詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 日本の(人文社会系)大学の教育形態について
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    日本の(人文社会系)大学の教育形態について

    お気に入り追加
    レス22
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ゆい
    話題
    日本の多くの大学の少なくとも人文・社会系の授業の多くは、大層非生産的(ビジネス社会に有用な卒業生を輩出していない、という意味ではなく、教養及び各々の専門について熟達した思考力ある学生を生み出していない、という意味)に
    思われます。
    それは何と言っても講義が大半という授業形態に顕著です。リアクション・ペーパーを回したり、たまには学生に発言を求めたりする場合もあるにせよ、授業時間の大半をしめるのは講義です。その講義が授ける――乃至はそれと同程度の――知識は、入門書や研究書を一冊読めば得られてしまいます。(文字数や学生に解り難くさせて授業に出席させる為等で、本は講義より解りにくくはなっていがちですが、これは改善すればすむもの。)
    そして、小グループにわけてディスカッションをさせて、グループ発表等アクティヴな学習行動を、大学教師の殆どは学生にとらせません。
    また、双方向授業が叫ばれながら、学生からの最大のアクションである答案やレポートに念入りに添削して返却する教員も殆どいません。
    生徒の対教員費が、特に私学ではあまりに大きすぎるとの問題はありますが、そのなかでも教育の質の改善を図れる点はあります。また、学費を上げても教育の質が大幅に向上するなら、より多くの受験生が志望するのではないかと思うので、教育の質の改善は経営上も動機づけがあるように思われます。
    なのに、日本の大学の大半の教育の改革は、遅々として進まないでいるのでしょうか?
    その理由や、教育の改善についての賛否、その他もろもろの意見をお待ちしています。

    トピ内ID:7681586390

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 6 面白い
    • 8 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 5 エール
    • 15 なるほど

    レス

    レス数22

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    教養のある人の文章とは思えない

    しおりをつける
    blank
    サキ
    一文が長いし、補足のためのはずの括弧書も長いし、
    そもそも質問自体が、何を質問しようとしているのかが
    わかり辛いです。

    自分の意見をクリアに表現して伝える能力は
    教育の成果の重要なもののひとつだと思います。
    ですので、果たしてこの国語力で、現行の教育の
    システムを批評する資格が主様にあるのでしょうか。。。

    質問とは関係ない、とおっしゃるかもしれませんが、
    質問をする側としてのクレダビリティを築くことに
    主様は失敗しているということです。それだってやはり
    学を得る過程において身に着けるべきスキルだと思います。

    トピ内ID:8056525760

    閉じる× 閉じる×

    大学に入るまでの教育の問題

    しおりをつける
    めろん
    海外で教育を受け、質問があればすぐに手を挙げて聞いていた中学生。先生は「私に従いなさい」と押さえつける言葉をかけ、結局その子はチャレンジ精神を抑えるようになってしまった。

    ある大学で、「質問のある人」と問いかけても質問しない学生たち。かたや同じ教員が留学生中心の英語での授業では、問いかける間もなく「先生、質問があります。」

    大学教員も、ファカルティ・ディベロップメントの研修を受け、インタラクティブな授業を企画してもついてこれない日本人学生。これはもう、大学に入学する以前の問題では。結果、非生産的と思われる結果を生み出しているのかと思います。私は非生産的とは思いませんが。

    普段、文系学生に結構身近に接しますが、個性的な学生はそれでも一定数生まれ、こんな環境でも外国人と立派に渡り合える学問と教養を身に着けています。仕事でも、国際的な仕事を日本人にさせるとかなり質が高いと思うのですが。なぜに非生産的と判断するのでしょうか・・・その根拠が知りたい。

    トピ内ID:7742586746

    閉じる× 閉じる×

    教員の問題は別途することにして

    しおりをつける
    blank
    ふーた
    まず、文系でも法学部、ロー、旧高商だった学部は、本来ビジネススクールですね。ここは、作りすぎが主問題なので除外された方が良いです。

    次に、教養の定義をされなければ話が発散すると思います。
    思いつく教養の定義は
    1.大正教養主義=人文中心
    2.公務員試験に出る教養問題
    3.社会人たしなみ集合「ゴルフ、会計、TOEIC、IT、会社法…」

    どれか定義されて下さい。なお「大正教養主義」は終わっていて、大学でやっても仕方がないとの認識ですが(竹内洋「教養主義の没落」より)。

    最後、潮木守一「アメリカの大学」抜粋要約。
    ・19世紀アメリカの大学の学生は、勉強しても将来の収入に結びつかないため、遊んでばかり。
    ・19世紀ドイツの大学の学生は、国家試験(牧師、医師、教師、公務員)に通るため、就職のため、猛勉強していた。それでも、金持ち学生は遊んでばかり。
    ※19世紀大学なので、フンボルト理念は浸透しておらず、職業訓練学部と予科ですかね。で、進学率は低い。

    結局、大学というのは、庶民の子が、就職のために、実学なら勉強するものでは?(一部の学問が趣味の人を除きます)

    トピ内ID:6999869295

    閉じる× 閉じる×

    あることが重要

    しおりをつける
    🐧
    灯台教員
    理系の教員です。
    ぶっちゃけてすみません。
    人文系の存在意義は大学をUniversityにするだけだと思っています。
    2~3000年前は大切だったんですけどね。

    トピ内ID:2380306554

    閉じる× 閉じる×

    ゼミナールの存在。

    しおりをつける
    blank
    ウォークマン
    大学の授業は、講義形式だけではありません。

    トピ内ID:1268210795

    閉じる× 閉じる×

    お金がありません

    しおりをつける
    😭
    るり
    元大学教員です。
    教員一人当たりの学生数が私学では、100人以上要求される大学があります。
    卒論でもです。
    物理的に不可能です。
    ある程度少人数制の講義でしたら、ゼミ形式で行えますが、
    100人以上がノルマですと、かなり難しいです。
    レベルがある程度の大学だったら、グループ分けができますが、
    基本的なことができていない学生(私語をする、ものを食べる)に
    大人数のゼミは、初歩的なことで終わりですね。

    講義も、自著をそのままという教員もいましたが、
    私は未発表の最先端の講義ならいいと思います。

    一定レベル以上の大学でないと、
    教えるべき基本事項があまりにも多すぎます。

    せめて少人数の講義で経営が成り立つようでないと
    私学では苦しいです。

    トピ内ID:7532377074

    閉じる× 閉じる×

    学ぶ環境を変えるのではなく、学ぶ姿勢を変えれば良い

    しおりをつける
    blank
    無常の風
    大学は、教養及び各々の専門について熟達した思考力ある学生を生み出す場所ではなくて、自分自身が教養及び各々の専門について熟達した思考力を深める場所です。大学は、自分に対して教育を与えられる場であると考えると、あなたのように他を変えていくことを願う発想になるのでしょう。あなたの思いに叶わなければ、不満を持つだけです。

    実際に、大学は自分が活用する場です。もっと言えば、自分がどう学ぶべきかを考える場です。自分の学ぶ姿勢を見直していけば、意外な発見があります。もしも、自分が学ぶ場として相応しい場所が大学であることに気づくことが出来れば、あなた自身が学びを深めることが出来ることでしょう。それが思考力を深めるということです。

    もっと言えば、「大学が」あなたの思考力を深めるのではなくて、「大学で」あなたが思考力を深めるのです。そのために、自分がどのように学ぶべきかを自分自身で思考していきましょう。そして、そのことについて語り合う場所が大学でもあるのです。

    トピ内ID:4675662203

    閉じる× 閉じる×

    で、

    しおりをつける
    blank
    匿名
    あなたはどうしたいの?

    トピ内ID:4444424873

    閉じる× 閉じる×

    学生のやる気

    しおりをつける
    😠
    じいじい
    全ては学生のやる気次第ですよ。有名私大でも、卒業する時までにはものすごい差がつきます。しかし、やる気のない学生も適当に講義をこなして卒業していってしまいます。
    しかし、本当にやる気があり、学問をしに行っている学生は同じ講義を受けていたはずなのにまったく違います。ゼミに入り、教授に直接指導を乞うなど、学会の発表のお手伝い、自分の論文の学会発表まで繋げる学生もいるのです。
    その大学そのものの偏差値も高いところのほうが、そんな学生は多いようですがね。とにかく学生次第です。

    トピ内ID:2772266733

    閉じる× 閉じる×

    商売にならないからでは?

    しおりをつける
    🐶
    部下T
    授業が面倒くさくなったら、入学志望者は減りそう。
    学費があがったらなおさら。
    学費が上がっても教育の質が上がれば、といれてもそんなの望んでる人いるかな。
    学費が上がって就職率が上がるならまだいいでしょうけど。
    教育の質が上がっても就職率が上がる保証は無いですからね。

    トピ内ID:6778800241

    閉じる× 閉じる×

    首肯できませんね

    しおりをつける
    🐱
    緑鍵盤
    >学費を上げても教育の質が大幅に向上するなら、より多くの受験生が志望する
    実感として決してそのようなことはないと思いますが・・。

    受験生の志向は、
    ・就職に有利だから難関校を目指す
    ・難関校にはレベルの高い学生が多く講義や学生同士のディスカッションもレベルが高くなる
    というサイクルで回っているでしょう。
    教育の質は副産物であって目的物ではないでしょう。



    >教育の質の改善は経営上も動機づけがあるように思われます。
    旧帝大などの上位以外でも国公立大学がそれなりに高い難易度(=高い人気)を集めているのは低学費が主な理由でしょう。学費が高いと学生や学費を負担する親は忌避するものです。


    なにより大学教員は教育者ではなく研究者だということを見落としていませんか?
    先生たちは大学で研究させてもらうことの見返りとしてしかたなく学生に講義している、というのが基本形です。大学教員に質を向上させる動機はほとんどありません。



    教育の質の向上に対する投資が大学経営に有効に還元されるのは難しくありませんかね。(AIUの経営状態は承知していません)

    トピ内ID:7778850208

    閉じる× 閉じる×

    その疑問に意見を集めたい目的は?

    しおりをつける
    blank
    ねじ
    主様が、ここでその意見を広く募集する意図がわかりません。
    大学教育の改革案を作成し国に上げる、という立場であるとか、
    大金があるので理想の大学を創設したい、という立場であるとか、
    何か意味のある行動につなげるために意見を募集しているような場合は、意見もたくさんでてくるでしょうけれど、何を目的としているのか、わかりません。

    どんなジャンル、どんな場所にも、それぞれ問題があり、少ーしづつではあっても、改善改悪されていっています。

    主様が、哲学的な議論を深めたいのではなく、現実に今ある状況に疑問をもつなら、それをどういう風に動かすと自分の望む方向に動くのか?という目的をはっきりさせて考えないと意味がないよ。

    この疑問の出し方だと、ものすごい多方向(経営面や研究者の人的問題や学費の問題、子どもの数、その学問の必要性や将来性や、もう本当にいろんな意味)から答えがでてきて、それを楽しむのが目的かもだけど、どこにもたどり着かない気がする。

    ご高齢で、改革にたずさわる時間がないので、疑問を若い人に投げかけて、誰かが何かしてくれるのを望む、というトピなら、なるほどにポチ。

    トピ内ID:4816638056

    閉じる× 閉じる×

    ビジネスベースの落とし穴

    しおりをつける
    blank
    図工
    物事がビジネス化してくると、アウトプットの早期化や
    量の拡大に向けた圧力がかかりますが、
    中でももっとも致命的な事象として、これが起こります。

    【消費者も提供者も「可能な限りリソースを出し惜しむ」ようになる】

    効率化とコスト削減です。
    教授側も学生側も、必要最低限以上のことをやらないようになります。
    経済取引においてはあたりまえのふるまいですが、
    教育や医療や宗教や政治、そして人間関係において
    過度にこれが蔓延すると、長期的にはその営みは先細りになっていく。

    こんなことはほんの少し考えれば誰でもわかることなんでしょうけれども、
    それを指摘・改善できる土壌がないのが問題でしょう。
    世の風潮として「数字で見せられるものへの過信」を捨てて、
    「エヴィデンスベーストで示せないものに対する敬意」が見直されないと、
    たぶんこの流れは止めようがありません。

    「なんでもかんでも数字で見るのをやめた方が世の中うまくいくよ!」
    「へえ。で、【うまくいく】ってのは、一体いくらぐらいの儲け?」

    冗談抜きで、こういう世の中だと感じています。

    トピ内ID:5492733393

    閉じる× 閉じる×

    要するに、何を?

    しおりをつける
    🐶
    kazz
    サキ様のレスに、賛同します。

    トピ主さんは、要するに、何を言いたいのか、何回文章を読んでも、

    よく解りません。

    文系授業は、デベ-ト主体にしろって言うこと?

    トピ内ID:4015229967

    閉じる× 閉じる×

    事実

    しおりをつける
    blank
    ss
    >小グループにわけてディスカッションをさせて、
    >グループ発表等アクティヴな学習行動を、
    >大学教師の殆どは学生にとらせません。
    やってるよ。

    トピ主さん、いったい何十年前の大学の話。

    >その理由や、教育の改善についての賛否、その他もろもろの意見
    トピ主さんは、事実の確認から始めたほうがいいよ。

    トピ内ID:3499013214

    閉じる× 閉じる×

    地方国立大学人文系学部教員ですが

    しおりをつける
    blank
    オデュセウス
    トピ主さんは国内の多数の大学を実際にご覧になったのでしょうか。

    私の勤務する学部では、授業の核になるのは少人数の演習です。授業数では講義のほうが多いけれど、核になる演習は1年次から4年次まで開講されていますし、そこでは学生の積極的な発言が求められます。私も演習では「一回の授業90分間で一度も発言しない学生は欠席扱いする」と言い渡しております。

    学費を上げても授業の質が向上すれば志願者も増えるというのは某経済学者の説。その人は「東大を私学化して学費を大幅に上げろ」と主張しました。要はアメリカ化しろってこと。
    しかし現在の日本で学費を大幅に上げたら、進学が困難になる若者が増えるでしょう。例えば日本で私大の医学部に進学できるのは、ごく限られた階層の子女です。また先頃の報道では首都圏私大生への仕送り額は年々減少しています。

    私の大学には医学部もあります。他学部学生は大半が県内や近隣県の出身であるのに対し、医学部は首都圏や関西圏出身者が多いのです。理由は書くまでもないでしょう。

    なお欧州の大学は国公立が主体で、学費も無料か低廉な額に抑えられている場合が多いことは知っておくべきでしょう。

    トピ内ID:7142068128

    閉じる× 閉じる×

    アクティヴって??

    しおりをつける
    😑
    よよよ
    大学からそのような環境を提供されなければ active になれないんですか??
    本気で言ってます??

    ゴリゴリの自然科学に浸かっている立場から言いますと、
    私が学生のときは、講義はあくまで切っ掛けで、それを踏まえて自分で勉強してましたがね。
    学生同士で討論しながら学習するゼミにしても、大学・大学院のカリキュラムとして提供されているもの(教員が方向性を示し、学生同士で行き詰ってしまったら教員が助け舟を出す)に加えて、自分たちで話し合って教材を決め、部屋を借りて、学生だけでゼミをやってましたよ。

    人文・社会学系の学生は、そんなに受け身なんですか?
    だったら、学生の方に問題があると思いますがね。

    主体的に勉強・研究している学生が教員に質問に行ったときに、ちゃんとした対応をしてくれない、っていうんでしたら、それは教員の方に問題があると言えますが、そうではないですよね??

    文句を言う前にまず自分が変わりなはれ、ってことです。

    それとも、これもゆとり教育の弊害なんでしょうかねぇ・・・。

    トピ内ID:4445515837

    閉じる× 閉じる×

    愚かな理系脳による功利主義?

    しおりをつける
    blank
    通りすがり
    人文社会系も理系も不要な科学などそうありません。
    むしろ、理数系みたいに独りでも出来るような学問をわざわざ大学まで作って教える意義が薄いです。
    理系は功利的で全体生産性は低いです。
    一部の秀才以外は価値が認められません。
    だから理系は就職が厳しいのです。
    どこの企業も上位の秀才以外には見向きもしません。
    負け組を採用しても無駄だからです。

    人文社会系はそういった即物的な営利かつどうではなく、学問としての探求心で成り立つ奥が深いものです。
    人類の英知とも言えます。

    トピ内ID:9723376461

    閉じる× 閉じる×

    ごめん、判らない

    しおりをつける
    😝
    ふーた
    横ですけど、通りすがりさん。
    トピ主さんの文も、趣旨が判らない部分あるけど、貴女の投稿、トピ主さんに対する回答でしょうか?
    他の人に対するものか?とも思いますが、だったら「横ですが○△さん」と書いて頂けないでしょうか。判らないので。
    そして、内容も現実と逆になっています。例えば
    >だから理系は就職が厳しいのです。
    総論で、こんなデータありません。

    また集合関係が規定されておらず、一般論かとおもいきや、特定理系分野のことを指していたり、判り難いです。例えば、
    >理数系みたいに独りでも出来るような学問をわざわざ大学まで作って教える意義が薄いです。
    これ数学科のことでは?一般的な理数系は実験があって独りではできません。
    こんなこと書くと、人文系(考古学を除く)も同じく意義が無いと結論づけられてしまいますが。

    もし、わざと逆のことを言って問題提議されたいなら、もう少し判りやすい文章をお願いします。

    トピ内ID:6999869295

    閉じる× 閉じる×

    大学の問題じゃない。

    しおりをつける
    blank
    地下水
    その先の就職制度が問題。
    サークル活動など、ソーシャルに集中して、
    単位さえあればいい、
    こうではいけないと思います。

    理系のように研究を発表するという成果が見せにくいので、
    人脈作り、試験準備に費やし、専攻の専門書も読む時間もない。
    専攻をどうするかを入学以前に決める入試制度も良くないと思います。

    図書館が閑散としている大学はろくな学生はいないでしょう。

    トピ内ID:6012890619

    閉じる× 閉じる×

    概ね同意します

    しおりをつける
    blank
    黒曜石
    トピ主様のご意見は、
    ・人文社会系の教育の質が低い
    ・それは講義形式のため学生の参加意識が低いことが原因
    ・小グループ教育、フィードバックの向上で打開できないか?
    以上が趣旨だと理解しました。

    前半の課題の認識には概ね同意します。
    対策案については疑問視していて、緑鍵盤さんのレスと同意見です。

    ■教養及び各々の専門を伸ばす教育なら
    大学経営を度外視してもよいなら、
    「そもそも興味のある学生以外とらないようにする」
    というのが一番良いと思います。
    人文・社会系学部がある大学を5~10程度まで減らし、過当競争を是正する必要があると思います。

    ■思考力ある学生を生み出す教育なら
    全国統一で文系大学卒業試験を実施するのはどうでしょう。
    就職を大きく左右するということになれば、学生も本気で勉強するのではないでしょうか?

    大学にとっても、試験で○○点以上とらないと卒業を認めない、とすれば学力を総合的に底上げできますので、悪いことではありません。
    研究(ゼミ)に影響が出るのを避けたいなら、2回生~3回生で受けさせればよいですし。

    トピ内ID:3996216463

    閉じる× 閉じる×

    大学も教員も学生も様々

    しおりをつける
    🐶
    tu as vu ?
    私は文系大学生ですが、大講義も10人以下のゼミもあります。毎日必死に外国語の文献を何時間も何時間も辞書を引きながら訳し、要約し、コメントを考え...。
    そして授業ではその成果を先生と他の学生の前で発表することが日常的にあります。トピ主さんが頭に描いているような大学、専門、教員、学生ばかりではありません。
    さらに、他の方もおっしゃっていますが、大学を変える以前にそれまでの初等、中等教育のあり方と大学受験のシステムを変えなければ根本的には何も変わらないと思います。
    また、日本の大学には超難関から誰でも入れる大学までレベルがあります。超難関大学の学生と誰でも入れる大学の学生に同じものを求められるわけもありません。
    私は将来の夢があるのでバカみたいに勉強していますが、実は入試に失敗し、中堅私大に入学しました。周りの学生の6、7割は大学で勉強しようなんて思ってないようです。このような大学でのモチベーションのない学生が大学に入るシステム自体がおかしいのでは?
    そして、大学に行かなくても、より適正を考慮に入れた多くの道が若者に与えられるようなシステムがなければ変わらないと思います。

    トピ内ID:5604460723

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]