詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    愛とは。結婚とは。

    お気に入り追加
    レス19
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ざくろ
    恋愛
    アラサー女性です。恋愛経験がほとんどありません。今まで数回、告白されたことはありますが、いずれの方も、数回のデートを重ねた結果、付き合いたいと思うほど好きにはなれませんでした。数年前に一度だけ、一回り年上の男性を好きになりましたが、想いは成就しませんでした。

    今までは漠然と、いつかは自分も結婚するのだろうと思っていたのですが、最近になって、自分が愛せる人間は現れるのだろうかと心配になることがあります。最初は特に好きだと思わなくても、付き合っているうちに情が湧いてくるものなのでしょうか。

    自分の理想が特に高いとは思いません。ただ、会話がしっくりくるというか、ある程度、価値観や感性が似た人がいいとは思っています。数年前の一回り年上の男性は、そんな感じの人でした。


    皆さんは、どのような経緯で結婚に至りましたか?大恋愛の末に結婚されましたか?それとも、最初はあまり好きではなかったけど何となく情がわいて結婚、という場合もあるのでしょうか?

    また、お互いが理解し合える存在だから結婚されたのでしょうか?それとも、赤の他人に理解を求めること自体、そもそも自己中心的なのでしょうか?

    経験談やご意見等を聞かせていただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:8786822491

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 5 面白い
    • 7 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 29 エール
    • 10 なるほど

    レス

    レス数19

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    出会いが縁になります。

    しおりをつける
    退職を告白寂しいって
    好き、愛、結婚を意識したら、素直に告白する、それが基本だと思います。
    待て、待つ、これは違います。
    男女、どちらからの告白、そんなことも関係ないです。
    やはり、その時その時、普通に思ったことを話せ、目の前で意思の疎通ができるのが優しさで愛です。
    それが分かりました。
    人の役に立ちたい。
    この言葉を聞いた時、素直な人を知りました。
    やはり、結婚の経験、失恋、バツ一、人生に無駄はないと思います。
    次こそは、手を尽くし、真実の恋をしましょう。
    勇気も必要です。
    本能で好きになり、縁になり、恋愛結婚、これが理想です。
    私は根底に「好き」があれば、お互い理解し合えると思います。
    察しない、説明しない、こんな言葉を使いあわなければ大丈夫です。

    書いた話、職場の多くの恩師に教わりました。

    トピ内ID:1810776866

    閉じる× 閉じる×

    理想、高いと思いますよ

    しおりをつける
    blank
    匿名
    >自分の理想が特に高いとは思いません。ただ、会話がしっくりくるというか、ある程度、価値観や感性が似た人がいいとは思っています

    これって実はかなり難しいことですよ
    恋愛しているときは盲目状態なので、自分の価値観がずれていることにきづかない
    だから結婚後にフィルター解除され、離婚するんでしょ

    統計でみるとわかりやすい
    学生時代、会話がしっくりくる人どのくらいいました?価値観あうひとは?
    貴方の理想とする結婚は、その中からさらに異性を選別し、更にその中から好きになってくれる人を選ぶんでしょ?
    理想、高いと思いませんか?

    結婚にこだわるなら、○○な人がいい!よりも、ぜったい譲れないところを3つだけ合う人とかにした方がよいですよ。
    上を見るときりがないから

    ちなみに私は出会った時は正反対な性格な人が伴侶です
    喧嘩して気付いたら二十年、いつのまにか似て来たような気がしてます

    トピ内ID:7927891260

    閉じる× 閉じる×

    深く考えすぎないで

    しおりをつける
    💔
    みゆ
    私は所謂 男運が無い女でした。

    ざくろさんが書かれていたように 後から情が湧くのかなとか、この人私が居なければダメだなとか そんな交際でした。交際が辛かったです。

    母の知人の紹介で
    私は電話で話した瞬間 この人と結婚するんだろうなって 何故か思ったんです。
    予感は的中し 5月に会って 遠距離でしたから毎日電話はしていましたが プロポーズまで会った回数は5回くらいです。
    12月1日に結婚しました。
    超スピード結婚と 周りに言われましたが、自分としてはその間 毎日2時間くらいお話ししていたので、長年付き合っていたような安心感がありました。

    ただ自分が淡泊な女でして 会いたいとかあまり思わなかったんですね、
    でも毎日の電話はすごく楽しかった!
    話が尽きませんでした。

    初めて会った時にお互いの譲れない価値観について話しました。
    合致してました。

    それでもう マイナス部分は一切無かったんでゴーです。
    お互いに理解しあえるが 近かったと思います。


    言いたいのは、考えなくても悩まなくても、決まる時にはとんとん拍子だってことです。大恋愛なんてそうそうないですよ

    トピ内ID:3978884068

    閉じる× 閉じる×

    う~ん

    しおりをつける
    blank
    虹色パワー
    私はもう、年だから言えますが、悪いけど30代なら子供ができる年齢がもうすぐ少なると言う事だと思います。将来、しまったと思わなければそのまま、自分の感性で好きで愛してると思える人を待つのもいいでしょう・・でも、女性には子供を持てる年齢があります。結婚相談所で相談する事をお勧めします。色々、30代になると目が肥えて来ますが、誠実な人で堅実な仕事をしてる人ならいいんじゃないですか?色々悪い所を見てもきりがないですし・・・

    トピ内ID:0884973584

    閉じる× 閉じる×

    悩まなくていい時代になった

    しおりをつける
    💔
    愛わず芸
    古くは日本の場合、お見合い結婚が普通だった時代があったそうです。
    これにより結婚するのが当たり前、という固定観念が根付いたと思われます。
    今もまだ名残で、結婚してナンボの様な雰囲気はありますけど。
    しかしだいぶ未婚者の生き方も、浸透してきています。

    >会話がしっくりくるというか、ある程度、価値観や感性が似た人がいいとは思っています

    これって簡単なようで、実は難しいことなんです。
    ネットの普及で、対象者が広範囲になってしまったのもさらに難しくしています。
    昔だと結婚へのプレッシャーが強かったため、価値観の埋め合わせまでしないで結婚していた人もいたんじゃないでしょうか。
    今は違いますよね。
    男女共に我慢するくらいなら、独りのほうがマシで通ります。
    よく出会いを求め、行動範囲を広げようとする方がいます。
    本当は実生活の中で限定した方が、実は似た者同士で集まってたりするんですけどね。
    答えになってませんが、男女ピッタリきたカップルは運と縁があっただけでしょう。
    ただ最近の若い方々は、学校で教えないといけないくらい恋愛が下手になってしまったようですね。

    トピ内ID:0194903193

    閉じる× 閉じる×

    バツ1で再婚したものです。

    しおりをつける
    1度目は失恋直後で恋愛する気はなく、付き合う前~別れまで全ての流れを見て知ってた人から交際を申し込まれて何度か断ったけど待つからというので交際開始→好きになり結婚→小さな幸せはあったけどでも違和感もあり→その違和感が確信になり離婚。

    2度目は大恋愛のすえ結婚。しかもスピード結婚。
    初デート(初対面)で『あ、この人と結婚する』と互いに思いトントン拍子に事が進みました。

    主さんの言う他人に理解を求めるのは相手がどういう人かによります。
    不特定多数に「自分を分かって!」とか、例え交際相手にでも押し付けるなら悪い意味で自己中ですが、結婚相手となると違うと思います。
    結婚相手に対しては良き理解者でないと結婚は出来ても良い夫婦関係は築けません。
    お互いを出し合ってそれに寄り添って、全て理解できなくても心を添える事は出来ます。

    そういう思いやりの上で理解しあうには、押し付けるのではなくてありのままの自分を見てもらう、知ってもらうんです。
    押し付けないなら自己中じゃないですよ。

    主さんがもう少し貪欲さと行動力をあげれば良縁にめぐり合えると思いますよ。
    応援してます。

    トピ内ID:2582362769

    閉じる× 閉じる×

    難しく考えていませんか?

    しおりをつける
    blank
    かぁくん
    愛、恋が姿形ありますか?気持ちの問題でしょ。人生1回ですよ

    トピ内ID:7180258970

    閉じる× 閉じる×

    一生一緒に過ごせる相手か

    しおりをつける
    blank
    カノン
    結婚適齢期だったので、とにかくすぐに結婚したかった。

    そんな時、友人を介して、主人と知り合いました。でも本当にただ会っただけで、異性としても考えておらず。連絡先も交換せずに別れました。
    ところが数日後、主人の方から友人から連絡先を聞いて私に連絡をしてきて、食事に誘われました。食事くらいなら良いかと思い、行くことに。
    改めて会ってみると、話題も豊富で、エスコートも上手く身なりも小綺麗。初対面で会った印象とはまるで違いました。
    で、そのうち交際を申し込まれ、付き合うことに。

    一緒にいて、自然な自分でいられ、一緒にいると何事も楽しめる存在。共通の趣味はありませんが、お互い別の世界を持っていて、それもまた楽しい。趣味は違っても、ただ一緒にテレビを見たり、映画を観に行ったり、どこかに観光に行ったりと、二人で楽しむ時間はごまんとあります。

    主人はとても思いやりがあり、優しく、穏やかで、でも大事なところはビシッとしていて、とてもバランスの良い人でした。付き合うほどに、主人の素晴らしい人柄がどんどん解りました。

    しかも給料も安定して沢山稼いでいる。

    この人となら、一生一緒に暮らせると思い、

    トピ内ID:5351058896

    閉じる× 閉じる×

    続き

    しおりをつける
    blank
    カノン
    そんな矢先、プロポーズされ、承諾しました。付き合って4ヶ月目でした。

    短い交際だったので、愛とか好きとかそんなに無かったです。この人となら、一生一緒にやっていけるなという思い、それだけでした。見合いみたいな感覚。

    結婚して1年ちょっとした今、付き合っていたころよりも、さらにさらに主人の魅力が解って、今は溺愛で、大好きです。性格以外にも、夫はなんてハンサムなんだろう、どうして付き合っている頃は気が付かなかったのだろう、とメロメロです。

    自分を理解と言うのが、トピ主さんがどこまで求めているのか分かりませんが、私は夫婦が生活していく上で、理解不能な点はお互いにありません。主人はギャンブルとか深酒とかもしないし。
    主人の趣味は、外国語の本を読むことで、ふーん、なにがそんなに楽しいの?と思いますが、お金も大してかからない趣味だし、楽しさを理解する必要は無いですよね。
    私も小町に色々書き込みしている事はヒミツです笑

    結婚する上で大切なのは、恋愛感情とか愛ではなく、その人と一生一緒に暮らしていけると思えるかどうか、だと思います。

    トピ内ID:5351058896

    閉じる× 閉じる×

    筍ご飯に釣られて

    しおりをつける
    😀
    恋次郎
    妻は短大卒の新入社員。GW帰省し自家竹林の筍で、ご飯を差し入れてくれた。寮住いの独身には、とても惹きつけられ、300円の絵本2冊でお返し。休日御礼電話が掛かってきて、映画でも観ようと、友人も誘う様に言ったが、待合せ場所には彼女だけ。一週間後、両親が面会を求めてきた。のぼせ上った手紙を親に出したのから。心配して障害児の弟まで連れて。私の覚悟を試したのでしょう

    「どういう付合いですか?」映画を一回観ただけとは、言えなかった。彼女が恥をかくと思ったから。代わりに「真面目に付き合います」と答えたところ、母親が「この子は私の宝なんです」と。親なら皆そうだろうと内心で思いましたが、結婚38年が経った今「本当に宝妻だった」と、義母の言葉を確信中

    私25歳妻21歳で1年後に結婚。何故この様に簡単に結婚したかと考えると、同僚50名程の中で、自主的に1時間早く出社し、80名程の机を拭き灰皿を洗う仕事ぶり。洗った灰皿を布巾で拭いている様を垣間見て、煙草を吸わない私が「汚いな」と言ったところ、「あら灰皿は食器よ」と反論された。そうか口にするものを置くものは食器なんだと。

    トピ内ID:8173094480

    閉じる× 閉じる×

    筍ご飯に釣られて 2

    しおりをつける
    😀
    恋次郎
    結婚は電化製品の様に、最初から究極の性能や費用対効果を求めるものではなく、白紙状態から、互いの協力と努力によって、築き上げていくものだと思う。互いに求め合えば擦り減るが、与え合えば増える。植物の様に時には添え木や水遣りに気配りして、育て合うことだと思う。ホームとハウスの違いは、「ホーム=ハウス×ライフ」なのだと思う。だから、伴侶とはワンペアであり、価値観を共有していなければ、互いに譲り合ったり、力を合わせて努力することは出来ないと思う

    問題は如何にして、その様な価値観を共感する相手方に出会えるか?ということ。会社でもレジャーの場でも、趣味の場でも、社会人として生活している以上は、いくつも出会つており、すれ違っていると思う。気が付かない、気付いて貰えないだけだと思う。感謝と素直な心で、人を見る目を持つ者のみが、その様な出会いを生かしているのだと思う。でも、人生は「会うべき人には必ず会える」ものだと、考えてもいます

    トピ内ID:8173094480

    閉じる× 閉じる×

    一人一人に答えがある

    しおりをつける
    blank
    花見がしたい
    結婚とは?の答えは一つじゃないですね。一人一人顔かたちが違うように、性格や個性が様々なように、夫婦の数だけ結婚の形があるんじゃないでしょうか。

    >最初はあまり好きではなかったけど何となく情がわいて結婚、という場合もあるのでしょうか?

    私はむしろそのクチですね。というか一緒にいる時間の中で相手の良い面をたくさん知っていつの間にか惚れこんでいたという感じです。
    数回デートしたら男性はもうお付き合いしようと言ってきます。快諾しますが正直その時点では恋に落ちてるわけなじゃなく「この人なら好きになれそう」くらいのテンションです。
    そのくらい惚れっぽくない恋愛スロースターターの自覚があります。しかしいったん好きになったら、とろ火のようにずっと愛情の炎を絶やさない自信はあります。だから一度付き合うと長いです。

    夫との出会いもそう。夫の熱意で結婚にまで行ったという感じ。私は当初けっこう冷めててわがままで夫を振り回したこともありました。
    今はラブラブですし、こんな気まぐれな私を愛してくれる夫には感謝でいっぱいで夫を幸せにしなければと思う日々です。

    トピ内ID:6827479099

    閉じる× 閉じる×

    高望み

    しおりをつける
    blank
    くま
    理想ってさ相対的。

    自分の好きになるようなレベルの男性から気に入ってもらえない状況って一言で言ってしまうと高望みなんだよね。

    男性からは声がかかるので多分魅力的なトピ主さん。
    でも少しだけ自分の理想が周りの男性より上になってしまっているか、横にずれているんだと思う。
    妥協しろと言うわけじゃないよ。
    ただ、男性とトピ主さんの思いが合致しないと永遠に平行線を彷徨うことになる可能性がある。

    こんな時は別のタイプの男性とお話をしてみればいいんじゃないかな。

    結婚ってね確かに理想的な異性と結婚した人もいるんだけど、大多数(ごめん根拠は無い)は想定外の異性と結婚しているはず。

    若いころに抱いていた将来のパートナー像と必ずしもマッチしていないんだよね。

    ウチは最初の出会いは最悪。
    お互いに理想とは真逆の人だった(奥さんもそう言っていた)
    でも、縁あって付き合って、楽しくて楽しくて気がつけば結婚20年。

    もちろん節度は持ちながらだけど、少し視野を広げてみてはどうかな?
    自分の理想に凝り固まる必要はない。

    好きになった人が理想の人だよ。

    トピ内ID:1159820091

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    ざくろ
    早速のレス、本当にありがとうございます。やはり、価値観や感性が似た人を求めるのは理想が高いのですね。

    >恋愛しているときは盲目状態なので、自分の価値観がずれていることにきづかない

    私はもともと何となく冷めていて盲目状態にならないため恋愛ができないということなのでしょうか。

    >昔だと結婚へのプレッシャーが強かったため、価値観の埋め合わせまでしないで結婚していた人もいたんじゃないでしょうか。

    やはり、価値観が違うから付き合いたくない、結婚したくないでは売れ残ってしまいますよね。好意を抱いてくれる人がいるだけでも感謝して、お付き合いしてみようと思います。

    トピ内ID:8786822491

    閉じる× 閉じる×

    結婚してから好きになったよ

    しおりをつける
    花散らし
    私はお見合いで結婚しました。

    >ある程度、価値観や感性が似た人がいいとは思っています。
    この部分は大切だとは思いますが、だからと言って「好き」になれるかは別です。
    意外と「好き」になった人は真逆のタイプで、自分に無いものに惹かれたりするものです。

    主人以外の方を紹介された時、「あ、これだけは受け入れられない!」という
    仕草や話し方があり2~3度目には我慢できずお断りしました。

    主人にも「あ、ここは嫌だな」と思う部分はありましたが
    受け入れる事の出来る程度だったので、断る理由がありませんでした。
    主人はどう思っていたかはわかりませんが、プロポーズしてくれたので
    悪くは思ってなかったのでしょう。

    今、喧嘩することもなく暮らしています。
    お互い、嫌な部分が無い訳ではありませんけどね。
    誰にも嫌な部分があるけれど、それが冷静に見て許容範囲かどうかです。

    親兄弟だからと言って価値観や感性が合うとも限りませんよね?
    それと、同じ相手であっても「縁」にはタイミングがあります。
    もしもう数年早く出会っていたら、結婚してないと思います。
    これは主人も言っていましたので、タイミングも大切です。

    トピ内ID:3896405881

    閉じる× 閉じる×

    自分の世界はこう

    しおりをつける
    🐧
    芳雄
    私の彼氏はこういう人、私の人生はこういう世界という思いが強すぎるのだと思います。

    今思っている「価値観や感性」というのもあまりに狭い世界で見すぎている可能性が高いです。

    もっともっと広い視野を持ち広い世界に飛び出せば、自分自身が知らなかった価値観や感性に触れることもでき、今よりもっと大きな枠で自分と似た人と出会えるはずです。

    自分の世界はこうと決めつけずに、まずはもっと世界を広げましょう。

    トピ内ID:6187069748

    閉じる× 閉じる×

    人(世話好きの伯母)任せだったけど。

    しおりをつける
    blank
    縁と思い込み 笑
    >皆さんは、どのような経緯で結婚に至りましたか?

    結婚はお見合で恋愛経験は普通に。当時には少ない条件を付けて相手を探したので(仕事を続ける、同居はしない)結婚まで数十回のお見合いをこなしました。
    相手は、師や士がつく方、会社員、公務員、自営業さまざまな職種の方を紹介していただいたけど、面白いなと思ったのは職種によってご両親(家庭)のカラーが随分違うんだなということ。

    会社員父、自営業母、多くの親族に囲まれた育ったので、結婚した場合自分はどこまで馴染めるだろうと考えてました。その結婚は10年で死別したけど子供に恵まれ幸せだったかな。
    小町を読んでると義家嫁姑舅を懐かしいなと思います。既に皆故人だけど。憎んだり近付いたり避けたり最後は感謝したり・・紆余曲折様々あったけど今は過去。懐かしいのみ。

    子供の中に確かに生きてる亡き人を見るのが楽しみ。
    20年近くたった今でも週1回前後は墓参りに行くけれど隣に眠るのを希望していて子供にもそう告げてる(引かれるので現実では子供以外言わないけど)墓碑に彫る年齢は亡夫より2歳下でと。子供は笑うけど真剣に言ってるんですけどね。。

    トピ内ID:0315409067

    閉じる× 閉じる×

    違う違う、魅力あるんだから自信を持って

    しおりをつける
    blank
    くま
    >価値観や感性が似た人を求めるのは理想が高いのですね。
    いや、そうじゃないんだよ。

    今まで自分で「自分が好きになるタイプの男性はこういう人だ」って決めてかかっているんじゃないかと感じるんだよ。
    実はまだ見たことがないタイプの男性でもきっと上手くいくんじゃないかと思うんだよね。
    その意味では自分で自分の理想像を追い求めるあまり、門戸を閉ざしてしまっているんじゃないのかな?
    別に声をかけてくる「トピ主さんが好きになれないレベルの男性」と付き合えといっているわけじゃない。

    トピ主さんは「自分の彼氏、夫はこうあるべきだ」という先入観が強いのかもしれない。

    あのね、価値観と感性が全く別の人でも恋愛は出来るし、もちろん結婚も出来る。
    だからトピ主さんも無理やり導き出した価値観の近い男性をターゲットにするだけじゃなくて、今までノーマークだった素敵な男性に声をかけてはどうかな?

    例えば、(本当に例え話)友人がいい人だというトピ主さんが今まで興味を持てなかった男性。
    「こういうタイプの男は駄目」といわず、お話をしてみては?

    新しい発見と出会いがきっとあるよ。

    トピ内ID:0121017529

    閉じる× 閉じる×

    結婚はどうか知りませんが

    しおりをつける
    blank
    回答希望
    恋は下心がありますが、
    愛は真ん中に心があります。
    それでは聴いて下さい。
    最後の曲です。
    愛のメモリー!


    …って、とある方が仰ってました。

    トピ内ID:3164310355

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]