詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    しつけ・マナーと他人への寛容

    お気に入り追加
    レス27
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ミチ
    ひと
    私は子供の頃、両親に食事のマナーや挨拶、普段の生活で他人に迷惑がかからないようにすることなど注意されしつけられました。

    それはそれでありがたいことだと思っています。

    しかし、特に社会人になってからなのですが、他人の言動に寛容でいられなくなった自分を実感することが多くなりました。
    他人とは、身近な人や道行く人、果てはテレビの中に映っている人までです。

    具体的には、食事の時に肘をついて食べているのを見た時、人に迷惑をかけた時に謝らなかった人、細い道(二人並ぶのがやっとという道)で向こうから二人並んでやってきて、こちらが避けて立ち止まったとしても(ぶつかりそうになりながらも)列を崩さず並んで歩いていた人、テレビで親のことを他人に話すときに「うちのお母さんが・・」と言っている人(他人の前では母が・・と言うようしつけられたので)に対して、この人はちょっと・・と評価してしまったり、イラついたりする自分がいるのです。←具体例はつい最近感じたことです。
    全て親に、やってはダメと言われてきたことです。

    あなたはどれだけ上から目線なのだと言われても仕方ないのかもしれませんし、本当に些細なことなのかもしれません。
    頭でそれを理解していても、思ってしまうのです。

    親から言われなければ知らないままだった感情もあるのかな・・と、知らなければ他人に対して嫌な感情を抱くこともなかったのかな・・と、親もせいにするつもりはなくとも、これからの自分はどうしたらいいのかなと少々悩んでおります。

    今後私自身が子供を生んでマナーやモラルなどを教えていく立場になった時、人に不快な思いをさせないようにするより、人に寛容であるよう教えていくことが大事なのかどうか、皆さまはどのようにされているのかお聞きしたく投稿しました。

    ご意見お聞かせいただければありがたいです。

    トピ内ID:7825679709

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 8 面白い
    • 8 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 57 エール
    • 9 なるほど

    レス

    レス数27

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    怒ると疲れる

    しおりをつける
    😀
    ウバメガシ
    私はオコリンボだったのに、最近は疲れるので怒れません。
    怒る事にも体力が必要ですね。

    癇に障ることがあれば、
    「親が違うから、だから知らないんだ」
    「学校が違うから、だから知らないんだ」
    この2つで見過ごします。
    ミチさんが怒っても直らないですよ。

    どうか、日々穏やかにお過ごし下さいませね

    トピ内ID:5568590569

    閉じる× 閉じる×

    マナーは自分が心がけるもの

    しおりをつける
    😉
    そら
    こんな格言があります。
    「マナーは自分が心がけるものであり、他者に強要するものではない」
    「それがマナーと信ずるものはやればよい。ただし、他者に求めるべきではない」
    本当に真理だと思います。「自分の信ずるマナー」を他者にも求めると、やれ電車の座席が、やれベビーカーが、やれ…と面倒な話になるんだなとつくづく思います。
    他者の「マナー違反」にムッとしてしまう気持ちはよーく分かります。でも、お子様にマナーを教えなかったら、お子様が誰かをムッとさせてしまうわけですよね。「他者に寛容」という上から目線でなくても、「世の中色んな人がいるから『自分と違う』と言って怒ってはいけない」と教えれば十分ではないでしょうか。
    どこかの国では、「お前は知らずに他者に迷惑を掛けているのだから、他者に迷惑を掛けられても許してあげなさい」と教えるそうです。これもまた真理だと思います。
    「人に不快な思いをさせない」と「他者に寛容であれ」は矛盾なく両立するのですから、両方教えればいいんじゃないでしょうか。「自分はマナーを守ってるんだからお前も守れ」と要求する人は、マナー違反をする人以上に迷惑ですし。

    トピ内ID:0641453193

    閉じる× 閉じる×

    共感!

    しおりをつける
    💋
    ドジでのろまな亀
    たしかにそれは思いますねー。私は子供がいないので実践してませんが、お子さんには「人を不快にしないよう」ではなく「こういうお約束事があるから、知らないで恥をかかないよう」としつける方が今の時代には合ってるかも。それと、「自分がバカをみないよう」他人に親切にしすぎない、という教育もどうも必要な気がします。
    トピ主さんんが他人にはやたらめったら厳しい、TV見てても腹立つ、というのは…私自身もそういうところあります。イヤですねえ。行儀の悪い人よりも私のほうが黒いと思うことがあります。せいぜい、口に出さない、態度に出さないよう気をつけて生きましょう。

    トピ内ID:8786748719

    閉じる× 閉じる×

    どちらも大事ですよね

    しおりをつける
    幸せ花子さん
    気持ちよくすごせるように人間関係を円滑にするためのものですからマナーに囚われ縛られて気分害していては元も子もないです。
    私も周囲が当然の如くダメと教えられてきたことを気にせずにふるまっているのをみて嫌悪感を覚え悩んだことがあります。周囲の人は何も考えず自由で楽しそうなんです。私だけ縛られていてつらくまでなったことが。
    親はよく人に対してあの人は失礼な人だ、非常識などいってました。だから子にはそういったことがないようにとしていたのでしょうが・・。
    いろんな事情があってマナーを知ることができなかった人もいる。ヒト、モノ、コト、チシキ、ココロガケが乏しいこと。知っていた方がいい、出来たほうがいい、あったほうがいいけど、もちあわせていないことをバカにするようなことは
    人としてどうなんだろうと。それ自体がマナーがないこと、配慮が足りなかったというところに落ち着きました。人により文化や価値観も違いますので。寛容であるように教えていくことも同時に必要ですよね。寛容や柔軟性あっての上でなりたっているマナーが必要、主さんが感じられていることはきっと大事なこと思います。

    トピ内ID:5529751684

    閉じる× 閉じる×

    同じ事思ってました。

    しおりをつける
    blank
    かぼちゃん。
    親が厳しかったです。
    で、結局人のことも許せない。
    私はこれだけやってるのにだらけてる、とか。でも、それってハラスメントだよね。

    でも、こうしなければならない、が先にあると、すごく息苦しいし、身動きが取れなくなります。
    やらなければいけないことなんだけど、その前にマナーが…、となり全く進まなくなったり、仕事の前にまず気遣い。
    仕事しろ、となる。

    なので、社会に出てから他人のやり方を学び、自分の基準をゆる~くしました。
    自分自身のハードルも相当下げたし、大雑把にやって、生きるのがとても楽になりました。
    普通の人になった。
    みんな色々あるし、しょーがないよ。と助け合えます。

    世の中、マナーで出来てません。かえって人との距離を作ります。
    マナーを守らずとも、知らずとも良い人はたっくさんいて、仕事が出来て人望が厚い人もたくさんいます。
    そもそも、やらない人が多い事って、みんなのマナーではないじゃないか?とテレビのマナー特集でクイズ形式になってるのを見ると違和感を感じます。

    子供には、こうしたらベストだけど絶対じゃない、人の気持ちが1番大事と教えるつもりです。

    トピ内ID:0717188319

    閉じる× 閉じる×

    理不尽な躾だったのでは?

    しおりをつける
    blank
    ミカン
    厳しく躾られたとしか書いてありませんが、教え方はどうだったのでしょうか?

    子供心に、怖いなと思いながら親に従っていた事はないですか?


    寛容さをわざわざ教えるって、あまり聞かない話だと思います。


    トピ主さんの場合は、ちょっと方向性が違うような気もします。

    トピ内ID:6936912042

    閉じる× 閉じる×

    人のふり見て我がふり直せ

    しおりをつける
    blank
    ねねこ
    自分はきちんとしていると思っていても穴はあるものです。見苦しく生きている人を目にしたら「ああはなるまい」…それでいいでしょう。

    生活全般、正しくきちんとできているのなら、あなたはそういう自分を誇りに思ってきちんと美しく暮らせばよろしい。
    自分は変えられても他者は変えられない。

    トピ内ID:5124490782

    閉じる× 閉じる×

    他人のふり見て我がふり直せ

    しおりをつける
    blank
    めんどくさがり
    私自身、ある程度の躾を受け、マナーを教えられてきたと思います。
    でも、それってまだまだ完璧じゃない、という自覚があります。
    最低限はクリアしていても、それ以上じゃない。

    そういう私が、自分ができるからと言って他人のマナーをとやかく言うのは、もっときちんとした方たちの目から見たら、目くそ鼻くそのレベルだと思うのです。

    寛容になろうなんて考える必要は、私にはまだまだないと思っています。

    トピ内ID:1199311772

    閉じる× 閉じる×

    認識と自分に甘くなること

    しおりをつける
    🙂
    あかり
    私もトピ主さんと同じく、厳しく育てられました。顔や態度には出しませんが、他人にイライラすることがあります。

    私がやっているのは、認識することと自分に甘くなること。

    例えば先日、店員に肘をついたまま話しかけている人にイライラしそうになりました。
    ここで認識です。私は肘をつくのが失礼だと思っているんだ、と確認。同時に素敵な人を思い出して、あの人はしない、と思うと心が落ち着きます。

    自分に甘くなるは、例えば、電車で足を広げたり荷物を置いて、他の人が乗れない状況をつくる人にイライラした時。

    疲れて車内がすいているときは、自分も楽に足を伸ばしてみる。許す。
    自分を許せると相手にも寛容になれます。

    厳しくされた分、育ちがいいとよく言われますが、今思うと母親はそんなに立派じゃなかった。図々しくがさつで有名でした。こんな人の教え、守らなくてもいいかなーと思ったりします。

    トピ内ID:1846339058

    閉じる× 閉じる×

    人を不快にさせないために

    しおりをつける
    blank
    たろすけ
    ではなくて、
    そのほうが、より「美しい」から、「素敵だから」「きれいだから」「よい」から、という風に自分自身にとってよりよい方法、言動だから、と思ったら、他人がどうしていようと気にならなくなりませんか?

    只今、子育て中ですが、例えば、子どもの友達と一緒の時に「肘をついて食べてはいけません」と注意したとして、お友達はしているのにいいの?なんていう場面。お友達のしつけは、お友達のおうちですることで、うちでは、肘をついて食べてはいけないのです。
    幸いなことに、うちの子はそういう場面で直球で聞いてくることはありませんが、これが逆であったら「そうだね、その方がお行儀がいいね」と受け入れます。

    人を不快にする、迷惑をかける、という考え方だと、不快じゃないかもしれない、迷惑じゃないかもしれない、と屁理屈がでるかも。
    逆に自分は周りに気をつけているつもりでも、それがあだとなる場合もあります。

    人の振り見て、とも言いますので、他人の言動については「ああでなくてよかった」と軽く流しておきましょう。

    トピ内ID:3666086391

    閉じる× 閉じる×

    よく分かります。

    しおりをつける
    blank
    あいこ
    トピ主さん、こんにちは。

    私も日々トピ主さんと同じように感じています。一昔前だったら当たり前のことが当たり前でなくなっています。

    つい昨日レストランに若いご夫婦と3歳位のお子様の3人連れが入ってきました。ご主人のみ単品のパスタを注文し、何も注文しない奥様が持参した総菜容器に入ったものをどうどうとお子様に食べさせていました。唖然としました。

    私はトピ主様が上から目線とは全く思わないし、許容範囲が狭いとも思いません。ご両親にちゃんとしつけされたお嬢さんと好感を持ちました。

    先日テレビで有名人がどれだけ親ばか(?)特集のようなものをやっていて、某弁護士タレントさんがお嬢様の言われるままに買い物をしていました。

    普段何も言わない主人が「下品だな」と言っていました。別にお子様に何を買ってあげようがその方の勝手なのでどうでもよいのですが、それを恥ずかしげもなく(私にはそのように見える)テレビに出ていることがとても恥ずかしいことだと私は思います。

    他人のふりしてわが身をなおせ、他人様は反面教師と思っていけばよいのではないでしょうか。

    トピ内ID:5106646965

    閉じる× 閉じる×

    お気持ちお察し致します。

    しおりをつける
    🙂
    かなこ
    私の父も食事中の肘つきは勿論、食事中の姿勢ひとつに至るまで出来なければ怒る躾の厳しい人でした(結婚した今でも主人が肘つきをすると怒ってしまいます)

    お気持ちは何となく分かります。
    私はそういう時、育った環境が違うから仕方がないと思う様にしています。
    それに、お互い様だとも思うのです。もしかしたら自分も違うところで相手に同じ思いをさせているかもしれませんしね。


    でも、子供には父に教えて頂いた様に躾るつもりです。いずれ私と同じようにその気持ちに苛まれるかもしれない。けれども、それ以上にキチンと出来ていない人の方が問題だと思うからです。

    トピ内ID:8077293410

    閉じる× 閉じる×

    マナーは大切

    しおりをつける
    blank
    CBA
    いやいや、ミチさんがトピに書いたマナーは必要最低限のことです。


    イラッとしたり心で思うのは仕方ないです。

    口に出して注意すると素直な人もいますが逆ギレする人とか、正しくても言い方が悪いと問題になりますから、それを気を付けると良いと思います。

    トピ内ID:9578257354

    閉じる× 閉じる×

    そら様のレスが

    しおりをつける
    blank
    皐月の空
    ストンと収まりました。

    ただ、いやだな、迷惑だな、みっともないな思う、感じるのは自由です。
    思うな感じるなというのはやっぱり違う。

    でも、それは我が身を振り返る材料として。
    「求めない」ことで得られる心の平安を大事にしたいと思ってます。

    トピ内ID:3218301700

    閉じる× 閉じる×

    徳の部分ですよね

    しおりをつける
    blank
    ももぞう
    徳とは躾けでは身につきません。なので、トピ主さんがそのような感情を持たれるのは、躾をなさったご両親のせいではありません。
    徳は自分で身につけていくものです。

    よく『マナー違反』という言葉を遣う方がいますが、マナーは心得るものでルールではないので、『違反』では絶対にないのです。そこを間違えずに、心の豊かさを培ってください。
    上手く出来ていない方を見かけたら、それはマナー『違反』してるのではなくて、まだ心得えていない、発展途上だと思いましょう。未熟なのだから仕方が無いです。自分が親に教わってる途中と同じなんだと考えませんか。

    人は何かを身につけると、出来なかった頃、教わってる途中に苦労した事を、なぜか忘れてしまうようです。
    私が子育ての際に心がけたのは、『出来なかったころの事を忘れない』事でした。
    躾ける際に、そうやって接すれば、子どももマナーなどを身に着けていく時に嫌な思いをしないのと同時に、出来ない人に寛容になるはずです。

    トピ内ID:1298529572

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      全く同じです

      しおりをつける
      🙂
      まるこ
      ミチ様こんばんは!
      私もずっと同じことを思っていましていつかトピを立てようと思っていました。
      母も躾は厳しかったですが決して怒るようなことはせず優しい口調で
      大人になった時に困るから・・・とよく話していました。
      人の前を横切るな、扉の開け閉め(音を立てずに静かに)これに関しては皆さん面接の時には
      気を付けているようですが普段からなさっていないように思います。
      お店でトイレに入っているとバターン!と勢いよく扉を閉めるようでいつもびっくりします。
      トイレットペーパーを引き出す時がらがらと音を立てない、
      サンダルを履いた時かかとを引きずって音を立てない、
      新聞をめくる時も静かに、カーテンの開け閉めの音も(笑
      こうやって書き出してみるとよくもまぁこんな細かい事までと
      我ながらずっと行ってきていることに感心します。
      もちろんミチさんがおっしゃっていることも当たり前だと思ってやってきました。
      スーパーで買い物する時にカゴにものを投げ入れる人、カートを戻さない人。
      子供の時に散々大人になってから困るしみっともないと言われ続けてきたのに
      一歩外へ出ればきちんとしている人の少ないこと!

      続きます

      トピ内ID:7047538256

      閉じる× 閉じる×

      続きです

      しおりをつける
      🙂
      まるこ
      こんなにイラっとするなんてあの時の母の細かさを恨んでしまうこともあります。
      どなたかもおっしゃっていましたが他人に強要するものではないし
      自分とは違う人種なんだ、品がない人だなと思うようにしています。
      もう挙げたらキリがありませんもの!
      歳を重ねていったら器を大きくそして品のある歳の取り方をしないと!と
      喋り方やしぐさ立ち居振る舞いをもっと気をつけるように
      修行と思って毎日を過ごすことにしています。

      トピ内ID:7047538256

      閉じる× 閉じる×

      自分も誰かに常に不快感を与えているものです

      しおりをつける
      mie
      私も大変マナーには厳しく育てられ、茶道もやってきて、ヨーロッパのマナーも一通り身に着ける環境にあり、ある程度マナーには通じていると思いますので、トピ主様の気持ちも分かります。

      マナー=相手を不快にしないための作法なので、マナーを知っている人にとって、マナー違反=不快な気持ちにさせられたと思うのは仕方ありません。

      でも、マナーをいくら身に着けても、全ての人に不快感を与えないというのは無理なのですよ。 

      茶道で最初に習うふすまの正しい開け方をできない人も多く、西洋料理の食べ方もひどい人が多い。 

      また、マナーを極め、マナー学校の先生になるくらい詳しくなったとしても、地方交流や国際交流の盛んな現代、全ての人に通用するマナーなんてないんです。

      ご自分も常に誰かに不快感を与えているという自覚をもつことが第一です。 そうすれば、他人のマナー違反にも寛容になることができ、もしどうしても我慢ができないときも、マナーを知っている人間の代表として「注意」するのではなく、同じ場所にいる人間同士として配慮を求める、というマナーにかなったコミュニケーションが取れることと思います。

      トピ内ID:9107917059

      閉じる× 閉じる×

      いろいろな人がいていろいろなことがある

      しおりをつける
      blank
      エアプランツ
      46歳0ヶ月、大学1年男子と高校1年女子の母親です。

      私はロクデナシの親の下に生まれ、施設や親戚の家で厄介になっていた子供時代もあり世間でいう「厳しい躾」とは無縁で育ちました。

      反面、「大人に甘える」「子供だから許される」ということも経験せず、「理不尽」と自分の内側の感情との戦いに明け暮れて育ったとも言えます。

      今、トピ主さんが感じていらっしゃるようなことを私も他者に対して感じることはあります。子供には「人に迷惑をかけない」と教えてきました。
      一方で、理不尽なことも世の中にはたくさんあって、「許す」というより「あきらめる」ほうがラクな処世術となる場合もある、と語ることもあります。
      子供は思った以上に柔軟で、一見矛盾しているようなことも、人間としての経験値を積むほど「世の中にはいろいろある」と受け入れていきます。

      「常識」とは何か「マナー」とは何かをあらゆる場面で可能な限り話題にしながらも、正しいことは1つではない、その時その時の自分の頭で考えられる「最適」の道を選択していけ、「正しくても」衝突したら「損」だから、とも言います。大事なことはたくさんあるのです。

      トピ内ID:9572523251

      閉じる× 閉じる×

      そら様に半分同意

      しおりをつける
      blank
      ふむ
      >「マナーは自分が心がけるものであり、他者に強要するものではない」
      「それがマナーと信ずるものはやればよい。ただし、他者に求めるべきではない」

      これは本当にそう思います。なので、
       ・食事の時に肘をついて食べている
       ・親のことを他人に話すときに「うちのお母さんが・・」と言っている人
      この2つはスルーです。というか、人の食べ方の所作は気になりません(音はちょっと・・・ですが

      ただし、
       ・人に迷惑をかけた時に謝らなかった人
       ・細い道(二人並ぶのがやっとという道)で向こうから二人並んでやってきて、こちらが避けて立ち止まったとしても(ぶつかりそうになりながらも)列を崩さず並んで歩いていた人
      この2つはだめです。
      「謝らない」は自分が無関係ならスルーしますが、関係者であれば苦言は言ってしまいます。
      狭い道では自分は半分よけて立ち止まり、「半分空けて頂けますか」くらいは言ってしまってます。

      「人に気遣いの出来ない人に遣う気はない!」って思ってしまいます。

      トピ内ID:7708868834

      閉じる× 閉じる×

      間違い

      しおりをつける
      blank
      ss
      >しつけ・マナーと他人への寛容
      「しつけで教えるのはマナーか寛容か」という質問ね。

      「マナー」と「寛容」は別な話だから回答は「どちらも」でしょう。
      二者択一なんて「マナー」も「寛容」も理解できていないのでしょう。

      ちょっと考えれば明白ね。
      マナーは「自分の行動」で、寛容は「他人の行動」ですよね。
      二者択一でないものをどちらかなんて根本が間違ってるよね。

      トピ内ID:0385708920

      閉じる× 閉じる×

      わかるよ

      しおりをつける
      たかぞのりえ
      テレビの場合はもうね、キャラクターを演じてると思っています。
      箸の持ち方言葉づかいとかテレビの為のキャラクター。
      そう思いましょう。
      その為のタレント業って思っています。

      トピ内ID:0401267119

      閉じる× 閉じる×

      厳しく躾けられすぎたのかな

      しおりをつける
      blank
      Lちゃん
      私は子供の頃から厳しくされたのに!ずるい!
      っていう気持ちもあるのかな?
      だってそりゃあ大人である今でこそ、きちんと躾けてくれてありがとうと親に感謝していても、子供の頃はいろいろえ~とか不満に思う事だってあったんじゃない?

      でもね、躾はきちんとされてるからこそ主さんのように大人になって色々他人の視点になって考えられるようになるんですよ。
      躾されてない人間はそこまで思考が回らない。だから周囲の気持ちや迷惑も気にせずに色々やらかすんです。

      しかし何事も度を超してはいけないということは、子供を物心つくまで育てていると実感します。自分も子供なのにやたらと遠慮するような子供になってしまったし、私の娘はやや行動に自信が持てない内向的な性格になりつつあります。
      躾けはさじ加減大切ですね。反省中です。

      トピ内ID:1478495126

      閉じる× 閉じる×

      迷惑をかけるなと言われたから

      しおりをつける
      トランプ
      躾とは身を美しくとかきますよね。元々は躾とは他人に迷惑をかけないためにあるのではなく、身を美しくするためにあるのです。

      立ち居振る舞いが美しければ、結果として人様にも迷惑をかけることはありません。あなたのご両親様の躾が厳しかったからではなく、人に迷惑をかけないことを目標に躾されたので、迷惑な人にイライラするのです。

      あなたは子供には美しい振る舞いとはどういうものかと躾をすればいいのです。

      現状でも自分がいかに美しく振る舞うかを心掛けることに重点をおけば、人様の振る舞いなど気にならなくなりますよ。下品に言えば、ああいう人がいるから自分が際立っているぐらいに思えばいいと思いますよ。

      トピ内ID:9291837160

      閉じる× 閉じる×

      いいと思いますよ?

      しおりをつける
      🐱
      azarashi
      いい躾を備えた人が、躾のなっていない人を心の中で批判して何が悪いのですか?

      上から目線で見ていいじゃないですか、だって、あなたの方が事実、上なんだから。 躾のなっていない人を批判し、同時にご両親への感謝の気持ちがわくでしょう?

      寛容であることは、なんでもすべて受け入れることじゃないと思います。 例えば、ぶつかった人に「ちょっと、謝りなさいよっ!」って食って掛かるのではなく、(こういう残念な人もいるんだな)って軽蔑する、これは寛容でないとは言わないんじゃないかな。 

      トピ内ID:5225173361

      閉じる× 閉じる×

      家族・友人・人間関係ランキング

        その他も見る その他も見る

        トピ主です。ありがとうございました。

        しおりをつける
        blank
        ミチ
        レスをくださった皆さま、トピ主のミチです。
        貴重なご意見をお聞かせくださりありがとうございました。

        一つ一つ拝見して、悶々としていた気持ちがほぐれていくのを感じました。

        最初は、自分がイラッとした場面でも相手は楽しそうに笑顔でいるのを見た時、イラッとしてしまう私はマナーを守っていても良い気分ではない。
        笑顔でいられて、何も感じない方が、実は人生うまくいくのか?なんて極端なことを思ったりもしました。

        マナー、礼儀、しつけが・・と、それにこだわってイラッとしていた私も、他の誰かから見たらそれもまた迷惑と思われる一人だったのかもしれないと思いました。

        たしかに、人に不快な思いをさせず、自分を律することを教えてもらったはずが、自分もやっているのだから他人もやって当然となってしまっては本末転倒だったと、今はそう思えます。

        おそらく今後もイラッとしてしまう場面に遭遇すると思いますが、マナーや礼儀は相手に対しても自分に対してもプラスに働いてこそ・・と心に留めて気持ちを切り替えていこうと思います。

        皆さま、本当にありがとうございました。

        トピ内ID:7825679709

        閉じる× 閉じる×

        似ている

        しおりをつける
        🐤
        sunny
        私もトピさんに似た所あります。
        やっぱりずるい!って思う所があると思うんです。
        私はこんなに気をつけているのに、みたいな。

        私の場合は親からのしつけというよりずっと接客業をしてきて
        新人のころは先輩に厳しくされ何回も泣きました。
        でも厳しい指導のおかげでどこで働いても褒めてもらえます。
        自分の心がどうでも人前では切り変えて笑顔でいる切り変えも得意です。

        ですが、自分がお客の立場になってみると行きとどいてない接客が
        実に多いのです。
        なんでこんなこと位分からないの?そう感じてイライラするのです。

        それに気づいてからせっかくの外食や買い物が楽しめてない。自分が損してる
        と思いました。

        そういう風に他人を批判するときって自分の時間を楽しむ時に人を観察していたわけです。
        もっと自分の目的を中心にすることに変えました。
        店員のふるまいよりも食事の味や欲しかったものが見つかった喜び
        他に視点を変える事にしました。

        周囲の人の欠点ならそういう一面もあるけどほかにいい所もあるはず。
        ないものよりあるもの。批判より感謝が幸せに生きるこつだと思います。

        トピ内ID:8344504274

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        • レス一覧
        • トピ主のみ (1)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0