詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • アルコールについて学校で教わったことが本当なら
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    アルコールについて学校で教わったことが本当なら

    お気に入り追加
    レス60
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    話題
    初めて質問します。
    お母さんに聞いても質問で返されるので、みなさんの意見を聞かせてください!


    お酒を飲むことは法律で許されていますが、お酒を飲むことが好きになってしまい
    アルコール依存性という心の病になると聞きました。

    周囲の大人はお酒を普通に飲みます、お酒で普段と人が変わったりする人もいます。
    会社では付き合いで飲むことがあるとお父さんは言いますが、
    学校では薬物と教わり、配られたプリントに薬物について図と作用が書いてありました。
    お酒は心と体の依存度が法律で許されていない薬物と近いところにあったのがたばことかに比べて怖く感じてしまいました。
    まだお酒を飲める年齢まで9年ありますが、飲まなきゃいけないみたいになったりしたら
    嫌でも飲むものですか?
    かんがえると、あれもこれもという問題が多いように思えます。

    あとでお母さんと一緒に見ます。

    トピ内ID:8509216892

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 35 面白い
    • 28 びっくり
    • 3 涙ぽろり
    • 163 エール
    • 45 なるほど

    レス

    レス数60

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  60
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    お母さんに訊いても分からないと思う

    しおりをつける
    🐱
    スクーター
    酒を飲まない、呑まないお母さんに訊いても分かりません。
    なので、お父さんに訊いて下さるのが正解だと思います。

    お酒は、アルコールの所為で、神経が弛緩します。
    良く言えば、神経を休める効果がありましょう。

    しかし、お酒の摂取が増えると神経の弛緩を大きく超えて
    理性を失います。どうなるかと言えば、本能と感情だけの
    動物に戻ってしまいます。

    汚い表現で言えば、放浪している犬状態に似てゐます。
    そうなると、信頼を失い、家族を失うことになります。

    理性を失った人間は、人間ではありません。
    皆さんがお酒を嫌う原因は、そこに在ります。

    お酒を継続的に摂取すると「肝臓」を壊します。
    肝臓は、外部から入ってきた毒物を排除する役目を担
    っています。余りにも多過ぎて、機能が壊れます。

    お酒は、少し頂いて(ほんのり)程度で止めるのがベスト
    です。
    お酒の失敗は沢山ありますが、お酒の成功はないのでは
    ないかと。

    ただ、お酒を呑まなければ、生きて行けない人もゐる事
    を知って置かれることも必要でしょう。

    トピ内ID:3391389532

    閉じる× 閉じる×

    そのプリント本当にあっていますか?

    しおりをつける
    blank
    びっくりしちゃう
    書いてある内容がわからないのですが

    お酒=薬物ってなぜそうなるんでしょうか

    エタノールという定義になるのであれば
    料理酒も含まれますよね?

    >心と体の依存度が法律で許されていない薬物と近い

    そうですか?
    法律で許されてない薬物の中には
    たった1度で依存症に陥るものありますが
    アルコールも同程度の性能があるのでしょうか?


    あと不思議に思ったのですが
    ご両親は、外では「父」「母」というのが正しい呼び方と教えてくれていませんか?
    私は小学校に上がる際にはそのような教育を受けていたので・・・

    トピ内ID:4232873372

    閉じる× 閉じる×

    可愛いトピですね。

    しおりをつける
    blank
    ゆい
    今小学生かな?

    そう、お酒は薬物という分類が出来ますね。
    薬物には、必ず主作用と、副作用があります。主作用は、良い効果、副作用は、望まない悪い効果です。
    貴方が飲む風邪薬も薬物ですから、主作用と副作用があります。お薬の量を守れば良い効果が得られますが、お酒と同様、沢山飲めば、身体の調子は悪くなります。

    まず、アルコールの主作用について説明しますね。
    アルコールは、少量(1合程度)を飲んだ場合、血管が広がり、全身の血流良くなり、少しだけ血圧が下がります。
    そのため、週に数回その程度を飲むと、全く飲まない人よりも、心臓や脳の血管が詰まる病気になりにくくなります。
    脳にも作用し、普段より少し気持ちが明るくなったりします。そのため、適度にお酒を飲みながら食事をすると、普段より会話が弾んだりします。
    少量のアルコールは消化を促すため、肉を沢山食べる時には胃もたれを防ぎます。

    アルコールは、麻薬と違い、普段適量を飲む程度では依存性は出ません。

    トピ内ID:7635050426

    閉じる× 閉じる×

    続き。今度はアルコールの副作用(悪い効果)です。

    しおりをつける
    blank
    ゆい
    今度は副作用について説明します。
    アルコールを飲みすぎると、一時的に脳の機能が低下します。そうすると、考えたり判断する力が低くなります。声が不必要に大きくなったり、おかしな事を言い出したり、呂律が回ら無くなったり、歩け無くてふらふらになったりもします。いわゆる酔っ払いですね。
    沢山飲んだ後の記憶が無くなったりすることもあります。

    まだ、この程度の飲酒を一度したくらいでは、依存性は出ません。

    更に沢山飲むと、今度は意識が無くなります。アルコールを沢山飲んでいた場合、アルコールが効きすぎて、心臓や呼吸が止まってしまう事もあります。これを急性アルコール中毒といいます。アルコールの節度を知らない、大学生に多いです。これで毎年、大学生の何人かが亡くなります。

    だから、お酒を一気飲みしたり、沢山飲んではいけないのです。
    自分の身体と相談しながら、加減を考えながら飲まないといけない。だから判断力がつく20歳までは禁止なのです。

    トピ内ID:7635050426

    閉じる× 閉じる×

    アルコール依存になる場合は?

    しおりをつける
    blank
    ゆい
    さて、アルコールは、学校のプリントに書かれていたように、一口飲むだけで依存性が出るものではありません。

    舞ちゃんが毎日食べている、お味噌や醤油、味醂、料理酒、ケーキなどのお菓子にもアルコールは含まれています。

    でも、舞ちゃんは、アルコールが欲しくてたまらない、なんてことにはなっていませんよね?
    アルコールは、簡単には依存性は出ないのです。

    では、どうしたら依存症になるのでしょうか?

    それは、べろんべろんに酔っ払ったり、意識が無くなる程の多量のお酒を毎日飲み続ける事です。
    人それぞれ、アルコールの作用が出るお酒の量は違いますが、女性なら、1日に缶ビール10本くらいを飲み続けると、数ヶ月で段々いつもお酒が欲しくてたまらない状態にぬります。脳がアルコールでおかしくなり、アルコールが無いと気分のコントロールができ無くなるのです。

    つまりのところ、サークルや会社の飲み会で、週に数回、一度に2、3杯のチューハイを飲んだくらいではアルコール依存性になったりはしないので、安心して下さい。

    トピ内ID:7635050426

    閉じる× 閉じる×

    背伸びは慎むべきことです

    しおりをつける
    blank
    おやじ
    >お酒を飲むことが好きになってしまい
    >アルコール依存性という心の病になると聞きました。

    因果が逆転しています。

    >お酒は心と体の依存度が法律で許されていない薬物と近いところにあったのがたばことかに比べて怖く感じてしまいました。

    人類は、不必要なまでに、前頭葉(脳)を発達させてしまいました。

    だから、その働きを抑えなければ、全体としての統一が保てません。

    >まだお酒を飲める年齢まで9年ありますが

    いまのトピ主さんに解決できる事ではありません。

    背伸びは、慎むべきことです。

    トピ内ID:2923866584

    閉じる× 閉じる×

    お酒の良い点、悪い点をしっかり理解しましょう。

    しおりをつける
    blank
    ゆい
    貴方の周りの大人は、お酒を飲まないといてもたってもいられないという人はいませんよね?それが、アルコールに強い依存性が無い証拠です。

    お酒は薬物であり、百薬の長と言うように、身体に良い作用もあります。

    舞ちゃんが中学生、高校生になってからも、お酒の授業があります。
    しっかり勉強して、お酒の良い点、悪い点をきちんと学んで、お酒を上手に楽しめる大人になって下さい。

    大事なのは、一気飲みしない事、自分の身体と相談しながら、少しずつ飲むこと、酔いが回ってきたなと感じたら、そこで飲むのを止める事です。

    飲みすぎれば命の危険がありますし、酔っぱらえば、吐いたり、ふらふらになったりと、周りにも迷惑をかけてしまいます。

    もし、お酒を飲んでみて、自分が凄く酔いやすかったり、お酒の加減が出来ず飲み過ぎてしまうようなら、お酒は飲まないようにしましょう。

    トピ内ID:7635050426

    閉じる× 閉じる×

    お酒の強要は、してはいけない事です。

    しおりをつける
    blank
    ゆい
    ひと昔前までは、アルコールを部下や後輩に強要し、強要された人は必ず飲まないといけないという風習がありました。

    しかし、前に説明したように、アルコールは飲み過ぎると命を落とすことになる場合もあります。
    そのため、今では他人にアルコールをむりやり飲ませる事は、やってはいけない事になっています。

    だからもし舞ちゃんが大人になって、お酒を飲みたくなければ飲む必要は無いし、勧められても断れば良いのです。
    実際、アルコールが苦手だったりなどで、会社の飲み会でもお酒を飲ま無い大人は沢山います。
    飲むか飲ま無いかは個人の自由ですから、飲まなくても何の問題もありません。安心して下さい。

    ただし、大学では、大人に成りたての未熟な学生がお酒を飲みますから、アルコールの強要や一気飲みを皆でやってしまう事もあります。その時は、自分が嫌ならしっかりと断る事が必要です。

    トピ内ID:7635050426

    閉じる× 閉じる×

    古代から酒は人の大好きな飲み物でした

    しおりをつける
    blank
    米粉
    古代から人間は酒を造って飲んできました。
    お酒を神さまの捧げものやお祭りに使ったりもしてきました。
    こんな風にお酒は人々の身近にある飲み物でした。

    文明の発展とともに「政治」と「法律」が登場します。
    お酒の扱いをルール化するようになりました。
    トピ主さんが言うようにお酒が人に及ぼす作用は必ずしもいい事だけではありません。
    でも全部を禁止にするのは、お酒が好きな人から反対にあうためできません。
    お酒は適量を飲めば必ず病気になるほどのものではなく、お酒を売ることで沢山の税収も得ることもできるからです。


    大人になればお酒を飲めますが断ることもできます。
    「付き合い」という風習の中には嫌なことを強要するようなことも「過去」にはありましたが、今はハラスメント(嫌がらせ)という意識も広がりつつあります。
    トピ主さんが大人になる頃には、嫌なお酒は断れるようになると思いますよ。


    「依存性」になるのはお酒だけではありません。
    買い物、ギャンブル(パチンコ)、ゲーム、スマホなど様々な依存症があり社会問題となっています。

    トピ内ID:7089681132

    閉じる× 閉じる×

    そもそも受け付けない人もいるから

    しおりをつける
    blank
    うーん
     舞さんの腕にアルコールのしみこんだ綿を5分ほど置いてみましょう。それで、その部分が赤くなっているようなら、舞さんはお酒が飲めない体質です。無理して飲むと普通に死にますので、何があっても「飲めない体質です。ごめんなさい」と断りましょう。うちの弟はそれで病院搬送され、点滴と尿道カテーテル(尿が出る穴に管を入れる)をされるはめになりました(とりあえず死にませんでしたが)。
     以来、弟は飲み会の席ではもっぱらジュースとお茶で、帰りに車を運転して皆を送り届ける係となっております。


     とりあえず、お酒は怖いものと考えていていいと思いますよ。昔と違って最近だと未成年の飲酒にとっても厳しいので、普通に学校を退学にされるとかもよくある話ですし。飲酒と喫煙は未成年ではしないほうがいいですね。

    トピ内ID:3656212987

    閉じる× 閉じる×

    断っていいんだよ

    しおりをつける
    🙂
    みんなのなかへ
    日本人の4割は飲めない体質、酒と相性がよくないという、どこかのデータがあったと思うけど。

    私はいつも断っているよ。

    トピ内ID:7017043073

    閉じる× 閉じる×

    小学生さんですかね

    しおりをつける
    🐶
    ぽち
    最近の企業では、無理矢理アルコールを勧めることが少なくなりました。
    まず、アルコールハラスメントの問題です。
    アルコールを体内に入れた時、アルコールが分解されやすい人とされにくい人が出てきます。
    体質に関わるのですが、これにより急性アルコール中毒になり亡くなる事故が増えたからです。
    特に大学生に見られます。

    次に飲酒運転を予防するためです。
    飲酒運転による事故は増加傾向にありました。
    無関係な方が巻き込まれ亡くなるという悲しい出来事が絶えません。
    法律でも厳罰化され、飲酒運転は重い刑罰が課されることになりました。
    飲酒運転を抑止するためにも企業では無理にアルコールを勧めることが減りました。

    残念ですが、全くアルコールを勧めないところまでは来ていません。
    アルコールに心を傾ける人々が悲しい出来事を他人事として聞き入れないからです。
    酒が飲めて一人前、付き合いには欠かさないと強制する頭の悪い大人が立場の弱い人を抑えつけるからです。

    トピ内ID:5421980130

    閉じる× 閉じる×

    質問と回答をまとめます。

    しおりをつける
    blank
    ゆい
    >お酒を飲むことが好きになってしまいアルコール依存性という心の病になると聞きました。
    これは、毎日大量のお酒を飲み続けた場合になる病気であって、お酒を一口でも飲むと心の病気になるわけではありません。

    >周囲の大人はお酒を普通に飲みます、お酒で普段と人が変わったりする人もいます。
    >会社では付き合いで飲むことがあるとお父さんは言います
    大人は、大抵誰でも時々お酒を飲みます。お酒は毎日大量に飲まない限り、心の病気になる事はありませんので、そこまで怖がる必要はありません。舞ちゃんが毎日食べている、お味噌や醤油、味醂や料理酒にもアルコールが含まれていますが、舞ちゃんは病気になっていないでしょ?また、周りの大人達が、誰も心の病気になっていないのがその証拠です。

    適度なお酒には、血の巡りを良くして、身体の調子を良くする良い面もあります。全く飲ま無い人より、時々少し飲む人の方が、血管が詰まる病気になりにくいのですよ。

    >飲まなきゃいけないみたいになったりしたら嫌でも飲むものですか?
    お酒は個人の自由なので、飲まなきゃいけない場面は無いので安心して下さい。

    トピ内ID:7635050426

    閉じる× 閉じる×

    アルコールにも良い点はある

    しおりをつける
    blank
    ゆい
    前に書きましたが、適度なアルコールには、血の巡りを良くしたり、消化を助けたりと、身体に良い点もあります。
    風邪をひいた時に飲む風邪薬も、適量を越えると毒になります。薬物は、どれも適量があり、摂りすぎれば必ず毒になります。
    アルコールを飲み過ぎると危ないからという理由で一滴も飲まないと言うのは、ちょっと考えが足りません。

    舞ちゃんは、毎日塩を食べていますよね。塩は安全な食べ物ですか?
    実は塩は、とても身体に悪い、危険な食べ物です。日本人は、平均で1日13gの塩分を食べています。
    塩分は、本当は7g程度に控えないと、少しずつ血管が硬くなって、いずれ心臓や脳の血管が詰まって倒れたり、そのせいで脳がダメージを受けて、
    身体の一部が麻痺して動かなくなったりします。

    しかし、塩は全く食べなければ、身体は動かなくなってしまいます。食べすぎれば、命を奪われます。塩は、調節が難しい食べ物なのです。

    私が言いたいのは、何事も食べすぎれば毒になるという事です。
    アルコールは、塩と違って全く飲まなくても身体に影響はありませんが、塩と同様、適量なら良い作用があるし、飲み過ぎれば害になるという事です。

    トピ内ID:7635050426

    閉じる× 閉じる×

    麻薬や脱法ハーブは絶対にダメ

    しおりをつける
    blank
    ゆい
    さて、アルコールが大人は合法なのは、普通に飲む分には依存性が無いからです。

    麻薬やシンナーなどの摂取は、法律で禁止されています。それは、アルコールと違って、一度でも使用すると一度で依存症になり、脳がおかしくなるからです。
    なので麻薬やシンナー、脱法ハーブには絶対に手を出してはいけません。一度で人生が終わります。

    あと、タバコも良く無いです。タバコも一度で依存症になります。タバコはアルコールと違い、身体に良い点が一つもなく、血管を詰まらせる作用や、発ガン作用があり、一つも悪い点しかありません。女性なら、将来産む赤ちゃんにも悪影響があります。タバコに手を出すのは止めましょう。

    アルコールに戻りますが、未成年者は禁止ですよね。判断力がまだ低く、お酒を加減できないのと、小さな身体でお酒を飲むと、それだけアルコールの影響を受けやすく、アルコール依存性になりやすいからです。妊娠中の女性も飲んではいけません。妊娠中にお酒を飲むと、お腹の赤ちゃんもお酒を飲んだ状態になり、成長途中の脳がダメージを受けるからです。

    トピ内ID:7635050426

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      最後に

      しおりをつける
      blank
      ゆい
      お酒は、きちんと加減して飲まなければ、悪い影響が沢山あります。
      一方、適度に飲めば、身体に良い作用をします。

      また、お酒は食文化の一つで、その地域や国々の、各々の料理とよく合うように作られています。その土地のお酒と料理を一緒にたべるのは、とても美味しい事です。
      例えば、赤ワインとチーズやハム、フランス料理とワイン、日本酒と懐石料理、ビールとソーセージ、焼肉など。

      お酒は上手に飲めれば、沢山の楽しみがある素晴らしいものです。

      そのためには、判断力と、自制力をしっかり身につけた大人になる必要があります。

      舞ちゃんも、沢山の知識を身につけ、判断力と自制力を養い、世の中の沢山の素晴らしい事を享受出来る大人になって下さいね。

      トピ内ID:7635050426

      閉じる× 閉じる×

      学校に教わった事は本当です。

      しおりをつける
      blank
      ママはでろでろ
      薬物には様々な種類が有って、精神依存(これはタバコ)、身体依存などあります。

      アルコールは精神、身体両方の依存があります。
      様々な薬物が有りますが、かなり上位にランクされます。
      ネットで調べるとイッパイ情報が出て来ますよ。

      ただ、適度に摂取する場合は問題ありません。
      いわゆる”酒は百薬の長”って事ですね。

      また、大人になっても”飲みたくない”と思うのなら断れますよ。
      ”アルコールハラスメント(アルハラ)”と言う言葉もありますから。

      ま、私はお酒好きですから飲みますが、飲めない人に無理強いはしませんね。
      無理強いされたら、それこそアルハラですから。

      何やら、今回の国会で18歳を成人とみなして飲酒もOKみたいな議論してますけどね。
      早い話が、飲み過ぎなきゃ良いのですよ。

      薬物依存症の人たちが脱薬物で集まるコミュニティーではアルコールも薬物とみなしてますからね。

      ただ、酒好きの私からしてみると、程々のお酒は気分が良くなるし、翌日の仕事にも精がでますね。

      あ、体質的にお酒を受け付けない人もいます。

      トピ内ID:2405780304

      閉じる× 閉じる×

      もう一つ…(連投失礼します。

      しおりをつける
      blank
      ママはでろでろ
      アルコール依存症は心の病気より”脳の病気”です。
      当然精神的な部分も有りますが精神=脳ですから。

      ネット環境で”アルコール依存症”と検索すると恐ろしいコトがいっぱい書いてあります。

      ただ、様々な嗜好品が有りますが”うまく付き合っていく”ことですね。
      アルコールも定常的に過度に摂取しなければ依存症になりませんから。

      あとで”依存症”と言うキーワードで検索してみてください。
      様々な依存症(脳の病気)が出て来ますよ。

      海外では麻薬に近いモノを許可している国も有るそうですから…。
      ただ、最近の脱法ドラッグは怖いですね。

      アルコールの意識をなくすほど飲むと同じですし、”脳萎縮”を起したりしますからね。

      ”程々”だったらそこまでの影響はないと思います。

      トピ内ID:2405780304

      閉じる× 閉じる×

      附子(ぶす)

      しおりをつける
      blank
      無常の風
      この「附子」とは、毒のことです。これをモチーフにした狂言の演目があります。この附子こそ、お酒のことでしょう。お酒との向き合い方を考える上で、調べてみてはいかがでしょうか?

      トピ内ID:0200831813

      閉じる× 閉じる×

      何かから逃避するための酒は毒となる。

      しおりをつける
      blank
      匿名
      どんな薬であっても飲みすぎれば毒となる。酒も基本的にはこれと同じです。

      お酒というのは楽しむもの。だから酒を「たしなむ」というのです。
      適量(少量)の酒は体内を活発にする効果もあります。
      それと同時に、自制心が弱まり、寛大にもなりやすい。
      その結果として、人と深く知り合うときに近づきやすくなるという効果もあります。

      でも、飲みすぎは毒になる。
      その最たるものが何か嫌なことから逃げるお酒です。
      嫌なことを忘れるため、一時の快楽を求めるための酒は危険だと言えるでしょう。
      これが依存へと繋がるのです。(お酒があれば嫌なことから逃げられると体が欲する)

      あとは、アルコールを分解する酵素がない人もいます。
      この人は酒が弱い、飲めないという人です。
      そういった人の場合は、自制して飲む量を制限しないと苦しい思いもするでしょう。
      (そんな人は依存症になることはほぼないでしょうが)

      お酒はたしなむもの。これを忘れずに、飲み方さえ覚えれば問題は少ないのです。
      怖いから避けるのではなく、お酒との付き合い方を大人になったら覚えればよいのです。

      トピ内ID:2937981876

      閉じる× 閉じる×

      体質による

      しおりをつける
      🐶
      おっさん
      アルコールを飲むと、いろいろな変化が体に起こります。
      すぐに起こる変化と飲み続けると起こる変化に分けられます。
      すぐに起こる変化として、顔が赤くなったり、寝てしまったり、
      大きな声で騒いだり、怒ったり、泣いたり、
      本人ら以外は迷惑なこともあります。
      しかし、その中で、仲間との信頼関係を高めたり
      日ごろたまったストレスを発散して、
      明日、頑張るかと前向きになるよい面もあります。
      一方、長い期間、飲み続けると、学校で習った通り、
      アルコールによる依存症で、生活に支障を来たしたり、
      肝臓病になったりと明らかに悪い効果もあります。
      お酒に強い人がなりやすい病気です。
      それを防ぐために、
      週に何日かお酒を飲まない日を作ることが勧められています。

      仲良くなる手段として、
      お酒を飲む機会は、日本だけでなく、欧米でも一般的です。
      しかし、全く飲めない人もいます。
      急性の中毒で亡くなる人が出ます。
      そのため、飲むことを強要しないことが大事です。
      飲みたくなければ、飲めないとはっきり意って、
      みんなと仲良くする機会として参加する。
      そのうちわかるようになります

      トピ内ID:6661404092

      閉じる× 閉じる×

      真面目に答えますね

      しおりをつける
      blank
      なっき
      お酒の怖さについてのあなたの認識は正しいです。

      何故それが禁止されていないのかというと、ちょっと飲んだからといってすぐに危険に直面するわけではなく、禁止薬物とは段違いのスケールで大昔から多くの人の生活に密着してしまっているから。お酒を造る会社や、売っているお店(酒屋さんや飲食店)で働いている人もたくさんいますよね。

      もし禁止する法律を作ろうとしても、お酒を飲むのが好きな人や、お酒を造ったり売ったりしている人が反対して、多数決で否決されるでしょう。

      また、それだけ多くの人が飲みたがる物なので、禁止する法律ができても、それを破ってこっそり造る人・売る人・買う人が、いま禁止薬物を売買する人の数とは比べ物にならないくらいたくさん出てくるでしょう。でも堂々と売買できるものではないので、希少価値が出て値段も高くなります。

      そのくらいなら禁止せずに堂々と流通させる方が実害が少なく、税金を課せば国も儲かるというのが現状です。

      つづきます。

      トピ内ID:1940171378

      閉じる× 閉じる×

      つづきです

      しおりをつける
      blank
      なっき
      >会社では付き合いで飲むことがある
      >飲まなきゃいけないみたいになったりしたら
      >嫌でも飲むものですか?

      実際のところ、そういう面はあります。
      ただ、昔に比べれば、お酒の危険性や、飲みたくない人に無理強いすべきではないという意識も広まってきました。
      10年くらい前と比べても、良い方向にかなり変わっています(昔がひどかっただけとも言えますが。ちなみにお酒だけじゃなくて煙草もそう…というか煙草についてはこの十数年でもっと劇的に変わりました)。
      なので、9年後には更に変わっている可能性はあると思います。

      とはいっても勝手に変わっていくわけではなく、飲みたくない人に無理強いをするような場面があったらそれに異を唱えたり、危険性を啓発したりすることが大切ですね。

      トピ内ID:1940171378

      閉じる× 閉じる×

      何事もほどほどに…

      しおりをつける
      blank
      ばなな
      舞さんはお菓子やジュースは好きですか?
      好きな物っていっぱい食べたり飲んだりしたいけど、無制限に食べたり飲んだりするとどうなるでしょうか。太ってしまうし、虫歯にもなるし、いいことないですよね。でも、食べたり飲んだりする機会はあるし、止めることなんて出来ませんよね。
      それと同じです。
      お酒も、少量ならむしろ健康に良いとされています。
      何事もほどほどなら問題ありません。

      トピ内ID:3857519235

      閉じる× 閉じる×

      よかった。

      しおりをつける
      😢
      てんてこまい
      学校ではアルコールを薬物と教えてることに感動しました。
      子供って偏った情報にドキドキしますよね。
      我が子4歳男児が肉食恐竜に怯え、プチベジタリアンになりました。
      そんな感じではないでしょうか?
      アルコール依存本当にあります。
      それは果てのない苦しみです。改善はないんです。後退と寛解です。
      私は普通に大学と社会人とこなしてきましたが、アルコール依存の人と出会ったのは一人だけです。
      そんなに不安になることはありません。
      普通は依存症にならないからです。
      お酒呑みたーいと依存症は違います。
      あなたがどのくらいお酒に強いのかそれとも弱いのか試すのもいいと思います。
      社会や大学でお酒を飲むことがあっても
      一気飲みさえやめればそんなに倒れることもありません。
      要は自分の体と相談しながら飲むことです。
      酔いや雰囲気を楽しむことは悪いことではありません。
      依存症の人はそれができません。
      どんなに体が悲鳴をあげてもお酒をやめられないのです。
      そして、そんなになる人は他に問題を抱えている人が多いです。
      飲まない選択肢ももちろんありますが、
      あなたがお酒を飲む前から怖がるのはもったいないです。

      トピ内ID:7186081722

      閉じる× 閉じる×

      生活・身近な話題ランキング

        その他も見る その他も見る

        大丈夫です。

        しおりをつける
        🐤
        とん37
        大人になっても体質的に飲めない人がいます。
        そういう人はほんの一杯でも苦しくなったり場合によっては死んだりすることもあるので、絶対に飲んではいけないのです。
        ですので、嫌がる人に無理にお酒を勧めるは大変行儀の悪い行為ですし、
        飲めないのを知っていながら無理やり勧めるのは「傷害」あるいは「殺人」と言う事になります。

        貴方が大人になっても飲みたくないなら断固飲まなくて大丈夫です。

        一方お父様がおっしゃる「つきあい」というのも世間ではよくあることです。
        小学校や中学校でもありますね。
        一緒にお祭りにいったり一緒に帰ったり一緒にトイレに行ったり。
        会社では「どお?帰りに軽く一杯」というのが定番です。
        その際も飲める人は「いいね」でも「軽くいくか」でも良いのですが、飲めない人は「私アルコールは体質的にダメなんです。」と堂々と断りましょう。
        ただしノンアルコール飲料で付き合うという手はあります。
        水でもかまわないのです。
        焼き鳥でも焼肉でもパクパク食いながら楽しくみんなとお話すれば、仲間はずれにされる事はありません。

        トピ内ID:0706355338

        閉じる× 閉じる×

        嫌なら飲まなくていいです

        しおりをつける
        😍
        minon
        飲まなくてはいけない状況というのは存在しません。
        断ればいいのです。会社の上司が何と言おうと断ったら殺されるわけではありません。
        「飲めない体質なのです。ビールの小さいのを一本で具合が悪くなるのです」と言えば、まっとうな人間であればそれ以上は進めません。それでも飲めというのならその人たちとは疎遠にしましょう。場の雰囲気とやらのためにあなたを犠牲にしようとしている人たちです。

        依存は怖いですが、お酒はおいしいものです。自分の飲める量を知り、適度に飲む分には人との関係を円滑にし、楽しい時間を過ごすことができます。また「酒は百薬の長」と申しましてビールコップに一杯程度なら逆に体の血流を上げて健康にいいとされているのです。

        9年後、お酒が飲めるようになったら無制限に飲むのではなくアルコール度数の少ない酒をコップに一杯から飲み始め、「このくらいで具合悪くなるんだな~」とか「このお酒はあわないな」とかを見極めながら酒をコントロールすることを学ばれるといいと思います。

        私はお酒飲めますがどこに行っても飲まない人です。運転者だから。断る強い意志を持てば大丈夫ですよ。

        トピ内ID:8372710818

        閉じる× 閉じる×

        あと9年かけて、学習すべし。

        しおりをつける
        雨やん
        お酒を飲むことは法律で許されてはいません。
        未成年の飲酒が法律で禁止されているのです。
        意味の違いは、よく考えなさい。
        法律は日本の国家が定めている社会の規範を示すもので、国民はこれに従うのです。

        アルコール依存症(あなたの書いている「アルコール依存性」は間違い)は、お酒を飲むことが「好きになってしまう」心の病ではありません。
        タバコ(ニコチン)とお酒(アルコール)は、人体に与える作用が異なるので、どちらが怖いと比較するのは相応しくありません。

        お酒が好き、という「嗜好」と
        お酒を飲まずにはいられない、過度の飲酒の自覚を欠き、間断なくアルコールを摂取する「依存」は別物です。

        あなたが大人になり、飲まなきゃいけないみたいになったりしたら嫌でも飲むものかと心配されていることは、杞憂です。
        そのような場面に遭遇したら、うまく回避する、或いは適度に嗜む、またはそもそもそういった場面に遭遇しないよう事前にコントロールできるようになるでしょう。

        今すぐ得心する必要はありません。
        あと9年かけて、学習する中で答えを導いてください。

        トピ内ID:5771938115

        閉じる× 閉じる×

        お酒に限らず過ぎてはいけないだけ

        しおりをつける
        🙂
        えいりあん
        酒は百薬の長ともいいます。程よい量を飲むなら健康にも良いとされています。
        でね、依存症は怖いです。これはお酒に限りません。
        アルコール依存症が有名なので目立ちますが、お酒以外にも依存するというケースはあります。これはつまり依存症という病気です。
        病気を治す薬だって飲みすぎれば毒となりますし、薬に依存する人もいるんですよ。
        怖いのはお酒ではなく依存するという病が怖いんです。
        今から心配する必要はありません。飲むなというのではなく、飲みすぎないという事が大事だという事です。

        トピ内ID:6594189763

        閉じる× 閉じる×

        上手に楽しむもの

        しおりをつける
        🙂
        海賊の妻
        アルコールは確かに怖いです。一気飲みで急性アルコール中毒を起こし亡くなる人もいます。だから自分も注意し、人にも強要してはなりません。大概の人は上手に付き合い適度に飲む事が出来ます。楽しいお酒と言うものです。羽目を外して二日酔いになると吐き気や頭痛に苦しみ、もう沢山だと言う目に遭います。
        こうして適量を覚えて行くのです。
        又体質的に飲めない人がいてそういう人に強要してはなりません。
        しかし一部の人は依存症になります。お酒を飲まないではいられなくなります。肝臓も脳もボロボロになり、人格も変容します。例え血を吐いても飲まずにはいられなくなり、治療が必要になります。一口でも飲めば元に戻り、厄介な病気です。家庭は崩壊し、悲劇的な結末になる事が多いです。
        そして酒飲み運転で逮捕される人の多くが問題飲酒の人たちです。昨日今日の問題ではないのです。飲酒事故は悲惨です。
        如何ですか。私は昨年アルコールの害の研修を受けて来たのです。
        どうぞ適量を知って楽しく飲める大人になって下さいね。飲めないと感じた時は「私はお酒は飲めません」と言えるようにしましょう。勉強頑張って下さい。

        トピ内ID:0291321233

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        先頭へ 前へ
        1 30  /  60
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

          注目トピはありません。

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0