詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    子供に手をあげる教育

    お気に入り追加
    レス71
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    バコーン
    話題
    子供に手をあげる教育ってどう思いますか?
    テレビでも教員の体罰が問題になったりしていますが、私が子供の頃は
    先生が生徒に手をあげるのは日常的にありました。忘れ物をしたら出席簿で
    頭をバコーン、部活でミスったらラケットでバコーン、口答えしたら足蹴り
    バコーンとか、そんな光景は本当によく見ました。私の育った家は短気な
    父親の影響もあって、怒鳴る、叩くが当たり前でした。父親が見ている
    テレビの前を取ったらバコーン、足元に置いてあるコップの水をひっくり返し
    たらバコーン、バコーンの毎日でした。父親もすぐに手を出す親(私からみると祖父母)
    育てられた為、瞬間的に怒りやバコーンが発動する人で、家族に短気者しか居ないのですが
    元々、性格が穏やかで静かな母親までもが短気人間へと変わっていき、いまでは
    母親もすぐキレるようになりました。

    最近の親は子供を叱らない、手をあげないと言いますが
    手をあげない教育に関しては大賛成です。なぜなら、子供が真似したり
    そのような教育で育って子供が良い風に育つとは思わないからです。
    私の父親は手をあげたほうが子供の為にもなるし、嫌でも上下関係を
    わきまえるようになるから叩く教育はむしろ必要だと、時代錯誤なことを
    言いいますが、世代によっても違うんでしょうか?

    小町の皆様は子供に手をあげる教育どう思われますか?
    また、ご自身は手を出されない家庭に育ちましたか?それとも手を出される家庭に
    育ちましたか?後者の場合、子供に反射的に手をあげてしまうことはありますか?

    トピ内ID:7954576764

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 6 びっくり
    • 4 涙ぽろり
    • 17 エール
    • 9 なるほど

    レス

    レス数71

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    30件ずつ表示

    手をあげないからには、工夫も我慢も要りますけどね

    しおりをつける
    blank
    虹色
    叱らない育児、手をあげない育児を放置と思ってる人がいて、甘いな~と思ってます。
    叱らない、手をあげない、だったら、他の工夫も我慢も色々付随してくるんですよね
    親も本当に辛抱強くないとダメだし、外出先だって制限されます。

    私自身は、子供の頃、全く手を上げられなかった訳じゃないけど、数えるほどだと思う。
    父が怒鳴るので、あれが嫌でしたね~
    嫌味を言う家庭で自分も言っていたけれど、結婚する時に、嫌味は結婚生活にいいことないな、と思って
    自分で嫌味を封印して結婚しました。次第に、嫌味を言わない事に慣れます。
    だから、叩かない育児も、初めは意識が必要でもなれると思いますよ。

    私は今、5歳児を育児中ですが、3歳くらいまで叱らない育児
    4歳くらいから、叱りも入る育児になってきました
    手をあげることは、この先もないと思います。

    トピ内ID:8671376274

    閉じる× 閉じる×

    私の学生時代もそうでした。

    しおりをつける
    blank
    柚吉
    私は40才半ばの主婦です。
    中学時代は、ビンタや、モノで叩くってわりと日常にありました。
    土砂降りの中、隣のクラス全員が制服で走らされていた事もありました。
    でも何でしょうね、叩かれたからって、心が傷付く事はなかった気がします。
    次の日もみんな普通に登校してましたし。

    昔と今では環境も変わってきましたが、
    何より親が先生に対する思いが変わってきていると思います。

    それと、
    私は親に叩かれた記憶がありません。
    私も息子達を叩いた事は無いです。

    叩く=しつけ

    って難しいと思います。
    叩かれた方が「これは愛のムチだ。自分のためだ」
    って心底理解していたらいいですが、
    ほとんどの場合、負の感情しか湧かないと思うからです。

    叩いている方も怒りが収まらないから叩く。
    が、大部分じゃないかな?

    トピ内ID:2861081677

    閉じる× 閉じる×

    叩く教育は不要

    しおりをつける
    blank
    りんご
    親に叩かれた事もないし、教師にも叩かれた事はありません。


    叩くがどの程度のものかにもよりますが、叩かないと教育が出来ないと言うのなら、それは教える側が未熟であり、力で抑えつけた事を成功したと錯覚してしまうから繰り返すのです。


    叩いて力で押さえ付ける行為は、一時的な抑止力にはなっても、そこには歪みが生まれて二次的要因に繋がり兼ねません。


    人の顔色をうかがい、自己肯定感が希薄だったりと、個々もまちまちです。

    トピ内ID:2784999889

    閉じる× 閉じる×

    叩かない代わりに知能体力を限界まで使う。

    しおりをつける
    🎶
    curtain
    自傷他害のおそれ、生命財産の危機、万引きや虐めなどの犯罪行為、に関しては叩いても仕方ないと思います。

    片付け、勉強、口ごたえなどで叩くのは親の能力不足だと思います。
    言葉と労力と気力で子供を納得させられないことの証だからです。

    夫も私も叩かない・殆ど叩かない家で育ちました。
    二人とも、子供に手はあげません。

    トピ内ID:3596455583

    閉じる× 閉じる×

    しっかりして下さい

    しおりをつける
    blank
    おやじ
    >子供に手をあげる教育

    教育とは言いません。

    暴力です。

    >私の父親は手をあげたほうが子供の為にもなるし、嫌でも上下関係を
    >わきまえるようになるから叩く教育はむしろ必要だと

    こんな言葉に惑わされるなんて、

    >性格が穏やかで静かな母親までもが短気人間へと変わっていき

    そのうち、トピ主様まで、そうならないとも限りませんよ。

    しっかりして下さい。

    トピ内ID:1761013543

    閉じる× 閉じる×

    手を上げるのは教育ではないでしょうね。

    しおりをつける
    blank
    美紀
    よく、昭和の頃は体罰が当たり前だったという話を聞きますね。
    でも、私は昭和半ば生まれですが、先生や親を見ていて「手を上げる」が当たり前ではありませんでしたよ。

    地域性でしょうか。

    子どもは小さくても人間です。
    言葉が通じる生き物です。

    言葉が通じるのになぜ暴力に訴えないといけないのでしょうか?

    手を上げる=暴力、虐待
    でしょう?

    ちっとも「教育」なんかじゃないです。

    トピ内ID:0829852732

    閉じる× 閉じる×

    体罰は必要

    しおりをつける
    blank
    悪男
    私は体罰は必要との考えです。
    中学生までの子供には動物的な面が残っています。人間として言語能力面、精神面で未成熟なのです。だからこそ、子供には選挙権がなく、人権が制限されているのです。

    言葉でわからせることが一義的に不可欠であることが大前提ではあるものの、言葉で諭しても言うことを聞かず、親や先生を馬鹿にしている場合はどうするのでしょうか。最近、この手の子供が増えているように思えますし、そのまま成人したらどんな人間になるかとても心配です。

    最近、公共の場で奇声を上げて走り回る子供が増えたこととも、このことは無関係ではないでしょう。子供が迷惑行為を行っても、親は口頭で「だめよ」とか「やめなさい」と言うだけです。私にも息子がいますが、公共の場で迷惑をかけた上、親の言うことを聞かない場合は、躊躇なく体でわからせます。

    何も言わずに体罰をふるうのはよくありませんが、手段として放棄するのは如何なものかと思います。

    トピ内ID:8630270409

    閉じる× 閉じる×

    必要な局面もある

    しおりをつける
    blank
    エム
    昔は家でも学校でも何かとブッ飛ばされてましたね(笑)

    >子供は小さくても人間です。
    >言葉が通じる生き物です。

    最近は「言葉の通じない子供」が増えています。
    昔の悪ガキと今の問題児は質が違うのです。
    殴られない、怒鳴られないことを知っているから大人が怖くないのです。
    親が後ろ盾になってくれるから先生なんか怖くないしリスペクトもしない。

    決して暴力を肯定するわけではありませんが、現在の最悪な状況を見ると昔の様に多少手を上げようが子供にとって理不尽であろうが、それが一定の秩序を維持するのに必要であることを教えるべきではないかと感じています。
    それには先ずは親が子供から嫌われるのを恐れないようにしなければいけないと思います。

    トピ内ID:7435425385

    閉じる× 閉じる×

    人間性は人間性でもってしか導き大きくすることが出来ない

    しおりをつける
    blank
    おやじ
    >中学生までの子供には動物的な面が残っています。人間として言語能力面、精神面で未成熟なのです。だからこそ、子供には選挙権がなく、人権が制限されているのです。

    愚かな考え方だと思います。

    大人が、なぜ、手を上げると思いますか。

    カッと来て、無意識に、手を上げるのだと思いますよ。

    どこに人間性が見られますか。

    おとなでも子どもでも、人間が動物である事にかわりはありませんし、当然動物性もちます。

    子どもは、意識的である事が弱い分、無邪気(無意識的)です。

    でも、子どもに人間性(意識性)がない訳ではないのは、誰もが知っていることです。

    子どもが動物的(無意識)で、大人が人間的(無意識)と二元論で片付ける事はできません。

    大人は、力を持つ分、動物的(無意識)も、人間的(意識的と同様に大きくなると考えるのが妥当だと思います。

    そして、人間性は、人間性でもってしか導き大きくすることが出来ない事も。

    トピ内ID:1761013543

    閉じる× 閉じる×

    一方的な正義

    しおりをつける
    blank
    おやじ
    >最近は「言葉の通じない子供」が増えています。
    >昔の悪ガキと今の問題児は質が違うのです。

    そんな社会を作り出したのは、私たち大人です。

    古代文字を解読したら、「昔は良かった」と書いてあった話は有名ですよね。

    >それが一定の秩序を維持するのに必要であることを教えるべきではないかと感じています。

    どこかで耳にした「一方的な正義」なるものと同じだと思います。

    トピ内ID:1761013543

    閉じる× 閉じる×

    なぜ極端に走るのかねえ

    しおりをつける
    blank
    おっさん
    「殴られもせずに一人前になったヤツがどこにいるものか!」という某有名アニメ内の台詞は真実だと思っているアラフォーですが、トピ本文にある環境が好ましいとは思いませんねえ。私が親に叩かれたのは片手で数えるほどしかありません。今思えば、あの時殴られて良かったなと思える場面でだけです。

    そもそも、体罰肯定派でも、日常的に体罰を加えるべきなんて考えている人はほとんどいないと思います。肯定派と言いつつ、本当に必要な時だけにバシッとやる、数年に一回あるかないか、位に考えている人がほとんどだと思うのですが。体罰否定派でも同じように考えている人たくさんいると思います。

    とにかく体罰は駄目である、子供だって話せばわかる、という考え方は高尚なものかもわかりませんが、仕事柄かなりの数の親子を見てきましたけど、ぶっちゃけそれで本当にうまくいっている人は見たことありませんねえ。

    トピ内ID:5146093426

    閉じる× 閉じる×

    暴力の思い出

    しおりをつける
    さとも
    40代の者です。
    中学の時、間違えで頬を思い切り叩かれました。
    林間学校で宿泊中、先生は酒臭かった。普段大人しい理科の先生が
    酔った勢いという感じでした。
    ショックで、間違いだということを言えませんでした。

    他の先生にも叩かれたことありますが
    怒りに任せてという感じ。

    相手が強い大人であったら叩かないでしょう。
    教育という庇護の元、実は
    女子供を選んで襲いかかる犯罪者と同じ心理なんじゃないのと思います。

    私の父は、よく母を叩きます。(子供には手を出しません)
    口で言っても分からないからという理由でもう40年は叩いていますが、
    母は変わることなく父をおこらせています。
    叩いても何も変りません。
    そのかわり、それを見て育った私は両親を避けるようになりました。
    両親の喧嘩を子に見せることは、現代では虐待とみなされるようですね。
    暴力は、誰も幸せにはしてくれませんでした。

    夫や子供とは話し合いで決着がつきます。楽しい家庭です。
    手を出す事は我が家では一度もありません。必要ありません。

    先生からの暴力を愛情と思ってしまう子供は、家庭でどのように育てられたのかと
    胸が痛くなります。

    トピ内ID:2949864979

    閉じる× 閉じる×

    貴重なご意見ありがとうございました(トピ主)

    しおりをつける
    😭
    バコーン
    皆様のご意見の多くが「子供の教育に暴力は不必要」ということですよね。本当にその通りだと思います。
    昨日、たまたま父親の知り合いが家に遊びに来たのですが、その方には現在6歳と4歳のお子さんがいて
    昔はよく家にも来ていたので、私が「○○ちゃんたちだいぶ大きくなったじゃないですか?」と何気なく言ったら
    、その方が「生意気でダメだ。だから俺も本気で叩くし、殴ってる」と言うじゃありませんか。横で話を聞いて
    いた私の母親もギョっとした顔をしていました。私が「○○さん、暴力は良くないですよ。子供も萎縮しますし」と
    言ったら、彼が「うん子供は萎縮はしてるね。でもそれが大事、俺も親父にそうやってボコボコにされて育って
    きたし、嫁は子供を叩くなって言うけど、うるせーって言って黙らせてる」と。もうそれ以上は何も返答しません
    でしたが、結局そうなるんですよね。うちの所と同じです。負の連鎖がずっとそうやって続くんですよね。

    私の兄は、男の子ということで幼少期から父親に顔を足で踏みつけられたり、顔面殴られたりしていましたが
    自分が受けた傷を子供に負わせたくないというのがあるようで、兄は自分の子供にも絶対に手を

    トピ内ID:8518432400

    閉じる× 閉じる×

    つづき(トピ主です)

    しおりをつける
    😨
    バコーン
    あげません。兄の子供はもうすぐ3歳ですが、兄自身が大人しい性格なのもあってか?
    注意するときも、諭すように優しく注意しています。以前、私が子供に手をあげないんだね?
    って聞くと、兄が「萎縮する。ただでさえ○○は臆病者だから。手出さなくてもでかい声で
    怒れば誰でもトラウマになる」と言ったので、ああ~兄自身が父親から受けたトラウマは
    今も消えてないんだろうなと、その時に私は思いました。

    私が小学生~中学生の頃は、男性教師は叩く人、物を投げる人が多かったです。
    先に書いたことを始め、話を聞かず手悪さしてたら黒板消しやチョークが飛んでくる
    テストが赤点だったらゲンコツ、私は昭和の終わりの生まれですが、妹の世代では生徒に
    手をあげることが学内で問題になり、それからは現代の叩かない教育にシフトしていった
    ようです。特に私の通っていた中学校は、不良生徒が多いことで知られていて
    昔は学校の窓ガラスを手当たり次第割ったり、教師を殴ったりの暴挙が日常的だったと
    卒業生や先生から聞くので、それに対抗できる教師が必要だったのかもしれません。
    でも、暴力は何も解決しないし、人格を歪ませますね。

    トピ内ID:7954576764

    閉じる× 閉じる×

    時代錯誤というくらい、悪いものになってるのか。

    しおりをつける
    💍
    わんこ
    今の時代は本当に悪いことをしていても怒らないでしょ。そしたら極端は極端を生み、手を上げるのもありって人が出てきますね。

    あなたが知っている手を上げるは、最も悪い例ですね。お水をこぼしてはバコーン。子供に向かって大人が足でけるなんて、単純にほっぺをたたく暴力を振る割れるより傷がつく。



    ただ、今の時代の親40までの若い人って本当に過保護なんです。それでこの人たちを教育した人たち大人が「悪い事、怒ったらあかんこと(ピンタもやむをえない)の見極めがわかってない。 それで普通と悪いことを一緒にしてしもた。



    見極めをきちっとつけず。何でも怒ってはいけませんとやった。
    だから、お父さんのやり方も全部間違ってるわけではないが、怒っていいことまで怒ってはいけませんといいだした。なら、お父さん派もでてくるんですよね。
    こうなるのは必然なんです。

    幼稚園児や小学1,2年までは手を上げるのは反対です。が、単に手を上げるなというよりは、親が子供をしっかり躾ているかということも一緒に考えなければ解決しません。

    トピ内ID:0433793121

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      一度も手をあげられたこと、ありません

      しおりをつける
      blank
      50代ですが
      私の世代では珍しいかもしれません。
      よく『甘やかされてきたんだね』なんて言われましたが…実際は逆。
      そういわれる度に『ああ、この人もわかっていないな』って思いましたね。
      叩かれたりは一切しませんでしたけど、厳しかったですよ。
      いうことを聞かなかったり、悪い事をした時は、延々と何時間でもお説教。
      こちらが納得するまで、です。
      親も根気がいっただろうと思います。

      学校もそのような(体罰を与える)教師は皆無でしたね。
      まあ、私立の女子校でしたので、問題をおこす生徒もほとんどいませんでしたが。

      我が家の場合、母方祖父母と同居、母方祖父母も子供に手をあげない人でしたから、その影響も大きかったのではないでしょうか。
      祖父母曰く“子供に手をあげるのは、力で抑えこんでいるだけ”“何故いけないのか、何故悪いのか、自分で理解しなければ何にもならない”“もし、言葉で諭してもわからないようなら、それは子供が悪いのではなく、そのように育てた親の責任”と。

      昔とか最近とか関係なく、子供を叩くか否かは連鎖するのではないでしょうか?
      何かでそう聞いたことがあります。

      トピ内ID:1271814353

      閉じる× 閉じる×

      回数

      しおりをつける
      blank
      雪の下
      叩かれ慣れる、叱られ慣れる、がダメなんだと思います。
      最近の呆れる親のパターンはしっかり子供に向き合わず、ダメよ~を連呼、最悪パターンは○○に怒られるからやめなさいってやつ。
      がっしりと子供を掴み、本気の態度で、目を見て、凄み、やめなさい!となんで言えないのか…
      私は叩く躾もありだと思いますよ。物を盗んだり、誰かに暴力を振るったりしても、言い聞かせれば理解するなんて妄言過ぎます。バシバシ叩くではなく、一度だけ本気で叩き、"やってはいけない事をしたんだ"と一生忘れられない記憶にさせるんですよ。
      私個人の見解ですが、昔よりマナーのなっていない親子(+じいじばあば)が増えたな、と感じます。

      トピ内ID:1658115385

      閉じる× 閉じる×

      時と場合による

      しおりをつける
      blank
      たつ
      昔は体罰当たり前だったし、私も「母」からよく叩かれてました。
      体罰と言っても、体や心にずっと傷が残るようなものは暴力になりますので止めるべきでしょう。
      でも、他人に多大な迷惑を書けた場合などはある程度の体罰は必要でしょう。
      その際、道具は使わず、ほっぺやおしりをひっぱたく、といった、痛いけど傷が残らない方法を取ればよいと思います。

      甥っ子が一切体罰を受けずに育ちました。たしかに反抗期もなくとても温和でやさしいのですが、根性がないです。就職してもすぐに辞めてしまいました。
      そういうのを見ると、ある程度の体罰の経験は必要かなと思います。

      トピ内ID:4401903418

      閉じる× 閉じる×

      言って分かる年頃はだいぶ先

      しおりをつける
      🐧
      おばはん
      言っても分からないうちは叩いて躾け(調教)するしかないでしょ。
      義務とか責任とか、そういう事が分かるのは10才以上です。抽象的なものごとの理解が進んだら、もう叩く必要はないでしょう。

      言って分かるようになったら、もう「口で言うだけで分かるよね」と。
      殴られないと、殴ったら他人が痛い思いをすると分からない子もいるのです。

      それまではいくら口で説得しても、子供は説教を聞くのが面倒だから分かった振りをしていることが多いのです。

      叩かない育児の人は、怒るのが苦手な人が多いです。自分を正当化するために、叩く育児の人を批難することもあるのです。
      結局、叩いて育てても叩かずに育てても。どちらでも結構育ちます。――ようするに人の躾けに口出しするなということです。

      トピ内ID:1313591159

      閉じる× 閉じる×

      言葉の暴力

      しおりをつける
      blank
      雁もどき
      言葉の暴力もゲンコツも同じものだと私は思います。
      暴力がいけないと言うなら口で怒ったり注意することも辞めますか?
      そうはならないでしょう?

      子供を傷つけてしまう大人というのはどんな手段をもってしても傷つけるのです。
      ゲンコツを取り上げても言葉で傷つけるだけです。
      言いかえればゲンコツか否かというのは枝葉の問題に過ぎず、
      指導する側の内面的な問題こそが事の本質なのであって、
      指導の手段という目に見える現象に拘っても物事は何も良い方向へ向かわないと思いますね。

      どうも日本人というのは流行りに乗せられてやみくもに突っ走る傾向がある。
      今の「言い聞かせ教育」というのも思考停止の典型であると私は思います。

      トピ内ID:8441784212

      閉じる× 閉じる×

      「体罰はよくない」で思考停止

      しおりをつける
      blank
      悪男
      レス2回目です。
      私は体罰をしつけの手段として放棄してはいけないと申しました。
      それに対する反対意見も拝見しましたが、「体罰はよくない」で思考停止しているように思えます。我が子がいかに世間に迷惑をかけずに正しく育つようにするか、その手段として口頭での注意で改善しない場合は、体で分からせることも不可欠なのではないでしょうか。
      体罰反対派の方には、「体罰=感情的に暴力を振るうこと」と勘違いされている方もいますが、いきなり暴力を振るうことや感情的にたたいたりすることは私も反対ですし、実際していません。体罰をそのようにしかとらえられないことも、或る意味思考が停止していることの証左なのだと思います。
      最近、公共の場での子どもの振る舞いを、小学生の親である私自身でさえ苦々しく思う機会が増えました。子供が迷惑だというトピもここでは多く散見されます。親が子供をきちんと制御できていないのです。
      私が我が子に体罰をふるう場合は、悪ふざけをして周囲に迷惑をかけたり乱暴をした場合で、かつ親の注意を聞かない場合です。特に人に痛い思いをさせた場合は、その痛みを理解させることも親の務めなのです。

      トピ内ID:8630270409

      閉じる× 閉じる×

      訳がわからず・・・

      しおりをつける
      🐷
      かおりん
      小5.6の時の担任が手を大きく振って私を叩こうとしていました。
      多分叩かれてはいないと思うのですが
      40年経ってもあの時の先生の顔と手を振り上げた姿と
      私の恐怖心は鮮明に残っています。

      その先生に会いたくなくて同窓会には一度も参加したことがありません。

      何故、先生に叩かれそうになったのか理由を思い出しません。
      怖いという恐怖しか残っていません。

      違う学年の時や違う先生から叱られた記憶と共に何で叱られたかも覚えています。
      自分が悪いことをしたからです。

      きっと理不尽なことで叱られた記憶は先生が怒ってる姿と恐怖しか残っていないんでしょうね。

      子どもたちも私に叩かれた記憶+叱られた理由 という物を覚えています。

      ただただ感情的になって叩いていたら叩かれた理由はわかっていないと思う。

      何故叩かれるほど叱られているのかという事を本人がちゃんとわかっていないと駄目なんですよ。

      叩いてまで叱るという事をちゃんと教えてあげなくっちゃね。
      子どもたちの為に。

      トピ内ID:2760714361

      閉じる× 閉じる×

      言いたいことはよくわかる。

      しおりをつける
      blank
      匿名
      そうであるべきですし、そうしなきゃいけないのも確かです。

      単にそういった時代に育ったからなのでしょうか?
      自分は叩かれたことは沢山ある。
      でも信頼関係によって、印象は全く違う。

      親に叩かれたのは、記憶にある範囲では
      「どうみても自分が悪いこと」だった。

      学校の先生は、1人は最悪。でももう1人は違ったな。
      何か特別に目をかけてくれてる感のほうが大きかったから。

      でも結果論であって、双方が既に納得できている関係以外では無理だろうし幼少期ではありえない。
      中学・高校で偶然出会った気持ちが通じ合う人だっただけなんだろう。

      昨年の大晦日のある番組で金八先生のパロディがあった。(GWで暇だったので、久しぶりに見てた)
      それで思い出したのだが、
      『腐ったみかんの方程式』
      これって、今の子が見たらどんな印象・感想をもつのかな。

      別にこの行為に対して賛同も非難もしない(はるか過去の作品だし)
      純粋に今の子はどう思うか知りたいな。

      トピ内ID:3378764322

      閉じる× 閉じる×

      時と場合によっては手をあげる必要がある

      しおりをつける
      blank
      うららら
      子供自身や、他人に危害を加えかねない行為については、
      「これをやってはいけない」を憶えさせるべきです。

      言葉で分からないなら、体で憶えさせる。

      そうでもしないと、取り返しのつかない事になりかねませんから。

      トピ内ID:8436735168

      閉じる× 閉じる×

      必要でしょうね

      しおりをつける
      🐶
      男です
      ただし、バコーンさんのまわりで行われていることはちょっと違うと思います。

      私のは親の方針で、ベルト線より上には絶対に手を出しませんでした。
      また、通常レベルの悪いことでは一つの事象で(同じ事を複数回別の場所ではなく)複数回行っても言うことを聞かなかった場合です。

      たとえば、同じ電車の中で走り回って数回注意されてそれでも言うことを聞かなかった時などです。違う電車の場合はリセットされますが注意回数がだんだん減っていきます。免許の反則と罰則の関係みたいな感じです。

      あ、字数が、続く
      瞬間的に怒りが発動して手を出すのとは明らかに性格を異にする手出しだと思います。

      人に危害を加える、自分の生命の危険にさらす行為は叩かれます。ただし、その時も叩く場合はおしりです。噛んだりしたら口をつねられますが。
      これも理性的な体罰です。

      片付け、勉強、口答えで叩かれたことはないですね。
      家の中で大騒ぎしていても叩かれたことはないです。

      curtainさんの仕方がないに、他人に迷惑を繰り返し行うを加えた辺りがボーダーラインですか。

      トピ内ID:2872684716

      閉じる× 閉じる×

      生活・身近な話題ランキング

        その他も見る その他も見る

        つづき

        しおりをつける
        🐶
        男です
        つまり、口頭注意の回数とおしりを叩かれることによって、悪さの程度を覚えます。そうやって覚えたことは、一時的な抑止力ではないと思います。

        親が虹色さんのいうとおり、外出先を制限してくれるのであれば良いです。電車の中で大騒ぎする子がいれば電車には乗らない、乗らせないと言うことですよね。口で言ってわかるようになるまで。そうじゃないと周りは迷惑ですもんね。ただし、私は電車に乗らせない方(これは例です)が虐待に近い気がします。少なくとも子供の機会を奪うと思います。

        私の場合は母の方が手が早かった(回数が少なかった)です。逆説的ですが、そのため父に注意された方が重かったですし、父に叩かれたときは自分がどんなに悪いことをしたか、重々反省しました。これも、両親の棲み分けです。

        悪い行為にも軽重が有り、言葉だけでは軽重まで伝えきらないと思います。また、反射的に叩く、かっとなって叩くではやはり軽重が伝えられないと思います。

        どんなにかっとなっても、ベルトよりは上は絶対に叩かないと決めていればそこでいったん理性が働きます。反射的には叩けません。

        子にも同じ方針でいます。

        トピ内ID:2872684716

        閉じる× 閉じる×

        開き直りとしか思えません

        しおりをつける
        blank
        おやじ
        >結局、叩いて育てても叩かずに育てても。どちらでも結構育ちます。――ようするに人の躾けに口出しするなということです。

        人の躾に口を出したい訳ではないでしょう。

        議論にも何にもなっていませんよね。

        >殴られないと、殴ったら他人が痛い思いをすると分からない子もいるのです。

        分かる子もいると言う訳ですね。

        それは、何処で見分けるのですか。

        おばはんさんの主観ですか。

        それでは、結局、殴ってみることになりませんか。

        おばはんさんの論拠には、殴られる側への考慮が全くありませんね。

        大人の(親の)気ままに振る舞って、何が悪いのだと開き直っているとしか思えません。

        トピ内ID:1761013543

        閉じる× 閉じる×

        びくびくして生きていく事になります

        しおりをつける
        blank
        おやじ
        >言葉の暴力もゲンコツも同じものだと私は思います。

        言葉の暴力を大きくとったり、肉体への暴力を小さくとったりの操作をすれば、一見成り立ちそうですが、全く次元の違うものだと思います。

        どんなに酷い言葉が口をつきそうになっても、人を殴ろうとは思わないものだと思いますが、それがその証拠のように思います。

        >どうも日本人というのは流行りに乗せられてやみくもに突っ走る傾向がある。
        >今の「言い聞かせ教育」というのも思考停止の典型であると私は思います。

        未だに、愛の鞭か暴力かが問題になるほうが、どうかしていると思います。

        簡単な事です。

        自分が子どもに戻ったとして(子どもの頃の自分を思い起こしてみて)、悪いことをしたら、殴られても仕方がないと思いますか。

        子どもは判断力が乏しいとしたら、余計、訳もわからないのに殴られることになりますね。

        また殴られるのではないか、大人の顔色をうかがいながら、びくびくして生きていく事になります。

        トピ内ID:1761013543

        閉じる× 閉じる×

        極論がダメ

        しおりをつける
        blank
        CBA
        何があっても絶対に手をあげないとか、なんでもかんでも手加減無しに拳骨で殴るとか、極論はよくないですね。

        極端なのが、未成年は少年法で捕まらないとタカをくくり犯罪を犯したり、学校で傍若無人の限りを尽くして「教師が生徒に手をあげたらクビだ!」と意気がる生徒やモンペだったり、虐待ですから。


        状況に応じて、諭す、平手、拳骨を使い分ければ良いと思います。

        トピ内ID:3414687395

        閉じる× 閉じる×

        必要ないと思います

        しおりをつける
        🐤
        miyu
        私は手を上げる時点でそれは教育ではなくなっていると思います。

        自身は口答えをして母に数回だけほうきでぶたれた記憶がありますが、その時母が父と喧嘩していた時だったので冷静に「ヒステリックに人に八つ当たりしているだけ」と考えていたのを覚えています。

        自分は人に手をあげたことは一度もありません。

        ただ手をあげなければそれでいいのかといいますと、ぶちきれて暴言を吐くというのは手を上げるのと同等に乱暴な行為だと思います。
        私はこの暴言を吐く行為を目にすることが多く非常に懸念を抱いています。

        トピ内ID:2128586814

        閉じる× 閉じる×

        不要とはおもわないけど

        しおりをつける
        🐱
        minon
        できれば手を上げないで教育できるものならすべきだとは思います。
        私はあまりたたかれずに育った40代です。父はほとんど家におらず(浮気してたため)、もっぱら母が三人の子供を育ててました。
        たたかれたのはほんの一回だけです。当時5歳くらいでしたがその時のことは今でも覚えているし、必要だったんだなあと思います。
        私には子供はいませんが、人の子供でも、「たたいてでも教えなきゃいけないことはある」と思っています。実際たたくことまではしませんでしたが、友人の子供に激高したことはあります。命にかかわるようないたずらをしたから。やってはいけないといっていたことをして弟のほうが大けがをしたのです。

        上下関係なんてたたいて教えるものじゃないと思います。実力があれば上下はおのずと決まるもの。上に立つ能力がないものが暴力に訴えるのだと思っています。
        人の命や自分の命にかかわるようなことを考えなくしてしまうような場合にのみ、私は怒るし叱るしたたく可能性があるかな。痛みというものを知るべきだと思うし。

        トピ内ID:9526333007

        閉じる× 閉じる×

        言葉で怒れない人ほど暴力をふるう

        しおりをつける
        blank
        エセ教師
        体育会系の教師に多いですよね。
        叱る時に「口より先に手が出る」タイプって子供に対して説得力がない叱り方しか出来なくて子供を黙らせられない人なんです。
        手を挙げられて育った人がそういう人間に育つ悪循環ですよね。
        その時点で人格歪んでます。

        暴力で正された子供は将来周りに暴力ふるう人になります。
        迷惑ですからやめて欲しいです。

        トピ内ID:6005856081

        閉じる× 閉じる×

        叩く、怒鳴る、のは当事者が未熟だということ

        しおりをつける
        blank
        ただの沸点
        言葉で相手を理解させられない自分を自ら露呈していることに気付かない。
        口で言ってもわからない、のは、口できちんと伝えられない自分のせいですから。
        勢いで手が出る、冷静になれないのは人間としての欠陥です。

        叩かれた側は、痛みだけが残るでしょう。
        痛いからしない、誰それに怒られるからやめるという倫理です。

        私は女性で、もちろん親や他人からそのようなことを受けた経験は皆無ですが、
        そのような場面に出くわしたことは数多くあります。
        第三者であっても、それは深い傷になることもあります。

        他人(子含む)の心身を傷めて良いはずは全くないですよ。

        トピ内ID:4711498831

        閉じる× 閉じる×

        いつも思うんだけど

        しおりをつける
        blank
        シゲール
        漠然と体罰の是非について語り合っても
        否定派、肯定派、それぞれ想定しているケースも違うし、
        平行線であまり意味がないなぁと思ってしまいます。

        こういう議論って、まずは肯定派が
        「どういう場合だったら手をあげるのか」具体例を出して、
        「どうやったら体罰をせずに正せるのか」を議論した方が
        実りがあるような。

        子供の年齢、親なのか教師なのか立場によっても
        解決方法、できる事は違ってくるし。

        ただ表面的に体罰禁止としても問題解決にはならないですし、
        だからといって体罰を肯定するのも思考停止かなと思います。

        トピ内ID:3243106039

        閉じる× 閉じる×

        教師に殴られ、親に罵られ

        しおりをつける
        🐤
        元バレー部の30代
        バレー部だったのですが、
        漫画みたいな光景が広がってましたよ。
        ヘマしたら、ケツバットやボールをぶつけられたり。
        先輩はビンタもされてました。

        でも、先輩も私も、顧問の先生に付いてってましたね。
        突き指、支柱が倒れてくる事故もあったけど、
        親よりも血相変えてすっ飛んできて、
        おんぶして近くの病院に全力疾走とか。
        全力を尽くせた試合では、
        顧問の男性教師が抱き合って涙…も何度となく見てきました。
        過剰と言える程の愛情感じてました。
        そして親も、体罰的なものがあることは知ってたけど、
        休日返上で先生とバレー部員を支えてくれてました。
        暴力と言えば間違いなく暴力。
        でも、その中に「強くなれ!」という明白なメッセージを感じてたから
        痛い・辛いはあったけど、それ以上の傷は受けてません。
        根性付きました。

        親はというと、暴力は振るわなかったけど
        子供の傷つくことを敢えて言う人でした。
        こっちの傷は大人になっても癒えません。

        白黒付ける必要は無いと思います。
        ただ、体or心に傷を付ける可能性がある事をする時は
        「愛情を持って、相手にそれが伝わるように」が大前提だと思います。

        トピ内ID:9957151363

        閉じる× 閉じる×

        そもそもトピ主さんの家での暴力は教育ではない

        しおりをつける
        blank
        アラサー
        失礼ですが、トピ主さんの家での暴力は教育的に必要な暴力ではなく、単なる理不尽な暴力です。誰が見ても必要ではない暴力ではなきでしょうか。だからといって、叩くことすべてが必要ないというのは極論です。

        危険や悪さの度合い、痛みをわからせる為に「あえて叩く」というのはアリだと思います。
        なぜ叩かれたのかを論じて納得させ謝らせ許す。までがセットだと思ってます。

        我が家のわんぱく娘は、おてんばでやんちゃですがまだ1歳。物怖じしない性格でガンガン大きい子にも迫っていきますが、言葉の理解はまだまだです。小さい子に怪我をさせたりする前にキチンと痛みや危険をわからせてあげたいと思ってます。これが、慎重派で何事にも気後れするような子だったら考え方が全く違ったと思います。

        トピ内ID:5056254289

        閉じる× 閉じる×

        愛や仁がなければ体罰が暴力にすり替わる

        しおりをつける
        blank
        無常の風
        暴力と体罰との区別がつかなければ、そういう行為の善悪判断になるだけです。その行為が、ある種の効果をもたらすこともまた事実です。

        例えば、座禅の時に警策を与えると言って、扁平状の板で叩くという行為があります。行為だけを見れば手を上げる(暴力や体罰)ことと同じです。しかしその目的が修業であり、一定の効果が得られるのであれば、それを受け入れることが出来ることでしょう。

        しつけや修業のために体罰を通じて人間完成を目指すことと、自分の思い通りにならないために相手に暴力を奮うこと(DV)とは、行為は似ていても、結果は非なるものです。

        体罰を与える方に愛や仁が無ければ、その行為は体罰から暴力にすり替わるだけです。ここで問われているのは体罰の善悪ではなくて、体罰を与える方の品格でしょう。

        座禅で相手を板で叩く行為(体罰)は、一定の修業をした僧侶だからこそ許されるというものです。もしもそうでなければ許されるはずがありませんし、一般には受け入れられないことでしょう。問われるべきことは、子供を躾ける方法(手を上げることの是非)ではなくて、子供を躾ける人自身の品格(愛・仁)の方ではないでしょうか?

        トピ内ID:3314953272

        閉じる× 閉じる×

        怖いんだよね、きっと

        しおりをつける
        blank
        エム
        子供が本当に悪い事、他人に迷惑をかける事をして、言葉で諭しても言う事を聞かない場合はどうするのだろう。
        理解するまで「優しく諭す?」
        それでも言う事を聞かなかったら?
        時既に遅しとならなければ良いのですが。

        因みに、自分の子供に嫌われる、恨まれるのを怖がる親は子供に手を上げませんね。
        だから子供が増長して手が付けられなくなるのです。

        他の方も書いておられましたが、要は信頼関係があるかどうかの問題です。
        親が子供を信頼していれば、時には手を上げる必要もあることを否定しないはず。
        子供が親を信頼していれば、親にぶたれても親を恨んだりトラウマになったりはしないと思います。
        臭いものに蓋をしていては一人前の子育ては出来ません。

        トピ内ID:7435425385

        閉じる× 閉じる×

        答えはおのずと出てくる

        しおりをつける
        blank
        おやじ
        >状況に応じて、諭す、平手、拳骨を使い分ければ良いと思います。

        事の本質をわきまえていないとしか思えません。

        >極端なのが、未成年は少年法で捕まらないとタカをくくり犯罪を犯したり、

        本当に、こんな事があるのですか?

        マスコミのニュースでも、思慮が足りないと思わせる少年事件は見聞きしますが、こんな開き直りをするニュースは、見聞きしたことはありません。

        それから、

        >学校で傍若無人の限りを尽くして「教師が生徒に手をあげたらクビだ!」と意気がる生徒やモンペだったり

        こんなのは、教師のほうが体格・体力的に勝るのだから、取り押さえれば良いだけの話ではありませんか。

        と言うか、こんな生徒が、本当にいるのですか?

        もしいたとして、誰がこんな生徒を支持するのですか?

        同級生だって、支持しないでしょう。

        教師にも、当然、正当防衛は成り立ちます。

        教師、生徒の前に、人間同士が根底にあるのです。

        そう考えれば、答えは、おのずと出てくると思いますが。

        トピ内ID:1761013543

        閉じる× 閉じる×

        一番良くない態度だと思います

        しおりをつける
        blank
        おやじ
        >ただ表面的に体罰禁止としても問題解決にはならないですし、
        >だからといって体罰を肯定するのも思考停止かなと思います。

        一番、良くない態度だと思います。

        なぜなら、

        >子供の年齢、親なのか教師なのか立場によっても
        >解決方法、できる事は違ってくるし。

        このように、暗に暴力を肯定しているのに、自らの意見を明確にしていないからです。

        親であろうが教師であろうが、相手が小学生であろうが中学生であろうが、暴力をふるって言い訳がありません。

        親なら、最後の最後には、「どうしても止めないなら、お前を殺して俺も死ぬ」くらいの迫り方をしても良いと思いますし、教師も、最後の最後には、「君も僕も同じ人間だ。だから、同じ人間同士として君に対峙する」と、高みから降りても良いと思います。

        この後に、何かが展開されるとして、それを暴力と言えるでしょうか。

        私は、暴力とは考えません。

        トピ内ID:1761013543

        閉じる× 閉じる×

        非生産的な話だと思います

        しおりをつける
        blank
        おやじ
        >ただ、体or心に傷を付ける可能性がある事をする時は
        >「愛情を持って、相手にそれが伝わるように」が大前提だと思います。

        このような配慮が出来るなら、そもそも、それをしなければ良いと思います。

        >ヘマしたら、ケツバットやボールをぶつけられたり。
        > 先輩はビンタもされてました。

        こんな事で、バレーが上手くなると思えません。

        もし上手くなるなら、日本以外でも取り入れられると思うのですが、そんな話を聞いた事がありません。

        >でも、その中に「強くなれ!」という明白なメッセージを感じてたから
        >痛い・辛いはあったけど、それ以上の傷は受けてません。
        > 根性付きました。

        非生産的な話だと思います。

        トピ内ID:1761013543

        閉じる× 閉じる×

        伝わりません。

        しおりをつける
        😨
        まりん
        子供に手をあげる教育に信頼だの愛だの自信をもっている方が見受けられますが、そんなの伝わらない例も多いです。

        あえて手をあげて痛みでわからせるならば、
        子供が弱い者を命の危険に及ぶ危害を与えた時(よちよち歩きの赤ちゃんを蹴り飛ばしたなど)
        子供自身の命の危機を理解していない時(包丁を振り回し遊んでる、火遊びでボヤをだした、落ちたら死にそうな崖に友人を誘って登るなど)
        というほどの事に対して真剣にですね。

        親に向かって悪い口をきいた、子供同士のけんか、お手伝いをさぼった、テストで悪い点をとった、
        これらへの事は伝わりません。
        殴られるまでの事をしていないと思う状態での体罰に愛は感じません。
        今大人になり親は向き合うのが面倒で、イラっとして殴ったのだなと思いますし解せないので考えが合わず疎遠です。

        学校の体罰教師も体罰を受けた思い出を共有する友達とは「嫌だったよねー」と面白い思い出のように喋りますが、
        あの先生を囲んで同窓会の話は一切でないし年賀状を出している子も聞きません。

        全員が伝わると思うなら何故今それが主流じゃないのでしょうか?

        トピ内ID:1642133805

        閉じる× 閉じる×

        問題のすり替えです

        しおりをつける
        blank
        おやじ
        >例えば、座禅の時に警策を与えると言って、扁平状の板で叩くという行為があります。行為だけを見れば手を上げる(暴力や体罰)ことと同じです。しかしその目的が修業であり、一定の効果が得られるのであれば、それを受け入れることが出来ることでしょう。

        >しつけや修業のために体罰を通じて人間完成を目指すことと、

        とんでもない問題のすり替えです。

        座禅をする人は、扁平状の板で叩かれる事を、罰だと思っているのですか?

        罰であれば、その前には、罪があるのですよね。

        教育現場における罪とは、一体、なんなのでしょう。

        どこが教育的なのでしょう。

        どこに内省があるのでしょう。

        どこに精神性があるのでしょう。

        不可解です。

        トピ内ID:1761013543

        閉じる× 閉じる×

        荒唐無稽

        しおりをつける
        blank
        おやじ
        >因みに、自分の子供に嫌われる、恨まれるのを怖がる親は子供に手を上げませんね。
        >だから子供が増長して手が付けられなくなるのです。

        自分の子どもにビクビクして手を上げない親がいると主張されているのですか?

        荒唐無稽な話に聞こえます。

        >親が子供を信頼していれば、時には手を上げる必要もあることを否定しないはず。

        子どもを信頼している親が、なぜ、子どもに手を上げるのでしょう。

        もう、実体のない空論としか思えません。

        トピ内ID:1761013543

        閉じる× 閉じる×

        私が思う有り・無しの境界線

        しおりをつける
        blank
        CBA
        ●無し、諭すだけ
        …普通の我儘、本人が何か苦手なだけ。他者には迷惑やケガを負わせていない。
        動物をいじめる(困らせる程度)。

        ●平手
        …他者に軽症を負わせた、一般的なルールを故意に繰返し無視して他者に迷惑をかけ、注意しても反省やその後に改善努力が全くない。
        動物を酷くいじめる。

        ●拳骨
        …他者に重症を負わせた、意図的に犯罪行為を行った。
        動物を虐待する。

        拳骨の場合も諭しはするけどまず拳骨かも。

        幼児には手をあげたくないけど、極端に酷い場合は膝の上に抱えてお尻ペンペン!が限度ですね。
        (サザエさんで数回だけ、タラちゃんかイクラちゃんがお尻ペンペン!されてるの見た気がします)

        共通認識できる叱るレベルや度合い、サザエさんやドラえもんがお手本かな…

        ごめんなさい、私はまだ独身なので想像ばかりになってしまいますが。

        また、親や教師でも、誰も彼もが上手く素早く教えるなんてことも難しいとは思います。

        それにしても、ニュースで事件扱いになるような凶器紛いを使った乱暴や、因果応報を越えた過剰暴力は許せません。

        トピ内ID:3414687395

        閉じる× 閉じる×

        手を挙げていいわけない

        しおりをつける
        blank
        呆れる
        手を挙げても叩かれた事にビックリして黙るだけで根本的な解決にはならないんですよ。「皆の前で叩かれるから恥ずかしいのでやらない」とかね。
        どんなに信頼関係があっても叩いていい事にならない。口で言えばいいだけです。

        今より昔の方が体罰は多かったんでしょうが、昔の人って優秀に育ってますかね?
        人を叩く事が当たり前な人間に育つだけだと思いますけど。

        トピ内ID:6005856081

        閉じる× 閉じる×

        臨機応変

        しおりをつける
        blank
        宝山
        基本は言葉で教え理解してもらう躾が一番だと思います。

        だけどそれで理解出来ない子は沢山います。
        特に男の子はバカが多いです。
        これは自分の幼少の頃の経験と友達達がそうだったからです。

        悪い事をしたら叱られるという教育は大事です。
        1時間の説教だろうが往復ビンタだろうが良いと思います。
        綺麗事な言葉や思考なんて何の役にも立ちません。

        トピ内ID:0262028081

        閉じる× 閉じる×

        おやじ さん

        しおりをつける
        blank
        シゲール
        勘違いされているようなので追記します。

        私は暴力を肯定していませんよ?
        体罰はダメ、という前提で語っています。
        私が言っているのは是非を論じるだけでは平行線にしかならいという事です。

        体罰を肯定されている方が、体罰が必要と想定されているケースを元に、
        「そういう場合はこう対処するべき」という
        体罰無しでどう対応するのかを論じなければ
        結局は感情論、平行線の噛み合わない議論にしかならないと言っているんです。

        また、極端なケースを持ちだして
        「場合によって体罰は仕方ない」と結論づける方もいますが、
        それでも体罰無しで対処する方法を考えようとしなければ
        それは思考停止だと私は思っています。

        トピ内ID:3243106039

        閉じる× 閉じる×

        叩かなきゃいけない場面もある

        しおりをつける
        😑
        大阪人
        叩く=暴力、ではないと思います。

        例えば、とても危険なことを子どもがしてしまったとき。
        犯罪まがいの事をしたとき。
        他人を傷つけるような真似をしたとき。

        絶対にしてはいけないことをしようとした、してしまったとき、それを正すのは親の役目ではないですか?

        話せば分かる?

        でも、分からせる前に叩いてでもやめさせなければならない場面はあります。話し合う状況じゃない場合もあります。


        先日のアメリカの暴動で、暴動に参加していた16歳の少年をテレビで発見した母親が叩いて家に引き戻す、ということがありました。
        これは暴力ですか?
        私は違うと思います。

        トピ内ID:4220927837

        閉じる× 閉じる×

        徹底的に否定する立場を取りたいと思っています

        しおりをつける
        blank
        おやじ
        >体罰を肯定されている方が、体罰が必要と想定されているケースを元に、
        > 「そういう場合はこう対処するべき」という
        >体罰無しでどう対応するのかを論じなければ
        >結局は感情論、平行線の噛み合わない議論にしかならないと言っているんです。

        私は、技術論的手法論的な事には興味がありません(意義が見出せません)。

        私は、学童期(小学校低学年)の、特に男子が嫌いで、「なんでこんなに生意気なんだろう」「大人をなめるのもいい加減にしろ」と思ってしまいます。

        その学童期については、誰もが名前を知っているような西洋の大哲学者が、「徹底的に躾けなければ、ろくな人間に育たない」と論を展開しているそうです。

        その哲学者の著書は、何冊か読んでいて、圧倒されるのですが、その学童期に関する考え方は、否定したいと思っています。

        本当はちゃんと読んで反論すれば良いのですが、教育専門家でもない1会社員にとっては、優先度が低くすぎます。

        どうせ論じるなら徹底した考え方を出さなければ駄目で、私は、徹底的に否定する立場を取りたいと思っています。

        お返事になっていますでしょうか。

        トピ内ID:1761013543

        閉じる× 閉じる×

        子供が言っただけで分かるのか

        しおりをつける
        blank
        体罰親
        うちの子供は言葉で言ってもいう事を聞かないので、最終的には叩きました。それは暴力ではありません。親の真剣さを教えるためには必要です。言葉だけで理解できるような子供がどれだけ居るでしょうか?いう事を聞かないから子供では?言っても聞かない子供にどうやってそれが悪いことだと分からせるのでしょうか?

        トピ内ID:6827001627

        閉じる× 閉じる×

        一番質が悪いと思います

        しおりをつける
        blank
        おやじ
        >でも、分からせる前に叩いてでもやめさせなければならない場面はあります。話し合う状況じゃない場合もあります。

        >先日のアメリカの暴動で、暴動に参加していた16歳の少年をテレビで発見した母親が叩いて家に引き戻す、ということがありました。

        親が体を張って、阻止すれば良いだけの事ではありませんか?

        叩くときに、憎悪のようなものが混じりこんでいるのに、それに気付かずに、正当化しているところが駄目だと思います。

        「敗北とは何ですか。」
        「悪に媚笑する事です。」
        「悪とは何ですか。」
        「無意識の殴打です。意識的の殴打は、悪ではありません。」

        この太宰治の言う意識的の殴打が、果たして、現実にどれほど存在するでしょうか。

        親、教師、ほとんど全てが、無意識の殴打でしょう。

        でも、当人は、意識的だと主張したくて、「あなたのために」と、善を装います。

        一番質が悪いと思います。

        トピ内ID:1761013543

        閉じる× 閉じる×

        犯罪になる前の教育

        しおりをつける
        blank
        呆れた
        幼児が道路に飛び出そうとした(命の危険)→親が手を繋いでなかった、言い聞かせられなかった。

        犯罪を犯そうとした→そういう事になる前に前兆があるはずだし注意できた。

        命の危険も犯罪も親の不注意や対応の結果だと思うんですがね。
        取り返しのつかない事になってから殴った所で何が生まれるんですか?
        むしろ今までの親の教育や対応を疑います。

        大変な事になる前に殴る教育ではなくて言い聞かせられる教育をして欲しいです。
        小さい頃からしてはいけない事を絵本で伝える事だって出来ますよ。
        そういう努力を惜しまないで欲しい。
        殴る行為は親にとっては簡単で楽な行為ですから。

        トピ内ID:6005856081

        閉じる× 閉じる×

        反論のような事を書かせて頂きました

        しおりをつける
        blank
        おやじ
        >うちの子供は言葉で言ってもいう事を聞かないので、最終的には叩きました。それは暴力ではありません。

        暴力ではないと言い切る理由が分かりません。

        最終的には叩いたとありますが、その直前には、きっと、イライラなさったのではないかと推測します。

        そして、その事態を”安易”に乗り切るため、手を出したと理解します。

        >親の真剣さを教えるためには必要です。

        おそらく、感情を爆発させた事を真剣だと仰っているのだと思います。

        我慢の限界だと、ここまで怒っているんだと。

        でも、それは、怒られる側には、なんの解決にもなっていないと思います。

        >言葉だけで理解できるような子供がどれだけ居るでしょうか?

        言葉だけと口だけは違うと思います。

        >言っても聞かない子供にどうやってそれが悪いことだと分からせるのでしょうか?

        親が真剣なら、それが子どもに伝わらないはずがないと思います。

        それがなく、習慣的に手を挙げているとしたら、子どもは、それを見抜いてしまうと思います。

        少し、疑問を感じたもので、反論のような事を書かせて頂きました。

        トピ内ID:1761013543

        閉じる× 閉じる×

        おやじ さん

        しおりをつける
        blank
        シゲール
        体罰を絶対に認めない、否定し続ける事は大事ですね。
        だからといってそこで止まってしまっては
        何の解決にもならないという事です。

        体罰を否定されるのはいいと思いますが、
        「体罰なしでどうやって解決するのか考えたほうがいい」
        という意見まで否定する必要はないですよね。

        それに意義が見いだせないのなら、こちらには構わず、
        体罰を否定し続ければいいだけです。
        体罰を否定し続ける事と、手当たり次第に噛み付く事は違います。

        トピ内ID:3243106039

        閉じる× 閉じる×

        再度レスします

        しおりをつける
        blank
        たつ
        大阪人様もおっしゃってますが、例のバルチモアの暴動に参加していた少年をひっぱたいて止めさせていた母親が、世界中から賞賛を受けていましたね。
        誰もあの母親を体罰だ、暴力だ、と批判した人はいません。

        子供を正しい道へ導く為には、時として叩く必要もあるのです。
        言って聞かせるだけで素直に育つ子供も、中にはいるかもしれませんが。

        トピ内ID:4401903418

        閉じる× 閉じる×

        もう一度言う、どちらにしろ極論がダメ

        しおりをつける
        blank
        CBA
        1極論がダメ (15/05/07 08:53)
        2私が思う有り・無しの境界線 (15/05/07 23:13)

        2回レスさせていただきましたが、

        何がなんでも絶対に手をあげちゃダメ!
        言葉で諭せない人の未熟さが全て!
        な方には、

        ・自分で実践できているのか、

        ・できるから他人を追い詰めて良いと思っているのか、

        ・だから目の前で暴力が行われていても被害者か自分が死亡するか植物状態になるまでただ喋るだけで良いのか…

        ・だからそれで自分や被害者が再起不能になってもクチだけで諭せない自分が頭悪いだけなので、被害者や自分の家族のその後もどうでも良いのか


        を訊いてみたいです。

        私は前レスにも書いたように、諭しもするしその上で無理な場合は限度を弁えて手をあげることがあるのも仕方ないと思います。

        トピ内ID:3414687395

        閉じる× 閉じる×

        キー・ワードを出しているつもりです

        しおりをつける
        blank
        おやじ
        >「体罰なしでどうやって解決するのか考えたほうがいい」
        >という意見まで否定する必要はないですよね。

        この言い方には、体罰の方が効果があるなら、体罰を認めた方が良いみたいな、中途半端な姿勢が見え隠れするように思います。

        >体罰を否定し続ける事と、手当たり次第に噛み付く事は違います。

        私は、意識、無意識などのキー・ワードを出しているつもりです。

        ”西洋の大哲学者”のころは、無意識の存在はそれほど知られていなかったと記憶しています。

        読んでいないので、推測ですが、おそらく、意識的に徹底すべきとの主張だろうと考えています。

        ですから、無意識の存在が知られているいま、それを手がかりに、自分なりに考えて、反論をしています。

        トピ内ID:1761013543

        閉じる× 閉じる×

        意味合いが違うと思います

        しおりをつける
        blank
        おやじ
        >例のバルチモアの暴動に参加していた少年をひっぱたいて止めさせていた母親が、世界中から賞賛を受けていましたね。
        > 誰もあの母親を体罰だ、暴力だ、と批判した人はいません。

        世界中は、暴動への参加を止めさせた事を賞賛したのであって、ひっぱいた事ではないでしょう。

        なぜなら、世界中の人にとって、それは関心事ではないでしょうから。

        >子供を正しい道へ導く為には、時として叩く必要もあるのです。

        正しい道に導きたいなら、叩いたりせず(楽をしようとせず)、親が全力でぶつかれば良いのではないでしょうか。

        トピ内ID:1761013543

        閉じる× 閉じる×

        レスします。

        しおりをつける
        blank
        呆れた
        ・自分で実践できているのか、

        子供3人叩かずに育てました。
        今の所それなりに育ってます。

        ・できるから他人を追い詰めて良いと思っているのか、

        追い詰めてません。

        ・だから目の前で暴力が行われていても被害者か自分が死亡するか植物状態になるまでただ喋るだけで良いのか…

        子供が悪いことをしていたら手を引いて辞めさせ、落ち着いた所で説教ですね。
        目の前で自分の子供が死ぬまで暴力というのはまずあり得ません。

        ・だからそれで自分や被害者が再起不能になってもクチだけで諭せない自分が頭悪いだけなので、被害者や自分の家族のその後もどうでも良いのか

        ですから犯罪者にならないように教育するのが前提です。

        どうしても叩く事を正当化したいみたいですね。

        トピ内ID:6005856081

        閉じる× 閉じる×

        体罰の定義を単純化し過ぎている

        しおりをつける
        blank
        悪男
        何で体罰が一律で感情的に暴力をふるうものだと思い込んでいるのでしょうか?
        それこそ想像力が足りないと思います。

        例えば子供が悪ふざけして交通量の激しい道路に突っ走っていったとします。そんな時に言葉で諭して間に合うと思いますか?
        どの親でも体を張って、それこそどついてでも止めさせるはずです。これだってある意味、「子供に手をあげる教育」です。

        子供自身の命の危険のみならず、子供が人様に危害を加えかねない場合も同様でしょう。

        私を含め体罰を容認している人は、トピ主が挙げている事例を肯定しているのではなく、手段としての体罰を全否定することに疑問を呈していることを、是非ご理解頂ければと思います。

        トピ内ID:8630270409

        閉じる× 閉じる×

        どちらでもない

        しおりをつける
        blank
        より
        自分自身は親にも教師にも叩かれた記憶はあります。
        それは納得できるものから理不尽なものまで。
        何度注意してもやめなかった、親を完全になめていたなど自分自身まあ納得と思えるものはありますが
        学校で忘れものをしたからゲンコツ、というのは結構根に持っています。
        というのも同じ状況で、叩かれなかった子もいたので。

        叩かれたのは小学校半ばまで。後はやはりお説教主体でした。
        でもその悔しかった想いまで含めて、叩かれたことに否定的な感情は持ってません。
        世の中理不尽なことも多々ありますが、それを飲みこんで消化するということも身につける
        ことができたと思っています。
        それに幼心にも親にものすごく愛されてきたと実感できていたので、ちょっとやそっとの
        お尻たたき程度では親への信頼は揺るぎませんでした。
        根底にあるのは、普段からも子供への愛情表現ができていて、子供がそれを受け止めているか
        どうかではないかと思っています。

        トピ内ID:0792877023

        閉じる× 閉じる×

        トピ主に質問有り

        しおりをつける
        🐶
        男です
        改めて、トピ主さんに質問に答えます

        >小町の皆様は子供に手をあげる教育どう思われますか?
        良くない。あり得ない。
        手を上げる必要があるときがあるかという質問であれば
        そういうときもある。


        > ご自身は手を出されない家庭に育ちましたか?それとも手を出される家庭に
        育ちましたか?
        日常的には手は出されなかったです。物心ついてから数回です。
        また、以前にも書きましたがベルトより上は叩かれたことはありません。


        > 後者の場合、子供に反射的に手をあげてしまうことはありますか?
        私自身の状況をトピ主様が前者にいれるか後者に入れるかわかりません。
        反射的に手を出される家庭には育っていないと思いますが、絶対に手をだされないかと聞かれれば否となります。
        私の育った家庭はトピ主さんにとって前者ですか?後者ですか?(ここが質問)

        また、質問にはなっていませんが
        > 嫌でも上下関係をわきまえるようになるから叩く教育はむしろ必要
        なんてことは1度も思ったことはありません。

        続く

        トピ内ID:2872684716

        閉じる× 閉じる×

        続き-結局トピ主不在なんだよね

        しおりをつける
        🐶
        男です
        つまり、おしりしか叩かれなかったわけで、おしりで叩く効果がない年齢言い換えれば言葉が通じる年齢に達したら叩かれることはなくなりました。

        おっさん(5/2 22:49)が書いているとおり、トピ本文にある環境が好ましいとは思いません。そのためお兄様も含め極端になっていると思います。(実際そこまで極端ではないのかもしれませんが)

        また、5/3 13:33の父親の知り合いも良い環境を提供していないと確信しています。ましてや、顔を足で踏みる、顔面殴るなんて親のやることですか。

        子供に常々道路は飛び出してはいけないと言っていても、それでも興味のある物があると走ってしまいます。何度注意しても本人が自動車にひかれる意味を理解するまでは興味優先で走るんですよ。だって、注意されていることの意味が理解できていないのだから。そのとき、おしりを叩かれたら痛いことを知っていれば、それによる抑止をせざるを得ないと思います。親として無能だと言われても子供がもっと多くの経験を積まなければ意味を教える術をしりません。

        って、5/3のレスでトピ主さんは不在になったんですよね。

        トピ内ID:2872684716

        閉じる× 閉じる×

        疑問!

        しおりをつける
        🐷
        けんしろう
        小学生の時、毎日のように拳骨されていました。
        そういう日々は地獄の日々で、学校行きたくない気持ちはもちろん、学校が火事になればいいとも思っていました。

        一時的に能力は身につくかもしれませんが、非常にゆがんだ性格になります。
        でもその後現れた救世主によって救われました。
        当時の先生には恨みの意識しか残っていません。感謝の気持ちは毛頭なし。
        もう亡くなっているが、その恨みは未だに残っています。

        指導には厳しさは必要です。
        でも体罰はバカな大人がやる行為です。
        そんなバカなヤツから受けた教育なんて、偏重で、偏った人間性をつくるだけです。

        でも先生やコーチは他にもたくさんいます。
        まともな人がいるからある意味助かっているのです。

        こういうバカ教員、コーチは一掃されるべきです。
        自主自立の精神の教育は、こういう人間たちには絶対不可能です。
        あくまで他の人がカバーしているのが事実です。

        トピ内ID:4347137657

        閉じる× 閉じる×

        牽強付会です

        しおりをつける
        blank
        おやじ
        牽強付会です。

        >例えば子供が悪ふざけして交通量の激しい道路に突っ走っていったとします。そんな時に言葉で諭して間に合うと思いますか?
        >どの親でも体を張って、それこそどついてでも止めさせるはずです。これだってある意味、「子供に手をあげる教育」です。

        この状況で、なぜ、”どつく”必要があるのですか? 抱きついて止めれば良いだけではありませんか?

        「状況によっては」「正しい道を教えるために」、理由をつけて暴力を正当化しているだけでしょう。

        >それこそ想像力が足りないと思います。

        カッとして(無意識に)手を挙げたのでなければ、それを何と言うのかは分かりませんが、暴力とは言わないかも知れません。

        でも、本当にそうですか?

        単に、感情のままに(子どもが反撃できないからと)、手を挙げているだけではないですか?

        内省力が足りないから、それに気付かないだけではないですか?

        「どうしても止めないなら、お前を殺して俺も死ぬ。」くらいの責任を子どもに持ってすることなら、それも暴力とは言わないかも知れません。

        ただし、子どもには、お見通しの事です。

        トピ内ID:1761013543

        閉じる× 閉じる×

        親も教師も人間です

        しおりをつける
        blank
        エム
        親も教師も人間であり感情があります。
        ロボットではないので、完璧な感情のコントロールは出来ません。
        真剣に子供や生徒の行いに腹が立つ時もあります。
        でもそれに対して子供がトラウマや恐怖を抱え続ける程の虐待をする人なんて稀ですね。

        教育は叱るだけではダメなのです。
        子供が自分のした行為に対して他人が真剣に怒ることがあるのを教えなければいけません。
        親や教師も人間であり感情を持っていることを教えなければ、子供との本当の信頼関係は築けません。
        親教師は時には反面教師である必要もあるのです。

        教育は子供が一人前の大人になるまで結果が出ません。
        今ココで語り合う大人が自らの体験と現在を結果として語れば、自ずと答えは見えてきます。
        手を上げられた記憶のある方々は皆歪んだ大人になりましたか?
        子供に暴力を振るう大人になりましたか?
        少なくとも私は違います。

        「体罰など一切罷りならん」という信条をお持ちならそれは他人が否定するものではない。
        当事者である子供の資質にも依るでしょう。
        ストレートな議論をキーワードなどという曖昧な言葉で煙に巻く大人にならなければ良いだけです。

        トピ内ID:7435425385

        閉じる× 閉じる×

        叩くことを以外にないのか?

        しおりをつける
        blank
        呆れた
        「言い聞かせる」緊急を要するなら「手を引く」「親がたてになる」等様々な方法があるんです。

        「叩くのがエスカレートする」「子供がトラウマになる」「人格が歪む」そういう可能性が高いから叩く教育がなくなりつつあるんじゃないですか?リスクが高いということです。

        叩く事以外に教育がする方法はいくらでもありますよ。

        叩く事は能力の低い親がすることだと思っています。

        トピ内ID:6005856081

        閉じる× 閉じる×

        いやいや

        しおりをつける
        blank
        ママ
        叩くことだけが教育だ、なんて誰も言っていませんよ。

        トピ内ID:2536587005

        閉じる× 閉じる×

        レスします

        しおりをつける
        blank
        CBA
        私は、トピ主様の例では両親のやり方に反対してます。

        諭すことをした上で、緊急事態や経緯により、充分に加減した上で…とどんな場合にどの程度かを具体例付きで私は書いています。

        トピ内ID:3414687395

        閉じる× 閉じる×

        短絡的

        しおりをつける
        blank
        雁もどき
        叩く=抑えがきかない、と全否定するのも
        感情に任せて叩くことしかできない人も

        短絡的という意味では同じに見える。
        事の本質はもっと内面的なものであるはず。

        叩かれた子が傷つくのはビンタされて血が出たからではなく、それで心が傷つくから。
        ただし心を傷つけるのは言葉でもできるわけで(むしろそちらのほうがやりやすいと言える)
        見た目の現象は枝葉の問題に過ぎないことに早く気づくべき。

        トピ内ID:8441784212

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        30件ずつ表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (1)

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る

          あなたも書いてみませんか?

          • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
          • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
          • 匿名で楽しめるので、特定されません
          [詳しいルールを確認する]
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0