詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    肺に小結節疑いが

    お気に入り追加
    レス3
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐱
    ルイージ
    ヘルス
    57歳女性、事務職です。タバコもアルコールもしません。

    先日日帰り人間ドックのレントゲンで「右下肺野に小結節疑い」とのことで、
    診察を受けるよう後日通知が来ました。結節のことをネットで調べてみましたがもう一つ何のことかわかりません。

    実は7年前のある日、右の肋骨の内側に急に鋭い痛みが走り、その後半日ほどその強い痛みが続くということがありました。医者に行っても(北米でのことです)、様子見で終わってしまい、その1年後とさらにそれから2年後に同じ部位に初めの時ほどではないけど同じ痛みが走るということがありました。しかしカナダの先生は検査をすることもせずそのまま時間が現在まで過ぎてきました。

    今回日本で20数年ぶりに住むことになり、さっそく人間ドックを受けてみると肺にこんな所見が。あの痛みが関係しているのか、と思っているんですが。

    再診察に行けるのは2週間後なんですが、それまでに少し知りたいと思いこちらに投稿いたしました。


    同じような症状があった方はいらっしゃいますか。よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:1645532908

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 3 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数3

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    直径2CM以下の丸い影

    しおりをつける
    blank
    一応博士
    胸部レントゲンでみられる結節は上記の事をさします。
    小結節というからにはさらに小さく1CM以下程度でしょう。

    原因としては、肺腫瘍(癌などの悪性腫瘍や良性の腫瘍)、結核などの炎症、骨や血管の重なりなどの偽病変が考えられます。

    ようするにどこか大きめの病院(呼吸器内科、放射線科のある施設)でCTで精査してください、
    ということです。
    肋骨の痛みとは無関係とは思いますが、帯状疱疹による肋間神経痛でしょうか?今度は痛みのあるときに医療機関を受診し、皮膚初見などもあわせて診てもらった方がいいでしょう。

    蛇足ながら、
    レントゲン写真は、結核検診の流れでいまでもドックで頻繁にとられていますが、肺がんなどの腫瘍を早期発見するには不適切です。もし、小町読者でドックで毎年レントゲンを撮っているから肺がんは大丈夫、と思われている方がいらしたら、ご注意ください。

    トピ内ID:0711201608

    ...本文を表示

    ありがとうございます。

    しおりをつける
    🐱
    ルイージ
    一応博士さん、ご丁寧な投稿ありがとうございます。肋骨の内側の痛みですが、ゆうべ偶然にもNHKの番組(プロフェッショナルの流儀)中、ある小学校高学年の男の子の症例を扱う内容で医師が痛みが「神経」と関係しているようなことをいってました。ひょっとして数年前の私の痛みもそうなのかもしれません。

    帯状疱疹の可能性については7年前の最初の発症時に、カナダの医師が可能性があるといって処方箋をくれましたが、私はそう思わなかったので(看護学校生だったので少し知識有)ほうっておいてみたところやはり疱疹が現れることもなく痛みが引いて行ったということがありました。その後二度同じ部位に軽度の痛みが起こりましたが、痛みが消えるとまるで何もなかったかのようなかんじで、現在に至っています。

    さて、結節のことですが、知り合いの物知りおじさんに話をしたところ、弟が医者だと言ってすぐに電話で聞いてくれるという親切さ。どうも以前なにか肺に炎症があったのだろう、とのことで、一応博士さんのお話と同じことを伝えられました。


    どちらにしても再来週、病院でちゃんと診てもらってきますね。

    トピ内ID:1645532908

    ...本文を表示

    似た経験があります。

    しおりをつける
    blank
    Keyココ
    NY在住で63歳の者です。私も喫煙はしません。肋骨の痛みは無しでした。

    10年前の事ですが、婦人科系の検査をしました。心電図やレントゲン撮影が事前にありました。
    検査結果は全く問題なし、ただレントゲン写真に1cm程の影が映っているとの事でした。

    同病院の、肺専門の外科医/教授であるチーフドクターに呼ばれました。 診察され、今迄の病歴を聞かれました。
    子供の頃何回か肺炎をした覚えがあります。一度は生死の境をさまよった事もあったとか。結核はありません。

    医師いわく、治った結核や肺炎の後が影として残る事があるそうです。
    多分ですが、私の場合その影の形が癌のとは違っていたのも知れません。

    その時の医師が一筆書いてくれました。
    『この患者は幼少の頃にBCG を受けている(日本人はツベルクリンで陽性になります)、それから肺炎の病歴もあるが、結核患者ではない。』
    手紙と名刺を渡され、将来似た検査を受ける必要になったら、この手紙と名刺を担当医に見せる様に言われました。

    あれから10年、今の所その手紙が必要になった事はありませんが、後生大事にしまっています。
    あくまで私の場合ですが。

    トピ内ID:6921553426

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0