詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    子供の習い事

    お気に入り追加
    レス15
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐱
    allure
    子供
    うちには小学生の子供が二人います。
    習い事に関することで主人と少し言い合いになりました。

    子供が今、習っている習い後をやめたいと言い出しました。

    私は、嫌々続けても身にならないかなとか、やりたかった習い事でも、やってみて合う合わないもあるだろうしな。っていう考えなのですが、、、

    主人は、習い事を続けることすらできない奴は、これから先何をやらしても中途半端になる!!と言うのです。続けることが大事だと。

    う~ん。主人の言いたいこともわからないわけでは無い。
    私自身、やりたいことはやらしてもらって、やめたい時にやめてました。
    (私の母も私と同じような考えのため。)
    その結果、特に何も成果を残せず、まぁ。かじっておいて良かったな。と思う事はあったな。くらいのレベルでの習い事の成果です。

    でも、子供の頃からの習い事で、どれほどの子供がやめることなく、その習い事をいかせているか?と問われれば、私の中ではう~ん?って感じです。

    習い事を中途半端にした子が、仕事も続かないでしょ。なんてことも無いと思うのですが。。。

    皆さんに子供の習い事に関してどうしているのか。を聞きたいのです。
    やりたいと言った習い事に対して、やめたいと言った時、どういう対応をしますか?
    子供さんがやりたいと言ったわけではないが、見学し、体験してから「やってみる」と言った習い事なら?

    どうするのが正解っていうのは無いと思いますが、率直な意見を聞いてみたいなと思いました。

    トピ内ID:7553678849

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 5 面白い
    • 2 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数15

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    ひとつだけは続ける

    しおりをつける
    blank
    ちゃお
    習い事を続けていれば、いくら好きなものでも、
    途中で嫌になることもつらくなることも当然あります。

    その度に、「そうか、つらいなら(嫌なら)辞めていいよ。」なんて言うのですか?
    逃げ癖のつく人間になるのは目に見えています。

    社会人になり、あれが嫌、これが嫌、とたった数ヶ月で簡単に会社を辞めてしまう人が多いのも、そういうのが原因では?と思っています。
    たったひとつの習い事を中途半端に辞めたからこうなるとは思いませんが、
    それを続ければ、忍耐力のない、すぐ諦める人間になると思いませんか?

    色んな事にチャレンジして、可能性を広げるというのも良いことです。

    我が家では、ひとつだけ絶対に続けるという習い事を決めさせています。
    それがスイミングだったので、4泳法をマスターするまでは辞めない、と約束しています。

    それ以外の習い事に関しては、特に約束したわけではありませんが
    最低でも1年は続けさせるつもりです。
    それくらい続けないと、向き不向きも好き嫌いも分からないと考えています。
    その後は本人に任せますが。

    ちなみに我が家は、本人が「やりたい」と言ったもの以外は習わせていません。

    トピ内ID:1944135481

    閉じる× 閉じる×

    理由による

    しおりをつける
    blank
    なみ
    習い事はプラスアルファや趣味だと思っているので、
    基本嫌なら辞めていいと思います。

    また習い事はいつかは辞める時が来るので、続けなくても
    仕事とは関係無いと思います。

    しかし辞めるのは、理由によると思います。

    例えば課題がクリアできないから嫌になった場合
    ここで辞めては逃げ癖がついてしまうので、よほど
    できないことでない限り、その課題をクリアするまでは
    やらせると思います。

    またもう飽きた、違う事がしたい、塾などで時間が無いなら
    ○級まで、次の発表会まで、○年までなど区切りをつけてやって
    そこのタイミングで辞めるのがベストだと思います。

    子供に「自分がやりたかったから」という理由で
    バレエをさせてるママ友がいます。
    子供は最初「やってみる」とやる気を見せていましたが、
    体がかたくきついのですぐに辞めたいと言いだしました。

    なんだかんだ言いくるめて1年くらいやらせてますが、
    そうやって前からやりたくないと言っているなら
    区切りをつけて辞めていいのではないでしょうか。

    トピ内ID:7211278056

    閉じる× 閉じる×

    10年たたないとわからない

    しおりをつける
    🐷
    ハーフピザ2人前
    トピ主さんも「正解は無い」とわかっておられるようなので

    >習い事を中途半端にした子が、仕事も続かないでしょ。なんてことも無いと思うのですが

    とトピ主さんも書かれてますが
    無理やりやらせても意味が無い、の考えのもとに
    嫌なら辞めてもいい、を繰り返した結果
    「この仕事は自分に合わない、嫌だから」とどの仕事についても長続きしない大人になってしまった
    という実例はあります。

    全員がそうなるとは限らないし、そうじゃない実例もありますし、トピ主さんのお子さんがそうなるとも限りませんが
    逆に
    トピ主さんのお子さんがそうならないという確証もありません。

    >どれほどの子供がやめることなく、その習い事をいかせているか?

    大半の人は直接役に立ってないでしょうね。
    けど、まったく役に立ってない人も少ないんじゃないですか

    習字を習ってて字が綺麗に書けるから大人になってから恥をかかなくて済んだ
    そろばんを習ってたから数字に強くなり理系の授業で遅れを取ることが無かった

    所詮は小学生の習い事です、下地、基礎以上の価値はないかもしれませんが
    下地としては十分生かせてる人も多いと思いますよ

    トピ内ID:3626588673

    閉じる× 閉じる×

    やや横ですが

    しおりをつける
    🐱
    まめぞう
    直接のお答えではありません。

    ご主人は、あなたやあなたのお母様をみて、「習い事を中途半端で投げ出す奴は社会に出ても中途半端」という思いがあるのでは?

    私自身は、習い事(楽器、スイミング)は15年ほど続けました。特に役に立つわけではないですが、石の上にも三年。途中で投げ出さず、努力する経験にはなり、その点が大いに役立っていると思います。

    自分の子どもについては、今のところやめたいということはありません。ピアノ、体操と幼稚園時代から長く続けています。プロを目指すレベルでは到底ありませんが、上達するために努力する、という経験にはなっているので、応援しています。

    トピ内ID:8452810783

    閉じる× 閉じる×

    小さい頃からやっていないとダメだなんだっていう風潮が嫌

    しおりをつける
    blank
    茶呑
    とあるスポーツ万能の芸能人が、そう言ってますね。
    「何をやりたいか(小さい頃は)分からないし、どんな仕事が良いかって自分の頭で気づきもしないのに、たまたま出会ったものに一生かけるなんて、夢ないですよ逆に」

    私はこの芸能人が言うことに100%同意です。
    小さい頃こそ、人生の裾野を広げることが可能だと思います。
    いろいろやってみて初めて「あ、自分はこれがやりたい!」と自分で道をみつけて自分の行動を決めることができるんだと思うんですね。
    そうやって自分を知って、自分で決めた道なら、やりぬくことも、限界も分かるようになるんじゃないでしょうか。

    逆に、ひとつの習い事を続けたからって、仕事が続く人間になるわけではないですよ。
    幼稚園から大学までひとつの学校に通い、ひとつの習い事をやり続けた私は、転職を繰り返しました。

    プロスポーツ選手だって、その種目に決めるまで、いろいろなスポーツをやってきた人は少なくないですよ。

    トピ内ID:3987117315

    閉じる× 閉じる×

    言われるまま

    しおりをつける
    🐱
    アイルー
    やめるという選択はないです。
    親が無理矢理やらせたのなら別ですが、自分でやると言った習い事なら
    やめたいからやめさせるというのは無いなぁ。

    級があるような習い事なら○級までとか決めておきます。
    学校や他の習い事との兼ね合いで、通えないとかいう理由がない限りは
    小学生の間は続けさせると思います。

    トピ内ID:7640738536

    閉じる× 閉じる×

    考え方ですね。

    しおりをつける
    blank
    クラランス
    中学生と小学生の息子がいます。 長男は1度習うと辞めない性格なので続けるのですが、次男は小学2年ですが、自分からやりたいと言っても行きたくないと言う事が続き、スイミングだけ残して他はスッパリ辞めました。 スイミングだけは辞めないと言ったので本人にもあっているのだと思います。 年少から始めて現在、平泳ぎの足まで行きました。 これから学年が上がって本人が本当にやりたいのであればもう1つくらいならと習わせてもいいかなと思っています。 いろんな事をやってみて子供に合うものを見つけるのも必要ですが、お子さんの性格によっては辞め癖がつく場合もあると思います。 そこを見極めて導くのが親なんですよね。

    トピ内ID:1069755510

    閉じる× 閉じる×

    私自身で考えてみますね

    しおりをつける
    blank
    子持ち主婦
    一番長く続けたのはピアノで、幼稚園から、中三まで習っていました。

    ピアノは、私がやりたくて、親に頼んでピアノを買ってもらい、練習は毎日で、朝と学校から帰ってからの両方してました。
    好きだから続けられた事ですね。

    あと、そろばんも習っていてが私自身はもっと続けたかったが、引っ越した為、途中で辞めました。
    習字は、そろばんより前から習っていて、二段まで取りましたが、こちらも引っ越し先で近くで習字塾がやってないため、小3で辞めました。

    ピアノは、引っ越した先が父親の実家で、幼稚園からこちらに通いで習っていた為、引っ越しても続けられたのですが、その後の進路で、ピアノが役立ったという事はないですね。

    ただ、合唱コンクールの伴奏者に選ばれたり、音楽の成績が常に良かったって事はまあ役立ったかな。
    合唱コンクールの伴奏者はかなり嫌でした。目立ちたくないから。

    習字も、硬筆ならいつまでたっても上手かもしれないが、毛筆だと、硬筆と全然違うから、段々字もあまり上手くなくなってきたし。

    水泳は短期で通わさせられ、なんとか50メートル泳げるようになり、これだけは、役に立ったなと未だに思います。

    トピ内ID:8121791518

    閉じる× 閉じる×

    いろいろやらされた

    しおりをつける
    blank
    いやいや続けた派
    習字・そろばん・ピアノ・スイミング・学習塾と休みがないほど通わされてました。
    わたしはイヤでイヤでしかたなかったけど、親に『辞めたい』とは言えませんでした。高圧的な親なので。兄弟もおんなじように通ってたので「兄や姉は通ってるのにお前はどうしてだめなんだ」と言われるのはわかってたので。
    「やめたい」と言えるのは、お子さんと信頼関係があるからだと思います。

    うちは2人子供がいるのですが、上の子は自分がやりたくて始めた習い事をやめました。「あと1か月やってみて、ダメだったらもう1度言って」と1か月様子を見ました。結局「やっぱり辞めたい」というので辞めました。辞めたい理由も納得いったからです。
    下の子も「辞めたい」と言い出したものがあります。こちらは説得してみたら続けることに決めました。(辞めたいと言ってから1年たってますが続けてます)

    上の子は「辞める」というまでとことん考えるタイプですが、下はその時の気分で言う事があり、子どもをよく見てよく考えて…がいいと思います。
    自分が辞めさせてもらえなかった苦い思い出があるので、なるべく子供の意向をくみたいと思ってます。

    トピ内ID:2579832223

    閉じる× 閉じる×

    さぼりました

    しおりをつける
    blank
    けんと
    私、40年ほど前になりますが、自分でやりたいと言った習い事をいくつもやらせてもらいました。飽きっぽいのか、2年ほどで全部辞めたくなりました。親は、やりたいと言ったことなんだから、辞めたいだろうなんて微塵も思っていない様子だったし、辞めたいことを軽く匂わせても全く感づいてもくれず、辞めたいと言えずにいて、最終的にはさぼって行かなくなりました。ばれてこっぴどく怒られました。
    そんな私ですが、アルバイトも真面目に長く続けましたし、その後きちんと学校卒業後就職し、今は勤続20年です。
    習い事と仕事の続く続かないが直結するとは思えない自分がいます。

    トピ内ID:6290789204

    閉じる× 閉じる×

    習いごとは勉強でも仕事でもない

    しおりをつける
    blank
    後悔母
    よほど本人に才能があるか、あるいは好きならいざ知らず、嫌なら辞めさせたほうがいいです。

    仮にこどもからやりたい、と言ったことであっても、才能があるない、あるいは本当に自分に合うかどうかは習ってみないと分からない部分です。

    我が家も結局親が進めた習い事は身に付かず、本人が好きでやっていることは続いています。

    長く続けることもいいですが、いろいろな経験をしておくことも良いので、嫌と思ったら次に移ればいいだけです。

    私は、嫌がる子供に習い事を続けさせたことを未だに後悔しています。さっさと、別のことをさせればよかった、無駄な時間・労力・お金をつかってしまった、というのが正直な感想です。
    途中で投げ出してだめな人間になる、というわけでもありません。

    トピ内ID:4644701423

    閉じる× 閉じる×

    子供なんてそんなもの

    しおりをつける
    blank
    元センセイ
    習い事は子供にとって遊び感覚ですから、こんな人間になるとか大げさに考えなくてもいいと思います。昨日行きたいといった遊園地を今日は行かないというようなものです。センセイとしては、そこからいかにやる気を出させて一定のレベルまで持っていくかが仕事。親としては、好きにすればいいと思いますが、合う合わないの判断も子供はできませんので、一時の感情かそれとも本当に嫌なのか見極めは大事です。
    私なら、なぜ辞めたいか理由を聞き出して、それから対処します。
    他にやりたいことがあるとか、飽きたとか、友達とトラブルとか理由はたくさんありますよ。

    トピ内ID:2100563925

    閉じる× 閉じる×

    屁理屈並べます。

    しおりをつける
    blank
    みかん
    >習い事を続けることすらできない奴は、これから先何をやらしても中途半端になる!!

    言いたいことはわからなくはないけど、どこまで習えば中途半端じゃなくなるのですかね?中学?高校?社会人になるまで?例えばそろばんを中途半端にならないようにするなら10段まで?ピアノを中途半端にならないようにするにはピアニスト?水泳はオリンピック?

    個人的にはやめたいと言い出したら、1回は頑張ってもらうかな?せめて「ここまで」っていうちょっとハードルの低い明確なゴールを決めて。水泳なら25m泳げるようになったらいいよとか。その上でもう一度子供に考えてもらうかな。

    トピ内ID:7708392716

    閉じる× 閉じる×

    本音の理由は?

    しおりをつける
    blank
    さかえ
    やめたい、本当の理由は何でしょう?
    子供もそれなりに知恵を絞ってやめたい理由を言うでしょうけれど、本音の理由です。
    子供の口から出なくても、親として子供の本音だろうと考えつく理由。
    我が家なら、それ次第です。
    やめたいほど辛い山を乗り越えてこそ得られるものがあるのも習い事の醍醐味のひとつです。
    または、地味でつまらないと感じることをコツコツ続けてこそ身につくものもあります。
    でも「やめたいほど辛い山」が子供を押しつぶすほどなら、やめるのも手です。
    コツコツ続けることの内容にさえ、ちっとも興味持てないなら別のものにすべきです。
    別の習い事をしたくて今の習い事をやめたいなら、親として、真剣に相談に乗ります。
    子供って、簡単にやめたいと口にしませんか?

    トピ内ID:1192441047

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。

    しおりをつける
    🐱
    allure
    皆様、お返事ありがとうございます。

    やはり、子供の性格等も関係してきて、最終的に判断するのは親ですよね。
    わかってはいるものの、中々難しいです。

    しかし、今回、習い事をやめたいと言い出した子は気分屋でして、単に行くのが嫌面倒で言った節があるので、話し合いをし、継続することになりました。

    しかし、サッカーもやってみたい気もしているようです。
    サッカーの見学も検討していこうと思います。

    ありがとうございました。

    トピ内ID:7553678849

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]