弱い部分があったのでしょう。こういう見抜くのが難しい子供に適切な体罰って本当にできるものでしょうか?私のように強くなる子もいるけれど、その一方メンタルの弱い子がごく一部犠牲になるかもしれないけれどそれは目をつぶるべき?

    私はそうは思わないんですよね。また体罰を与える側の精神にもダメージがあると思うのです。
    暴力はエスカレートします。実際、同じ先生でも姉の時の体罰と私の時の体罰では体罰の質が変わってきてました。力で押さえつける、支配する、成果を出すことを続けていると余程の自制心がある人でなければエスカレートするのではないでしょうか。先生も親も所詮人間です。
    ある一定の成果は認めますが、私は子供には暴力でもって強くなって欲しいとは思いません。

    トピ内ID:3682208454

    ...本文を表示

    視野が狭すぎる

    しおりをつける
    blank
    ぴよ
    ものすごく視野が狭すぎる印象です。

    どうして体罰がいけないのか、心理学の本ぐらいは読んだ事はありませんか?

    私も今の時代、体罰がすべていけない!とはいえませんが、あなたのように人間の表面だけをみて、浅い知識でそのような事を大声で話してしまうほうが問題だと思います。

    一見育ちがよくて厳しく育てられたんだな、という人でも、心の奥底に深い闇を抱えている人も多い。

    >体罰と虐待は違います。
    ごめんなさいね、このようにこれらをはっきりと「違う」と言ってしまうあなたが怖いです。
    おそらく知識が浅はかすぎるからなんでしょうが。

    トピ内ID:4456967426

    ...本文を表示

    そうだね。でも・・・

    しおりをつける
    blank
    さくら
    トピ主さんは良いご両親に恵まれて良かったですね。

    ただ、トピ分を読むともともと貴方は根が強い子なんじゃないかと思います。
    厳しくしかられた、体罰を受けた・・そして自分はそれだけの子供だった。
    それは、裏を返せばご両親が貴方がのびのびと自分らしくいられることを許してくれたとも言えます。
    子供というのは敏感なもので、自分を出しても受け入れてもらえないと感じると
    親の前でも萎縮し、わがままが言えないものですよ。

    故に、貴方は体罰を受けても揺るがない精神をもともと持ち合わせていたのであって
    体罰により、それが培われた。とは言い切れないではないでしょうか?

    人は本当にそれぞれです。
    強い子もいれば弱い子もいる。強い人にはなんでもないようなことも、弱い子にはひどく傷つ付くこともある。
    愛をもっていれば体罰も仕方が無い。と言うのも今は難しい話です。
    だって、何が愛で何が違うのか明確には誰にも分からないのですから。

    貴方が、体罰によって修正されたのなら、貴方は単に運が良い人と言うだけの話です。
    万人には当てはまりません。

    トピ内ID:8952951173

    ...本文を表示

    んー

    しおりをつける
    blank
    もも
    ご自身の経験から体罰と虐待の違いを訴えたいトピ主さんの気持ちはわかります。
    トピ主さんの場合は、もともと(子供らしい)悪い子だったわけですよね。
    口で言ってもいうことを聞かない子だったということでしょうか。
    それが体罰によって正される、そういうケースはあると思いますし、
    きっとトピ主さんのご両親はすてきなご両親なのでしょう。

    でも、それでもね、体罰は良くないと言い切るべきです。
    教育に厳しさは必要だと思いますが、それが体罰である必要はありません。
    トピ主さんも厳しさと体罰を混同しているのでは?
     
    そもそも普通の人は、
    体罰を受けなければいけないほど悪いことはそうそうしないですし
    親にたくさん叩かれたことある人が良い子って
    なんだかヤンキーが更正すると褒められる、みたいな感じで
    普通に優等生だった者からすると、ちょっと納得いきません(笑)。

    ところで
    叩く親や声を荒げている親は、街でもしばしば見かけますよ。
    第三者にはただのヒステリーにしか見えませんけど。

    トピ内ID:6830692357

    ...本文を表示

    いえ

    しおりをつける
    blank
    ふわり
    普通にいますよ、声を荒げる親


    まさか人様の前ではしないでしょう


    私だってガッツリ叱ってますが?


    今は居ませんよね

    って


    私の親は素晴らしい
    その親にしつけられた私は素晴らしい

    って自己陶酔にしか見えません


    どこの親も一生懸命育てています


    時には叩くことだってあるでしょう


    そして躾と称して体罰という名の虐待をしている親だっているのです


    十把一絡げに語るのはおかしいですよ


    トピ主さまの自己中な世間知らずが露呈されていますね

    トピ内ID:2417480149

    ...本文を表示

    付け足し

    しおりをつける
    blank
    ふわり
    〉体罰と虐待は違います


    そんなの誰でも知ってますがな


    皆さんが知らないとでもお思いでしょうか?

    トピ内ID:2417480149

    ...本文を表示

    ここがポイント

    しおりをつける
    🐱
    ニャン=ニャカニャン
    体罰とか虐待の議論は置いておいて。
    私はここがポイントだと思います。

    >親や親戚にはあなたは親孝行すぎるくらい、有難うと泣かれた事もあります。

    結果的に、主様は、親族に認められました。
    よって、自己肯定感が満ちたのでしょう。

    多くの体罰虐待親は、そんなことしません。
    いつまでも&常に「あなた(子ども)が悪い。私(親)は、悪くない。」です。
    そのくせ、「感謝しろ感謝しろ」の圧力をかけてきます。

    あなたの成育に曲がった感じがないのは、おそらく、その差でしょう。

    >私はかなり厳しく育ったので社会で多少の問題に動じないようで、

    私も似たような感じです。
    横暴な担任の進路指導の際の責めに、泣かなかった唯一の女子です。
    いいんだか、悪いんだか。(苦笑)

    トピ内ID:6951448189

    ...本文を表示

    なるほど

    しおりをつける
    blank
    me
    頻繁に怒鳴られたり叩かれたりがある場合、
    その子供が社会に出て問題のない大人になると言ってしまうのはさすがに横暴な気がしてきました。
    0か10かではなく、0か1かぐらいで考えていただけるとちょうど良いです。

    私は30代です。
    ちなみに体罰をする親を毒親という子供達がいるのは当然だと思います。その場合は虐待が発生しているからです。
    体罰なのか虐待なのか、自分がどう思うかではなくお子さんや第三者がどう感じるかなのではないかと思います。
    私は体罰があっても大丈夫でした。
    あと、授業中に机に足を放り出してガムを噛んでるような生徒達にとっても体罰は有効のようでした。
    私は母に対しても先生に対しても信頼感がありました。
    それが大きかったように思います。

    トピ内ID:2685919546

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    様々ですよ。

    しおりをつける
    blank
    kokoron゜
    体罰が躾なのかそうでないのか。
    体罰が記憶として残って、それが教訓になる人と、
    体罰が恐怖そのものとして記憶に残り、現在も苦しんでいる人、
    体罰を受けた側によって様々だと思います。
    だから、meさんのご意見は否定はしませんが肯定出来ません。

    体罰をした人が「これは躾の一環だ」と言っても、
    その体罰を受けた人が「虐待だ」と思えば、それは虐待です。
    「私はいじめてなんかいない」と言っても、受け手側が、
    「私はいじめられていました」と言えば、それはいじめです。

    全ては受ける側の持つ心象ひとつだと思います。

    トピ内ID:1542255309

    ...本文を表示

    安易にリスキーな体罰を推奨しなくてもいいでしょうよ

    しおりをつける
    blank
    いちご
    言いたいことはわかります。体罰はアリだと思います。

    ですが。
    >体罰の何が問題かわかりません。
    このセリフは短絡かなと思います。少々勉強不足のようです。

    それが体罰と虐待のどちらかなんて、誰にわかるのでしょう?

    キレて虐待した後に、口のうまい親がもっともらしいセリフを言えば、体罰であるかのように偽装できる。
    たいていの虐待は「あれは躾の体罰だった」と言うのです。本当にそう思い込んでる親も多いでしょう。

    失礼ながら、トピ主さんは少なからず恐怖や罪悪感を抱えているのではありませんか?
    親に心を支配されてしまったように思います。

    虐待を体罰と称することに成功してしまった事例のようの思います。

    善悪の基準など身に着けるべきことは、何も体罰でなくても身に付くのですから。(本当です)
    たくさんある「躾の中の一部として」体罰がある。というお話ならわかりますが、体罰こそ「最上の躾」である、かのようなトピは少々残念です。

    苦労を乗り越えたあなたなら、他の躾を許容する器量も備わってしかるべき。そう思いましたもので・・・。

    トピ内ID:6141012055

    ...本文を表示

    人に暴力を振るうのが問題です。

    しおりをつける
    blank
    桜草
    暴力を肯定する人間を育ててしまう事も問題です。
    体罰は暴力以外の何物でもありません。

    叩いて怒鳴って、痛みや恐怖で人を支配しようとする心根がいけません。
    それは、厳しく育てるのと同意ではありません。

    トピ主さんは、躊躇なく、幼い子どもにでも暴力を振るえるのですよね?
    トピ主さんからみて、「悪い事」だと判断した時、頭に来た時でしょう?
    万人から見て、暴力を振るわれる程の悪事ってありません。

    でも、トピ主さんのような方の子どもに生まれたら、たった一人トピ主さんが悪いと思っただけで暴力を受けるのでしょう?
    幼い子どもにはさぞや恐ろしいでしょう。
    私でも恐ろしいです。
    そんな人が、他人に暴力を振るってはいけませんとは、躾けられませんよね?

    トピ主さんの子どもが誰かを叩いたら、また叩くのでしょうか?
    自分が人を叩いてもいいのだと教えてしまったとは理解できずに叩くのでしょうね。

    暴力の連鎖というものです。

    トピ内ID:5410609621

    ...本文を表示

    手段としての暴力の使い方、そして信頼関係

    しおりをつける
    blank
    悪男
    私個人的には体罰肯定派ですが、最近の体罰や虐待問題を見ると、そうもいかなくなっていると感じています。
    まず、暴力の使い方、すなわち暴力を使うべきタイミングと力加減が間違っていると思います。前者については、人の生死にかかわることや刑法に関わることは、まだ理解できない年齢であっても体で覚えさせなければいけないことは必ずあり、その時の瞬時の判断としての体罰はやむを得ないと思います。後者については、相手が子供だからこそ、痛いと感じる程度の体罰にしなければいけません。
    また、体罰は信頼関係が構築されている相手にしか振るってはいけません。でないと、体罰を与えられた側はその理由がわからず、与えた側への遺恨しか残りません。
    最近の体罰や虐待の問題は上記の前提を踏まえていないことが原因だと思います。トピ主様が受けた体罰はきちんとこれらの前提を踏まえたものです。感情任せで手加減をしない体罰は単なる暴力です。
    私自身は親からは暴力を振るわれましたが、部活動のコーチからはそれ以上に体罰を食らいました。私を何十回もボコボコにしたものの最後の試合で誰よりも悔し泣きしたコーチには、感謝の言葉しかありません。

    トピ内ID:5001413499

    ...本文を表示

    我慢していない

    しおりをつける
    blank
    チロちゃん
    違っていたら申し訳ないと思いますが
    主様の文章からは我慢した様子が見られません。
    伸び伸びと元気に感情を態度に表して罰を受けた印象を受けました。
    そういう人は恨み心も持たないでしょう。
    お互いに理不尽だもの。

    私は世間で言う体罰は賛否どちらでも無いですが
    体罰は意味が無いと思っています。

    トピ内ID:5284640284

    ...本文を表示

    トピ主さんの育児

    しおりをつける
    blank
    そら
    トピ主さんはお子さんを、「体罰当たり前、怒鳴って叱る」のですよね?
    だって、体罰はスバラシイ育児方針だから。

    体罰をし、怒鳴って叱って、お子さんは当然順調にお育ちでしょう。親にも感謝していますよね。

    それとも、「自分は叩かない」でしょうか?
    だとしたら何故ですか?
    叱ることのないいい子だとか?
    でも、体罰して怒鳴って叱らないと、「育ちの良い、良い子」にはならないんですよね?

    体罰するかしないか、お子さんはどうお育ちか、お答えください。

    それから、学校で教師に体罰を受けても、怒らないんですよね?
    むしろ、感謝するのでしょう。子供が泣いても傷ついても、あなたのために体罰するのよ、感謝しなさい、と言うのですか?

    トピ文を読んだ感想です。
    トピ主さんは自分は「打たれ強くて優れた人間」だと思ってますね。
    でも、私には「傲慢で自分が常に正しいと信じてる人」に思えます。

    厳しく育てることと、体罰=暴力 は違います。

    トピ内ID:9308438388

    ...本文を表示

    なんだかさ…大丈夫?

    しおりをつける
    blank
    投稿者
    仮にあなたに問題がないとしましょう。だから何?

    問題が現れている人を否定するつもりですか?
    「みなさん、私のようになりましょう!」とでも?

    叩かれて、どういう影響が出るかを実験でもするつもりですか?

    結局、叩いてもいいんだね、という恐ろしく非常識なトピなんですか?

    そういう単純にしかモノが考えられないのは、あなたの欠点ですね。
    何に由来するのかは分かりませんが。

    トピ内ID:5073516985

    ...本文を表示

    科学的証明と統計をとってから言えば?

    しおりをつける
    blank
    あゆみ
    脳にどのように影響があるか
    ・虐待の場合
    ・体罰の場合
    ・虐待と体罰無し。

    でしっかり調べて統計をとってから断言して下さいね。

    脳に影響があったりその後の成長に違いがあったという統計が出たから
    「駄目」といわれているんですよ。

    もっと学びましょう。

    トピ内ID:2780149483

    ...本文を表示

    これが結果

    しおりをつける
    🙂
    かな
    私も叩かれて育ちましたが、何というか、叱られたり、叩かれて育った人って、自分を評価する事に躍起になる傾向があると思います。ここでもトピ主さんはご自分の良い点ばかり他人に褒められた例まで上げて説明してますが、多分、正常な人はあまりこういう事はしないです。

    トピ内ID:5408007262

    ...本文を表示

    あなたには適っていたのです

    しおりをつける
    blank
    ちびたろう
    あくまでも、「御自分の周囲」にすぎず、いささか視野が狭いように思います。「今は叩く親ってあまり見ないですよね。声を荒げる親も」とありますが、あなたが見ているものが全体像ではない。公衆の面前では声高に叱らないのでは?そう考えた事はないですか?「ですよね」と同意を求めるにしては、観察がお粗末過ぎると感じます。

    また、自己肯定観が強すぎるのも気になります。「親が厳しかったから」根性がついた、という表現にはひっかかります。多分、上司の褒め言葉を、錦の御旗のように思ってらっしゃるでしょうが、それは、あくまで、貴女と親との相性と教育方針の賜物であって、全てに通じる物ではない。

    人間の多様性というものを嘗めたらだめですよ。あなたにはぴったりだった「体罰」は他人にとっては虐待に近いかもしれない。あなた自身のお子さんだって別の人格です。

    トピ内ID:1196089712

    ...本文を表示

    それと

    しおりをつける
    🐤
    ayh5
    問題なく育った、とのことですが、その判断材料は、トピにあげられている限りでは周りの大人の褒め言葉、ですよね。

    多くの大人は、自分に都合良く動いてくれる人を褒めます。
    その褒めている本人も無自覚のうちに、です。

    悪さをしたり、だらだらしたり、生意気だったり、人の話を聞かず全然違うことをやっていたり、

    素晴らしいお子さんじゃないですか。
    上記の子供時代が悪いと、誰があなたに思い込ませましたか?

    悪さをしたり生意気、というのは、頭脳明晰な証拠です。
    だらだらするのは子供は当たり前だし、個性のひとつだし、興味の無いことにだらだらするのは大人もそうです。

    人の話を聞かず全然違うことをやっているのは、自分の世界に集中しすぎているか、頭の回転が速すぎて飽きるか、怒鳴られすぎて普通の音量の声が耳に入ってこないか、です。

    トピ主さんが、上記の子供時代を問題と思っているなら、そこが問題と私は思います。

    私は、トピ主さんは芸術家の素質をもったお子さんだったのに、軍隊のように育てられて良い大学へ行き、勤め人になられた気がしました。

    そのことが、とても残念に私は感じます。

    トピ内ID:9318655163

    ...本文を表示

    「なるほど」ポチ

    しおりをつける
    blank
    とっぴー
    親が子を虐待して死なせたニュース、見たことありませんか?
    その多くで、加害者である親は「躾のつもりでやった」と主張しています。
    それは責任逃れの言い訳である場合もあるでしょうが、本気でそう考えている場合も少なからずあります。
    多分トピ主が自分の子供を死なせても、同じように主張することでしょう。

    百万歩譲ってトピ主の言うように体罰と虐待とは違うとしても、やっている本人には(虐待と自覚して行う事例を除き)その区別はつきません。
    子供にとって、あるいは第三者から見たら虐待であっても、加害者本人の主観では虐待の自覚はありません。
    つまり、仮に虐待ではない体罰があるとしても、当人に区別がつかない以上、虐待を避けるには一切手をあげないという選択しかないのです。

    そして、大人が「あなたのため」と言いながら子供を虐待する環境で育った子は、往々にしてそれを虐待と認識できず、「殴られるのは自分が悪かったからだ」と刷り込まれます。
    そこに疑問を抱く機会なく育った子は、大人になったら「躾」の名目で子を殴ることを正当化します。まさにトピ主のように。

    そういう意味での「なるほど」ポチです。

    トピ内ID:1560322979

    ...本文を表示

    「体罰」を加えないと自分の意思を伝えられない人間

    しおりをつける
    blank
    否定派
    体罰を加えなくても立派に子育て、教育をしている親、教師は大勢います。

    トピ主が受けた体罰は「その時どうしても必要」でしたか?

    親や教師が体罰を加えるのは、自分の思い通りにならないことへの「苛立ち」だと思います。
    加える方の我儘です。

    トピ主は、自分のお子さんに「体罰」を加えたことがありますか?
    それは「その時どうしても必要」でしたか?

    「その時どうしても必要」じゃない体罰は「虐待」です。

    トピ内ID:7996571916

    ...本文を表示

    意義あり!!

    しおりをつける
    blank
    まめ
    あなたはたまたまそうだったんですよ。
    今現在立派になられたのは、あなたの持って生まれた資質でしょう。

    そんな経験をしながらも、親や教師に感謝する心を持つあなたを否定しませんが、共感を求めたり人に押し付けるのは危険だと思います。

    あなたの持論が本当なら、精神科に通う幼少期のトラウマに苦しむ人達ってなんなんでしょうね?

    トピ内ID:5109784652

    ...本文を表示

    小1の時、担任の体罰で

    しおりをつける
    blank
    maimai
    不登校になりました。
    親からは怒鳴ったり叩いたりもありで育てられてまして、耐性がなかったわけではないと思います。
    担任が優しい先生に変わってからは溌溂と登校できまして、
    中学から進学校に、学歴や職的にはかなり成功した部類に入ると思います。

    体罰あるなしにかかわらず、叱る回数>>褒める回数
    で子供を育てると自己肯定感が低い、つまり、しょげかえった子供ができてしまいます。
    私が不登校になったのは毎日毎日ビンタにげんこつで(しかもクラスでぶっちぎりに多い)褒められることがなかったからかな、とも思いますが。
    両親には褒めて伸ばしてもらったので私自身はしょげかえった子供にはなりませんでしたが。

    ただ、体罰を受けて育った私は育児していてやっぱり手が出てました。
    そして子供は保育園で他の子を殴るんです。悪いことをした子は叩いてもいいと学習するらしく。
    手が出てる自分を良く分析して、カッとなったから叩いている、それをコントロール出来ないのは恥じるべきです。
    体罰、やるなら冷静にやるべきです。
    頭叩くのは脳細胞が死ぬからダメです。
    冷静にやるなら、他の罰にも変えられるはずです。

    トピ内ID:8351539334

    ...本文を表示

    あのですね

    しおりをつける
    😑
    ふない
    「貴方が体罰を受けてもまともに育った→貴方への体罰は間違いではなかった」が成り立ったからと言って、「体罰をする→まともに育つ」が成り立つと本気で思ってらっしゃいますか?
    それはもちろん、体罰しても問題なく育つ子供もいるでしょう。一方で、大人しくて弱気な子供に体罰して萎縮しないと思います?
    統計的に「体罰は教育効果が少なくむしろデメリットが多い」とデータが出たからそういう流れになってるんです。つまりは全体に対しては体罰がない方がうまくいく場合が多いということ。
    森を見て木を見たつもりになるのもダメですが、木を見て森を見たつもりになるのもダメ。
    理想は、個々人に合わせて適切な教育をすることに決まっているでしょう。

    貴方の場合は、言っても聞かない困ったちゃんだったから無理やり矯正されただけのお話。
    虐待じゃなく体罰だったと言えるのは、今うまくいってるからというただの結果論。
    虐待も体罰もその瞬間はただの暴力ですよ。のちにうまく転べば教育と呼ばれ、悪く転べば虐待と言われる。
    そして、上手くいかなかった場合のデメリットがあまりに大きいから体罰を止めましょうというのが世間の今の論調。

    トピ内ID:1254013834

    ...本文を表示

    少しわかる

    しおりをつける
    blank
    まる
    叔母が強烈なクレーマーで、家族もややモラハラで育ちました。
    今、仕事していて、ちょっとやそっとの変人では驚きませんし、動じないです。
    助かっています。が、メンタルは弱いです。
    子供の頃の体験は、傷になりやすいです。
    我慢強いので仕事はできますが、根本的に弱いと思います。

    トピ内ID:5481879069

    ...本文を表示

    暴力反対です

    しおりをつける
    blank
    曲がり
    暴力を体罰って正当化してるとしか思えないです。

    だいたい手を挙げるのは感情を抑えきれない時や、きちんと言葉で説明や指導できない時、あるいは有無を言わさず
    言った通りにしろと言う時の、独裁や横暴、指導者側が未熟な状況で出てくることなんです。

    力でねじ伏せる教育は恐怖心をあおるだけです。

    学校教育現場では学校教育法できちんと禁止と明記されていて、年に数回全職員の前で管理職が徹底しますよ。
    廊下に立たせることも体罰ですし、給食を強要するのも問題だと。

    体罰を認めるなら、新生児も泣き止まなかったら殴りますか?

    じゃあ、何歳からだと殴っていいのですか?

    こう考えると怖いとしかいいようがないです。

    年老いて親が言う事を聞かなければやはり殴りますか?

    ご自身が体罰肯定なら、これからもどんどん自分が悪いと思ったら相手に頼んで殴ってもらってください。

    トピ内ID:1058999511

    ...本文を表示

    問題ある大人になってるじゃないですか

    しおりをつける
    blank
    ゆいな
    虐待する親の思考もトピ主さんと同じ考えなんですよ。
    トピ主さんも
    体罰が暴力じゃないという間違った考えの
    問題のある大人になっているじゃないですか!

    体罰は虐待と同じですよ。

    体罰で叱られた子供は暴力で問題を解決しようとする人間に育ちますよ。
    トピ主さんが立証していますね。
    体罰で躾を肯定しているんですから。

    トピ内ID:9418149754

    ...本文を表示

    打たれ強くなるために、体罰をするの?

    しおりをつける
    blank
    nao
    >悪さをしたり、だらだらしたり、生意気だったり、人の話を聞かずぜんぜん違う事をやっていたりなどしている子供でした

    そもそも、私は、「悪さはしないし、だらだらしないし、生意気な言動はしないし、人の話をちゃんと聞く子」だったので、叩かれた経験なんてないですよ。
    もちろん、子供だから完璧じゃなかったろうけど、手をあげられるほどひどいってことはなかったはず。

    で、トピ主は、ご自分が「周囲が手をあげる必要性を感じるほどの問題児」だったから体罰を容認しているようですが、「基本、いい子」の場合はどうするんですか?
    根性を鍛えるために、必要がなくても、あえて体罰をするんですか?

    ケースバイケースで「体罰が必要になることもあるかもしれない」との価値観を持っている私でさえ、「打たれ強くなることを目的の体罰」など、全く必要性を感じませんね。
    打たれ弱いより強い方がいいですが、個性の範疇でしょう。

    打たれ弱い人にだって、長所はあるんですけどね。
    そういった違いを認めず、自分を過大評価すること自体が、「体罰の弊害」かもしれませんね。

    トピ内ID:9917142950

    ...本文を表示

    結果論です

    しおりをつける
    blank
    うさぎ座
    子を虐待して捕まった親も、自分のやったことを虐待ではなく体罰だったと言います。
    だから体罰はよくて虐待はいけないというのは、よい体罰は良いが悪い体罰は悪い
    というのと同じ、つまり何も言ってないのと同じです。

    体罰がよかったかどうかは成長した子供をみて、事後的に判断するしかないのです。

    だからあなたが体罰を受けてそれがよかったというのは結果論であって、一般化できる
    ものではありません。厳しく育てられてもあなたのように(あなたの言葉を信じるなら)
    親が泣くほど親孝行で、上司が感心するほど根性がある人ばかりではありません。

    文章から見てまだお若い方(30歳くらい?)と拝察しますが、これからの人生でいろいろな
    人に出会うでしょうから、考えを深めていってください。

    トピ内ID:4538919142

    ...本文を表示

    難しいなあ・・

    しおりをつける
    blank
    シナモンベーグル
    体罰って、要は叩いて言う事を聞かせるわけですよねえ。
    それがなぜダメなのか、どうしてそれをしなければならないのかを頭で理解する前に
    叩かれるって事ですよね?
    叩かれて体で覚えるって事・・?叩くのが手っ取り早いから?
    いくら考えても体罰のメリットがわからない・・。

    トピ主さんは、体罰受けてきたけど大人になってお褒めの言葉をもらったり、
    親に感謝されたりしてそれなりにいい人生。それは体罰があればこそと言いたいのですよね?
    でも、こどもの時、叩かれて怒鳴られてる時にそんな事思った?
    「こうやって叩かれるのは私のためなんだわ、ありがたいわ」って思った?
    すべてトピ主さんの言ってる事は結果論であって今思ってる事でしょう?
    別に体罰されなくてもトピ主さんはその人生を選んでいたかもしれないよ。

    トピ内ID:0883431805

    ...本文を表示

    親次第だし、子供にもよる。

    しおりをつける
    blank
    カフェオレ
    親が間違った常識や思い込みで、蹴る殴るってこともあるんですよ。
    うちの父はそうでした。
    ギリギリ体罰教育が学校にもあり、些細なミスに酷い暴力を教師が
    生徒が多く集まる場所でして、この学校は恐ろしいんだな、教師は意のままなんだ…
    そう心が震えましたね、同級生がさらしもののようにされて、本当に怖かった。

    世の中、まともな賢い人ばかりなら良いですけど、
    むしろ、これだけDVやモラハラ、パワハラが多くて問題化していて、
    隠れているだけでもっと多いのかなと思いますね。

    教育本を色々読み比べたり、専門家の話を聞いたわけでもなく、
    これが真っ当な教育だなんて、思い上がりもいいとこです。
    体の弱い子、閉じこもりがちな性格
    子供も自分と同じではないのに、自分が大丈夫だからというのはどうかな?
    体罰と同じで、考えが浅いと思う。

    トピ内ID:2649715719

    ...本文を表示

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    me
    私は、体罰を受けた人間の方が良い育ちだと主張したつもりはありませんでしたが、
    文脈からその様に受けとってしまわれてもおかしくないなと思いました。申し訳ありません。
    もちろん、虐待はしてはいけないと思っています。

    訂正を致しますと、
    体罰や、厳しく叱られたことは心を鍛えた
    と言いたかったのです。
    誰もが思った事はあるでしょうが、大人は時に非常に理不尽です。
    納得のいかない説教や体罰もあったとおもいます。
    それらは、私にとって何が正しいかを考えるチャンスにもなったなと考えています。

    良い子だなと思える子が厳しい育ちの子が多いのは、それは何故か分かりません。
    体罰を受けたり、親御さんで苦労した人も多いです。
    心を鍛えて、その上で色々と学んだのだと思います。
    逆に心を鍛えておかないと、社会に出てから、学ぶ前に折れてしまいかねないのかなと少し思いました。

    トピ内ID:2685919546

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    私はトピ主さん派

    しおりをつける
    blank
    ゆか
    トピ主さん、私も~。私も言うことを聞かなければひっぱたかれて育ちました。親は真剣勝負で私に向き合って育ててくれました。ひっぱたかれるのは好きじゃないけど、怒られるのはある意味好きです。
    私も(自称ですが)根性あります。外見も内面も、かなりおっとりマイペースなのですが、怒られることへの耐性はすごーくあります。
    怒られることは怖いのではなく、怒る位真剣な人が好きです。若い頃、会社で怒られても、この上司は
    1、パフォーマンスで怒っている
    2、自分のプライド、利益、気分のために怒っている
    3、本当に仕事を真剣に考え怒っている
    の区別から、2のタイプは軽蔑し、3のタイプに頑張ってついていきました。
    話がずれちゃったけど、自分の子供なのに一歩ひいて「教育方針が~」なんて言って余裕でいられる程、育児や子供は甘くないと思います。真剣に子供をしつけて、ひと様に迷惑かけない人間に育ててください。真剣に向き合って子供に我慢を教えてください。
    (私は子供いません)

    トピ内ID:8647895502

    ...本文を表示

    体罰は必要

    しおりをつける
    blank
    ロード
    体罰反対の人にお聞きしたいです。

    子供が、年下の子をボコボコにぶん殴っていたらどうしますか?
    「止めなさい!」と言っても止めなかったら?

    暴力行為を止めるまで叫び続けますか?
    それとも、力ずくで止めますか?


    『相手の肉体を、腕力をもって物理的に抑える』行為は、紛れもない「暴力」ですよ。

    嘘だと思うならば、通りすがりの人にやってごらんなさい。
    当たり前のように通報されます。逮捕されます。刑罰を受けます。
    犯罪者になります。


    しかし、『子供が他の子に暴力をふるうのを止める』ための暴力は「正当防衛」と判断されます。
    そして、それは「体罰」と呼称されます。

    それ以外も『体罰』と呼ぶからおかしなことになるのです。


    日本は現在戦争中ではありませんので、暴力に正当性が認められるのは「正当防衛」である場合だけです。

    トピ内ID:6925997176

    ...本文を表示

    2度目です

    しおりをつける
    🐴
    オッサン
    予想はしていましたがやはり反対レスも多いですね。世代の問題でもあると思いますが、多くは質の悪い体罰を受けたことが原因のようですね。その根底には”怒り”に対する恐怖があるのではないでしょうか。
    体罰自体は突然行なわれるものではありません。注意する→叱る→怒鳴る→体罰という順序がある訳で、聞き分けの悪い子供に対する親や教師の怒りが必ず伴っています。その中で子供は直接的な原因となっている物事だけでなく、他人の怒りに対する対応を学びます。あるいは親や教師は怒っていても教育ですから必ず抑えながらやっている訳で、その姿を見て怒りを抑えるということも学んでいるのです。
    体罰の禁止、あるいは叱らない教育はそうした怒りという感情を封印してしまっているように思います。しかし怒りは人間本来の自然な感情です。封印してしまってはまともな情操教育が出来ません。むしろ上手な付き合い方を学ぶべきではないでしょうか。他のレスにありましたが、今の若い人が打たれ弱く対人スキルが低いというのは全く同感です。そして時代が違うというレスもありましたが、感情の封印という暗黒時代に入ったのかと思うと非常に残念です。

    トピ内ID:7619009607

    ...本文を表示

    今の親子関係はほんとうに良好なのか

    しおりをつける
    blank
    ひろ
    >親や親戚にはあなたは親孝行すぎるくらい、有難うと泣かれた事もあります。
    私も母や親戚たちに手紙を書いたりして感謝は伝えています。

    おいくつのかたか存じませんが、「普通の親子関係」だと、こんなわざとらしいことはしないと思います。
    ふつうに行き来して、会話して、何となく気を使い合って、お互いがなんとなく居心地がいい。
    これが「普通の」親子関係だと思います。

    親が泣くほど親に尽くしたり、わざわざ感謝の手紙を書いたり、そのことを自分が「いい子である」ことの説明としてここに書いたりすることに、
    親子関係の歪みやあなたの心の闇を感じるのはワタクシだけではないと思います。

    子供時代の扱われ方を正当化して、御自分のプライドを維持なさろうとするのは、
    あまり建設的ではありません。

    トピ内ID:1201818669

    ...本文を表示

    時代もある

    しおりをつける
    blank
    すい
    私が学生の頃、体罰は普通でした。
    学生の意識もそうでした。でも今は?
    私の父の世代、もっとひどい体罰が当たり前でした。
    でも今は?

    みんなが体罰を受けていた頃と
    みんなが体罰を受けていない今では
    される本人の意識も違います。

    自分が大丈夫だったからと後の世代にもそれを求めるのは酷です。

    例えばテレビ、ゲーム。虫取り、遊び場所。
    こどもの意識、親の意識。

    自分の頃と比べて言ってしまうのは乱暴ですよ

    トピ内ID:5409838930

    ...本文を表示

    問題ありますよ

    しおりをつける
    🐱
    ぽろん
    自分では認識できてないようですが
    人に対して、それも子供に対して正当防衛でもないのに暴力を振るうことが問題だとわからない大人になってしまってるのだから十分問題だと思います。

    怪我が残るほどでなくても軽くでも暴力って人としての尊厳を傷つけると思います。
    例えば上司が部下に対して、効果的だからといって、暴力とは言えない適度の軽い体罰をすることが許せますか?
    主さんは自分に非があるから、相手に愛情があるから、効果的だからといって、ぱちんと手を叩かれて平気ですか?
    私はそんなことされたらものすごく傷つきます。
    それで二度とミスしないようになるかもしれませんが、だからと言ってそんなことされたくはありません。
    またミスを無くす唯一の方法とも思えません。

    もちろん、命の危険性があったために叩いてでも二度とさせてはならなかったために叩いた、とかレアなケースはあるとは思います。
    またカッとなって誤って叩いてしまったら絶対に取り返しがつかないことだと断罪するつもりもありません。
    でもほとんどの場合は体罰以外の方法があるはずで、決して体罰を正当化させてはならないと思います。

    トピ内ID:8034010216

    ...本文を表示

    今の子は

    しおりをつける
    blank
    miri
    学校でも社会でも、暴力はダメ、大人から殴られたり、虐待されたら警察に行きましょう等の教育がなされているし

    指導者等から暴力のあった学校がスポーツ大会出場停止等を見たりしますから

    基本的に殴られた場合、相手が体罰だどうだと思っていようがいまいが

    表面上の態度とは別に(この大人は信用できない悪い人だ、軽蔑する)の感想を持ちやすいです。

    スポーツの世界でも、暴力による指導はあらゆる分野で問題になっているじゃないですか。


    そんなに殴って育てることが素晴らしいなら、どうしてそれを推奨しないのでしょうか?

    それで、人間の精神力が強くなり、人として立派に成長できるのでしょ?

    そんないい教育法を使わないのはもったいないでしょ?


    私は子供を育てるにあたって、体罰は相当否定して育ててきました。

    でも、反抗的な子供ですが問題なく育っています。

    恐怖心なく思ったことをちゃんと、言葉にできる安心した空間で子供の心はのびのびできるんです。

    抑圧された主従上下権力関係は、負の連鎖で自分より弱い方向へ怒りの矛先が向かうだけです。

    トピ内ID:1058999511

    ...本文を表示

    私はとても恨んでいますよ

    しおりをつける
    blank
    のの
    トピ様の周りの環境がおかしいってこともありますよ。

    私の周りの育ちの良い人は誰も体罰など受けていません。

    私も良く人から上品だとか、きちんとしていると言われますが、ほとんど体罰は受けたことがありません。 でもその数回を激しく恨んでいます。 

    私は言葉で言われれば、理解できる子でした。わざわざ体罰を与える意味がわかりません。暴力で子供の言動を支配する行為としか思えないのです。 大変な侮辱を受けたと思っています。

    体罰が体質に合う人もいるでしょう。 叩かれないと分からない人もいるでしょう。 でも私はそうじゃないし、体罰一つが一生の侮辱です。 子供の人権を踏みにじる行為なのです。

    トピ内ID:4606924690

    ...本文を表示

    とことん最低限の重要点をぼやかすのは何故ですか?

    しおりをつける
    blank
    kera
    まず、トピ主さんに問題はあると思います。なぜなら
    >結論を言うと、体罰の何が問題か分かりません。

    と言ってるからです。
    もっと言えば、全く問題がない、問題があると言う人達を理解できない旨
    を述べているくせに肝心なことが書かれていません。
    他の方も指摘してる通り、体罰と虐待の定義、あるいはボーダーラインを
    提示すべきです。
    >虐待は体罰ではなく心の闇ですから、その手段は様々なのです。

    等という抽象的な表現ではなく(体罰だって多種多様ですよ)


    >体罰なのか虐待なのか、自分がどう思うかではなくお子さんや第三者が
    どう感じるかなのではないかと思います。
    私は体罰があっても大丈夫でした。

    当事者と第三者の“感じ方”が基本的に同等と?
    では、虐待されている多くの子供はそれを認めず隠すのはご存じですか?
    かつてのあなた以上に親達を“信頼”して期待しているのです。いつかは
    愛してくれる、そうじゃないのは自分が悪い子だからと。
    その場合は親を罰しないと?
    また、体罰と虐待の違いの後になぜ「私は体罰は大丈夫」と言う文章が繋
    がるのですか?

    あなたは体罰と虐待の違いもわかっていないと思います。

    トピ内ID:8937112753

    ...本文を表示

    いや、問題あったでしょ

    しおりをつける
    blank
    暴力反対
    50代のおばちゃんですが私の時代でも先生から体罰を受けるなんてよっぽどの事が無い限りありませんでした。
    トピ主さんはよほど態度が悪かったのでしょうね。
    大半の方は体罰を受けることなく善悪を区別しているものだと思います。
    体罰を受けなければ善悪が理解できなかった、という事は「問題があった」のではないですか?
    体罰を使うことなくまともに育てる事も可能なのに、安易に体罰を多用したばかりに言葉で理解し自ら考える能力が育たなかったのだと思います。

    体罰に頼った躾だから、体罰で無いと理解できない子に育つ。

    体罰で育ったから、暴力に対する嫌悪感が少ない。

    体罰で育ったから打たれ強いのは見方を変えれば、かなり強く言わないと反省しない、とも言えます。「言っても言ってもわからん奴」それこそ体罰でもしないとわからんのかって事です。

    犬だって手を挙げずに躾けられるのに、犬以下の扱いで喜んでいる神経がわかりません。

    トピ内ID:3456809450

    ...本文を表示

    子供には暴力はいけませんというのに

    しおりをつける
    blank
    まい
    その子供に暴力をふるって
    暴力の正当化はおかしいでしょう。

    トピ主さんの考えでは
    高校の部活の上級生下級生による体罰もOKということになりますよ?

    それにとぴ主さんは
    そんなに体罰を受けないといけないくらい
    問題行動が多かったのですか?

    >授業中に机に足を放り出してガムを噛んでるような生徒達にとっても体罰は有効のようでした。

    成程
    トピ主さんはいわゆる荒れた学校で育ったということなんですね。
    その子たちが
    今、どうなってますか?
    体罰を受けて育って、みんなきちんとした大人になってますか?

    トピ内ID:4123776173

    ...本文を表示

    レスします。

    しおりをつける
    blank
    あゆみ
    どんな理由があろうとも暴力(=体罰・虐待)はいけません。

    現在のトピ主さんは「悪い事をしたから体罰があった」です。
    この理論は「悪い事をしたら暴力で教えてOK」という理論です。
    イコール、「相手が悪い事をしたら暴力してもよい。」

    貴方はご自身のお子さんにも、同じように悪い事をしたら叩き(暴力)
    お子さんに「相手が悪ければ叩いて良い」とそう教える&学ばせるのでしょう。

    そのお子さんは友達や将来のパートナーやお子さんへ
    「悪い事をしたら叩く&暴力」をすることでしょう。
    その行為が悪い事と思わず「正しいこと」として。

    どこで連鎖を止めますか? どんどん広がって連鎖しても良い事なのでしょうか?

    理由があれば暴力をしても良いのでしょうか?
    理由をつけて暴力を正当化する事は良いことなのでしょうか?

    トピ主さんは理由があればOKという考えですか?

    トピ内ID:2780149483

    ...本文を表示

    叩かれたのが印象的なのは、普段は叩かれていなかったから

    しおりをつける
    💡
    茶呑
    よく叩かれていたという記憶はおそらくすり替えでしょう。
    本当に日常的に叩かれていたなら、それは「印象的な思い出」としては残らないからです。

    >今は叩く親ってなかなか見ませんね。声を荒げている親も…

    と書いていらっしゃいますが、トピ主さんの親御さんも、日常的に叩いていた親からは、
    「あの親は甘い、全然叩いたり声を荒げたりしない」と思われていたと思いますよ。
    だからこそ、人生のターニングポイントとなりうる場面で、ここぞという時の体罰が効いたのでしょうね。

    トピ内ID:2384688974

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0