詳細検索

    • ホーム
    • ひと
    • 人生哲学・生活哲学のお仲間探し、どうしてますか?
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    人生哲学・生活哲学のお仲間探し、どうしてますか?

    お気に入り追加
    レス92
    (トピ主20
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    子羊
    ひと
    ごく普通の中年女性ですが・・・。

    昔からです。
    普段の生活の中でいろんなことを経験するたび、悩んだり考えたりします。
    そうすると、最初は具体的だった悩みがどんどんと抽象化されていって、最終的にはなんだか哲学にも似たような疑問にまで集約されることがよくあります。
    (例えば最近の疑問は「仕事はなにか?働くとはなにか?人生にとって仕事とは何か?」というようなことです。)

    そんな簡単に答えがある訳ではないことも分かっています。それよりも多分、私は自分の腑に落ちる答えを見つけたいし探し出したいと思っているようです。
    そのためには、対話も大事なのかなぁ・・・と思ったりします。

    場や相手をわきまえずこんな悩みを持っていることを話すと、「浮世離れしてるだけ平和ボケしてるんだ」とか「役に立たないくだらないことばかり頭でっかちになってて意味ない。そんなことよりまず何か行動して前進せよ。」とか、取り合ってもらえないだけではなく、そういう疑問を持つこと自体を否定されかねないのが時代の空気だと感じています。
    でも自分にとってはそれなりに切実なのです。否定されては傷つくし、本当に人と話したいことを話せず隠しているのは孤独です。

    私のように、変に哲学的な悩みを持つ人は他にもいませんか?やっぱり私は一人なのでしょうか?

    トピ内ID:4658026910

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 14 面白い
    • 44 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 75 エール
    • 6 なるほど

    レス

    レス数92

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (20)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    30件ずつ表示

    仲間はいません

    しおりをつける
    blank
    kuro
    私もごく普通の中年女性です。

    昔から深く考えすぎたり、掘り下げて考えすぎたり、悩みすぎたりします。

    人に話すと「考えすぎ。」「悩みすぎ。」「そこまで考えていたの?!」と言われます。

    少し自分とはかけ離れた人の意見を聞きたくて話してみたところ、宗教の方へ話を持って行かれたので、話題にすることを辞めました。

    話す相手が悪いのか、自分が悪いのか答えは出ていません。

    最近は、哲学の本を読むことにしています。答えが書いてあるので、面白いです。なるほどと思うこともあれば、これは違うんじゃないかと思うこともあります。

    最初は敷居が高いように感じましたが、読んでみると意外とあっさりしています。とりあえず、ニーチェあたりから始めてみてください。

    日本では、まだまだ哲学の認識が低いですが、欧州では参考書のように扱われています。また、欧州の古い映画を見ると哲学的なテーマも多く、味わい深くて面白いのでオススメです。

    トピ内ID:3414611425

    閉じる× 閉じる×

    一人ではない

    しおりをつける
    blank
    哲子
    哲学的悩みを持つ人が一人なわけ無いでしょ!!極端だな~
    だったら、哲学科に通う学生も、哲学者もいないし、哲学本も売れてないし書かないし。
    宗教だって成り立たないでしょう?

    哲学者で大学教授の方が、講座開いてて、社会人にも門戸開いて皆で論議してるとか
    話題になった事もありますよね。知らないですか?
    それから、NHKでも哲子とかいう番組始まりましたよね?

    何で、自問自答じゃなく、仲間が欲しいのか理解できないけど
    ネット上でも、きっと出来ると思うし、小町でも課題提起すればレス付くでしょ。

    でも、「否定されれば傷つく」って所が理解できません。
    哲学の仲間って、「そうだよね、解る解る~」って世界では無いでしょう?
    否定だって、相手の哲学かもしれません。思想は個人個人違う。

    自分の気持ちを理解して欲しいなら、自分の思想と近い歴史的哲学者を探す事が一番かも。
    トピの最近の疑問に書かれてた内容の哲学的解釈の本、全て有りますよ。

    トピ内ID:0113879311

    閉じる× 閉じる×

    いると思いますよ。

    しおりをつける
    💰
    楽しみ
    わたしは、そういう風に考えるのが大好きだったアラフォー主婦です。
    モラトリアム時期が長い人間だったので、20代後半まで心理学、宗教学、読書、も隙でしたし、あれやこれやと自分探しをしていました。

    流行とは何か。教育とは何か。大学に行く意味とは何か。生きるとは何か。常識とは何か。なぜ人を殺してはならぬか。
    突き詰めて考えて、「自分なり」の答えがでたときの爽快感。20代前半の時、公園でふと答えがでたある瞬間のこと今でも覚えています。

    やはり色々な世界の本や人に出会い、自分の心に響く何かを見つけることが大事かなと思います。

    図書館で色々な本に出会うのがいいですよ。講演会もいいです。瀬戸内寂聴さんらの人生訓の本など腐るほどあります。日野原 重明さんの講演や本もすばらしい。宇宙飛行士の毛利守さんの講演は自分の中で響く言葉を見つけることができ嬉しかったですよ。

    トピ内ID:4394413389

    閉じる× 閉じる×

    皆多かれ少なかれ持っていると思います

    しおりをつける
    🐤
    ake
    私も人生の本質、など答えの無い事を考えるのが好きです。

    私の場合、夫が外国人で宗教持ってる人なので、こういう事を話し合える下地がるのでよく話します。
    あと、自分の考えに一番近いブログがあるので、それを読んで掲示板で考え方を交換したりしてます。

    日本だと、あまりこういった話題は普段の会話の中ではできないかも知れませんね。

    衣食住、足りていて、平和な日本に住んでいるのなら、こういう事を考えるには最適な環境で、本当は考えるべき事だと思います。
    でもトピ主さんが仰る通り、場所と人を選ばないと、変な人認定され易いですよね~。

    手始めに、色々な本を読むのは如何でしょうか?
    1人でいいから、深い話をできる人がいるといいですね。

    トピ内ID:7233519466

    閉じる× 閉じる×

    本を読む…

    しおりをつける
    萩子
    そのような悩みは本を読んだら解決します。

    そこで悩んでいる人達が集う場は探せばあるのでしょうが解決しないと思います。

    本を読んでるうちに考えがまとまり納得できる答えに偶然出会えることもあります。

    仕事とは?
    働くとは?
    人生にとって仕事とは?

    すごくいい悩みですね…

    トピ内ID:4122028518

    閉じる× 閉じる×

    私も対話したいけど

    しおりをつける
    😨
    アサギマダラ
    …難しいと思いますよ。

    私(40代女、会社員)もすぐ、ひとの言動や事象に意味や原因、普遍性を求めて考えてしまいます。私にとっては当たり前で、かつ大切なことなのですが……。

    残念ながら、長い友人とでも話し合うのは無理です。

    一生懸命に考えを言うと、合わせてくれるかうんざりされるか、誤解されて見当違いの話題にすりかえられるか。

    ノートにでも書き綴り、自分との対話におさめておくしか無いんじゃないでしょうか。

    大学時代、意見を戦わせられる友人が一人いましたが、事情により今は連絡が取れません。残念です。

    トピ内ID:8295068240

    閉じる× 閉じる×

    私もあなたと同じ

    しおりをつける
    年寄り
    私もあなたと、同じような悩みを抱えてきました。

    子育てが一段落すると、仕事を始めました。パートですが、人と接する内容です。

    25年働いて、今は無職。

    40代はよく悩みましたが、正解のないことばかり考えていて、暇なんだ、と主人に言われました。

    無職の今、もっと考えます。

    どうやって人生を全うできるか?生きることの意味とか。

    でも、まずは日々の暮らしを丁寧にして、人には親切に、そして、本を読んでいます。

    職場や、学生時代の友人とは、少数ですが、人生の意味を語れる人とも出会いました。

    あなたも、趣味でも仕事でも、まずなにか、人と出会う場を作るといいです。

    案外いますよ。市井の人の中に、哲学者は潜んでいます。普通の顔をして。
    出会うには、ご自分も磨きましょう。 誠実に。

    トピ内ID:4909930816

    閉じる× 閉じる×

    はあい、ご同輩

    しおりをつける
    blank
    うぐいす
    ひとりじゃありません。ここにもいますよ。

    私も、語りあう仲間はいません。みんな現実の話でいっぱいいっぱいで、語ると変わり者扱いになります。学生のときですらその傾向はありました。

    あんまり考えが深まると、夫にさえ、こわくなるからやめて、と言われるようなこともまれにあります。

    悶々としているときもあれば、ノートに書きつけたり、小説も含めて自分の感覚に近い本を探して読んだりします。近ごろはお寺で写経したり座禅をしたり、お抹茶接待のあるところでお庭をみながらのんびり考えたり。

    なんでもかんでも一般化してしまうのも考えものなので、現実と組み合わせて絵本や詩やエッセイや小説に挑戦してみるのもいいかもしれないと思っています。
    俳句も、哲学になり得ます。
    そんな世界で、少し間口の広い仲間がみつかるかも。
    というのが私の妄想の中での期待です。

    トピ内ID:9522893798

    閉じる× 閉じる×

    パンのみに‥…

    しおりをつける
    blank
    湯川
    わたしも、常に哲学的に、考えて生きています。

    哲学的になった理由は とくに、理由は ありませんが

    大学受験で、2浪した影響は大きいと自分では 思います。

    わたしは、42歳です。

    バブル経済が終わり 終身雇用が当てにならず、大手企業の 業績悪化を、聞くと

    お金は大切だけれども、いったい わたしは、なんのために いきているのだろう?
    と、考える日があります。

    また、震災 天候不順 噴火 

    今から、30年前には、考えた事もなかった自然の脅威を、
    見せつけられると

     生きているのではなく、 いかされているのだ
    と、考える日も 増えてきます。

     わたしの、哲学の先生は、

    歴史上の人物です。

    徳川家康公 西郷隆盛公 など、

    どんな人物も、言うまでもなく、平坦な人生ではありませんでした。

    これらの、人物が、自分の人生の危機を、どう乗り越えられたか

    わたしは、勉強になりました。

    徳川家康公の人生哲学は有名で

    人の一生は、重き荷を背負って行くが、ごとし
    急ぐべからず だそうです。

    トピ内ID:7951671197

    閉じる× 閉じる×

    私も、そういうことを考える事が好きですが。

    しおりをつける
    blank
    わかめ
    私が思うに、主さんは答えが欲しいのではなく、他の誰かと哲学的な会話がしたいのだろうな、という事です。
    分かりますよ、私も好きだし、誰かの考えや価値観を知るのは楽しいですよね。

    ただ、そういう会話ができる相手は少ないと思います。
    今の私には、実の姉とママ友、ここ最近は職場の社員さん(男性)がそれに値する存在です。
    三人もいて、有り難いと思います。
    三人に共通するのは(私も含めると四人)、読書好きです。

    ちなみに、主人とはそういう会話はあまりしません。
    息子と三人で、くっだらない話をしている時が幸せで楽しいからです。

    主さんはいきなり「人生とは…」なんて、相手に切り出すのですか?
    それでは相手も??でしょう。
    ある程度は仲良くなり、普段の会話から相手を見極めないと、トピにあるような否定に繋がると思いますよ。

    それと、小町を利用する事が一番良い方法かもしれません。
    だから私は小町が好きなんです(笑)

    トピ内ID:8777797799

    閉じる× 閉じる×

    相手を選びましょう

    しおりをつける
    🙂
    おっちゃん
    私を含めて、ほとんどの人は、そういうことをそういう風には考えないんじゃないかと思います。私自身あなたのお悩みを聞かされたら、茶化すかもしれません。

    日々の課題がたくさんあるので、そんなことにまで考えが行きません。ただ、世の中の人みんなが私のようにお気楽とも限らないので、話す相手を選べば、乗ってくれる人もいるとは思います。

    トピ内ID:5190806623

    閉じる× 閉じる×

    いると思いますよ

    しおりをつける
    blank
    本好き
    ただ、トピ主さんと同じで他人には言わないと思います。

    私もよく考えますが、身内にすら言ったことありません。

    では、どうするか…

    その手の本が沢山あります。
    最近読んだ中で一番腑に落ちたのが、「嫌われる勇気」ですね。

    この手の本はよく売れているので 皆さん結構そういうことを考えているんだと思います。

    本は自分の糧になります。
    それを実行すると、周りからの評価があがります。
    人知れず成長出来ることが多いです。

    是非、いい本に出会って自分を高めて下さい。

    トピ内ID:5705636330

    閉じる× 閉じる×

    なるべく触らない

    しおりをつける
    blank
    忘れる芦
    小町に来るとちょっと触っちゃうのですが…

    私は本の虫で、学校で推薦されている本や有名な作家の本を貪って読みました。大人になってそれらの作家さんは社会不適合者?と思います。

    だからなるべく高尚な本は読まないように鈍感力を育てています。

    トピ内ID:6701800894

    閉じる× 閉じる×

    私も結構考えるほうです

    しおりをつける
    blank
    miki
    でも、人には言いません。他人に甘えてるようで。
    学生だったころは友達と時間がたつのも忘れてあれこれ話したように記憶してます。
    でも今は話しません、夫とも。
    たま~に詩集を読んだりしてすっきりします。詩はいいですよ

    トピ内ID:6129960090

    閉じる× 閉じる×

    普通のお友達と

    しおりをつける
    blank
    匿名
    いろんな会話をして、その中に哲学的な事もありますけど。会話の仕方を知らないとか?例えば漠然と物を言ったり、聞いたりされたら引きますね。話すタイミングもありますし。もっと本でも読んで自分なりの思想を豊かにしていった方が幸せかも。

    トピ内ID:6127216797

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      私も同じです

      しおりをつける
      blank
      優しい雨
      学生の頃からそういった傾向がありました。大学の時は、親しい友達とカフェで何時間も緩慢な議論をしたり、その人とは卒業後も電話などで人生の哲学的なことを話し合ったりしていました。2人ともニューエイジの思想にはまっていたこともあり、電話でもノンストップで2~3時間くらい話していましたよ。

      哲学書も読みました。映画・絵画鑑賞も楽しみました。男女問わずさまざまな年代の方とお付き合いし話をしました。両親に介護が必要になる前までのことですが、ああして思索を重ねた年月は、決して無駄ではなかったと思っています。普通の人は振り切って現実生活(リアル)を生きるのでしょうけれどね。私には必要な時間でした。

      確かにこの精神的傾向は生産的ではないかもね。今の生活は、本を読むこともできないほど、現実に浸食されています。3年ほど前から短歌を趣味にしているので、作歌する時にカフェでのんびりと一人だけの時間を楽しむことが、今の私の思索の方法かな。芸術作品に接することで、私は古今東西の先人の知恵を学び、ある時はそれらの中に美を見出してきました。時空を超えて共感できる幸せを感じてきました。そう、昔も今も幸せです。

      トピ内ID:1707263741

      閉じる× 閉じる×

      わかります

      しおりをつける
      mmm
      人間は悩む生き物ですから。

      私は、悩んだとき参考にするものは、自然の中です。動物でもいいと思います。
      動植物はなんてシンプルか。
      動物は仕事とはなんて悩まない。ただ生きるため、子孫を残すため獲物を捕っている。子育ても命がけだ。

      それなのに。人間は・・・。大きな脳みそを持ってしまった為、愚かな遺産ばかり残している。

      少しでも彼らを見習ってシンプルに生きたいものです。

      トピ内ID:5331532580

      閉じる× 閉じる×

      うさぎの毛

      しおりをつける
      blank
      あすほー
      私も同じような思考パターンに陥ることがあります。
      考えれば考えるほど、壮大なテーマになっていくというか(笑)
      そのテーマを誰かと議論しあえれば楽しいでしょうね。
      私は両親や主人が話に乗ってくれるので、たまに議論してます。

      でも基本的にはあなたと同じですよ。誰彼構わず話したりしません。
      要はオタクのようなものです。わかる人としか共有できないんです。
      で、わかる人を見つけるのは大変だし、不愉快な思いもします。
      なので他人には求めません。ひたすらマイワールドに埋没します。

      トピ主さんの文を読んでいて、『ソフィーの世界』という本に出てくる、うさぎの毛の中に包まる人間の話を思い出しました。
      哲学書ですが難解な表現は無く、面白い内容です。
      もしもご存知でないなら読んでみてはいかがですか?
      新たな発見ができるかもしれませんよ。

      トピ内ID:8523779742

      閉じる× 閉じる×

      ありがとうございます

      しおりをつける
      blank
      子羊
      レスをくださった方、ありがとうございます。

      私は、アカデミックな哲学がやりたいわけではないんです。
      なので、造語ですが「生活哲学」と題したので・・・。

      本を読んで答えを探したいというのとはちょっと違うんです。
      自分なりに腑に落ちる言葉が欲しいという感じです。
      自分がこれから生きていく道を探りたいのです。

      否定されたら、辛くないですか?
      こういう、抽象的な疑問を持つこと自体を「悪いこと」のように言われたり、そういう話を持ちかけると非難や説教されたら、私は辛いです。
      変と言われても、そういう場面で私が辛く感じているその時の心の痛みは確かに自覚しています。変と言われても、自分でも勝手にそう感じるのでしょうがないのです。ごめんなさい。
      日常の実際的な悩みや相談を持ちかけるように、こういう話題を普通に話しかけても、ドンビキしたり説教したりしないで、一緒に考えてもらえる相手を見分けられたら嬉しい。

      トピ内ID:4658026910

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(20件)全て見る

      ありがとうございます

      しおりをつける
      blank
      子羊
      只今外出から戻ってこちらを見たら、先ほどは楽しみ様のレスまで拝見したところでレスしましたが、今度はおっちゃん様までレスを頂いておりました。
      こんなトピックに沢山のレスを頂き、ありがとうございます。

      不思議です。
      掲示板ではこんな風にいろいろな方が「同じだよ」と賛同してくださるのに、実生活でそういう話題を振っても、まずうまく話が噛み合ったことがありません。
      否定されないまでも、「きっと我慢して聞いてくれてるんだろうな。」「興味ないんだろうな。」と感じる様子だったりして、自分なりの考えを返してくれるという人に出会った経験はほとんど記憶にありません。

      フランスでは、街中のカフェあちこちで、「哲学カフェ」が催されていると聞きます。誰でも飛び込みの当日参加でいいし、自由に発言したり聞き入ったりしていいそうです。(日本の哲学カフェなら何度か参加しましたが、今は引っ越してしまい参加できません。)
      日本にもそういう場が増えたらいいのに。

      トピ内ID:4658026910

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(20件)全て見る

      夫です

      しおりをつける
      blank
      もり
      唯一そういう話ができるのが夫です。
      答えはくれませんが、うんうんうなずいて話を聞いてくれます。

      トピ内ID:0695102715

      閉じる× 閉じる×

      仕事とは?…ですか?

      しおりをつける
      blank
      幸ひ住むと人のいふ
      誰でも考えるんじゃないでしょうか。

      もともとの専攻が哲学ですから、そういう抽象化?なら常にしています。
      そういう人は多いでしょう。いや、しない人も確かにいますが。

      ところで、ニーチェを薦めているレスがありますが、とっかかりとしては最悪?な選択です。
      ニーチェの哲学は(それまでの)全ての哲学の否定から出発するんだから、その前を知らなきゃちゃんと理解できません。
      「神(理性)は死んだ」とは、考えても今まで解決できなかったから考えるのをやめようという主張なのです。
      そこで新たに「意志」を主人公に引っ張り出したのです。

      ニーチェの文章には、矛盾が多い、飛躍が多い、パクリが多いことが、つとに指摘されています。
      いきなり飛びついて、それでいろいろわかった気になると、返って苦労しますよ。

      もし、未読ならやっぱりプラトンがいいんじゃないでしょうか。
      岩波文庫に入っているものを一通り読めば、それなりの手応えがあるでしょう。
      あとはショーペンハウエルも一般向けにいいと思います。大著のままではなく、エッセイ集のような体裁で何冊も出ています。

      トピ内ID:8943342601

      閉じる× 閉じる×

      どうか あきらめないで

      しおりをつける
      blank
      独楽
      私も 若いときから 「自由とは 何か」みたいな 命題を
      いつも 通勤の車中で 考えたりしていました。

      どうか いくつも テーマを 抱えて
      追求していってください。
      どなたかも 書かれていますが 「腑に落ちる」表現が
      見つかったときは 宝物になると思います。
      結論が 出なくても (たとえば なぜ人は生きるのか
      みたいな 到底 答えが出ない命題も ありますから)

      でも 決して ネガティブな意味でなく
      他人に 期待せず、かな?
      自分で まず 深めて 掘り下げて いく
      この作業自体が 楽しいと思います。

      いつか 考えを シェアできる時が来ます。
      それまで 何十年でも待ちましょう。
      小町よし、ブログよし、・・・。
      でも 自分の中で ためて
      発酵するまで 溜めて? 
      そして 表面的には ごく普通の
      生活を送る。
      よく 思うんですよ
      いろいろな 仕事をしている人を見ながら
      「ひょっとして あの人も 頭の中では
      哲学の命題を 考えながら レジ打ったり
      道路工事したり してるんじゃないかな 」

      「哲学カフェ」初耳です。
      楽しそうですね。

      トピ内ID:3441727473

      閉じる× 閉じる×

      考える芦から、忘れる芦へ(笑)

      しおりをつける
      blank
      通りすがり
      忘れる芦さんの書かれていること、よくわかります。
      やはり、物事をそのまま受け入れずに、疑問を持って考えていると、
      社会への適応度が低くなり、現実的に損しますものね。
      なるべく封印しておきたいお気持ちはわかります。

      トピ主さん、考えるより、仕事を辞めてみたらわかると思いますよ。
      その時、失ったと思った事が、トピ主さんが仕事をする意味だと思います。

      トピ内ID:8599518739

      閉じる× 閉じる×

      二度目のレスです、失礼します。

      しおりをつける
      blank
      わかめ
      私には三人いますよ~、とレスした者です。

      前レスで「私も含めた四人に共通するのは、読書好き。」と書きましたが、
      ここの皆さんも「読書」が共通項のようですね。

      横ですが、あすほー様。
      ソフィーの世界、私も学生の時に読んだ本ですが、当時は意味がわかりませんでした(笑)
      改めて読んでみようと思います。

      で、私に三人いますよ~と申し上げましたが、きっかけは「本」も一役買っています。
      姉と私は姉妹なので、そもそも本好きなのは知っていて、その流れで会話もできるんですが、他の二人はまず「趣味は?」という最初の最初で「読書かな」から入ったように思います。
      そこで「どんな部類の本?」と聞くと、簡単に見分けられると思いますよ。
      あと、皆、高学歴です。

      ちなみに、私は四人姉弟ですが、他の姉弟とはそういう会話はしません。
      兄弟でも好みは違います。
      趣味や好みが違うのに、そういう話をふるのは会話(コミュニケーション)破壊でしょう。
      先に破壊しておいて「否定される!」は違うと思います。

      トピ内ID:8777797799

      閉じる× 閉じる×

      家族・友人・人間関係ランキング

        その他も見る その他も見る

        2回目のレスです

        しおりをつける
        優しい雨
        トピ主様のレスの中で、「哲学カフェ」の存在を初めて知って、興味を持ちました。フランス人は、日常生活の中で哲学的なことを考えたり、パートナーや友人たちとさらりと話題にする国民だと何かの本で読みました。

        私はフランス映画が好きで、時間があった頃はよく見ていたのですが、ゴダールなどのヌーベルバーグの監督やエリック・ロメールなどは、そんな(哲学的な)映画を撮っています。トピずれでした。

        このような「思索する」という特性や資質が、趣味に発展して生活や人生を楽しむことができればいいですよね♪

        トピ内ID:1707263741

        閉じる× 閉じる×

        100分で名著/NHK水曜夜の番組

        しおりをつける
        年寄り
        タイトルの番組をお勧めします。

        本を拒絶していますが、先入観を持っておられる。

        長い間読まれてきた古典は英知に満ちています。

        そういう人に出会わないとおっしゃいますが、あなたの話のふり方も問題があるかもしれない。

        本を読んでいると、身に付けば、あなたの周りに話に応じる人が必ず現れます。

        人ってそういうものだから。人生ってそういうものだから。
        偶然が積み重なって、必然になる。
        同好の人人に出会うには、あなたの感度を磨かなきゃ。

        友達とランチに行っても、この年になるといつの間にか深い人生哲学の話になります。

        私はそういう話をする人にそちこちで出会うようになりました。経験を積んでからですが。

        トピ内ID:4909930816

        閉じる× 閉じる×

        仲間探しはしません

        しおりをつける
        blank
        まめ
        私もごく普通の中年女性です。

        哲学とは違うのかも知れませんが
        「宇宙に始まりがあるのか」とかに昔から悶々と考えを廻らせます(笑)

        学問として学びたいとかそんな立派なものではないんです。
        素人なりに調べたり考えたりしてニヤニヤ自分の中で楽しんでいます。
        怖いですね(笑)
        答えなんて無いのは分かっていますし
        人の意見でモヤモヤするのはイヤなので仲間探しはしません。

        >場や相手をわきまえずこんな悩みを持っていることを話すと、
        場はわきまえた方がいいですよ。
        他人は(家族でも)自分とは違う「個」ですから、ぴったり考えが同じなんて有り得ませんし。
        現実で意見が合わない時のモヤモヤ感といったら、匿名掲示板の非ではありません(笑)
        否定されてモヤモヤするのでしたら、誰かと共有したいと思わない方が賢明ですよ。

        トピ内ID:9257333414

        閉じる× 閉じる×

        高校生の息子と。

        しおりをつける
        blank
        パンのみならず
        私もそういうことよく考える方です。
        でも、それを誰かと話したいという欲求はないような気がする。
        いろんなことを一人で考えて、生活の中でたまたま新しい考えを知ったりして、
        「あ、これは○○についてこういうふうにも考えられるって事につながるなあ」と
        自分の考えを修正してみたり。
        そんな事を一人で楽しんでいました。

        最近、高校生の息子が同じようなことを考えていまして、
        それは始め「勉強したくない。勉強に何の意味があるんだ」という即物的?な不満から
        始まったのですが、
        面白いので受けて立って、
        「じゃあ何なら意味を感じるのか?意味のないことはしないのか?そもそも生きること自体何らかの意味があるから生きるのか?」
        「より良い生活のために勉強してはいけないか?より良い生活って、なんだと思う?幸福とは?」
        てな議論を吹っ掛けたり吹っかけられたりしています。

        議論するのも楽しいものだな、と思います。
        息子の考えを聞くのは私になかった視点があり面白いです。
        トピ主さんもこういうお仲間が欲しいのでしょうね~。少しわかります。

        でも、私としては、一人でつれづれなるままに考えるのも楽しいものですよ~。

        トピ内ID:1147955683

        閉じる× 閉じる×

        宗教と哲学がカットされた

        しおりをつける
        blank
        servant
        明治維新の時、西洋の教育を輸入する際に、
        宗教と哲学がカットされたようだ。
        一日も早く、富国強兵を実現するためですね。

        私が日本にいないのは、クロスワードパズルが原因です。
        妻は大量のクロスワードパズルを覚えていて、
        似た様な問題に、似た様な答を教えてくれる。
        それが正解と思っている。

        本人は知らないが、考えないので、アルツハイマー予備軍です。
        本人は知らないが、子供の教育に悪かった。
        美人で賢そうなので、何も言えない。

        トピ内ID:6217891408

        閉じる× 閉じる×

        ありがとうございます

        しおりをつける
        blank
        子羊
        こんな話題、さすがにもう放置されているだろう・・と何の気なしに開いたところ、更に多くのレスを頂いていて、驚きました。皆様、本当にありがとうございます。
        通りすがり様が私の個人的なことに触れていらっしゃるので、それについてはお答えしますね。
        仕事は、先月末で既に辞めています。理由は、パートではあったもののかなり仕事に入れ込みすぎて、疲れてしまったからです。
        今までは仕事を辞めた後は社会から疎外されているような気がして焦って次を探しましたが、今回はどういう訳か全くそうはなりません。むしろ、経済的にも自分の性格的にも働いた方がいいと思っていても、身体が言うことを聞いてくれない感じです。正直、失ったものなんて何もないような気がしています。
        未婚の頃正社員だった時も、今に輪をかけて人生=仕事でした。精神的にも時間的にも全く余裕がなかったです。ですので結婚する時、仕事を続けたら絶対に精神的にパンクして家庭を壊してしまう・・・と思って、辞めました。

        トピ内ID:4658026910

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(20件)全て見る

        しおりをつける
        blank
        子羊
        家庭をと両立できると思ってパートにしたけれど、やはり無理でした。休日も仕事のことが頭から離れないし、仕事が山積みなので放っておけず無給でも早出残業。いろいろあって耐え切れず、辞めました。

        なんでそんなに仕事に入れ込むのかと言えば、別に仕事が好きなわけではありません。
        経営者とかコンサルタントのような人の文章を読むと、「仕事はやらされてると思うな。自分からやるつもりになれば必ず出来るようになる」というようなことが書かれてますよね。
        自分の経験からもその通りだと思います。パートの仕事って簡単だと思われるでしょうが、そうでもないです。やはり必死に勉強したり家で復習したり何でも率先して動かないと、力が付きません。
        その結果、いつの間にかある程度のことまで先読みできるようになり、ますます担当の仕事が増え人の仕事まで見えてしまうので、「これは危ないな」と思うと放っておけずに自分が動いてしまう・・という感じです。
        じゃあこれは私だけの性格的な問題かといえばそうでもないのです。

        トピ内ID:4658026910

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(20件)全て見る

        しおりをつける
        blank
        子羊
        夫も、同じようなことで苦しんでいます。夫は正社員なのでもっと大変でしょう。不整脈が出て、うつ病の薬を飲みながら症状を抑えて仕事に出ています。前日になって休みが潰れることもしょっちゅうです。昔の自分とそっくりです。夫と結婚するまでは、こんなに仕事で人生が埋め尽くされているのは自分の性格だからかと思っていましたが、夫の毎日を知って、これはある程度誰にでも共通なのだろうと思うようになりました。
        基本、仕事は生活費を稼ぐ為の手段です。ですから人生>仕事であるはずで、稼いだ金で仕事の時間以外の人生を楽しめばいい。けれども一日の大半は仕事です。仕事に主体的に関わらなければ日の明るいうちの生活はつまらない。もっと仕事に興味を持ち成果を上げる為に主体的に仕事に取り組んでいると、どんどん仕事が増やされ自分の意識もどんどん仕事に侵食され、うつにまでなってしまう。(ちなみに私も抗うつ剤を飲んでいます。)でも“楽しく”仕事をやるためにはしょうがない・・。

        人生と仕事ってどういう関係なのか?人生にとって仕事って何か?

        トピ内ID:4658026910

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(20件)全て見る

        しおりをつける
        blank
        子羊
        これに対する自分なりの答えが出ないと、次にまた何か仕事を始めても同じことの繰り返しでしょう。

        この質問をそのまま小町に投稿するのをやめた理由は、寄せられるレスがうっすら想像できたからです。
        「要は仕事と私生活のバランスが大事」「仕事はお金の為と割り切って、それ以上のことはするな」そんな感じでは?
        でも、それは自分を押し殺してしまいますよね。だって、仕事をしている時間も自分の人生。人生は楽しく生きたい。だから仕事もより理解を深めて主体的に進めていけるように、職場でも信頼されて周りから戦力として認めらるように、頑張りたい。だけどやれば仕事が出来るようになればなるほど、負わされるものが重たくなって苦しくなる。じゃあ、人生のできるだけ大半の時間をハッピーにしたいと思って仕事から逃げなかったのに、矛盾するのでは???
        好きなことを仕事にすると、それはもう趣味とか好きなことではなくなるともいいますしね。

        人生の為の仕事が、人生を押し潰していく。
        本を読めばきっと「仕事とは」っていっぱい書いてあるでしょう。

        トピ内ID:4658026910

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(20件)全て見る

        しおりをつける
        blank
        子羊
        でも、私は次はどうやって、どう考えて、仕事を何だと思って働けばいいのでしょう?
        「仕事とは○○である」というような、いわば静的な知識を本から得ても、この矛盾が解けることにはならないと思います。というか、私にとってはそれを頭で理解できても、毎日身体と頭の中が仕事で一杯で疲弊している状態は楽にはならないでしょう。

        本での知識も無意味だとは思いません。でも私の抱える疑問には、同じ矛盾の中で答えを模索して、もしかしたら私よりも1歩でも半歩でも先に進んだ人の経験や考えの方が、よりピタッと当てはまる気がします。
        既に答えにたどり着いた人などいないのでしょう。でもきっと、諦めきれないで同じモンモンを抱えながら先を探している人もいると思います。そういう人とやりとりすることで私も少しでも自分なりに腑に落ちる先の1歩に足を進めたい。心に落ちないと、いくら頭で言葉を読んでも、翌日の仕事の行動には響かないからです。

        それでもやっぱり本ですか?
        私のような疑問に本を薦めるならば、なんと言う本ですか?

        トピ内ID:4658026910

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(20件)全て見る

        哲学は文学と主題が同じ

        しおりをつける
        年寄り
        2回目です。
        否定や説教はつらい、とのことですが、たまたまあなたが話しかけた相手がそうだったというだけで、それはあなたに人を見る目がなかったということ。

        生活することは全部哲学的思考で表現できますよ。
        ただソレガできるには、自分が開かれていないと。

        哲学カフェは行ったことありませんが、見知らぬ人と抽象的な議論をしても、言葉の遊びになりませんか?
        あなたの希望する「腑に落ちる」のは実態がないとね。

        サンデル教授のハーバード熱血教室を、テレビで一時よく見ましたが、あれなどは具体的なことを学生に投げかけてかんがえさせ、哲学する楽しさを日本に教えてくれました。
        今でも他の教授の番組をテレビで時々流しています。

        若いころ、ふと立ち話をした近所の年配の奥様の、「周りの人は自分の鏡」という言葉から、深い心を感じて以来、私もこういう言葉を言えるようになりたいと暮らしてきました。

        今、年を取って、年下の方から、年寄りさんの言葉は心に響くといわれるようになり、生きることは自分磨きだとしみじみ思います。

        トピ内ID:4909930816

        閉じる× 閉じる×

        修正

        しおりをつける
        blank
        まめ
        「非ではない」になっていますね。「比ではない」です(笑)

        で、「哲学的な悩み」と書かれたので皆さん本をお薦めになったのではないでしょうか。
        何の為に仕事をするのか?ですね。
        トピ主さん、頑張ってらっしゃいますね。
        私もトピ主さんに似ています。
        馬鹿正直に頑張って疲れるタイプです。
        あんな風にズル賢く立ち回れたら楽だろうにと思う同僚もいますよ。
        でも真似は出来ない性格でもあります。
        お金の為でもありませんし、無くても慎ましく生活できる自信があります。
        別段キャリア志向もありません。
        しょっちゅう「辞めたい」「辞めたい」言ってますよ(笑)
        夫や子供に言うと「じゃぁ辞めれば~」って言うんです。
        なので「なにくそ~」って続けています。損な性格ですよ(笑)
        でもきっと本当に心身疲れたら一旦小休止すると思います。

        何の解答にもなっていませんが、トピ主さんも旦那様もお身体大事になさってくださいね。

        トピ内ID:9257333414

        閉じる× 閉じる×

        誠実な方ですね

        しおりをつける
        blank
        独楽
        トピ主様の 連続投稿を
        一部 共感しながら 読ませていただきました。

        当方 海外在住です。
        現地語が まだまだ 上達せず毎日 冷や汗かいて
        格闘しています。

        1)まず お給料がないと 生活できないので
          働く

        2)働くからには 8時間(一日の労働時間)は
          まじめに働き できる限りのことはする

        3)家に 仕事の残業や 気持ちを持ち込まない
          (自分のライフワークが ほかにあるので)
          
        4)仕事は 退職金や 健康保険などの
          ために でもある
          (当地は 医療費が 高く 仕事がないと
           やっていけません)

        5)職場の人間関係は 最低限に抑え
          業務に係わることだけ 話す


        と まあ このように 考えようと
        努力しています。
        うまくいかないときもありますが。
         
        日本で働いていた頃は 全く反対で
        24時間 仕事が 頭から離れず
        個人の生活が 仕事と 分けられず
        精神も 肉体も 磨耗。
        日本を離れて 仕事との向き合い方が
        変わりました。
         

        トピ内ID:3441727473

        閉じる× 閉じる×

        だからねー

        しおりをつける
        blank
        忘れる芦

        哲学は人生を彩ってはくれると思いますが、生活に支障がでるほどはまってはいけません。

        言い訳探し、傷の舐め合いです。

        私は脱哲学、それが私なりの哲学です。

        トピ内ID:6701800894

        閉じる× 閉じる×

        語り合う準備が出来てませんよ

        しおりをつける
        blank
        本好き
         「仕事」とは、会社で働くことを指すのではありません。家庭での仕事、子育て、地域社会への貢献、趣味、あらゆることが「仕事」なのであって、会社など、ほんの一部にすぎない。会社の仕事だけしか考えないのは、人生の調和を欠いた生き方です。

        「嫌われる勇気」を一部抜粋しました。

        トピ主さんいっぱいいっぱいで、折角楽しく参加している皆さんに噛み付いてしまってますね。

        トピ主さんが否定されるのを怖がる意味がわかりました。
        トピ主さんがレスされたような言い方をされたら、嫌な気分になりますよね。

        噛みつかれて、突き放して立ち去ることも出来ましたが、あえて挑発のような質問に答えることにしました。

        トピ主さんは視野が狭くなり過ぎて仕事(会社の)についてのみの意見しか欲してなさそうですが、

        やはり、心の在り方、気持ちの持ち方を変えて行かれる方が良いと思います。

        冒頭の文は、ほんの一部分です。
        自分にとって都合の悪い事が沢山書かれているかも知れませんが、
        是非初めから読んでみて欲しいと思います。

        まぁ、読む読まないは自由です。

        トピ内ID:5705636330

        閉じる× 閉じる×

        続きです

        しおりをつける
        blank
        本好き
        文字数が足らなくなりました。
        「嫌われる勇気」の続きです。

        もし、本を紹介されたことで、まだイラつくのならば

        トピ主さんは、語り合う仲間ではなく、話を聞いてくれるカウンセラーの方が良いと思います。

        トピ内ID:5705636330

        閉じる× 閉じる×

        有益な情報を皆さん下さっているのに耳に入らないのですね

        しおりをつける
        blank
        忘れる芦
        私は大学は哲学科心理学科志望で、ニーチェ、ユング、から資本論まで何でも読みましたよ。
        例えばお水の接客術からタイムマネージメントやコーチング、偉人伝から絵本まで。老子から中医学まで、ありとあらゆる本は自分を助けてくれます。加藤諦三とかスピリチュアルまで。

        あなたは社会に適合していない二人が生活に困窮し、哲学のせいにしたいだけです。それではあなたと話をしたい人なんていない。
        人間中庸が大事です。

        まさか仕事について悩んでいる自分が高尚で、周りは鈍感だと思っていますか?
        今は哲学から離れるべき。

        トピ内ID:6701800894

        閉じる× 閉じる×

        トピ主さんに十分な不労所得があるのなら、別ですが…

        しおりをつける
        blank
        匿名さん
        トピ主さんが考えている間も、鬱病で不整脈のご主人は働いているでしょう?
        それは生活費を稼ぐためではないのですか?
        私がトピ主さんなら、夫が鬱病で不整脈の時点で、考えるのは止めて、
        彼が失業することを想定して働きますよ。

        トピ内ID:8447451390

        閉じる× 閉じる×

        追加レス7まで拝見致しました。

        しおりをつける
        blank
        わかめ
        三回目のレスです。失礼致します。

        うん、まず思ったのが、主さんの中の事例が主さんとご主人、のみで答えを出してしまっている。
        答えを決めつけて「小町にトピを立てても、きっとこういう答えしかないですよね」って。
        だから本も読まない、答えが分かりきっているから。

        世の中は主さんとご主人のみで構成されていませんので、二人だけで「こうだ!こうに違いない!」とするのは、とても乱暴です。

        仕事とは…との事ですが、それは人それぞれ違う意味を持っていると、私は思います。
        小町でも、皆さんにとって仕事とは?お金かやりがいか?というトピがあり、多くの方が自分の意見を述べていました。
        恐らく多くの方が「生活費の為」と答えていたと思います。

        私自身は主婦であり高校生の息子がおりますので家庭が一番で、パートは余裕がある範囲でしています。
        主人には感謝しています、主人が稼いで来てくれるお陰で、私はパートで良いのですから。
        そのパートですが、ちょっと変わった仕事をしていて、めっちゃ楽しい毎日です。
        私の仕事は、生活費の為ではなく、100%自分のやりがいだけです。
        ありがたい事です。

        続きます。

        トピ内ID:8777797799

        閉じる× 閉じる×

        続きです。

        しおりをつける
        blank
        わかめ
        じゃあ主人は、身を粉にして働いていて苦しそうか?と言われたら、聞いた事はないのでわかりませんが、
        そんな風には見えません。
        主人と私は元々同業の専門職であり、大学で学んできた事をそのまま仕事にしているので、それはそれで誇りであり、楽しいかどうかはわかりませんが、この道以外は考えられないでしょう。
        資格職なのでやりがいも持って仕事をしていると思います。

        私は、主人や息子が幸せでいてくれるように努力をしていますし、同じように主人も、私と息子の幸せを考えていてくれていると思います。
        ですので、仕事とは?と聞かれたら、幸せに生きる為の手段だと私は答えます。


        上記を踏まえて、私の「仕事とは?」は主さんへの答えではありません。
        私はこうですよ、という私の意見です。
        恐らく、主さんの疑問は主さんの「悩み」からの派生であるが故に、それに答えようとすると、主さんの欲しい答えとは違う答えになるんじゃないかと思います。
        つまりは、「主さんはこうした方が良いよ!」という答えしか集まらず、でもそれが主さんにとっては「違う」と感じる答えなのではないでしょうか?

        トピ内ID:8777797799

        閉じる× 閉じる×

        さらに連投すみません。

        しおりをつける
        blank
        わかめ
        で、もう1つ、主さんのレスにある件ですが。

        私も、パートなのに(もしくは、ボランティアなのに)やり過ぎる癖があります。
        ですから、主さんの気持ちもわかるし、そこは「バランスだよ」という答えが来るのは、それはそうだと思います。
        バランスというか、自己啓発的に言うと自己マネジメントとでも言いましょうか。
        私の場合、全体の把握をしていたい欲求があって、その欲求に従うとやり過ぎるのです。
        やり過ぎる癖と言っても、やっぱり楽しいからやるんですよ~。
        楽しいって事は幸せですから。

        でも主さんは、苦しくなるまでやっちゃうんですね?
        楽しさより苦しみが上回ったら、それは辛いですね。
        そこもやはりバランスになるでしょう。

        仕事を辞めても失うものはなかった…のなら、それで良かったんだと思いますよ。
        生活はできるのですよね?
        ご主人に感謝して、サポートに全力投球して差し上げて下さい。

        追記ですが、
        他人の仕事にまで気が回る事は素晴らしい事ですが、その時の主さんの感情はどんなものだったのでしょう?
        反対に、主さんに先回りされてしまった人は、その時一体どんな感情を持ったのでしょう?

        トピ内ID:8777797799

        閉じる× 閉じる×

        残念ながら、意味などない、と思う

        しおりをつける
        😑
        よしお
        私もそうなので、何にでも意味を求めてしまう気持ちは分かります。
        そのせいで私は、形而上の問題に最も近付けると期待できる分野の自然科学を研究する破目になっています。

        僅かながらもこれまでに得た知見を総合すると、
        人生に(普遍的な)意味はありません。
        従って、仕事に(普遍的な)意味などありません。
        なぜなら、この世は圧倒的な虚無なんですから。
        私たちの人生は、その圧倒的な虚無の中で一瞬だけ幽かに輝く火花にすぎません。

        意味は、一人ひとりが自分なりのものを見出すしかない。

        私が思うに、トピ主さんは、上手に休む・適度に手を抜く方法論を模索する方が良いように思います。

        最近、精神状態は行動によって規定される、という話を良く聞きます。
        休みの日は、「何もしない」という行動を意識的にとる。
        「頑張って何もしない」というのは語義矛盾のような気がしないでもないですが、そういうことらしいですよ。

        トピ内ID:9775372264

        閉じる× 閉じる×

        何か違う

        しおりをつける
        blank
        キュー
        人生や仕事の不満に則って言葉を探すのは
        哲学とは違うような気がします・・・。

        何故なら、不満というのは感情の働きで、哲学は理性だから。

        不満+哲学=言い訳 になってしまいそう。

        問題を必要以上に大きく捉えることで、焦点を曖昧にぼかしてしまうし。
        それで自分が傷つくことは回避できるけど、根本解決は望めそうにない。

        哲学や問答は好きですが、嫌なことを無理やり納得するためのものは全然面白くないです。

        トピ内ID:2017744569

        閉じる× 閉じる×

        たびたび 1

        しおりをつける
        blank
        子羊
        ありがとうございます。
        ちなみに私も大学で心理学を専攻し卒業しました。
        マイケル・サンデルの白熱教室なら、本を読むことはしませんでしたがNHKの名番組では何度も見ております。命題が具体的というのも分かります。

        どなたでしたか、哲学カフェのことを「言葉遊び」のように仰っていましたね。参加したこともないそうですが。
        あいにくですが、新聞記事や社会の出来事など具体的なことを題材にして掘り下げて話しています。知らないまま決め付けるのはおやめください。

        トピ内ID:4658026910

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(20件)全て見る

        たびたび 2

        しおりをつける
        blank
        子羊
        同時に、社会不適応者というようなことを書いた方もおられましたね。
        仕事を辞めたのは私であって、夫は大変な思いをしながらも仕事は完遂していますし、事実会社との面談で評価の判定も頂いています。
        それとも、仕事で具合を悪くしてうつの薬を飲みながら仕事をすることが社会不適応ですか?
        そういう方は公にしないだけで沢山いることでしょう。自分のキヤパシティ一杯でも、逃げずにあっぷあっぷでも仕事をしている人は、むしろ誠実では?
        そういう人たちに対する侮辱とも取れます。
        少なくとも私のことはともかく、ここで書いただけの僅かな情報だけで夫のことまで社会不適応者と決め付けたことは、大変失礼です。議論の本題を外れていますし、意図的にこちらの感情を害する書き方を選ばれていますね。

        トピ内ID:4658026910

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(20件)全て見る

        その気持ちわかります。

        しおりをつける
        blank
        文夏
        人生をまじめに生きて行く人ほどトピ主さんのようになると思います。自分の周囲でそれを語ろうとしても人はそれぞれが持つ感性が異なるため、或はどのような考えの人とも語り合えるほどのレベルに到達した人はそれほどいませんから難しいと思います。

        ほとんどの人は何を追っかけて人生の日々を暮らすのでしょうか?仕事だったり、結婚だったり 趣味であったり、色々あると思いますが、いうなればそれらは人生の目的ではなく、すべて生きて行くため道具であり手段です。生きて行くための道具に振り回されて、いくら頑張っても目的が達成できなれなければ何にもなりません。では人生の目的は何かと言えば、それは「幸せ」になる事です。

        幸せとは心が安らいでいる状態の事であり、「楽しさ」や「やりがい」の事ではありません。それをかん違いしてしまうと、トピ主さんのような腑に落ちない疑問が生じるのではないでしょうか?仕事に「楽しさ」や「やりがい」を感じたとしても、それを永遠に継続できる訳ではありません。

        それはどんな好きな音楽でも毎日長時間続けて聴けはイヤになるし、どんな好きな食物でも毎日続けて食べればイヤになるのと同じです。

        トピ内ID:9048380518

        閉じる× 閉じる×

        全く同じでした(1)

        しおりをつける
        blank
        こあん
        子羊さん、私も全く同じでした。
        現実の世界で対話できる人はいませんでしたが、一人だけ、メールで書くことはできる友達はいました。書くことによって、自分の思いが整理されるので、よい方法です。
        私は必ずしも他人との現実の対話・会話がこういった命題を解決するのに有効だとは思いません。むしろ自分の心の動きを、それが流れていくだけでなく、しっかり心に刻み気づきを与える為に書く作業こそが非常に有効だと思います。そこに相手が必要かどうかは、相手次第でしょうか。なので人生百戦錬磨な方々が集う小町に書き込みはとてもいいと思います。

        また、私が最近しているのは瞑想です。
        以下の段階を踏んで毎日朝晩やってみてください。

        1 座禅を組んで、一点に集中を10分。いろいろな考えが浮かぶでしょうが、とにかく真ん中に戻って集中を繰り返す。この方法での瞑想を2週間。
        2 周りに音が聞こえたらそれに集中する。音がたつ度にそれに集中。この方法での瞑想を1週間。
        3 音に集中するのだけど、2と違って、全体の音に集中。いろいろな音のある全体世界の中に、自分の身を置くイメージ。

        (続く)

        トピ内ID:0078100463

        閉じる× 閉じる×

        全く同じでした(2)

        しおりをつける
        blank
        こあん
        (続き)

        今までの私は仕事や人生に対して1や2だったんです。その都度、その事案が100%になる。そしてその為に多大なるパワーを使う。
        そうではなくて人生3なんです。
        例えていうなら、クラッシックコンサートを聴きにいって、自分はバイオリンを習っているからといってバイオリンの音ばかりに集中すると、全体のよさがわかりませんし、それはとても疲れる作業です。

        全体を、リラックスして、楽しむ。

        人生も仕事もこのスタンスで行かれてはどうでしょう。
        といってもそれを聞いたり読んだりしてもなかなか自分でできるようになるものではありません。それを実際にできるように訓練・練習・習得するために行うのが瞑想なのです。

        だまされたと思ってやってみてください。かなり楽になりますよ。現に私がそうですので。

        子羊さんと旦那様のご多幸をお祈りしています。

        トピ内ID:0078100463

        閉じる× 閉じる×

        落ち着いて

        しおりをつける
        blank
        忘れる芦
        私がむかしそうだったのですよ。だから社会不適応は私です。

        旦那様もそうなら、認知の問題だから、掘り下げる癖をやめたらどうですか?ということです。
        ワークライフバランスは確かに日本では良くないかもしれない。かといって引越も出来ないならやるしかない。哲学は老後の楽しみにしたらどうでしょうか。哲学家や芸術家はいずれも生活の苦労をしなくていい裕福な家かパトロンがいます、参考にすべきではないです。また身近にはいないのでは?キャパオーバーで働いてるのは貴女方だけじゃないです。

        トピ内ID:6701800894

        閉じる× 閉じる×

        アドラーのご本

        しおりをつける
        😀
        新緑
        最近購入しました。今までと切り口の違う心理学で新鮮です。
        哲学や心理学は絵心や詩心があるかないかのように、哲学もそんな感じではないでしょうか?

        ちなみに思索にふける人の指の特徴があります。長くて、節が大きい。
        哲学思考を表面に出すのは、宗教家、あるいは文筆家とう、お仕事関係の方々で、普通は自己完結しているのではないでしょうか?

        散歩とかして、お仕事の気分転換はかるほうが早いと思います。自然って、皆に平等に優しいよねなんてまた皆に笑われるようなことを考えて
        しまうかもしれませんけど・・・。

        お元気だしてね。

        トピ内ID:4209859356

        閉じる× 閉じる×

        三度目になります。

        しおりをつける
        blank
        まめ
        度々失礼します。

        同じ文章を読んでも、バックグラウンドが違えばとらえ方、考え方も違うわけで
        最初に戻りますが、やはり悩みを共有するお仲間探しはしないでおいた方がいいですよ。

        殊に匿名掲示板なんて、ストレス発散のはけ口で書き込みする方もいるでしょうし。
        そのつもりがなくても取り手がそう感じてしまう事もありますし。

        ところで、「サンデル教授のハーバード白熱教室」面白いのですか?
        先日「ニューヨーク白熱教室」(理論物理学でした)が大変面白かったので。
        情報ありがとうございます。

        トピ内ID:9257333414

        閉じる× 閉じる×

        文夏様

        しおりをつける
        blank
        子羊
        レスありがとうございます。

        心が安らいだ状態の仕事とは?

        一人で黙々とやる仕事というのは、あまりないと思います。
        仕事である以上、締め切りがあったりノルマがあったり期待されることを実現しないといけないでしょう。
        また、仕事は誰かとのやり取りで対価が発生しますから、他者との接点もあります。

        いくら心を平穏にしたくても、締め切りに間に合わなかったりクレームが発生しているのに、冷静ならともかく「平穏」は難しいのではないでしょうか?
        というか、まるで周囲とは関係なくある意味そんなにマイペースにはやっていてはいけないのが仕事なのではないでしょうか?
        申し訳ないのですが、そのような意見は確かに本など読むと出てきそうな気もします。しかしこのようにそれを鵜呑みにする前に自分の肌感覚と付き合わせてみると、いろいろ疑問が出てくることが多いです。
        対人ならこうやって発言者に質問できますが、本はまた改めて別の本を読まないといけない。著者が変われば、自分の感じた疑問についての視点を持つ人をまた探さないといけない。
        本にはいいところもあると思いますが、即時性に乏しい。

        トピ内ID:4658026910

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(20件)全て見る

        トピ主さんが働かなくてはいけない理由

        しおりをつける
        blank
        匿名
        リスクヘッジです。
        ご主人、頑張りすぎて、ポキッと折れる確率大だと思います。
        哲学なんて言っていられるのは、資産家が働く場合だけだと思います。
        働き方に不満があるのなら、自営業しかないと思いますよ。

        トピ内ID:4550482020

        閉じる× 閉じる×

        違和感

        しおりをつける
        blank
        うーん
        私は一人だと書きながら、夫も同じだと言う。

        なんだか、後出しがあればあるほど騙された感じがするので屁理屈に思えます。

        過敏な自分達が高尚で、毎日仕事や子育てを頑張って日々を過ごしている人が愚鈍でキャパがあるか、日々流されている人達であると見下しているように思えます。
        さらに本を薦めた人にも噛み付いているので哲学カフェのあるフランスに住めばいいと思います。


        生きるのがめんどくさいというトピがありますからそちらもご覧ください。あなたの生きづらさは哲学ではなくあなたが素直でなく頑固だからです。

        トピ内ID:6701800894

        閉じる× 閉じる×

        あなたは今、休息の時

        しおりをつける
        年寄り
        コメントを9まで読みました。再度再度失礼いたします。

        子羊さんは今、休息を必要としていると感じました。

        あなたの体の中は、エネルギーが残っていない。涸れそうかもしれない。

        休んで自分を満たしましょう。そのために、ここでこうして吐き出すのもいいかもしれない。

        人にも自分にも優しさを取り戻す機会です。

        社会の一般の人は、2割は心の中に哲学を抱いていると思いますよ。

        ただ、それは構えて話すのではなくて、普通の会話の中から自ずと互いに感じ取ること。

        背伸びをしないでね。自分の間尺にあう暮らしが大切。人の評価を気にしない。見る人は見ていますよ。

        結果は後からついてきます。

        トピ内ID:4909930816

        閉じる× 閉じる×

        しおりをつける
        blank
        子羊
        勝手なことを書いておりますが、それでもレスいただけることに感謝いたします。お礼を兼ねて、以下のように訂正させていただきます。

        タイトルやトピ文で私が書いた『哲学』という単語を、取り下げさせてください。その代わり、『客観的に唯一で真実の答えなど出ない抽象的な問題』とでも置き換えてご理解ください。


        沢山頂いたレスを拝見すると、どうやらこの「哲学」という単語を用いたことで、この言葉にやけに引っ張られたレスに偏ってしまった気がしています。
        レスを頂いている立場で失礼ながら忌憚なく申し上げると、『哲学』という言葉にやけに拘る方は、(あくまでも私から見て)とても教条的で権威主義的な匂いがします。

        確かに、哲学はあらゆる学問の発祥です。人間が肉体だけで動くオートマトンではないだけに、目に見えない手に触れないものまでも追求する哲学は確かに意義があります。その価値を尊重する人は、昨今の風潮がどんどんプラクティカルになっているだけに、一層声高にそれを主張せずにはいられないというのも想像できます。

        トピ内ID:4658026910

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(20件)全て見る

        しおりをつける
        blank
        子羊
        私は『哲学』がやりたいのではありません。
        同時に、『私のこんな悩みにアドバイスをください』とも書いていません。
        また、『そういうことを話し合う相手がいない場合は、何を相手にすればいいですか?』とも質問していません。

        あくまでも、私は生きた人間と対話したいのです。ですから『普段の会話から自分の周りにそういう話題が好きそうな人が見当たらない場合、どうやってそういう話題が出来る人を見つけますか?』と質問しているつもりです。

        皆さん本を薦めていて、そこに乗っからない私を非難されていますね。
        なぜですか?私は対話がしたいと書いています。なぜなら、本では物足らないからです。
        皆さんがお勧めするように、読書って人と話すことよりもそんなに有益ですか?価値がありますか?
        私は、どちらにもそれぞれの良さ、価値があると思っています。
        最初に書いた通り、私は別に哲学に拘っている訳ではありません。ただ自分の疑問に答えをみつけたいだけなので、これまではそれなりに哲学書に限らず本を読んでヒントを探してきました。

        トピ内ID:4658026910

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(20件)全て見る

        しおりをつける
        blank
        子羊
        もっと率直に言うと、私には難解でなかなか理解できない、しかし恐らく徹底的に精錬された思考故に静的にしか表現できない哲学での仕事観は、これからまた仕事を始めるであろう自分の仕事選びや心構えの参考にするにはしっくり来ず、教養としてなら吸収すべきですが、生きるよすがにするにはダメでした。
        ですので、読んだといっても実際は哲学書よりも例えば経営者の書いた本だとか、キャリアについての研究家の本とか、会社員生活を振り返ったエッセイとか、そんな哲学書に比べれば手軽なものばかりですが。

        それぞれ面白くはあるんです。ですが、例えば経営者が本の中で『仕事とは○○である』というような自説を書いているのを読むと、私はどうしてもそれを頭の中で「本当にそうだろうか?こういう時はちがうんじゃないか?現実にはこんなこともあるが、それはどうなのか?」などと、かっこよく言えば検証、平たく言えば突っ込みを入れてしまいます。
        だって、どんな偉い人が書いた本でもそれはその人だけの考えであって、活字になったから必ず正しい・必ず誰にでも当てはまるという保障はないので。

        トピ内ID:4658026910

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(20件)全て見る

        しおりをつける
        blank
        子羊
        自分の人生は自分で決めていくしかないから、どんな偉い人の本であっても受け売りして分かった気にはなれません。

        でもそこで本を相手に質問することは出来ないです。必ずしも著者にコンタクトを取って質問できるわけではありません。(多分取り合ってもらえなさそうだし。)

        私は、世界中の人が納得出来るような、唯一無二で普遍的に正しい答えが欲しいわけではありません。何度も書きますが、自分の腑に落ちる言葉が欲しいだけです。
        それは、偉い人でも名もない人でも、市井の人の言葉の中にもあり得ます。
        むしろ、すごく頭の良い人が思索を重ねて最後にたどり着いた結晶のような云わば『完成された答えの言葉』ではなく、恐らく私と同じような次元で素朴に日常のことを疑問に思っている人、そしてそれを根気強く疑問に思い続けることが出来る人との対話、言葉のやり取りの構築の中で、少しずつ『一体自分はどんな言葉がしっくり響くのか?どんな答えを必要としているのか?』の概要が、少しずつ自分にとっても掘り出されていくのだと思います。これは今までの経験で、そう思います。
        ですから、私は本ではなく対話できる相手を欲しています。

        トピ内ID:4658026910

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(20件)全て見る

        生活哲学じゃなくてビジネス本を読む

        しおりをつける
        blank
        んー
        どうも仕事仕事というので、それなら哲学書ではなくビジネス書をお読みになるとタイムマネジメントや段取りが書いてあるので心が平穏になるのでは。
        また生活哲学ならビジネスセミナーに行けば質疑応答が出来ると思います。

        生活哲学と名付けていますが、ただ仕事のコミュニケーションと段取りが悪いだけに思えます。

        あなたには予測するという能力が欠けているので、リスクヘッジすれば大丈夫だし、旦那様がうつで大変な思いをしているのならあなたが働けばその何割かは解消します。仕事やめる自由があるだけマシでは?

        トピ内ID:6701800894

        閉じる× 閉じる×

        哲学を語るには

        しおりをつける
        🐱
        ねこまたぎ
        哲学とは
        インプットがあってアウトプットがあるものだと思います。

        よって、現在、
        「何(お金、他人)のために働くのか?」
        という命題に対して否定的なアウトプットになっているわけですよね。

        つまり、何の部分がお金の時、他人の時のインプットはあり、
        アウトプットが否定的なものになっているという事。

        自分のため=起業
        家族のため=専業主婦
        など他のインプットを試してみれば他のアウトプットもあります。

        神様は私達に成功を望んではいないわ。
        ただ、挑戦する事を望んでいるだけ。
        by マザー・テレサ

        歩んで来た道を振り返った時にそこに残された足跡が哲学であり、
        まだ歩む前の場所に哲学は存在しません。
        その一歩に逡巡してそこに留まることに哲学を求めても
        ない答えを求める事になるので余計に苦しいだけです。

        トピ内ID:6891156829

        閉じる× 閉じる×

        匿名様 1

        しおりをつける
        blank
        子羊
        レスありがとうございます。

        リスクヘッジの為に、私もパートながらがむしゃらに働いていたのです。

        年齢的にも能力的にも、今更正社員になれるほど世の中甘いとは思ってません。
        ですので自分が現実的に今出来ることとして、パートであっても働いていました。

        パートですから雇用は不安定です。いつ辞めさせられるか分かりません。

        ですので、そこの職場で必要とされる人材になれるように頑張りました。
        その業界だけでしか通用しない資格ですが、それも頑張って最短の時間で取得し、職場が業務を広げることが出来ました。(それでも適当な口実で、時給50円しか上がりませんでしたが。)
        もちろん残業も厭わず、おぼつかない新人が採用されたら無給でその時間帯も早出してフォローに廻りました。
        夜の10時ごろでも、携帯ではなく家にまで電話がかかってくることも度々、仕事の後で疲れた家族がいても謝りながら応対してました。お陰で家の電話が鳴ると、ビクッとする癖がつきました。

        トピ内ID:4658026910

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(20件)全て見る

        匿名様 2

        しおりをつける
        blank
        子羊
        それでも辞めなかったのは、なんとか出来るだけ長い間続けたかったからです。
        だって、匿名様の仰る通り、「リスクヘッジ」ですから。
        私が中年なら夫だってそれなりの年齢です。仮に健康に問題がなくとも、今の時代いつどんなことで仕事を失うか分かりません。
        だからこそ、嫌らしいと思われるかもしれませんが、私も自分が出来る仕事にしがみつかなきゃいけない。
        逆にもっとお気楽に小遣い稼ぎぐらいのつもりだったら、「人生と仕事の関係とは?」なんておかしな疑問が浮かぶことなんてなかったかも知れない。

        トピ内ID:4658026910

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(20件)全て見る

        匿名様 3

        しおりをつける
        blank
        子羊
        先に、「哲学という言葉は撤回します」と書いておきながらまたその単語を使うのは申し訳ないですが、最初に「哲学」なんて大仰な言葉を出したのはそういうことなんです。。

        『哲学なんて、資産家のやること。』『働き方に不満があるなら自営業しかない。』
        我が家は資産家ではない、よくいる小市民ですが、一応ビルを2軒持ち家賃収入があります。また、夫の勤務先は東証一部上場です。(だからといってうちが所謂『金持ち』かといえば、決してそうではないのですが。)私も独身の頃の蓄えなどで、数千万ほどあります。もちろんこの先何があるか分からないのでそれだけでは不安ですが、もし仮に運よく大きな躓きがなければ、それを夫の死後の老後資金にしようかと思って手をつけていません。
        自営業しかない・・・ということですが、それも既に夫と話し合っています。自ビルの1階のテナントが退去して空いているので、そこで夫婦で仕事を始めようかとも話しています。
        私はやりたい商売があるので、それについて今調べているところです。自分の身の丈に合っていそうであれば、動き出そうと思っています。

        『それならいいじゃないか』と思われますか?

        トピ内ID:4658026910

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(20件)全て見る

        匿名様 4

        しおりをつける
        blank
        子羊
        そうじゃないですよね。

        どんなお金持ちでも貧しい人でも、働いていればそれは自分の人生の中に仕事が存在している以上、人生と仕事の関係は何かしら存在しています。ただそれを意識する人と気づかないだけの人がいるだけです。
        気づかない人はそのままでもちろんいいのです。でも疑問に思ってしまったら、気が付かなかった振りはなかなか難しいです。だってそこまで自分の本心を自分に隠すことって出来ないから。
        つまり、資産家であってもなくても、自営業でも勤め人でも、自分の人生の中に存在する疑問に気が付いてしまった人は誰でも、状況に関係なく問い続けます。必要だから、とか、役に立つから、疑問に思うんじゃない。疑問に思うから疑問なんです。だから、無用の長物ではあるがある意味根源的という意味で、『哲学』と書いたんです。

        トピ内ID:4658026910

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(20件)全て見る

        度々失礼致します。

        しおりをつける
        blank
        わかめ
        一周して最初に戻った気がしたので、再レス失礼致します。

        主さんのやりたい事って「対話」じゃなくて「議論」ですか?

        最初のトピだと
        >否定されては傷つくし…
        と、ご自身で書いているのに、主さんからのレスは否定の嵐。
        自分は否定されたくないのに、自分だけは否定しても良いの?

        ネット上ではない現実でも同じようにしていませんか?
        それだと、哲学以前のコミュニケーションの問題でしょう。
        >やっぱり私は一人なのでしょうか?
        に繋がります。
        普段からそのような会話の仕方であるなら、皆が離れて行くのも納得です。

        私も哲学的会話は好きだと書きましたが、主さんのような人とは無理です。
        喧嘩しているみたいで楽しくないだろうし、逆に苦痛に感じるだろうから。
        すっっごく仲が良くないと、付き合ってくれる人いないと思います。

        それとこれは提案ですが、主さんご自身が哲学カフェの経営をすれば一石二鳥で良いのでは?

        トピ内ID:8777797799

        閉じる× 閉じる×

        うーん様

        しおりをつける
        blank
        子羊
        ついでですが、うーん様からのレスで、「夫もいるんだから一人じゃないでしょ」というようなことを書いていらっしゃいましたが、夫は私以上に苦しんでいても、こういう禅問答みたいなことは嫌いで、全然乗ってきません。ですから一人です。
        仕事に疲れて欝にまで至っているという悩みについてなら、いくらでもお仲間はいます。自助グループにでも出かけていけばいくらでもお仲間はいるでしょうし、ここで問いかけるまでもありません。
        レスをいただけたことには感謝申し上げますが、トピックの趣旨を誤読解されているのか、敢えて揚げ足取りのつもりで的外れな批判をされているのか、どちらでしょうか。
        皆様のレスに対しての私の返答の仕方云々・・・・が気に入らないのも分かりますが、このトピックはトピ主の礼儀がどうしたこうしたを取り上げて議論する場ではありません。
        どうか議論の土俵に乗っかったレスをいただければ、更にありがたいです。

        トピ内ID:4658026910

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(20件)全て見る

        ちなみに

        しおりをつける
        blank
        子羊
        さきほど匿名様宛のレスで自分や家族の背景についてツラツラと書いたことについて、先に弁解させていただきます。

        それらの記載はあくまでも、「人生と仕事との関係についての疑問は、豊かであろうとそうでなかろうと、自由の利く仕事であろうとそうでなかろうと、どういう条件であっても働く以上は潜んでいる問題」だということを際立たせたい為に、やや挑発的に過ぎる含みも持たせて書かせて頂きました。
        フラットな気持ちでこれをお読みいただいている方には既に理解いただけていると思いますが、我が家は毎日倹約に努めて小金で生活している小市民です。
        これ以上、私の口の利き方が悪いのが腹立たしい・・・といったようなレスで埋めるのはご容赦ください。

        トピ内ID:4658026910

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(20件)全て見る

        難しいことおっしゃっていますね

        しおりをつける
        🙂
        おっちゃん
        そんなに難しいことを考えるヒマがあったら、休む方がよくないですか。昔から健全な体に健全な精神が宿ると言いますよね。

        私は夜9時半に寝て、朝4時に起きます。海外との仕事で相手との時差に合わせた生活時間ですが、難しいことは一切考えませんよ。毎晩すぐに眠れるし、目覚ましがなくても起きられます。

        仕事で潰れるようなら、仕事が多過ぎるのか、繊細過ぎるのです。難しいことを考えるより、休みましょう。定年したら、難しいことを考える時間はいくらでもあります。

        トピ内ID:5190806623

        閉じる× 閉じる×

        5/26のトピ主レス4まで読み、思ったこと。1/3

        しおりをつける
        blank
        パンのみならず
        「私は生きた人間と対話したい。どうやってそういう話題が出来る人を見つけますか?」
        これがトピ主さんの望みですよね。

        トピ主さんはどんな話題がしたいのか考えてみました。勝手に要約すると、
        「仕事をしている時間も自分の人生。人生は楽しく生きたい。
        だから仕事も主体的に進めたい、職場でも認められたい、すなわち頑張りたい。
        でも仕事が出来るようになればなるほど、仕事が増えて苦しくなる。
        人生の大半の時間を楽しくしたいと思って仕事から逃げなかったのに、矛盾するのでは?」

        また、どんな人と対話したいのか。
        「同じモンモンを抱えて考えている人、
        私と同じような次元で素朴に日常のことを疑問に思っている人、そしてそれを根気強く疑問に思い続けることが出来る人」

        以上から、トピ主さんは、
        【楽しく生きようと思って仕事を頑張るのに仕事が増えて苦しい、という事を考えている人と、
        同じ立場同志で対話したい】
        と思っていると読み取りましたが合っていますか?

        答えが予想できるとは言っても、やはりそのまま小町に投稿するのが
        同じ立場の人と出会う確率が高そうな気がします。
        求めない答えもたくさん来そうですが。

        トピ内ID:1147955683

        閉じる× 閉じる×

        5/26のトピ主レス4まで読み、思ったこと。2/3

        しおりをつける
        blank
        パンのみならず
        もし、同じモンモンを抱えていなくてもいいのなら、私の考えを聞いてもらえませんか?

        「仕事を頑張ることが人生を楽しくするはず」とトピ主さんが思っているとして、それが真理だとすると、
        確かに、真理に従ったのに予定通りの結果にならなければ、矛盾しているじゃないかと思います。

        でもトピ主さんは「仕事頑張る→楽しい人生」と言う考えのもとに行動して、
        その結果苦しくなっているのですよね。
        仕事を主体的に進めて頑張ることは、部分最適ではあっても
        人生全体の幸せにとっては最適な行動ではなかったようです。

        そこで提案ですが、
        「仕事頑張る→楽しい人生」と「仮定して」行動してみる、真理じゃなく。これはいかがですか?
        仮定がうまくいかなければ別の仮定で行動しても良いという事にする。
        例えば「仕事頑張る→苦しい人生」これなら矛盾はありません。
        ただ、トピ主さんの苦しさは解消されない。
        それでも頑張るのが好きだから頑張りたい、苦しいのは受け入れるという選択はありですが。

        トピ内ID:1147955683

        閉じる× 閉じる×

        5/26のトピ主レス4まで読み、思ったこと。3/3

        しおりをつける
        blank
        パンのみならず
        どこがトピ主さんの苦しくなるポイントなのでしょう?

        1、仕事も人生。主体的だと楽しい。
        2、そのため仕事頑張る←ここが少し苦しい
        3、仕事が出来るようになる。←ここまではそれなりに幸せ、部分最適?
        4、仕事が増える←ここがとても苦しい

        1は主体的でないと楽しくないという思い込みもやや感じました。でもそれが
        トピ主さんの実感ならば、他人が否定することではありませんね。
        2は苦しくならない程度に頑張れませんか?
        4はそもそも仕事量が増えないようなところで働けませんか?
        残業なしのあまり忙しくない受付業務とか(私です)では楽しくないかな?
        苦しくなるまで働いて、仕事やめて休んで、元気が出たらまた働くの繰り返しでもいいような。
        そのような生き方が、もしかしたら一番幸せかもしれないし。

        結局「要はバランス」と同じようなことしか言えませんでしたね…すみません。

        トピ主さんの求めるレスではないかもなあ、とは思いますが、思いついたことをつらつら書いてみました。

        トピ内ID:1147955683

        閉じる× 閉じる×

        答えじゃないかもしれませんが

        しおりをつける
        blank
        忘れる芦
        えーと、長くお話を聞いて少し分かってきました。そういう意味では誰も理解者はいないともいえるし、人生で接する人全員から学ぶべきところがあるかもしれません。

        それはさておき、トピ主さんが聞きたいことはそういうことじゃないみたいなので、アレルギーがないのであれば、哲学カフェではありませんが猫カフェはいかがでしょう。私は持病があり飼えませんが猫飼いの方は割と皆さん群れずに個人的な考えを発信するように思えます。トピ主さんの言う哲学的な会話も厭わない方が多い印象があります。入口は猫話でしょうが、いかが?

        トピ内ID:6701800894

        閉じる× 閉じる×

        タイトルが良かったから

        しおりをつける
        blank
        うーん
        お仲間探し、どうしていますかという問いに直球に答えれば、現実には「していない」という言葉で完結してしまうのではないでしょうか。
        お仲間を現実世界で探している方はこのレスをしている方の中にはいないんじゃないでしょうか。

        …それでは話が終わってしまうので、トピ主さんのために本や小町や夫などを対話の相手にしてみてはという、主様から見ると少しずれたアドバイスになってしまいます。

        どのレスを頂いても参考にならないかもしれませんが、これもある意味対話ではないですか?少ない文字数で想像するしかないのですし。

        トピ内ID:6701800894

        閉じる× 閉じる×

        確かに「哲学」という言葉を使う資格なし

        しおりをつける
        😑
        よしお
        疑問を持った時に、まず本を読もうと考える人は、自分の頭で考えようとする意志がある人です。
        トピ主さんが仰るように、本はこちらの疑問に直接答えてはくれません。分からないことがあっても、最終的には自分の頭で考えるしかない。

        しかしトピ主さんは、腑に落ちる言葉が欲しいというだけ。
        これまでに読んだ本の中にはなかった。なのでもう本はいらない。

        対話の相手を見つけても同じことでしょうね。
        「あなたの言う言葉は腑に落ちない、さようなら」
        そうやって腑に落ちる言葉が見つかるまで、人と人の間をずっと漂うおつもりですか?
        これまでにこういう話を振った方々が取り合ってくれなかったのも、無理はないかもしれませんね。

        トピ主さんは他者に下駄を預ける気満々なだけでしょう。
        対話を通じて思索を深めたい人は、決して本を拒絶したりはしません。
        そして、対話・議論しようとしたのに、腑に落ちないからといって使い捨てにされたら、たまったもんじゃないですね。

        トピ内ID:9775372264

        閉じる× 閉じる×

        対話にしぼって考えました

        しおりをつける
        blank
        忘れる芦
        忘れると書いたのは、あえて飲み込んで忘れてみるということで、咀嚼するって事です。主様は資産をお持ちだから平和ボケ的に言われちゃうんでしょう。
        哲学と違いますが私は健康オタクです。気付くと気になって気になって。気付いたらとことん行くしかないそう。

        鈍感になれとか気付くなって事じゃなくて「仲間」とくくると難しいので、私はこれでもかと人に接するようにしました。接客業です、それもお年寄りが多いものです。だから仲間とは違いますが人生の先輩との大量の対話でふに落ちる瞬間もあります。ボランティアも長いです。

        トピ内ID:6701800894

        閉じる× 閉じる×

        これでは対話になりません

        しおりをつける
        blank
        usagi
        皆さんがそれぞれの人生から得た哲学を真摯に語っているのに対し、トピ主さんは一貫して「違うんです」「そうじゃないんです」と否定するだけ。
        トピ主さんがことごとく対話を潰しているように見えます。
        冒頭に一言「ありがとうございます」と添えておけば対話になっているとでも?
        トピ主さんはカウンセラーに話されたほうがいいと思います。
        あるいは、話し方教室のようなところを受講して、内容以前に対話の仕方を学ぶとビジョンが開けるかもしれません。

        トピ内ID:3180525926

        閉じる× 閉じる×

        嫌われる勇気

        しおりをつける
        🐴
        初級高齢者
        依然読んだ本で、最近ベストセラーになっているようですが
        「嫌われる勇気」というアドラー心理学を易しく解説した本があります。
        専門語やいわゆる哲学的言い回しのない読みやすい本です。
        今のトピ主さんに合う本だと思います。
        ご一読されてみてはいかがでしょうか。

        トピ内ID:9493297914

        閉じる× 閉じる×

        もう一度だけ最後に

        しおりをつける
        blank
        こあん
        もう書かないでおこうかと思いましたが、最後に一点だけ。

        子羊さんの求める答えは子羊さんの中にあるんですよ。
        自分しか、答えは持っていません。

        今求めておられている「対話」とは、それを言い当ててくれる人を探し続けているだけなのです。でも、エスパーでもなし、そんな人はどこを探しても見つかりません。だから他人との対話から答えを得ることは、とても難しいのです。

        という見解からの私の前の書き込みだったのですが、お目汚し大変失礼致しました。

        子羊さんのご多幸を心よりお祈りしています。

        トピ内ID:0078100463

        閉じる× 閉じる×

        わたしも!

        しおりをつける
        🐤
        namu
        小さいころからあるコンプレックスがきっかけで、人生とはなんぞや?自分てなに?と気が付けば自問自答する癖がついていました。
        ゴーギャンの「我々はどこからきたのか?」「自分は何者か?」そして「どこへ向かっているのか?」
        に辿りついたときに、偉大な人でさえ、私と同じように悩み考え苦しんでいたことに安心し、人間は結局死ぬまで考え悩み続ける生き物だ!と思えました。
        お互い死ぬまで明るく悩み続けましょう!

        トピ内ID:8430534849

        閉じる× 閉じる×

        考察を深め合いましょう!

        しおりをつける
        blank
        厨房の哲学見習い
        大変興味深いトピですね。

        私にとっての仕事は人生そのものです。
        いい時も悪い時も楽しい時も辛い時もありますが、少しずつでも自分が成長成熟していくことが嬉しいです。山登りみたいなものだと思います(実際の登山は嫌いですが。笑)。
        今いる場所より高い場所から見る景色は違うだろうけれど、登らなくては決して見ることができない。休みながらでも、時々さぼったりしながらでも、足は少しずつ前に進めていけばいつかは到達します。
        ゴールはありませんが、ゴールがない分いくらでも登れるわけです。
        自己実現をするのに仕事ほど格好のものはないと思っています。

        トピ主さんは対話をしようと言いつつ、気に入らない意見には耳を貸さない(或いは即反論する)傾向がありますね。

        トピ主さんと私は大分考え方が違いそうです。
        ですので、よろしければ今現在のトピ主さんの「仕事と人生」についての見解など教えて頂いて、対話ができたら嬉しいなと思っております。
        私の仕事の背景や経緯、その他の考え方などご質問頂ければお答えします。

        トピ内ID:4345391763

        閉じる× 閉じる×

        バランス感覚と 感性

        しおりをつける
        blank
        独楽
        お疲れ様です。

        誰もが 口には出さなくても「仕事とは」
        などと 自問自答している気がします。

        そうでなければ 日本で登録の宗教法人が18万?という
        数字がうそになります。
        誰もが 何かにつまづき 何か 答えとなるものを
        求めているのだと思います。

        また 一旦 ある宗教に入信したとしても
        「何か 自分の求めているものと違う」と感じ
        精神的放浪を続ける方々も多いのではないでしょうか。

        宗教に答えを求めていないのは 承知の上で書きました。
        つまり 「腑に落ちる言葉を捜す」人々が
        おそらく そこかしこに いるということです。

        トピ様ご自身のレスを読み
        アンテナをめぐらせば 普通の会話の中で
        ヒントをつかむことは 可能なのでは、と。

        「仕事とは」などと 命題を前置きして 話し出す人は
        めったに居ないので
        根気良く いろいろな 人の会話に耳を傾けて
        行くしか ない、と。

        この世の出来事は すべて修行 ととらえ
        精神のバランス感覚や 感性を磨く
        ことで 「腑に落ちる言葉」を 
        拾える時が必ず来ると思います。

        トピ内ID:3441727473

        閉じる× 閉じる×

        追加です

        しおりをつける
        blank
        独楽
        「バランス感覚と感性」を 送ったあと
        上から目線の表現になってはいなかったかと
        不安になり、追加書かせてください。

        (私自身は 貧しい部類の一般庶民 です。)

        その昔 ピーターセラーズ主演の「チャンス」
        というコメディー映画が。
        主人公は ややアカデミックな知能が人に劣る
        さる富豪の お庭番。わけがあり 富豪の死後も
        その お屋敷に暮らすのですが
        風貌がある著名人に似ることから 各界の
        そうそうたる人々が 彼を偉人と誤解し
        アドバイスを求めに来る。
        彼は 庭師の経験から 出てくる表現で
        言葉少なに 「冬は必ず春となる」とか
        「適した土壌に 適した植木を」とか ポツリと
        言うのですが そのつど 相手は 「そうか!」
        と 金言を 得たり と 納得、感動。
        (映画に詳しい方 間違っていたらすみません)

        つまり聞く側の 体制で 
        適切な表現をキャッチするときがくる
        腑に落ちる言葉を 探し当てることが
        できると 思うのです。

        私自身 悩みだらけで つぶれそうな時がしばしば。
        でも 悩むこと自体を 修行と 受け止め 暮らしてます 

        トピ内ID:3441727473

        閉じる× 閉じる×

        たとえば小町さんで

        しおりをつける
        ロンリ
        小町さんに「人間不信を克服したい」というあやさんからのトピックがあります。

        人間不信に陥ってしまったあやさんですが、「他人には期待はしない事、大学生時代に裏切られた事には自分も悪い所があったから治していこうと前向きな気持ちになっていました。」という心境に達することに。でも、祖父母にまた傷ついてしまったとのこと。

        誰からも傷つけられずに生きることはできないと私は思います。祖父母にも期待しすぎていただけ、あやさんの見る目は完璧ではなかった、でもみんなそんなものだと思うのです。これからもそのことを思い出して生きていけばいいと思うのです。名言だと私は思いました。

        トピ内ID:1894351466

        閉じる× 閉じる×

        たのしい

        しおりをつける
        かんな
        このレス楽しい ここに出てくる本やテレビもほとんど見ています
        でも自分 最低の偏差値の高校しか出てないです パートですけど
        8時間勤務 130円時給上がりましたよ 残業なんて一切しないで
        他の人はサービス残業あたりまえだけど 仕事は効率よく時間内でやらないとね
        主様 考え過ぎです 目の前のことをただ黙々とやればよいのです
        明日 死んじゃうかもしれないんだから 今を大切にしようよ

        トピ内ID:9938668476

        閉じる× 閉じる×

        すべて意味がある

        しおりをつける
        46のしゅっふー
        哲学、心理学、宗教学はセットです。
        本ですよ、まずはそれらの本と友達になることです。
        そしていると、魂同士が共鳴し合う友人にいつか出会える時がくるのだと思います。

        わたしは46になりました。
        最近年齢を重ねて思うこと…本当の親友は自分自身なんだなぁ、とわかってきました。
        なぜ人は生まれて死んでゆくのか。
        今生に偶然なんてありませんから。笑

        トピ内ID:6646415753

        閉じる× 閉じる×

        こんなに哲学好きさんが集うトピックって珍しい

        しおりをつける
        ロンリ
        こんなに多く哲学好きさんが集う素晴らしいトピなのに。でも、トピ主さん一人がそうじゃない!と否定し続けている。とても不思議で残念な状況です。

        「自分にとってはそれなりに切実なのです。否定されては傷つくし、本当に人と話したいことを話せず隠しているのは孤独です。」と書いてトピを立てたのはトピ主さんなのに。どうしてレスくれる人を否定し続けるのでしょうか。

        トピ主さんの周囲の人がトピ主さんと対話してくれないのは、トピ主さんの態度のせいかもしれない。否定されるのは嫌なくせに、人の意見は否定しまくっている。それでは対話は無理ですから。

        トピ内ID:1894351466

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        30件ずつ表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (20)

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る

          あなたも書いてみませんか?

          • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
          • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
          • 匿名で楽しめるので、特定されません
          [詳しいルールを確認する]
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0