詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    母の膵臓癌

    お気に入り追加
    レス2
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ましゃろん
    ヘルス
    私の母67歳が、昨年末に膵臓癌の告知を受けました。
    高血圧の治療で、ずっと通院してました。
    背中に鈍痛がとのことで、血液検査をすべてしましたが、腫瘍マーカーも、すべて正常でした。しかし、レントゲンで、膵臓に影と言われ、CT造形で、悪性とのこと。
    PET検査をして、転移もありませんでした。
    3.5cmの腫瘍で、動脈の上だから、手術は、不可能とのことで、重粒子線とTS1(抗がん剤)の治療となりました。
    重粒子線の先生から、細胞検査もしてもらったほうが、確実と言われましたが、場所が場所なので、悪性として治療を開始。
    重粒子線まで、抗がん剤治療を先にはじめました。
    先生も驚かれるほど、なんの副作用もなく、食欲も旺盛で、体重も増えました。
    背中の鈍痛もまったくなくなり、すごく元気です。
    今月から、重粒子線が始まりましたが、順調に進んでいます。
    先生が、細胞検査したわけじゃなく、画像判断だけなので、
    数パーパンセントだけど良性の可能性もとおっしゃいました。
    本当に、そういうことがあるのでしょうか?
    今だに、血液検査でもすべて正常です。
    画像で、良性が悪性に見えることがあるんでしょうか?
    よろしくお願いします。

    トピ内ID:0565908986

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 4 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 17 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数2

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    良性が悪性に見えるのではなく

    しおりをつける
    blank
    いなちゃん
    画像だけだと、良性と悪性の区別がつかない場合がある、という事です。
    危険であるため手術もできない場所であるのだから、細胞診もできない。
    (手術にしろ細胞診にしろ、動脈に触ってしまったら致命的なので)
    なので、もしかして良性の可能性もあるが、悪性の可能性が高いために悪性とみなして治療をする、それは仕方のない事と思います。

    もちろん・・・ご本人の意志次第では、「悪性の可能性がどんなに高くても、放射線治療も抗がん剤治療もおこなわない」事も、選べますよ。

    血液検査で正常というだけでは、悪性腫瘍は否定できません。
    検査データで出て来たときには、ある程度進行して転移もある場合が多いので。

    悪性だった場合、初期の内に治療した方が予後が良いです。

    トピ内ID:7237665322

    閉じる× 閉じる×

    ご参考になるかどうかわかりませんが

    しおりをつける
    🙂
    りな
    つい最近膵臓癌の手術をし、膵臓の大部分を摘出しました。
    私の腫瘍は1cm以下と小さく、その後の3回の腫瘍マーカーでも全く安全圏で、腫瘍は良質なものとたかをくくっていました。
    自覚症状も全くありませんでしたし、それまでは完璧に健康でした。
    MRIもCTもしましたが、そうした映像検査は良質なものか癌かわからないので(と医師に言われました)、胃の内視鏡を使って胃から(胃に穴を開けて)膵臓の細胞を採取するという病理検査を受け、実際に取った細胞から癌であると診断されました。

    手術はしましたが、癌はすでに他にも広がっていて、結局ステージ3でした。

    患者の想像と実態はかなり違っていることもあります。
    幸い、医師は膵臓癌の権威の一人のようで、信頼しています。
    全面的に信頼できる医師に出会うことが一番大事だと思いますよ。

    トピ内ID:3260445246

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]