詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    人気アニメを観ていると。

    お気に入り追加
    レス82
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    たんぽぽ
    話題
    主人公やその仲間(?)達には、
    必ずといっていいほど、
    傍らに妖精(?)みたいな、
    犬や猫やそういった小動物がついていて、
    話しかけたり応援したり、
    個性を持っているから泣いたりムクれたりもしていますが、

    そういうものを、
    今観てる時代の、子供たちは望んでいるんでしょうか。
    トンだり跳ねたり魔法を使ったりだけでなく、
    個性溢れる妖精もいるから、登場人物が多い多い。

    というのも、
    「プリキュア」シリーズには絶対そういう存在がついているんですが、
    その全身の「セーラームーン」にはいませんでした。
    なんでかなと思って。

    今の傾向として、
    妖精がそばにいるのを特に好むとか、
    そういう理由があるのでしょうか。

    トピ内ID:4459403402

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 56 面白い
    • 26 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 17 なるほど

    レス

    レス数82

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 30  /  82
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    ルナとかアルテミスは?

    しおりをつける
    blank
    mimi
    妖精じゃないですが、いましたね、アドバイスする動物。

    マスコット的な小動物は使いやすいですし
    人気がありますよ。
    グッズも作りやすいです。

    セーラームーンはプリキュアより対象年齢が高いと思います。
    セーラームーンは小学校高学年
    プリキュアは幼稚園~小学校低学年までではないでしょうか。

    というわけで一概にセーラームーンとプリキュアを比べることは
    出来ないかと思われます。

    トピ内ID:8801742753

    閉じる× 閉じる×

    あこがれ

    しおりをつける
    blank
    ねじ
    私は思春期にティンカーベルにあこがれました。

    中学後半あたりから成長して手足もどっしりして、自分の進路を決めなければと悩む時、どうして自分は小さくかわいく身軽ではないだろう、そして、自分らしく自分の道を汗水たらして生きるより、誰かを応援して、応援者として必要とされている自分だったらいいなあと憧れがありました。

    思春期のアニメを見ている子の世代には、きっと、そういうタイプの憧れを持つ子が、少なからずいるんじゃないかなと思います。

    主役のプリキュアになって、恐ろしい悪に立ち向かいキックやパンチを繰り出して夢に向かって力強く生きるより、そばにいて支援するキャラクターになりたい子もいるはず。

    トピ内ID:9287791627

    閉じる× 閉じる×

    あれ?

    しおりをつける
    🐤
    おヨメ
    セーラームーンにも黒猫が居ましたよね?ルナでしたっけ?しゃべる猫ですから、妖精と大差ない気がします。

    別に目新しいことではないように思いますよ。

    トピ内ID:7618337149

    閉じる× 閉じる×

    年齢層

    しおりをつける
    blank
    ダイアナ
    セーラームーンもお供のしゃべる猫(うさぎならルナ)がいました。

    今の傾向としてどうこうというより、小さい子ども向けのアニメならそういうお供妖精が好まれるのではないでしょうか。
    子ども自身アニメに入りやすい、制作側にはグッズが作りやすいなど、双方の事情で。
    妖精まで行かなくてもかつての、子ども向けのアニメ名作劇場には主人公のお供をするペットがいましたね。(母を訪ねて三千里のマルコのアメデオとか。これはアニメのオリジナル。)

    人気アニメと言ってももっと高い年齢層向けの、たとえばナルトやハイキュー、黒子のバスケなどには妖精は出て来ませんものね。

    トピ内ID:2993361036

    閉じる× 閉じる×

    昔からいましたが

    しおりをつける
    blank
    森沢
    昔から魔法少女アニメにいましたけど。その手のマスコット。
    セーラームーンでもルナとアルテミスがいましたが。

    トピ内ID:8054115892

    閉じる× 閉じる×

    人間関係をつくるのが下手になっているからね

    しおりをつける
    blank
    はーこ
    耳元でアドバイスをささやいてもらわなければ、友達とも仲良くできないんでしょう。
    私の長女はセーラームーン第1世代でしたが、自分たちが戦士でしたね。
    大学のゼミの飲み会で「ヘビーローテーション」を踊りました。娘はたかみなの位置でした。
    プロデュースしてもらわないとできない世代と、自分でプレゼンできる世代。世の中は変わりましたね。

    トピ内ID:8553243867

    閉じる× 閉じる×

    ルナとアルテミスは?

    しおりをつける
    blank
    あめこ
    セーラームーンに出てくる、ルナとアルテミスはそういう存在じゃないんですか?私はそういう存在だと認識していました。

    トピ内ID:6497460339

    閉じる× 閉じる×

    ん?

    しおりをつける
    blank
    白身魚
    セーラームーンは猫がいましたよね。

    女児アニメにおけるマスコットキャラの存在は、
    物語のナビゲーター、お話できるペットみたいなもんじゃないでしょうか。

    魔法少女シリーズなんかでも必ずいましたし、
    お約束、グッズ展開しやすい、
    なんて事もあるんでしょうけど。

    トピ内ID:5330922014

    閉じる× 閉じる×

    そうね

    しおりをつける
    blank
    マリンバ
    そういうアニメはたいてい「冒険」「友情」と言うテーマがあり、
    たいてい一話に一回ピンチなことがあります。
    妖精やペット的な仲間がいると、そういうシーンにおける
    主人公の葛藤や心の動きを説明しやすいからかなと
    思います。
    例えば仲間が敵につかまったシーン。
    主人公が悶々と、どうしよう?助けに行く?逃げる?でも…
    と考えてるより、
    妖精「◯◯(主人公の名前)、逃げようよ~」
    主人公「うん…でも置いていけないよ!」
    などと会話するほうが、分かりやすいからでは。

    あとはキャラが多いとグッズが売れる、
    女の子向けのものは、ペット的キャラへの食いつきが良い

    などがあげられると思います。

    自分一人じゃ解決できない的な、
    ネガティヴな理由はあまりないと思います。

    トピ内ID:1831515893

    閉じる× 閉じる×

    例えば

    しおりをつける
    🙂
    ささ
    セーラームーンは漫画原作だからでは?
    不要にキャラ多くすると作者の描きわけが大変で、コマ辺りの登場人物も多くて腱鞘炎になるだけだからね。

    プリキュアは完全に商業アニメでしょうから、色々多ければグッズも多く出来るしとかあるのでしょう。

    最近の仮面ライダーもそんな感じでしょ。
    昔ならワンシーズンにベルト一個の所を、複数ライダー出したり、さらにはメダルとかの小物で荒稼ぎですから。

    まあ、逆に言えばそこまでお金気にしないとアニメも作れない様な時代になってきたって事でしょうね。

    トピ内ID:9430582208

    閉じる× 閉じる×

    話を作る時に便利だからじゃないかな

    しおりをつける
    😉
    そら
    セーラームーンでもルナやアルテミスと言う喋る猫がいましたよ(最終的に人の姿になってたような気がしますが)。
    動物っぽいキャラクターが出るのは話を作る時に便利だからじゃないでしょうか。
    「世界観の解説、変身の仕方、戦い方の指導などが出来て、主人公と共同生活をする異世界からの来訪者」という役は人間より動物的なキャラクターの方が適任なんだと思います。「異世界の住人が中高生の女の子と一緒に暮らす」という展開を人間のキャラで無理なく作るのは大変ですが、妖精や動物の姿をしていればスムーズですよね。ペットとして飼う、ぬいぐるみのふりをさせる、とか。

    あとは…
    大抵の妖精は体が小さく空を飛べるので、偵察、伝令役として使いやすい
    動物(ぬいぐるみ)の姿をしていた方が話のバリエーションが広がる(誰かに連れ去られてしまうとか)
    ペットを飼いたい子供の憧れを満たせる
    妖精の数だけ玩具を出せる(これが一番の理由かも…)
    こんな感じでしょうか。

    トピ内ID:3993490104

    閉じる× 閉じる×

    いたよ

    しおりをつける
    blank
    ん?
    セーラームーンにもルナと何とかいうしゃべる猫が二匹いたでしょう。セーラームーン自体に人気が集中して影薄いですが、幼いキャラかわいいキャラをつけて玩具の媒体としたりあれのおかげで幅広い年齢をとりこむのです。最近じゃなく昔からですよ。

    トピ内ID:1160779384

    閉じる× 閉じる×

    昔からの定番だと思います

    しおりをつける
    blank
    アラフォー女
    花の子ルンルンには犬と猫(に化けたよその星からの使者)がついてるし、クリィミーマミにも妖精が付いてるし、のび太にはドラえもんが付いてるし、ハットリ君にも喋る犬が付いてるし、ミンキーモモにもお供が付いてるし、数え上げたらきりがないくらいではないでしょうか。

    ここまで書いてセーラームーンを見た事無いので調べたら、セーラー戦士達をサポートし人間の言葉を喋るお供の猫たちというのがいますね。本当はマウ星人らしいですが。
    これはトピ主さんが言っている「話しかける動物」になりませんか?

    トピ内ID:3946313808

    閉じる× 閉じる×

    いましたよ

    しおりをつける
    blank
    つらら
    沢山突っ込まれるとは思いますが…セーラームーンにも、猫がいましたよ。

    動物・妖精のようなマスコット的キャラが登場するのは、昨日今日の傾向ではありませんし、子供向け作品に限ったことでもありません。

    理由…難しいですね…。
    子供向けであれば、想像力を育むとか、動物にも気持ちがあるのだから大切にしよう、とかいう思惑があるのかも。
    あとはもう、単純に可愛いから!じゃないですかね?

    主さんは、子供の頃から今までに、そういうキャラクターにハマった事は一度もないですか?

    トピ内ID:0871746942

    閉じる× 閉じる×

    いましたよ

    しおりをつける
    blank
    クンツァイト
    いや、いましたよ。
    セーラームーンには黒猫のルナ、ヴィーナスには白猫のアルテミス、
    ちびうさにはダイアナという灰色猫のお供がいました。

    ルナはうさぎだけでなく、亜美、レイ、まこともセーラー戦士に
    覚醒させています。

    魔女っ子ものでマスコットキャラが主人公をサポートするようになったのは
    ルンルンのお供キャトーとヌーボ、ララベルのビラ辺りが元祖なのですが、
    それ以前のシリーズにもペットとして動物は出ていましたね。

    トピ内ID:8066118527

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      セーラームンにも居たよ

      しおりをつける
      😀
      ニャンコ先生が好き
      セーラームーンにもマスコット的な喋る動物キャラ居ましたよ。
      黒い猫と白い猫。名前は確かルナともう一匹忘れましたが。
      今に限らずこの手のキャラは昔からアニメに存在していると思います。
      海のトリトンにはイルカのルカが、ど根性カエルにはぴょん吉とか。
      ドラえもんも大まかに分類したら、これに当たるんじゃないかなぁ…と思っています。

      トピ内ID:4012655350

      閉じる× 閉じる×

      セーラームーンにも猫いませんでしたっけ?

      しおりをつける
      blank
      ム-さん
      少女向けのアニメの場合、主人公って元々から特別という訳ではなく、一般的な女の子って感じですよね。

      そんな女の子を特別にする橋渡し的な存在がどうしても必要になるでしょう。

      別に猛獣でもマッチョの男性でも良いのでしょうが、少女向けアニメと考えると妖精や小動物がベストなのでは?

      トピ内ID:2847222852

      閉じる× 閉じる×

      え、昔からいたでしょ

      しおりをつける
      blank
      薫風の候
      ちょっと待ったぁ!
      セーラームーンにはちびちびがいたじゃない!

      そんなの昔からですよ。
      動物やら妖精ばかりでなく、妹弟キャラ、彼女キャラとして
      主人公の周りをうろちょろする「可愛いお茶目キャラ」がいましたよ。

      宇宙少年ソランにはチャッピーが、
      海のトリトンにはピピが、
      ハクション大魔王にはアクビが、
      サザエさんちにはタマが、
      ガッチャマンには燕のジンペイが、
      マッハGOGOGOにはミッチー、クリ坊、サンペイが、
      戦隊モノにはピンクレンジャーが、
      歴代仮面ライダーにも必ず彼女っぽい子が、
      星飛雄馬には姉明子が(無理がある?)、


      いつもちょっと寄り添って、たまに助け、たまに足手まといになり、
      でも支えている…そういうキャラは昔からいましたよ。

      子供には何にしろ「マスコット」は必要なんですよ。
      大人には分からない心の友が。
      其れは昔も今も一緒じゃないですか。

      ヒーロー、ヒロインは設定が大人であっても、子供視点を忘れてはならないのです。
      ヒーロー、ヒロインと子供を繋ぐのがマスコット。

      たまたま現代アニメがSFファンタジー要素が強いため、妖精やら異世界の生物になってるだけでしょう。

      トピ内ID:3101125839

      閉じる× 閉じる×

      セーラームーンにはルナがいた

      しおりをつける
      blank
      セーラー134340
      子供が望んでいるかどうかは知らないが
      妖精のお人形を作っている会社は望んでいるんじゃなかろうか。

      トピ内ID:3548185032

      閉じる× 閉じる×

      別に前身ではないと思いますが

      しおりをつける
      🙂
      新わをん
      セーラームーンにもルナやアルテミスがいました。
      もう20年以上前なのでお忘れになりましたか?

      トピ内ID:3447863663

      閉じる× 閉じる×

      えっ!?

      しおりをつける
      blank
      みっちゃん
      セーラームーンにはしっかり居ますよ。

      言葉をしゃべるネコ(名前失念)が付いてますけど。
      初回でウサギちゃんが初めて返信するときに”こうやって変身するのよ”ってやってた覚えが有るけど。

      もっと古くなるけどミンキーモモやクリーミーマミにも同じようなキャラが居ますよ。

      >> そういう理由があるのでしょうか。
      たぶん何にも知らない普通の女の子をリードする役割が話的に必要なのだと思います。

      あ、ちなみに一部のロボットアニメでも同等のキャラが出て来ますよ。
      ダンバインとかね。

      トピ内ID:8232370632

      閉じる× 閉じる×

      昔から居た様な…

      しおりをつける
      blank
      なこ
      例に挙げられている両作品をきちんと見た事はないので、
      トピ主さんの仰っている妖精的なもの?とは違うのかも知れませんが
      たしかセーラームーンにもお喋りする猫(?)が居た様に思います。

      妖怪ウオッチが流行る前はポケモン、と言った具合で
      「子供(主人公)の側に人間以外のキャラクターが居る」は
      わりと昔からある設定ではないでしょうか。
      その動物の様な、感情豊かな生き物が言葉を話すか否か、は作品毎で違いますが。

      路線は違いますが、ドラえもんや、バカボンのウナギイヌなどもそうですよね。

      なぜそういうキャラクターを出すか?の理由は分かりませんが、
      夢のある設定ですし、子供受けは良い様に思います。
      ウケが良いから現代にも脈々と受け継がれているのだろうと思いますし…

      トピ内ID:2284676488

      閉じる× 閉じる×

      販売戦略と対象年齢

      しおりをつける
      😣
      サミー
      子供が変身アイテム、コスチュームの次に欲しがるのは、妖精のぬいぐるみです。
      おもちゃを売るためだと思います。
      何匹も出るのもそのためなのかな?

      あとは対象年齢枠を小さな子供まで広げるため?とも思います。
      名前も簡単で呼びやすく、小さな子供を惹きつける容姿。
      おもちゃも使い方がわからなくても遊べるぬいぐるみ。

      セーラムーンよりたぶん対象年齢が下がってますよね。

      トピ内ID:9647401880

      閉じる× 閉じる×

      妖精云々はほかの方に任せるとして

      しおりをつける
      blank
      まったり晃
      妖精がついてる、ついてないの議論はほかの方にお任せします。
      私にとってどうでもいいので・・・

      ただ、「セーラームーン」の黒猫(ルナ)が忘れられてるのが可哀そうなので。
      わすれないであげてくださいね(笑)

      トピ内ID:4832427510

      閉じる× 閉じる×

      昔からいましたよ

      しおりをつける
      blank
      しあん
      マスコット的存在のキャラクターは、昔からいましたよ?
      少女アニメの元祖は「魔法使いサリー」ですが、本作にも「カブ」という弟分(彼は弟分であり、カラスに変身できるれっきとした魔法使いですが)がいます。

      「リボンの騎士」には「チンク」という元天使の子供がいましたし、
      「さるとびエッちゃん」には「ブク」という大阪弁をしゃべる犬が(彼が「妖精的存在」の草分け的存在のようですが)、
      アニメ版「キャンディキャンディ」には「クリン」というアライグマのキャラが登場しました。

      これらマスコットは「かわいいもの」大好きの子供達をターゲットに、後期は当然商品化されることを見越して設定されたものですね。

      ですので、最近の傾向ではないです。

      ちなみにご指摘の「セーラームーン」には
      「ルナ」という主人公の黒猫メスと、「アルテミス」というセーラーヴィーナスの白猫オス、その間に生まれた「ダイアナ」という灰色猫(ちびうさの愛猫)がいます。
      いずれも人語を解し、主人公達を導くキャラですね。

      トピ内ID:7926202270

      閉じる× 閉じる×

      生活・身近な話題ランキング

        その他も見る その他も見る

        面白いですね

        しおりをつける
        😉
        妖怪ウォッチ世代
        面白い視点ですね。私は40代ですが、妖怪ウォッチやドラえもんを見て、「一人っ子」「兄弟ではないけれど自分の身近に親ではない仲間?がいる」という共通点が面白いなと思ってみています。

        妖精みたいなの、いますよね(笑)。子供心に、一人で考え、一人で選択し、一人で戦う。とは厳しいことだと思います。そこに、目には見えなかったりしても自分だけには見える小さな妖精がそばにいて自分を見守っていたら心強い。そう思っていた子供の頃の自分がいました。

        なので、テレビの妖精さんには親になっても親近感を持ってみています。大体、主人公は、独り立ちするにはまだ少し早く未完なので、身近に見守っている誰かがいると救われるのです。でも、親がでてきてしまっては子供の冒険心が失われます。だから妖精さんが必要なのです。

        トピ内ID:5307954608

        閉じる× 閉じる×

        う~ん・・・・昔からいたよ。

        しおりをつける
        blank
        ベイオウルフ
        >傍らに妖精(?)みたいな

        主人公やその仲間たちの周囲に昔からいたよ。
        「みたいな」ではなくて、妖精そのものが。
        しかも、ロボットアニメで。
        聖戦士ダンバインのチャム・ファウ、重戦機エルガイムのリリス・ファウ。
        聖戦士ダンバインの方は、チャムと同じ種族?がたくさん登場しました。
        その小さな身体を利用しての偵察や密偵、盗賊まがいのことを行うこともあったと思います。活躍の場があるし、絵にもなるし、見せ場になるってことかな。

        理由は・・・・まあ、日本人全般に言えることかもしれませんが、小さくて、可愛いものを好む傾向にあるから、かもしれませんね。
        妖精的なものが、セーラームーンに登場しない理由は分かりませんが、作者の好みや作品の世界観が影響しているのではないでしょうか。

        おっと、考えてみるとガンダムのハロも妖精的な存在ですね(笑)。
        妖精的な、つまりマスコット的なキャラクターは意外と多いかもしれませんよ。

        トピ内ID:5958667072

        閉じる× 閉じる×

        セーラームーンには

        しおりをつける
        🐤
        けるん
        セーラームーンには、主人公には猫のルナ、他にも猫のアルテミスが出てきますよ。
        今の傾向とかではなく、昔から人の言葉をしゃべるペットみたいなのはいましたよ。
        一番最初は、1970年代のアニメの「さるとびエッちゃん」とか。結構昔から、魔法ものアニメには人の言葉をしゃべるペットっていたんですね。

        トピ内ID:7713326337

        閉じる× 閉じる×

        セーラームーンにも

        しおりをつける
        🐱
        そう?
        セーラームーン、詳しくは無いのですが、確かしゃべる黒猫がついていませんでしたっけ?

        古いアニメで考えても、主人公の少年少女にアドバイスする小さな存在は、結構いたのでは?ディズニーアニメのピノキオにもコオロギのアドバイザーがいたし、アドバイザーでないとしても、ガンダムにはハロでしたっけ?マスコットロボットもいましたし、母を訪ねて三千里にも小さなおさるさんがいましたし。魔女っこシリーズにも、なんだかいたような気がしますよ。一休さんにはてるてる坊主とか。なので、

        >今の傾向として、
        妖精がそばにいるのを特に好むとか、

        今に始まったことではないと思います。以前から、主人公が少年少女だった場合、人間の大人とは違うけれども子どもに足りない視点でアドバイスをくれたり、心和ませてくれたり心の拠り所となったりする妖精とか動物がついているのではないでしょうか。小さい子によくある、大人には見えない自分だけのお友達、をアニメでは動物とか妖精とかで表しているのかと。

        トピ内ID:2218140154

        閉じる× 閉じる×

        ぬいぐるみが売れるからです

        しおりをつける
        😑
        大阪人
        人間のキャラクターものより、マスコットキャラの方が商品化しやすいからです。

        マスコットキャラなら、大人が持っててもそれほど恥ずかしくない、と言う理由で大人向け商品も作れるからです。

        全て大人の事情です。

        トピ内ID:1745362373

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        • 3
        先頭へ 前へ
        1 30  /  82
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0