詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • ブラスバンドの指揮者?が4人いるのはなぜ?
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    ブラスバンドの指揮者?が4人いるのはなぜ?

    お気に入り追加
    レス12
    (トピ主4
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    タカタカ
    話題
    海外の大学生ぐらいだと思うのですが、お揃いのコスチュームをきて、管楽器と打楽器で音楽を奏でて、色んな形に変化しながら、女子のダンサーもいます。みんなで音楽を楽しむ。

    観てても聞いても楽しくなりますが、なぜか、指揮者らしき人が4人くらいいました。

    チームみんなで踊る感じで音楽を奏でてました。

    その指揮者らしき4人は、指揮棒もなく…、楽器もなくです。

    彼たちの役割を教えて下さい。

    トピ内ID:4436076508

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 12 面白い
    • 1 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数12

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    ドラムメジャー

    しおりをつける
    🐷
    ひるとん
    あなたがごらんになったのは、マーチングバンドのパフォーマンスだと思います。
    指揮者のことは、ドラムメジャーと呼びます。
    マーチングバンドの演技は、フットボール競技場いっぱい程、かなり広く広がって行われるので、演技(演奏)者の誰もが常に見える位置にドラムメージャーの誰かがいるように、計算されています。それで、ひとりではないのです。
    ちなみに、パフォーマンスが競技の場合、採点基準は非常に細かく行われ、正規の審査員が、競技の間、全体の中を歩き回って審査します。ドラムメジャーのパフォーマンスも、独自の賞を競います。
    女子のダンサーは、カラーガードのことでしょう。
    マーチングバンドもカラーガードも、音楽だけでなく、動く一歩一歩の位置が正確に定められていて、ひとりひとりが音楽のどの部分に、どの位置にいるかを把握しています。なので、ひとりが欠けたからといって、間を詰めるということはありません。
    パフォーマンスが完璧で楽しく見えるのは、出場員の誰ひとりとして欠場せず、しかも、全体が整うように皆で努力した結晶であるといえます。

    トピ内ID:8998311275

    閉じる× 閉じる×

    マーチング?

    しおりをつける
    🐤
    ふむふむ
    それはマーチングバンドではないですか?
    マーチングバンドの指揮者はドラムメジャーと言います。
    普通はドラムメジャーは1人だとおもいますが、
    たまたま4人いるのをトピ主さんが見たのではないでしょうか?

    トピ内ID:3378161740

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます。主です。

    しおりをつける
    blank
    タカタカ
    ドラムメジャー!というのですね。

    小学生の頃は、鼓笛隊で入場門から校庭に行進しながら、様々な形を作って校庭一週して退場門へ。
    指揮者は一人だけで、「ピーピッ、ピッピッピ」と笛をふく。指揮棒振り回し行進。

    海外の大学生のチームは全く違いました。

    指揮者は4人くらい居て、行進はない。最初に指揮者の4人が小走りだったり、ステップ踏みながら、移動する。チームが続く。

    楽器を持ってる人は大変そうでした。大太鼓も鼓笛隊なら一人。でも大太鼓もシンバルたくさんいる。しかもダンスしながら叩く。大太鼓を振り回しながらです。シンバルのいろんな叩きかたがありました
    管楽器のバス?も吹きながらダンス。抱えてステップ踏みながら移動。

    行進もありますが、独自の行進もあります。

    移動が半端なくスゴい。迫力もあり、観客もノリノリです。

    女子のダンスもみんな揃ってます。手の角度もしなやかさもあります。

    指揮者だけは、何も持たず、ダンスにステップ。移動はグラウンドの端から端でスゴい。

    鼓笛隊だとパレードだと行進しながら去っていくしかみていなかったので感動しました。

    トピ内ID:4436076508

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    トピタイ改めてマーチングです。

    しおりをつける
    blank
    タカタカ
    一人だけでない。

    3人から4人くらいいました。

    指揮棒はない。笛を加えてるようにみえました。楽器によって衣装は若干違う。

    指揮者はたまに笛をふく。ダンスもノリノリです。
    演奏者たちと若干違うダンスでした。
    左右の移動は同じで、中央にいたり、前方にいたり、気付くと大移動をしていて、演奏者たちはその場で左右にステップとか。楽器を左右に振りステップ。

    太鼓が凄かったです。

    他高同士、仮にAチームとBチーム向き合って披露し合うのです。
    指揮者はいなくなり、太鼓チームだけです。
    動きが揃ってます。
    小太鼓、中太鼓、大太鼓、シンバル、小太鼓中太鼓がたくさんいるのは馴染み深いのですが、大太鼓、シンバル、楽器の名前がわかりませんが、たくさん太鼓がついてるもいるのです。

    シンバルは一回バ~ン叩くくらいの出番かと思えば、チャッチャッと小刻みに動きも様々。グルクル振り回してました。
    大太鼓も凄かったです。
    太鼓を叩きながらステップ。太鼓を振り回しながら叩く。
    小太鼓も、早いし動きも凄かった。中太鼓も凄かった。

    日本も音楽と触れ合う時間が最もあるといいのに。

    トピ内ID:4436076508

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    では

    しおりをつける
    🐷
    Marching Band という名称をつけて、
    Percussion
    Battery
    DlumLine
    など、検索してごらんになると、楽しめると思いますよ。

    トピ内ID:8998311275

    閉じる× 閉じる×

    日本の音楽教育も素晴らしいですよ

    しおりをつける
    blank
    うらやま鹿
    アメリカ在です。マーチングバンドはもはや音楽ではなく「競技」に位置しています。大会などもすごいですよ。子供の通う高校はマーチングバンドとオーケストラ、コーラスが音楽系授業としてあるのですが、音楽系授業の中で予算の80%はマーチングバンドに費やされています。おかげで州大会にも出ているようです。オーケストラにいるうちの子たちは非常に地味に活動しています。

    アメリカの現地校で子供たちを育てている私にとっては日本の音楽授業は素晴らしいと思います。ピアニカやリコーダーなど楽器に触れる機会がたくさんありますよね。歌を歌う時はちゃんと楽譜で歌を歌えるようにしますよね。うちの子供の小学校は全くそう言ったものはありません。しかも音楽の授業は単独ではなく図工と一緒にされていて、3週間に1週やるだけです。残りの2週は体育と図書。

    楽器に触れられるとすれば5年生でバンドかオーケストラを選んだ人だけで、それも自分で楽器をレンタルしてきます。音楽に価値を感じない家庭は一生音楽を学ぶことなく育って行くことになります。日本の教育も一長一短かもしれませんが、素晴らしい面もたくさんありますよ。

    トピ内ID:5802655534

    閉じる× 閉じる×

    映画 ドラムライン

    しおりをつける
    blank
    AT and T
    10年以上前の映画ですが、まさにトピ主さんの描写通りの場面があります。
    本番までの厳しい練習風景やレギュラー争い、人間模様等も描かれています。
    楽しいだけではない、厳しい世界です。

    日本にもマーチングありますよ。
    小学校から大学・一般の部まで、全国大会もあります。
    地元の強豪校は、招待公演でアメリカに行ってました。

    トピ内ID:2079133219

    閉じる× 閉じる×

    ブラスト!

    しおりをつける
    blank
    トランペット吹き
    たまたま主さんはこれまで触れる機会がなかったのでしょう。

    日本でも中・高・大学の吹奏楽部がマーチングやってますよ。

    市民バンドでもありますし、自衛隊や警察の音楽隊もやってたような。

    私も10年以上前に高校でやってました。

    毎年夏に大会もありますし、強豪校は所ジョージさんの番組とかでも何度も特集されてますね。

    マーチングより小規模なステージドリルは、各校の定期演奏会だけでなく大型ショッピングモールでもやってます。

    学校に依頼が来るので、私も何度かやりました。

    老若男女、目をキラキラさせて手拍子しながら見て下さって、演奏するこちらも楽しかった!

    音楽だけでなく、知らない世界、知ったから見えるようになった世界というのは沢山あります。

    主さんは世界が広がったんですね。

    これから楽しんでいって下さい。

    有名所だと、海外バンドのBlast!(ブラスト)が日本全国47都道府県で公演してます。

    日本人も3名だったか活躍されてますし、打楽器メインのドラムバトル(だったかな?)が主さんの好みにも合うのでは?

    DVDも出てたかな…?

    私は2回観に行きましたが、大興奮でした!

    トピ内ID:8103634851

    閉じる× 閉じる×

    競技扱い?

    しおりをつける
    blank
    タカタカ
    びっくりしました。

    アメリカ在のかたよりレスが頂ける。(感涙)
    日本より音楽を学ぶ時間が少ないって初めて知りました。オーケストラも素敵でしたよ。指揮者は一人ですが、指揮者が魔法使いみたいに音が波打つ感じ、迫ってくる感じに音が指揮者に合わせて脈打つ。建物に反響してウットリしました。

    マーチング、それでもスゴい。習うのに短い期間で高校生?大学生?が立派に演奏。競技だったんですね。
    音楽がこんなに素敵だったなんて!

    日本は恵まれてたんだ。縦笛、ピアニカ、今はハーモニカは習ってないのかな?

    映画や動画サイトの紹介ありがとうございます。
    観てみたいです。
    あの感動を再びって感じです。

    日本だと「マーチング」があると知らせが小さいのです。ただ行進しながらドラムメジャーが先頭に指揮棒をクイクイ動かしと去って行く催しものという感じでした。

    マーチングが観たいが為に大会に見学出来るのかな?日本のもみたいです。習いたいとも思うほど。

    日本だとドラムメジャーは一人なのかな?
    フットボールのような広い場所が必要だろうし、たくさんの人が必要だとね。

    本当に感動しました。

    トピ内ID:4436076508

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    音が伝わるのに時間がかかるため

    しおりをつける
    🎶
    観客専門
    指揮者が4人いるのは、広い所でやるからです。
    音が伝わるまでに時間がかかります。(音速と言うのは、結構遅いのです。)
    音だけを頼りに他の楽器と演奏を合わせていたら、必ずずれてきます。
    それを防ぐために、4人の指揮者が必要なのです。
    4人の指揮者は、きちんと合っていないといけませんが。
    指揮を見て演奏します。そうすれば全体の音楽が合うのです。

    トピ内ID:2932152125

    閉じる× 閉じる×

    そっか!(主)ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    タカタカ
    音速に広いフィールド。音をあてにしてたらズレちゃうのか。

    4分の1くらいを指揮者たちが担当してたんだ。

    なぜ4人いて、指揮棒もなく、笛を吹いてる程度のダンサー?と思っていました。

    ムードメーカーなのかな?フィールド外のどこかに指揮棒を振ってる指揮者が?と思って最初はみていたのですが、どうも4人が指揮棒なしの指揮者だと。最初に出てくるし、衣装も一緒に近いで楽器なし。中央にいたり、前方に4人がいたり、気付くと大移動している。
    女子ダンサーはチームカラーのセクシーな衣装ですが、チアリーダー?とは違う動きです。

    演奏者たちがフィールドに広がると、指揮者も離れてる。
    4人で目で合図しあっているのかな?
    指揮棒なしもびっくり。

    演奏一旦止まる(ダンスも止まる)、指揮者が合図を出す。演奏開始ダンス初まる。

    スッゴい楽しいかったです。

    ドラム隊?の皆さんカッコいい。シンバルにはびっくり。

    また観たい!
    習いたいです。感動するよね。

    音楽最高です。

    トピ内ID:4436076508

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    全日本吹奏楽連盟で検索

    しおりをつける
    blank
    トランペット吹き
    すみません、2回目です。

    『全日本吹奏楽連盟』で検索してみて下さい。

    今年の大会の日程や規定が載ってます。

    マーチングだけでなく、コンクールやアンサンブルコンテストなんかも。

    入場料は必要だけど、出場者やその関係者だけでなく、一般の方も観られますよ!

    初心者の方も参加出来るマーチング市民バンドは…どうだろう、少ないかも。

    マーチングに限らず音楽はお金が掛かります。

    練習でミスって体だけでなく楽器がぶつかったりするし、大抵は経験者なので各個人が楽器を持ってる場合が多いです。

    それに加え、衣装やら楽器の運搬やらでお金が掛かり、打楽器やカラーガードの手具は団で購入するにしても保管場所にまたお金が掛かる。

    体育館を借りるにもお金が掛かる。

    また、演奏しながら動き回るので、結構体力使います。

    だから、マーチングの市民バンド自体が、吹奏楽やオケに比べると非常に少ないんです。

    『体験』だったらフェスティバルとかでやってる場合もあるけど稀ですね。

    私もまたマーチングやりたいけど、乳児抱えた今ではなかなか。。。

    だからこそキラキラ青春してる学生たちの演奏が眩しく映るんですが。

    トピ内ID:8103634851

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]