詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    親に見られて後悔したこと

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    落ち込み気味です
    ひと
    実家を出て長くなり、(実家の)部屋に置きっぱなしの物を整理しなさいと両親に言われつつ、生来のズボラでグータラな性格から後回しにしていたところ、先日、もうこっちで勝手に処分するからと親からの電話。
    深く考えず「ありがとー」と返事していたのですが。
    お父さんがショック受けてたと母から苦笑まじりの電話があり、仰天しました。
    当時の私の部屋を、几帳面な父が率先して整理したところ、当時付き合っていた元彼(夫ではない)との写真が大量に出てきたそうで。
    刺激的な写真ではないけれど「二人で旅行中」と分かるものばかり。
    母は元彼の存在を知っていたけれど、父は全く知らなかったはず。
    父というのはそういうものなのか「娘は夫以外とは交際経験がないまま結婚した」と信じきっていた、と思うのです。
    ぅぅぅ。父よ、夢を壊して、ごめん!
    写真をとっておいたのは、失恋直後は未練からですが、そのうちすっかり忘れはて、写真の存在を思い出すことすらなく結婚したからで。

    夫には言えない話題だし、こちらで吐き出させてください。
    また、似たような経験のある方、私だけじゃないんだというエピソードがあれば、聞きたいです。

    トピ内ID:0671557522

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 673 面白い
    • 40 びっくり
    • 5 涙ぽろり
    • 31 エール
    • 19 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    許さん!!

    しおりをつける
    blank
    ドロ河童・49
    許さん! 許さんぞ!!

    一人娘を持つ父親として、あなたを許すまじ、だ。

    なぜ隠しきってくれぬ。ツメが甘いにも程がある。

    なにが「ズボラ」だ。開き直るな!

    あなたのやった「グータラ」な行為。それはもう心への暴力だ。

    そしてあなたのお父様に、心からのご同情とエールを!

    知り合いなら、一晩中飲んで肩を叩いて励ましてあげたい気分だ。

    しかもお母様が苦笑まじりというのが、目に浮かぶからなおさら泣ける。

    母と娘で、父(夫)に苦笑い。

    嗚呼。日本のお父さんというのは、なにゆえかくも哀しいものなのか。

    なにゆえこのような理不尽な寂しさを、予告なく味わわねばならんのか。

    お父様の今度の誕生日には、理由も言わず、驚くような盛大なプレゼントを。

    頼んだぜ。

    ちなみに、興味ないだろうが、私の娘は現在小学校4年である。

    笑うか? 笑いたくば笑え。オレはバカなのか?

    しかし、だ。しかし本音を書かせていただく。

    こんなトピ読んだ日にゃ、未来が怖い。怖くてならぬ。

    追伸/どうぞお幸せに。それはもちろん心から(笑)

    トピ内ID:5827139196

    閉じる× 閉じる×

    ラブシーン有の自作漫画

    しおりをつける
    😭
    えみみ
    タイトルの通りです。
    中学~高校生にかけて、漫画創作にハマりました。
    今となっては思い出すのも恥ずかしい物をたくさん描いていました。
    絵が上手いならともかく、ど下手な素人漫画・・・

    あらかた捨てたはずだったんですが、数年後にやはり母親が原稿のいくつかを発見してしまいました。
    母にとっては可愛らしい物だったんでしょう。
    ラブシーンの中で、花が咲き乱れた背景の中でキスをしている男女の絵を、ご丁寧に母がキッチンに飾っていました!

    すぐに破り捨てたのは言うまでもありません。
    恥ずかしすぎて死ぬかと思いました。

    トピ内ID:2890206853

    閉じる× 閉じる×

    だらしない人ですね~

    しおりをつける
    🐴
    ていうか~
    親にそんなことさせるなんて、グータラというより、だらしない!
    親に見られて後悔よりも、親にそんな大変なことさせて後悔してくださいよ。

    トピ内ID:3929329726

    閉じる× 閉じる×

    誰もが一度は・・・

    しおりをつける
    🐤
    kotori
    実家の自分の部屋って、つい物置代わりにしちゃいますよね。
    新居にもっていくほどじゃないけど
    捨てるのもなぁ、という物の宝庫(笑)

    私がやっちゃったのは元カレからの貴金属。
    捨てても良かったんだけど、それなりに高いものだろうし
    ま、そのうちにと思っているうちにやはり忘れました。

    ある日母が「名前の入っている指輪があったけど
    貴金属引き取り店にでも持ってった方が良くない?
    こんなもの残しとくなんてアンタもしょーもない」

    こりゃ失礼しました・・・好きにして。

    母で良かったと思いました。
    ウチも父は幻想の中で生きとりまして
    私の不品行は隠されてきました。
    面倒くさいので、母も内緒にしてきたようです。

    いずこも同じようで(笑)
    懐かしいような照れくさいような
    娘としての時代の思い出です。

    トピ内ID:6260406332

    閉じる× 閉じる×

    気まずかったこと

    しおりをつける
    💋
    匿名で
    キスマーク、です。
    若かりし頃、女子大生のころ、です。

    実家から離れて下宿していました。優秀、品行もそこそこ、親は心配ゼロの娘でした。

    同級生の彼氏がいましたが(親に紹介すみ。こちらも文句のつけようもない彼氏)
    若いし、好きな気持ちはどうしようもないもので。
    後ろめたいとか、間違っているとはつゆほども思いませんが、夏実家に帰省した時に親の視線を感じ、視線の先に目を落として理由がわかりました。

    うーん、気をつければよかったのか、若くてそれほど配慮している余裕もなかったし。

    彼には、親のことは伏せて、みえる場所にキスマークをつけないようにお願いしました。
    気まずいけど、別に、です。だって、自己責任の年齢だし。

    長い春の彼とは結局結婚していません。今も同窓会であう関係ですが、二人だけのひそやかでささやかな記憶を共有している感じです。

    トピ様のお父様本当に気づいてなかったのかしら。親は結構鋭いですよ。

    トピ内ID:5929146309

    閉じる× 閉じる×

    空港で

    しおりをつける
    🙂
    しの
    2001年9月、一人旅をしていた先でテロに巻き込まれました
    そうです、NYテロ
    どうにか帰国し、成田空港まで、当時の彼氏に迎えに来てもらったのですが、久々の再会にラブラブムードで彼氏に抱きつきかけた瞬間「しの」と母の声…
    振り向いたら、気まずそうな顔した母が…
    ニュースで貿易ビルの映像を見た母が心配して迎えに来てくれていたのです。それも九州から…
    結局、彼の車で私の家まで一緒に帰りましたが、気まずいのなんのって
    母とは初対面の上に(一人旅の直前に付き合い始めたばかり)、一回り以上年上だったので…

    まあ、いろいろありますな

    トピ内ID:1137788403

    閉じる× 閉じる×

    ラブレターの読み上げ

    しおりをつける
    blank
    みんと
    小学校で貰ったラブレターを探し当てからかい、下の兄弟もいる中、音読されました。

    勉強机の一番下の引き出しの底に好きな子の名前を書いたおまじないの魔法陣みたいのも探し当て、からかわれました。

    そう、毒親です。

    トピ内ID:1714085726

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0