詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    憲法で「家族」の定義が変わる?

    お気に入り追加
    レス184
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    OneNote
    話題
    憲法調査会憲法改正プロジェクトチーム第9回会合によると、提言として「家族の尊重・保護、教育に関する国家の責任を明記すべきである」とあります。 
    その理由として 
     
    現行憲法においては、家族に関わる事項は第24条に示されている。しかしそれは男女平等を原則とした「婚姻」の規定ではあっても、「家族」を規定したものとはいえない。 

    わが国においては、家族は、先祖を敬い子孫に愛情を傾け、道徳的で身心ともに豊かな家庭生活をおくる場であるとの伝統的意識がある。そのような家族観を憲法に明記し、国家及び地域社会が積極的に家族を保護育成するようにすることがこれからの時代には必要である。http://www.jimin.jp/jimin/kenpou/finish09b.html

    とあります。それって、「婚姻・家族における両性平等の規定(現憲法24条)は、家族や共同体の価値を重視する観点から見直すべきである」ということらしいです。この件について皆さんどう思われますか。ご意見を伺いたいと思い投稿させていただきました。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数184

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  184
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    家族のあり方は自分自身で決めたい

    しおりをつける
    blank
    ゆうだち
    わたしは、個人が大切にされる社会、個人の多様性が認められる社会が、良い社会であると考えています。家族のあり方についても、多様な価値観にもとづいた家族・多様な形態の家族があってしかるべきだと考えます。

    ところが、プロジェクトチームの提言は、特定価値観にもとづいた家族のあり方を、一方的に国民におしつけようとするものです。しかも、その価値観たるや、個人より家を重視する発想、個人より団体を重視する発想です。政治家のお年寄達にとっては「伝統的意識」かも知れませんが、わたしたち若年層には縁もゆかりもない価値観であり、わたしとしましては、とうてい同意できるものではありません。

    家族のあり方は、国民各自が、自己の判断と責務において決めるべきものだと思います。国家が干渉するのはやめていただきたいです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    家族なんて時代遅れ

    しおりをつける
    blank
    個人主義
    もう21世紀ですよ?なぜに今更家族の尊重?

    そういえば、○売新聞の憲法試案にも似たようなことが書いてありましたよね。こんなところにも右傾化の波が押し寄せていると思うとちょっと怖いですね。

    だいたい昨今の離婚率の増加を見ても、婚姻という制度自体意味があるのかどうか分からないのに。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    反対

    しおりをつける
    blank
    リナ
    憲法で規定すべき、もっとも重要な価値は「個人の尊厳」です。それに優るものはありえません。

    家族を大切にするというのは、個人にとってはひとつの価値観にすぎないのだから、そういう条項は根本法の憲法には置くべきではないでしょう。

    憲法が国民に遵守義務を課していないのは、国が個人の価値観に干渉してはならないという趣旨でもあるのに、一体何を考えているのでしょう?

    はっきり言って、こんなことを言い出している人は憲法の何たるかを理解していない無知で無責任な人たちに間違いありません。(悲しい哉、そういう人ばっかなのよね)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    家族中心の国

    しおりをつける
    blank
    日本はもともと家族中心の国だったのに戦後個人主義に
    変化した。それが失敗だったってことじゃないのかな。
    少子化の原因とは言わないが、一因でしょ間違いなく。

    世界中見回しても、多くの国は家族中心だし。昔からあるいいところ見直して欲しいね。少しづつでいいから。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    家族

    しおりをつける
    blank
    いと
    といっても、夫婦と子供、という意味の家族ではなく、どちらかというと一族郎党の家族の方に近そうですね。なんだか旧民法の復活を目指しているように見えるんですが。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    OneNote
    私には、どうも・・・
    憲法で「家」の単位を現民法の「夫婦と未婚の子」ではなく、婚姻によって義理親をも含めて「家族」とすることで、家族間扶養・介護の義務が生じさせる。つまり嫁に義理親の介護を「法的に」義務づけようという意図が働いているのではないかと思えてならないのです。

    仮に夫にも妻の親の介護義務が生じるとしても、大抵の場合、実際に介護に携わるのは妻である場合が多く、そうなるとどちらも一人っ子同士の場合で、例えば妻は夫の両親と自分の両親の計4人の介護を「法的に」義務づけられることになります。(続く)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    トピ主です (続き)

    しおりをつける
    blank
    OneNote
    現憲法第24条の2の部分
    家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

    これに関する自民の憲法改正プロジェクトの会合での発言:
    「家族を扶助する義務を設けるべきである。また、国家の責務として家族を保護する規定を設けるべきである」
    「婚姻・家族における両性平等の規定(現憲法24条)は、家族や共同体の価値を重視する観点から見直すべきである」
    これらは、何となく「イエ制度の復活」を連想させます。また

    「公共の福祉と考えた場合には、相対的により多くの国民の権利を守るために、1部個人の権利が制限されても、これはやむを得ないということをはっきり憲法の中には書く」
    とも言っていて、これなどは、

    「家族・共同体における責務(高齢者介護)を果たすために、1部個人(嫁)の権利が制限されても、これはやむを得ない」ということのようにも読めます。

    (また続く)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    トピ主です (また続き)

    しおりをつける
    blank
    OneNote
    年金の受給が減っていく将来、困窮する老人が増えるのは目に見えていて、その老人の面倒を看るのは自民党のいう嫁を含む家族。子供をたくさん作って、税金をたくさん納めさせ、子供は親と同居して扶養・介護し、老人福祉の全てを家庭内福祉で賄い、年金や介護にかかる国家の負担を減らせ。国家の利益(高齢者福祉財源削減)のために家族(嫁)が犠牲になれ。ということのように思えます。

    現在の男女間の平等さえ見直そうとしている今の政府下では、夫婦別姓法案なんていうのも、もう未来永劫、到底通らないと思います。

    消費税は一体、何のために支払って、どう使われてるのか疑問に思えてきました。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    21世紀だからこそ保守回帰では

    しおりをつける
    blank
    ぱん
    1960-1970年代に青春時代を過ごした中高年の方々は若かりし頃、ベ平連・ヒッピー、Love and peaceみたいな価値観を主張され、伝統価値観を壊しまくりでしたね。
    現在は、彼らが主張したとおり、モラル・規範はなくなり、家族もバラバラ、フリーセックス、学校崩壊など、彼らが望んだ未来が到来したわけです。
    こんなオヤジ・オバサン世代への反発も老人だけでなく、若い世代からもおきてますから、家族・伝統重視の主張は丁度いいバランス感覚かもしれません。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    怖くなりました。

    しおりをつける
    blank
    おつむの弱い嫁
    頭良くないので、難しいことはよくわからないし、憲法って難しい言い回しが多いので、理解不足の面もあるかもしれませんが・・

    「婚姻・家族における両性平等の規定(中略)は見直すべきである」これって、結婚や家族のなかにおいては、男性と女性は平等ではなくなるってことですか?昔の家制度風に逆行しちゃうってことなのかしら?極端な話、会社で役職についてバリバリ働く女性でも、一旦家に帰れば、結婚生活や家族の中では、身分が低くなるってことですか?なんかそんな事になったら恐ろしい・・・・。こんな憲法改正なんて案を言い出したのは老人議員さんたちですか?

    そんな風に憲法改正されたら、「嫁は夫側の家のために、全てを犠牲にして当然」とのたまう姑のパワーが益々増大するわ恐怖!。あ!でも憲法における家族ってどこまでを言うのか知りませんが・・・。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  184
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0