詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    肩甲骨のだるさ

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐴
    ザマ
    ヘルス
    20代後半から40歳まで肩甲骨内側のだるさに悩まされています。
    感覚的には肩こりのような感じなのですが、普通の肩こりはマッサージや運動ですぐ軽くなるものの、肩甲骨のだるさは病的にしつこく、マッサージしても30分くらいで元に戻ってしまいます。
    なぜか排卵日にだるさが強く出る傾向があり、数日間は横になったまま動けない程です。
    排卵日には寒気、動悸、息切れもあり、生理が来ると楽になることが多いです。
    何件もの医者に相談し、肩凝りや月経不順に効く漢方、精神安定剤、末梢性神経障害治療薬など試しましたが改善しません。
    灸、整体、マッサージ、入浴剤、大高酵素、養命酒、ウォーキング、ストレッチ、姿勢矯正ベルトetc
    考えつくものは試してみましたが、一時的に良くなることはあっても、根本的に改善しません。
    低用量ピルを使ってから、排卵時の病的なだるさはなくなりましたが、最近また肩甲骨のだるさが酷くなって来ました。
    背骨側の肩甲骨内側のラインが凝る感じです。
    肩甲骨の下に棒でも突っ込んでかき回したいくらいの辛さです。
    同じような症状の人、これで治ったという体験談ありましたらぜひ教えて下さい。

    トピ内ID:5584295598

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 17 エール
    • 5 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    針もまったくきかなかったです

    しおりをつける
    blank
    通りすがり
    マウス症候群とは異なりますか
    私もまったく同じ場所がいたくつらかったです

    針治療などや、マウス症候群について書いてる病院にいってみても
    実際のことろまったく効果なかったです

    先生は長い間通わないと効果ない、というのですが
    半年通ってもまったく改善がなくお金の無駄でした


    結局治ったのは、仕事を辞めた後でした
    1日パソコンにむかい、忙しい職場でしたので
    今は快適です

    でも今でもPC使いつづけると痛くなります

    あと、もしパソコンが原因なら
    マウスを「トラックボール」といわれるものに変えると少しましになります
    これは指でマウス移動を操作するので、手首と肩の負担が減ります
    最初はものすごく使いづらいですか
    2週間我慢して使えばすぐなれますよ

    トピ内ID:5957779000

    閉じる× 閉じる×

    無題

    しおりをつける
    blank
    ひさえ
    肩甲骨下辺の痛いところを圧しながら、首を伸ばしながら頭を一方向にゆっくりもたげ、逆方向にゆっくり戻しました。

    ゆっくりもたげる方向を少しずらしては戻すを繰り返し、一番辛い角度を見付けたら重点的にその角度を繰り返しました。

    肩甲骨の可変の圧すところをずらしながら、首もたげ戻しを繰り返します。

    息を吐きながらしたかな?

    鎖骨の下、胸より少し上あたりの凝りを解すこともしました。

    ぶら下がってる両腕が重くて重くていたけれど、軽くなりました。

    トピ内ID:6522218089

    閉じる× 閉じる×

    全く同じです

    しおりをつける
    😀
    主婦

    私も常に肩甲骨の内側が凝っています。
    仕事で長時間パソコンを使うので、首、肩、肩甲骨は常に痛いです。
    マッサージも行きますが楽になるのは一時的。。
    レスに書かれている方もいらっしゃいますが首からきている場合もあります。
    私の場合は首を前後左右に曲げると肩甲骨の内側がピーンと痛くなります。
    その時の首の角度を何度も曲げたり戻したり、
    首のストレッチをすると少し肩甲骨の痛みも良くなります。

    ストレッチ、軽い運動、水分補給、バランスのよい食事などで大分調子良くなります。
    姿勢も大事です。猫背はだめです。

    トピ内ID:8441873717

    閉じる× 閉じる×

    痛むところは結果で原因ではない

    しおりをつける
    つつじ
    ザマさん、お辛そうですね。

    以前、私も頭痛、肩こり、腰痛持ちでしたが、菜食に切り替えてからはそのすべてが消えてしまいました。思うに、血液が汚れていたんだと思います。

    血液の汚れは、食べ物だけではなく、ストレスも大きくかかわってきますが、きれいになると、目で見てもその色の鮮やかさに一瞬目を疑うほどです。

    肩甲骨の内側が痛むということは、そこに問題があるのではなく、体の前面の大胸筋という胸の上の大きな筋肉や前鋸筋(でしたっけ?腋の下の広い範囲)が日常的に仕事や姿勢で縮んでしまっているのではないでしょうか?

    その、縮んでいる筋肉は押したり引っ張ったりせず、「弛める」とおのずと肩甲骨のあたりも緩む事になるのでは?

    私は、右の肩がすごく内側に巻き込まれていて、普段は痛みはなかったのですけど、その大胸筋の一部を押すと痛みました。つまりそれは、縮んでるということだそうです。

    それで、「リンパケア革命」という本の肩胸用の3歳児でもできる体操を5~6回やってみたところ、たったそれだけで左右差がなくなってしまい、心底驚きました。

    お薦めです!!

    トピ内ID:7863012191

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0