詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    女性学って何なのでしょう?

    お気に入り追加
    レス56
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ゆき
    話題
    30歳、子供一人(1歳)いる主婦です。
    先日高校の同窓会で、私の隣に座ったA子(独身)が「ゆきは仕事してるの?」と聞くので「子供ができて仕事をやめたからしてないよ」と答えると、「ゆきはいつまで無職でいるつもりなの?」「旦那さんにパラサイトして恥ずかしくないの?」「だから女性の地位が上がらない」など、立て続けに言われ、驚いてしまいました。

    さらにA子は「夫婦茶碗は男女差別」「ひな祭りも鯉のぼりもダメ、子供に男、女を強要するから」など、私には到底理解できないことを言い続けました。他の友人も唖然としていました。必死になってしゃべっているA子の姿がとても痛々しく、心配になってしまいました。

    A子は女性学を勉強しているそうです。確かに極端なことを言うフェミニストもテレビなどで見ますが、大学や自治体等で行われている女性学の講義はそんなことを教えているのだろうかと思ってしまいました。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数56

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  56
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    大学院で女性学を学びました

    しおりをつける
    blank
    目覚まし時計
    A子さんのおっしゃっている内容は理解できます。しかし、現在ではそのような「行き過ぎたジェンダーフリー」は生物学的に破綻していると考えられています。
    なぜならば「男らしさ女らしさ」は歴史的に押し付けられてきた性差だけではなく、男女の脳や体の構造の違いによって生まれるものでもあるからです。

    A子さんのような発言をされる方も一昔前はいらっしゃいました。性差別と性区別を「行き過ぎたジェンダーフリー」はゴッチャにしていたわけです。しかし男女の性差を全てなくす考え方は性別的秩序の崩壊を伴う事になりかねないという事で現在はごく僅かな少数意見にしか過ぎなくなっています。

    私は院を卒業と同時に結婚。今は一児の母です。これからも外で働く気はありません。これは私の意志であり、夫の希望でもあります。私も夫も今の状態(妻が家庭を守り夫が外で働く)をパラサイトではなく分業だと受け取っています。
    ちなみに夫婦茶碗も使っています。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    さよなら女性学

    しおりをつける
    blank
    みどり
    歴史的使命を終えようとしている学問だと思います。

    ライフスタイル・価値観が多様化した現代社会において、男性女性の2分法で社会事情を分析することは無意味です。今後女性学が生き残りえるとすれば、それは社会科学としてではなく、イデオロギーとしてでしょう。

    しかし、そのイデオロギーも、女性優遇・男性蔑視・絶対平等といった時代遅れの主義主張であって、とうてい一般女性の賛同を得られるようなものではないと思います。とくに第一線で活躍する女性からみれば、足をひっぱるだけの忌避すべきものでしかないでしょう。

    結局、仕事もイマイチ・家庭もイマイチといった一部女性が、なにもかもを男性のせいにして心の平穏を保つためのイデオロギー、女性学にはその程度の役割しか残されていないのではないかと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    一口に女性学と言っても色々です

    しおりをつける
    blank
    女性学
    たとえば・・・
    専業主婦について、女も働いて経済的な自立を推奨する派と、家事労働に対する対価を主張する派
    性差について、男らしさ女らしさという考えに反対する派(トピ主さんのお友達のようなものです)と、女性らしさを認め、積極的に主張しようとする派

    などなど。二つの派閥が対立していると言うよりも、無数の意見が異なる人たちがめいめい個別に学問をやっているのが女性学です。
    共通しているのは唯一、女性自身がうち立てた学問であること。○○学と名前がつくものはすべて、男性によって築かれてきたものですから。

    よって、トピ主さんのお友達は多少極端な考えを持ってしまったのかも知れませんが、女性学自体は意義のある学問で、女性の社会参加や男女格差の是正などに寄与しています。お友達に対しては、今は何を言っても無駄かと思いますので、静観しててあげましょうよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    最近はちょっと極端ですね。

    しおりをつける
    blank
    かぶとむし
    2~3年程前でしたか。
    フェミニズムを信奉している埼玉県の男女共同参画苦情処理委員が県の教育委員会に対して、女子校/男子校を共学化すべき、という答申を出したのですが、その理由の1つが、

    「女子校/男子校は人格形成上問題がある」

    というもので、びっくりしたのを覚えています。

    女性学に傾倒している人って、今の日本社会に不満があるんだろうとは思いますが、何をしても良い訳ではありませんよね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    女性学は、自己申告みたいな学問ですから

    しおりをつける
    blank
    倉蔵
    女性学には、決まった規定がありませんからね。
    (まぁ、さすがに大まかな約束事はあるみたいですが)

    ある人間が、これが「女性学」だと主張すれば、それが「女性学」になります。

    ですから、当然「女性学」には様々な種類があります。

    トピさんのお友達は、見ている限り「田嶋陽子の女性学」を勉強しているのかな?

    ちなみに、この「田嶋陽子の女性学」は、他の女性学から批判されています。
    私が以前、暇つぶしに受けた「女性学」の講義の教授(もちろん女性です)は、田嶋陽子のことをコキ下ろしていましたし。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    そうですね~

    しおりをつける
    blank
    ききか
    私は大学の一般教養で女性論と言う科目を履修しました。とても素敵な60近くの品のある女性の教授でしたが彼女はそんなことは言ってませんでしたね~。
    要は女性も少子高齢社会になっては社会的・経済的・精神的な自立をしましょうということでした。

    だからといって専業主婦がパラサイトだなんて一言もなかったですよ。仕事を持たない主婦でも地域での社会活動などで社会に貢献すればよい・・・ようなことをおっしゃってました。

    私個人としては結婚した女性も経済的自立をしたほうがいいとは思います。けどそれぞれご家庭の事情もありますし、トピ主さんのお友達のようにトゲトゲしく意見して押し付ける必要はないと思いますが・・・

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    これからは男性差別撤廃だろ

    しおりをつける
    blank
    パパ一号
    これからは男性差別の撤廃こそが優先課題だろうな。
    法制度上に残されたままになっている男性差別について
    政治家は全くと言って良い程無視。女性差別云々には
    ヒステリックなほど叫び続けるのだから、男性差別に
    ついては充分知っている筈なのに知らぬ振りを決め込む。

    遺族年金、児童扶養手当、交通事故等級、離婚時の親権問題・・etc

    夫婦茶碗なんてつまらないことにこだわる前にもっと大きな問題があるって教えてやってくだーーさい。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    田嶋陽子さんを、どう思われますか?

    しおりをつける
    blank
    ざおう
    まあ、A子さんは彼女なりに「真実に目覚めた」気持ちでいらっしゃるのだし、そのままあたたかい目で見ておいてあげればいいと思います。

    ところで古いと言えば、「田嶋陽子さん」のご発言、一昔前のフェミニズムみたいで、痛々しい感じがするのですが。どう感じられます?
    他にも私のように感じてる方、いられないのかな、と前々から思っていたので、この機会に聞いてみたい。

    (TVでしか聞いたこと無いけど、その限りで)

    田嶋さんのおっしゃってることは、一昔前の、やたら男女を分けて男性を敵対視する「女権論」みたいで、

    その一方、田嶋さんご本人は妙に「乙女チック」な「女のコ」してられるところがあるようで。。。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    行過ぎたジェンフリ

    しおりをつける
    blank
    鉄人
    そもそもの成り立ちなどは良く知らないのですが、現在は女性が女性の足を引っ張るためにある学問(?)のように思えますね>女性学

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    感想ですが

    しおりをつける
    blank
    なんかなぁ
    女性学って書いてありますけど、行きすぎた男女平等論って、結局は女性への否定ですよね。
    男性とまったく同じに、男女同権でなければ許さないっていう強い気持ちが現われ過ぎてて。
    違って当然なんですよ、大脳生理学的にも、体力的にも、ただ、その性差を男性が評価してこなかったから、虐げられてる、男性とまったく同じにならなきゃって思いこんだ女性の一団が女性学、フェミニズムを叫んでるんですよね。
    本来の男女平等って女性が女性である事を否定して、皆男性化すれば解決することでは無いはずでしょう。
    出産やそれに連なる子育ては否定されることではなく、社会活動としても意味があり、すばらしい事なんだと、男性に認めてもらうことこそが、真の男女平等であると思うのですが、彼女達には通じないんですよねぇ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  56
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0