詳細検索

    発言小町大賞2021
    発言小町大賞2021
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    今わの際に

    お気に入り追加
    レス31
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    こめこ
    話題
    突然ですが、よくテレビドラマ等で、登場人物が亡くなる際、枕元で家族や親しい人が最期のお別れをし、例えば(ありきたりですが)「母さんを頼むよ」と言って、
    がくりと亡くなるなどの場面を多く見ますが、実際のところあのような理想的(と言っては失礼かもしれませんが)なお別れができた方たちは多くいらっしゃるのかなと、ふと思い、トピをたてました。
    私の場合は、両親とも残念ながら、夜間に病院からの電話で駆け付けたけれど間に合わずという、悲しい最期であったのですが。

    トピ内ID:4968616004

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 26 面白い
    • 14 びっくり
    • 18 涙ぽろり
    • 17 エール
    • 92 なるほど

    レス

    レス数31

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    30件ずつ表示

    ドラマだから

    しおりをつける
    blank
    はーちゃん
    お医者様によると、亡くなる時はほとんどの方が意識はないそうですよ。最期に何か言ってガクッと…はあり得ないそうです。あれは単にドラマだからですね。

    トピ内ID:4630690530

    閉じる× 閉じる×

    私の父は5年前に

    しおりをつける
    blank
    カーリン
    5年前に父を施設で看取りました。最後の3か月は肺炎を起こしてたんの吸引をしていただき、可愛そうで胸がつぶれる思いでした。呼吸が荒くなり、看取りの段階に入りました。私が泊まり込んだその日の夜、容態が急変しました。

    私は父を両腕で抱きしめて、父は私の体温を最期まで感じて、目には私の姿を焼き付けて亡くなっていきました。「お父さん、お父さん」と叫んだ私の声も、確かに父は耳にしていたと思います。最高の見取りだったと今でも思っています。

    トピ内ID:3237508957

    閉じる× 閉じる×

    両親の今際の際に

    しおりをつける
    blank
    マージ
    立ち会えました。
    闘病生活の末、だったので。
    母は、たった一言「マージ!」と私の名前を呼んで息を引き取りました。
    ずっと昏睡してて、一瞬覚醒したのか、夢うつつだったのか。
    ただ、明け方で一番眠い時間帯、付き添いも長期間に渡っていて、私も一緒にいた母方の祖母も うつらうつらしてて…。
    母の声にハッと目を覚まして手を握りました。

    父は入退院を繰り返していて、家で就寝中脳梗塞に。
    そのまま覚醒せず逝ってしまったので、今際の際ではなく、
    倒れた日の晩に、
    「じゃあ、おやすみ」と言い合ったのが最期でした。
    今際の際は、すうっと…でした。

    トピ内ID:9378869764

    閉じる× 閉じる×

    私も気になる。

    しおりをつける
    blank
    内科ナース
    総合病院で12年看護師として働いていますががくりと亡くなる患者さんは一度も見たことがありません。
    私もドラマを観ながらいつも思ってました。

    トピ内ID:3815520027

    閉じる× 閉じる×

    理想的な終わり方

    しおりをつける
    blank
    P子
    1年前に90歳で亡くなった祖母。

    緩和ケア病棟に入院する前までに自分名義の銀行口座を解約したり
    諸々の大事な書類をわかるように整理してました。
    病室はホテルみたいにきれいな部屋だから少しでも長く泊まれるかな なんて軽口も。


    亡くなる2日前に6人のひ孫を呼び、渡す予定だった入学祝いを渡し
    思い残すことは何もないんだよ、今は安らかなんだよ と笑い
    最後の言葉は「お母さんの言うことちゃんと聞くんだよ」とひ孫にかけたものでした。

    亡くなった時はなぜか自然と「おばあちゃんお疲れ様でした」と。
    とても悲しかったけどスッキリした気分でお見送りできました。


    おばあちゃん、完璧です!
    病棟の看護師さんも綺麗な終わり方で忘れられないと思う とおっしゃっていました。

    トピ内ID:8782700226

    閉じる× 閉じる×

    私が思うに

    しおりをつける
    blank
    なー
    亡くなる間際にしゃべれる人が
    いったいどれだけいるのでしょうか。

    トピ内ID:1047245255

    閉じる× 閉じる×

    減少傾向にあることは間違いないでしょう。

    しおりをつける
    blank
    ウォークマン
    私も実母と従弟の臨終に間に合いませんでした。
    両名とも入院中、意識不明、呼吸困難のため酸素マスクを装着した状態でしたから、たとえ間に合っても言葉を交わすことはなかったと思います。
    医療技術が発達した今日では、トピ主様のイメージした看取りを受けられるのは、ホスピスのケアを受け、延命治療を辞退した末期がん患者くらいではないかと思います。

    トピ内ID:7476676223

    閉じる× 閉じる×

    良い 看取りができました

    しおりをつける
    🐶
    匿名X
    父親の亡くなる時、母と姉、私で看取ることができました。
    入院して3ヶ月、完全看護で泊まる必要はない病院でしたが、父がだいぶ弱ってきてどうだろうと思っていたら、突然看護師さんから、今夜から宿泊してくださいと言われました。姉も呼び出して3人で一晩付き添い、翌朝なくなりました。
    みんなで顔を覗き込んで、呼吸が静かに引いていくその瞬間も見届けられました。
    父は10年以上の長患いだったので、テレビみたいに号泣なんてことはなく、やっと楽になれたと看護師さんと私たちで労う雰囲気でした。
    霊安室に連れて行かれず、そのままベッドで看護師さんと私たちで身を清めさせてもらい、明るい最期でした。
    看護師さんと先生には本当に感謝してます。

    トピ内ID:4229019096

    閉じる× 閉じる×

    なし。

    しおりをつける
    blank
    りりあん
    生きてきて半世紀すぎましたがまだそういうふうに看取ったことはないです。

    たいてい病院に入っておられることが多いので意識戻らない時点で呼ばれそのままっていうかたちが多いのではないでしょうか。

    最後に会って話したのがあの言葉だったなぁ、ってことばかりです。祖母の場合は病院からわたしが帰るとき「もう、行っちゃうんかい。」でした。叔母は足をさすってあげていたら「もう、いいよ。」でした。

    最後のひとことっていつまでも残りますよね。思い出すと涙が出ます。

    わたしもいまわの際は印象深い言葉を残したいって思うけどたぶんそううまいこといかないでしょうね。「○○が食べたいなぁ。」とか「洗濯物持ってって」とか
    かな。せめて残していく家族に「いたいよ。」とか「たすけて」とか言わないで
    いきたいな。

    トピ内ID:8779417481

    閉じる× 閉じる×

    本当に理想ですよね

    しおりをつける
    💔
    ココア
    伝えたいことを口にして逝けたらいいですよね。

    でも、現実は・・

    実父の最期は意識不明のままでした。
    遠方の私に母から連絡があり、4時間かけて病院に着いた時には薬で意識がなくなる瞬間でした。
    私が声をかけると一瞬目を開けましたが、すぐに意識はなくなりました。
    そのまま、母と私たち姉妹は父の病室で1週間生活しました。
    父を1人にさせないように誰かが傍にいました。

    そして、会話を交わすことなく父は逝きました。
    「ありがとう」だけは伝えたかったですね。

    トピ内ID:8856765894

    閉じる× 閉じる×

    父との別れで

    しおりをつける
    blank
    お友達と会えたかな
    先月父を亡くしました。病気が見つかってから約半年でのお別れでした。
    前日までは何度か目を開けて、水や氷をほんの少し口に入れるくらいの意識はありましたが、その日はほぼ意識はなく、昼過ぎから呼吸が時々止まるため家族を呼ぶよう医師から言われました。

    私は朝から傍におり、兄弟や子どもたちに連絡しました。皆それぞれ「兄弟仲良く頑張るから心配せんでね」「長生きしてくれてありがとう」など、父の意識はありませんでしたが、最期のお別れをしました。

    夕方になり皆が順番に夕食を摂ることになったため、私と息子が残っていました。血中酸素濃度が少し下がってきて、息子に「もうすぐお別れだから、じいちゃんが好きだった歌を歌ってあげて」と言いました。息子が民謡を歌い始めると、それまでまるで表情がなかったのに、きゅっと目を固くつぶり、聞こえているような表情を見せてくれました。
    2番を歌い終わる頃に呼吸が止まり、それから何度呼びかけてもゆすっても、呼吸は戻りませんでした。

    大好きな歌を、とてもかわいがっていた孫に歌ってもらいながらの旅立ちは、きっと幸せだったのではないかと思っています。

    トピ内ID:6931881884

    閉じる× 閉じる×

    あんなの有り得ない

    しおりをつける
    ライオンロック
    両親を目の前で看取りましたが、
    あんなの有り得ません。

    実は私も、そういうものだと思っていて、
    その時は「ああ言おう、こう言おう」といろいろ言葉を用意していたのですが、
    母は意識が戻らない状態で逝ってしまったし、

    父の時も、突然の脳内出血から亡くなるまで、
    やはり意識が戻らない状態で逝ってしまいました。

    ドラマなどで、今わの際に最期の言葉を言い残す、というのは現実には不可能、と思います。
    だって、病院で亡くなるのが普通の昨今、
    沢山の管を付けられ昏睡状態で無理矢理生かされている状態なのに、
    最期の時に突然目を覚まして言葉を発するなんて、無理です。
    両親を看取ってそう思いました。

    なので、今少し後悔しています。
    意識のあるうちに、先の事は心配しないで、と話しておけばよかった、と。

    トピ内ID:0797174721

    閉じる× 閉じる×

    ドラマ用

    しおりをつける
    🐱
    オクラ=ボンバボーン
    >突然ですが、よくテレビドラマ等で、登場人物が亡くなる際、枕元で家族や親しい人が最期のお別れをし、例えば(ありきたりですが)「母さんを頼むよ」と言って、

    ずいぶん前のことですが、TVのバラエティ番組(あれ、旅番組だったかな)で、大物毒舌女優さんが「あんなの(あんな最期)、ないない。(笑)」って言っておられたのを覚えています。
    赤ちゃんが産まれるときの、「いきなり陣痛&『う、産まれる~!』」もないですよね。少なくとも、私はそうじゃなかったし(陣痛はじわじわきた)、そうだった人を聞いたことがない。

    分かりやすく「ドラマ用の表現」ってことなのでしょう。

    トピ内ID:7435462265

    閉じる× 閉じる×

    中谷宇吉郎博士の場合は…

    しおりをつける
    😀
    恋次郎
    石川県の柴山潟の畔に、中谷博士のお墓が有ります。名著「雪の結晶」は、高層気象学の名著でも有りますが、優れた文学書でも有ると思います。

    享年61歳で亡くなりました。我が国が世界を敵に回して、戦っていた戦時中でしたから、ノーベル賞を受賞しても可笑しくない程の学究業績でしたが、受賞叶わず時代に恵まれ無かった英才の一人です。

    その中谷宇吉郎博士が、忌わの際に枕元に奥様を呼ばれて、「手を握りながら一言」言葉を残されました。「楽しかったね」と。自らの人生を讃じるのに、これ以上の言葉が有るでしょうか。言った博士も言われた奥様も、感謝と名誉において、余り有る言葉遣いです。

    私もこの世を去る時には、博士に倣って妻に「楽しかったね」と、感謝の言葉を捧げたいと、決意しています。つまり、その様に言える様に、日頃から仲睦まじく楽しく過ごしていきたいと、願い努めています。

    トピ内ID:7389020481

    閉じる× 閉じる×

    そんなの

    しおりをつける
    blank
    トマト
    絶対ないとは言いませんが、喋れるレベルならまだ死なないんじゃないですか?
    亡くなる時って、人工呼吸器とか他にも色々器具をつけて意識なんかないですよ。
    とてもじゃないけど喋れない。ウチはそうでしたけど。喋れたら意識が回復したってことだから、状態が落ち着いたってことだと思ってます。

    トピ内ID:3866213400

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      レスします

      しおりをつける
      blank
      臨終
      亡くなる寸前は声など掛けてはいけないと某大学病院の医者達に事前に言われた事があります。却って当人の死を早める結果になるそうです。テレビや映画の今はの際のシーンは嘘だそうですよ。少し離れて静かに見守って下さいと、くどいほど言われました。

      トピ内ID:5580784057

      閉じる× 閉じる×

      我が家の父がそうでした

      しおりをつける
      blank
      まる
      我が家の父は今わの際は本当に恵まれておりました。
      日本全国放浪していた私が1年前に突然地元営業所オープンで呼ばれ、一年の闘病の際も皆に交代で看病され、最後は子供、孫まで全員に看取られて、一人ずつに一言かわし、その後にモルヒネをうって意識を無くし数時間後に亡くなりました。
      私の妻と母にはありがとうと、私には後を頼むと、一番看病した姉には何を言ったか忘れましたが、ありがとうと言わずでしたが、とても皆に感謝して、最後を迎えたように思えました。
      私も妻に最後に感謝の言葉を残して逝けるような最後を迎えられたら最高だろうなと思っております。

      トピ内ID:8657025639

      閉じる× 閉じる×

      確かにそうだわ

      しおりをつける
      blank
      私の両親も義父も 本人が気付くこと無く意識が無くなって そんなハッキリした一言を残して去るなんて無かったわ。
      だいたい寸前までハッキリした頭と意識があって、一言言った途端にパタン!と亡くなるって有り得るんでしょうかね。
      それに「おぉ今から自分は気が遠のくぞ、言っておかねば。」ってわかるとは思えないし。

      医学的見地からもお医者さんから意見をお聞きしたいわ。

      トピ内ID:3755387936

      閉じる× 閉じる×

      私は、きちんとお別れができました。

      しおりをつける
      blank
      sho
      私の母親は末期がんのケア病棟に入って、
      33泊34日目で亡くなりましたので、
      十分な体制ができていたのが一番大きな要因です。

      兄弟も5人いましたから、完全看護なのに
      34日中32日は必ず誰かが夜中を含めて付き添っていられました。

      私は、長男ですが飛行機を使う距離に住んでいるので、
      34日のうちのたった4日しか付き添えなかったのですが、
      毎日兄弟から報告をもらってました。

      ただ、「アニキ来られるか?いよいよだ」と前日昼過ぎに連絡をもらい、
      大事な翌日の朝イチの仕事を片付け、夕方病院に到着するまで、
      27時間ほどかかりましたが、お袋は待っててくれましたね。
      それから約5時間程で臨終でしたので、
      言葉は交わせずとも、十分にお別れができました。

      事故や頭系の病死だと、お別れのタイミングはないに等しいでしょうね。

      多くの場合、酸素や麻酔の吸入のために口が使えなくなるので、
      現実的には吸入器を装着する前が
      最後の会話のチャンスになるのではないでしょうか。
      意識が混濁する前に医者がどうしますかって聞いてくれるようです。

      トピ内ID:3250624965

      閉じる× 閉じる×

      病院勤務でした

      しおりをつける
      💍
      クリーム
      病気で亡くなる方は最期は意識がないのがほとんどで、ドラマのように最後まで何かお話ししてた方はほとんどいませんでしたね。でも急変時以外は、危険な状態なのはご家族に伝えてありますので、何日も前から誰かが付き添ったり、最後に会いたい人が面会に来てたりしました。

      ドラマのような今わの際に一言、というのはないですが、ずっと昏睡状態だった方がある日突然目を覚まし、血圧なども上がって、好物も少し口にして、このまま回復に向かうのかと思いきや、家族の方と1日穏やかに過ごし翌日亡くなった、というのは何件かありました。自分の死期が分かるんでしょうね。これまで回復に向けて体力温存してたけど、もう回復の見込みは無いと身体が察すると、残った力を、最後のお別れを言う方に回すんですね。自分の意思では心臓は止められませんから、最後の最後まで力を生命エネルギーを出し切って亡くなるんだなと思いました。

      トピ内ID:3150809890

      閉じる× 閉じる×

      父の最期

      しおりをつける
      blank
      PS
       父の希望で自宅で看取りました。
      末期がんでしたが、亡くなる当日まで話ができる状態でした。
      看病をしていた私達子供に感謝の言葉を言ってくれ、最後に母に「愛しているけれど、もう生きられないよ」とお別れの言葉を言って亡くなりました。
      ただ、言ってからすぐではなく、その言葉を言った後は話が出来なくなり1時間後位に亡くなりました。
      亡くなったことは本当に寂しかったけれど、最後に残していってくれた言葉のお陰で家族は本当に救われました。

      トピ内ID:8084412572

      閉じる× 閉じる×

      私の父の場合、しゃべりませんでしたが・・・

      しおりをつける
      blank
      アイアン
      ある晩、突然父の具合が悪くなり、偶然うちに来ていた弟と私が救急車に付き添いました。

      ICUに運び込まれた後、医師からは、遠隔地の親戚を念のため呼ぶように
      言われました。
      弟が他県にいる家族に連絡し、私達は家に帰りそびれ、病院で夜明かししました。
      ICUの表示(脈拍や血圧等)を見てると、少しずつ数値が下がっていくのがわかります。
      初めはハラハラしていましたが、見慣れるとあまり気にならなくなりました。

      朝、私の妻と子供たちが来て、眠っているような父に声をかけ続けます。
      弟の家族が来るまで、ICUの表示数値が下がるのを気にしつつ、
      「○○(甥の名前)ちゃん、もうすぐくるよ」などと皆で呼びかけ続けました。
      よく見ると、まぶたが時折薄く開くので、眠っているのではないのがわかります。

      昼前、弟の家族がつきました。

      私達は「来たよ。」と言って、一息つく感じで座った途端、「ピー」という音
      とともに、グラフが直線になりました。

      医師と看護師が飛び込んできましたが、私達は延命措置を断っていたので、
      そのまま死亡となりました。

      最後だけテレビ的でした。

      トピ内ID:8028384006

      閉じる× 閉じる×

      横レス >臨終 さん

      しおりをつける
      blank
      アイアン
      おっしゃる通りだとしたら、私たち家族は、父を早死にさせたようなものですね。

      やれやれ、もう何年も前のことで、とっくにあきらめはついていますが、
      なんか落ち込みます。

      トピ内ID:8028384006

      閉じる× 閉じる×

      遠方な為、父母ともに看取れませんでした。

      しおりをつける
      blank
      しにあ
      父の親友が一足先に旅立ち、母や私のきょうだい達が葬儀で出払った後、
      前日退院してきたばかりの父は、親友の自宅の方向を見たかったのか、
      ひとり残って付き添っていた私の妹に、無理を言って見晴らしの良い居間に
      ベッドを移させて、じーっとガラス越しに遠くを眺めていたそうです。

      その時 偶然電話した私が妹と、父の枕元で他愛ない会話を交わしているのを
      静かに聞いていた筈なのに、電話を切った妹が父に話し掛けた時には
      すでに返事がなく、そのまま逝ってしまったそうです。

      一応検死のため病院に運ばれた所へ、母を始め家族全員が喪服姿で駆けつける、
      という笑えないおまけが付いた最後でした。

      今わの際の言葉は無くとも、無二の親友が 「一緒に逝こうよ」と誘いに来て、
      仲良く連れ立って旅立ったのだと、皆で慰め合った次第です。

      母の時も、父に劣らず、大往生だったそうですが、長くなりますので… 。

      トピ内ID:9746238538

      閉じる× 閉じる×

      はっきりしゃべってがっくり…の最期は聞いたことがない。

      しおりをつける
      blank
      ふたりしか看取ってませんが、亡くなるずいぶん前から意識も無くて、呼吸もとぎれとぎれで
      当然話が出来るなんてことはあり得ませんでしたねえ。

      で、ちょっとヨコですが
      私は病院関係者に「最期まで耳は聞こえるから、声を聞かせてあげてね。手を握ってあげて」と言ってもらいました。

      「お父さん、ありがとう」「もう頑張らなくていいよ」と言いながら母と姉とで看取りました。
      父にとっては長くて辛い闘病生活だったので、長引かせるのは酷だと…
      だから、結果的に死が早まったのだとしても、後悔はありませんね。

      当然、そう言ってくれた病院関係者の方が言ったことに自分が納得して話しかけたのだし
      そう言ってくれたからそのような形で見送る事が出来て、最期の時を家族で過ごせて、感謝しています。

      本当の事はわからないけれど
      ご遺族の気持ちをさらに辛くさせるようなことは言うべきではないと思います。


      アイアン様落ち込まないでください。
      私はアイアン様のお父様も私の父も喜んでいると思います。

      トピ内ID:0144453235

      閉じる× 閉じる×

      生活・身近な話題ランキング

        その他も見る その他も見る

        アイアンさんへ。横レスですが。

        しおりをつける
        blank
        お友達に会えたかな
        アイアンさん、臨終さんが仰っているのは、スタッフの立場からだと思います。
        亡くなる寸前は、家族の時間ですから、無暗に話しかけて、家族の到着の前に亡くなると困るからではないですか?
        亡くなる寸前ですから、死期を早めるにしても、おそらく数時間単位のことでしょう。

        スタッフが出過ぎたことをしないよう、しっかりと釘を刺されたということだと思います。

        私が医師から聞いたのは、たとえ反応はなくとも、ふっと意識がもどることがあり、言葉は聞こえている可能性は有ると言うことでした。

        枕元で家族が集まっていることが音や声でわかれば、少しは心強い最期になるのではないかと思います。

        あちらへ行く時には、それを確認できるのでしょうね。

        トピ内ID:8334932318

        閉じる× 閉じる×

        >涙 さん、お心遣いありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        アイアン
        私と弟にとっては、ぎりぎりまで父が意識があったらしいこと、弟家族の到着を
        待ってあの世に旅立ったような終わり方だったことが、なんというか、しみじみ
        よかったなと思えるようなことだったので、まぁ、それなりに送り出せたとは
        思っております。

        それに、私の子供達も、弟の子も、いや私自身、人が死ぬ瞬間に立ち会ったのは
        初めてでしたので、父はいい経験をさせてくれたのだと今も思います。

        ちなみに、残された母は、現在90を超えてなお元気です。

        父の死後、私と同居する筈が、私の妻だけでなく人付き合いそのものをいやがり、
        首都圏の私から1.000km離れたところで一人暮らしを謳歌しています。

        親戚が遠巻きにして様子を見てますが、それこそ天寿を全うするときに、そばに
        誰かいることになるか、あまり元気なので、逆に少々心配です(笑)

        トピ内ID:8028384006

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です

        しおりをつける
        blank
        こめこ
        皆様、通りすがりの者の質問に、丁寧に答えてくださりありがとうございます。特に大切なお身内の方々との親密なお別れの場面を書いて頂いたことを、感謝いたします。
        私自身は、親の死に目に会えなかったことへの後悔が少なからずあるのですが、家族との別れも、いろいろな形があるのだなと、読んでいて感じ入りました。
        勿論、大往生や、周りの人にとってもこれ以上は望めないという、理想的なお別れもあるわけですが、容体の急変や事故といった、予期せぬ死を迎えることもある。
        それを考えると、結局は、どう死んだか、ではなくて、どう生きたかがやっぱり、大切なのだな、と思う次第です。本題からはそれましたが、皆様からのレスを拝見して、そんなことを思いました。

        ちなみに私も、祖父の時に、お医者様から「耳は最後まで聞こえているから、話しかけてあげて」と言われたことを思い出しました。

        トピ内ID:4968616004

        閉じる× 閉じる×

        >お友達に会えたかな さん、ありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        アイアン
        >私が医師から聞いたのは、たとえ反応はなくとも、ふっと意識がもどることが
        >あり、言葉は聞こえている可能性は有ると言うことでした。

        前のレスにも書きましたが、父のまぶたは時折薄く開いていました。
        おっしゃるように、聞こえていた可能性が強いと思います。

        だからこそ「孫が着いたよ」と言われて、安心してあの世に行ったのだろうと
        思っています。

        >臨終 さん

        私の思い出話にすぎません。
        私の横レスはお気になさらないでください。

        トピ内ID:8028384006

        閉じる× 閉じる×

        母の場合

        しおりをつける
        blank
        しにあ
        昨年 97歳で逝った母、自宅で一人で頑張ってましたが、
        ある朝、急に気分が悪くなり 入院しました。

        母のお気に入りの孫 (私の息子) が海外から長男を連れて
        駆けつけた時はとても喜び、ひ孫の手を取り話し掛けたりした翌日、
        昏睡に陥り、入院一週間で逝ってしまいました。

        生前、人のお世話を良くしたので、皆さんがお別れに来て下さり、
        一時は病室がお見舞い客で一杯になり、ざわつくのを心配した姉が、
        病院のスタッフにお詫びした時に、言われた言葉は忘れられません。

        「 昏睡状態でも聞こえてますから、皆さんで楽しい思い出話を
        いっぱいしてあげて下さい、きっと喜んでおられますよ 」と。

        私も出発準備をしながら、スカイプで意識のない母に一生懸命呼び掛けました。
        待っててね と、聞こえていると信じてましたから… 。
        皆さんが少しづつ去り 家族だけになった時、静かに息を引き取ったそうです。

        医学的な根拠は何であれ、その場に遭遇した家族の必死の思いは本人に充分
        伝わっていると信じてます。

        アイアンさん、お父様はご家族に囲まれて安堵されながら 逝かれたと思いますよ。

        トピ内ID:9746238538

        閉じる× 閉じる×

        >しにあ さん、お言葉ありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        アイアン
        妙なタイミングですが、このトピを開こうとしたついさっき、私の母を遠巻きに
        している親戚のひとり、叔父(母の弟)が倒れたという連絡が来ました。
        ピンピンしてる私の母が病院に付き添っって行ったと、従兄弟から電話で
        聞きました。

        ふたりの年齢合わせると180歳です(笑)

        大正生まれの私の両親は兄弟姉妹が多く、高齢者の親戚がまだ何人かいるので、
        しばらくは、こういうお話が続きそうです・・・

        トピ内ID:8028384006

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        30件ずつ表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (1)

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る

          あなたも書いてみませんか?

          • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
          • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
          • 匿名で楽しめるので、特定されません
          [詳しいルールを確認する]
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0