詳細検索

    • ホーム
    • 仕事
    • 専業主婦の仕事復帰、経験談やアドバイスください
    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    専業主婦の仕事復帰、経験談やアドバイスください

    お気に入り追加
    レス14
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    さや
    仕事
    はじめまして。生後6か月の赤ちゃんを専業主婦で育児中の、さやと申します。
    現在、仕事について悶々と悩んでおり、アドバイスをいただきたくトピを立てました。

    以下が私自身、及び我が家の情報です。
    <私>
    ・正社員退職後、現在1年2か月ほど
    ・前職は海外とのやり取りの多い部署で、TOEICは900点以上(→でも今受けると怪しいかも)
    ・英語以外にもう2か国語、そこそこ分かる
    ・在宅でやってみたい仕事があり、仕事と並行でスクールに通うなど勉強していた
    <我が家>
    ・生活に困る年収ではないけれど、住宅購入用の貯蓄や自動車関係の積み立てを考えると結構カツカツ、幼稚園に行き始めると貯蓄は多分できない

    正直なところ、今すぐにでも仕事がしたいです。生活に困ってはいないものの、もう少し余裕が欲しいし、何よりせっかく頑張ってきたことがあるのに、自分がサビれていくのが死ぬほど嫌なのです。現時点で退職してから1年2か月。子供が幼稚園に入るのは3年先。どんどんブランクが開いていくのが怖くてたまりません。対して主人は、「のんびり在宅ワークを目指すか、何ならずっと専業主婦でもいいじゃないか、共働き時代のような体力的にギリギリの生活はもうできない」とあまり理解してくれていません。

    そこで、以下のうちどの案が現実的でしょうか。
    1今からでも保育園の都合をつけて、語学が活かせる仕事に出る
    2今から育児と並行して在宅ワークをガッツリ目指す
    3今は何とか時間を見つけて勉強しつつ、幼稚園に入ったら語学が活かせる仕事を探す
    4やりたいことなんてもう考えない、在宅ワークは老後のお楽しみ

    1は主人が望まない、23は家で面倒を見ながらだとなかなか時間が取れない、在宅ワークが実るのなんていつになるか分からないし。1+4?とグルグル考えてしまっております。客観的に、どれが現実的でしょうか。体験談などお待ちしてます。

    トピ内ID:1938340393

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 9 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 29 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数14

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    退職したのが失敗でしたね

    しおりをつける
    🐤
    魑魅魍魎
    語学を活かせる仕事なんておっしゃってますが、既婚乳児持ちのブランクあり、専業上がりの女性はなかなか雇ってもらえません。

    保育園の待機児童問題が無いとして、職種を選ばず1が妥当でしょう。

    トピ内ID:0591025765

    閉じる× 閉じる×

    もう1つの選択肢

    しおりをつける
    blank
    さや
    トピ主です。
    もう1つ、選択肢がありました。

    5語学とは関係ないけれど、少しでも仕事を再開するのに有利になりそうな資格を今のうちに取得し、幼稚園に入ったら資格を活かして仕事

    でもそれができるなら、23の選択肢も可能になりますね。。

    少しずつでも勉強はしているのですが、どうしても独身時代や子供がまだいなかった頃のようには時間が取れず、勉強といっても限界があり・・・
    もういっそ、やりたい事なんて考えず、せっかく可愛い赤ちゃんのうちは子育てに専念する、お金に困るなら何でもいいから働きに出る、が現実的なんでしょうか。。なんだか落ち込んでしまいます。でもそんなことを言っても仕方ないので、少しでも前向きに頑張っていけるよう、アドバイスください!

    トピ内ID:1938340393

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    なんとなくですけど

    しおりをつける
    blank
    昭和生まれ
    英語に関わらず、独学で今のスキルを維持していくのは、結構難しそうですよね。
    外の刺激に触れ続けることで緊張感が保たれ、頭の回転も良くなるように思います。
    仕事と独学の中間…になるかどうかわかりませんが、ネイティブレベル対象の英会話教室に通ってはどうでしょう。
    週に一度でも定期的に外に出て人と関わり、宿題もこなしていく生活は、心身ともにメリハリがあって良いと思います。
    それくらいは旦那様に頑張って認めてもらいましょう。

    トピ内ID:5738545652

    閉じる× 閉じる×

    子供をどのように育てたいのか

    しおりをつける
    blank
    あおい
    バリバリ仕事をこなしてきたのに社会から離れて不安な気持ちはよくわかります。
    ということで4案は無しです。
    老後まで取っておいたらせっかくの能力が腐ってしまいます(笑)

    ただし、今は生後6か月の赤ちゃんがいるわけです。
    この子を将来どんな子供に育てて行くのか。
    それがあなたにとって今一番重要な問題では?

    自分の為だけにキャリアを活かすのではなく、子供にとっても
    あなたが働くことのメリットがなければならないと思います。
    例えば自分の姿を子供が見て、努力出来る子に育って欲しいとか。

    それを踏まえて、社会復帰するのならまずは自分が希望しているような
    求人案件があるのかどうかを調べてみてはどうですか?
    仕事が無いことには会社にしても在宅にしても働きようがありません。

    ちなみに3案は幼稚園入園後に外での仕事が見つかった場合、保育園よりも
    時間の制約が出てきそうです。

    トピ内ID:0983101964

    閉じる× 閉じる×

    学ぶことはいくらでもある

    しおりをつける
    blank
    ひー
    トピ文からの印象のみですが、別に急いで復帰しなければならないほどの人材とは思いません。
    語学ができるところがよりどころのようですが、その前に日本語をよく学んだ方がいいと思います。
    死ぬほど嫌、というのは小学校低学年程度が使う言葉であり子供がいる親が簡単に死という言葉を例えに使うのはちょっと信じられません。怖くてたまりませんのような、たまりませんという言葉は昔話で悪役の心情を語るときに使われることが多い(意地悪ばあさんは、お隣が金持ちになったことが悔しくてたまりません等)し、また不思議なほどに叩かれるトピ主がよく使う言葉でもあり、感情の制御がうまくない人が使う言葉のようです。
    また文章全体が自己顕示欲を満たすために働きたい典型というか、サビれるとかブランクとか、自己中心的な動機が前面に出すぎて、あなたの文章をいろいろな立場の人たちが読むことに、全く想像力が働いていません。
    在宅ワークでメールのやり取りが多いと、こういう無自覚の無神経さが相手の気を悪くするということもしばしばあるでしょうね。
    まあ、輝くために仕事したいタイプの人は相手の細かい気分はハナから気にしないでしょうけど。

    トピ内ID:7034825333

    閉じる× 閉じる×

    私は3でした

    しおりをつける
    🐱
    みみみ
    私は出産(と夫の異動に伴う引越し)を機に正社員を辞め、専業主婦をしていました。
    トピ主さんとジャンルは違いますが、スキルを持って仕事をしていたため、在宅ワークをした時期もありました。

    赤ちゃんがいる状態での在宅ワークはおすすめしません!
    時間がとれず、仕事が進まないことに焦り、自分が不機嫌になると赤ちゃんも不機嫌になるという悪循環。
    誰にとっても良くないと判断し、在宅ワークは半年位で辞めました。

    保育園に預けようと試みましたが、なかなか気難しい子だったため慣れてくれずに断念。
    幼稚園に行く年齢まで、仕事は諦めようと覚悟を決めました。

    子どもが幼稚園に入ってから、スキルを活かした仕事にフリーの形で復職。
    今は、夫、小学生2人、幼稚園児1人という家族構成ですが、私が無理をしなくても家事育児を分担できる態勢ができているので、とても働きやすいです。
    出張にも行けます。
    「母親が働ける態勢」を家庭内に作ることが大事です。
    諦めるのではなくいつか復職する時のための準備期間と考え、旦那様と一緒に計画を立ててみてはいかがでしょう。

    トピ内ID:1092707095

    閉じる× 閉じる×

    すごいなぁ…

    しおりをつける
    blank
    わかむらさき
    英語プラス2ヵ国語ですか。
    私も英語の学校を出ましたが、今では全然活かせてないです。

    さて、私が主さんだったら1か3を選びます。
    ただ現実にご主人が反対しているのなら3でしょうか。
    いずれにせよ、子どもが小さいうちは家庭を優先できるような
    パートの仕事がいいのではと思います。

    私は結婚当初、結婚前からの職場で引続きフルタイムで働いていました。
    子どもができるまでは貯えを増やしたかったからです。
    しかし、数年後に体を壊してしまいやむなく退職。
    主人の理解もあり、今は短時間のパートで働いています。
    子どもは残念ながら、未だに恵まれません。
    主さんにとっていい結果になるといいですね。

    トピ内ID:9107862393

    閉じる× 閉じる×

    在宅で語学を活かす仕事をする

    しおりをつける
    blank
    美紀
    状況が私と同じだったので懐かしく思いレスさせていただきます。

    私はTOEICではありませんが、ある技術を持っていて子どもが生まれた頃は専業主婦でした。
    トピ主さんと同様、生活に困っているわけではないけれど、余裕が欲しいと働くことにしました。

    私の場合は持っている技術を活かす仕事を在宅で行うということにしました。

    トピ主さんの場合、翻訳とかはどうですか?
    翻訳って在宅でできるものではないのかな?
    (私は翻訳に関して詳しいわけではないので無理に進めるわけではありません)

    なぜ選択肢に
    「在宅で語学を活かす仕事をする」がないのでしょう?
    何か理由がありますか?

    トピ内ID:9887042752

    閉じる× 閉じる×

    余裕があるなら夢を目指そう

    しおりをつける
    blank
    いじわるこまち
    どれが現実的かと言えば4番かなとは思います。

    だって、1番は大黒柱であるご主人が反対しているなら、
    シングルになってあなたが大黒柱にでもならない限り難しいですし、
    2番3番は時間がとれなくて厳しい、とのことですから、
    4番しか残っていません。

    ただ、カッツカツで余裕がないという状況ではないのであれば、
    2番の在宅ワークで稼ぐというのを目指してみてはいかがでしょうか。

    トピ内ID:2108604373

    閉じる× 閉じる×

    今は

    しおりをつける
    😭
    あぁ。
    今はまだ6ヶ月なので
    日々が閉鎖的に感じられるかもしれません
    子供が産まれる前に華やかな仕事されてたなら
    なおさら。
    でも、そろそろ子供ができる
    事が増えてきますよ。
    習い事一緒にされてますか?
    スイミング、リトミックなど
    金銭面的なことがあるなら
    市のサークルやベビーマッサージ等参加してもいいと思います。
    お子さんに色んな刺激を与えてあげる事を楽しみとされてはどうですか?
    友達は若くして結婚してご主人が見習い立場の為給料がなかったので
    生後6ヶ月の子供を保育園に預けて働きました。
    この状況で子供を産んだのは自分だけど泣く子を預けて働きに行くのに毎朝泣いた
    と言っていました。
    離乳食も保育園で済ませる事になり
    連絡帳で 今日は○○を一さじ食べました、今日は△△を一さじ食べました
    と読む度 どんな顔して食べたのかな?と
    想像して涙がでた、友達がSNSなどでトマト初めて食べた顔
    など写真を載せてるのもみて辛かったと言っていました。
    私は、今は子育ての間に勉強する事をお勧めします。

    在宅ワークになると捗らない事にイライラしてしまう為
    働かなくても良いなんて甲斐性あるご主人様ですよ。

    トピ内ID:8154505955

    閉じる× 閉じる×

    派遣社員でスタートは?

    しおりをつける
    🙂
    マーファ
    TOEIC 900以上なんて凄いです。このままサビれていくのが死ぬほど嫌、というのはわかります。

    派遣社員はどうでしょうか?都市部なら、単発とか週1~2のお仕事、ありますよ。

    私が専業主婦から再出発したのは、下の子が1歳2カ月のときでした。
    派遣で週2日からスタート。本当にしたい仕事ではなかったけど、関連分野ではあったので我慢。常に求人情報をチェックし続け、子供の成長に合わせて週3→週4に変えていきました。再出発から6年後、最もしたかった仕事を見つけ、契約社員として採用され、その後正社員にしていただけました。
    家族は何より大切ですが、給与は本当に助かりますし、仕事で得られる喜びもプライスレスです。

    単発や週○日という働き方だと、認可保育園は無理でしょう。保育料の高い無認可やベビーシッターになると思います。私の場合、最初は給与が全て保育料に(涙)。でも長い目で見たら、それは正解でした。特定スキルを使う仕事を探す場合、プラマイ0でも働き続けて「ブランクを作らないこと」がポイントだと思います。

    というわけで、私は1を推します。長い目でみて、頑張ってください。

    トピ内ID:6052942647

    閉じる× 閉じる×

    二兎は追わない

    しおりをつける
    😭
    とんこ
    語学でいくのか、その在宅ワークとやらを極めるのか今はまず絞るべきです。

    語学を活かすなら子供も小さいし会社復帰がいいでしょう。自営や在宅は時間に融通がきくようでかえって夜遅くに仕事しなくてはならなかったりしますよね。

    在宅ワークがなんの仕事なのかは分かりませんが、どうしてもそれをしたいなら
    最初は細々と仕事を始めて人脈やら知識を増やす

    という感じでしょうか?

    ご主人の反対側あってもやりたいことをはっきり決めて理解を求めるしかないと思います。

    私の場合結局社会復帰したのは子供が5歳の時でした。
    その間は思ってるだけでなんの職探しも勉強もできませんでした。
    復帰したのは偶然、今までしてた職種とは全然違う事で声をかけてもらったことです。
    意外と向いてたようでそのあとは順調です。
    今は子供が中学生くらいになる頃までに独立できたらいいなと研鑽と人脈作りに励んでます。

    あまり焦らなくてもなるようになるし、ご主人の理解も付いてくるかも。
    うちの夫は私が働くとは思ってなかったようですが、働き出したら意外にも協力的でした。
    身なりがキチンとするのが嬉しいらしいです。

    トピ内ID:1187819282

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    さや
    トピ主です。
    様々なご意見をいただき、ありがとうございました。

    皆様のレスを読みながら、2+3で頑張ろうかな、と思いました。
    一番の課題は、自分に自信がないことのような気がします。

    美紀様のアドバイスにあります翻訳ですが、それがまさしく私のやりたい在宅ワークでして。。翻訳というと語学力以上に日本語のセンスが必要で、独身時代からけっこう投資して頑張りましたが、今のところプロレベルには届いておりません。。
    あおい様のおっしゃるように、自分のやりたい事を実現したい、だけではなく、我が子にとってのメリットも考えるべきですね。

    今はまだまだ育児の大事な時期なので、新しいことを吸収するには向かないと思い、とりあえず今年度中にTOEICを受けて前回の点数を下回らないことを目標にしました。子供が落ち着いてきたら、翻訳にトライor語学を活かせる仕事を探します。

    私のスキルですが、簿記2級とツアーコンダクターの資格も持っていることを思い出しました。
    いざとなったら何とか働き口はあるのかな、いや甘いかな、と不安を抱きつつ、先ばかり案じてもしょうがないので、目先の出来ることからやっていこうと思います。

    トピ内ID:1938340393

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    母性は無敵のスキル

    しおりをつける
    🙂
    青山
    正社員のときは、どんなに忙しくても自分の努力が認められ、自由で充実した毎日を送っていた。
    母親になった途端に、赤ちゃんと二人きり。骨身を削るような苦労をしても、「母なら当然」と認められない。
    このまま自分はずっと誰からも認められない存在になってしまうのではないか、どんなに焦っても、母親業を捨てて後戻りすることはできない。
    私もずっとこんな気持ちでした。

    下の子どもが大きくなり抱っこ漬けの日々が終わったとき、ふと「もう母乳大好きの赤ちゃんには戻れないんだな」と気付き、母親業が私の人生にいかに大きな恵みをくれたか、わが子に心底感謝しました。

    トピ主さんは、赤ちゃんと二人きりの生活が始まったばかりですね。抱っこしながらパソコン、頭の中はキャリアのことで一杯、私もそういうことがありました。
    その時期は、体は母親でも、心はまだ母親になりきっていなかった。
    母親業の奥深さに気付かず、育児本のマニュアル通りにすれば任務完了だと思っていたんです。

    復帰に向けて家で勉強は結構だと思います。でも、赤ちゃん時代は刻一刻と過ぎているし、母親業は母性という無敵のスキルを磨く修行なのだと思います。

    トピ内ID:8969801777

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]