詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    正座の座り方についてお尋ねします

    お気に入り追加
    レス13
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ふみりん
    話題
    はじめまして24歳女性です。

    写経を始めました。
    写経後の御法話も含めて約1時間、正座して行いますが座り方についてお尋ねします。

    正座した時に足指を重ねたり足裏を重ねたりすると思うのですが皆様はどうされてますか?

    私は足の裏を重ねてますが、
    真後ろにいた女性から「足の親指だけ重ねて座ると痺れにくいし、女らしく見える」と言われて、なるほどと思ったり。

    正座は親指だけ重ねると痺れにくいとは知識にありました。
    でも長く座る時は爪先ってか指が重なってるとやっぱり自分はシックリ来ないから、すぐに戻して足裏を重ねて座りました。

    帰り際にその女性に
    「足の指を小刻みに動かしてたけど痺れてるから? 気が散りませんか?」とチクリと言われました。

    たしかに禅寺の規則で素足になるので足裏が目に触れますが、そこまで気にしてる人はいるのかなぁ。。と

    皆様は正座する時に足の置き方とか意識してますか。

    トピ内ID:9331927062

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 3 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 4 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数13

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    正座に囚われないで下さい

    しおりをつける
    blank
    無常の風
    正座は膝を曲げて座ります。正座の時に足の先端の足裏や足指が重なるのは、その人の足の特性(太さ、長さ、形)によります。自分の足の特性にあった座り方が一番楽です。

    正座の時にどちらが楽なのかは板の間に座ってみればすぐに分かります。30分ほどで結論が出るでしょう。板の間で30分座ることが出来れば、畳ではその2倍以上、座布団ではその4倍以上、正座出来るようになります。

    あなたの正座のスタイルはあなた固有の性質によるものですから、他人のそれとは異なるものです。あなた自身の経験に基づく結果が、あなたによって一番良いのでしょうね。

    ちなみに写経しても、心が綺麗になったり、精神が統一出来たりするなんてことは、ほとんどありません。逆に自分の心の醜さに気づくだけです。それが自分の本来の姿であったことに気づくことが出来た時、そこから見えてくるものがあるのです。

    正座がどれが良いのかということよりも、写経で見えてくるものに出会って下さい。

    トピ内ID:5570078247

    閉じる× 閉じる×

    うーん…

    しおりをつける
    blank
    つらら
    自分のも他人のも、そんなに意識してないですね~

    で、ふと自分はどう座ってたっけ?と思いやってみました。

    私が重ねるのは、親指だけのようです。
    足裏全部重ねてみましたが、なんか窮屈…

    ところで、主さんに指摘してきたその女性…人の足裏ばっか見つめているって、その方がそもそも全くお話に集中してないですよね(笑)
    よっぽどガタガタ動かれれば気になるでしょうが…

    トピ内ID:9989316034

    閉じる× 閉じる×

    レスします

    しおりをつける
    blank
    モーリン
    正しくは、親指だけを重ねるか、親指同士をしっかりつける
    が正解です。
    もししびれるようでしたら、時々正座の姿勢で爪立ってみてはどうですか?
    これは蹲踞と言って、一つの座る姿勢です。

    トピ内ID:7938282502

    閉じる× 閉じる×

    その女性自身が

    しおりをつける
    blank
    ミャゴラーレ
    気が散ったんでしょうね。トピ主さんの足の動きで。

    どういう配置になっていたかわからないけど、ちょうど写経をしていてトピ主さんの足が目に入ってしまう位置だったのかも。


    私は親指重ねて座りますが、足の形のせい(かなり甲高です)か座り方のせいか、長時間正座してると痺れるよりも、足の甲からくるぶしにかけてが痛くなります。
    だから時々重ねた指を放してまっすぐ揃えたりしています。
    足裏を重ねるとくるぶしがますます痛むので、重ねません。

    トピ内ID:1307218569

    閉じる× 閉じる×

    昔、お茶を習っていた時に

    しおりをつける
    blank
    ピピ
    昔、お茶を習っていた時に、左足の親指の上に右足の親指を重ねます。。。。と習いました。

    トピ内ID:5973034016

    閉じる× 閉じる×

    親指を重ねる

    しおりをつける
    blank
    師匠には
    小学生の頃、茶道の初めに親指を重ねて座ることを教わりました。しかし、日本家屋総和室ならともかく今は和室がない家も珍しくありません。そもそも正座に耐性が無くなっています。
    痺れそうになったら、手を後ろに回して親指をそっと引っ張る。さりげなくですよ。
    もぞもぞ動くよりは美しいですし、周囲の方にも申し訳ありませんが伝わります。あとは慣れる。家で正座の練習をしましょう。私の祖母は椅子に長時間座れません。代わりに正座なら何時間でもしてます。そんなものです。
    あと、写経のような場所ですと意識高い系の方が多くて気疲れしそうですね。ご迷惑にならない範囲で、自分は自分でいいのでは?

    トピ内ID:6337824524

    閉じる× 閉じる×

    何事も人それぞれ

    しおりをつける
    blank
    はと麦茶
    正座の足の指は正式な座法では足の親指同士を重ねて交互に入れ替えると良いと知られてますが修行ではありませんし、人それぞれ自分に合ったポジションで良いと思います。

    ちなみに私の正座は指を重ねません。親指同士を触れ合わせるぐらい。
    座る時間が長くなる時は、膝と踵に交互に体重を掛ける感覚で座っています。


    もう一つ、真後ろの女性の言葉
    「足の指を小刻みに動かしてたけど痺れてるから? 気が散りませんか?」

    「気が散りませんか」は「あなた(トピ主)は気が散りませんか?」ではなく、「周りの人が気が散りませんか?」と本人は言いたかったのではありませんか。

    たいていの禅寺はシーンとして厳かな雰囲気ですから些細なものが気になります。

    トピ主様は正座で痺れて足の指をモゾモゾ動かしてはいませんでしたか。
    足裏全体を重ねると上にした方は足指を動かせますね。
    足の親指を重ねると指を動かさないと思ってアドバイスしたら、すぐに元に戻した・・・と。

    チクリと言われたのはその仕草が目に入って仕方が無かった、不快だったと想像できますが如何ですか。
    真後ろの女性は些細なものを気にする人だったかも知れませんね。

    トピ内ID:7552512729

    閉じる× 閉じる×

    二度目です

    しおりをつける
    blank
    モーリン
    私は或る武道をしています。その先生から正坐についてお話を聞いたことがあります。
    もしかしたら注意してくださった方は、正坐の方法によっていろんな意味があることをご存じなのかもしれませんよ。
    私が教わったことは、正坐で足を組んだりしてはいけない、それは○○がすることだからだと言われました。
    ○○はご想像にお任せしますが(この辺は本当かどうかは確認していません)しびれを防ぐためにいろいろ工夫してもいいけれど、知識として、正坐は親指を重ねるまたはつけるであって、足は重ねないと覚えておいていいと思います。

    トピ内ID:7938282502

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。御回答ありがとうございました。1

    しおりをつける
    blank
    ふみりん
    たくさんの皆様、正座について教えて頂いてありがとうございました。

    一つのレスでまとまらず、二つに分割させて頂きました。

    正座は親指だけ重ねるのが主流だと理解しました。
    写経の時の真後ろにいた女性が言うように女らしく見えるのかな。
    モーリン様の二度目のレスの「◯◯」はネガティブなイメージな気もしますし。

    とはいえ、無常の風様やはと麦茶様のレスの通り「人それぞれ」とも思うし、
    正座に囚われないよう痺れが気にならないスタイルで座りたいと思います。

    >ミャゴラーレ様、はと麦茶様のレス
    「気が散ったんでしょうね。トピ主さんの足の動きで」
    「気が散りませんか」は「あなた(トピ主)は気が散りませんか?」ではなく「周りの人が気が散りませんか?」と

    わたし、痺れたら足裏を重ねた上の方の足指を伸ばしたり縮めたりしています・・

    そのクセが真後ろの女性に気になって不快だったのは理解していませんでした
    帰り際に嫌味っぽい口調でチクリと言われたのは「最初のアドバイスを無視したと思われた」とばかり思ってて。
    お二人のレスで辻褄が合うような気がします。
    教えて頂いてありがとうございました。

    トピ内ID:9331927062

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    トピ主です。御回答ありがとうございました。2

    しおりをつける
    blank
    ふみりん
    写経は「畳+机」と「椅子+テーブル席」が選べました。
    私は本格的にやりたいので畳を選びました。
    畳の上に机が並べられていて正座して写経するスタイルです。
    (座布団は無し、正座椅子はご遠慮くださいでした)

    写経と御法話の時間、畳に座った人で足を崩す人はいなかったので自分だけ崩せませんでした。
    むしろ写経が終わって御法話中もピシっと凛とした姿勢で座ってました。
    畳を選ぶのは常連や上級者が多かったのかも。

    写経をきっかけに今後は御法話を聞いたり座禅など仏教修行を趣味にしたいと思ってますので、
    正座はしっかり出来るようになりたいと思っています。

    また何かありましたら教えて下さい

    トピ内ID:9331927062

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    正座の時、足を重ねられないんですが

    しおりをつける
    blank
    さつき
    他の人の正座を見てると右足と左足が交差(重なって)ますよね。

    私はそれが出来ないんですが・・これって正座が出来ないって事ですか?

    私だけでなく、教えたわけでもないのに実は子どももなんですが
    正座をすると、かかとの上にお尻がきます。
    それより後方?(土踏まず~つま先の方)にお尻が乗らないのです。
    乗せられないというか。

    密かに長年気になってます。。

    トピ内ID:2967020585

    閉じる× 閉じる×

    若い女性というだけで目立つのかも

    しおりをつける
    blank
    素足になるんですね。
    足の裏の健康状態が悪ければ目に入るかもしれません。

    私は甲高なので足の裏を重ねたら座高が高くなるし、下になった方の足が圧迫され痛くて無理です。
    親指だけ重ね、足の裏全体でお尻を受ける?感じです。

    主さんのお尻はドコにありますか。
    若い人は足が長くお尻も小さいので、足の裏の全部が見えて指も特別に目立つのかも。

    田舎なので和室での仏事が多いです。
    正座に不慣れな若い男性は足の裏の正座です。
    よく、前後に揺れたりモゾモゾしています。背中が大きいので目立ちます。
    たぶん、主さんの座り方は「オシッコがしたいのかな…?」に見えるのかと。

    座り方が安定しているように見えないから、落ち着いて座れないでしょ!?の意味かと思いました。

    その女性も…
    人の動きが気になるようでは、まだまだですね。

    トピ内ID:2046778345

    閉じる× 閉じる×

    しびれない座り方

    しおりをつける
    blank
    緑茶
    正座は親指同士が軽く重なる感じで
    上体は体重を全部どーんと足の裏の載せるのではなくて
    腰から上を一度ちょっと上に伸び上って
    ゆっくりと足の裏に納める感じにすると
    長く正座ができますよ。
    そして、ときどきモモ全体で軽く状態を浮かして
    また静かに納めるというのを繰り返すと
    痺れにくいですよ。
    その時に親指の上下も入れ替えたりして。
    そうすると背中も丸まらないで
    自然に背筋がのびますよ。
    おすすめです。

    トピ内ID:5465643141

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]