詳細検索

    • ホーム
    • ひと
    • 人生哲学・生活哲学のお仲間探し、どうしてますか?
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    人生哲学・生活哲学のお仲間探し、どうしてますか?

    お気に入り追加
    レス92
    (トピ主20
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    子羊
    ひと
    ごく普通の中年女性ですが・・・。

    昔からです。
    普段の生活の中でいろんなことを経験するたび、悩んだり考えたりします。
    そうすると、最初は具体的だった悩みがどんどんと抽象化されていって、最終的にはなんだか哲学にも似たような疑問にまで集約されることがよくあります。
    (例えば最近の疑問は「仕事はなにか?働くとはなにか?人生にとって仕事とは何か?」というようなことです。)

    そんな簡単に答えがある訳ではないことも分かっています。それよりも多分、私は自分の腑に落ちる答えを見つけたいし探し出したいと思っているようです。
    そのためには、対話も大事なのかなぁ・・・と思ったりします。

    場や相手をわきまえずこんな悩みを持っていることを話すと、「浮世離れしてるだけ平和ボケしてるんだ」とか「役に立たないくだらないことばかり頭でっかちになってて意味ない。そんなことよりまず何か行動して前進せよ。」とか、取り合ってもらえないだけではなく、そういう疑問を持つこと自体を否定されかねないのが時代の空気だと感じています。
    でも自分にとってはそれなりに切実なのです。否定されては傷つくし、本当に人と話したいことを話せず隠しているのは孤独です。

    私のように、変に哲学的な悩みを持つ人は他にもいませんか?やっぱり私は一人なのでしょうか?

    トピ内ID:4658026910

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 14 面白い
    • 44 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 75 エール
    • 6 なるほど

    レス

    レス数92

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (20)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 30  /  92
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    仲間はいません

    しおりをつける
    blank
    kuro
    私もごく普通の中年女性です。

    昔から深く考えすぎたり、掘り下げて考えすぎたり、悩みすぎたりします。

    人に話すと「考えすぎ。」「悩みすぎ。」「そこまで考えていたの?!」と言われます。

    少し自分とはかけ離れた人の意見を聞きたくて話してみたところ、宗教の方へ話を持って行かれたので、話題にすることを辞めました。

    話す相手が悪いのか、自分が悪いのか答えは出ていません。

    最近は、哲学の本を読むことにしています。答えが書いてあるので、面白いです。なるほどと思うこともあれば、これは違うんじゃないかと思うこともあります。

    最初は敷居が高いように感じましたが、読んでみると意外とあっさりしています。とりあえず、ニーチェあたりから始めてみてください。

    日本では、まだまだ哲学の認識が低いですが、欧州では参考書のように扱われています。また、欧州の古い映画を見ると哲学的なテーマも多く、味わい深くて面白いのでオススメです。

    トピ内ID:3414611425

    閉じる× 閉じる×

    一人ではない

    しおりをつける
    blank
    哲子
    哲学的悩みを持つ人が一人なわけ無いでしょ!!極端だな~
    だったら、哲学科に通う学生も、哲学者もいないし、哲学本も売れてないし書かないし。
    宗教だって成り立たないでしょう?

    哲学者で大学教授の方が、講座開いてて、社会人にも門戸開いて皆で論議してるとか
    話題になった事もありますよね。知らないですか?
    それから、NHKでも哲子とかいう番組始まりましたよね?

    何で、自問自答じゃなく、仲間が欲しいのか理解できないけど
    ネット上でも、きっと出来ると思うし、小町でも課題提起すればレス付くでしょ。

    でも、「否定されれば傷つく」って所が理解できません。
    哲学の仲間って、「そうだよね、解る解る~」って世界では無いでしょう?
    否定だって、相手の哲学かもしれません。思想は個人個人違う。

    自分の気持ちを理解して欲しいなら、自分の思想と近い歴史的哲学者を探す事が一番かも。
    トピの最近の疑問に書かれてた内容の哲学的解釈の本、全て有りますよ。

    トピ内ID:0113879311

    閉じる× 閉じる×

    いると思いますよ。

    しおりをつける
    💰
    楽しみ
    わたしは、そういう風に考えるのが大好きだったアラフォー主婦です。
    モラトリアム時期が長い人間だったので、20代後半まで心理学、宗教学、読書、も隙でしたし、あれやこれやと自分探しをしていました。

    流行とは何か。教育とは何か。大学に行く意味とは何か。生きるとは何か。常識とは何か。なぜ人を殺してはならぬか。
    突き詰めて考えて、「自分なり」の答えがでたときの爽快感。20代前半の時、公園でふと答えがでたある瞬間のこと今でも覚えています。

    やはり色々な世界の本や人に出会い、自分の心に響く何かを見つけることが大事かなと思います。

    図書館で色々な本に出会うのがいいですよ。講演会もいいです。瀬戸内寂聴さんらの人生訓の本など腐るほどあります。日野原 重明さんの講演や本もすばらしい。宇宙飛行士の毛利守さんの講演は自分の中で響く言葉を見つけることができ嬉しかったですよ。

    トピ内ID:4394413389

    閉じる× 閉じる×

    皆多かれ少なかれ持っていると思います

    しおりをつける
    🐤
    ake
    私も人生の本質、など答えの無い事を考えるのが好きです。

    私の場合、夫が外国人で宗教持ってる人なので、こういう事を話し合える下地がるのでよく話します。
    あと、自分の考えに一番近いブログがあるので、それを読んで掲示板で考え方を交換したりしてます。

    日本だと、あまりこういった話題は普段の会話の中ではできないかも知れませんね。

    衣食住、足りていて、平和な日本に住んでいるのなら、こういう事を考えるには最適な環境で、本当は考えるべき事だと思います。
    でもトピ主さんが仰る通り、場所と人を選ばないと、変な人認定され易いですよね~。

    手始めに、色々な本を読むのは如何でしょうか?
    1人でいいから、深い話をできる人がいるといいですね。

    トピ内ID:7233519466

    閉じる× 閉じる×

    本を読む…

    しおりをつける
    萩子
    そのような悩みは本を読んだら解決します。

    そこで悩んでいる人達が集う場は探せばあるのでしょうが解決しないと思います。

    本を読んでるうちに考えがまとまり納得できる答えに偶然出会えることもあります。

    仕事とは?
    働くとは?
    人生にとって仕事とは?

    すごくいい悩みですね…

    トピ内ID:4122028518

    閉じる× 閉じる×

    私も対話したいけど

    しおりをつける
    😨
    アサギマダラ
    …難しいと思いますよ。

    私(40代女、会社員)もすぐ、ひとの言動や事象に意味や原因、普遍性を求めて考えてしまいます。私にとっては当たり前で、かつ大切なことなのですが……。

    残念ながら、長い友人とでも話し合うのは無理です。

    一生懸命に考えを言うと、合わせてくれるかうんざりされるか、誤解されて見当違いの話題にすりかえられるか。

    ノートにでも書き綴り、自分との対話におさめておくしか無いんじゃないでしょうか。

    大学時代、意見を戦わせられる友人が一人いましたが、事情により今は連絡が取れません。残念です。

    トピ内ID:8295068240

    閉じる× 閉じる×

    私もあなたと同じ

    しおりをつける
    年寄り
    私もあなたと、同じような悩みを抱えてきました。

    子育てが一段落すると、仕事を始めました。パートですが、人と接する内容です。

    25年働いて、今は無職。

    40代はよく悩みましたが、正解のないことばかり考えていて、暇なんだ、と主人に言われました。

    無職の今、もっと考えます。

    どうやって人生を全うできるか?生きることの意味とか。

    でも、まずは日々の暮らしを丁寧にして、人には親切に、そして、本を読んでいます。

    職場や、学生時代の友人とは、少数ですが、人生の意味を語れる人とも出会いました。

    あなたも、趣味でも仕事でも、まずなにか、人と出会う場を作るといいです。

    案外いますよ。市井の人の中に、哲学者は潜んでいます。普通の顔をして。
    出会うには、ご自分も磨きましょう。 誠実に。

    トピ内ID:4909930816

    閉じる× 閉じる×

    はあい、ご同輩

    しおりをつける
    blank
    うぐいす
    ひとりじゃありません。ここにもいますよ。

    私も、語りあう仲間はいません。みんな現実の話でいっぱいいっぱいで、語ると変わり者扱いになります。学生のときですらその傾向はありました。

    あんまり考えが深まると、夫にさえ、こわくなるからやめて、と言われるようなこともまれにあります。

    悶々としているときもあれば、ノートに書きつけたり、小説も含めて自分の感覚に近い本を探して読んだりします。近ごろはお寺で写経したり座禅をしたり、お抹茶接待のあるところでお庭をみながらのんびり考えたり。

    なんでもかんでも一般化してしまうのも考えものなので、現実と組み合わせて絵本や詩やエッセイや小説に挑戦してみるのもいいかもしれないと思っています。
    俳句も、哲学になり得ます。
    そんな世界で、少し間口の広い仲間がみつかるかも。
    というのが私の妄想の中での期待です。

    トピ内ID:9522893798

    閉じる× 閉じる×

    パンのみに‥…

    しおりをつける
    blank
    湯川
    わたしも、常に哲学的に、考えて生きています。

    哲学的になった理由は とくに、理由は ありませんが

    大学受験で、2浪した影響は大きいと自分では 思います。

    わたしは、42歳です。

    バブル経済が終わり 終身雇用が当てにならず、大手企業の 業績悪化を、聞くと

    お金は大切だけれども、いったい わたしは、なんのために いきているのだろう?
    と、考える日があります。

    また、震災 天候不順 噴火 

    今から、30年前には、考えた事もなかった自然の脅威を、
    見せつけられると

     生きているのではなく、 いかされているのだ
    と、考える日も 増えてきます。

     わたしの、哲学の先生は、

    歴史上の人物です。

    徳川家康公 西郷隆盛公 など、

    どんな人物も、言うまでもなく、平坦な人生ではありませんでした。

    これらの、人物が、自分の人生の危機を、どう乗り越えられたか

    わたしは、勉強になりました。

    徳川家康公の人生哲学は有名で

    人の一生は、重き荷を背負って行くが、ごとし
    急ぐべからず だそうです。

    トピ内ID:7951671197

    閉じる× 閉じる×

    私も、そういうことを考える事が好きですが。

    しおりをつける
    blank
    わかめ
    私が思うに、主さんは答えが欲しいのではなく、他の誰かと哲学的な会話がしたいのだろうな、という事です。
    分かりますよ、私も好きだし、誰かの考えや価値観を知るのは楽しいですよね。

    ただ、そういう会話ができる相手は少ないと思います。
    今の私には、実の姉とママ友、ここ最近は職場の社員さん(男性)がそれに値する存在です。
    三人もいて、有り難いと思います。
    三人に共通するのは(私も含めると四人)、読書好きです。

    ちなみに、主人とはそういう会話はあまりしません。
    息子と三人で、くっだらない話をしている時が幸せで楽しいからです。

    主さんはいきなり「人生とは…」なんて、相手に切り出すのですか?
    それでは相手も??でしょう。
    ある程度は仲良くなり、普段の会話から相手を見極めないと、トピにあるような否定に繋がると思いますよ。

    それと、小町を利用する事が一番良い方法かもしれません。
    だから私は小町が好きなんです(笑)

    トピ内ID:8777797799

    閉じる× 閉じる×

    相手を選びましょう

    しおりをつける
    🙂
    おっちゃん
    私を含めて、ほとんどの人は、そういうことをそういう風には考えないんじゃないかと思います。私自身あなたのお悩みを聞かされたら、茶化すかもしれません。

    日々の課題がたくさんあるので、そんなことにまで考えが行きません。ただ、世の中の人みんなが私のようにお気楽とも限らないので、話す相手を選べば、乗ってくれる人もいるとは思います。

    トピ内ID:5190806623

    閉じる× 閉じる×

    いると思いますよ

    しおりをつける
    blank
    本好き
    ただ、トピ主さんと同じで他人には言わないと思います。

    私もよく考えますが、身内にすら言ったことありません。

    では、どうするか…

    その手の本が沢山あります。
    最近読んだ中で一番腑に落ちたのが、「嫌われる勇気」ですね。

    この手の本はよく売れているので 皆さん結構そういうことを考えているんだと思います。

    本は自分の糧になります。
    それを実行すると、周りからの評価があがります。
    人知れず成長出来ることが多いです。

    是非、いい本に出会って自分を高めて下さい。

    トピ内ID:5705636330

    閉じる× 閉じる×

    なるべく触らない

    しおりをつける
    blank
    忘れる芦
    小町に来るとちょっと触っちゃうのですが…

    私は本の虫で、学校で推薦されている本や有名な作家の本を貪って読みました。大人になってそれらの作家さんは社会不適合者?と思います。

    だからなるべく高尚な本は読まないように鈍感力を育てています。

    トピ内ID:6701800894

    閉じる× 閉じる×

    私も結構考えるほうです

    しおりをつける
    blank
    miki
    でも、人には言いません。他人に甘えてるようで。
    学生だったころは友達と時間がたつのも忘れてあれこれ話したように記憶してます。
    でも今は話しません、夫とも。
    たま~に詩集を読んだりしてすっきりします。詩はいいですよ

    トピ内ID:6129960090

    閉じる× 閉じる×

    普通のお友達と

    しおりをつける
    blank
    匿名
    いろんな会話をして、その中に哲学的な事もありますけど。会話の仕方を知らないとか?例えば漠然と物を言ったり、聞いたりされたら引きますね。話すタイミングもありますし。もっと本でも読んで自分なりの思想を豊かにしていった方が幸せかも。

    トピ内ID:6127216797

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      私も同じです

      しおりをつける
      blank
      優しい雨
      学生の頃からそういった傾向がありました。大学の時は、親しい友達とカフェで何時間も緩慢な議論をしたり、その人とは卒業後も電話などで人生の哲学的なことを話し合ったりしていました。2人ともニューエイジの思想にはまっていたこともあり、電話でもノンストップで2~3時間くらい話していましたよ。

      哲学書も読みました。映画・絵画鑑賞も楽しみました。男女問わずさまざまな年代の方とお付き合いし話をしました。両親に介護が必要になる前までのことですが、ああして思索を重ねた年月は、決して無駄ではなかったと思っています。普通の人は振り切って現実生活(リアル)を生きるのでしょうけれどね。私には必要な時間でした。

      確かにこの精神的傾向は生産的ではないかもね。今の生活は、本を読むこともできないほど、現実に浸食されています。3年ほど前から短歌を趣味にしているので、作歌する時にカフェでのんびりと一人だけの時間を楽しむことが、今の私の思索の方法かな。芸術作品に接することで、私は古今東西の先人の知恵を学び、ある時はそれらの中に美を見出してきました。時空を超えて共感できる幸せを感じてきました。そう、昔も今も幸せです。

      トピ内ID:1707263741

      閉じる× 閉じる×

      わかります

      しおりをつける
      mmm
      人間は悩む生き物ですから。

      私は、悩んだとき参考にするものは、自然の中です。動物でもいいと思います。
      動植物はなんてシンプルか。
      動物は仕事とはなんて悩まない。ただ生きるため、子孫を残すため獲物を捕っている。子育ても命がけだ。

      それなのに。人間は・・・。大きな脳みそを持ってしまった為、愚かな遺産ばかり残している。

      少しでも彼らを見習ってシンプルに生きたいものです。

      トピ内ID:5331532580

      閉じる× 閉じる×

      うさぎの毛

      しおりをつける
      blank
      あすほー
      私も同じような思考パターンに陥ることがあります。
      考えれば考えるほど、壮大なテーマになっていくというか(笑)
      そのテーマを誰かと議論しあえれば楽しいでしょうね。
      私は両親や主人が話に乗ってくれるので、たまに議論してます。

      でも基本的にはあなたと同じですよ。誰彼構わず話したりしません。
      要はオタクのようなものです。わかる人としか共有できないんです。
      で、わかる人を見つけるのは大変だし、不愉快な思いもします。
      なので他人には求めません。ひたすらマイワールドに埋没します。

      トピ主さんの文を読んでいて、『ソフィーの世界』という本に出てくる、うさぎの毛の中に包まる人間の話を思い出しました。
      哲学書ですが難解な表現は無く、面白い内容です。
      もしもご存知でないなら読んでみてはいかがですか?
      新たな発見ができるかもしれませんよ。

      トピ内ID:8523779742

      閉じる× 閉じる×

      ありがとうございます

      しおりをつける
      blank
      子羊
      レスをくださった方、ありがとうございます。

      私は、アカデミックな哲学がやりたいわけではないんです。
      なので、造語ですが「生活哲学」と題したので・・・。

      本を読んで答えを探したいというのとはちょっと違うんです。
      自分なりに腑に落ちる言葉が欲しいという感じです。
      自分がこれから生きていく道を探りたいのです。

      否定されたら、辛くないですか?
      こういう、抽象的な疑問を持つこと自体を「悪いこと」のように言われたり、そういう話を持ちかけると非難や説教されたら、私は辛いです。
      変と言われても、そういう場面で私が辛く感じているその時の心の痛みは確かに自覚しています。変と言われても、自分でも勝手にそう感じるのでしょうがないのです。ごめんなさい。
      日常の実際的な悩みや相談を持ちかけるように、こういう話題を普通に話しかけても、ドンビキしたり説教したりしないで、一緒に考えてもらえる相手を見分けられたら嬉しい。

      トピ内ID:4658026910

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(20件)全て見る

      ありがとうございます

      しおりをつける
      blank
      子羊
      只今外出から戻ってこちらを見たら、先ほどは楽しみ様のレスまで拝見したところでレスしましたが、今度はおっちゃん様までレスを頂いておりました。
      こんなトピックに沢山のレスを頂き、ありがとうございます。

      不思議です。
      掲示板ではこんな風にいろいろな方が「同じだよ」と賛同してくださるのに、実生活でそういう話題を振っても、まずうまく話が噛み合ったことがありません。
      否定されないまでも、「きっと我慢して聞いてくれてるんだろうな。」「興味ないんだろうな。」と感じる様子だったりして、自分なりの考えを返してくれるという人に出会った経験はほとんど記憶にありません。

      フランスでは、街中のカフェあちこちで、「哲学カフェ」が催されていると聞きます。誰でも飛び込みの当日参加でいいし、自由に発言したり聞き入ったりしていいそうです。(日本の哲学カフェなら何度か参加しましたが、今は引っ越してしまい参加できません。)
      日本にもそういう場が増えたらいいのに。

      トピ内ID:4658026910

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(20件)全て見る

      夫です

      しおりをつける
      blank
      もり
      唯一そういう話ができるのが夫です。
      答えはくれませんが、うんうんうなずいて話を聞いてくれます。

      トピ内ID:0695102715

      閉じる× 閉じる×

      仕事とは?…ですか?

      しおりをつける
      blank
      幸ひ住むと人のいふ
      誰でも考えるんじゃないでしょうか。

      もともとの専攻が哲学ですから、そういう抽象化?なら常にしています。
      そういう人は多いでしょう。いや、しない人も確かにいますが。

      ところで、ニーチェを薦めているレスがありますが、とっかかりとしては最悪?な選択です。
      ニーチェの哲学は(それまでの)全ての哲学の否定から出発するんだから、その前を知らなきゃちゃんと理解できません。
      「神(理性)は死んだ」とは、考えても今まで解決できなかったから考えるのをやめようという主張なのです。
      そこで新たに「意志」を主人公に引っ張り出したのです。

      ニーチェの文章には、矛盾が多い、飛躍が多い、パクリが多いことが、つとに指摘されています。
      いきなり飛びついて、それでいろいろわかった気になると、返って苦労しますよ。

      もし、未読ならやっぱりプラトンがいいんじゃないでしょうか。
      岩波文庫に入っているものを一通り読めば、それなりの手応えがあるでしょう。
      あとはショーペンハウエルも一般向けにいいと思います。大著のままではなく、エッセイ集のような体裁で何冊も出ています。

      トピ内ID:8943342601

      閉じる× 閉じる×

      どうか あきらめないで

      しおりをつける
      blank
      独楽
      私も 若いときから 「自由とは 何か」みたいな 命題を
      いつも 通勤の車中で 考えたりしていました。

      どうか いくつも テーマを 抱えて
      追求していってください。
      どなたかも 書かれていますが 「腑に落ちる」表現が
      見つかったときは 宝物になると思います。
      結論が 出なくても (たとえば なぜ人は生きるのか
      みたいな 到底 答えが出ない命題も ありますから)

      でも 決して ネガティブな意味でなく
      他人に 期待せず、かな?
      自分で まず 深めて 掘り下げて いく
      この作業自体が 楽しいと思います。

      いつか 考えを シェアできる時が来ます。
      それまで 何十年でも待ちましょう。
      小町よし、ブログよし、・・・。
      でも 自分の中で ためて
      発酵するまで 溜めて? 
      そして 表面的には ごく普通の
      生活を送る。
      よく 思うんですよ
      いろいろな 仕事をしている人を見ながら
      「ひょっとして あの人も 頭の中では
      哲学の命題を 考えながら レジ打ったり
      道路工事したり してるんじゃないかな 」

      「哲学カフェ」初耳です。
      楽しそうですね。

      トピ内ID:3441727473

      閉じる× 閉じる×

      考える芦から、忘れる芦へ(笑)

      しおりをつける
      blank
      通りすがり
      忘れる芦さんの書かれていること、よくわかります。
      やはり、物事をそのまま受け入れずに、疑問を持って考えていると、
      社会への適応度が低くなり、現実的に損しますものね。
      なるべく封印しておきたいお気持ちはわかります。

      トピ主さん、考えるより、仕事を辞めてみたらわかると思いますよ。
      その時、失ったと思った事が、トピ主さんが仕事をする意味だと思います。

      トピ内ID:8599518739

      閉じる× 閉じる×

      二度目のレスです、失礼します。

      しおりをつける
      blank
      わかめ
      私には三人いますよ~、とレスした者です。

      前レスで「私も含めた四人に共通するのは、読書好き。」と書きましたが、
      ここの皆さんも「読書」が共通項のようですね。

      横ですが、あすほー様。
      ソフィーの世界、私も学生の時に読んだ本ですが、当時は意味がわかりませんでした(笑)
      改めて読んでみようと思います。

      で、私に三人いますよ~と申し上げましたが、きっかけは「本」も一役買っています。
      姉と私は姉妹なので、そもそも本好きなのは知っていて、その流れで会話もできるんですが、他の二人はまず「趣味は?」という最初の最初で「読書かな」から入ったように思います。
      そこで「どんな部類の本?」と聞くと、簡単に見分けられると思いますよ。
      あと、皆、高学歴です。

      ちなみに、私は四人姉弟ですが、他の姉弟とはそういう会話はしません。
      兄弟でも好みは違います。
      趣味や好みが違うのに、そういう話をふるのは会話(コミュニケーション)破壊でしょう。
      先に破壊しておいて「否定される!」は違うと思います。

      トピ内ID:8777797799

      閉じる× 閉じる×

      家族・友人・人間関係ランキング

        その他も見る その他も見る

        2回目のレスです

        しおりをつける
        優しい雨
        トピ主様のレスの中で、「哲学カフェ」の存在を初めて知って、興味を持ちました。フランス人は、日常生活の中で哲学的なことを考えたり、パートナーや友人たちとさらりと話題にする国民だと何かの本で読みました。

        私はフランス映画が好きで、時間があった頃はよく見ていたのですが、ゴダールなどのヌーベルバーグの監督やエリック・ロメールなどは、そんな(哲学的な)映画を撮っています。トピずれでした。

        このような「思索する」という特性や資質が、趣味に発展して生活や人生を楽しむことができればいいですよね♪

        トピ内ID:1707263741

        閉じる× 閉じる×

        100分で名著/NHK水曜夜の番組

        しおりをつける
        年寄り
        タイトルの番組をお勧めします。

        本を拒絶していますが、先入観を持っておられる。

        長い間読まれてきた古典は英知に満ちています。

        そういう人に出会わないとおっしゃいますが、あなたの話のふり方も問題があるかもしれない。

        本を読んでいると、身に付けば、あなたの周りに話に応じる人が必ず現れます。

        人ってそういうものだから。人生ってそういうものだから。
        偶然が積み重なって、必然になる。
        同好の人人に出会うには、あなたの感度を磨かなきゃ。

        友達とランチに行っても、この年になるといつの間にか深い人生哲学の話になります。

        私はそういう話をする人にそちこちで出会うようになりました。経験を積んでからですが。

        トピ内ID:4909930816

        閉じる× 閉じる×

        仲間探しはしません

        しおりをつける
        blank
        まめ
        私もごく普通の中年女性です。

        哲学とは違うのかも知れませんが
        「宇宙に始まりがあるのか」とかに昔から悶々と考えを廻らせます(笑)

        学問として学びたいとかそんな立派なものではないんです。
        素人なりに調べたり考えたりしてニヤニヤ自分の中で楽しんでいます。
        怖いですね(笑)
        答えなんて無いのは分かっていますし
        人の意見でモヤモヤするのはイヤなので仲間探しはしません。

        >場や相手をわきまえずこんな悩みを持っていることを話すと、
        場はわきまえた方がいいですよ。
        他人は(家族でも)自分とは違う「個」ですから、ぴったり考えが同じなんて有り得ませんし。
        現実で意見が合わない時のモヤモヤ感といったら、匿名掲示板の非ではありません(笑)
        否定されてモヤモヤするのでしたら、誰かと共有したいと思わない方が賢明ですよ。

        トピ内ID:9257333414

        閉じる× 閉じる×

        高校生の息子と。

        しおりをつける
        blank
        パンのみならず
        私もそういうことよく考える方です。
        でも、それを誰かと話したいという欲求はないような気がする。
        いろんなことを一人で考えて、生活の中でたまたま新しい考えを知ったりして、
        「あ、これは○○についてこういうふうにも考えられるって事につながるなあ」と
        自分の考えを修正してみたり。
        そんな事を一人で楽しんでいました。

        最近、高校生の息子が同じようなことを考えていまして、
        それは始め「勉強したくない。勉強に何の意味があるんだ」という即物的?な不満から
        始まったのですが、
        面白いので受けて立って、
        「じゃあ何なら意味を感じるのか?意味のないことはしないのか?そもそも生きること自体何らかの意味があるから生きるのか?」
        「より良い生活のために勉強してはいけないか?より良い生活って、なんだと思う?幸福とは?」
        てな議論を吹っ掛けたり吹っかけられたりしています。

        議論するのも楽しいものだな、と思います。
        息子の考えを聞くのは私になかった視点があり面白いです。
        トピ主さんもこういうお仲間が欲しいのでしょうね~。少しわかります。

        でも、私としては、一人でつれづれなるままに考えるのも楽しいものですよ~。

        トピ内ID:1147955683

        閉じる× 閉じる×

        宗教と哲学がカットされた

        しおりをつける
        blank
        servant
        明治維新の時、西洋の教育を輸入する際に、
        宗教と哲学がカットされたようだ。
        一日も早く、富国強兵を実現するためですね。

        私が日本にいないのは、クロスワードパズルが原因です。
        妻は大量のクロスワードパズルを覚えていて、
        似た様な問題に、似た様な答を教えてくれる。
        それが正解と思っている。

        本人は知らないが、考えないので、アルツハイマー予備軍です。
        本人は知らないが、子供の教育に悪かった。
        美人で賢そうなので、何も言えない。

        トピ内ID:6217891408

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        • 3
        • 4
        先頭へ 前へ
        1 30  /  92
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (20)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0