詳細検索

    発言小町大賞2021
    発言小町大賞2021
    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    少子化の原因 男性の労働時間

    お気に入り追加
    レス170
    (トピ主9
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    腰痛持ち
    子供
    トピを開いていただき、ありがとうございます。
    30代女性、共働き、一歳の子供がいます。
    少子化の原因の一つとして男性の長時間労働が問題化されていると思いますが
    自分が出産して身をもってわかりました。
    私は出産するまでは子供は二、三人ほしいと思っていました。
    しかし今は、子供は一人で十分、子育てはもうこりごりです。
    主人は毎日終電で午前一時頃に帰宅します。そんな生活のせいか
    体調を崩しやすく、ほとんどの週末は体調不良で寝ています。
    私はフルタイムで働いており、平日は家事育児の全てを担っていて
    休日も上の通りほぼ一人でこなしています。
    両実家は電車で二時間ほどの距離で、まだ働いており、気軽には頼れません。

    周りのママ友さん達の旦那様がイクメンばかりでため息がでます。
    主人も本来はマメな性格で、子供を可愛がっており
    長時間労働でさえなければ、立派なイクメンになったと思います。
    しかし現状は子育てに参加したくても時間も体力もない状態です。
    主人は今の会社に入社するために大変な努力をしており、転職はありえません。

    子供は可愛いですが、夫婦ともども疲れきっています。
    今いる子供は責任を持って育てますが、二人目なんて考えられません。

    小町の子育てトピで、夫は激務のため頼れません、という文言を見かけますが
    その人の旦那様が激務じゃなくて頼れれば解決しそうなのに、と思う相談が多々あります。

    皆様は男性の長時間労働についてどう思われますか?
    少子化をなんとかしたいなら、社会全体で勤務時間を短くした方がよいと思いませんか?

    トピ内ID:6775458220

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 18 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 170 エール
    • 38 なるほど

    レス

    レス数170

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (9)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    30件ずつ表示

    私もそう思う

    しおりをつける
    blank
    みさき
    友人も、ご主人の過労が原因です。彼女はものすごく悩んでいます。

    私も、主人は仕事から帰るともうクタクタで、排卵の直前だけリポDを飲んでもらって無理やりしてもらっていましたが、不妊で、今治療中です。

    少子化の原因には、晩婚化、経済的問題と色々ありますが、残業がありすぎるのも原因の一つですよね。これはまぎれもない事実です。

    トピ内ID:0315957992

    閉じる× 閉じる×

    そういう社会を後押ししてる

    しおりをつける
    blank
    くものす
    トピ主さんは、男性の長時間労働の、全くの被害者のおつもりらしいですが、そもそもご主人をはじめとした、長時間労働に拘束されている人たちが、そういう環境を拒否すれば、企業は立ち行かなくなりますから、長時間労働なんかなくなってるはずです。
    要するに、ご主人は従犯とは言え、そういう社会を形成している一部ですよ。

    私の知る限りでは、子どもができたので家庭に割く時間を増やしたいという理由で、転職をした男性が何人もいます。
    そういう行動を起こす人が増えて、貴重な戦力を失う経験をした企業が増えることで、長時間の拘束の問題点に気づき、それを少なくしようという社会になっていくわけです。

    社会全体でなんとかしてくれ、自分は何もしないけど、という姿勢で、どれだけ社会が自動的に動いてくれるでしょう。
    少しでも、動く人が増えない限り、変わらないんじゃないかなと思います。

    トピ内ID:9408475686

    閉じる× 閉じる×

    おおごとにしすぎ

    しおりをつける
    blank
    >少子化の原因の一つとして男性の長時間労働が問題化

    そうなんですか?
    昔、過労死やうつ、サービス残業などが社会で問題視されていなかったころの方が労働時間は長かったと思いますが、そのころは少子化関係ないですよね。
    女性は大抵専業主婦かパート、終身雇用制により男性の収入は右肩上がりで、退職金も高額が見込めた時代ですから。
    さらに、そのころは両親と同居あるいは近居が多く、家事や育児を負担してもらえたというものあるでしょう。
    上記に関して言えば、少子化の原因は女性の社会進出が促されたことと、(主に妻側が夫側両親との接触を嫌い)核家族化が進んだためだと思うのですが。

    女性の社会進出を促すなら、男女両方に対する長時間労働への配慮はしてほしいと思いますが、様々な理由から独身を貫く方、子供は持たない方、専業主婦を選ぶ方、たくさんいます。
    生き方の選択肢が広まったことで、一律にどの生き方が良い・悪いということがなくなりました。

    トピ主さんの場合、夫が望んで長時間労働のある仕事についている(転職を希望しない)のだから、むりやり社会問題にするのではなく、まずは家庭内での話し合いが必要だと思うのですが。

    トピ内ID:3099889230

    閉じる× 閉じる×

    同感です。が、、、

    しおりをつける
    🐧
    ペンギン
    元激務OL、現在は某先進国で一児の母です。こちらは、分業が進んでいて、残業分は夜勤の方を雇っています。失業率が減り、親は早く家に帰れるというメリットがあります。ただし、残業がないということは稼げないということでもあります。こちらの人は、毎年流行の服を買ったり、こどもを塾に通わせたりお金をかけなくても、休日は家族でピクニックなどで充分楽しんでいます。冠婚葬祭で数万円のお金がかかるなんてあり得ません。でも、日本では実際に難しいのでは?入学式ひとつにしても、親子でスーツを買って、ランドセルを買って。。。こちらでは入学式もなく、1500円ほどのリュックサックで親子とも普段着で送り出しただけです。でも日本でそれをすれば、ランドセル業者や服屋が困るでしょう。入学式は一つの例ですが、結婚式その他にしてもそう。物が売れなければ経済は下がる。日本人はよく消費します。それだけお金もかかります。

    残業廃止だけじゃなくて、贅沢な生活を引き換えにして子供を望めるかどうかだと思います。ないならないで、楽しめますけど、今まであった物がなくなったり、まだ贅沢をする人がいれば、辛くなるんじゃないかな。

    トピ内ID:1475209213

    閉じる× 閉じる×

    どうでしょう?

    しおりをつける
    blank
    ゆう
    アラフォー男です。

    私は、日本の残業、長時間労働は無駄だらけだと思うので、そういう意味では労働時間を法律通りに運用することには賛成です。
    ただ、それが少子化対策になることはあまりないのではと思います。
    少子化の原因の主たるものは、晩婚化と収入に問題があるからだと思うからです

    トピ内ID:2724433482

    閉じる× 閉じる×

    短くなってほしいですよね

    しおりをつける
    blank
    すみれ
    元々海外から日本人は働き過ぎだって言われて、働くのは週40時間までと政府が決めたんです。
    でもサブロク協定を使う事によって残業させることが出来るという抜け道があります。
    そんなわけでなかなか週40時間が実現されないんですよね。
    夫が激務だと育児の負担も少なくなってしまいますよね。
    また、妻も激務の仕事の場合、会社から辞めるように言われたり、給与を下げられたりします。(私も実際体験してます)
    こうなると金銭的にもきつくなり、2人目、3人目なんて育てられないですよね。

    トピ内ID:5359861710

    閉じる× 閉じる×

    何で直結?

    しおりをつける
    🐷
    御目猪
    個人の家庭の事情が、世間一般と思わないことですね。
    市役所で働いている知人がいますが、子育てしやすいと言っていますよ。
    有名企業に勤めている友人は大変かと思いきや、男女とも子育てに積極的な職場だそうです。

    >周りのママ友さん達の旦那様がイクメンばかりで

    ほら、周りだって協力的でしょ。
    トピ主さんの家庭だけが大変なんです。
    結婚相手や、ご自身の働き方の摺合せの問題でしょう。

    トピ内ID:3105231997

    閉じる× 閉じる×

    自分で選んで文句言ってもね

    しおりをつける
    blank
    ランドマーク
    いい会社に入っても、あぶれてブラックに入っても結局長時間労働。
    ホワイト職は派遣も多く飽和状態で買い手市場で入ってるから仕方ない。
    方や作業系職は人が足りず、稼ぎが倍だったり。ほとんどが定時に終わるのに、作業仕事は嫌だと言ってホワイトを選んで夜中まで働き朝早く出てろくな睡眠もとらず自ら体を壊して転職、非正規で収入ダウン。
    しい職人になればいくらでも仕事あるし外で働いて健康的。中高年まで続けている人でも仕事が原因で体壊した人は思ったより少ない。

    イクメンって見ませんよ。それ公的関係の方では。

    トピ内ID:5764211934

    閉じる× 閉じる×

    変わらない

    しおりをつける
    blank
    みかん
    一因ではあるけれど、それだけが問題ではないので、男性の長時間労働が軽減されても、少子化からの脱却は出来ませんよ。


    逆に、少子化を解消する為に男性の労働時間を減少させればいいという考えは、傲慢だと思いますね。


    家族団欒やリフレッシュの為の余暇など、そういった観点から労働時間の軽減は必要だと思いますよ。

    トピ内ID:8888758544

    閉じる× 閉じる×

    ですよね

    しおりをつける
    blank
    あらら
    専業主婦やパート程度が当たり前だった時代は、夫の時間の無さを妻がカバーしていたのだと思います。

    妻も正社員で働く家庭が多くなってくると、夫の働き方も昔のままってわけにはいかないような気がします。

    それに海外で共働き当たり前の国って、夫婦の代わりにベビーシッターが子供をみてくれるのが当然になっているか、残業が少なく家庭での時間を確保できているように感じます。

    私も毎日夜11時~0時半に帰宅する生活をしていた時期がありますが、異常だと思います。

    生活のために仕事をしているのに、仕事のために生きているような状態では家庭は二の次、子供は無理となります。

    トピ内ID:5840732016

    閉じる× 閉じる×

    毎日1時?

    しおりをつける
    blank
    匿名希望
    旦那さんは毎日1時に帰宅なんですか?
    かなりの残業になると思いますが、労働基準法などは守られてます?
    18時に終業時間が終わって0時まで働くんですよね
    毎日6時間の残業ってちょっと考えられないんですけど
    もしかして通勤が遠いってことないですか?
    ちょっと大げさに書いてる気がします

    トピ内ID:1664072241

    閉じる× 閉じる×

    一部同意します

    しおりをつける
    blank
    オレンジ
    子育ては両親でするものですものね。
    理想はトピ主さんおっしゃる通りだと思います。

    でも。
    日本人の長時間労働は今に始まったことではなく、昔に比べたら多少改善されてるくらいに感じます。
    私自身は3人兄弟の長子なのですが、平日は父親に会えない日々でした。
    幸い?土日は家にいてくれる父親でしたが、周りは土日すら不在の父親が多かったように思います。
    それでも2人、3人兄弟は多かったです。

    自分が子育てしてみて、母親の家事育児の能力?に感心してしまいますね。
    トピ主さんは働いていらっしゃるとのこと、当時専業主婦の多かった母世代とは状況が違うとは思います。
    でも、今の女性は欲張りだという自覚もあっていいと思います。
    みんなが定時で帰れれば万々歳だけど、その分給料が下がってもいいのか、逆に限られた時間で成果を出せないことで降格などしてもいいのか、
    また逃れられない世界競争の中で競争力を失った場合に会社が倒産したりリストラにあったり…
    現実的なところに目を向け自分たちの裁量で変えられるところを変えていく方がいいと思いますよ。

    私はキャリアを選ばず、専業主婦で2人子育て中です。

    トピ内ID:0355817370

    閉じる× 閉じる×

    レスします

    しおりをつける
    blank
    ロード
    「24時間戦えますか?」の時代は、もうとっくの昔に終わっているんですよ。


    > 少子化をなんとかしたいなら、社会全体で勤務時間を短くした方がよいと思いませんか?

    まず、女性が「全力で仕事に取り組む」ことを始めたらいかがですかね?

    気合い入れて集中して全力で仕事に取り組んでいる女性は、希少種と言えるほど少ないのです。
    「辛くない程度に」しかやらないのが日本人女性ですから。

    「自分なりに頑張ってる」なんて言っている限り、良くなどなりませんよ。

    トピ内ID:3136748310

    閉じる× 閉じる×

    そのとおりです

    しおりをつける
    😉
    共稼ぎ妻
    男性の長時間労働は、家庭においては家事・育児を女性に押し付け、疲れた女性が仕事をやめたり、フルタイム勤務を諦めたりする要因となり、職場においても長時間労働を常習化し、残業できない育児・介護を抱えた人(これまた主に女性)が肩身の狭い思いをする元凶となってます。

    男性の家事・育児時間が少ないと2人目を産まなくなるというのは、統計上も表れてますよね。
    それなのに長時間労働をやめられないのは、働きたくない女性や、育児・介護を家庭に押し付けたい政府や、一労働者に長時間働かせたい企業にとって都合がいいからでしょうか!?
    男性の収入が下がるかもしれないし、女性も一生働く覚悟が必要ですが、私はその方がいいです。

    トピ主さんは毎日終電のご主人に何も言わないのですか?
    私は共働きで子供を産むにあたって、夫にも子供をお風呂に入れる時間に帰るよう言いましたし、「残業する人■仕事できない人」というのが我が家の合言葉です。

    そのせいか(?)お互い出世はしてませんが、リストラされない程度に働き、世帯収入は1000万超えてるので子供2人も何とか育てられます。

    トピ内ID:2050796959

    閉じる× 閉じる×

    え?

    しおりをつける
    blank
    今回も匿名にて
    >少子化の原因の一つとして男性の長時間労働が問題化されている

    後付けの理由じゃないですか?
    残業当たり前だった高度経済成長と第2次ベビーブームって結構かぶっているはずですよ?

    要因はもっと複雑にからむんじゃないでしょうか。

    トピ内ID:5448986397

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      では、その分の仕事は誰が?

      しおりをつける
      blank
      ミカ
      もう子供を産めそうもない子供ナシ独身更年期女性にやらせろとでも。
      会社には正社員を増やす余力はないし、パートを雇ったとして、そのパートさんはパートの給料と福利厚生では子供なんか産めませんね。

      育児ができるような職種に転職しないのはご主人の選択でしょ。
      周りはイクメンばかりという事なら社会の問題ではなくて夫婦の問題。

      そんなに激務で転職をする気もないくらいならそれなりの収入があるはずですよね。お金で解決できないのですか?
      いくら少子化だからって、何でもトピ主さん中心に周っていません。

      トピ内ID:2209611029

      閉じる× 閉じる×

      ドンブリ勘定のツケが来てるだけ

      しおりをつける
      blank
      ライオネット
      少子化については、私はあまり考えていません。
      人口が減ったら減ったで、あらたな生活方法を見出しながら
      政治などを色々変えていけばいいと思います。

      まず人口が減ったのはなぜかというと、
      科学が発展し、文化が進んできたからですよね。
      家族の生活形態の変化もあります。

      昔はみな農業や漁業など、地元に密着して生活してきました。
      子どもは重要な働き手となっていました。
      だから子を何人も産んで、生活を整えていたのではないでしょうか。

      でも現在は違います。多数の人は企業や会社に勤め、母親も働いています。
      核家族化も進んでいます。

      なのに 「少子化」 ?

      ・・当たり前のことじゃないかと思います。

      私の夫も毎日帰りは遅く、今日(日曜)だって昨日だって会社で仕事です。
      帰りだって早くて22時。遅いと主さんちと同じ午前1時すぎです。
      一人で子育てしてます。
      でもだから何? そういう生活を選んだのは自分たちですから何とも思いません。

      少子化少子化って世間は騒ぎすぎだと思います。
      だって当たり前の現象だから。
      親世代以上が先を見通さず、今までどんぶり勘定だったのがそもそもの原因でなんでしょうよ。

      トピ内ID:9029935667

      閉じる× 閉じる×

      今の働くお母さんは大変・・

      しおりをつける
      🐷
      肩ロース
      一部の企業は少子化問題を受け止めて子育てする社員が働きやすい環境を整えているようですが
      今の日本じゃまだまだ理解の無い企業がほとんどでしょうね。
      その中で、男性の労働時間を減らそうとすると、世帯の収入が下がる上に企業側の理解が得られるでしょうか?

      そういえば、日本の国の予算って高齢者支援がズバ抜けて高いですよね、子育て支援は物凄ーく少ないのに。
      そこの偏りを整えてもらえたら、社会的に子育て支援が充実するんでしょうね。
      30年後には1人の若者が1人のお年寄りを経済的に支えなくてはならないとされているので
      子供を増やす事は自分達の将来にとってプラスであるとお年寄り達も理解して欲しいですね。
      と言ってもこういうのってすぐには改善してくれそうもないので・・


      選択肢の一つとして親世代と一緒に住むという事は考えられないですか?

      夫婦共働きで出生率が高い県は3世帯家族が多いんだそうですよ。
      反対に東京は婚姻率が一番高いのに出生率は最低で
      託児所が少ない上に共働きで核家族が大多数なのが原因らしいです。

      トピ内ID:2655105335

      閉じる× 閉じる×

      同意します。

      しおりをつける
      blank
      共働きの妻
      長距離通勤と長時間労働が大きな原因だと思います。
      男女6時間で夫婦で12時間が基本だったら救われる人が多いだろうと思います。
      毎日終電だったらデートの機会も減って、少子化だけでなく未婚化にも繋がりそう。

      とはいえ、バブルの時代はなんであんなに遅くまで働いてガンガン遊べてたんでしょう。
      (まぁ、家庭は放ったらかしでしょうけど)
      あの時代の男の人のエネルギーすごいなぁ……。

      トピ内ID:6268306986

      閉じる× 閉じる×

      うちはイクメンです。

      しおりをつける
      ふふふ
      今、ドラマで木村拓哉さんが息子の運動会の練習に付き合ったり、親子遠足に行ったり、バーベキューをしたりする父親を演じていますが、主人もそんな感じです。
      それが出来るのは、主さんの所のように残業が無いからです。
      睡眠をよく取り、疲れをとらないと育児の質は
      落ちますね。

      トピ内ID:3269904224

      閉じる× 閉じる×

      残業レスに移行した経験から

      しおりをつける
      blank
      よいでしょう
      残業レスなどの労働時間短縮は、経験したものでないと非現実的に見えるので、一般に問うても、無理だ無謀だと言われるだけで、納得のいく答えはなかなか得られないと思います。

      さて、旦那様の職場が残業レスに移行した場合、残業代ゼロを受け入れることになりますし、今以上の効率化が求められます。夜1時まで残業しないと結果が出せない旦那様の場合は、転職を余儀なくされるかもしれません。残業レスに移行しても、職場が求めるアウトプットに変わりはないので、高効率化に対応できない人が脱落するだけだからです。つまり、極端な話、残業レス職場に移行しても残れる方なのであれば、心がけひとつで今でも残業レスで帰ることができるというわけです。環境は何も変わらず、残業ができなくなるだけですから。
      勤務時間短縮というのはそういうことだという認識を持ってみると、見え方も変わってくると思います。

      トピ主様のご質問に対して、残業レスを経験した立場から言えることは、そんなところでしょうか。

      トピ内ID:6086752659

      閉じる× 閉じる×

      じゃあバブル期は?

      しおりをつける
      blank
      ポピーシード
      トピ主さんはまだお若い方でしょうか。
      長時間労働が問題なら、バブル期はどうしたのでしょう?

      男性の長時間労働が単に問題ではなく、共働きが問題なのではないかと思います。
      もしトピ主さんが専業主婦ならそこまで疲れませんよね。
      保育園代もかからないし。

      トピ内ID:5115779921

      閉じる× 閉じる×

      一因ではある

      しおりをつける
      💄
      もも
      高度成長期はなんて言う人いますが、時代は変わったのに、と言う事ですよ。

      もちろん収入が減ったことが大きな原因で、昔は一本柱で大丈夫だったので男性は長時間労働でも女性が家にいるので問題なしでしたが、現在共働きでないと子供を複数人持てない程度の収入しか得られないのに、旧態依然として、社会全体的に男性が家事育児をする意識がなく長時間労働を強いられている、結果として女性に負担がかかる、共働きを望まない→金銭的に一人が精一杯、共働き→負担が大きすぎて産んでも一人がせいぜい、となっていると思います。

      共働きさんの働き方が主流になっていくと思うのですが、子持ち共働きは出世しない程度に働き、独身男性女性が徹夜残業もいとわず働き出世していく、と。

      昔は、男性、女性で区切られていた働き方が、今後、既婚未婚で区切られていくのではないでしょうか?
      もちろん一馬力でばりばり働きたいという人は、育児はせず徹夜残業もいとわず働くのも可ですし。


      ただ業績が傾いた時に夫婦そろって首を切られるという恐れもあるので難しいところですね。

      トピ内ID:5225672752

      閉じる× 閉じる×

      私も不思議です(日本人の長時間労働)

      しおりをつける
      blank
      きなこ
      ヨーロッパの男性と結婚した友達が何人かおりますが
      その旦那さんがいつも「日本人はなぜそんなに残業するの?」「なぜ就業時間以降に働くのか理解できない」「そんなにする仕事ある?」と質問されます。
      私も有給が取りづらい職場に勤めていますが、彼らと話していると、何故日本はこんなに長時間労働が当たり前とされているのかだんだん不思議になります…レスにも何人かの方から「そういう職種を選んだんだから同然」みたいなレスありますもんね。いやいや人間らしい時間で働くってそんなにわがままな要求かな?みんなもっと文句言っていいんじゃない?と私は思ったりしますが…
      日本人の国民性?日本には資源が少ないから?それともレスにあったように日本人は娯楽等消費が多いから?
      だれか、理由が分かる方いらしたら純粋に教えていただきたいです。

      トピ内ID:6435159047

      閉じる× 閉じる×

      ワークライフバランスは大事ですよね。

      しおりをつける
      🐴
      はてさて
      今が過渡期なんだと思います。
      高度成長期の専業主婦当たり前の時代から、女性もフルタイム労働当たり前の時代になり、いろんな軋轢が生じていますよね。

      男性の労働時間が長ければ、フルタイムの女性が育児と家事労働全般を担わなければならない。
      それで2人目を考えるなんて無理無理、というトピ主さんの指摘は本当にそのとおりですよ。

      では、その分の仕事は誰が?なんて的外れな指摘をしている人もいますが、
      正社員は長時間労働で子供を育てる時間的余裕がない、非正規社員は低賃金で子供を育てる金銭的余裕がない、じゃにっちもさっちもいきません。
      定時で帰るのが当たり前な社会に、早くしないといけませんよね。

      1. 長時間の残業を前提とした給与体系を見直すこと
      2. 個人の生産性を上げること
      3. 雇用を増やして仕事をシェアすること

      など課題は山積ですが、企業間の競争の結果、今の長時間労働があるのですから、市場まかせにしていれば改善は見込めません。
      公の介入も必要だと思いますね。

      トピ内ID:9841533270

      閉じる× 閉じる×

      妊娠・出産・育児ランキング

        その他も見る その他も見る

        給料上げる方が効果的だと思う

        しおりをつける
        blank
        ケバブ
        おそらく労働時間を減らしても子供は増えないと思います。
        とある業種にいますが、そこの人たちは夫が割と収入の高い方ですが、その分家には帰れません。
        仕事の期間は拘束時間も長いです。(ここが一般的な単身赴任と違う)
        家にいるときといないときの差が激しく、いないときは何日どころか月単位で不在です。
        休みも長く、ずっと家にいます。
        不在の間、家を守るのは奥様の役割。
        専業主婦率が高いです。
        夫の手助けどころか、ほぼ母子家庭状態。トラブルがあっても奥様一人で対処。大変です。
        その為、奥様の実家付近に居を構える家庭が多いです。
        この状況で、結構お子様が多い。
        会えない時期がある為、刺激にもなっているようです。
        ずっと顔を突き合わせているより、多少会えない時期があった方がいいのかもしれません。
        お金とメリハリそれが重要なようです。

        トピ内ID:5545427731

        閉じる× 閉じる×

        変えられない前提条件が多いと取れる対策はなくなる

        しおりをつける
        blank
        セイウチ
        > 主人は今の会社に入社するために大変な努力をしており、転職はありえません。

        これを絶対的な前提とすると言うことは
        「俺の夢や生き甲斐のためには妻子が犠牲になることは仕方がない」
        を肯定すると言うことなのですが、それで良いのでしょうか?

        凡人が幸せを掴むには、何かが突出した状態よりもいろいろなことのバランスが取れている事の方が重要です。


        今は何とかトピ主さんが頑張っていますが、もしトピ主さんが倒れて長期入院とかになったら
        旦那さんは否応なく職場を離れざるを得なくなるでしょう。

        そういう事態になる前に何とかしないと八方塞がりの悲惨な状況に陥りかねませんよ。

        トピ内ID:6397858706

        閉じる× 閉じる×

        いくつかまとめて

        しおりをつける
        blank
        今回も匿名にて

        >高度成長期はなんて言う人いますが、時代は変わったのに、と言う事ですよ。

        ええ、「時代が変わった」中身を含む複合的な影響であって、
        長時間労働を明日からやめたら、1,2年後に出生率が上がるわけでもないでしょう。
        その根拠として、長時間労働が今以上に当たり前だった頃でも出生率の高い時期があった、と申し上げました。

        >日本人は娯楽等消費が多いから?

        私見ですが、日本人は「もしも」への備えをしたがるからじゃないでしょうか?
        失業への備えとか教育費とか老後資金とか、お金を貯める理由を見つけ、
        老後や病気の心配で保険を契約しまくる。いくらあっても充分とは思わないでしょう。

        トピ内ID:5448986397

        閉じる× 閉じる×

        そう思いたくもなる

        しおりをつける
        🐤
        ももも
        私の周りは結婚しても“授からない”夫婦が多いです。

        どこまで本当かはわかりませんが、行為自体する気力も体力もないと。

        また行為とデキるタイミングが合わないと。

        トピ内ID:7891961916

        閉じる× 閉じる×

        少子化の原因は一つではない

        しおりをつける
        😍
        豆電球
        この手のトピで、トピ主が「〇〇が少子化の原因ではないか」と問題提起すると、
        必ず「いや、それは違う。××が原因だ」と否定してくる人がいますが、
        今の日本の少子化の原因は複合的で、〇〇も××も一因であるケースが多々です。
        全ての人に共通の少子化要因などないのに、バカみたいと思って読んでます。

        >ポピーシードさん

        もう何年も前から、専業主婦の方が子供を産む数は少ないですよ。
        少子化とはつまり税収減の問題です。
        ですから、自分が納税者を降りた分、兼業主婦より一人は多く子供を産まねばならないのにそうせず、
        無納税で公共サービスにタダ乗りし放題(専業主婦の夫も配偶者控除分、他の納税者に負担をかけてきた)
        だった専業主婦は、少子化=納税者減の大きな要因の一つです。

        さてさて男性の長時間労働ですが、私も少子化の一因だと思います。
        専業主婦だって、夫が早く帰って子供の面倒を見てくれたり子作りの機会があれば産む可能性は高まるでしょう。
        お金が足りなくとも、夫の協力が見込めれば共働きできます。

        ま、残業代を当てにする男性&その妻がいる限り無理でしょうね。

        トピ内ID:2728215773

        閉じる× 閉じる×

        男女共同参画の阻害要因だとは思うけど

        しおりをつける
        🐶
        部下T
        男性の長時間労働は、男女共同参画の阻害要因だとは思うけど、少子化の要因ではないと思う。
        むしろ、男性の労働時間短縮から男性の所得低下に繋がったら、そっちの方が少子化は進みそう。
        少子化対策はとにかく、若年男性にカネを持たせるしかないと思っています。

        トピ内ID:3082024812

        閉じる× 閉じる×

        住み込みのメイドさん

        しおりをつける
        🐤
        manao
        フィリピン人のオンライン英会話の先生と
        子供の夜泣きについて話していたら、
        「うちは24時間住み込みのメイドさんがいるから、
        子供の夜泣きで私が困ったことないわ~」とおっしゃっていました。

        そりゃあ子供2~3人いても働けるわ!って思いました。

        日本でもいろいろ問題はあるでしょうが、
        それに似たシステム(シッターとか)を使う人が増えれば、
        需要のある業態として使いやすく成長していくんではないでしょうか。

        託児所増やすのもいいけれど、
        送り迎えとか、大変じゃないですか??

        トピ内ID:0085795416

        閉じる× 閉じる×

        長時間労働は悪徳

        しおりをつける
        blank
        働けるママ
        私はタイトルの通りに思っている兼業主婦です。
        そして、上場企業の管理職、年収は男性並みにもらっていますが、超過勤務無しの激務とは程遠い状態です。

        仕事が出来ない人ほど、労働時間は長いです。

        旦那様が転職する必要はありませんが、今の仕事で激務をする必要もないです。
        能力があれば、時間を短縮できる業務もあります。
        (接客、サービス業では難しいですが)


        会社も、無駄に人件費や管理コストを払うくらいならば、短時間で成果を出してくれた方がいいと思います。

        男女問わず、時間をかけないと結果を出せない事に問題があるのだと思います。

        トピ内ID:1974181220

        閉じる× 閉じる×

        旦那さんの問題では

        しおりをつける
        blank
        tora
        人によって働き方、仕事に対する考え方は自由です。
        実際、周りの旦那さんはイクメンなのでしょう?
        それは、場合によっては残業を断るなど思い通りに働けない、あるいは忙しい職場は避けるなどの犠牲があってのことかも知れません。
        貴方の旦那さんは育児よりも仕事をとったから手伝えないのです。
        育児の方が大事なら転職したり育休取ったり残業を断るなど仕事を制限したりするものです。

        欧米だって忙しい仕事など山ほどあります。
        育児がしたい人はそういう職場を選ばないだけでしょう。

        旦那さんが忙しくて育児に参加できないことよりも、育てるお金が無い人が多いことの方が問題だと思います。

        トピ内ID:3864222950

        閉じる× 閉じる×

        手を打っても変わらないと思う

        しおりをつける
        blank
        ほくそM
        労働だなんだ給料が~とか、そこを改善出来ても効果は小さいでしょうね。
        結婚するに至らなくなったことが、大きな要因なんですから。
        子供を産める状態にするためには、結婚する男女が多くなくてはなりません。
        未婚化が進むにつれて、少子化になるのは当然でしょう。
        結婚しない男女が増えたのは、自然っちゃあ自然なのかもね。

        トピ内ID:7163315846

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です

        しおりをつける
        😀
        腰痛持ち
        こんばんは。皆様、お忙しい中、レスをいただきまして
        本当にありがとうございます。トピ主の腰痛持ちです。
        小町が唯一の息抜きの私にとって、こんなに多くのレスを
        いただけたことが本当に嬉しいです。
        またエールのポチを押していただいた方、誠にありがとうございます!
        会社帰りの電車の中で泣きそうになりました。
        きっと私なんかよりたくさんがんばっていらっしゃる方々かと存じます。

        さていただいたレス一つ一つにお礼のお返事をしたいところですが、不器用で体力が無い為
        まとめてになってしまいます。申し訳ございません。

        ・同意、または一部同意、というご意見について
        ありがとうございます。長時間労働をやめれば則ち即、少子化が解決するわけではないと
        私も思いますが、一因として認めていただけて嬉しかったです。

        ・おおげさ、あなたの家庭だけ というご意見について
        確かにおおげさでした。申し訳ございません。ご指摘の通り少子化の原因は複雑で
        晩婚化や経済的な問題が大部分かもしれません。長時間労働は原因が20個くらいあるとしたら
        原因ランキング19位くらいでしょうか(笑)。

        トピ内ID:6775458220

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(9件)全て見る

        トピ主です2

        しおりをつける
        😀
        腰痛持ち
        ・高度経済成長期ではもっと長時間労働だったが多産だった、というご意見について
        話が少しそれてしまうかもしれませんが、私は共働きですが、一番大変なのは
        専業主婦で複数人を子育てしていらっしゃる方だと思っています。
        確かにフルタイムで働いて帰ってきてから子供の面倒を見るのは疲れるのですが
        本当は休みの日に一日中子供といる方が疲れます。
        あの休みの日のぐったり感が毎日続く生活をがんばっていらっしゃる専業主婦の方は
        本当に素晴らしい!尊敬します。
        実は私の母がそうです。母からあなたは働きながら子育てして大変ね、と言われますが
        いやいや、専業で何人も育てた方がすごいですよ!と恥ずかしいから言えないのですが
        いつも思っています。
        そこで質問なのですが、高度経済成長期のお母様方は何故たくさん子供を産んだの
        でしょうか?経済的な問題がなかったにせよ、子育てもうこりごり、と思わなかったのでしょうか?
        夫の協力が無かったのに・・・。どなたかお分かりになりますか?
        しかし私はなぜこんなにも母性というか根性がないのか、と毎日思ってます。
        そういった精神的な強さの違いでしょうか。

        トピ内ID:6775458220

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(9件)全て見る

        トピ主です3

        しおりをつける
        😀
        腰痛持ち
        ・夫の残業が多すぎる、転職した方がよい、というご意見について
        主人についてですが、とても頭が良い人です。知識も豊富です。
        私から見てということです。のろけてすみません。
        また、勤め先は大変知名度が高い会社で、主人とは比べ物にならないくらい
        優秀な方が多いそうです。でも皆さん残業で終電コースとのこと・・・。
        おそらくですが仕事量が多すぎるのかと思います。
        さて、転職しない理由ですが、主人が好きで働いてるのもありますが
        他部署に異動すれば残業が減るらしいのです。今は一番忙しい部署にいるとのこと。

        トピ内ID:6775458220

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(9件)全て見る

        トピ主です4

        しおりをつける
        😀
        腰痛持ち
        ・・・本当は二人目が欲しいんです。
        あれこれおおげさに書いてしまい申し訳ございませんでした。
        あなたが選んだ道でしょう、と言われればおっしゃる通りです。
        自業自得ですよね。
        私は二人目はあきらめるつもりですが、将来子育てがひと段落したら
        二人目が欲しいのに難しい状況の方の力になれるようなボランティアが
        できたら、と思っています。ファミリーサポートよりもっと気軽に利用できるような
        近所のおばちゃんみたいな。

        トピ内ID:6775458220

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(9件)全て見る

        トピ主です5

        しおりをつける
        😀
        腰痛持ち
        ペンギンさんへ
        ペンギンさんはどこの国にお住まいですか?
        教えていただいた内容は私の理想です。
        収入が減っても今より消費できなくても社会がそれが当たり前だったら
        幸せだと思います。
        いただいたレスにありましたが、長時間労働がなくなれば収入は減るでしょう。
        しかも労働時間が減れば、仕事ができる人に仕事は集まるものなので
        一部のエリートと多数の貧困という構造になってしまうかもしれません。
        今でも格差社会と言われているくらいですからね。
        やはり私が言うことは今の日本では絵空ごと、夢物語なんでしょう。

        トピ内ID:6775458220

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(9件)全て見る

        同意です

        しおりをつける
        blank
        ベラ
        同意です。海外では~、というと叩かれるかもしれないけど、欧州某先進国で10年以上働いていた私もそう思います。日本でやっていた職種と同じ職で某国で働いたけど、労働時間が約半分で給与は同じか、レートによって1.2倍ぐらいありました。そして休暇は日本の倍以上あった。仕事量は格段に少なく、長時間労働に身を捧げるのが美徳という考え方もなかったですね。その職種、教職でしたが、それでもその国の子ども達は普通に、すくすくと育ってちゃんと学力もついていました。

        今は夫と日本在住ですが、夫は外資系勤務。夜7時過ぎには帰ってくるので育児に取り組む時間は毎日あります。有給も何週間もとれます。そして給与は年収2000万以上あります。日本の職場の長時間労働はやっぱり何か間違っている(無駄が多すぎる)し、その中でずっと働いていると「(みんな残業してるのに)早く帰れない」とか「有給とったら周りに迷惑かける」など、個人がマインドコントロールされていくのが問題だと思います。仕事のできる管理職が率先して、効率よく仕事切り上げて早く帰る、などのモデルを示して部下に徹底すれば変わるのでしょうか。

        トピ内ID:7286309970

        閉じる× 閉じる×

        法律で縛るしかない

        しおりをつける
        blank
        あいうえお
        1社だけでは無理。定時で全て男性社員も帰宅なら、給料を減らし、人を多く雇わねばなりません。

        その会社には優秀な人は応募してこないでしょう。

        トピ内ID:9421751201

        閉じる× 閉じる×

        連投すみません住みこみのメイドさんとか

        しおりをつける
        💄
        もも
        よく海外の制度をあげる方いらっしゃるんですが、例えばその国は、日本のように一億総中流といわれるようなお国柄なんでしょうか?

        日本で住みこみで24時間メイドを雇う…

        費用が想像できないです。

        上流、下流が別れているような国の制度を参考にしても、日本では無理だと思います。
        またそういう社会ではなくても、通貨の違いで、日本人相手に働けば破格の利益がでるのかもしれません。

        ベビーシッターは虐待などの事件も多数報告されているのです。
        口のきけない子供を子供に対して愛情のない大人と二人きりにしておく…怖くないですか?実の親だってイライラして手をあげそうになる事もあるのですから、どうして他人がにこにこと相手できるでしょう。

        働きたいという気持ちだけでなく、もちろん子供に対して愛情があるのが親です。だからこの時代でも退職する人が多いのです。子供がいないと想像できないかもしれませんね。


        今日本ができる事といえば、やはり長時間労働の是正と、晩御飯の宅配くらいでしょうか。共働きだと晩御飯の準備が大変ですからね。

        トピ内ID:5225672752

        閉じる× 閉じる×

        カネを持たせるなら、男性だけでなく女性にも

        しおりをつける
        😍
        豆電球
        >むしろ、男性の労働時間短縮から男性の所得低下に繋がったら、そっちの方が少子化は進みそう。

        こういう「長時間労働しないと低所得」という慣習そのものが間違いなんですよ!
        「男女共に定時内で仕事量が収まり、かつ生活するに足る給与が得られる」がまっとうなんです。

        「生活するに足る給与」は一人分+子供の養育費半分で十分です。
        しかし専業家庭では「妻と子供複数人の生活費」まで全て夫が給与として得なければならず、長時間勤務が慣習化してしまった。

        でも、夫は妻の分の税金は払いません。むしろ、配偶者控除分、独身時代より夫の税金は減りました。
        これがつまり「少子化=納税者減=専業主婦(家庭)が大きな一因」のカラクリです。

        夫も妻もそれぞれが定時勤務をし、「生活するに足る給与」を得て、各々がきちんと納税すれば、
        子供が大幅に増えずとも、少子化=納税者減はある程度解消できます。
        専業維持費は兼業維持費(保育所等)の税金の数倍ですから、非常に有効です。

        男女が同じ教育を受けても男性だけがカネを持てるシステムは、女性の教育の無価値化を意味し、少子化的にも抵効果です。

        トピ内ID:2728215773

        閉じる× 閉じる×

        働けるママさんに大賛成、部下Tさんに大反対

        しおりをつける
        🐤
        ウニ
        私も管理職になりまず着手したのは、残業の廃止でした。
        自分が三人の子を育てる中で、いかに男性社員(特に専業主婦を妻に持つ人)が
        無駄に仕事をしているかを時間を(妻のPTAと同様)痛感したからです。
        結果、私の部署の業績は社内トップになり、
        ちょうど社も三六協定に頭を悩ませていた時期だったので
        導入できる部門では「原則残業禁止」が通達されました。
        生活残業していた人たちからは不満もありましたが、
        「残業は無能の証、そんな無能者に大人二人分の給与を払う余裕は社にはない。
         生まれた時間を家事育児に費やし奥さんにも働いてもらいなさい」と言いました。
        家事育児のできない不器用者は苦労してるかもしれませんが、
        全社的には離婚率・離職率が下がり、結婚数と子供の出産数が増え、男性社員の育休・時短も浸透し、
        中高年社員からは介護がしやすい、独身者は自己研鑽に時間を使えキャリアップしやすい、
        など非常に好評です。社ももうすぐ業界トップです。
        所得は時間ではなく、能力と功績に連動して上下すべきです。
        その当然の考えと、仕事家事育児の当事者意識を持たない多くの日本人が少子化を生みました。

        トピ内ID:5491959813

        閉じる× 閉じる×

        どうだろう?

        しおりをつける
        🙂
        ちゃちゃこ
        「長時間労働が」要因の一つだとは思うのですが、そこに「男性の」とつくと、にわかには同意できません。

        昔高度成長期の頃のサラリーマンは、今の激務とは比べ物にならないような勤務時間の人も大勢いたと思いますが、そのころの出生率は今よりも高いですよね。
        それは女性が専業主婦が大半だったからだと思います。

        問題なのは「男性の長時間労働」ではなく「夫婦合算労働時間の長時間化」ではないでしょうか。

        トピ内ID:7939399733

        閉じる× 閉じる×

        豆電球さんに一票

        しおりをつける
        夢の中へ
        少子化を言葉通りに”子供が少なくなること”と捉えると、その原因はやれ晩婚化だ、やれ女性の社会進出だ、やれ男性の給与低下だと多岐に渡るけど、”納税者が少なくなること”と捉えるとわりとシンプル。

        ズバリ、子供を増やす増やさないに関係なく、継続就業(納税)を続けさせること。

        子供を増やさない男女に特別な支援は不要。が、実は少子化にちゃんと貢献している。納税者を辞めても子供を二人程度しか育てないとか、その子達を専業主婦(夫)にしてしまう専業主婦(夫)よりはずっと。

        子供を増やす男女には、継続就業支援を。これに反対の人たちはすぐ保育所への税金を槍玉にあげるけど、実は一人が成人になるまでにかかった&死ぬまでにかかる税金と換算したら、圧倒的に継続就業の方が社会はお得。実際、継続就業支援を手厚くした自治体の方が出生数が多いデータも出始めている。

        若い男にカネを持たせるなど絶対やっちゃダメ。そのカネ目当てに女がろくに勉強も仕事も納税もしない時代が、この借金大国を生んだ。今後は専業主婦(夫)が増えても税収が減らない(独身時代の税金や社会保険料を配偶者が払う)仕組みならいいが。

        トピ内ID:7019547306

        閉じる× 閉じる×

        腰痛持ちさんの意見をとうしてあげたい

        しおりをつける
        🐧
        絹子
        今の60歳代以上のおじさまやおばさまたちが、
        飽きるぐらいの旅行三昧をしていて、
        支えている世代が、ここまでしんどいのは、疑問です。

        それに、今の時代、専業主婦ってセレブというイメージもあって、

        それならば、紳士淑女であるならば、若い世代を助けてあげないと。
        優しさで。

        現実問題、企業の上の上の方々、競争社会にも子育て支援してほしい。
        激務になるなら、もっと雇用してほしい。

        企業の上の方々に、若い柔軟な考え方の人が増えてほしい。

        トピ内ID:4698622429

        閉じる× 閉じる×

        ほんとですよね

        しおりをつける
        🐤
        ぴよ
        本当に同意します

        こんだけ人生や家族を犠牲にして働いて、結果はGDP世界27位ですよ……どんだけ構造的に効率が悪いのかと泣けてきます。

        ちなみに残業時間が1番少ないオランダは、GDP12位
        二位のカナダはGDP15位
        日本は資源がないから…というなら同じく資源のないシンガポールはどうでしょうか?GDPは9位にもかかわらず、制度として長時間労働はできないように規制されているそうです。

        みんな日があるうちにお父さんもお母さんも家に帰り子どもとごはんを食べ、夕飯の後にちょっと出かけて人生を楽しんでいる間に、日本人は家族バラバラでへとへとになりながら仕事仕事……にもかかわらずGDPはかなりかなりかなり低いという……涙涙です。


        人間としての能力は国によってそれほど大きく差はないと思うので、やはり教育や価値観(結果を出す人よりも頑張った人を評価するなど)、同調圧力や責任をとりたがらない横並び主義など社会価値観や構造を一気に変えないとこのままずるずると働いても働いても最貧国という悲惨なことになりそうですね。
        まあ、そうなると優秀な人はどんどん海外に行ってしまうので拍車がかかるんでしょうが。

        トピ内ID:0882669290

        閉じる× 閉じる×

        過去に関する私見

        しおりをつける
        blank
        今回も匿名にて
        >高度経済成長期のお母様方は何故たくさん子供を産んだのでしょうか?

        日本人って、付和雷同的ですよね。

        おそらく当時は、専業主婦が当たり前で、まわりも子だくさんだった。
        自分たちの親はもっと多産だったのだから、2人くらいじゃまだまだ、
        という感じだったのでは?
        向こう3軒両隣の協力も得られたし、ご近所の子ども同士で遊ぶこと、
        つまり保育園や学童的なコミュニティが自然にできたのでしょう。
        あと、娯楽も限られ、子作りを含む、家庭内での時間もそれなりにとれたのかもしれません。

        時代が変わり、共稼ぎが当たり前で、核家族が当たり前になった。
        自分の親も生んだのは2人くらいだったし、物価も上がったのでせいぜい1人、
        隣は何してるか得体が知れない人ばかりで頼ることもできず、
        公的な性格のところに預けるしかない。でも、おいそれと空きもない。
        なんとかもぐりこむと、よその子との違いが気になり、無理やりママ友コミュニティに入ろうとする、
        時間があればネット利用、情報過多で考えることいっぱい、というのが現状ですよね。

        これを労働時間だけで解決するのは難しいと思います。

        トピ内ID:5448986397

        閉じる× 閉じる×

        年収300万未満の男性と結婚したい女性は何したって増えない

        しおりをつける
        🐶
        部下T
        年収300万未満の男性と結婚したい女性は何したって増えない。
        これが現実だと思いますけどね。
        労働時間が短くなろうが、継続就業しやすくなろうが、女性の所得が増えようが、これは変わらない。
        男女が結婚しなくなったら、いくら継続就業してても子供は増えない。
        何十年かすれば結局、納税者もいなくなる。だからやっぱり少子化は大問題。
        だとしたら若年男性の所得を上げる政策が必要という結論になります。

        トピ内ID:3082024812

        閉じる× 閉じる×

        夫婦ともに残業が少なく、通勤時間も少ないのが理想

        しおりをつける
        blank
        usagi
        子育ては大変だけれど、夫婦ともに定時に帰れて通勤時間も少なければ、家庭で使える時間は増えると思う。奥さん一人が家事育児を担って更にフルタイムで仕事もしなければいないのは大変だけれど、夫婦で家事育児を分担したらなんとか出来ると思う。

        結婚しない人が増えたのが少子化の原因というのもあると思うけど、結婚することを強制はできない。

        ならば結婚した人がもう一人でも多く子供を産んだほうがいいと思う。

        通勤時間を少なくするためにも、地方に企業を誘致して地方を活性化させて欲しいと思う。地方に企業が増えたら、それに付随して飲食業や販売業も活性化すると思う。

        トピ内ID:7288011701

        閉じる× 閉じる×

        選択肢の多い世の中の方がいい

        しおりをつける
        blank
        ミカ
        >一部のエリートと多数の貧困という構造になってしまうかもしれません。

        トピ主夫婦は格差が開く程有利になる自信がありますものね。

        弱者ばかりが優遇され過ぎて頑張っている人が損をする世の中は嫌だけど、一部の勝ち組ばかりがあまりにも優遇されて負け組はとことん底辺に追いやられる世の中も嫌です。

        私は独身で子供はいませんが体力に自信がないので、収入も福利厚生も低くても残業のない非正規に転職しました。
        お金より時間を取ったのは私の選択です。

        誰だってお金も時間も(子供も)欲しい物は何でも手に入れたいですよ。

        本当に恵まれている人は複数手に入るかもしれません。
        ですが日本人全員が手に入るわけでないのなら、国が介入することではありません。
        全てを手に入れる人が増える分、全てを失う人が確実に増えます。

        一番欲しいのは時間か、お金か、子供か、選択できる世の中であって欲しいです。

        トピ内ID:2209611029

        閉じる× 閉じる×

        なぜ少子化か

        しおりをつける
        blank
        くん兄
        >1人の女性が産む子どもの数の指標となる去年の出生率は1.42で~

        本日、ニュースで見ました。
        最近まで勘違いしていたのですが、この統計って未婚者を含んでいるそうですね。
        既婚者でみる出生率をみれば、2人位が平均になるらしいです。
        出生率の数値を下げている要因は、結婚しない人が増えたことでしょう。
        働き方云々等ありますが、少子化なのはやっぱり結婚しない人が大きな要因です。
        男性の労働時間は関係なく、出生率を上げるには未婚者を減らすことでしょうね。
        ちなみに東京都の場合は、居住スペースが広くとれれば子供の部屋ももう一つ作れると思います。

        トピ内ID:8462360402

        閉じる× 閉じる×

        実現不可能すぎます(カネの出所を明確に)

        しおりをつける
        😍
        豆電球
        >年収300万未満の男性と結婚したい女性は何したって増えない。

        ではお聞きしますが、年収300万未満の男性に持たせるためのカネはどこから用意するの?
        今以上の長時間労働をさせる?それとも年収300万未満相当の能力しかない人に
        「若い男だから」というだけで給与を多く与えよと?そのカネは企業が負担?
        それとも税金から?それは誰が納めたカネ?

        あのですね、年収300万同士の夫婦なら世帯年収600万だから十分子育てできるんです。
        それはイヤ、育児は専業でしたいから高収入の夫じゃないと、なんて我が儘に充てられる国庫はとっくに尽きてるんですよ。

        厳しいようですが、年収300万未満NG、共働きNGという怠け者には
        子供を産んでもらわなくて結構なんです。他の方もレスしてくれましたが、納税者を降りて
        健康なうちから税金の世話になるほど少子化を悪化させることはないんだから。

        大丈夫、最近の若い子たちはほとんどが共働きで子供も恐れず産んでいます。
        私のいる環境はほとんどが高所得者同士で偏ってはいるけど、
        そういう能力の高い子たちが子供を増やしてくれれば日本はまだ安泰。

        トピ内ID:2728215773

        閉じる× 閉じる×

        おもてなし国家の代償

        しおりをつける
        blank
        POS
         異様な長時間労働と低賃金は、世界一親切で安全、サービス大国の代償と言えます。ホリエモンの最近の言ですが
         Q:日本は労働時間世界一なのになんで給料減ってくの? フランスは日本と同じ生活水準で労働時間は半分なのに。
         A:みんなが安く真面目にサビ残とかで働いているから日本のサービス水準は保たれている。フランス並の労働時間になったら”おもてなし”なんて無い。牛丼の値段は3倍になる。

        さすがです。その結果が少子化です。未来を犠牲に今の享楽を貪っているのです。ちなみに各国のマクドナルドのビックマックを価格を購買力平価に使うビックマック指数という統計があるのですが、最新の数値(2015年初)ではスイス、888円、北欧で600-700円、アメリカで564円です。

         これだけ安く働かせて文句を言わないこの国の国民、私自身を驚きです。性格なのでなかなか、変わるのは難しいでしょうね。ある程度法律で縛りを入れる - 強制的な休暇制度、賃上げ は必要だと思います。あるデパートの幹部がこう言ってました。クレーマー対応を一切拒否すれば、皆1時間早く業務が終わる、と。

        トピ内ID:5259424739

        閉じる× 閉じる×

        少子化の原因として主なものは

        しおりをつける
        🐶
        いぬずき
        男性の収入が減ったからだと思うのですが。。

        それにより、先行き不安から結婚しない男性が増えたことによると思います。

        残業は前からあったと思いますよ。

        それより、旦那さん毎日遅いのでは大変でしょう。
        早く帰れる様になさることをお勧めします。

        トピ内ID:7114754338

        閉じる× 閉じる×

        長時間労働と言うけど・・・

        しおりをつける
        blank
        通りすがり
        長時間労働と言っても、実際には内容は薄いんですよね
        じゃ、なぜ長時間なのか?といえば、
        1,賃金体系的にそういう構造になっている。だから、今勤務時間に関係なく成果に応じた裁量制にしたらどうか?と言われている。
        とにかく、長時間勤務する者に多く報酬が支払われる生き残り制で、体力のある男子、稼ぐ必要のある世帯者、体力のある若者が長時間勤務する構造。
        2、本当に残業しているのか?という疑問も。好景気の時は接待名目で豪遊して帰宅が遅くなることも許容されていた。要するに、帰宅して妻子の面倒を見たくないから外で時間をつぶしているだけ。奥さんにはサビ残だとか言って、実は寄り道しているだけ。パチンコ店が繁盛するのもその需要が大きい。
        3、昼間に顧客対応など対外的な業務をして、残業でその内部処理をする構造。要するに一人二役をこなしている。これを増員して役割分担すれば残業はなくなるが、同時に仕事量が減少した時は余剰人員が倍増するリスクを抱える。

        トピ内ID:0284929968

        閉じる× 閉じる×

        ダラダラ残業は仕事が出来ない人、企業です。

        しおりをつける
        blank
        ジャージー
        決められた勤務時間に仕事がこなせないのは企業にとって大損失です。それを少子化の原因にするなんて笑止千万。

        激務、激務って口にする人がいますがどんな内容の激務なんでしょうか?
        そういう残業が下手に多い人や企業に限って、不必要なダラダラした生産性の無い会議や実働が非常に多い。

        まず計画性無くダラダラと人を働かせてる会社なんて今後存続できないでしょうね。

        少子化の原因ですが、

        女性の社会進出と人生の選択肢が増えたからです。

        若者層の貧困化も原因とされていますが言い訳にしか過ぎません。

        また昔の様にお見合い結婚が激減したのも大きな理由です。

        晩婚化。それに加えて子育てに興味が無い大人になり切れない大人が多すぎる。子供を持つのはカッコ悪い、出産してスタイルが悪くなりたくないなど。

        現在の世の中は時間も金も全て自由に使える独身生活を謳歌している人が本当に多いんです。子育て、結婚、そして相手の家族や親の面倒を看る事からなんとか逃れようとして結婚までに至らないケースも多い。

        計画性の無いダラダラ残業会社なんて辞めるべきです。

        トピ内ID:5956070316

        閉じる× 閉じる×

        日本人の労働は生産性が低い

        しおりをつける
        blank
        元日本人
        少子化との関係は把握していませんが…。

        日本の雇用慣行・賃金体系は大卒ホワイトカラーでも管理職でなければ残業に対して割増賃金が支払われるので、仕事を効率よく進めてさっさと終わらせるよりダラダラと長引かせた方が報酬が多くなります。

        また、最近増加した非正規雇用を除けば終身雇用・年功序列労働慣行は堅固で、超エリートでなければ「転職=負け組」として扱われ労働力の流動性が低いので、長時間労働を強いる職場から逃げ出せず、「ブラック」「グレイ」企業が淘汰されません。

        ですから成果主義に基づく裁量労働制を政府が提唱しても結局「残業代ゼロ法」としか世間は受け止めないのも無理からぬところがあります。

        残念な国です。

        トピ内ID:2072047603

        閉じる× 閉じる×

        確かに一理あるかも

        しおりをつける
        blank
        あんず
        一例として私の会社ことですが、基本的に残業はありません。勤務時間は8時~17時か9時~18時です。
        結婚している人は子どもが2~4人居ます。
        特にお給料が良いわけでは有りません。
        通勤時間も全員が1時間以内で30分以内の人がほとんどです。
        勤務地は東京東部と埼玉南部です。

        トピ主さんのおっしゃるとおり、時間は子育てに重要なのだとあらためて思いました。

        トピ内ID:3863364975

        閉じる× 閉じる×

        男性に棄てられないように従うしかなくなる

        しおりをつける
        blank
        薄荷
        >若年男性の所得を上げる政策が必要という結論

        若い男性の所得だけを意図的に上げるということは、「他の誰かの所得を下げる」ということ。すなわち、働く女性の所得や子供に教育費がかかる時期の中高年の所得が下がったりするわけです。

        するとどうなるか。

        まず、女性は独身・シングルマザーとして自立していく道がなくなり、「棄てられないよう男性の顔色を伺って生きていく」しかない。こういう話をするとすぐ、不仲になる前提で結婚を考えるなんて!という感情論が脊髄反射的に出てきますが、そんなのはうまくいかない結婚生活だってあり得るという現実から目を背けているだけ。
        現実は、相手や環境の変化や突発的問題の勃発により、結婚生活の継続が難しくなることだってあり得るのですから。その時に「自立の道もある」のと「理性的に虐げられようとも我満して夫にすがりつくしかない」のとでは全然違います。選択肢は多いほうがよいのです。

        また、今自分が若い世帯だから「若い男性の所得が高ければ~」と言っているんでしょうが、自分たちが中高年になったときに所得を大幅に下げられることまで覚悟しているのでしょうか?

        トピ内ID:3836881596

        閉じる× 閉じる×

        続き

        しおりをつける
        blank
        薄荷
        それ以前に、所得が増えたらそんなに多くの男性が結婚するのでしょうか。「増えた所得で自由を満喫したい」という人も多いと思います。ましてや、「自立できず結婚したくて仕方がない女」と「別に結婚しなくてもかまわない裕福な男」だったら、力関係は明らかです。女性は「どうか私と結婚してください」と頭を下げるような立場になってしまいます。

        適齢期の男性の所得が多くなれば女性は働かずにすむ、そうなってほしいから少子化問題とからめてアピールしよう!という目先の欲求(働かずに男の稼ぎで暮らしたい)にとらわれて短絡的な流れに走るのは危険だということです。
        気づいたときには、「女三界に家なし」という男性優位時代に逆戻り…となってしまいますから。

        トピ内ID:3836881596

        閉じる× 閉じる×

        なんでも周囲のせいにしますね

        しおりをつける
        blank
        タニシ
        私は少子化は、えり好みしている女性の問題も大きいと思いますよ。

        イクメンでイケメン、高収入の男性ばかり狙っているから、結婚できないんです。
        そのうち婚期を逃し、出産時期も逃します。

        私の妻は20代で共稼ぎ、妊娠中ですが、家事も完璧にこなします。
        もちろん私もしっかり働いています。

        昔は自動洗濯機もルンバもありませんでした。家事が楽になっているのに、さらにいいわけを探すつもりですか?

        長時間働いている男性のせいにされるのでは、たまったもんではありません。
        文句があるなら、同等に稼いで、家事くらいしっかりやりましょう。甘えるな!

        トピ内ID:0495234103

        閉じる× 閉じる×

        日本以外はどこもそんな感じです

        しおりをつける
        🐧
        ぺんぎん
        米英系、ヨーロッパ系の国々に住みましたが、残業しないし、日常生活であまりお金もかかりません。でも、先進国で少子化が進んでいるのは、トピ主さんもご存知だと思います。私は、少子化の一番の原因は、娯楽やイベントがありすぎるからだと思ってます。

        こういった言い方はなんですが、娯楽がない国では貧乏でも子供が多いです。子育てぐらいしか楽しみがないから。貧乏だった時の日本だってそうでしたよね。バブル期はお金の心配なんてなかったわけですし、一人増えたらいくらとか考える必要もなく、女性は専業主婦になって子育てだけに専念していられたのかなと思います。

        ベビーシッターですが、虐待などのニュースはよく日本で聞きますが、確率にすれば低いです。それに、日本は「家族」で育てることにこだわりますが、こっちの人はオープンです。早くから保育園に預けても、責められることも罪悪感を持つこともありません。仲がいいご近所さんに、子供を預けることだってあります。

        とにかく、日本では少子化の原因が多すぎるし、母親の負担が大きすぎると思います。少しずつ解決して欲しいですね。

        トピ内ID:9962078804

        閉じる× 閉じる×

        諦めないでほしい

        しおりをつける
        🐤
        カナリヤ
        日本在住。共働き正社員で、夫婦とも19時前には帰宅です。
        職場の風土が残業=無駄なので、必死で仕事を上げてます。
        帰宅後は、私が夕食の準備をしている間に、夫が子供の面倒をみるので分担できて楽です。
        子供が赤ん坊の頃は、毎日大量の洗濯物やお便り帳書き、たまに通院などもあり本当にヘトヘトでした。

        間違いなく男性の長時間労働は少子化の一因と思いますが、女性の遠慮がちな心理も助長しているのではと思います。

        〉本当は二人目が欲しい
        だけど今のままでは負担が大きすぎるって、旦那さんに言いましたか?旦那さんやその会社に遠慮して、二人目を諦めないでほしいです。

        私は夫や職場に言いました。
        夫には、望んで第二子を妊娠したけれど、また育休をくれと言い出せない。貴方は気楽でいいよね。
        休んでばかりでは職場に迷惑をかけるので、子供の送迎や病気の早退欠勤は公平に分担してもらいたい。
        夫婦は平等、自分の事は自分でやろう。言われて気づいたようです。
        職場では、突発的に休みますが引継ぎしますと説明して、皆が嫌がる仕事も率先して引き受けました。

        何やったって既婚子持ちは文句言われるんですから、開き直りましょう。

        トピ内ID:2485573215

        閉じる× 閉じる×

        もう、いいじゃないの~?

        しおりをつける
        blank
        倦怠
        少子化はもう手遅れなので、どうでも良いです。
        日本は、お金持ちしか子どもを育めません。ハッキリ言って、日本人は絶滅危惧種です。

        日本男性は、仕事、趣味、長男教、プライドをこじつけ、何とか面倒な育児から逃げたいだけです。
        日本人の男性優位思考から未だに離れられない女性自身も、出産、仕事、PTA、地域活動、介護、家事等、全てを暗黙のうちに、女性に義務化しているのが現状です。
        男性は、最近の世間体を鑑みて、日より見的に「お手伝い」を周囲に効果的に見えるようにしているズルささえ、感じます。

        男性の労働時間よりも、男性・女性の根本的な意識改革の方が大切ですよ。
        でも、やはり絶滅傾向は避けられないでしょうね~。やれやれ~。

        トピ内ID:8703922684

        閉じる× 閉じる×

        差別に満ちた政策

        しおりをつける
        🐶
        やまさん
        >だとしたら若年男性の所得を上げる政策が必要という結論になります。

        偏見や差別に満ちた政策ですね。
        同一労働同一賃金が世界的に提唱される今でも、同じ仕事内容での男女の賃金格差が糾弾されている日本をさらに悪化させるつもりでしょうか。

        たとえかつての専業主流時代に十分な出生率があっても、それは未来の税金から前借りして成り立っていただけ。
        その前借りの結果を今の若い世代がモロに被っているというのに、何も見えてないんですね。

        もう何年も前に、若き指導者が「一人でも多くの優秀な納税者を育む教育と環境を」を掲げた国は出生率が回復しました。
        似たような思考の国は多々あり、どこも出生率は日本以上、育児のしやすさや国民の幸福度も日本とは段違いです。
        それ以前は日本以上に男性優位だった国でも、です。

        男は稼ぐだけでいい、女は産み育てるだけでいい、という考えで少子化解決をした国など一国もありません。
        日本の少子化問題の解決は、この考え方に固執する人たちが邪魔してます。

        トピ内ID:4582726420

        閉じる× 閉じる×

        なぜ少子化か2

        しおりをつける
        blank
        くん兄
        >ならば結婚した人がもう一人でも多く子供を産んだほうがいいと思う。

        統計的には、結婚されている方の子供の人数は決して産んでいない訳ではありません。
        労働時間や金銭的理由で子供を断念という意見もありますが、全国的な話での統計上ではあくまで個人的な理由でしかないでしょう。
        実際幼稚園小学校等で一人っ子が多いのかと思いきや、全くそうでない現状を体感している人も多いはずです。
        少子化の理由は簡単です。
        豆電球さんのレスで分かるように、結婚するに至らない男女間での対立構造です。
        社会構造のせいにしたい人もいますが、男女で魅かれ合う要素の問題です。
        男だ女だいがみ合っている以上、少子化は当たり前でしょう。
        男性が追いたくなるような女性が増えないと、結婚までは程遠いでしょう。

        トピ内ID:4469724065

        閉じる× 閉じる×

        もう後戻りできない

        しおりをつける
        blank
        50代
        私が子供のころ、サラリーマンのお父さんたちは6時7時に帰ってきてました。
        職場が近い人なら5時台もあり。
        家族が一緒に夕食食べるのが当たり前。
        でもその当時、一般家庭は今よりずーっと貧乏でしたよ。

        平成の世でいう平均的家庭生活が、昔の何倍ものお金を使ってることわかってます?
        テレビも電話も一家に一台あるかないか、車に至っては高額所得者だけ。
        たらいで洗たくをし、ほうきで掃除をし、冬は綿入れを着込み、エアコンのない夏を過ごすことができますか。

        今、夫婦ともに長時間働かないと生活が成り立たないのは、それだけお金を使ってるからです。
        昔の生活に戻る覚悟なんてないでしょう。

        トピ内ID:2238102767

        閉じる× 閉じる×

        トピ主さん!

        しおりをつける
        spring
        ここで自分と反対意見の人間を説き伏せようとしても時間の無駄だと思います。
        このトピに参加してる人の数は人口全体で見たらほんの僅か。

        それよりも政府に個別に意見して下さい。
        そして選挙には参加して下さい。
        政治に関心無かったり、自分の身の回りの事にしか興味の無い人間に
        何を言ったって、残念ですが無駄だと思います。

        然るべき所へ意見しましょう。
        (私も意見する事があります)
        政治家の方達も提案された事を必要性が高いと判断すれば議論してくれると思います。
        日本はお年寄りばかりが意見を寄せるから、お年寄り主体の政治が出来上がってますよ。気付いてないですか?

        トピ主さん 私も女性です、応援したいです。
        子育て世代の男女が社会で子育てし易い環境になれば・・との思いです。

        少子化問題は今すぐに政策を整えなくても良いだろうという
        問題解決の先送りの考えによって起こった結果です。
        このままでは今の子供達が大人になった時、
        税金が増えた割には保障が少なく、お年寄りを支えるだけの人生に成り下がりかねません。

        意見していきましょう。

        トピ内ID:1520619891

        閉じる× 閉じる×

        労働時間ね…

        しおりをつける
        blank
        dif
        とある会社では20年前は、全員帰宅時間が23時以降。
        泊まりもしょっちゅー。

        だけど、残業内容申告の上、上司の許可制に変更したら
        半数は20時に半数は残業なし18時に帰宅。
        今じゃ、売上は倍増してるのに泊まりなんてないですよ。

        どういうことですかね…これは。

        少子化問題は、女性の社会進出、環境ホルモンによる
        生殖機能への影響(不妊)じゃないかな…。
        トピ主さんも会社辞めたら、2人目もありじゃないの?

        トピ内ID:4915241819

        閉じる× 閉じる×

        住み込みメイドさん

        しおりをつける
        🐧
        ペンギン
        海外では、お金持ちだけじゃないです。一般家庭では、移民や留学生や学生に一部屋貸して、家賃の代わりに家事育児を手伝ってもらうこともあります。あまってる部屋を貸すだけなら、お金はかかりません。主従関係ではなく、双方にメリットがあります。私も留学生時代に知人の紹介で、部屋と食事と引き換えにベビーシッターをしました。普通に払えば家賃は一部屋でも数万円、食費を入れれば10万超えます。それが、シッターといっても子供と遊んだり留守番するだけで、ゼロ。申し訳ないなあと思ってましたが、自分が親になると少しでも息抜きができるって本当にありがたいと思いました。労働力と採算があわなければ少し家賃をとるのもあり、自由です。

        残業の話にもつながりますが、残業を減らすということは、分業化が進むということ。シッターもいわゆる分業ですよね。日本にあふれるニートやフリーター、主婦、留学生だって労働力になります。フリーターには残業時間に簡単な仕事をしてもらうとか、住み込みじゃなくても、子育てベテラン主婦がシッターしたっていいじゃないですか。社会で子育てするってこういうことだと思います。

        トピ内ID:9962078804

        閉じる× 閉じる×

        うちの主人も激務です

        しおりをつける
        blank
        ももんが
        もうね、自宅に帰ってきませんから
        徹夜で泊り込みで、会社で暮らしています

        数年前に会社を辞めて、男3人で会社を立ち上げたのはいいけれど、お気楽な状況じゃないので、サラリーマンの時の年収を維持するには、徹夜でも泊り込みでもしないと無理なのだそうです

        なので、私は娘二人と過ごしていますよ
        もともと主人と同じDTPの仕事してましたが、今では家庭優先、子供優先のしがないパート勤めです

        子供が小さかった時は専業主婦で、子供たち二人の相手をしてましたが、夏休みなんて、非常に疲れましたよ

        主人の収入もよくて、毎日早く帰ってきてくれて、育児もしてくれる
        なんて、絵に描いた餅でしたね

        子供が自分でなんでも出来るようになり、意思の疎通ができるようになれば、また状況もかわってきますからね

        まだ1歳だから、ママべったりで大変かと思います
        でも、10年たってみると、小さかった頃のほうがよかった
        と思う時がくるかもしれませんよ

        トピ内ID:1112075435

        閉じる× 閉じる×

        まあ

        しおりをつける
        blank
        ロード
        『コツコツと』なんて言って、『ダラダラ』やることを賛美しているのが日本人ですから、労働時間数が多いのは仕方が無いでしょう。


        「結果を出すこと」よりも「コツコツやること」を上におくからダメなんでしょう。
        子供のころから「コツコツ」を否定するべきです。

        トピ内ID:3136748310

        閉じる× 閉じる×

        若い男が怠ける国に

        しおりをつける
        blank
        ちゅら
        >何十年かすれば結局、納税者もいなくなる

        そんな極端なことになるわけないでしょ。
        年収300万未満の男と誰も結婚しないのが本当でも(んなわけないと思うけど)
        年収300万以上の男と結婚する女は子供を産むんだから。

        >若年男性の所得を上げる政策が必要という結論

        部下Tさんってまともに働いたことないの?
        仕事に誇りがあれば、自分の仕事以上の金を得るなんて気持ち悪いのが普通だと思うのだけど。

        しかも「子供がいるから」「介護をしてるから」という負荷に対してではなく、単に「若い男だから」与えるって、、、
        ドS刑事の多部ちゃん風にバッカじゃないの、ですよ。

        でも、こういう思考回路で「専業主婦だから」というだけで育児や介護などもしてない人たちにまで
        膨大な金を与えてきた結果が、今の日本なんでしょう。
        そのお金は独身者や共働き夫婦が与えてたんだけどね(専業家庭の夫は控除で金を受け取る側)

        自分の仕事以上の金を与えられると、それを手放すのが惜しくなり、他人からの支えに鈍くなるのは専業主婦たちが証明してる。
        若い男だって同じだよ。単にガメつくなるだけ。

        トピ内ID:2510341544

        閉じる× 閉じる×

        ちがうよ

        しおりをつける
        blank
        おとこ組
        男性の所得を上げるといっても、低賃金がキツイと言っているだけです。
        別に男性を高所得にして、女性を従わせたいという話ではありません。

        >所得が増えたらそんなに多くの男性が結婚するのでしょうか

        年収300万の壁は、統計で出ています。
        年収400万位から、結婚したい結婚出来る現実味が出てきます。
        そもそも年収の話は男性が低いと、女性が結婚してくれないじゃないじゃないですか。

        >それとも年収300万未満相当の能力しかない人に

        これは昔しか知らない人の意見です。
        昔は逆に、能力以上の賃金を得られてた時代があったはずです。
        現代の、働いても稼げなくなってしまった状況を能力だけのせいにするのは酷です。

        トピ内ID:2757473936

        閉じる× 閉じる×

        対立する人は独身のままでいい

        しおりをつける
        😍
        豆電球
        >豆電球さんのレスで分かるように、結婚するに至らない男女間での対立構造です。

        私にそんな意図はありませんよ?どの箇所でそう捉えたのですか?
        結婚するに至らない男女が対立をしようと、どうでもいいことです。

        >男性が追いたくなるような女性が増えないと、結婚までは程遠いでしょう

        かつての完全分業で押し付け合うスタイルが、こんな思考回路を生んだんでしょうか。
        そうやって女が/男が悪いと対立したい人は、一生独身納税者を続ければいい。

        借金大国日本での問題解決は効率性が重要です。
        少子化は、独身者に結婚させるより、子持ち夫婦に次子を持たせる方がよっぽど
        低コストかつスピーディという試算があちこちで出ています。結婚促進策は効率性で著しく劣るのです。

        長時間労働は、大人が大人を養うために生まれた歪んだ慣習。
        (できれば定時内で)自活分を稼ぎ共に育児ができる、が男にも女にも最もまっとうでは?
        そこにあるのは対立ではなく歩み寄りです。

        最後に。薄荷さんに全文同意です。日本人は自立意識が低すぎます。
        稼ぐだけでいい/家事育児だけでいい…どちらも甘えすぎ!!

        トピ内ID:2728215773

        閉じる× 閉じる×

        高度成長期もサラリーマン家庭は少子化

        しおりをつける
        blank
        ごん
        > そこで質問なのですが、高度経済成長期のお母様方は何故たくさん子供を産んだのでしょうか?

        高度成長期に、サラリーマン家庭の多い地域で子ども時代を過ごしました。友達は一人っ子、二人兄弟が多く、3人兄弟は珍しかったです。今もサラリーマン家庭の多い地域に住んでいますが、今のほうが3人兄弟が多いような気がします。

        そして、父親の存在も今の方が感じます。私の子ども時代、学校の入学式等に参加する父親はほとんどいませんでしたが、今は多いです。休日に公園で子どもを遊んでいる父親の姿も今の方が多く感じます。

        すべて、私の感じたことで統計データがないので間違っているかもしれませんが、高度成長期ではサラリーマン家庭の出生率は低かったが、サラリーマン家庭の比率が低かったので全体の出生率は今よりも高かった。サラリーマン家庭だけをみると、労働時間が短くなり子育てをする男性も増えた結果、若干ながらも出生率は高くなった、というのが私の実感です。

        トピ内ID:9083392199

        閉じる× 閉じる×

        先ずすべきことは

        しおりをつける
        blank
        公幸
        女性で意見を統一することです。
        近年、女性の大学進学は普通になりました。
        しかし女子大生の中には、未だに専業主婦を希望する人が多いんです。
        高等教育を学んでいるのにもかかわらず。
        共働きを応援する社会にするのなら、多くの家庭が兼業世帯でないとならないでしょう。
        しかし実際は第三号で専業主婦優遇制度など、専業主婦が無くなりそうにありません。
        それと働く環境が整っていても、子供の為に仕事を辞める女性も多いです。
        結局辞めてしまうんじゃ、という意見もありますよ。

        トピ内ID:9751945309

        閉じる× 閉じる×

        私なりに思ったことを

        しおりをつける
        blank
        よいでしょう
        2015年6月4日 23:19のトピレスまで読みました。

        >高度経済成長期のお母様方は何故たくさん子供を産んだの
        高度経済成長期の子供の数は2人程度でそれ以前の4人程度と比較して半減している印象があります。
        さらに、妻も同じように働くと子供は一人に減る、というのは、自然かと。

        >でも皆さん残業で終電コース
        それでも、残業レスになると帰ることができる人が大半です。
        どうしても雑になるので仕事に対する満足感は減るんですけどね。

        >しかも労働時間が減れば、仕事ができる人に仕事は集まる
        仕事ができる人は優先順位付けと振り分け能力が上がりました。
        集まるけどすぐ分散しますよ。

        >収入が減っても今より消費できなくても社会がそれが当たり前だったら
        これは各家庭が考えることで社会全体の問題ではないと思います。

        と、解説はしたものの、労働時間短縮は本人の強い意志がないと無理ですから、今の旦那様には無理でしょう。
        大企業なら、そのうち残業レスの波が来るかもしれません。間に合うといいですね。

        トピ内ID:6086752659

        閉じる× 閉じる×

        能力のない人ほど長時間労働のせいにしている

        しおりをつける
        blank
        くん兄
        >少子化は、独身者に結婚させるより、子持ち夫婦に次子を持たせる方がよっぽど

        既婚者で子供のいる方は、平均で2人の子供がいる計算です。
        要するに既婚者の多くは、欲しい子供の人数は産んでいるのです。
        経済的余裕がなくても、3人欲しければ産む人は産みます。
        要するに結婚すれば、欲しい人数は産むものなんです。
        ですので、何かのせいにして産むのを躊躇している人は潜在的に少数です。
        よって結婚さえすれば2人は産む試算で考えれば、結婚してもらう方が効率的です。
        長時間労働が原因で子供が作れないというのは、単なる甘えでしょう。
        それに夜10時でも開いているショッピングモールを便利と思って使っている以上、長時間労働を否定してはならないでしょう。
        そもそも日本人の意識が低いとか少子化懸念は、高齢者が自分の為に心配していることです。
        少子化が問題じゃなくって、多すぎる高齢者が下の世代を当てにし過ぎたシステムを作ってきたことの方が問題でしょう。

        トピ内ID:3533436805

        閉じる× 閉じる×

        ちがいません

        しおりをつける
        😍
        豆電球
        >男性の所得を上げるといっても、低賃金がキツイと言っているだけです。

        低賃金は女性だってキツイのに、なぜ男性にだけ?という話ですよ。

        もし金を持たせる対象が「若い男性」ではなく「若い世代に」という提案だったら賛同者はいたと思います。
        結婚促進策に反対の私は「若い育児者たちに」なら大賛成です。

        繰り返しますが、少子化とは税金問題です。
        高齢者に集中している税金を若い世代に流す、税金負荷の大きい専業家庭への恩恵を廃止するなどで
        税制のアンバランスを是正すれば、今の出生率でも問題はありません。

        >昔は逆に、能力以上の賃金を得られていた時代があったはずです。

        同意です。夫が大の大人である妻を養う分まで得ていた時代です。
        そんな時代に戻ってはならない(税金負荷が大きすぎる)からこそ、
        男だけに金を持たせる施策などしちゃならないのです。

        もちろん、必死で働いても自活力さえ得られない賃金は是正すべきです。
        が、年収300万は十分な自活力。女性も同等なら豊かな生活を送れます。

        自活力を持つ気もなく高所得男性しか求めない女性は結婚しなくていいのです。

        トピ内ID:2728215773

        閉じる× 閉じる×

        多少は変わるかも?でも難しそう 1

        しおりをつける
        blank
        私も50代
        >50代様、一体どこにお住まいだったのでしょうか?

        うちの父は毎日午前様でした。東京で、大企業のサラリーマンでしたが職場が移動したため家からの通勤時間は1時間半。
        朝は7時には家を出て、夜会ったことはありません。友達の家も似たり寄ったりでした。

        洗濯機や掃除機はありましたけど、あとは同じような暮らし向きでした。

        長時間労働と贅沢な暮らしは比例しないんじゃないでしょうかね。効率的に働けば、短時間でも稼げますから。ただ日本ではそれは美徳とされないだけで。

        ところで私はアメリカに住んでいるのですが、先進国なのにここは出生率が高いんですよ。
        子供に対する手当等はほぼ無しにも関わらず、です。(保育園等1か月10万~20万はしますし、医療費も高いです)

        周りを見ていると、会社員でも仕事がフレキシブルな人が多いです。家で仕事してる人も多いし(うちの夫もそう)。12歳くらいまで子供をひとりにしてはいけないので、仕事の合間に学校に迎えに行き、お稽古ごとに送ったり、家に一緒にいたり。

        トピ内ID:9424450302

        閉じる× 閉じる×

        多少は変わるかも?でも難しそう 2

        しおりをつける
        blank
        私も50代
        ニューヨークタイムズ誌によると、
        1.働く女性の割合が高い国ほど、出生率が高くなる傾向がある 
        2.夫が育児を手伝わない国では、出生率が低くなる傾向がある
        3.子供が多い社会は、自由主義風の“フレキシブルな社会”か、福祉国家風の“優しい社会”のいずれかである

        そうです。

        トピ主さんが主張していることは、これに照らし合わせると合ってますね。2番目の問題ですが、夫が忙し過ぎて手伝えない。

        緩和されればもっと子供が増えるのか・・・?
        個人的には、多少は増えるかもしれないけれど、男性の意識も激変させる必要し、それには文化自体も替わる必要があるからなかなか難しいんじゃないかという気がします。

        トピ内ID:9424450302

        閉じる× 閉じる×

        養ってもらう前提の人は結婚に向いていない

        しおりをつける
        blank
        薄荷
        >そもそも年収の話は男性が低いと、女性が結婚してくれない

        それは養ってもらう前提の人生設計しかしていない女性の話でしょう?自分が300万すら稼げないのに自分を棚に上げて高望みしたあげく自業自得で結婚できないパターンの。
        その人たちの大きな勘違いは、「あなたの稼ぎがよければ結婚してあげてもいいわよ」と上から目線で、女性だけが選べる立場だと思っている点です。
        もっと年収がよくて条件のいい男性は、条件のよい女性を選ぶわけで、「上から目線の勘違い女性」など相手にしないことがわかっていない。基本的には、「同じレベル同士が結婚する」のが現実。であれば、世帯収入が300万では結婚は難しいが、共働きで300万ずつ稼いで家事育児が分担できれば十分やっていける、という現実的な道を考えるべきなのです。そのためには、長時間労働、長時間拘束という現状を改め、男女問わず家庭生活が営める時間に帰宅できるようにし、協力して家事育児できるようになることこそ有効な対策だと思います。

        意識改革は男女とも必要です。共に稼ぎ、共に家事育児をする。いいとこ取りはできない。という意識を持たねばならないのです。

        トピ内ID:3836881596

        閉じる× 閉じる×

        視野を広げる大切さ

        しおりをつける
        🐤
        ウニ
        ペンギンさんのレスを読んで、なるほど…と思いました。
        私は大企業の管理職なので、ついつい労働環境のことばかり考えてしまうけど、
        確かにそういう社会分業という解決策もアリですね。
        どうしても残業廃止が難しい部門もありますから。
        日本では家庭内だけで分業してきたから、俺稼ぐ人・私育てる人という感じで
        それぞれを一人で背負ってきてしまった。
        保育園に通わせるだけで「かわいそう」「親が育てないなんて」という陰口も、
        家庭内分業こそ正当という社会通念が背景にあります。
        でも、社会分業するようになれば、育児に社会の手を借りるのは当たり前、
        その分夫婦は仕事や税金を通じて社会に広く貢献する。素晴らしいことです。
        日本では、他人を家に住まわせることに抵抗のある人も多いかもしれませんが、
        子供たちが大人になる頃は、今以上の共働き必須時代。
        既成概念にとらわれず、視野を広げ柔軟に対応していく力は必要になりますね。
        長時間労働の解消・社会の分業の両側面から、子育てしやすい社会にしていくことは可能なようです。
        勉強になりました。

        トピ内ID:7420620914

        閉じる× 閉じる×

        少子化を悪化させる結婚を促進してはならない

        しおりをつける
        😍
        豆電球
        くん兄さんは「結婚させれば万事解決!」と思い込んでいるようですが、そんな単純ではないんですよ。

        結婚数や子供数を増やすだけではダメ。
        妻が納税者を止め、多大な税制恩恵を受けながら二人程度しか育てず、
        その子たちが親と同じスタイルを選ぶようでは、
        マイナスの税金を生み出す人間を増やすだけの、少子化を悪化させる結婚だからです。

        男性の所得が少ないから結婚できない、なんてのは単なる甘え。
        そんな自立意識や能力のない人たちの結婚は税金負荷が増えるだけなので、促進してはなりません。

        また、結婚促進より次子促進が効率的、というのが多くの有識者の一致した見解なのは、
        前者の阻害要因が多岐に渡りすぎていて、解決が困難だからです。
        次子促進の阻害要因は絞られていて除去しやすい。教育費や労働時間はその筆頭。
        理想数を実現した夫婦は30%未満なので掘る価値は高いですし、
        それらの阻害が低い夫婦ほど理想数以上を産んでいるデータがあり、
        次子促進に舵切りをした自治体では成果が出ているのに、
        「能力の低い人の甘え」と無視するなんて、少子化を本気で解決したいとは思えません。

        トピ内ID:2728215773

        閉じる× 閉じる×

        アンケート

        しおりをつける
        💤
        ねむねむ

        ≫要するに既婚者の多くは、欲しい子供の人数は産んでいるのです。

        ちょうど手元の育児雑誌に参考になるアンケートがあります。

        子供の理想の数は3人が1位で58%、4人や5人以上を合わせた「3人以上を希望」する人は全体の80%近くに。
        子供2人を理想とした人は20%しかいません。
        ただ、現実の子供数は1位が1人で50%、2位が2人で41%だそうです。

        多くの人が2人目、3人目を希望しながら、壁を感じていると書いてありますよ。お金の理由が大きいけど、自分も働きたくても夫が激務で無理とか、激務同士の共働きで無理という意見も載ってます。

        私の周りでも、2人目や3人目を躊躇してる人は多いです。経済的余裕がなくても産む人は産むけど、産めない人は決して少数派ではないです。

        産みづらい、育てづらいと感じる人の率が日本はとても高いそうですが、そんな人たちはみんな甘えてるんでしょうか?その原因を挙げたら「何かのせいにするな、能力のない人め」なんて人のいる社会だから、少子化が進むんだと思います。

        トピ内ID:3593149854

        閉じる× 閉じる×

        女性の意識改革は無理

        しおりをつける
        🐶
        部下T
        女性の意識改革ができるなら、若年男性の所得対策は不要です。
        が、そんなことできますか?
        意識改革が必要なのは年収300万の女性だけではないのですよ。
        年収600万の女性だって、やっぱり年収300万の男性とは結婚したくない。
        女性の多くは、相手の男性に一定以上の収入を求める、その意識を改革できますか?
        男女逆ではこうはなりません。
        女性は年収階層ごとの既婚率に大きな差はないけれど、男性の年収300万以下の既婚率は大幅に低い。
        だから、若年男性の所得が上がらないと結婚も出産も増えないのです。

        トピ内ID:3082024812

        閉じる× 閉じる×

        例をあげてみます

        しおりをつける
        🐶
        部下T
        年収600万男Aと300万男Bと、年収600万女性Cと300万女性Dがいるとします。
        AとDが恋に落ち結婚し、子供を2人もうけたとします。
        残ったBとDが結婚できない、これが今、日本特に東京で起きていることです。
        出生率が1程度で、適齢期の半数近くが未婚なのです。

        ここに少子化対策予算が300万円あるとします。
        私だったらBの所得がUPするようにその予算を使いますけどね。

        トピ内ID:3082024812

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です6

        しおりをつける
        😀
        腰痛持ち
        皆様、引き続きレスをいただきまして誠にありがとうございました。
        また、何回もレスして下さる方もいて、重ねて御礼申し上げます。
        中には「先生!」と呼びたくなるような方もいらっしゃいます!
        無知な私にご親切に色々教えていただいてありがたいです。
        今回トピを立てて本当に勉強になりました。

        さて、色々なご意見を拝見してますと、少子化は以下の二パターンに分かれるのでしょうか?
        1、子供を産むことに興味がない、産みたくない人
        2、子供を産みたいが何らかの要因で産まない人
        1は未婚化や娯楽など自由を求めることなどが理由でしょうか。
        2は晩婚化の一部の方、経済的理由、不妊、私が悩んでいる長時間労働もごく少数派ですがこちらですね。
        いただいたご意見で、1の方々の出産率をあげるより、2の方々の出産率を上げる方が効率的というものがありましたが
        確かにそうですね。
        子育てして実感しましたが、子育てはとにかく忍耐が必要で、元々産む気がない方を周りが産む気にさせる類のものではないと思います。

        トピ内ID:4651626644

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です7

        しおりをつける
        😀
        腰痛持ち
        あとは2の方々ですが、いただいたご意見で
        出生率には出産していない人も含まれるので、実際には出産している人は
        だいたい二人くらい子供がいる
        というものがありました。私は一人っ子が増えているんだと勘違いしていました!
        産みたい人は産みたい人数を産んでいるという方もいらっしゃいましたね。そうなのでしょうか・・・。

        トピ内ID:6775458220

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(9件)全て見る

        トピ主です8

        しおりをつける
        😀
        腰痛持ち
        さて、長時間労働の件ですが、今は過渡期、と書いていらっしゃる方がいました。
        私もそう思いました。共働きの方が増えて女性の社会進出が進んでいるスピードに
        男性の働きかたの変化が追いついていない、または一部の女性の意識改革が行われず
        女性は養ってもらうものと考えている。

        トピ内ID:4651626644

        閉じる× 閉じる×

        長時間労働を否定しない人の考えを知りたい

        しおりをつける
        🐴
        ルッコラ
        日本の長時間労働自体を否定しない人、その理由を教えてください。

        このトピでは、長時間労働を否定してる男性はいないようです。
        ダラダラ働きは能力がない証でしかないのに、会社に飼い慣らされすぎて、思考が停止してるのでしょうか。

        ダラダラ働きでもそれなりの金を得ないと女はえり好みするだろ、ですか?
        なんて情けない!金目当ての女となど結婚してやらない、くらいの気概はないのですか。

        そもそも経営者(その圧倒的多数が男性)が能力がないんです。
        非効率的に働く社員に無駄な残業代を払ってきちゃって。
        今や有名企業の多くが、残業分をボーナスから引くシステムを導入してます。
        さすが優秀な企業は違います。

        女性と思われる方からも、男は(長時間労働をしてでも)金を得るべきというレスがありますね。
        夫と子供から「父子の時間」を奪っても平気なんでしょうか。そんなに自分で稼がない金が欲しいですか。

        長時間労働は悪いが、解消しても少子化解決にはつながらないという意見なら理解できます。
        が、長時間労働自体をなんとかしよう、という男性の声が一つもないことが不思議でなりません。

        トピ内ID:4225808129

        閉じる× 閉じる×

        私の会社は男女間で賃金の差はありません

        しおりをつける
        🐱
        miki
        平均して男女で賃金格差があるって、当たり前のような気がします。
        そもそも女性の場合事務職を優先したり、大変そうな職には就きたがらないですよね。
        それでいて男女間の賃金格差を無くせって、どんだけ口八丁なんでしょうか。
        女性がやらない補てんを、男性が犠牲を払って長時間労働していると思うんだけどな。
        ちなみに私の会社は、多くの女性が男性並みの給料を貰っています。
        女性だって働く意志を持てば稼げるんです。
        ただ一つ問題がありまして、40歳過ぎて独身女性がもの凄く多ぅございます(汗)
        働く女性は、魅力あるのか魅力ないのか分かりません。
        女性が働くことで婚期を逃し、少子化に拍車がかかっている気がしてなりません。。

        トピ内ID:7188279486

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です9

        しおりをつける
        😀
        腰痛持ち
        海外でのご経験からのレスは大変参考になりました。
        先進国でも少子化対策が成功している例があるのですね。
        ワークシェアっていいですね。
        私も残業代はいらないので普通の時間に帰ってきてほしいです。
        日本においては長時間労働解消には公的介入がないと難しいとのことですが
        少子化対策が成功している国は労働時間に対する公的介入があるのでしょうか?
        無知ですみません。

        トピ内ID:6775458220

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(9件)全て見る

        トピ主です10

        しおりをつける
        😀
        腰痛持ち
        なぜ高度経験成長期の人がたくさん子供を産んだのか?という質問にお答えいただいた方、ありがとうございます。
        そんなに多く産んでない、という回答が多々あったかと思いますが、付和雷同だからとご回答いただいた方がいらっしゃいました。
        私も確かに付和雷同なんです・・・。
        周りにイクメンの方がいるから、自分は大変だとか、なんで我が家はこうなのかと、比較して考えてしまっていました。
        周りの旦那様が長時間労働の方が多ければ、そんなものだと考えて普通に暮らしていたと思います。
        お恥ずかしい話ですが、周りと比較して妬んでいたんです。反省します。
        どうも幸福を相対的なものと考えがちになってしまうので、周りに流されず絶対的な幸福を感じられるようになりたいです。

        トピ内ID:6775458220

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(9件)全て見る

        格差を助長している

        しおりをつける
        blank
        くん兄
        >「結婚させれば万事解決!」

        何が解決かは知りませんが、少なくとも結婚される方が増えることは土台としてはいいことだと思います。
        それと私の感覚では常識のある人間であれば、結婚はすべての人に開かれるべきと考えます。
        豆電球さんは自身の概念が強く、弱肉強食でモノを考えるようですね。
        ある意味、弱者を切り捨てたいようで。
        次子促進はその場しのぎの微増しか見込めず、やはり結婚する男女を増やすことの方が有益でしょう。
        それと少子化を悪化させる結婚とは、あなたは自分基準でしかモノを考えられず差別的な印象しかありません。
        有識者の一致した意見は、出産は促されてもう一人産む無責任な親はいないということです。

        トピ内ID:1442779031

        閉じる× 閉じる×

        国勢調査で

        しおりをつける
        😉
        くん兄
        >ちょうど手元の育児雑誌に参考になるアンケートがあります。

        参考になりません。
        国勢調査で確認すればわかりますが、1980年位から既婚女性の産む子供の人数は2人が平均です。
        そして少子化の大きな要因を、未婚化と晩婚化にあると結論付けています。
        解決策は、まずは結婚する人を増やすことです。
        長時間労働をどうにかしろというのは、各個人の問題でありその職場内で解決法を見出すことです。

        トピ内ID:1442779031

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です11

        しおりをつける
        😀
        腰痛持ち
        エールを押してくださった方や、子供を諦めないで、と書いてくださった方
        本当にありがとうございます。
        皆様のご意見を頂戴して、もう少し考えてみようかと思いました。

        トピ内ID:6775458220

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(9件)全て見る

        働かずにすむことしか考えていない人

        しおりをつける
        blank
        薄荷
        >年収600万の女性だって、やっぱり年収300万の男性とは結婚したくない。

        年収600万の女性はかなり稼げる方ですから、年収600万程度もしくはそれ以上の男性と結婚するでしょう。
        そこで「一千万超えでない男は嫌だ」とこだわって結婚しなくても、それは自由です。本人が年収600万に基づく所得税を納めて、自立しているので。

        共に家事育児が可能な、長時間労働のない社会にも関わらず、「自分が働かず、養ってもらう人生設計しかしない人」のために若い男性の所得を上げる必要はない。なぜなら、納税者が減るだけ&女性が自立できずいずれ男性に従うしかない男性優位時代に逆戻りするだけだから。

        それにしても、そこまでして、「若い男性の所得が上がれば専業主婦になれる、自分が働かずに養ってもらえることだけ実現すれば社会がどうなってもいい、そんな自分を国に優遇してもらおう」と思う人がいることに驚きです。

        そこまで、働かずにすむことしか考えない人が育てた子供が、将来、勤労や納税の義務を果たせるとは思えません。それでは意味がないばかりか、負債が増えるだけです。

        トピ内ID:3836881596

        閉じる× 閉じる×

        長時間労働には功罪があるということ

        しおりをつける
        🐶
        部下T
        誰も長時間労働万歳と言ってるわけではないでしょ。
        ただ、功罪があるということです。
        先のレスに書きましたが、悪い点としては、男女協働参画の阻害要因になっていること。
        ただ、長時間労働によって所得が増えているという功もある。
        少子化対策としては、私は何より所得対策が必要だと思っいますので、功の面も無視できないと思うのです。

        結局、時間がないから子供を持てないのか、お金がないから子供をもてないのか、どっちが多いの?ということです。
        私はお金だと思いますよ。

        トピ内ID:3082024812

        閉じる× 閉じる×

        ルッコラさん

        しおりをつける
        え~とタケシ
        >長時間労働自体をなんとかしよう、という男性の声が一つもないことが不思議でなりません。

        とても簡単なことです。
        男性も何とかしようとは考えたいところなんですが、女性の意思統一のなさが裏切られるんです。
        女性も働く意志があるのなら、男性も合わせます。
        そのつもりで行動しようとしても、働かない選択をする女性が多いんです。
        で結局、どっちなの?って振り回されます。
        そのことを女性に問うと、見事に男性に責任転嫁して自分の立ち位置を決めますよね。
        年収が低いとか、男の労働時間がとか、家事を男はしないとか。
        ルッコラさんも男性経営者の多数が能力ないと言い切ってます。
        女性は必ず、男のせいにして自分を守るんです。
        専業主婦にしても、「夫の希望で~」と自己防衛をした上で本意ではないみたいな言い方しますよね。
        女性の責任転嫁を止めれば、男ももっと協力的になれると思うんですけどね。

        トピ内ID:1705432847

        閉じる× 閉じる×

        もう諦めています

        しおりをつける
        blank
        ミカ
        単純に子供を増やしたいのなら多夫多妻制が一番効果があります。

        経済力があり器の大きな男性が5人の妻に子供を産ませる。
        健康で子供好きな女性が5人の男性の子供を産みそれぞれに養ってもらう。

        現実的に考えるとそんな世の中嫌なので、それくらいならもう少子化のままでいいです。
        団塊ジュニアの女性がもう出産ピークの年齢を過ぎているのだから、もう少子化対策は諦めて介護ロボットの研究等少子化でも切り抜ける政策に力を注いだ方が得策です。

        人口が少ない経済力のある国は多くあります。過渡期さえ乗り越えれば大丈夫です。
        受験戦争、通勤ラッシュ、休日に出かけるとどこも混雑でこれ以上人口が増えるのはもう懲り懲りです。


        >女性で意見を統一することです

        あのー同じ女性というだけで赤の他人と意見を合せるよりも、まずは夫婦で意見を合せたらどうですか。

        トピ内ID:2209611029

        閉じる× 閉じる×

        私も不思議だった

        しおりをつける
        blank
        ぴー
        私もルッコラ様と同じことを考えていました。
        小町の皆様は保守的な人が多いのかな。海外関係と仕事関係では、何時代の話を出してるの?と思う時があります。
        大企業ほど労働時間短縮を呼びかけていますし、夕方18時頃の電車に乗ると朝のラッシュ並みに混んでいます。もちろん男性もたくさん乗っていますよ。
        男性が早く帰ってきて家事や育児を手伝ってもらえたら女性もかなり楽になりますし、子供がいて仕事もすることもできます。母親はロボットではないのですから、今までのように男性が長時間勤務は当たり前、女性は仕事も家事も育児もなんて全てを押し付けられたら、これじゃ子供を持つなんて無理、と考えるのは当たり前です。

        ま、あとは必要悪なPTAやスポ少、町内会や子供会などの活動がなくなり、学費や習い事が安くなり、塾に行く必要がない教育になれば子供を生みやすくなりますよね~。

        トピ内ID:4110055150

        閉じる× 閉じる×

        2015年6月10日 8:54のトピレスまで読みました

        しおりをつける
        blank
        よいでしょう
        >1の方々の出産率をあげるより、2の方々の出産率を上げる方が効率的
        2の出生率を上げるほうが政策上簡単で、2の対策が1の呼び水になればということでしょう。1も重視していますよ。

        >私は一人っ子が増えているんだと勘違いしていました!
        両親の置かれた環境にもよると思います。私は、トピ主様のような家庭の子供は一人が多いと思いますよ。親の助けが借りられない人は二人目出産と同時に辞める(二人目の壁)、などもありますしね。統計データを細かく読み解くのは難しいですよ。

        >一部の女性の意識改革が行われず
        トピ主様は、労働時間短縮の意識改革ができていないために第二子を諦めている。
        トピ主様も、意識改革できない女性の一人なのですが、意識改革が解決策ですよ、と、言われても戸惑うだけで、それを促す具体策が欲しいと思うのではないでしょうか。

        部下Tさんは、残業レス施策の問題点に対する対案を示したと思っていますし、指摘された問題点は、考慮すべき点だとも思います。意識改革どまりの反対論よりは先に進んでいる気がします。
        ただ、低所得ではないだろう夫を持つトピ主様には、関係ない問題点かな、とは思っていますが。

        トピ内ID:6086752659

        閉じる× 閉じる×

        トピ主さんはやっと分かったようです

        しおりをつける
        blank
        くん兄
        少子化の原因が男性の労働時間と関係ないことを。

        >皆様のご意見を頂戴して、もう少し考えてみようかと思いました。

        結局は、気持ちの問題なんです。
        どんなに大変だって、子供が欲しい人はちゃんと産むんです。

        トピ内ID:8005124518

        閉じる× 閉じる×

        専業主婦になるのは理由があります

        しおりをつける
        😠
        夢はお嫁さん☆
        共働きで、子供が鍵っ子や学童にしてしまうことに懸念を持つお母さんは少なくありません。
        共働き家庭ほど、食生活の乱れが多くなるそうです。
        子供の為に、専業になる人も多いですよ。
        しかも働いてちゃんと稼ぐ能力がある人ほど専業になり、子育てに能力を発揮してます。

        トピ内ID:2953393962

        閉じる× 閉じる×

        私も同じ意見

        しおりをつける
        🐤
        hitomi
        >まずは夫婦で意見を合せたらどうですか。

        そっくりそのまま、トピ主さんに言うべきでしょうね。
        他人を羨んでないで、夫婦でよく話し合った方が。

        トピ内ID:7659558874

        閉じる× 閉じる×

        自分で稼ぐ選択肢を排除する理由は?

        しおりをつける
        blank
        薄荷
        >結局、時間がないから子供を持てないのか、お金がないから子供をもてないのか、どっちが多いの?ということです。私はお金だと思いますよ。

        そのお金を得る方法として「女性も働いて稼ぐ」という選択肢を考えないのはなぜですか。

        男性の長時間労働をなくせば、夫も家事育児できる。→妻が仕事を続けることが可能
        となるのに。
        (物理的に家事育児する環境が整っても家事育児をやろうとしないハズレ男性は論外。そんな相手は選ぶ必要なし。)

        女性も働いて家庭全体の収入を増やす、ではなく「若い男性の所得をあげて女性を養わせる」という道しか考えないのは、結局働きたくない、働かずにすむことしか考えないからでは?それもまた、結婚相手としてはハズレ女性で論外だと思いますが。

        トピ内ID:3836881596

        閉じる× 閉じる×

        考えは違えど部分的に良いと思います

        しおりをつける
        🐶
        sabi
        平日フルタイムで遅くまで働いて、休みの日は回復の為寝てばかりだったら週7日労働みたいなものじゃないですか。

        人の生き方として個人の自由ですが疑問を感じずにおれません。

        別に家事育児をやらなくても休みの日はもっと大人が自由を感じられる社会であってほしいな。単身者だって早く帰りたいのは一緒。

        独占的なシェアを持っている企業なら兎も角、お得感を競い合うような商売において商品が同等だったら原価が低い分ブラックな企業が有利。

        ホワイトでありながら勝つためにはより多くの工夫が求められる?なんかおかしいでしょ(笑)

        マトモな競争を実現させるための当たり前のルールが昔から求められていると思いますよ。

        昔は価格破壊なんていっていい気になっていてもそれが当たり前になったら行き詰るのは目に見えていたのにね。

        トピ内ID:7865645168

        閉じる× 閉じる×

        私は男性に守られたい

        しおりをつける
        blank
        サキ
        ちょっと偏った意見かもしれませんが、本能として男性は守りたい女性は守られたい性質があるのではと思っています。
        女は追われる方が上手くいく、と信じている人も多いですし。
        プロポーズにしても、言われたいと望んでいる女性は多いですよね。
        今現在、男女での差を無くそうと様々な意見が出ています。
        その後理想形が出来た時には男女の協力どころか、男女の距離がさらに広がりそうに思います。
        私は男性の労働時間が短縮されても、少子化が改善されるとは思いません。

        トピ内ID:1963691252

        閉じる× 閉じる×

        働きたくないなんて言ってないよ

        しおりをつける
        blank
        オレンジ
        本当に定時で上がれる仕事同士なら、喜んで私も働きます。
        そういう仕事を選ばなかった私の落ち度もありますが、現時点で残業無しには出来ない以上あとは夫婦の裁量です。

        また、残業廃止に賛成しない人なんていませんって。
        ただ現実的でないと言ってるだけ。
        能力があれば個人の裁量でレスにできるとの意見もありましたが、それでもやはり仕事の内容によりませんか?

        こんな話があります。
        とある有名企業で同期一の出世頭の男性がいます。
        彼のどこが優秀かというと、仕事の取捨選択だそうです。つまり嫌な仕事はキッパリ「NO」
        自分の出来そうなこと、結果の出しやすいことばかり引き受け実際結果を出す。
        きっと近くにいる人は仕事がやりにくかったり損な役回りをさせられたりもするでしょう。
        そういう人は能力が低いのかもしれません。きっと残業ばかりでしょうし。
        でも組織である以上誰かがやらなくてはいけない仕事ですよね?
        私は彼が引き受けてくれて感謝こそすれ能力が低いなどと言えません。
        彼にその仕事をやらせた上司や先の出世頭君にこそ責任があると思います。

        自分の仕事を押し付けてでも早く帰る人ばかりになるんでしょうか。

        トピ内ID:0355817370

        閉じる× 閉じる×

        国勢調査の結論は、少子化解決できない人達が出している

        しおりをつける
        😍
        豆電球
        くん兄さんの勘違いは、単に子供を増やせば解決、だから結婚数を増やせばいいと思ってる点です。
        国勢調査で原因を解明した気になっておきながら、
        いまだに何もできない無能な国と同じ短絡的発想です。

        少子化とは「子供が増えない問題」ではなく、「納税者が増えない問題」です。
        これを同一視しているのが、くん兄さんや政府。問題の本質を間違えていては、解決できっこありません。

        見かけ上結婚数が増えても、婚姻の瞬間から税金のマイナスが生じる専業婚は
        「子供が一人減った」と同様のカウントをせねばならない。
        夫も独身時代より控除分の税金が減るので、正確には「子供が一人以上減った」です。

        育つまでの約20年間、子供への税金はマイナスのみ。
        納税を始めてやっとマイナスを還元していけるわけですが、
        せいぜい10年程度しか納税せず専業婚をし、マイナスを生み出す存在に再転したら、
        社会の納税力は赤が増すばかり。つまり少子化の加速と同義です。

        弱肉強食云々ではなく簡単な足し算引き算の話です。
        また、少「子」化という言葉のマジックに騙されず、事の本質を見極める大切さの話です。

        トピ内ID:2728215773

        閉じる× 閉じる×

        男性の意見は統一できるのですか

        しおりをつける
        🐤
        ウニ
        >女性も働く意志があるのなら、男性も合わせます。

        読んでいるこちらが恥ずかしくなります。「女の意見はさておき、長時間労働への自分の見解」くらい書けないのでしょうか。この事実からもわかるように、男女関係なく自分の意見を持たぬ人が多すぎる。ないものを統一するなど、不可能です。長時間労働が長らく日本の慣習になってきたのは、主体性のない男性(男性全員に主体性がないわけではありません)が自分の脳で考えることを放棄してきた結果です。それは「家事や育児への主体性」も含む。「人として家事をするのも、父親として育児をするのも当然」という主体性があれば、効率の悪い長時間労働などしてられるわけがありません。勿論、背景には労働への主体性の低い女性の存在もあります。どちらか一方ではなく、どちらも等しく責任がある。が、いくら個々で「男性が~女性が~」と言い合いしていても、何も変わりません。変えられるのは、上に立つ者の才覚だけ。日本の90%以上を占める男性管理職が本気になれば、すぐ解決できるんです。女の私にもできました。しかし今も変わらないのは、低効率の長時間労働を是とする男性が多いという事実を示しています。

        トピ内ID:7420620914

        閉じる× 閉じる×

        参考にしないから駄目なんですよ

        しおりをつける
        💤
        ねむねむ
        ≫参考になりません。
        国勢調査で確認すればわかりますが、1980年位から既婚女性の産む子供の人数は2人が平均です。

        現在進行形で育児している親たちの本音を参考にしないから、本当は3人以 上産みたい80%の既婚女性が平均2人しか産めないんじゃないですか?

        結婚や出産には、いくつものハードルがあります。個人の魅力、経済力、価値観、縁、身体的事情、子供の好き嫌い…社会の力でその全てを超えさせることは不可能です。
        でも、既に子供を持つ人はそれらのハードルを超えてます。そんな好条件の人たちにもう一人産ませる方が簡単だし、お金も時間もかかりません。

        それに、”お金を与えなかったらできなかったはずの人たちの結婚”を増やすって、実はとても危険なのでは?
        自力では結婚すらできない人たちに出産や育児するお金があるはずないので、ずーーーっとお金を与え続けなきゃいけないですよ。
        生活保護の親子連鎖と同じように、そんな家庭で育った子供は金をあてにして結婚すればいいと考えるようになりますよ。
        見かけ上は結婚や子供の数が増えても、日本のお金はどんどん減り、今以上に堕落する人だらけになって、日本が沈みますよ。

        トピ内ID:3593149854

        閉じる× 閉じる×

        女性の所得が増えても結婚は増えないと思うから

        しおりをつける
        🐶
        部下T
        >そのお金を得る方法として「女性も働いて稼ぐ」という選択肢を考えないのはなぜですか。

        女性の所得が増えても結婚は増えないと思うからです。
        所得と既婚率の調査で、年収300万円の壁があるのは男だけ。
        女性の所得を結婚相手の条件にする男は少ないけど、逆は多いからでしょう。
        仮に年収300万円の女性の所得が600万円に増えても、年収300万円の男と結婚したくはならない。
        だけど、年収300万円の男の所得が600万円になれば、結婚したくなる。
        結婚のマッチングの可能性が上がる訳です。

        勘違いしないでほしいのは、女性は低所得でいいと言っているのではないですよ。
        男女共同参画という点では、女性の所得が上がるのはいいことなんだと思います。
        ただ、少子化にとってはプラスにならない、もしくはマイナスだということです。

        トピ内ID:3082024812

        閉じる× 閉じる×

        一家団欒

        しおりをつける
        😍
        裸電球
        金主義で働くことばかり優先して、どんどん家族が切り離されてしまいます。
        専業主婦を働かせたところで、夫の給料が下がるだけですから納税額に大した変化はありません。
        夫の給料だけではやっていけないから働くという理由は、本当は働きたくないと言っているのと同じです。
        みんな子育てに専念したいんですよ。

        トピ内ID:2061079927

        閉じる× 閉じる×

        じゃあウニさん答えてください

        しおりをつける
        え~とタケシ
        どうして専業主婦が無くならないのですか?
        今時の女子大生ですら、端っから専業希望も多いらしいです。
        男は統一しています。
        既婚未婚子持ち立場問わず「働く」という意志統一です。
        女性って働くことに関し、必ず言い訳があるんですよ。
        長時間労働に苦言を言う前に、女同士でまず専業路線なのか兼業路線なのか白黒つけて下さい。
        そんなもの両方ありだ!は、なしですよ。
        専業主婦にとっては夫の労働時間よりも、給料の方が大事でしょうから。
        結局「労働時間が!!」と声を上げたところで、一部の女性しか盛り上がらないから賛同しないんでしょう。
        長時間労働の見解なんて、私なら男はもっと働くべきだと思いますね。

        トピ内ID:2237800353

        閉じる× 閉じる×

        何の話?

        しおりをつける
        🐶
        部下T
        少子化ってのは子供の数が増えない問題以外の何ものでもないでしょ。
        独自のトンデモ理論振りかざされても誰もついてけないですよ。
        普通にみんな、政府の見解どおり、文字通り少子化を危惧し、その対策として長時間労働の是非を話しているものと思ってたのですが。

        子供が減れば、将来的に消費も減るし、治安や消防や国防や介護の担い手もいなくなり、ひいては日本そのものが姥捨山になってしまう。
        財政が健全化されれば解決するようなお花畑の問題ではないのです。
        なのに、多くの人は自分の金儲けのことしか考えていない。
        だから解決が難しい。環境問題と一緒。

        トピ内ID:3082024812

        閉じる× 閉じる×

        長時間労働は日本の文化

        しおりをつける
        😠
        akami
        レスされている方の中には、労働時間より効率性を重視した職場に勤めている方もいらっしゃいますが、日本の中ではまだまだ少数派なのでは?と思います。

        私が以前勤めていた企業は大手でしたが、「遅くまで働く=頑張っていてえらい」です。残業を前提として仕事をしてますし、皆で遅くまでいるので、定時で帰るのに罪悪感があります。日本人は優秀だから、残業しない働き方だって出来ると思うのですが、滅私奉公の精神から長時間労働が美徳となり、労働時間を短縮する方向になかなか行けないですよね。ここが諸外国と違う。プライベートと家族を犠牲にして働くことに価値を見出さないから、外国は早く帰れるし、休みも取れるのです。

        というわけで、社内結婚してる奥様方は大変そうでした。旦那が帰ってこないから、結局平日の家事育児は全部奥さんです。それでも、いかに旦那が遅くまで働いているかを自慢するんです。どっちもどっちやん、あほくさー。

        そんな状況に違和感を覚えて、長時間労働が美徳じゃない企業を探して転職しました。そこで夫も見つけたので、幸せですよ。なぜ皆、長時間労働に従うのか分かりません。

        トピ内ID:5349633446

        閉じる× 閉じる×

        その道を選ぶ覚悟はあるのですか?

        しおりをつける
        blank
        薄荷
        >年収300万円の男の所得が600万円になれば、結婚したくなる

        あなたのこれまでのレスを見る限り、「女性は専業主婦が前提、それが実現しにくい世の中になってきたから、働く女性に関わる社会制度をやめてそのお金を全て若い男性の所得を上げる政策に切り換えるべき」というご意見だと思います。

        しかし、年収300万円の男の所得を600万円にするのは、まともなやり方では無理です。強引かつある意味理不尽な社会改革をしない限り。
        そのためには、働きたくない女性が働かずにすんでラッキー!というメリットだけではなく、引き換えにいままで女性が享受してきた自由や権利を手離さなければなりますが、そのデメリットを受け入れる覚悟があってのご意見なのでしょうか?

        具体的には、男性優位の社会に戻るため、自立の道が絶たれたた女性は男性及び義実家の意向に従うしかない人生になるということです。
        社会の意識が男性優位に変わったら、DVだモラハラだなんて訴えは取り上げてもらえません。
        そういうことも覚悟の上なのでしょうか?

        トピ内ID:3836881596

        閉じる× 閉じる×

        その通り

        しおりをつける
        blank
        薄荷
        >金主義で働くことばかり優先して、どんどん家族が切り離されてしまいます。

        その通り。
        だから男性が家庭に回帰できるよう、労働時間の短縮が必要です。

        トピ内ID:3836881596

        閉じる× 閉じる×

        お名前からして

        しおりをつける
        blank
        不満あり?
        部下ってついているから、未だ平社員なのかな?
        なんか余程今の職場に不満があるんですかね。残業代が出ないの?
        それとも基本給自体もちょっぴりなの?
        男の人がお金持ちになったら長時間労働でも女の人が子供を産むってものすごい持論を熱く熱く語っていて、逆に不憫に思えてきました。
        頑張って残業代がちゃんと出る、お給料がたくさん貰える職場に転職できると良いですね。
        確かに多くの女性は専業主婦を希望しているけど、昔より何倍も多くの女性が仕事を続けたいと思っているのよ。だから結婚相手が仕事を理由に毎日遅く帰ってきて家事も育児も手伝ってくれなかったら、子供を産むのは無理だわ、って思うんだよ。分かるかな?
        思うのは最近の若い男の人は男女平等教育が変な方向に進んじゃって結婚して子供産んで仕事辞めたり育休に入っても生活費出せっていう人が多くなってるから男の人がお金持ちになっても少子化の改善にはならないと思うよ。特に文面からあなたはお金にシビアそうだもんね。いの一番に結婚相手に生活費折半とか言い出しそうだもん。

        トピ内ID:9797268407

        閉じる× 閉じる×

        ポイントを混同してはいけません

        しおりをつける
        🐤
        ウニ
        まず私が男性に意思表示せよと述べたのは、「働く」ことではなく「長時間労働」に関してです。昨今話題の残業代ゼロ法案をご存知ないですか?今や私の勤務先のような日本を代表する企業の多くは、残業分をボーナスから引くなどの措置が当たり前になってきています。長時間労働の代表格だった某大企業に今年三六協定のメスが入り、激震が走ったのも記憶に新しい。「長時間労働」に対する男性の意思統一は崩れつつあります。長時間労働は能力がない人の所業、長時間労働の賛同者は自己の能力のなさをアピールしているだけです。さて、「働く」に関する女性の意思統一は確かにありません。が、これは「家事育児をする」ことへの意思統一が男性側にないの同じこと。独身既婚子持ち立場問わず「家事育児をしないorする」で意思統一されていますか?女が意思統一しないから男もできないなど恥ずかしいことは言わないでください。また、貴方は女のヒモや引きこもりやニートになる男性と「働く」ことで意思統一できますか?兼業主婦と専業主婦とで相容れないのはそれと同じです。自分ができぬことを他者に押しつけるのも能力がない人の所業です。

        トピ内ID:7420620914

        閉じる× 閉じる×

        豆電球さんは正しい

        しおりをつける
        🐤
        ウニ
        豆電球さんの見解は正しいですよ。官僚の友人達が全く同じ話をしています(先ずあなたたちから残業を止めろと説教してますが)。「子供を増やすより専業主婦を減らす方が先だ」と。反発必至なので明言はしないようですが。扶養内労働を含む専業家庭の子供数を一人減らす計算法も実際あるそうです。少子化対策が働く女性支援ばかりで、専業主婦の方は配偶者控除廃止が濃厚、次は3号年金廃止という話すら出ている真意に気付けない人が多いのは、私には不思議です。昨今は働く女性支援の手厚い自治体から出産数が増加、専業率の高いはずの都内でさえその傾向が出ているため、「子供を増やすなら専業主婦を減らせばいい」と語る人までいます。相対的に費用対効果の高い方を選ぶのは、拝金主義ではありません。何より、部下Tさんの見解とそれに沿う施策は既に先の世代で実証済みなんです。その結果が深刻な少子化と膨大な赤字、そして若い人がお金を持てない惨憺たる今の社会です。部下Tさんの見解は保守的な方には耳心地良いでしょうが、実社会では世の流れへの反発も多いのでは?いつの世も、時代を正解に読み柔軟に対応できぬ人たちは置いていかれます。

        トピ内ID:7420620914

        閉じる× 閉じる×

        イクメンは不評

        しおりをつける
        blank
        みどり
        イクメンがもてはやされて、育児参加する男性も増えました。
        しかし、なぜかイクメンが評価されてません。
        むしろイクメンを嫌う女性までいます。
        イクメンを育てたいなら、子供のころからの躾が大事になってきます。

        トピ内ID:7392633775

        閉じる× 閉じる×

        サキさんに同意

        しおりをつける
        🐱
        ひとみ
        女性にお金を持たせようが、男性にお金を持たせようが結局は夫婦の問題だと思います。

        祖父母が協力的だと、働いてる人多いよね。

        トピ内ID:5236730948

        閉じる× 閉じる×

        前提条件がある

        しおりをつける
        blank
        辛子蓮根
        >「家事育児をする」ことへの意思統一が男性側にないの同じこと。独身既婚子持ち立場問わず「家事育児をしないorする」で意思統一されていますか?

        妻が専業の場合に(男が自主的に厚意でやるならいいが)家事育児をやるのが当然と求められることを不当に感じる→「専業なら家事育児は妻の仕事」という意思統一あり。そしてどうせ家事育児を要求されるならと結婚の際に男が共働きを希望する理由

        専業主婦を養い小遣い制にも関わらず大黒柱も家事育児して当然、と求められるなら結婚したくないという意思はほぼ統一されている→これが男が結婚したがらない原因

        家事育児をしたくないから、家事育児をきちんとやってくれて自分を立ててくれる専業妻なら養う価値ありと考える男性も一定数いる→謙虚な良妻賢母なら専業をしてほしいという意思統一

        共働きを望むが家事は妻がやるものという卑怯者→そんな男を選ぶ必要なし

        トピ内ID:0701023298

        閉じる× 閉じる×

        長時間労働と少子化は無関係

        しおりをつける
        🐤
        イクラ
        >だから結婚相手が仕事を理由に毎日遅く帰ってきて家事も育児も手伝ってくれなかったら、子供を産むのは無理だわ、って思うんだよ。分かるかな?

        それって家庭の事情を一般論にすり替えて、更には社会のせいにしてますよね。
        労働時間と少子化を結び付けてますが、それが少子化の原因にはなりません。
        そもそも能力が無い長時間労働者の時短を図ったところで、能力が無い人は家庭の時間も無駄にするだけでしょう。
        出来る人は時間を無駄にせず、配分も上手です。

        例えば500万円を、ある人に配ったとします。
        そのお金をチャンスと思い起業して寝る間を惜しんで働いて、何倍にも増やす人がいるでしょう。
        ある人はそのお金をチャンスと思い、パチンコの回数が劇的に増え1か月で全部使ってしまう人もいるでしょう。
        要するに長時間労働者でも、子供3人以上儲ける人は儲けるのです。
        逆に時短だから子沢山になることもないでしょう。

        トピ内ID:3892070957

        閉じる× 閉じる×

        豆電球さんに反対

        しおりをつける
        blank
        VIVA専業☆
        夫は高所得ではありませんが、私は専業主婦です。
        子供の習い事の時間を考えると、仕事も3時には終わらないと間に合いません。
        子供を学童に入れてほったらかしなら仕事も出来ますが、そうはさせたくないです。
        働いてもいいのですが、やってもパート程度です。
        子供の為にも、専業主婦を厚遇した方がいいと思います。

        トピ内ID:5668051551

        閉じる× 閉じる×

        前提条件の前に考えるべきこと

        しおりをつける
        🐤
        ウニ
        辛子蓮根さんも先ず女ありき、女のせいにする発想ですね。そういう発想自体が恥ずかしいと繰り返し述べてはいるのですが、理解できる男性が一人もいないのは何故でしょう。女の意見はさておき、長時間労働に対しての自身の見解、そして人として家事をすること、父親として育児をすることへの考えを主体的に発言する男性はこのトピにはいません。「男なら長時間労働すべき、稼ぐべき」という考えが、長時間労働せねば充分な報酬を得られない能力の低さや、家事や育児から逃げている事実の露呈なので書けないのでしょう。そんな人たちは、誰かを前提条件にする前に先ず自分で考えてください。本当に、心から長時間労働をしたいのか。会社や妻に飼い慣らされてはいないか。子供の寝顔しか見られない人生は本当に豊かか。問題のある状態を誰かのせいにして恥ずかしくないのか。長時間労働の最大の弊害は、自分で考え解決する余裕を奪い、個々の能力を低下させることです。その典型的な方々が、このトピに多いのでしょう。

        トピ内ID:7420620914

        閉じる× 閉じる×

        解決策は一つだけ

        しおりをつける
        😍
        豆電球
        単純な結婚促進、それも若い男に金を与える施策は子供の減少と同じ結果なので論外ですが
        (薄荷さんご指摘の点も鋭い)、自立者同士の共働き婚促進は賛成ですよ。

        というより、それしか解決策はない。
        女性の学歴が高いほど少子化傾向なのは世界共通、
        それでも一定以上の出生率があるのは共働き率の高い国だけ。
        意外でしょうが日本も同じです。また、共働き家庭の方が
        幸福度が高いのも日本を含め万国共通です。

        存在自体に多額の税金がかかり、子供が少なく、
        幸福度の低い専業婚を増やす価値は全くないんです。
        もし早々と税金優遇を手放し、兼業家庭より確実に一人は子供が多く、
        幸福度が圧倒的に高ければ、「日本は海外とは違う」と言えたんですけどね。

        共働きしやすい社会とは、プライベートと仕事のバランス良い社会。
        定時帰社、同一労働同一賃金、フレックス、ワーシェアなどが当たり前になれば、
        老若男女・立場や事情問わず皆にメリットが大きい。メリットを感じないのは、
        とにかく働きたくない・金を運ぶのは男の役目という人だけです。
        そういう人は弱者ではなく、怠け者と呼ぶんですよ。

        トピ内ID:2728215773

        閉じる× 閉じる×

        前提条件

        しおりをつける
        blank
        辛子蓮根
        「家庭を築く・子供を産み育てる」という作業において、言うまでもないくらい当たり前の前提条件は「家計折半・家事育児分担」です。これが理解できなまま議論していても意味がありません。

        本来は、「半分ずつ稼ぎ、半分ずつ家事育児をする」のが、最大のリスク管理なのです。
        そして望ましいあるべき家庭像だと思います。

        しかし、個人の能力によっては、稼ぐことが難しい者・家事育児に不向きな者もいます。また、住まいの環境によっては預けることが難しい場合もあったり、仕事の特性によっては呼び出し含め拘束時間がよめない場合もあるでしょう。そういうケースにおいて、「大黒柱と専業(パート含む)」という家庭内役割分担は有効だと思います。
        ただ、その形態を選ぶのであれば、それぞれ自分の役割に責任を持つべきです。


        >辛子蓮根さんも先ず女ありき、女のせいにする発想ですね。

        違います。「男だから女だから」ではなく、「専業だから」です。
        大黒柱に大部分の家計負担をゆだねているのであれば、家事育児の大部分は専業の仕事です。それが男性であっても。だから妻が大黒柱であれば、家事育児は専業主夫の仕事です。

        トピ内ID:0391662716

        閉じる× 閉じる×

        残念ですね。

        しおりをつける
        blank
        よいでしょう
        >幸福度の低い専業婚を増やす価値は全くないんです。
        全専業時代に兼業を非難する専業さんの言が、そのままひっくり返った言葉ですね。
        私は、専業はあっていいと思います。
        幸福度の低い人が、兼業を選べる社会になればいいだけのことだと思いますよ。
        それが、兼業の幸福度をもっと上げるなら、より良いでしょう。

        また、将来の希望的観測を現在の問題の解決策にはできないでしょう。
        >怠け者と呼ぶんですよ。
        彼らは、喫緊の問題を重視し、将来の希望的観測が実現しないリスクを懸念しているのだと思いますよ。
        >とにかく働きたくない
        それは、環境改善を叫ぶ人にも言えることでしょう。意地悪な見方をすればね。
        同じ意地悪な見方で、彼らを見ているのだと読めますよ。
        その見方はやめたほうがいいでしょう。

        トピ内ID:6086752659

        閉じる× 閉じる×

        日本のばあい

        しおりをつける
        😍
        裸電球
        >女性の学歴が高いほど少子化傾向なのは世界共通、

        高学歴な女性ほど結婚できない(しない?)、独身者が多くなります。
        基本的に女性は自分より優れている人と結婚したいものです。
        しかも女同士の見栄の張り合いの渦中において、周りが認めるような人と結婚しなければならないプライドもあるでしょう。
        しかし結婚は似た者同士でくっつくであろうと、多くの女性が勘違いしているのです。
        女も自立し共働きになりお互い支え合うようになるとは、女性のみの意見でしょう。
        結婚した後の話ではなく結婚する前の話としては、男が女に求めているものが違うのです。
        男は基本的に「若くて」「きれいな」女性が好きであり、それ以外のファクターは非常に小さいものです。
        ましてや女性も自立出来るのなら、独りの方がいいでしょうと近寄りません。
        共働き家庭の方が幸福度が高いとか個人の見解じゃなくて、
        なんで男女が魅かれ合わないのかが問題なのです。
        日本で共働きしやすい社会になったとしても、少子化は改善されないと断言できます。
        なぜなら、子供を生むには結婚が前提ですから。

        トピ内ID:5570596049

        閉じる× 閉じる×

        専業と兼業とで

        しおりをつける
        blank
        くん兄
        どちらも子供自体は持てます。
        専業家庭からは、子供の数に対し嘆く声は聞かれません。
        しかし兼業だと子供の数に対し躊躇する声が聞かれます。
        だったら専業家庭が増えた方が、子供の数が増えるのではないでしょうか。

        トピ内ID:6481707943

        閉じる× 閉じる×

        東大合格には専業のお母さん

        しおりをつける
        blank
        みどり
        幸福度とか専業主婦の生産性など必死に語る方がいますが違いますよ。
        子供が東大はじめ高い学力を身につけられる背景には、専業主婦である母親のサポートが重要な要素です。
        共働きも一度やってみて失敗すれば、そのうちまた専業志向が増えますから。

        トピ内ID:2884822887

        閉じる× 閉じる×

        もともと少ない数しか望まないだけ

        しおりをつける
        blank
        薄荷
        >兼業だと子供の数に対し躊躇する声が聞かれます。だったら専業家庭が増えた方が、子供の数が増えるのではないでしょうか。


        いや、増えません。専業家庭より兼業家庭の子供の数のほうが多いので。
        その前提で、「環境が整えばもう一人ほしい」というのが兼業家庭ですから、子育て環境を整えた兼業家庭が増えたほうが子供の数は増えるのです。


        >専業家庭からは、子供の数に対し嘆く声は聞かれません。

        子供の数は兼業家庭より少ないのにその現状に満足しているということであり、さらに産み育てる気はないということでしょう。

        トピ内ID:3836881596

        閉じる× 閉じる×

        夫の労働時間が短ければもう一人産めました(兼業です)

        しおりをつける
        blank
        みっちゃん
        40代半ば、東京郊外在住の小中高生の3人の母です。
        結婚してからずっと共働きです。
        夫は激務、出張も多い仕事で、双方親も現役なのであてに出来ない環境です。
        そんな私がずっと共働きできた理由がいくつか。

        ・家族、とりわけ私自身と子どもがほぼ健康(妊娠出産以外で通院、簡単な手術が必要なことはそれぞれにありましたが)
        ・職住隣接(家、職場、子どもの保育園、小中学校すべてが徒歩10分圏内)
        ・私の職場が比較的理解があり、保護者会やPTA会議、子どもの習い事送迎などでの短時間の途中抜けが可能
        ・退社後にいける耳鼻科小児科皮膚科が比較的充実
        ・保育園、学童なども待機なし
        上記の1つでも欠けたり問題があれば3人は産めなかったでしょう。2人も無理かも。

        また、夫がもう少し家庭に居る時間が長ければ(贅沢は言いません、保育園の送迎のどちらかでも担当してもらえれば)、もう1人産めたと思いますし、欲しかったです。
        さすがに調整する自信がなく3人(計画的3学年違いです)で断念。
        意外にこういう働くお母さん、多いですよ。
        夫の労働時間を減らす、は原因とはいわないけれど一因にはなってると思います。

        トピ内ID:8104177146

        閉じる× 閉じる×

        これ以上いらないからでしょ?

        しおりをつける
        ハイビスカス
        >専業家庭からは、子供の数に対し嘆く声は聞かれません。

        これ以上子供が欲しくないからでしょ?
        でも専業家庭の方が兼業家庭より子供の数少ないんだよ?
        なのにこれ以上欲しくないっていうんだから、この層が増えても少子化対策につながらないってこと。


        >しかし兼業だと子供の数に対し躊躇する声が聞かれます。

        今の現状よりもっと産みたい、環境さえ整えば産む気がある、ということでしょう?
        こういう層が産み育てられるようにすることが少子化対策ですよ。

        トピ内ID:0941935987

        閉じる× 閉じる×

        裸電球様

        しおりをつける
        blank
        ポムポム
        いささか古い価値観をお持ちのようで。
        育てる環境さえ整っていたら、子どもは欲しい(夫はいらない)と考える女性も自立した女性にもそれなりにいます。

        >女性も自立出来るのなら、独りの方がいいでしょうと近寄りません。
        男性が経済的にも精神的にも頼りなく、むしろ家庭において害がある場合も含めれば、自分だけで育てた方がましという理由でシングルになるお母さんも相当数います。

        >共働き家庭の方が幸福度が高いとか個人の見解じゃなくて、なんで男女が魅かれ合わないのかが問題

        男女が惹かれあった結果は子どもができるだけ。兼業専業ともに。
        でも育てていくには、それ以外の意思、チームを組めるかどうか、が必要です。専業でも兼業でも、役割分担をする必要があるので。

        >共働きしやすい社会になったとしても、少子化は改善されない
        男性が一家を養う収入が保障されていない上、深刻な労働力不足時代がやってくる今、共働きというより老若男女働く時代になっているだけです。

        >子供を生むには結婚が前提
        結婚しなくても子どもは産めますよ。いろんな家族の形が存在します
        どんな形でも子どもが大事にされる時代なら子どもは増えます。

        トピ内ID:8710737017

        閉じる× 閉じる×

        稼ぎ仕事以外の仕事は仕事にあらず?1

        しおりをつける
        blank
        ぱっけー
        こんにちはー。
        フルタイム一般職兼業家庭です。3人子供います。

        少子化の原因は一つに絞れないとはいえ、長時間労働が一因なのは
        否定できないと思います。
        そしてもう一つ、上記に絡んでけっこうワタシ的に大きいと思っているのが、
        「『稼ぐ仕事』に比べて家事育児介護etc.(ここでは大きく『ケア業務』とします)という仕事が不当に軽く、低く扱われていること」。

        大人の暮らしとして、
        1.「稼ぐ」と2.「自分をマトモに住まわせ食わせて洗って着せて休ませる」という自分ケア業務と
        3.「身近な手助けが要る人間の世話」という他者ケア業務があるわけで。
        この3つの業務は大人になった個人が生きる過程でどうしたって避けられないですよね。
        というわけでこの3つの業務にそれぞれ自分の時間や労力リソースを配分して生きていくのですが。
        本来この3つの業務は「絶対に避けられない」と言う点で等価なはずなのですが、実際どうでしょう。
        正直なところ、1の「稼ぐ」ばかりが重要視されて「自分ケア仕事」と「他者ケア仕事」はまったく省みられていない。

        トピ内ID:7841210747

        閉じる× 閉じる×

        稼ぎ仕事以外は仕事じゃない?1

        しおりをつける
        blank
        ぱっけー
        こんにちはー。
        フルタイム一般職兼業家庭です。3人子供います。

        少子化の原因は一つに絞れないとはいえ長時間労働が一因なのは否定できないと思います。
        そしてもう一つ、上記に絡んでけっこうワタシ的に大きいと思っているのが、
        「『稼ぐ仕事』に比べて家事育児介護etc.(ここでは大きく『ケア業務』とします)という仕事が不当に軽く、低く扱われていること」。

        大人の暮らしとして、
        1.「稼ぐ」と2.「自分をマトモに住まわせ食わせて洗って着せて休ませる」という自分ケア業務と
        3.「身近な手助けが要る人間の世話」という他者ケア業務があるわけで。
        この3つの業務は大人になった個人が生きる過程でどうしたって避けられないですよね。
        というわけでこの3つの業務にそれぞれ自分の時間や労力リソースを配分して生きていくのですが。
        本来この3つの業務は「絶対に避けられない」と言う点で等価なはずなのですが、実際どうでしょう。

        正直なところ、1の「稼ぐ」ばかりが重要視されて「自分ケア仕事」と「他者ケア仕事」はまったく省みられていない。

        つづきます。

        トピ内ID:7841210747

        閉じる× 閉じる×

        稼ぎ仕事以外は仕事じゃない?2

        しおりをつける
        blank
        ぱっけー
        「稼ぐ」仕事に自分の時間・労力リソースをすべてつぎ込むことが「正しいこと/あるべき姿」で、ケア仕事全般は稼ぐ仕事と比べたら「低級な仕事」。
        「自分ケア仕事」はできるだけ「簡単に、手短に」削りまくるのが正しく、
        育児や介護のような他者ケアに至っては「稼ぎ仕事に回すリソース割いて
        ケアしないとダメな他者なんて抱えてるヤツは自覚のない落伍者、ただのお荷物」。はっきり言ってババ抜きのババ扱いですよ。
        世話される側から大人になった男女がまず門を叩く「稼ぐ世界」がせっせと
        「稼ぐ世界バンザイ、『低級な』ケア仕事はしないで全部リソース出せよ!
        ケアする他者なんて「ババ」引いた奴は追い出すからな!これはこの世界の、
        つまりは世間の常識さ!」って薫陶したらそりゃー少子化になりますよ。
        自分ケアすらできずに病む人も量産されてるし。

        ケア業務を何か経験された方ならお分かりでしょうが、自分を健康に住まわせ食わせ洗って着せる、援助介助の必要な人の面倒を見る、これやってマトモな質をキープしようとしたらかなり時間・労力のリソースが必要ですよね?「育児・介護」に至っては問答無用で好きなだけリソースを剥ぎ取っていく!

        トピ内ID:7841210747

        閉じる× 閉じる×

        稼ぎ仕事以外は仕事じゃない?3

        しおりをつける
        blank
        ぱっけー
        つづきです。

        いま社会の表舞台に居る方々というのは、本来は個々人の義務であるはずのケア業務を誰かに丸投げしてタッチすることなく、しかもその状態はおかしいっていう自覚すらなさそうな方々ばっかり。稼ぎ仕事以外にも大きくリソースの必要なことがらが、時期が、それぞれの人にあるんだよ、それを選べないことがどんだけ問題なのかってことをきっと考えたことすら無いんだろうなー、と日々思ってます。

        トピ内ID:7841210747

        閉じる× 閉じる×

        兼業家庭の方が子供産んでる?そうでしょうか?

        しおりをつける
        🐶
        部下T
        専業家庭より兼業家庭の方が子供産んでるという話は聞いたことありますが、実感として疑問を持っています。
        そもそも、専業家庭と兼業家庭の線引きって、ものすごく曖昧じゃないですか。
        例えば、子供が産まれる時は無職で、子供は幼稚園。小学校入学と同時に扶養内でパートを始めた。
        この家庭は専業家庭と兼業家庭のどちらに分類した調査なのかよく分かりません。

        共働きを推進すると子供が増えるという理屈も不可解。
        風が吹けば桶屋が儲かる、みたいに感じます。
        共働きが増えると、結婚が増える?第三子が増える?そういうことが統計に現れているのでしょうか。
        何だか逆のような気もしますが。

        トピ内ID:3082024812

        閉じる× 閉じる×

        世の中、結果が給与額だけではない

        しおりをつける
        blank
        やさぐれパンダ
        >まず私が男性に意思表示せよと述べたのは、「働く」ことではなく「長時間労働」に関してです。

        そういう話をしだすなら、そもそも「時間給」という給与制度自体を撤廃することから始めないと、どうにもなりませんよ。

        >長時間労働は能力がない人の所業、長時間労働の賛同者は自己の能力のなさをアピールしているだけです。

        仮にそうであったとして、「能力の無い者」を切り捨てた議論で世の中動かせると思いますか?
        「時間給」でしか職を得ることができない人間を、能力のないヤツのことなんて知ったことか、で切り捨てるならそういう議論もできるかもしれませんね。

        トピ内ID:3033533562

        閉じる× 閉じる×

        幸せなんじゃないですかね?

        しおりをつける
        blank
        やさぐれパンダ
        ウニさん

        >長時間労働せねば充分な報酬を得られない能力の低さや、家事や育児から逃げている事実の露呈なので書けないのでしょう。そんな人たちは、誰かを前提条件にする前に先ず自分で考えてください。本当に、心から長時間労働をしたいのか。会社や妻に飼い慣らされてはいないか。子供の寝顔しか見られない人生は本当に豊かか。問題のある状態を誰かのせいにして恥ずかしくないのか。

        「金があれば」長時間労働なんてしたくない人の方が多数派でしょう。
        でも無いんだからしょうがない。
        能力の無い人間が、長時間労働できないことにより収入が下がれば、子供の寝顔を見るどころか、まともに結婚すらできないかもしれません。
        それを考えたら、寝顔を見れなくても子供持てるだけ幸せなんじゃないですか?
        子供なんていなくていいや、と思える人はそうじゃないかもしれません。

        どこを基準に考えるか、だけの話です。
        「能力のある人間」を基準にしても意味ないですよ。

        トピ内ID:3033533562

        閉じる× 閉じる×

        兄弟はいない方がよい

        しおりをつける
        blank
        ピスタチオ
        田舎の義父が相続で大揉めしました。
        兄弟がいることが、災いしたようです。
        日本では相続時に兄弟間で揉める人が、以外と多いようです。

        私は3人兄弟の末っ子で育ちましたが、すべてがお払い箱で悲惨な生活でした。
        大人になりいろいろ検討した結果、子供は1人か2人がちょうどいいという結論に至りました。
        余裕のない親たちには、生まれてくる子供のことも考えて産んでもらいたいですね。

        トピ内ID:6048885625

        閉じる× 閉じる×

        客観的な根拠が必要

        しおりをつける
        blank
        薄荷
        >実感として疑問を持っています。

        統計で出ている数字を無視した「私の実感」だけで社会を語るのは無理があります。個人的実感というのは、その個人の願望や好みにモロに影響をうけます。要するに「自分が望む情報しか印象に残らない」ということ。自分に都合の悪い大多数の情報を切り捨てて、ごくわずかの都合のいい情報「だけ」を取り上げて「ほら正しいでしょう?」というようなもの。日記に書く愚痴なら主観的感情でもかまいませんが、社会の在り方を語るには客観的な根拠が必要です。


        >共働きを推進すると子供が増えるという理屈も不可解。

        専業家庭より兼業家庭のほうが子供の数が多いと統計で出ているのですから、論理的にはそうなるでしょう。
        ただし、今その形が可能な夫婦というのは、夫も家事育児が可能な勤務体系であったり、子供の急な病気に対応できる預け先がある家庭です。ですから、家事育児が働く女性にのみのしかからない仕組み作りをすすめなければ、今以上に兼業家庭を増やすことはできません。したがって「男性の長時間労働が改善され、男性が家事育児に主体的に関わる物理的時間ができること」が必要不可欠です。

        トピ内ID:3836881596

        閉じる× 閉じる×

        覚悟の話

        しおりをつける
        blank
        薄荷
        部下Tさん

        その道を選ぶ覚悟はあるのですか? (15/06/13 18:52)薄荷
        という件についての見解はいかがですか?

        >年収300万円の男の所得が600万円になれば、結婚したくなる

        というあなたの提案を真面目に考えていくと避けては通れない議論かと思います。

        トピ内ID:3836881596

        閉じる× 閉じる×

        後ろ向きな人を多く生み出した専業時代

        しおりをつける
        😍
        豆電球
        >それを選べないことがどんだけ問題なのかってこと

        それを選ぶことで多大な税金負担が生じることがこんだけの問題になったと言ってるのです。
        優遇制度がなくなり、世帯主が二人分の義務を負担するようになるまで(親が学生の国民年金を払うのと同様に)、
        価値観や選択肢うんぬんだとは、目の前にある問題から逃げているだけです。

        現在の制度のままで専業婚を増やすことは子供を減らすのと同じ結果、
        かつ兼業婚の方が子供が多いのはデータで明らかなので、専業婚の増加は少子化の悪化なんです。
        個人的実感と実態に乖離がある人もいるようですけどね。ちなみに扶養内は専業カテゴリーです。

        仕事の担い手という観点でも、もし専業婚だけになら社会は担い手を半分失い、
        子供も半数は担い手にならず、消費は男の稼ぎ内だけ。
        兼業婚だけなら専業婚に比べ2倍の担い手と消費者を確保でき、納税額も減らず、
        税金タダ乗り者は大幅に減り、ひとり親でも子供を養えるので貧困児童もその手当ても減ります。

        残った問題は、日本や自分には共働きは無理という後ろ向きな感情だけ。
        その感情は、専業時代による負の遺産です。

        トピ内ID:2728215773

        閉じる× 閉じる×

        その統計を教えてほしい

        しおりをつける
        🐶
        部下T
        >個人的実感と実態に乖離がある人もいるようですけどね。ちなみに扶養内は専業カテゴリーです。

        どういう調査なのですか?
        参考までに教えてほしいです。

        >その道を選ぶ覚悟はあるのですか? (15/06/13 18:52)薄荷

        覚悟も何も、男性の収入が増えるとモラハラが増えるなんて、薄荷さんの主観でしかないでしょ。
        何を覚悟すればいいのです?

        トピ内ID:3082024812

        閉じる× 閉じる×

        転勤族の実感

        しおりをつける
        🙂
        国家資格餅
        転勤族なので全国を廻っていますが、たしかに共働きの方が子供の数は多いですよ。

        地方は同居も兼業も多いので、以前からその傾向はありましたが、久々に23区に戻ったら、以前は専業主婦ばかりだった地域なのに学年の半分以上が保育園からの子になっていました。聞くと、ずいぶん職場や自治体の共働き環境が整ってきているようですね。広報誌にも共働き支援で子供が増えたとあります。

        お金は、子供の数を決める大きな要因です。でも、だからってお金を与えれば子供が増えるわけではありません。経済的余裕のある私立校では、一人っ子率が高いです。

        足りないお金は政府が出せばいいとは、時代遅れというか、現実とズレてるというのが私の実感です。
        今の育児世代はまともですから、お金が足りなけれは自分で働き得ようと頑張りますよ。
        それが不憫だから金で専業させよう、よりも、少しでも頑張りやすい環境を整える方が子供は増えています。

        必要なのは、お金ではなくシステムだと思います。経済的余裕はなくても時間的余裕のある公務員共働き家庭に子供が多いのは、全国的な傾向です。

        トピ内ID:6821868219

        閉じる× 閉じる×

        その役割を担わせていくべきでは?

        しおりをつける
        blank
        辛子蓮根
        >稼ぎ仕事以外にも大きくリソースの必要なことがらが、時期が、それぞれの人にあるんだよ、それを選べないことがどんだけ問題なのかってことをきっと考えたことすら無いんだろうなー、と日々思ってます。

        男性にその「稼ぎ仕事以外」の仕事を主体的に担わせて、女性が「稼ぎ仕事」を主体的に担うようにしていかないと相互理解はできませんよ。
        専業夫(扶養内パート含む)&稼ぎ頭妻という結婚形態を推進して、専業家庭の半数がその形態になっていけばかなり冷静に実りある議論ができると思います。
        自分の役割は重要だ、自分の仕事は貴い、と言ったところで「相手と役割交換する気なし」では「手放したくない既得権益?」ということかと。家事育児をしない男性も、稼ぎ頭にならない女性もね。

        トピ内ID:5580213552

        閉じる× 閉じる×

        兼業主婦を増やせばよいってホントかな?

        しおりをつける
        🐶
        sabi
        兼業主婦の家庭に子供が多く生まれるのか、子供を多く生みたいから結果、お金も必要で兼業主婦という形が選ばれたのか?

        兼業主婦を増やせば子供が増えるということではなく、

        折角なら2人目も欲しいよね、という考えをもつご家庭が多いから兼業主婦家庭に子供が多いという結果が出たという考え方もあるでしょう。

        形態より意志が先に必要なんじゃない?

        トピ内ID:7865645168

        閉じる× 閉じる×

        能力を奪われて幸せなのですか

        しおりをつける
        🐤
        ウニ
        >>「能力の無い者」を切り捨てた議論で世の中動かせると思いますか?

        実際に私は動かしました(6/5 9:52)。能力の無い者を切り捨てるためではなく、能力を出し切れていない人に本来の能力を出させるためにです。

        >>「金があれば」長時間労働なんてしたくない人の方が多数派でしょう

        そう明言する男性はこのトピに一人もいません。私は経験からその本当の理由を知っています。長時間労働は、家事や育児から逃げる口実なのです。女性も、子持ちでの長時間労働は無理と、労働から逃げる口実にしています。甘えた男女にとって、長時間労働は甘えを隠す言い訳なのです。

        私が切り捨てるのは、家事・育児・労働への主体性を持たぬ者。能力ではなく意欲の無い者です。それは男女問わず存在しますから、責任は男女同等です。ただし、長時間労働は上に立つ者の才覚でしか解決できません。現状9割を占める男性管理者の意欲が重要なのです。それは家事育児への主体性と密接に関わります。特に、父親としての在り方が。第一線の企業では、フレックスや年棒などで時間給という概念も変化しつつあります。

        トピ内ID:7420620914

        閉じる× 閉じる×

        あなたの場合、子供を好きじゃないから一人っ子なだけ

        しおりをつける
        💡
        うーん
        あなたが、休日に一日中子供と過ごしていると疲れて疲れて
        仕事してる方がマシ!という人だから、二人目三人目考えられないんですよ。

        あなたが子供より自分優先な我が儘ないまどきの母ってだけ

        トピ内ID:8729061651

        閉じる× 閉じる×

        負の遺産でなく人間として当たり前の縮図

        しおりをつける
        夢はお嫁さん☆
        女性って出産もあるし、男性ほど体力もありません。
        出産後はお乳もはるだろうし、体が子育てをする仕様になっています。
        女性は母親脳に変化しますが、男性にはそういった変化もないようですし。
        子供を2、3人産めば、職場に来たり来なかったりと会社に多大なる迷惑をかけてしまいます。
        今こそ専業主婦を見直す時代であり、男女で役割分担を明確にしてしまった方がいいと思います。
        仕事も子育ても!は聞こえがいいだけで、両方とも中途半端で出来てないのに出来ていることにしてしまっている人が多過ぎます。

        トピ内ID:4355236104

        閉じる× 閉じる×

        私は三人産めました

        しおりをつける
        😉
        ビタミン
        兼業家庭の方が子供を産んでる?そうでしょうか?については、
        私(関東)や姉(北海道)や兄(関西)の周辺ではそうですよ、です。
        うちは二番目の子は幼稚園、三番目は保育園。
        保育園は兄弟数が多くて枠が満杯で、二番目は入れませんでした。

        ただ、一番上の子(小学校高学年)の頃には「なんで辞めないの?」と聞かれたものです。
        でもその後にリーマンショックがあり、急激に共働きが増えたんです。
        子供を多く産んでるのが専業と言う人は少し前の話を、兼業と言う人は今やこれからの話をしてるのでしょう。

        これからは、兼業家庭やそこで生まれる子はますます増えるだろうし、
        そうなればいいな、と思います。
        私は共働きしやすい職場だったので三人産めましたが、
        そんな環境が広く浸透して、働き続けたい人やもう一人産みたい人たちの希望が叶うのは良いことです。

        どんなに子供が増えても、働かず税金を納めなく育ったら高齢者を増やすのと同じ、
        働かず(働いても)税金を納めない母親も高齢者と同じというのは納得です。
        超少子高齢化の日本で、20代30代から高齢者同然の人を生み出してはいけないと思います。

        トピ内ID:3847738895

        閉じる× 閉じる×

        意図的ですね

        しおりをつける
        blank
        薄荷
        >覚悟も何も、男性の収入が増えるとモラハラが増えるなんて、薄荷さんの主観でしかないでしょ。

        私はそんな話していませんよ。
        年収300万の男性を年収600万にする、という「まともなやり方では実現不可能」な案を出したのはあなたです。私が言ったのは、そのように「まともなやり方では実現不可能な案を現実にするにはある意味理不尽な社会改革がなされなければ無理」という話です。
        意図的に論点をすり替えてきましたね。よほど不都合でしたか?

        トピ内ID:3836881596

        閉じる× 閉じる×

        本質を理解しないといけないのでは

        しおりをつける
        🙂
        ベッテル
        豆電球さんの
        >少子化とは「子供が増えない問題」ではなく、「納税者が増えない問題」です

        それは問題の一つに過ぎません、資源がほとんどなく多くのものを輸入に頼る日本においてただ納税者(労働者)を増やしても、パイのとりあいになるだけです。

        大体子供を育てるには「お金」が入ります、仮に専業より兼業の方が子供を産む数が多いとしても、それが「子供の為、子供に使う為自分の老後の為」の動機であれば兼業主婦を優遇することが少子化改善になるとは言えません。

        以前にもありましたが、業績がいい会社ほど女性社員を厚遇したり福利厚生が充実してるという統計がありましたが、これっていわば逆で業績がいいからそうなってると言えるのです。

        トピ内ID:8650136443

        閉じる× 閉じる×

        男性の精神の問題

        しおりをつける
        blank
        つく
        にしておくと楽なんでしょうね、感想だけであーだこーだ言えますから。
        でもそんなの的外れでしょうし、まともな根拠すらない、まぁ引っ掻き回して喜んでいるのでしょう。
        そんなくだらない話に流れを引っ張られるのはもったいないですよ。

        日本の長時間労働の根本的な原因は、正社員という雇用形態でしょう。
        柔軟な人員調整が難しいため、余分な人を雇わずにぎりぎりの人数で仕事を廻すからです。
        優秀な人も働かざるを得なくなるわけですよ、終わらせなければいけない仕事が集まりますからね。

        また、日本の過剰なサービスも遠因の一つかもしれません。
        どのサービスも、営業時間長すぎですよね。便利な生活の代償は、労働時間です。

        長時間労働を減らすもっとも有効な手段は、雇用の流動化となります。
        ただし、雇用の流動化がどのような弊害を生むかは、みなさまもある程度
        想像できると思います。なにごとも長所短所があり、精神論でどうこうできるものじゃないですよ。

        トピ内ID:1609094811

        閉じる× 閉じる×

        時短の給与で暮らし、商品の値段は上がる。受け入れる覚悟は?

        しおりをつける
        😀
        たらちねのパパ
        雇う側は長時間労働分も含めた成果を見込んで給与を設定していて、その給与を結婚相手なり扶養家族なりもアテにしている。
        こういう状況があっての「長時間労働職場から離れられない」問題ですので、トピ主さん含む配偶者たちは「社会が、企業が変わるべきなのだ」と第三者的立場であれこれ言っていられるものではないのです。
        「短時間労働者を夫にしたがる傾向がなぜ女性達の間に顕著に出てこないのか」って話にまで繋がっていく話なんですよ。

        或いは時短を進めつつも給与は今の水準より下げるなって話にするなら、商品やサービスの価格の大幅な上昇を受け入れるか日本から多くの企業が撤退するかを受け入れなければならないでしょう。

        これはロハスやスローライフを個人的嗜好ではなく社会運動にしようとする人達が見落としていることなのですが、「仕事はそこそこで済ませてもそこそこの暮らしは出来るんだから」と言ってられるのはそれだけ安価で商品サービスを提供してくれる側がいてこその話で、そのバックヤードに沢山の汗水して働く人達がいてこそなのです。
        みんなが「仕事はそこそこ」で済ませたら、そこそこの給与じゃ病院にも行けない社会になります。

        トピ内ID:3878924641

        閉じる× 閉じる×

        出生率の高い県では

        しおりをつける
        blank
        くん兄
        確かに共働き率は高いようです。
        補足として、平均所得がワーストに入ってます。
        更には、離婚率も高水準になっています。

        分析するとやむを得ず共働きであり、子供を産んでも結局なすり合いで上手くいかないと言えます。
        シングルマザーの貧困が社会問題になっています。

        トピ内ID:2270371886

        閉じる× 閉じる×

        「長時間労働の理由」を、勝手に決めないで貰いたいですね

        しおりをつける
        blank
        Irkutsk
        >>「金があれば」長時間労働なんてしたくない人の方が多数派でしょう

        >そう明言する男性はこのトピに一人もいません。私は経験からその本当の理由を知っています。長時間労働は、家事や育児から逃げる口実なのです。女性も、子持ちでの長時間労働は無理と、労働から逃げる口実にしています。甘えた男女にとって、長時間労働は甘えを隠す言い訳なのです。

        随分、はっきり言い切ってくれますね。
        私は金があれば、長時間労働などしたくないですし、現にそのように考えて転職しました。
        そもそも前職で長時間労働を強いられた原因は、部署内でWMの比率が増え、時間外に発生する仕事の担い手がいなくなったためです。
        折角の数少ない休日、仕事で緊急の呼び出しを受けたときに、一緒に遊んでいた子供が見せた泣き顔は、今でも心を離れません。

        前職の方がやりがいある仕事でしたが、転職により収入も増加し、無闇な時間外労働もなくなり、とても満足していますよ。
        子供と過ごす時間も飛躍的に増え、教育上も大いにプラスになりました。

        私の経験では、中途半端な共働き夫婦こそ、他人に長時間労働を強いる迷惑な存在ですね。

        トピ内ID:9153317178

        閉じる× 閉じる×

        男とか女とかじゃなしに

        しおりをつける
        blank
        ぱっけー
        だれもが持って生まれた属性に関わらず、安心して自分の状況に合わせて
        柔軟に稼いだり面倒見合って疲弊しないでいられる、ってのが最高です。

        でも世のお偉い様たちは「家にいて低賃金の仕事を続ける方がおトク」
        みたいな制度を作って「ケア仕事係」を囲い込んで仕事丸投げして、
        ケア仕事についての認識が無いことに自覚すらなく、
        「女性の社会進出」なんていうスローガン掲げて言うことときたら
        「みんなで稼いでみんなで面倒見合ってみんなで社会全体を支える世の中」
        ではなくて
        「お前ら今まで『なんにもしないで』家にいて稼がなかった分
        やってもらうからな。」というお粗末なホンネ。
        ケア仕事=「なんにもしてないのと同じの役立たずなこと」
        この認識が暗黙のうちにあるのを感じるのです。

        そして、「今目の前にすでに居る」人間相手の家事と介護はナシに
        できませんが、「誰かの意志がないとこの世に存在すらできない」
        という条件の子供は本当に「ナシ」にすることができてしまう。

        お偉い様のニーズに合う「役立つ人」はコレなのに
        少子化だ!大変だ!とか本気で思ってんの?と言いたいです。

        トピ内ID:7841210747

        閉じる× 閉じる×

        横だしトピずれなので恐縮ですが…>部下Tさん

        しおりをつける
        blank
        よいでしょう
        部下Tさんは、女性が安心して大黒柱になれる環境整備の必要性、を指摘されている、と読み取ったのですが、違いますか。

        大黒柱の女性が産休や育休になって収入が減れば、生活への打撃も大きい。低所得職場同士の結婚なら、ともに育児との両立が難しい職場にいることも多く、育児を二人で担う意欲で臨んでも立ちいかなくなることも多いと思います。夫が死んだらもらえる寡婦年金も、妻を失った夫はもらえない。

        こういう問題は、男性の収入が低い家庭ほど大きな結婚リスクとして存在するのに、その点に対する制度支援は薄い。それは仰る通りかな、と、感じています。

        安心して、女性が大黒柱になれるシステムは、まだ確立していないと思います。それが、最もその影響が出やすい低収入男性の未婚という形で現れているかと。この収入帯の家庭では、勤務時間短縮が功を奏するレベルではなく、所得補填レベルのケアが必要だと思います。尤も、単なる所得補填ではなく、病児シッター費用の補填や、ケアの厚い民間保育所の優先利用や利用料負担などの支援系援助が良いかとは思いますが。

        トピ内ID:6086752659

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        30件ずつ表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (9)

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る

          あなたも書いてみませんか?

          • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
          • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
          • 匿名で楽しめるので、特定されません
          [詳しいルールを確認する]
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0